« 4・28沖縄デー復活へ | トップページ | スグレモノ「電解洗浄液」 »

2007年3月22日 (木)

冤罪と自白偏重主義

Photo_1  周防正行監督の映画で「それでもボクはやっていない」という痴漢冤罪を描いた作品がある。見てはいないのであるが、今日たまたま図書館に置いてあった雑誌で当該の方のインタビュー記事を読んだ。始めに有罪ありきの取り調べ手法や自白の強要、裁判においても事実調べよりも警察や検察が作った作文を重視して被告人の主張には耳を傾けようとしない日本という国のあり方を改めて実感した。日本における冤罪の多くが自白と目撃証言に頼った捜査手法による者であることは日弁連などの報告でも明らかである。

 Googleで「冤罪」と少し検索しただけで「冤罪甲山事件」「こんなにある 20世紀の冤罪事件」・「冤罪の構図」(江川紹子著)・「中山事件の闇」「守谷駅痴漢冤罪事件の記録」「笑う真犯人 検証・恵庭冤罪事件『13のナゾ』」などなど、幾らでも見つかる。有名なところでは狭山差別裁判も冤罪である。ご存知ない方のために簡単に紹介しておくと1963年5月1日に発生した。身代金目的の誘拐殺人事件で、警察は身代金を受け取りに来た犯人を取り逃がしたばかりか、容疑者と目していた男性に自殺されてしまう。政府高官に「生きた犯人を捕まえろ」と言われて付近の被差別部落から犯人をでっち上げることにした。事件当日のアリバイを証明する者が少ないために石川一雄さんが逮捕され、連日の拷問によって自白を強要され、当初は否認していたが捜査官が石川さんが自白しなければ兄を逮捕すると言って脅したためにウソの自白をした。処が石川さんは差別による貧困のために小学校すらまともに行っていなかったので脅迫状を書けるだけの国語力がなかった。警察は脅迫状を手本に何度も何度も練習をさせ、それを元に証拠として筆跡鑑定を行った。詳しくは石川一雄さんのお連れ合いが開設している「冤罪 狭山事件」部落解放同盟全国連合会のサイトをご覧になって欲しい。

 また、革命運動・反戦運動・学生運動においても冤罪が多発している。国家権力が弾圧対象と決めた人物に対して数々のニセ「証人」ニセ「証拠」を作って罪に陥れようとするのだ。今現在も再審請求運動が続いている星野文昭さんの場合には、66年の高崎経済大学入学以来全学連の中心的活動家として大学当局・政府国家権力と闘い続けたことに対しての不当な逮捕抹殺攻撃である。昨日の記事で4・28沖縄デーに簡単に触れたが、70年安保沖縄闘争の過程で71年11・14渋谷暴動闘争(=沖縄返還協定批准阻止闘争)が勝ち取られた。この際デモ隊の攻撃によって一人の警官が死亡した。この罪を当日のでも指揮者であった星野さんに被せたのだ。デモ隊を指揮する関係上、星野さんは戦闘に関わる暇など無かった。最先頭を進み、滴機動隊が現れないかどうかに注意をそそいでいた。当初北部地区反戦青年委員会がこの警官を攻撃したと報道発表していた国家権力は、途中から高崎経済大学の学生運動を破壊するために集中的に逮捕及び指名手配を行った。星野さんは逮捕以来すでに獄中で35年を過ごしている。日本共産党の名誉議長であった宮本顕二が獄中17年を売り物にしているが、その倍以上の期間獄に囚われていながら不屈非転向で闘い続けているのである。唯々取り調べに屈服してしまった元同士が、司法取引の材料としてウソの証言を行ったことのみを根拠にしているのだ。星野文昭さんを取り戻そう全国再審連絡会議では、星野さんを重病の母に会わせるために刑の執行停止を求める署名を行っている。一人でも多くの人々に署名への協力を訴える。

 星野さん以外にも、同じく渋谷暴動闘争で被告とされた奥深山幸男さん、84年の9・19自民党本部火炎戦闘・85年の迎賓館・横田=東京サミット戦闘でのでっち上げ逮捕をされた革命家、長期の指名手配をかいくぐって時効を迎えた革命家など枚挙にいとまがない。9・19戦闘などは証人が交番勤務の警察官だけと言うデタラメさである。

