« 悪戦苦闘 | トップページ | 「国会へ行こう。」@3.12 »

2007年3月10日 (土)

パート春闘 JPUはどうするのか?

 3月9日付毎日新聞朝刊「07春闘 格差を問う」にJPU中央執行委員長菰田義憲(こもだよしのり)が登場していた。記事の中で非常勤職員(郵便局用語では「ゆうメイト」と呼ぶ)の処遇改善について述べていた。「非正規職員の労働条件を引き上げ、いずれは正社員につながる『キャリアスタッフ制度』の充実に力を注いでいる」というのだ。だがしかしこの「キャリアスタッフ」制度がくせ者なのだ。非常勤職員の中で勤務成績良好な者から選抜する制度で、採用枠は20万人近い非常勤に対して僅か二三千である。当然のことながら非常勤相互の競争が生じ、100倍近い競争率を勝ち残った者だけが正社員になれるというわけだ。労働組合として大多数の非常勤を切り捨てる制度を容認するのは如何な物か。「全郵政加入でスキルアップ」という方針よりはマシであるが五十歩百歩である。私が所属する支部連絡協議会には郵産労郵政ユニオンもいないので詳しい方針は分からないのだが、こと非常勤の処遇に関しては郵政ユニオンが一番真面目に活動しているようだ。「今こそ本務化闘争を」と言う記事にしたこともあるが、全逓もかつては非常勤労働者の本務化を要求して闘争を組んだこともある。今本当に求められているのは全ての非常勤労働者を本人が望むのならば正規雇用にすることである。

Photo_8  今日10日付の毎日新聞朝刊のクローズアップ2007では「熱きパート春闘」と題して非正社員の待遇改善についての取り組みが書かれていた。現在、労働者の3人に一人、1600万人が非正規雇用であるという。パート労働者であっても労基法上は勤続一年以上の労働者には年次有給休暇の権利があるのだが、診断書を出さなければ年休が取れなかったり、嫌がらせを受ける実態が書かれていた。本来年休は理由の如何を問わず雇用者が労働者に取得させなければならないにも拘わらずである。多くの人が実際に経験したり見聞きしているように、今日のパートを始めとする非正規雇用の労働者は単なる穴埋め要員に止まらず正社員と同じ働きを求められている。「同一労働同一賃金」の原則にもあるように正社員と同じ働きをさせるなら、経営者は同じ待遇を用意すべきである。毎日新聞2007年2月21日東京夕刊に掲載された「(図3)企業の経常利益と1人当たりの雇用者報酬」によると今の企業収益が向上しているのに比べ、労働者一人あたりの賃金は低下する一方である。これは95年日経連労問研報告や当時の「規制緩和」の大合唱によって「総額人件費の抑制」が方針として打ち出され正社員に対しては賃金切り下げを始めとするリストラが行われパート・アルバイトに置き換えられた結果である。そしてパートなどの賃金は殆どの場合、最低賃金に近い数字である。連合全労連も「時給1000円」を要求課題に掲げているが、これでも生活するのにギリギリの金額である。派遣ユニオンの関根秀一郎書記長によると「派遣労働者の時給は正社員の2分の1から3分の1。それでも、パート・アルバイトよりも高い」「おおむね労働環境は劣悪で、1カ月フルに働いたとしても月12万~13万円にしかならない。ワーキングプアを抜け出せないでいる」毎日新聞2月21日夕刊)そうである。(ちなみに私の場合郵便局で勤続20年で2月の手取りは四ヶ月に一度の諸手当が付いているので25万。手当が付いていない1月の手取りは20万である。正直郵便局は安月給だ。)

 非正規雇用の労働者にとって今の賃金水準は、文字通り飢餓賃金と言わざるを得ない。東京などの大都市ではワンルームマンションですら一月の家賃が10万前後かかる。どうやって生活するというのだ。私の場合田舎住まいであるので、以前住んでいたハイツは3DKで78000円であった。共稼ぎなので三人の子供を授かり何とか住宅を購入したが、非正規雇用の労働者にとっては結婚などとても出来ない。まして子供を産み育てることなど夢のまた夢である。それどころかネットカフェ難民と言われるように住むところさえない人々も沢山いる。JPUは60年代初頭のように本務化闘争を闘うことで非正規雇用の労働者が生活できる社会を要求すべきである。労働者は使い捨ての消耗品ではない。小泉・安部・麻生といった代々政治屋の裕福な家庭に生まれ育ったオボッチャン連中に労働者の生活の何が分かるというのか。奥田や御手洗のような歴代日本経団連会長が更なる搾取・収奪の自由を政府に要求している今こそ、労働組合は闘わなければならない。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 悪戦苦闘 | トップページ | 「国会へ行こう。」@3.12 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私も正社員なのに、年収200万ないし、当日急病で連絡しても有休にはしてくれない。月給なら賃金カットにならないけど日給月給だから賃金カットされる。だから休んでも病院にも行けない。春闘で要求していますが、まだまだこれからです。

