« 郵便局での危ない話 | トップページ | 富田靖子 »

2007年3月15日 (木)

全日空機事故と「規制緩和という悪夢」

 13日火曜日に高知空港で起きた全日空機による胴体着陸事故は、カナダのボンバルディア社製の飛行機で連続して発生している故障などのトラブルの一環であるという。ボンバルディアDHC8-Q400型機は、毎日新聞15日朝刊の報道によると構造上の欠陥が疑われているという。同型機は計器の異常や油圧系統のトラブルによって03年以来77件のトラブルが起きているという。更に100回の飛行に占める欠航率が0.163であり、二位のボーイング737型機の0.097の実に17倍の頻度である。低燃費や飛行速度が速いことなどを理由に世界各国で導入されていると言うがコスト切り下げのために基本設計の段階で手抜きが存在するのではないかと思う。また航空会社も「ボンバルディア機は整備に手がかからないのが売り物で、国産機からの切り替えの際、整備費を削減したい国内航空各社が飛びついた、と認識されているという」(朝日新聞13日夕刊)安全とコストとを天秤に掛け、コストを優先する体質があるわけだ。

 「規制緩和という悪夢」の中では78年に始まった航空会社への規制緩和によって運賃の自由化が導入されたことを丹念に検証している。結果として多くの航空会社が倒産し、上位二社によるシェアの独占が進んだことと地方路線が次々廃止され、運賃が上昇したことが報告されている。業界中位から下位にかけての会社においてはコスト競争のために従業員に対する賃下げ・労働強化・整備の手抜きなどが常態化した。トラック輸送会社においても同じ事が起こり、運転手の中にはドライバーの麻薬使用などの原因になっているという。企業に対する忠誠心が薄れ、仕事に対するモラルも低下しているわけだ。日本においても長距離トラックやバスの運転手が仕事のストレスを紛らわすために乗務前に飲酒することが問題になっている。航空会社について言えば同書では鹿児島や沖縄などの離島航空における規制緩和による運賃値上げ・地方自治体の負担増大にもかかわらず次々航路が廃止されたり運行本数が削減されていることを報告している。

 マイレージサービス(FFP)は多くの人が知っているであろうが、実はこれこそ大手航空会社が市場の独占を強めるための大きな手法の一つである。マイレージを貯めるとタダの航空券が手に入るのであれば、誰だって路線や便数の多い会社を利用するのが当然の心理である。もう一つ、CRSと言う巨大なコンピューターシステムによって早期に航空券を購入するほど割引し、当日購入する乗客に対しては多額の料金を請求する制度である。このシステムは中小規模の航空会社にはとても運営できず、大手が独占している。中小が利用するには法外な手数料を支払った上で、その上で客に対しては殆どの旅行会社が売ってくれないという仕組みになっている。航空会社だけではない。今日では新幹線などでも早期割引が常態化している。アメリカにおいても日本においても規制を緩和することで新たな企業が市場に参入してきて各種料金が低下した上でサービスも良くなるはずではなかったのか? だがしかし、航空機の事故が頻発し、今まで安全であると思われていた鉄道輸送においても尼崎脱線事故など大量の死傷者が出ている。利潤追求のために安全が切り捨てられているのだ。

 規制緩和によって新たな産業が興隆し、古い産業で失業した人々にも就職口が拡大すると言われていた。成る程就業者の数は増大したが、正規雇用が大幅に減ったのに対して非正規雇用が急増している。イースタン航空でスチュワーデスとして働いていた女性は、倒産によって年収3万ドルの仕事を失い、百貨店の販売員や掃除婦の仕事について時給が5ドルという不安定雇用である。国鉄分割民営化以前は月給が30万前後であった国労の労働者たちは、賃金が三分の二から半分程度の仕事に就いている。日航などでは、スチュワーデスを契約社員に切り替えることで大卒三年目であれば532万円である年収が約240万に切り下げられた。大店法の規制が緩和されたことで地方の商店街はシャッターが下りたままである。大手資本のスーパーとの価格競争に太刀打ちできなかったからだ。そして地域の個人商店を駆逐した後徐々に独占価格を引き上げている。例えば私が好きなヱビスビールの350ミリ缶は以前は近所の酒屋で一本215円であったが、今はスーパーで241円である。規制緩和で物価が下がると言っていたのは一体誰であろうか。政財界とその御用学者たちである。正規雇用が奪われ、非正規雇用が増えた為に、今まで専業主夫であった人々がパートに出て生活を支えている。高校を中退して働き始めた少年少女も沢山いる。