Photo_2  日帝支配階級は、このように自らの都合で物的証拠も何もなくとも多くの人々を冤罪によって獄中に捕らえている。つい先日保釈された植草一秀氏なども小泉政権にとって都合の悪いりそな銀行問題を本に著したために国策逮捕されたと言われている。だがしかし、被害者の証言も、犯人の自白もありながら日本政府国家権力が一切を否定しようとしている犯罪もある。言わずと知れた戦時性奴隷(従軍慰安婦)問題である。日頃の日本政府の方針から行けば、有罪以外の結論はないはずであるが、安部を始め政府首脳や自民党関係者は否定に努めている。このような有り様をダブルスタンダードと言うのではないか。政府は冤罪の温床である自白偏重主義を改め、すべての無実の囚人を釈放すべきである。同時に国家犯罪に関しては徹底的に事実を解明すべきだ。

痴漢冤罪 あなたにも
疑わしきはクロ

 災難はどこに転がっているかわからない。ある日突然、身に覚えのない痴漢の烙印(らくいん)を押されたら…。地獄に突き落とされた一介のサラリーマンが2年間の血のにじむような裁判闘争の末に無罪を勝ち取り、実社会へ生還。その記録を1冊の本にまとめた。著者は語る。「痴漢事件は、まずクロと決めつけられると痛感した」。忘年会の季節、どうぞ、ホラー映画より恐ろしい話を、ご参考に-。

 都内の会社に勤めるデザイナー矢田部孝司さん(43)の受難の始まりは六年前の十二月五日朝だった。

 出勤の途中、西武新宿線高田馬場駅で電車を乗り換えようと、ホームを歩いていると、女性に後ろからダウンジャケットをつかまれ、「この人痴漢です」と駅員に突き出された。

 「後ろめたいことはないから、きちんと説明すれば分かってもらえる」と信じて駅事務所、交番、警察署へと堂々とついていった。女性の主張は「露出した性器を手に押しつけられた」。全く身に覚えがなかったが、取り調べの最初から“クロ”として扱われ、否認を続けたのに、犯行を認める供述調書まで作られた。

 調書は抗議して破棄されたが、要求されるまま、当時の電車内の人の位置など覚えている限りのことを図に描かされた。

 だが、この図の詳細さにつけ込まれた。送検後、検事から「痴漢をやろうと周りの人間の様子をうかがっていたからだろう」と言われた。「裁判は長くかかるぞ。何年もな。認めるなら早めに言いなさい」とも言われたという。

 孝司さんは拘置中、何度も「(犯行を)認めてしまえば…」との考えがよぎったというが、妻・あつ子さん(40)や親族、弁護士の励まし、「裁判所ならば」と信じる気持ちもあって、否認を貫いた。

 ただ、同月二十五日に強制わいせつ罪などで起訴されたことを受け、年末には「自己都合」での退職を決意せざるを得ないなど精神的にも追い込まれた。

 こうした状況から、いかにして脱出したのか。

 地裁段階では、矢田部さん側は唯一の証拠ともいえる被害者の女性の供述内容を論破する作戦に出た。

 例えば、(1)コンタクトレンズをしていなかった女性は犯人の顔をよく見ていない(2)女性との身長差は二十五センチあり、手に局部を押しつけるのは不自然(3)当日はいていたズボン開口部はボタン式で、車内での開閉は困難-といった点だ。

 これらを視覚的に訴えるため、翌年三月に保釈された矢田部さんは、ソーセージを使って実験。「混雑した車内で被害者供述のような状況は無理」と主張する再現ビデオを制作。元勤務先の先輩の協力も得て、車内の様子をコンピューターグラフィックス(CG)にして法廷に提出した。

 次々と証拠が採用され、楽観的なムードも高まったが、事件から一年後の地裁判決は「有罪」。しかも、執行猶予なしの厳しい判決だった。

 敗因を分析した矢田部さん側は、裁判官は女性の被害に重きを置く傾向が強いことを重視。実物大の電車模型を使い、七十人を超える知人の協力も得て、状況を再現するうち、「おそらく女性の痴漢被害はあった。自分は間違われただけ」との結論に至った。

 高裁では、女性を攻撃するのではなく、その主張を認めた上で、「でも、私はやっていない」と主張を組み立て直した。

 この修正で、事件からちょうど二年後の二〇〇二年十二月五日、無罪を勝ち取った。

 「捜査がきちんと行われてさえいれば、こんな目に遭うことはなかった。提出した証拠は一審も二審も大きく違わない。なのに結果は正反対。その怖さを実感した」。矢田部夫妻はあまりにも厳しい二年間を振り返った。

