« 3・21脱戦争のためのイベント&パレード | トップページ | 山の神 触らぬ神に祟り無し »

2007年3月 5日 (月)

漂泊の民・道みちの輩(ともがら)

 隆慶一郎の小説に「影武者徳川家康」と言う作品がある。原哲夫の作画で「週刊少年ジャンプ」に連載されたりNHKでドラマ化されたこともあるのでご存知の人も多いかも知れない。私もマンガを読んでから原作を読んだ口である。この作品に「道みちの輩」と呼ばれる人々が登場する。主人公の世良田次郎三郎(せらたじろさぶろう)もその様な人々の一人であった。次郎三郎は鉄砲一丁で戦場を渡り歩く傭兵で、たまたま一向宗に雇われていたときに徳川家康の片腕でもあり参謀でもあった本多正信と昵懇になる。正純は一向宗門徒であったために三河で起こった一揆の際に出奔していたのだ。帰参するために家康とうり二つであった次郎三郎を影武者として連れて帰る。忍びや旅芸人・行商人など定住地を持たず日本各地を転々とする人々が多く登場する。中世における日本の物流や文化芸能の伝搬を担った人々だ。

 一月に「日本の歴史をよみなおす」(網野善彦著)を読んだ簡単な感想を書いたのであるが、ここにも様々な職能民が「神人」(じにん)「供御人」(くごにん)「寄人」(よりうど)として登場している。商工業を担った人々である。中世における資本主義的商工業が発展していたことを示しているので非常に興味深かった。やはり多くの人々が定住地を持たず漂泊生活をしていた。律令国家の体制の中では建前としては定住地を持ち、農耕によって租税を納めると言うことになっていたのであるが、実際には農民以上に商工業者が多かったようである。例えば千石船などで知られる北前船や桧垣回船などの水主は一年の殆どを航海生活をしていた。たまに地元に帰ると家庭菜園程度の畑を耕すので「水呑み百姓」と呼ばれていた。つまり専業農家ではなかったわけだ。商人の殆ども旅から旅の生活で、有名なところでは越中富山の薬売りや近江商人などがある。奈良なども今日でも「売薬」と呼ばれる配置薬商人が日本各地を転々としている。大工や石工も各地の築城工事を転々としていた。白土三平の「カムイ伝」にも鍛冶屋が村から村へと渡り歩き、一時滞在して仕事が無くなると次の村へと移っていく様子が書かれている。

 案外知られていないのだが、明治以後の工場労働者も「職工」と呼ばれ、労働条件が折り合わなければ辞表を叩きつけて腕一本で渡り歩いていたのだ。元々日本の労働運動はその様な人々によって始められたのだという。住民票や住民登録という制度が出来たのが戦後だという話を聞いたことがある。もしかすると戦前からあった物が治安弾圧法として活用されるようになった事と混同しているのかも知れないのであるが。戦後革命期、当時はまだ革命党であると自他共に思われていた日本共産党が、各地で組織化工作や時として武装闘争などを行っていた。活動家の多くは日本各地を転戦していたわけである。中には全く非合法活動をしていない活動家も多く存在していた。これらの人々を兎に角逮捕投獄するために活用されたのが公正証書原本不実記載、同行使であったという。つまり住民票の所在地と実際に住んでいるところが違うと言うことで「犯罪」とされたのである。

 先週重大な攻防が行われたあいりん地区の労働者が住民登録を抹消されようとした自体においては、日雇い労働者の多くが仕事のために全国各地の飯場を転々としながらも、一段落が付くとあいりん地区に戻って来るという生活を行っているために大阪市は長年の間解放会館などに住民登録をすることを勧めていたのである。創価学会や自民党支持者が選挙の度に住民登録を変更して詐偽投票しているのとは訳が違うのである。犯罪を行っているのは自公連立政権の側である。沖縄知事選の際には全国から大量の住民登録が、居住実態のない何とか会館に集中した。選挙が終わると沖縄各地の人口は急減している。どなたであったかその辺を記事にしている方も幾人かおられる。

