« ノーパサラン(やつらを通すな) | トップページ | 郵便局での危ない話 »

2007年3月13日 (火)

ホワイトデーゆうパック

 明日はホワイトデーである。そして郵便局では2月末までホワイトデーゆうパックの販売が色々言われていた。尤も集配職場ではこの間の要員不足のために勤務時間中にお客さんに声を掛けるなどとても出来る状態ではなかったし、更に今の劣悪な労働条件の下でやる気を失った労働者が多い。正直言って郵便局への帰属意識など希薄になっている。次から次へと退職者が出て、今では日常の業務運行すら出来ていない。ごくごく一部のマル生分子だけが営業しているような状況だ。

 だがしかし、妻と娘にバレンタインチョコを貰っている手前お返しはしなくてはならない。どうするか色々考えた結果、ホワイトデーゆうパックを三つ注文した。成績は郵便の外務員に付けて貰った。これはホワイトデー当日を含んでその前四日間か五日間で配達するようになっている。週末我が家に届いた。

 本題とは関係ないのだが、関西トランスポートという加古川郵便局の委託業者の解雇問題について今月七日か八日の朝日新聞に記事が載っていたようだ。兵庫県労働委員会が偽装請負として認定し、賃金支払いを命じたという。闘えば勝利できるのだ。関西合同労組関西トランスポート分会とJPU加古川分会との共同闘争の成果だと思う。

 「加古川郵便局で小包委託業者がストライキ」 「郵便局と関西トランスポートは不当解雇をやめろ」 「新たな統一戦線の予感。」

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« ノーパサラン(やつらを通すな) | トップページ | 郵便局での危ない話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

都市の郵便局のマンパワーの不足は切実と聞く。管理側もマネジメント能力の無さから、始末書の乱発のような引き締めに走る管理職も多いそうだ。
試験だけ昇進や管理できるわけじゃないんだな。民間だと人を緩急いれて統括する能力が必要となる。

退職した人間達は民間で生きていける自信のある人間たちだったんだろう。その中でも離婚届と消費者金融の請求書握り締めて「郵便局辞めるんじゃなかった」とか呪詛吐いている人間多い気がする。民間は厳しいからな。

スペックの低い労働者をたたき出そうとしたが、高い順から逃げたと言う所か。


>>次から次へと退職者が出て、今では日常の業務運行すら出来ていない。ごくごく一部のマル生分子だけが営業しているような状況だ。

大企業病の末期症状だな。民間なら当たり前に潰れるような状況だ。
業務運行に対する切実さの無さは、潰れないという甘えの構造だろう。潰れてからじゃ遅いという民間的な発想がとことんないと見える。
郵便局にはまともな労働者がごくごく一部しかいないとは。

投稿: K | 2007年3月17日 (土) 01時40分

ゆうパックのホワイトデーのセットですか、そんなのがあったんだー。来年から早く教えてください。夫婦揃って甘い物がすきです。


投稿: wamg★ezweb | 2007年3月15日 (木) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14255075

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトデーゆうパック:

» 07/03/14 号外編  戦略的意味深める日豪関係    イラク派兵 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07/03/14 号外編  この三年間五大紙の社説を保存している。 今日は二社の社説と朝日の見出しの中から、私だけかも分からないが気になるのをあげてみた。           新聞のWebは早く消去されるのでその一部を転載する。  以下転載 日経新聞 社説2 戦略的意味深める日豪関係(3/14)  日本人はオーストラリアにどんなイメージを持っているのだろう。南半球にある豊かな農業国であり、ある世代以上に�... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 13時04分

» 「真実一路」の松岡大臣 [とむ丸の夢]
 国会議員の3つの特権といえば不逮捕特権・免責特権・歳費を受ける特権。 あのタイゾー君が当選の決まったときに狂喜した議員さん達の給与・収入は、いったいどれくらいになるのでしょうか。国会議員のヒラで歳費:4,400万+3人... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 16時02分

« ノーパサラン(やつらを通すな) | トップページ | 郵便局での危ない話 »