 国家賠償などは考えていないというが、孝司さんが「今回のことで得たものはないし、何より傷ついた。自分だけでなく、家族への影響も計り知れない」と言うと、あつ子さんは「税金を納めている国が、いとも簡単に一般人を陥れることもある。このことをよく考えてほしい」と続けた。

 一連の経過を克明につづった「お父さんはやってない」(太田出版)を出版した。来年一月二十日には、この体験を基にした周防正行監督の映画「それでもボクはやってない」が全国で公開される。

 電車に女性専用車両が登場するなど数多くの女性が痴漢の被害に遭う半面、冤罪(えんざい)など男性が被害に遭うケースも少なくない。男性側に防ぐ手段はあるのか。

 「ない。というのが現実ではないか。きちんと捜査がされるなら別だが、事件には重いと軽いの別があり、痴漢事件はまずクロと決めつけられると痛感した。自分はやっていないと個人で立証するのはまず無理」と孝司さん。

 仮に親友が同じような騒ぎに巻き込まれたら、どうアドバイスするか、との問いには、「とんでもない目に遭わされた経験を考えると、とても(否認して)『頑張って戦えよ』と言う気にはなれない。早く楽になることを助言するかもしれない」と、冗談めかして続けた。

 事件以来、出勤時は急行には乗らず、座れることが多い普通列車を選ぶ。これなら周囲の人はかなり限定される。乗る電車はできるだけ同じ時刻、座れない時でも、できるだけ同じ位置に立つ。「決定的な対策にはならないが、顔見知りから証言が得られやすくなるかもしれないし、つけ狙っていたと言われる可能性は少なくなる」という。それでも最近は、自動車通勤が多いという。

 ◆ ◆ ◆

 痴漢冤罪が後を絶たない背景には、警察がこの種の事件に忙殺されている事情がある。ジャーナリストの大谷昭宏氏は「変質的な性犯罪者が増える一方、取り締まり強化のキャンペーンで女性が泣き寝入りしなくなった。警察にしてみれば『また痴漢か』ということになり、感覚がまひしている」と分析する。

 一般の乗客に犯人の人相・着衣や車内の位置関係を覚えてもらうのは難しい。捜査技術を上げるしかないが、「最近は本当に犯人なのか、心証(手応え)が取れない刑事も多い。仕事が次々に来るので、否認のままで(拘置期限の)二十日も拘置するのはたまらないと、『認めれば、(送検までの)四十八時間で出してやる』という禁じ手を使う」と説明する。

 さらに、痴漢事件に潜む問題として「他人を簡単に社会的に葬ることができる。例えば、社会的な活動をしている人物を公安警察が尾行し、女性警官が逮捕するようなでっち上げはないのか」と指摘する。

 こうした「災難」を避ける方法はあるのか。「痴漢冤罪裁判」(小学館)の著者で、ジャーナリストの池上正樹氏は「満員電車に乗らないのが一番。すいている電車に乗るとか、始発駅まで戻って座席に座る。裁判では物理的に痴漢ができる立ち位置にいた人は有罪と認定される傾向があるからだ。どうしても近くに女性がいる場合は、両手を上に上げたり、背を向けたりするしかない」。

 そして、万一間違われた場合は「誠意を尽くして訴えれば、大抵の女性は分かってくれる。駅事務所には行ってはいけない。行ったら最後です。常習の痴漢は逃げようとするが、まじめなサラリーマンほど事情を説明しようとついていってしまう」と話す。

 そのうえで、鉄道会社の対応など社会構造にも注文を付ける。「痴漢は通勤ラッシュを背景にした日本独特の犯罪。現在は女性専用車両など現実的な対策がとられているが、複々線化や列車の増発にも力を入れるべきだ。真剣に痴漢をなくそうと思うなら、時差通勤を企業に勧めて補助金を出すなど、社会全体で取り組む必要がある」

<デスクメモ> 警察回りをしたころ、同じような事例にかかわった。親しい警察幹部は、やはり「認めた方がいいよ。初犯なら不起訴。その日に帰れる」と耳元でささやいた。「そんなバカな」と腹が立ったが、もしも自分の場合であったら、どうするだろうか、甚だ心もとない。矢田部さんの勇気には敬意を表したい。 (充)