 あいりん地区の労働者の生活実態や先週の大阪市役所に対する申しいれ行動・抗議行動については草加さんの「旗旗」で克明な報告記事が掲載されている。特に本日付の「釜ヶ崎の住民票削除-3週間延期」は必読である。草加さん自身が2月26日から3月2日まで連日行動に参加し、疲労のあまり発熱と頭痛に襲われながらも痛み止めを数日分まとめて飲んでまで闘い抜いた記録だ。草加さんは薬疹のために苦しみながらも本日この記事を掲載された。一人でも多くの方に草加さんの報告記事を読んで欲しい。そして、多くの人々が誤解や偏見を持ちつつ釜ヶ崎の人々を見ている現状を改めて欲しい。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

 追記 当初文中で家康の参謀の名を本多正純として書いていましたが、本多正信の誤りでした。訂正します。

|

« 3・21脱戦争のためのイベント&パレード | トップページ | 山の神 触らぬ神に祟り無し »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>> 慰安婦問題はもっと国民一般の立場立つべきですね。「広義の強制的は有っ
狭義と広義を使い分けてるって誰かさんの真似するつもりですか? 自分の都合で物事の尺度がコロコロ変わるってどうなんでしょうかね?

投稿: :: | 2007年3月 9日 (金) 23時00分

wamg★ezwebさん、

選挙人名簿というのは、毎日変更されているわけでないので、住民票の手続きの前の日が「その日」だったりすると、1ヶ月遅れます。

告示日(参議院選挙は公示だけれど地方議会や知事は告示)の関係で、「どこにも投票できない」期間が生まれるのはまずいですが。
(県知事選挙で、たとえば那覇から嘉手納に引っ越しても、沖縄県民であることに違いないから、県知事選挙の投票はできて当然)

 S学会の住民票移動は、「よく聞く話」ではあります。学会員のアパートに15人ぐらい住んでることになってたり…。 よくあるのは「東京都議選挙」。他の地方選挙とかぶらないから。参院選挙とかぶることはあるが、比例区はどこでも投票できるし、選挙区は候補者を出さない県が多いから。
(ただ、「話」はきくけれど、実際に見たとか、摘発されたというのが記憶にないので、断定はしないでおきますが)

投稿: ×第二迷信 | 2007年3月 9日 (金) 17時08分

 ×第二迷信さん、wamg★ezwebさん、私が公明党などの詐偽投票と言っているのは、選挙前に創価学会の各種会館に住民登録が大量になされ、選挙終了後には転出したという事例を具体的に記事にされているブログが幾つかあったからです。
 とおりすがりさんご指摘有り難うございます。昨日修正しておきました。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月 9日 (金) 06時57分

慰安婦問題はもっと国民一般の立場立つべきですね。「広義の強制的は有ったかもしれないけど狭義の強制的の証拠はない」というのは欺瞞ですね、自分にしか通用しない理由を並べてそれを認めろなんて…貴様は何様だって思います、で、認めてもらえないと「事実誤認がある」ですからね、信用なりませんわ。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月 8日 (木) 10時58分

先ほど市役所に確認したらやはり公示前3ヶ月だそうです。引越し直後に出した筈でしたが、その当時妻が病気していた事があって、その分遅れたみたいです。

そうですか、私はネトウヨみたいにニュースのソースにこだわるつもりは無く、自分が信じるのは合理的かどうかです。
最近の新聞は平気で嘘つきますからね。私は異なる3紙(基本は朝日,読売,産経)以上の新聞で掲載されたニュースは正しい可能性が高いと思う事にしてます。

確か以前沖縄で選挙前での市民団体メンバーの大量住民登録がニュースになってましたね。まことさんやアッテンボローさんのおっしゃってるのはこの事でしょう。


投稿: wamg★ezweb | 2007年3月 8日 (木) 10時16分

コメントの流れとまったく関係ないのですが、

>たまたま一向宗に雇われていたときに徳川家康の片腕でもあり参謀でもあった本多正純と昵懇になる。

この部分、本多正純ではなく本多正信ですね。

投稿: とおりすがり | 2007年3月 8日 (木) 09時55分

wamg★ezwebさん

>「沖縄では選挙の直前に大量に住民登録があって、選挙が終わるとそれらの人がごそっと居なくなる」と、おっしゃいましたが、それは本当でしょうか?