 「経済学者たちは、もちろん、機械によって過剰となった労働者は新たな就業部門を見出すと、われわれに説明する。
 彼らは、除隊されたこの同じ労働者が新たな労働部門で就職すると、敢て直接に主張するのではない。もろもろの事実は、この虚偽を余りにも明白に否定する。彼らの主張するところは、実は、労働者階級の他の構成部分にとっては、たとえば若い労働者のうちこの衰退した産業部門にはいる用意のすでに出来ている部分にとっては、新たな雇用手段が現れるだろう、ということに他ならない」
 「だが仮りに、機械によって直接に仕事を奪われた人々、および、すでにこの仕事の口を待っていた若者たちの全部が、ある新たな仕事の口を見出すとしよう。ひとは、この仕事の口が失われた過去の仕事の口と同じ程度に支払われるだろう、と考えるであろうか? それは、経済上のすべての法則と矛盾するであろう。すでに見たように、近代的産業のもとでは、たえず必然的に、簡単で低級な仕事が、複雑で高級な仕事にとって代わるのである。
 それゆえに、ある産業部門から機械によって投げだされた労働者大衆は、より低く、より悪く支払われている他の産業部門以外に、どうして避難所を見出しうるであろうか?」 「だが工場は、機械によって免職された一人の男子の代わりにおそらく三人の子供と一人の婦人とを雇うであろう! そしてその男子の賃金は、三人の子供と一人の婦人とのために十分なはずではなかったか?」
「賃労働と資本」(カール・マルクス)

 関連記事 「規制緩和という悪夢」 (2月21日)

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 郵便局での危ない話 | トップページ | 富田靖子 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ボンバルディア機は「空のシンドラー」と呼ばれているようですね。去年大問題となったエレベーター事故の原因も規制緩和による整備の手抜きでしたから、やはり規制緩和は政財界の利権のためだと思います。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月25日 (日) 15時46分

ボンバルディア航空の旅客機はまた全車輪が出ないという事故が発生してましたね。航空各社は自分達が金に目が眩んだ愚か者である事を自覚すべきでしょう。

「金」が全てで人間として最も大切な「心」を失った結果がこれです。これぞ「恥」。これは、金に良心を失った政治屋にも言える事で、巨額の献金に目が眩んで国を冒涜し違法行為を行う政治屋には腹立たしい限りです。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月21日 (水) 17時04分

内橋克人氏の著書は「規制緩和という悪夢」(文春文庫)も良い本だと思いますが、内橋氏の新著【「悪夢のサイクル-ネオリベライズム循環」(文藝春秋)】という本もおすすめですよ。

「週刊かけはし」に掲載されている書評にリンクを張っておきます。

●「書評『悪夢のサイクル』内橋克人 著/文藝春秋 刊/1429円+税  かけはし2007.1.22号
市場が人間を支配する新自由主義原理に抗する道へ---ネオリベラリズム循環」

http://www.jrcl.net/web/frame07122d.html

新自由主義(ネオリベラリズム)経済理論の「普及」に「貢献」したミルトン・フリードマンは元々は貧困と差別に苦しんでいたユダヤ人でした。そして、彼が国家による規制なき市場経済こそが人間の自由を保障する道だと説いたのも、元々はハイエク同様にナチスやスターリン政権などに典型的な人間の尊厳を毀損する「国家による抑圧・弾圧」への憎悪を起点していました。

しかし、その彼が説いたネオリベ経済が人間の自由や尊厳を毀損するような社会構造を産み出しているというのは、皮肉ですね・・・。

投稿: まこと | 2007年3月19日 (月) 07時31分

夜中過ぎるがコメントを。

高知空港の着陸シーンを見たが、あれは素人目から見ても素晴らしかった。
機長と副操縦士に敬意を表したい。あれこそ専門職を売り物とする労働者の鏡だ。
整備不良やコストダウンによるしわ寄せは由々しき問題だが、最悪な状態でも最善を尽くし被害を最小限にすることができるということだ。ひいては顧客を守るということだ。
職業人としての、いや賃金労働者としてのプロフェッショナルさというものがいかに重要かということだな。

現場で最善をつくす重要さがないと顧客を殺すはめになる。「自分らしく生きたい」とか組織の各所でほざいているとJR西日本のように100人単位の人を殺す。

まっとうな職場の待遇改善は、各所各人で全力を尽くたうえでどこにしわ寄せが行くかどうか正確に把握するところから始まる。
まともな労働者がサボり労働者もどきよりも損することがあってはならない。

投稿: K | 2007年3月19日 (月) 03時15分

コイズミに一票投じた人は厳密には当該選挙区と自民党首班選挙で投票した人ですが、小泉チルドレンに投票した人間も含むと解します。
小泉選挙勝利はは不潔な部分を除名したイメージ戦略が効果大だったのです。
安倍戦略としては復帰作戦ですから失敗に終わるでしょう。逆に森、青木、NYKKをいっせいに除名すれば大勝利です。