「『はい』以外言うな」 富山の冤罪男性に取調官
2007年03月05日06時03分(asahi.com)
 強姦(ごうかん)と強姦未遂事件で逮捕され実刑判決を受けた富山県内の男性(39)が約2年1カ月の服役後に冤罪とわかった問題で、男性が朝日新聞の取材に応じた。逮捕直後に自供を覆し容疑を否認したが、県警の取調官から「なんでそんなこと言うんだ」と怒鳴られ、「今後発言を覆さない」旨の念書を書かされたという。公判でも認め続けたことには、「何を言っても通用しないと思い込まされてしまった」と悔しさをにじませた。

 男性は02年3月に起きた強姦未遂事件で県警から同4月に任意の取り調べを受けた。当初否認したが、聴取3日目に自白。県警は男性を逮捕した。当時、同居していた父親は入院中で、一人暮らしだった。

 男性によると、任意の取り調べの際、取調官から「家族が『お前に違いない、どうにでもしてくれ』と言っている」などと何度も迫られた。「犯行時間帯には電話をかけていた」と訴えても、取調官は「相手は電話を受けていないと言っている」と認めず、「家族にも信用されていないし何を言ってももうだめだ」という心境になったという。

 逮捕後、思い直して、検察官と裁判官に対し一度は否認した。その後、県警の取調官から「なんでそんなこと言うんだ、バカヤロー」と怒鳴られた。翌日、当番弁護士にも否認した。すると、取調官から白紙の紙を渡され、「今後言ったことをひっくり返すことは一切いたしません」などと書かされ署名、指印させられた。「『はい』か『うん』以外は言うな」と言われ、質問には「はい」や「うん」と応じ続けたという。

 起訴後の弁護士は国選で、数回やりとりをしたが、すでに取り調べで罪を認めざるを得ないと思い詰めていた。「否認しても信じてもらえない」と、公判でも一貫して認め続けた。

 男性は「誰かが、がんばれがんばれと言い続けてくれたら、がんばることができたかもしれない」と無念さをにじませた。判決を言い渡され「申し訳ございませんでした」と言ったが、「やってもいないのに、何でこんなことを」と悔しくて涙が出たという。

 05年1月の仮出所後、周りから前科者と白い目で見られているようでつらかった。職も居場所も転々とした。自殺しようとしたこともあった。

 一番つらかったのは、判決前に、入院中だった父親を亡くした時だ。拘置所に面会に来た人に「お父さんは悲しんで死んでいった」と言われ、一日中泣き続けた。1月の無実判明後、地元には帰っていない。騒がれ近所に迷惑をかけてしまうと思うからだ。「墓前に無実を報告していないので、早くしたい」

 県警や富山地検はそれぞれ「故意または重過失ではない」「職務上の義務に反したわけではない」と、当時の捜査関係者を処分しない方針を示している。

 男性は「処分しないと聞いたときは腹が立った。処分がないというのは、『間違った取り調べをしていない』と僕に対して言っているのと同じ」と話した。県警の謝罪に対して「失った期間は戻って来ない」と答えたという。

     ◇

 〈キーワード:富山冤罪事件〉 富山県警は1月19日、懲役3年の実刑判決を受け服役した県内の男性(39)が無実だったと発表。これらの事件の容疑を認めた松江市、無職大津英一被告(51)=公判中=を再逮捕した。県警と富山地検は「客観的証拠はなく、自白の裏付け捜査が不十分だった」と認め、男性に謝罪。富山地検高岡支部は2月9日、富山地裁高岡支部に男性の無罪を求める再審を請求した。今月2日の公判で、大津被告は2事件について起訴事実を認めた。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 4・28沖縄デー復活へ | トップページ | スグレモノ「電解洗浄液」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

植草容疑者については現行犯でありますし、また、現実に被害者が有ります。
それを「自分がやったという証拠はない。警察の陰謀だ」とは恥ずかしい事ですね。
実際に植草に痴漢されたという被害者がいらっしゃるわけですから真摯な態度で謝罪し賠償するべきです。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月28日 (水) 14時11分

ついでに言うと、警察が事故と判断すれば事件も事故に、事件と判断すれば事故も事件になる。

けど、警察は必要ですからねぇ……

投稿: 久々 | 2007年3月26日 (月) 00時34分

 cyazさんご挨拶同も有り難うございます。ココログは時々トラックバックが通らないことがあるので困ることがあります。お手数かけました。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月25日 (日) 19時36分