私はこのブログで?そんな事は書いたことは無いと思います。ただ、一般論として、選挙の際に組織的に?住民票を移動させる事例があるのは事実でしょうね。

投稿: まこと@出先から | 2007年3月 8日 (木) 08時56分

 選挙権はたしか、登録後、「3ヶ月以上」じゃなかったでしょうか。
 「直前」というのが、その前の選挙から比べたら直近ではあるけど、告示の何日まえ、というレベルではなく。

 ちなみに、沖縄知事選の直後に住民票を戻せば、都知事や府県議選挙には間に合います。
 参議院選挙は、国内にいればどこかに投票権はある。国民であることには違いないから。

投稿: ×第二迷信 | 2007年3月 8日 (木) 01時29分

 草加さん、私が事実を誤認していたようで、ご指摘どうも有り難うございます。読解力を研ぎ澄ませないと色々間違いが出てきますね。ご指摘の件については明日にも修整したいと思います。
 まことさん、主義者Yさん、補足説明どうも有り難うございます。
 wamg★ezweb さん、今年の沖縄知事選だけでも相当数の住民票移動が報告されています。他所のブログで読んだため直ぐに出典を出せませんが、沖縄の各市町村のサイトで人口増減の推移をご覧になって下さい。明らかに異常な動きがあります。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月 7日 (水) 23時48分

ところで、まことさんは、以前に、「沖縄では選挙の直前に大量に住民登録があって、選挙が終わるとそれらの人がごそっと居なくなる」と、おっしゃいましたが、それは本当でしょうか?
というのは、私は5年程前にに今の住所に引っ越してきたのですが、それから半年後の市長選の時には、選挙権はありませんでした。これは、公職選挙法に住民登録から半年は選挙権が無いからかんですが、もしまことさんのおっしゃった事が本当なら、不可解な事があります。
そこらへんはっきりしてほしいですね。

私は、間違いには寛容で有るべきだと思いますが嘘やゴマカシは許す事はありません。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月 7日 (水) 20時51分

ところで、まことさんは、以前に、「沖縄では選挙の直前に大量に住民登録があって、選挙が終わるとそれらの人がごそっと居なくなる」と、おっしゃいましたが、それは本当でしょうか?
というのは、私は5年程前にに今の住所に引っ越してきたのですが、それから半年後の市長選の時には、選挙権はありませんでした。これは、公職選挙法に住民登録から半年は選挙権が無いからかんですが、もしまことさんのおっしゃった事が本当なら、不可解な事があります。
そこらへんはっきりしてほしいですね。

私は、間違いには寛容で有るべきだと思いますが嘘やゴマカシは許す事はありません。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月 7日 (水) 20時50分

すみません、書く時に名前を間違えたようです。謝罪し、訂正します。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月 7日 (水) 17時57分

久しぶりに書きますが。
>吉見清二氏の本は、氏が「本を売る為に嘘を書いた」と公に謝罪してますから、何の価値もありませんが

「吉見清二」は「吉田清二」の誤りでしょう。吉見義明氏とキチンと区別してください。この基本的な人名を混同されることは「慰安婦」問題への関心が低いことの証左です。

また戸籍制度は明治初期にスタートしてますが、近代国家建設に向けた徴税・徴兵の基礎として、実に緻密に全人民を網羅したものとなっています。発足当初は居住の実態を文字通り「戸」(家屋)ごとに記載したものですが、民法制定による「戸主」の創設や、産業化都市化の進展に伴う人口の流動により戸籍の記載方法も変化してきました。後者に対応する(『家』を出て別の場所に居住する者を登録する)ために「寄留簿」が戸籍に付属するものとして別に編製され、これが戦後の住民票のもととなっています。

世界で見れば、国民の親族関係(戸籍)と居住関係(住民票)をほぼ100%近く把握している国は稀であろうと思われます。そのような観点からすると今回の大阪市による大量職権消除の動きは、本当に「人間として」存在しない扱いに行政当局が自ら進んで乗り出そうとしているのでないかとすら思えてきます。