投稿: サンボー分会長 | 2007年3月12日 (月) 20時47分

 ましまさん、そうですよね。仰るとおり毎日新聞の記者も違法であることについては一切触れようとしていません。その辺でもマスコミの中でジャーナリズムが無くなりつつあるのだと思います。
 そして本当ならば労働組合がもっともっとパートなどの非正規労働者の労働条件についてとな組まなければならないと痛感します。
 wamg★ezwebさん、労働法制における労基法改悪や派遣労働法などによって権利が剥奪されつつあることに危機感を覚えます。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月11日 (日) 16時36分

昔は有給取らずにどんだけ会社の犠牲になったかで評価されてましたからね。ま、それは当時の上司がきちんとした判断基準を示せないからなわけですけど。


「犠牲」というのは「優秀」とは逆の指向性ですので、そんな人間が今、頂点に居る組織的は程度低いですわ。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月11日 (日) 15時15分

同じ新聞記事を見て、年次休暇に「診断書」は驚いたけど、そのこと自体を糾弾する記事もない。休暇に理由を云々するのは、今は常識になったのですか?。

投稿: ましま | 2007年3月11日 (日) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14215509

この記事へのトラックバック一覧です: パート春闘 JPUはどうするのか?:

» 結婚式の服装ってどう? [baron's diary]
結婚式には最近全然行っていません。 それというのも、やっぱ年齢が上がっていて、僕の周りの友達も なかなか結婚しなくなっているからかなぁ・・・・? [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 23時00分

» 二極化というより三極化の厳しい世界 [晴耕雨読]
>新世界通貨体制に移行した場合、デフォルトした国家の財政赤字は徳政令的に処遇されるのでしょうか? これは、「新世界中央銀行」の政策テーマではなく、各国の国内問題になります。 しかし、「新世界通貨体制」は緊縮財政を強いるものですから、各国の統治者は、これまでに抱えている政府債務(債権者が国内か国外かを問わず)をなくしてしまいたいと考えるでしょう。 米国連邦政府は「対外債務」をデフォルトできますが、日本政府が「対外債務」をデフォルトするのは困難(とくに対米欧では)だと思います。(米国連邦政府は、自... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 23時05分

» 異例の評決「10対7」で衛藤氏の復党了承なんだって。 [晴天とら日和]
●〓asahi 2007年03月09日18時30分 安倍政権新設の18会議、費用5カ月で1700万円 安倍政権が新設した18の会議にかかった費用が、先月末までの5カ月間で約1783万円にのぼったことが9日、政府が閣議決定した政府答弁書で明らかになった。会議乱立に....... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 00時05分

» 次々とくすぶる疑惑と不満<衛藤復党+安倍本人にも口きき&違法献金疑惑+松岡疑惑など> [日本がアブナイ!]
<多忙のため、しばらくの間、記事に対するコメントの受付をお休みにします。>  安倍内閣&自民党(+公明党)で、様々な不満や疑惑がくすぶり続けている。  安倍氏の同志・衛藤晟一氏の復党問題もスンナリとは行かず。松岡農水大臣の光熱水 費疑惑はさらに深まり。そして、さらに安倍首相本人の口利き疑惑や、安倍氏&複数の 閣僚も絡む違法献金問題も指摘され、アチコチでキナ臭い煙が立ち始めている。 <このままだと、安倍内閣がいぶされて、燻製にされちゃうかも?(・・)> * * * * *  ... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 02時05分

» 衛藤晟一氏の復党決定 [zara's voice recorder]
自民党紀委が衛藤晟一氏の復党決定、異例の多数決 自民党は9日、党紀委員会(笹川尭委員長)を開き、郵政民営化に反対し、2005年の衆院選に無所属で出馬して落選した衛藤晟一・前衆院議員の復党を賛成多数で了承した。 出席者14人は賛成7、反対7の同数に割れた..... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 07時57分