アッテンボローさん、TBありがとうございましたm(__)m

何度かTB試みましたが、反映しませんでした。
URL置いていきます。
http://blog.goo.ne.jp/cyaz/e/5b6a42269cb05333693122b716244f45

投稿: cyaz | 2007年3月25日 (日) 16時50分

 冤罪で怖いのは、被疑者が何の法的知識もないことにつけ込んで警察が巧みな誘導尋問を行って虚偽の自白をさせることですね。物的証拠など何もないのに犯人にされてしまった人が大変多い。それと更に「科学的捜査」というのもくせ者で、警察の都合の良いように証拠を偽造しています。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月25日 (日) 15時30分

大阪ではヤクザとポリ(カラス)が同じ池から魚を釣ろうとしています(謎笑)。

投稿: TAMO2 | 2007年3月24日 (土) 14時20分

はーい皆さん、富山レイプ冤罪事件についてさらにすごい発言をみつけたのでどぞー


http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070321-173121.html
『うち(警察)にも非があるが、あんたにも非がある』by富山県警

もう、県警本部ごと爆弾でふっとばしていい気がしてきた。

投稿: 久々 | 2007年3月23日 (金) 23時46分

長年男性社会で女性が性暴力の被害にあっても泣き寝入りが多かったですね。

私は列車内で女性から触られた経験があるので、痴漢された女性の恥ずかしい気持ちが理解できます。

最近は人権を尊重し女性は男性とびょうどうであるとする考えが一般的になってまいりましたが未だに女性が社会的に弱い立場だと決め付け、「女性はかわいそう」という感情論が先に立って、物証に基づいた論理的な議論を否定する傾向がありますね。男性は不用意に女性の後ろに立たない事です。

それを悪用して、嘘ついて賠償を要求する詐欺が横行しているようです。これこそ女性を冒涜する下劣な犯罪であると思いますよ。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月23日 (金) 11時27分

うん。 植草さんが冤罪だと言える根拠も特にないです。 私はどっちでもいいし。
しかし、裁判ではいろいろ報道とは違うことを言ってますよ。 一応、裁判の行方を見ないと何ともいえないなあ。

それは別として、自白だけで犯罪者にされてしまうとしたら、怖いですよねえ。
それで人生終わっちゃう人もいるわけですから。
目撃証言も反対尋問を経ないと、信憑性は何ともいえませんしねえ。

まあ、だいたい電車が混雑しすぎてるんでないの?
まるで家畜列車だよなあ。
政府と資本家が労働者をどう考えているか、通勤電車をみたら、よく分かる。 腹が立つなあ。

投稿: 真名 | 2007年3月23日 (金) 10時44分

僕が組織嫌いの理由として場合によっては仲間さえ信じられないこと、志布志選挙違反事件のように12人もいれば官憲に対して多少の恐れと崇拝が入り混じった地域では取調べに対して曖昧な態度をとるだけで漬け込まれ全員が被疑者にでっち上げられる。
右左に関係なく同志を売らないことが最低限のモラル。
警察の知性は公務員の中でも最低と理解すること、市町村職員ましてや郵便局員より頭が悪くて腕力だけが取り柄で給料が高い閉鎖的社会で威張るだけだ、しかし詐欺師集団にとっては威張られるのが厄介だけど世間知らずのエモノも多く存在するらしい。

投稿: tatu99 | 2007年3月23日 (金) 10時24分

この映画、観ました。ホント恐かったです。植草事件もちょっと調べましたが、これよりもっと恐いですね。経済学者にまともな人が極めて少ないのは、こういう事情もあるのかもしれません。

投稿: luxemburg | 2007年3月23日 (金) 06時53分

痴漢の冤罪が多いのは事実だが、植草はガチだろw
先ず捕まえたのが警察ではなくて、女性&周りの人なんだから、国策もクソもないし。
記者会見で「酒に酔ってて覚えていない」とか言ってたし。
過去に七回も痴漢の示談してるし。
そもそも、国策逮捕しなきゃいけないほど影響力ないしw