以上ご参考までに。

投稿: 主義者Y | 2007年3月 7日 (水) 09時17分

「慰安婦」問題について余り踏み込む気は無いのですが、軍が直接「奴隷狩り」のような慰安婦連行を行ったという「一次的資料」は<今のところ>見つかっていないというのは事実でしょう。(*「証言」等はありますが。)

あと、安部首相が発した「広義の強制」という言葉ですが、これはもともとは吉見義明氏など左派的な研究者も提唱した概念ではあります。ただ、安部氏の

「進んでそういう道(*「慰安婦」)に進んだ方は恐らくいなかったが、当時の経済状況や、間に入った業者が事実上強制していたケースもあっただろう。広義の解釈で強制性があったということではないか」(*「時事通信」のWebより引用)

という発言は、「慰安婦」募集・「慰安所」運営等への軍・当局の関与を認める「広義の強制」という概念を用いながら、「慰安婦」問題を「慰安婦」個人・家族の意思や業者レベルの水準に留まるとの認識を示したとも読めます。

これでは、海外から「従前の日本政府の見解の完全否定」と受止められても、仕方が無いでしょうね。

投稿: まこと | 2007年3月 7日 (水) 06時24分

草加さん、お疲れさまです。

私も大阪の住民ならば座り込みの現場に駆けつけたい思い(*「パートタイム」参加でも)なのですが、なかなか・・・。

署名ですが、先日に愛知のある集会に参加した折、この件に関する署名簿を貰い、私も送付しました。(*ただ締切期限過ぎに送ったので・・・(汗)。)

草加さんは「全国的な注目度が低いのではないか」と言われていましたが、そんな事は無いような気がします。

投稿: まこと | 2007年3月 7日 (水) 06時04分

本論とは関係ないのですが、少し訂正させてください。
私が体調を崩したにもかかわらず、市役所前行動に連日参加したとのことですが、体調が最悪だった真ん中はちゃんと休んでいます。かえってご迷惑をかけるだけですからね。2日はさすがに「痛み止めを数日分まとめて飲んで」参加しましたが。
休んでいる間は、あまりネットで情報が流れていないので、そこをまとめて流すのが自分の役目だと思って頑張りました。そのへんでネットを見ている方からは、私が目立つこともあったかもしれません。しかしながら、ネットよりも現場で頑張った方々のほうが数倍尊敬に値することは言うまでもありません。

それと以前に住民票削除反対の署名が「一日で500集まる」と書いておられましたが、私の説明の仕方が悪かったと思うのですが、これも大袈裟でして、数人が駅前で数時間立っているだけですから、それで500も集まったら、署名板の前に百メートルくらいの長蛇の列ができてしまいます(笑
実際には1月中旬からの一ヶ月くらい、上記のような形で、それも毎日というわけではなく集めたのが500です。私は大変に反応がいいと思うのですが、いかがでしょうか。しかも2月の中旬から下旬以降は、マスコミで大きく報道されはじめたこともあり、爆発的に集まりはじめ、なんと3月2日までに2400筆の署名を集めて提出することができたということです。特に高裁決定が出た最後の2日間などはホイホイと集まりました。これこそ本当の「市民署名」で、政党などが組織的に集めた署名にくらべたら、10倍くらいの価値があるとおもっています。

投稿: 草加耕助 | 2007年3月 6日 (火) 22時34分

こんばんわ
全国展開している土木業界では、「転勤」は日常茶飯事で、まあ一定の所に「定住」できるのはかなり偉くならないとできないし、役職が上のほうでも単身赴任を余儀なくされています。私もいつまで関西にいることができるやら…???
 あと、建設コンサルタントの中のある業態で仕事をする人たちにはまさに「職工」的に会社を転々とし、自らの技術力のみで勝負している人がいます。(ただし、過去の「職工」ほど力関係は上ではない。)
 あと、草加さんの活動とその詳細な報告には、本当に頭が下がります。

 まことさんが書かれている「サンカ」については、私もほとんど知識がなかったため、現在「サンカと三角寛…消えた漂白民をめぐる謎」(磯川全次)平凡社新書を読んでいるところです(まだ読み終わらない、ひぇ~)