>、スチュワーデスを契約社員に切り替えることで大卒三年目であれば532万円である年収が約240万に切り下げられた。
これでもスチュワーデス志望者殺到です、特権を廃止しただけです。過去の高額給与では痴呆公務員並に政治家のコネ入社が横行するだけでむしろ公平に近づいたと判断すべきです。
正しい労働運動はコネ採用がない職場から始まります。

投稿: tatu99 | 2007年3月18日 (日) 16時58分

こんばんわ!
本日は「その通り!」と心底思いました。
規制緩和されて喜ぶのは大手のそれも事業主だけです。

私は郵政民営化に大反対だった。
せめて、郵便局ぐらい国営でしなよ!って。
ドンドン、アッチコッチで民営化によるボロでまくっています。
タクシーのウンちゃんにしても、

コイズミに1票投じた人達を呪う、・・・・・
こるほど露骨に年次改革要望書通りに動いた政治家って珍しいよ、・・・・・
で、
日本は一体何処に向いて行くのでしょうか?

投稿: とらちゃん | 2007年3月15日 (木) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14270592

この記事へのトラックバック一覧です: 全日空機事故と「規制緩和という悪夢」:

» 全日空胴体着陸、航空会社ランキング(「Newsweek」から)Byチャガタイ=ミマチ [旅慣れテーラーへの道【第Ⅰ章:undecided】(仮)]
(☆´益`)c 今日は朝から驚くニュースが飛び込んでまいりました。 全日空機、胴体着陸 ギャ━━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!! いやぁ、でも怪我人が出なくて良かったですね。 着陸も素晴らしかったです。 しかし、機長は称賛を浴....... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 17時30分

» 「国民投票法案」30日強行採決か? [競艇場から見た風景]
29日に委員会強行採決、30日に本会議強行採決となる可能性もあるのでは? 国民の意思を汲み取らず、十分な議論がされないまま、数の力に於いて「改憲推進法案」を強行採決させてはならない!22日に中央公聴会 国民投票法案で与党が単独議決衆院憲法調査特別委員会(中..... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 18時03分

» ボンバルディア機とハインリッヒの法則(^^; [土佐高知の雑記帳]
きょうは朝からとんでもないことがあった。 高知竜馬空港でボンバルディア機が、前輪が出ず胴体着陸をしたというニュースである。このあいだのスキーツアーも、大阪――高知はこの飛行機だったし、知り合いにはきのう大... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 18時25分

» 原発事故隠し→SLOW SMALL SIMPLE、そして人の連帯を!(『さらば、欲望の国』中村敦夫) [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.3.15.18:00ころ 志賀原発で99年に臨界事故/北陸電、国に報告 [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 18時27分

» マスメディアって? [晴天とら日和]
( B 層 ) 平日一日あたりのテレビ視聴率が長い層ほど、 おおむね自民党や小泉首相を支持する割合が高い って言ってたことがありました。今も変わらずでしょうか? 平均年収 フジテレビ・・・・・1567万円 日本テレビ・・・・・1462万円 T...... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 19時38分

» 今日の世界経済を理解するために [晴耕雨読]
マイケル・ハドソン   世界経済は純粋に経済上のものなのだろうか?   経済上の現象には暗部があり、その一連の邪悪な動機は、経済に重大な影響力を持つにもかかわらず、権力と支配を求める不合理な目的から生じ、経済に逆効果をもたらすものなのである。  何世紀にもわたり世界は戦争によって形成されてきた。それにもかかわらず、戦争や暴力がいかに歴史を作り、世界の国境を書き換えてきたかという現実を子供たちに見せないように導くことは賢明な方法ではない。成功するためには道理をわきまえた行動をとることだと教えるだけ... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 19時52分

» 偽装大国ニッポン(ウィキ) [言ノ葉工房]
[るかっちWikipedia] 偽装 [ 太古の昔〜 現在日本全国で量産される特産品。 大量発生している害虫。              わたしはひよこ。 アパの耐震偽装はスルーしてもらえるが、 偽装君が代はスルーして... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 21時12分

» そういう問題ではないと思う(タミフル寄付金) [はじめの一歩]
タミフル輸入販売元の中外製薬から寄付をもらっていることについて,横浜市大の横田教授は記者会見で,「寄付金をもらってるからと言って手心を加えるようなけちなことはしない」のようなことを言っていた.寄付金は大学当局でまとめてプールされるから,どの企業からもらったものか分からないということも. でも,そういう問題ではないと思う.これは横田教授個人の問題でなく,構造としてよろしくない.製薬業界が全体として,その製品の良し悪しを研究・判断する団体(お役所)へ寄付をしているという構造.いくら記者会見できっぱ... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 01時19分