まぁそれは置いておいて、確かに痴漢の冤罪はかなり深刻なようですね。
基本として証拠が無いのですが、逮捕してしまったあとで、無実の方が強くなってきても、警察は容疑者の人生よりも面子が大事なようですから、「証拠は無いが、やっていないという証拠も無いからやったろ!」という感じで有罪にしてしまうわけで。
(ん?こういう構図、どっかで見たなw)
確か曖昧な記憶ですが、
・痴漢冤罪での賠償請求⇒450万
・パンティーの中に手を入れられた⇒爪からは繊維でなかったけど、起訴される
・ベッキー、痴漢を5人くらい捕まえたけど、二人は勘違いだったんですよー、と軽く言う

やはり問題点として、
・男性から示談金を受け取ろうとする女がいるが、そういうやつらは証言だけなので、嘘かどうか確かめることが不可能なので、裁けない。
・警察はどんなに重大な捜査ミスを犯しても、キャリアが免職されることは殆ど無い。

この二つがでかいでしょうね。
ですが、取調べには強気で行かなければ行けない場合があるのも事実ですし、やはり一重に、警察官の良心、だけなんだろうなぁ。

投稿: 久々 | 2007年3月23日 (金) 00時33分

小生の会社の労働組合でもこの映画は話題になっているようです。とにかく、駅長室に入った時点で、「犯行を自供した」ことにされちゃうようです。

交通取締りで「ここに名前書いて」と言われて、何も考えずに名前を書いたら違反を認めたことにされるような卑怯なルールが、日本国には一杯ありそうです。

投稿: TAMO2 | 2007年3月22日 (木) 23時26分

確かに、植草さんは冤罪かもしれませんねえ。
怪しい話はどんどんでてきますね。
少なくともエコノミストとしては、植草さんを尊敬いたしております。

投稿: 真名 | 2007年3月22日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14353556

この記事へのトラックバック一覧です: 冤罪と自白偏重主義:

» タミフル問題への疑念・・・製薬会社の寄付、厚労省の天下りからラムズフェルドまで [日本がアブナイ!]
 3月にはいって、インフルエンザが広がり出したようだ。私の周辺でも、学級閉鎖が あったとか、一家で寝込んだなどの話がきかれている。<うがい、手洗い、加湿で予防 しなくちゃだわ!(~~)>  今回は、そのインフルエンザの特効薬とされる「タミフル」に関することを、私が 「ん? (・・)」 と感じている小さな疑念と共に書いてみたい。 * * * * *   20日の深夜になって、厚労省がいきなり会見を開き、「輸入販売元の中外製薬に対し 「10歳以上の未成年の患者には原則として使用... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 06時30分

» 軍縮後進国 [ 反戦老年委員会]
 最も恐ろしい兵器は?。核兵器<原子爆弾>?。北朝鮮やイランの核開発?。それは違 [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 09時05分

» 安倍性奴隷騒動 (←直訳するとこうした言葉が使われてます) [とむ丸の夢]
 3月11日にアベ首相がNHKのインタビューで「おわび」を表明してから、日本のメディアで、従軍慰安婦について狭義の強制性はなかったという例の発言が話題に登ることはあまりないようですね。 13日のオーストラリアのハワ... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 11時48分

» 是非、再現DVDの証拠採用を [植草一秀氏を応援するブログ]
昨日書いた続きにもなるのですが、前回の公判の時に、現場の再現DVDを植草氏側が用意するとの発表があった。 それによって被害者と言われる女性および、目撃証人の矛盾点を明らかにし証言の内容を否定するとの事だった。 この再現DVDは証拠としての提出を弁護団が求めてはいるが、裁判所が採用するか否かは前回の公判時まだ決定してはいなかった。 この再現DVDは是非とも裁判で証拠として採用していただきたいと思いませんか? ・女性の証言に基づいてその通り作成する。 ・証人の証言に基づいてその通り作成... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 15時22分

» 「それでもボクはやってない」と共謀罪 [再出発日記]
監督・脚本:周防正行出演:加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、役所広司百聞は一見にしかず。万が一あなたが冤罪に見舞われて、被疑者になったとする。やっていないのだから容疑を認めない。真実はいつか必ず勝つはずだ。だから何も心配しなくていいのだ。と、思...... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 17時24分

» それでもボクはやってない [Akira's VOICE]
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。 [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 18時43分

» それでもボクはやってない [タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌]
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 143分 監督 周防正行 製作総指揮 − 脚本 周防正行 音楽 周防義和 出演 加瀬亮 、瀬戸朝香 、山本耕史 、もたいまさこ 、 清水美砂 、本田博太郎 、竹中直人 、小日向文世 、高橋長英 、役所広司 解説: 『S...... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 19時17分

