« 富田靖子 | トップページ | 「逃亡日記」 »

2007年3月17日 (土)

きょうと通信 NO、26

京都郵政職場交流集会(準)発行●07年03月14日 NO、26

 ■全国交流集会参加報告
去る2月24~25日、宮城県松島町において「全逓労働運動研究会全国幹事会」呼びかけの交流集会が開催され、当支部からも3名が参加した。
交流集会は、それぞれの地域・職場を結んだ交流を図り、職場実態の突き合わせと運動の成果を持ち寄り、その運動に学び、今後の組織運動に活かすことを目的に、二日間の日程で取り組まれた。初日には「民営化という名の労働破壊」の著者である藤田和恵さんの講演があった。ノルマが達成できずに職場で体罰を受けた宅配ドライバー、トイレに行くことすら許されないテレフォンオペレター等現在置かれている職場の悲惨な実態や、非正規労働者の置かれている立場についての言及があった。その後に行われた会議では、組織再編に伴う業務の混乱、業務量の増加による作業ミスの増加、等全国各地より報告が寄せられた。加えて、「121回中央委員会論議の概要」を①「民営分社化への対応」②「組織統合問題」③「要員問題」④「春季生活闘争」⑤「集配拠点再編」⑥「JPSの取り組み」⑦「輸送問題」に分類して整理し、それをもとに討議した。

【灘局】 人よこせ!金よこせ!地域にもアッピールを!
■ 支部委員会報告
・灘/共通
組織統合問題について昔のことは知らないが、この総括はやりすぎで納得いかない。
・灘/集配
春闘方針にある格差是正は当然。統合にはこだわりを持っている。全郵政の綱領を基軸、事業の発展を第一に置いた運動でよいのか議論が必要。
・東灘/集配
民営化時の労働条件の方向性のなかで解雇についての提案があるが、分社化されて赤字切り捨てになると簡単に解雇されてしまう危機感を感じる。統合してどのような運動になるのか、労働条件の底上げを捨ててはいけない、反マル生=悪という捉え方は許せない、上部指導に基づいて闘った4・28被免職者を見捨てたことは許されない、総括のなかの社会に及ぼした影響という文言は信じられない。
・東灘/集配
全逓分断のために作られた御用組合に頭を下げての合併は到底認められない、言いたいことも言えなくなるし、当局との対立点もなくなる、もっと現場がしっかりしなければいけない。
・灘/貯金
50億闘争資金はどうなるのか。
・東灘/集配
32年間、闘争もやり処分も受けてきた私たちがしてきたことはなんだったのか。
・東灘/保険
春闘は闘うもの、生活できる賃金よこせと賃金要求は出すべき。
・東灘/郵便
明日超勤が100時間を超えた人の面談がある。最高は121時間、人手不足は明らかでタダ働きも改善されていない。民営で明らかにサービスダウンとなる、地域へのアッピールも必要である。
・東灘/保険
苦情処理は組織の見せ所、キチンと数をだし変更になったのか明らかにするよう求めていくべし。
・東灘/貯金
ほとんど人が内定に反する希望を出していた、苦情処理は書類程度のものなのか真剣に考えてくれるのか気になる。

 編集後記
上記に紹介した支部委員会論議を経て、作成された「JPU東神戸支部意見書」はペーパー(A4サイズ、2枚)として近畿地方委員会内で配布されている。日刊紙『東神戸』の2月20日号には、「大勝利!最高裁が決定 4・28首切り処分撤回」が報道されている。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 富田靖子 | トップページ | 「逃亡日記」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14288976

この記事へのトラックバック一覧です: きょうと通信 NO、26:

» 立憲政治ニ異変アリ。科学特捜隊、出動せよ! [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.3.17.12:00ころ ---------------------- [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 15時55分

» テレビの切り抜き・ごまめの独り言。  横須賀市と米海軍連帯して相互支援 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
ごまめの独り言。  最近は何だか分からない事ばかり。  朝日新聞には載っていなかった。もしか載っていたとしてもチッポケで見つからなかったかも分からない。  しかしネアサズバでは横須賀市が原子力艦船を含む災害について市と米海軍連帯して相互支援ついて調印したと報道していた。         その内容は全く分からないが、憲法で非核三原則を訴え、頑に守っていたものが、タ�... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 16時38分

