« く~る~ま~ ほ~し~ | トップページ | きょうと通信NO、27 »

2007年3月31日 (土)

第一印象は大切だが

 セールスマンの仕事をしていると、お客さんに与える第一印象に気をつけるようになる。例え集金先であったとしても今までに自分が訪れたことのないお客さんの家に初めて伺うときには緊張する物だ。セールスはたいていの場合最初の印象が悪いと話を聞いて貰えなくなる。どんなに良い商品を提案しても検討して貰えなければ意味がない。逆に同僚に以前プレゼント商法とか催眠商法をしていて、そこで好成績を上げていたことを平然と自慢する奴がいるのだが、売れさえすれば何でも良いという観点から外見だけは取り繕っている。勿論郵便局に転職してきてからも上司の覚えは良いしお客さんに対しても如何にして良い印象を与えるかという努力は怠らない。セールスの話法にも注意喚起という段階があって、如何にして相手の気をひくかについてその重要性を教えている。中には奇抜な言動で驚かせ、その隙を突いて契約まで持って行く者もいる。

 「空疎な小皇帝 『石原慎太郎』という問題」について書き込まれた石原支持の意見を読んでいると、虚仮威しでもなんでも良いから気をひくことが有効な人がいる者だと実感する。石原は銀行に対する庶民の素朴な怒りを利用するために「外形標準税」を導入した。都心部へのディーゼル車の乗り入れを規制したり、ホテルの宿泊税を東京に有利に変更した。一期目に行ったこれらの様々な政策は、当初歓迎を持って迎えられた。勿論今日でもこれらの結果何が起こったかを最後まで注目することなく、石原の奇策だけに目を奪われている人からすると「成果」だと思いこんでいるようである。「外形標準税」に関しては、東京都と銀行との間で裁判があり、結果東京都が敗訴して銀行には多額の賠償金が流れ込んだ。石原が思いつきで導入した結果東京都民は損をして、銀行に対して盗人に追銭までしてやったわけである。ディーゼル車規制についても先日書いたが、実際には二酸化炭素廃棄ガスの排出量に関してガソリン車より有害という根拠がないばかりか自動車会社の懐を潤しただけである。導入当時は販社など非常に強気で、値引き交渉には全く応じなかった。それだけ高くガソリン車が売れたのである。

 石原は、自分の行う政策の結果何が起こるのかなど全く考えずに、思いつきで適当なことをしているようである。都民の多くも深く検証する能力が欠如していたり、よく言っても奇抜さに度肝を抜かれている間に事がトントン拍子で進んでしまうので、石原はやりたい放題である。だが結果として都民を始め大損をしているわけだ。石原の都政を成果があったと評価する人は、悪徳セールスマンにはよいカモである。ゴミでも何でも良いから買ってくれるタイプの人であると言えよう。最初は本当に単価の安い品物を「プレゼント」して、知らず知らずの間に引き込んで、気がついたら数十万もする高額商品をローンまで組んで買わされるタイプであると言えるだろう。実際の治安と「体感治安」の違いも分からず、石原が統一協会と一緒になって青年を組織しているガーディアンエンジェルスが渋谷だかの街頭に立って見張り番をしていることで、同じ統一協会が霊感商法で人を騙し、朝鮮と繋がって拉致事件を引き起こしたり、日本青年社などの本体である暴力団が実は朝鮮から覚醒剤密輸をしていても、実態のない「安心」が回復したと思えるのであろう。

 悪徳商法の場合引っかかったとしても当人、せいぜい家族までの問題であるが、悪徳政治の場合直接関係がない人間に対しても損害を被らせるのである。東京都に続いて外形標準税を導入した大阪市も損をしている。東京都内に商用で出かけるためにガソリン車に買い換える負担を強いられた他府県の事業者も多い。石原を選ぶと言うことは他人も含めて地獄に引きずり込むと言うことである。石原都政の二期八年間の実績を上っ面だけでなく本質的に検証して、選挙における投票行動を行う懸命さが必要なのである。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« く~る~ま~ ほ~し~ | トップページ | きょうと通信NO、27 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 東京には都政を革新する会という中核派系の地方政党があるのですが、ここが環状八号線の問題などに取り組んでいます。録に調べもせずにあれこれ言う傾向はKさんの場合一貫していますね。
 久々さん排ガスの問題は、記憶に立って書いたので訂正しておきました。
 まことさん、いつも色々補足していただきどうも有り難うございます。
 かっぱさん、実は色々ありまして。