» 『それでもボクはやってない』 [Sweet* Days ]
監督:周防正行 CAST:加瀬亮、役所広司 他 STORY:フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、ある日満員電車で痴漢に間違われ拘留されることに・・・・ 良かったです! 周防監督が徹底的にリアリズムにこだわったというだけあっての生々しさ、 そして2時間を超える上映時間もアッという間に感じる展開は、 少しの退屈も感じず、夢中になって見入ってしまいました。 裁判所には「裁判官」という何だか分からないけどとても偉い人が居て、 検察官と弁護士は、とにかく被疑者を有罪にするか無罪にするか... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 19時38分

» 「それでもボクはやってない」 [よしなしごと]
 会社の友人(ブロガーではない)にかなり勧められ、それでもボクはやってないを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 22時48分

» それでもボクはやってない [いぬでいいかも!?]
キチタロ見ました「それでもボクはやってない」。 それでもボクはやってない 公式サイト http://www.soreboku.jp/index.html この映画、いろいろと考えさせられます。 キチタロの感想としては、、、難しいのですが、、、、。 裁判官も検察官も弁護士も、だれも主人公(ボ..... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 23時23分

» それでもボクはやってない [欧風]
20日の週末から公開の映画があったので、いつもながらの、「イオン下田TOHOシネタウン」で、映画鑑賞ですよ。 今回観たのが「それでもボクはや [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 00時09分

» それでもボクはやってない・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
大ヒット作「Shall We ダンス?」が公開されたのが1996年だから、実に11年ぶりの新作となる。 何はともあれ、周防正行が第二の長谷川和彦化しなかったのは喜ばしい。 周防映画といえば、主人公がひょんな事から仏教、相撲、... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 00時23分

» 映画「それでもボクはやってない」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
それでも、それでもボクはやっていない。控訴します!!刑事事件で起訴されたら有罪率99.9%、冤罪事件にかぎっても97%が有罪になるという実態・・ 仕事もせずブラブラしていた金子徹平(加瀬亮)、ようやく面接にこぎつけて会社に向かうが途中で履歴書を忘れたこと... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 00時41分

» 【それでもボクはやってない】を観た [闘うリベラルのチャンネル(新宅)]
予定通り、標記映画を観て来た。 nasbonさんが爆発しそうになるのはよく分かる。なぜなら俺も短気だから(笑)。 以下、まだ観ていない人は観た後に閲覧した方がいいかも。 [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 02時42分

» 【名古屋・集会】3月24日(土)・生活保護と人権「21世紀の朝日訴訟〜ナショナルミニマムを守る」、29日(木)「イラク戦闘地域・ラマディからの報告」 [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
名古屋で開催される集会等を紹介します。 29日開催のイラク反戦集会の方には参加できない可能性が高いのですが(仕事の関係上)、24日開催のイベントには私も参加します・・・( ´∀`)。 ●青年法律家協会人権交流集会 生活保護分科会 3月24日(土)【21世紀の朝日訴訟〜....... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 06時18分

» 『それでもボクはやってない』 ★★★★ [時流を聴く]
周防正行監督の『それでもボクはやってない』を公開初日のレイトショーで観た。 痴漢冤罪を取り上げ、日本の刑事裁判制度を描く。 前半は緊張感が途切れる場面もあるが、公判が進むに従い自分が傍聴席に座っている... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 08時58分

» 「それでもボクはやってない」有罪ありきの現実に立ち向かった冤罪被害者と支援者たちの過酷な闘い [オールマイティにコメンテート]
「それでもボクはやってない」は痴漢と間違えられたフリーターの青年が無罪を訴えて裁判と闘うストーリーである。周防正行監督11年ぶりの作品として現在の裁判の現実と問題点を忠実に描かれた作品として注目だ!... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 15時27分

» それでもボクはやってない [UkiUkiれいんぼーデイ]
これを観た男性諸氏は 満員電車に乗るとき 両手を上げていたくなる・・・にちがいない! 観たかった!待っていた!周防監督の最新作♪ しかもテーマが「裁判」 これね、劇場予告とかCMとか観てる限りでは、コメディー風味なのかしら、な〜んて気軽に思ってたけど とーんでもない!!! 大真面目な社会派映画です! すごいよ!面白い!勉強になる!強くオススメします! 原作となる本もなく、周防監督が2年をかけて調べ上げたという、今の日本の司法制度の問題点を、私... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 16時50分