» 国民の大多数が「改憲」を望んでいるか? [華氏451度]
 野良猫のムルと華氏宅居候のトマシーナの、相も変わらぬ会話を立ち聞きしてみた。 トマ:ねえ兄貴、人間の世界では「こくみんとうひょうほうあん」とかいうものが騒がれてるみたいだね。 ムル:ああ、あれか。おまえも最近、結構「しゃかいもんだい」の話をするようになったなあ。 トマ:僕、ひとつ疑問なんだけどさ。憲法って、変えちゃいけないものなの? ムル:そんなこたぁねえだろ。憲法だって人間が作っ... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 02時09分

» ボンバルディアは航空機のシンドラーか 動画あり [zara's voice recorder]
全日空機胴体着陸 前脚ドア手動で開かず 欠陥の可能性 全日空1603便(乗客乗員60人、ボンバルディアDHC8-Q400型)が高知空港で前脚が出ずに胴体着陸した事故で、事故機は緊急着陸用の脚格納ドアを開く装置が作動せず閉まったままだったことが13日、国土交..... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 06時47分

» 松岡追及をあきらめるな!+500mlで5千円の水+航空各社のコスト削減の問題 [日本がアブナイ!]
13日の参院予算委員会は、松岡農水大臣の光熱水費の問題追及のヤマ場と言われて いたが、本人も安倍首相も、ひたすらに逃げ切りをはかる態勢をとっており、野党も 攻めあぐねているようである。<*1>  去年のTMやらせ&電通不正疑惑の件もそうだし、柳沢発言問題もそうだが。安倍 内閣はひたすら粘って、ともかく時間が過ぎて、メディアや国民の問題に対する関心が 薄れたり、あきてしまったり(?)するのを待って、うやむやにすることを狙っている ようにも見える。<またメディアや国民も、関心サイ... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 09時16分

» 日中関係史考 [ 反戦老年委員会]
南京アトロシティズ(残虐事件) このシリーズも、前回の「満州」まで進めてきた。冒 [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 09時54分

» 07/03/16 テレビの切り抜き 志賀原発が臨界事故  太田市長宅にトラック二台突っ込む   [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07/03/16 テレビの切り抜き  今日のテレビや新聞に信じられない報道が載っていた。          志賀原発が臨界事故を起こしていた事を隠していたことだ。それも1999年6月と言う事は、考え方によっては、此れを報告していれば、国家の監督が厳しくなり、関電で有った原発の死亡事故は防げたのかも分からない。  テレビのフリップを載せるが、臨界状態とは、    1986年4月26日、ウクライ�... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 12時21分

» 行政改革 と天下りの実態 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 行政改革  以前、市バスの運転手の三分の二人がが年収1000万円以上だと言う新聞記事を見た。その時代の私は一日15時間以上働いて此れの半分ほどで、春闘で賃上げできる労働者が羨ましくてしょうがなかった。    小泉改革は日本は借金大国だから議員の歳費や公務員の給与の削減から始めると思いきや、老人いじめから始まり低所得者の懐を狙いはじめた。  しかし安倍内閣に変わって、ひょんなことから転がり込んできた行政改革大臣の渡辺喜美大臣が打ち出した天�... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 15時41分

» 心の中で「浅野さん、がんばれ」と強く叫ぶ [とくらBlog]
 さっき、岩国から帰って来たのですが、いただいたTBからアサノと勝とう! 女性勝手連のことを知りました。すごいですね~。おもしろそうですね~。喜八さん!  みどりの一期一会さんのところ経由で、ミンナのチカラに行ってみると、[質問] 自宅で浅野さんの応援をするにはどうしたらいいですか?(お知らせ)という投稿があり、遠く山口からでも応援できそうなことが書いてあって、感動したので引用してみます。1.心の中で「浅野さん、がんばれ」と強く叫ぶ ←一番大事デス  岩国では、平岡議員とご一緒しましたが、新... [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 01時04分

» 体調不良でした。 [ゆうな的ブログ?]
昨日はブログをお休みしててごめんなさい・・・。急に仕事中に気分が悪くなって、早退... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 17時21分

» 日中関係史考 [ 反戦老年委員会]
南京アトロシティズ(残虐事件) このシリーズも、前回の「満州」まで進めてきた。冒 [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 14時59分

» 全日空機高知空港胴体着陸の波紋 [☆★時事チップス★☆別冊・歴史チップス(最近報道版)]
 多少アゴの出たパパのいる子供の提案。 「パパも『胴体着陸』すると、ちょうどよくなると思うよ」... [続きを読む]

受信: 2007年4月23日 (月) 06時21分

« 郵便局での危ない話 | トップページ | 富田靖子 »