投稿: アッテンボロー | 2007年4月14日 (土) 06時15分

要するに日本人は愚かな民族だという実証でしょうね。

ところでなかなか更新がないですね。
なにか悩み事でも・・・?

投稿: かっぱ | 2007年4月12日 (木) 00時15分

以下は四トロ二次会とのマルチポストになりますが、ご了承ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「石原都政を誰が支持しているのか」

前に議論になった「なぜ石原都知事は女性から支持されているのか?」という問題とも相通ずるかと思いますが、ブログ「アフガン・イラク・北朝鮮と日本」にアップされている『石原都政を誰が支持しているのか』という記事では、石原都知事は本来は共産党などを支持してもおかしくは無い低所得層からも支持されていたという事実が指摘されています。

・『石原都政を誰が支持しているのか』
http://blog.goo.ne.jp/afghan_iraq_nk/e/0cfc57f5efa279438c83924daa685081

以下、リンク先の記事より引用します。

>得票上位は都心(中央・千代田・港)と城東(江戸川・墨田・荒川・葛飾など)・大田の各区です。このうちで大田区は衆院議員時代の地盤を引継いだものですが、高所得者が集まる都心と低所得者の多い城東に支持基盤が二分されているのが目に付きます。

>それに対して支持が相対的に弱いのが城西・城北(杉並・板橋・中野・北など)と文京・世田谷の各区ですが、ここはいずれも生活者ネットや共産党の支持が強い地域です。石原に対立(或いは対抗)する社会運動・市民運動の存在が石原票の出方に影響を与えたとも言えます。

>この様に、石原の支持基盤が、自公両党の枠を超えて無党派をも巻き込んだ「草の根保守、草の根ファシズム」ともいうべきものであるとともに、より興味深いのは、都心の勝ち組・新中間層とともに城東・下町の低所得者層(主に自営業・主婦・高齢者で、学会・公明党の有力支持基盤でもある)が有力な支持基盤となっている事です。貧者が何故この様な強者の差別主義者を支持するのか?これが、同著第7章の当該項目における一つの眼目です。

>同著はここで「石原都政の性格の二面性」に言及します。石原が掲げた公約には、高所得層向けのものと低所得層向けのものが同居しているというのです。都市再生・再開発や羽田空港の国際化といった公約が高所得層(財界)向けのものであるとするならば、環境対策(ディーゼル車排ガス規制)や銀行税(外形標準課税)や治安対策などはさしずめ低所得層向けの公約となります。(略)

>後者の低所得層向け公約はそれを補うものであり、低所得層は排ガス規制や銀行規制に蛮勇を奮う石原を見て溜飲を下げるのです。(略)目に見える小悪叩きに溜飲を下げさせて、その実、より根幹を為す巨悪から目を逸らさせる。(略)

>例えば石原都政は教育行政の分野では、日の丸・君が代強制などの国家主義的色彩の濃厚な施策の他に、都立高校の階層化と多様化を推し進めています。進学指導重点校に予算と人員を配分する一方で、低学力校は「エンカレッジ・スクール」として入試の学力選抜も定期考査も無くして職業訓練に特化する、そして「奉仕」(!)という科目を導入して生徒を街頭の清掃活動に動員する。これで、生徒は勉強しなくてもよくなったと喜び、地域のオッちゃん・オバちゃんは不登校が減ったと喜ぶ。これが石原都政の真骨頂なのだそうです。(以下略)