» “安倍カラー”と内向的政治のジレンマ / 国際政治学者の文章を読んでみよう(16) [薫のハムニダ日記]
“安倍カラー”と内向的政治のジレンマ/李鍾元 支持率の低下で苦境に立った安倍首相が、強硬姿勢で正面突破を目論んでいる。“従軍慰安婦”の“強制性”を否認し、謝罪を拒否した発言も同じ脈絡にある。就任直後には漠然とした期待値と共に韓国、中国との外交関係改善など現実主義的政策が評価され、70%近い高い支持率を享受した。しかし閣僚たちの相次ぐ不祥事や失言、改革姿勢の後退、側近の経験不足や政権運営の未熟さ、首相自身のリーダーシップ不在などにより支持率が下落し続け、今では平均40%のラインを下回りはじめた。... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 19時09分

» 「それでもボクはやってない」 それでもアナタは人を裁きますか? [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「それでもボクはやってない」の試写。監督・脚本:周防正行 出演:加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、役所広司ほか周防監督ならではのエンターテインメント作品を期待した方は、さぞかしアテが外れることだろう。そして、アテが外れたこと以上に、多くのタ... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 22時08分

» それでも ボクは やってない [TRUTH?ブログエリア]
監督・脚本:周防正行映画 日 06☆☆☆☆☆ 素晴らしい。良いです。こういうもの [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 20時34分

» それでもボクはやってない [Thanksgiving Day]
映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控えた....... [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 11時32分

» 誤った裁きにも裁きを!奪われた人生の重さ [リネン]
ありがとうございます。アッテンボローの雑記帳からトラックバックをいただき、 『そ [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 14時32分

» それでもボクはやってない [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
本当に無実でも、無罪になるとは限らない・・・ってホント? 「ファンシイダンス」(1989)。。。仏門修行、「シコふんじゃった」(1992)。。。学生相撲、そして『Shall We ダンス?』(1996)。。。ボールルームダンス・・・と、これまで意外な切り口のエ....... [続きを読む]

受信: 2007年3月28日 (水) 21時54分

» それでもボクはやってない(07・日) [no movie no life]
この映画を論ずることは、日本の裁判制度そのものを論ずることになるんだろうと思う。 それくらい、「映画」と言うよりはリアルな現実を見せてくれた映画ではないだろうか。 そして、「これが日本の裁判」だとしたら、我々は現状を知らなすぎる。 周防監督は3年間の取材や裁判... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 06時12分

» 「佐賀・北方3女性殺害事件」無罪が確定 [競艇場から見た風景]
自白上申書「違法性高い」と2審も無罪の「北方事件」上告を断念することを発表した。 女性3人の他殺体が見つかった佐賀県の「北方事件」で、3件の殺人罪に問われた福岡県の会社員松江輝彦被告(44)を1審に続き無罪とした19日の福岡高裁判決は、最大の争点だった19..... [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 00時38分

» 植草一秀氏への被告人質問 [植草一秀氏を応援するブログ]
28日の公判で植草一秀氏への被告人質問があった。 植草氏が証言した内容をまとめると以下のようになります。 速記録とは違うので、実際に話した言葉とは表現に一部違う部分があるかと思います。 植草氏は9月13日当日、傘と書類がたくさん入った重さ4kgのかばんを持っていた。 着ていた洋服はグレーのスーツに赤系統のネクタイ。めがねは青っぽいふちのめがねだった。 電車に乗り込み、乗り込んだドアの反対側のドアに近いあたりにいた。 お酒に酔っていたこともあり、ぐったりと眠ったように立っていた... [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 23時43分

» それでもボクはやってない [とにかく、映画好きなもので。]
 テーマは日本の裁判。  今まで、裁判というものを傍聴した事の無い、私のようなサラリーマンにとって裁判というのはあまり身近で無く、蚊帳の外のような気もする。大学時代に刑法はかじった程度。判例や六法を引っ張り出して勉強した覚えもあるが、今じ....... [続きを読む]

受信: 2007年4月23日 (月) 01時11分

» それでもボクはやってない [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:周防正行 キャスト:加瀬亮 、       瀬戸朝香、       山本耕史       もたいまさこ       田中哲司       光石研 、他 ■ストー... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 21時33分

« 4・28沖縄デー復活へ | トップページ | スグレモノ「電解洗浄液」 »