« JPUは奥谷禮子を徹底追求すべきだ!! | トップページ | 少し怒ってます »

2007年2月27日 (火)

親子の会話

 先日、金曜日のことであるが、夕飯後に私が本屋に行きたくなった。理由は簡単で、単に古本屋で買ったマンガが途中で一冊欠けていたので、その空白を埋めるためである。買って帰ったのは大島永遠「女子高生」の7巻とファンブック、木尾士目「げんしけん」「くじびきアンバランス」、田中芳樹原作・垣野内成美作画「薬師寺涼子の怪奇事件簿」7巻、田中芳樹「アルスラーン戦記」カッパノベルス判四冊である。

 元々「げんしけん」が大学のオタクサークルを舞台とした青春を描いているので、長女の好みに合うかと思って一巻を買ったのであるが、どうやら好みではなかったようで毎度の如く「ビミョー」と言われてしまった。詩織(仮名)は自分が気に入らない場合ハッキリ言わずにこの様に言うことが多い。料理を作ったときにこれを言われると凹んでしまう。結局私が昨今のオタク事情を描いていることで気に入ってしまい、全9巻を揃えてしまったところ、次女の歌織(仮名)が食いついてきた。知らぬ間に全部読破している。そこで「女子高生」の1巻を勧めてみたところ、これまた気に入ったようで、7巻を飛ばして8巻までを購入してゆっくり読んでいると、私が2巻の途中であるのに次女の方は6巻まで読んだという。そこで冒頭の記述にあるように7巻を買うために本屋に行くこととなった。

 長女はファンタジー小説が好きなので、「アルスラーン戦記」のカッパノベルズ版を読ませたところ、面白いと好評であった。カッパノベルズ版は角川文庫版の二冊を一冊にまとめてあって、11巻と12巻とはノベルズ版で買ってはいるが、元々角川文庫版で10巻まで揃えていたので買うつもりはなかった。屋根裏部屋にしまい込んで探し出すのが大変なのでノベルス判1・2巻を購入して与えたのだ。田中芳樹を読むことで、歴史小説や時事問題に沢山触れている伝奇小説に興味を持ってくれればと思い、詩織には田中芳樹を与えることにした。コミック判「薬師寺涼子」シリーズは面白いと行っていたので最新の7巻を購入した。ノベルズ版も手に取りやすい場所にある物は本棚に移しておいた。その内「創竜伝」にも手を出してくれたらと思う。

 親子で同じ本を読んでいると、それが共通の話題になる。例えばマイミクさんの薦めで「涼宮ハルヒの憂鬱」を買って読んだところ、面白かったので詩織に勧めたところ気に入ったらしく、殆ど買い揃えて読んでいる。次女の歌織にも勧めているのだ。ついでに言えば息子の勇樹(仮名)までアニメ版のDVDを気に入って、続きを借りてくれとねだる。中でも朝比奈みくるがお気に入りのようで、番外編の「朝比奈みくるの冒険」は何度も見返していた。「女の子に生まれ直したらみくるちゃんって名前にして欲しい」だの、いきなり「みくるビーム」とか言い出すのである。更にはゲームのキャラクターにも「みくる」と名付けたりしている。そして、妻が事情で数日留守にするので暇つぶしに本を貸してくれと詩織に言うと、何とか言うファンタジーを勧めて「重そうだから」と断られるや「涼宮ハルヒ」シリーズを薦めていた。妻もまあまあ気に入ったようで、そこそこのペースで読んでいる。親子で「涼宮ハルヒ」に嵌っているのもどうかと思うが、結構小説やマンガが共通の話題になる。これはこれで良いのかなぁなんて思いながら、子ども達が気に入りそうな本を物色している私である。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« JPUは奥谷禮子を徹底追求すべきだ!! | トップページ | 少し怒ってます »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 パルチノフさん、早いかどうか、理解できるかどうかは別にして語り口の面白さは気に入ったようです。昨日も「ハルヒ」の続きを借りていました。
 書を守るものさん、ご教示有り難うございます。寡聞にして存じませんでした。
 まつきさん、次女は結構耳年増です。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月 4日 (日) 07時27分

祝「ぼくの村の話」復刊ドットコム 100票達成

投稿: まつき | 2007年2月28日 (水) 20時04分

「女子高生」も、まだ娘さんには「ビミョー」なような...。私は好きですけどね。ただ、実家の親の前では読む勇気ありません(笑)

投稿: まつき | 2007年2月28日 (水) 20時00分

ご存知かもしれませんが、「吹け、南の風(1~3)」
(秋山完、朝日ソノラマ文庫)をおすすめします。
何といってもヒロインの故郷の歌が秀逸です。

”呼べ 迷えると友よ はるか日は昇る
 集え 我が同胞 春は来たりぬ
 友情の炎 燃やし 鋤と鍬 鍛え・・・・・・”

それから、第1巻は2001年12月発行ですが、
巻末に次の一文が付記されています。

「本書の初刷に関して著者が受け取る印税は、
 その全額が、アフガニスタンおよびパキスタン
 における生活窮乏地の医療推進や飢餓救援を
 実施する、日本の海外協力団体の基金へ寄付さ
 れました(編集部)」
 

投稿: 書を守るもの | 2007年2月28日 (水) 07時20分

そういえば、まだげんしけんの最終巻を買っていませんでした。いい加減買わなければ・・・。
しかし、ハルヒのアニメ版はまだ息子さんには早いのではないかと思ったりもします(笑)。

投稿: パルチノフ | 2007年2月27日 (火) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14071018

この記事へのトラックバック一覧です: 親子の会話:

» 伊吹文明とは? [とむ丸の夢]
25日、伊吹文部科学相は長崎県で開かれた自民党大会で、「大和民族が日本の国を統治してきたことは歴史的に間違いない事実。極めて同質的な国」と発言。 改悪された教育基本法の前文に「公共の精神を尊び」という文言が... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 13時35分

« JPUは奥谷禮子を徹底追求すべきだ!! | トップページ | 少し怒ってます »