» 若者難民は死しかないのか。 [言ノ葉工房]
♪世界中に建てられてる どんな記念碑なんかより  あなたが生きている今日は どんなに意味があるだろう         by the blue hearts 意味あるってよ あるってね 先日歯医者へ行ったときの隣のおじいちゃ... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 13時04分

» パート代表を議員に [ 反戦老年委員会]
 日本のことではない。中国の全国人民代表大会(全人代)の話である。中国憲法の規定 [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 14時42分

» 歴史に残る世紀のビックリ映像:BBCはWTC7が実際に倒壊する23分も前に「崩壊しました!」と報... [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
以下は2月22日付けの『社会保険庁の解体=完全犯罪の完結:あと一息ですべての証拠は隠滅され究極のマネーロンダリングが完了する』と題するエントリに付けられたコメントに対する私の応答の一部を再録したものである(多少の加筆・補正を加えた).振り返ると2月22日というのは下記に示す『911がインサイドジョブであったことを裏付ける決定的かつ致命的な物的証拠』を暴露した情報が世界を駆け巡る発端となった日付であるようだ※.3月2日に真名さんから以下のような提起があった. Commented by 真名 at... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 18時20分

» 嗚無情:フリーター諸君喜べ!君たちもようやくジャンバルジャンの黄色い通行証が持てるようになるぞ [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
法律と風習とによって、ある社会的処罰が存在し、聖なる運命を世間的因果によって紛叫せしむる間は、即ち、下層階級による男の失墜、飢餓による女の堕落、暗黒による子供の萎縮、それら時代の三つの問題が解決せられない間は、即ち、地上に無知と悲惨とがある間は、本書の毎き性質の書物も無益ではないだろう。――ヴィクトル・ユーゴー  ←ご協力お願いします!上掲文中の「無知」を「人民の無知」と読み誤まる者は己の無知をこそ恥じるがよい. ------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 18時23分

» 宿命の仕事 [政治]
去年の秋だったか総理が国会で、 「障害者の方にもなるべく自立していただく、納税者になっていただく。」 とか言っていたのを思い出しました。 この世の中でいったい誰が自立しているんだろう。 納税者になることが自立なのだろうか。 など、この発言からは色々な疑問を感じました。 先ず一番恥ずかしかったのが障害者にまでお金儲けに参加せよと言っていることです。 違うと思います、障害者には障害... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 22時04分

» 市民団体、労働組合の憲法改悪阻止運動を萎縮させる国民投票法案の阻止を! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
ここのところ、国民投票法案の問題を取り上げてきたので、ついでに、同法案の問題点をもう一点取り上げたい。自民党案の109条にかかわるところだ。  同条は、 【組織により、多数の投票人に対し、憲法改正案に対する賛成又は反対の投票をし又はしないよう勧誘し、その投票をし又はしないことの報酬として、金銭若しくは憲法改正案に対する賛成若しくは反対の投票をし若しくはしないことに影響を与えるに足りる物品その他の財産上の利益若しくは公私の�... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 07時55分

» ホームレス喫茶に泊まった [再出発日記]
3.6集会のために、前夜東京・品川に着いたのが、五日の午後九時。品川駅で乗車率200%近い電車に出会う。「東京つうところはえれえとこだなあ。夜の九時になっても満員電車なのだなあ。」という田舎丸出しのことを思っていたら、信号トラブルでえらいことになっていたらし...... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 12時41分

» BLOG 順慶 [BLOG BLUES]
浅野候補が、出馬表明しましたね。先ずは、憎まれ口から。 日本人はいつより堪え性がなくなったのか。賛浅野であろうが、反浅野であろうが、 本人の出馬表明を俟って、云々すべきだろう。それが礼儀だ。みっともねえ。 尤も、当の御本人が、「出ません」「出ようかな、でも民主党が候補を立てるなら 出ません」「やっぱ民主党に関係なく、出ようかな」「出ます」ですもんね。 さすが元官僚、その手前勝手なことと言ったら。人をおちょくっとんのか、 アホンダラ!下掲は、本日付毎日新聞朝刊の切抜記事です。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 13時19分

« 悪戦苦闘 | トップページ | 「国会へ行こう。」@3.12 »