» 壊憲手続簡略化法(「国民投票法」自公案)について衆議院のサイトに意見を送りましょう [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
「日録(不定期)」さんからの記事「改憲手続法案に関する意見送付」のTBで知りました。ありがとうございます。 壊憲手続簡略化法(いわゆる「国民投票法」自公案)について衆議院にファクス、メール、封書で意見を送るこ... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 16時48分

» 大臣の地位も軽いが口も軽い。 [酔語酔吟 夢がたり]
口は重宝なものだが…災いのもとでもある。 [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 06時56分

» 07/03/18気になる見出し  迎撃ミサイル都心展開 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
気になる見出し。  迎撃ミサイル都心展開。            何だか遠い昔に聞いたような言葉「迎撃」だ。なぜ武器を持たない憲法がある国家が迎撃という単語を使うようになったのか。  結局、戦後の外交政治の誤りで、安保条約によってアメリカ追従の国家になって、周りに敵を作った為に外国から攻撃される恐れがあると言うことなのだろう。  経済発展はしなかったかも分からないが、敵を作らない外交をしてほ�... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 09時57分

» 戦時体験記(4) [護憲+グループ・ごまめのブログ]
  このコーナーに書くのは、2年前に護憲+の戦時を語るコーナーに、戦前・戦中・戦後に体験した事を書いたものですが、再編してお送りしています。   戦時体験記(4)  宇宙が生成され、多くの銀河系ができ、その一つの銀河に太陽系ができ、その中の一つに偶々生物の住める地球が生まれた。大宇宙の塵にもならない地球が生まれたのは宇宙の偶然の副産物なのである。その副産物であるこの星で生まれたあらゆる生き物、即ち植物か�... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 10時04分

» アベシ+日興コーディアルVsライブドア(1)・(2) [晴天とら日和]
で、ホリエモンの社説が出揃いました。 で、ホリエモンのやったことと、<日興コーディアル>がやった事とどう違うのか、教えて欲しい。よぉ!そこの偉い人!!!!! ホリエモンは悪事を働きました、 だから、実刑であっても仕方がないと私は思う。 だから、日興....... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 23時05分

» 「私達が絵本に託すこと」…子どもを戦場におくることではないです [dr.stoneflyの戯れ言]
 前エントリーで、「(娘さんが)大きくなるにつれて、なんでこの絵本がよいのかわかんないって言ってましたっけ。」ってコメントを頂いて思い出しましたが、ワタシにしても子どもの頃には好きな絵本があった気がします(笑)。もうそれがどんなタイトルの絵本かも忘れてしまいましたが、確かに幾度も開きボロボロになった絵本がありました。そして、やっぱりワタシの息子も何度も読んで欲しいとせがみ、自分でも幾度も開いていた絵本はボロボロになっています。ボロボロになった絵本ほど手放したくない本なのかもしれないのかな。...... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 14時34分

» 上場企業の株主配分は最高の13兆円  時価2億円の重さ100キロの金塊 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
テレビの切り抜き  番組でやっていた新聞の切り抜き映像の切り抜きだから、ひどくぼけている。          日本は好景気と言うことで上場企業の株主配分は最高の13兆円で今年の純益の半分だそうだ。  そしてひGDPが伸びているから、防衛費は応分に負担せよといわれている。  しかし底辺では生活保護所帯が増えている。この現象をどう見るか。  岐阜県高山市の大橋コレクション館で時価2億円の重さ100キロの金塊... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 15時09分

» 戦時中の体験と終戦直後に聞いた話から [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 戦時中の体験と終戦直後に聞いた話から 先日、朝日新聞に韓国の方が慰安婦についての投稿されていました。(クリックして下さい) それと、前回の朝まで生テレビですが、初の女性ばかりの出演者。その中のジャーナリストの高木未貴さんの発言。それに関西版の番組の中でコラムニストの金美齢女史の発言を聞いて、私も自分の見てきたこと聞いたことからこの問題について触れてみたいと思います。  長くなるものか短か�... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 16時47分

« 富田靖子 | トップページ | 「逃亡日記」 »