投稿: まこと | 2007年4月 1日 (日) 12時24分

石原都政の「実績」を言う人は、少しは福祉・介護・医療方面で石原都政が「何をやったか」に目を向けて欲しいとは思いますね。まあ、「福祉なんて税金の無駄、自己責任だ」という<思想>の方ならば、石原都政を「評価」するのは当然なのかもしれませんが。

あと、ディーゼル規制という政策自体は私も良いとは思うのですが、石原都政の環境政策の問題点は政策が「パッケージ化」されておらず、庶民的に「分かりやすくて」耳目を引く政策のみパーツ的に実施しているという感は否めません。

自動車による環境負荷の軽減を焦点化するならば、ガソリン車をも含めた「脱クルマ社会」のための都市計画に向けた政策パッケージが必要なのだと思いますが、実際には超高層ビル等の建設など都心の大規模再開発を推進し、都心に乗り入れる自動車の数の増加に繋がりかねない政策を推進しているわけでしょう。矛盾しているわけですね。

ここには、小泉流「ワンフレーズ・ポリティックス」とも通ずる「右派ポピュリズム」が内在しています。

投稿: まこと | 2007年4月 1日 (日) 12時01分

ディーゼル車が問題なのが「二酸化炭素」と言ってる次点でもうダメだな……

ディーゼルが問題なのは、硫黄酸化物や窒素酸化物が問題なわけであって。
エネルギー効率から言えば、確かにガソリンより上ですけどね。


で、そこまで言うなら、他の候補者は、石原氏以上の何かを残してるんですよね?

投稿: 久々 | 2007年4月 1日 (日) 11時11分

>>ディーゼル車規制についても先日書いたが、実際には二酸化炭素の排出量に関してガソリン車より有害という根拠がないばかりか自動車会社の懐を潤しただけである。

笑わせる。環八か環七の傍に一日中座ってみたらいかがかな。
根拠が無いやら科学的以前の事象が見えるぜ。
自分の息子しか目が言ってみないらしいが、喘息もちの息子持っている人間の子のことを考える余裕は無いみたいだな。

都民や石原氏云々言う前に、自分の地元の首長についてよく考えろよ。どうせズブズブだろ?地方自治を放棄して東京都に八つ当たりしてもしょうがないだろうに。

>>実態のない「安心」
それすら提供できないんだぜアッテンボローさんの同志たちや支持する政治家連たちは。
言っていて悲しくなんねぇか?

投稿: K | 2007年4月 1日 (日) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14472494

この記事へのトラックバック一覧です: 第一印象は大切だが:

» アッチも、コッチも、ソッチも、やらせ・サクラ・捏造・丸投げの宝庫だ! [晴天とら日和]
↑  ↑  ↑  ↑  ↑ 庶民も立ち上がるぞ!勝手連 何時、削除されるか分かりませんので、            取り急ぎyoutubeをアップ! ●:みの・TBS捏造 ●:不二家抗議に朝ズバP逆切れ! ●:朝ズバッ!捏造を報じる NHK フジ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月31日 (土) 22時30分

» 【東京都知事選挙】石原慎太郎候補がリード、浅野史郎氏が追い上げる [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
4月8日に投票日を迎える東京都知事選の世論調査の結果です。 ・「都知事選 石原氏、1歩抜け出す 浅野氏、無党派に食い込む」(西日本新聞 07.04.02) http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/20070402/20070402_002.shtml 「8日に投開票される第16回統一地方....... [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 06時55分

» 東京都の「日の丸・君が代」押し付け政策は、「管理教育・愛知」よりも"トンデモ系" [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
いわゆる「右傾化」が進んでいるとはいえ、さすがに東京都のような強硬な「ひのきみ」教育行政が展開されている地域は、この日本でも余り存在しないのではないでしょうか。 私はいま全国屈指の「管理教育」で名を馳せ、もともと教育現場への締め付けも強かった愛知県で仕....... [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 08時44分

« く~る~ま~ ほ~し~ | トップページ | きょうと通信NO、27 »