投稿: GO | 2007年3月 6日 (火) 21時31分

でも、「アメリカ議会がどう言おうと俺は謝罪しない」なんて言う人間に表向きだけ謝られて気が晴れますか? ずーっと気になってたけど、一体何を以て謝罪したとするのか?どうしたら謝罪した事になるのか明確な基準が無いですね。もし、韓国人の気が晴れるまでというなら、永遠に不可能でしょう、そんな事なら私なら謝りませんね。

私ならハーグの国際司法裁判所でキッチリカタを付けたら良いと思います。キチンとした証拠が有ると言う事ですから、そこで決着つけるべきでしょう。
ただ、吉見清二氏の本は、氏が「本を売る為に嘘を書いた」と公に謝罪してますから、何の価値もありませんが、数百人もの慰安婦の方々の証拠があるなら、ハーグで裁判するべきですね。


第一、核兵器開発の証拠も無くイラクが核兵器を開発してると決め付け、侵略したアメリカの議会ですよ、そんなもん信用なりませんわ。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月 6日 (火) 18時34分

 住民票については、むしろ「戸籍」がなくて住民登録だけの国もあります。

 戦前の「戸籍」が、「戸主」の下に集まった「家」制度を基準にしていたのが、「家」制度から民主主義になって「戸主」も消えたのに、
 世帯「主」という、どうしても「主」を設定しなければならない、民主主義に逆行したのが住民票のほう。

 不思議なのは、奈良で「出生届」を間違えて「死亡届」で受け付けた事件。なんで「住民票に記載されてない人」の死亡届けが受理されるんだろう?

投稿: ×第二迷信 | 2007年3月 6日 (火) 16時44分

真の愛国者さんは何処の国を愛しているのでしょうか。
ミエミエです。いまだに密航してまで性風俗に参入してくる某国人がいますね。
日本でも不発弾騒ぎがありましたが、カンボジアにしろアフガニスタンその他内戦外国との紛争の結果ですが、原因者が明らかでも多くの場合謝罪と賠償は行われていません、終戦後の日本人に対するシベリア抑留も同じです。
戦後廃墟の中から日本人の勤勉さで復興した事を妬んで謝罪と賠償が口癖の人間には自力発展は不可能には違いありませんが、世界レベルで不当な謝罪と賠償は通用しません。

投稿: tatu99 | 2007年3月 6日 (火) 13時37分

>>ましま様
・・・日本軍、日本政府が慰安所の設置や運営などを掌握し、細かく統制していた文献的証拠は吉見氏の手で挙がっています。朝鮮・台湾での狭義の強制連行と違い、歴史学的に確定した事実であり、。ですから官主導で性奴隷制度が推進されたのは事実でしょう、無論慰安婦徴集など細かい雑務は日本軍と結託した業者が行っていたことでしょうが、それは官主導であるということを覆すわけではありません。河野談話もこれを認めたからこそ発せられたのであり、河野談話をお認めになるなら、官主導の性奴隷制を否定することには繋がらないと思います。

あと、もう一度申し上げますが『(官は差別にむしろ神経質でした)』
というのは極表面的な建前の面、それも不完全極まりないものでした。(実例は腐るほどあるので挙げるまでもないと思いますが)ですので『言われているようなことが官主導で行われていたとは考えられず』ということこそ考えられないと思います。

投稿: 真の愛国者 | 2007年3月 6日 (火) 12時54分

慰安婦問題については、日本で日本政府を相手に裁判を起した人がことごとく敗訴していますね、まあ、日本の裁判所で日本政府相手に裁判を起すという事自体が極めて不利で、日本政府に有利は判決が下るのは当然であります。
今回、アメリカ議会という比較的客観的な場で議案といて提案されているのは真に正鵠を得ておると思い、日本政府がこの裁定に真摯に対応する事を希望します。

今回のあいりん地区の住民登録抹消については、裁判所が抹消の差止めを決定したのは僥倖でありますが、身内に甘い公務員の事、いつ何時判定が覆るか判りません、その時のための準備が為される事を希望しますね。


投稿: wamg★ezweb | 2007年3月 6日 (火) 12時48分

>>言われているようなことが官主導で行われていたとは考えられず(官は差別にむしろ神経質でした)私的には河野談話の線がギリギリだと思います。

・・・自称保守の自分が言うのもなんですが、これは違うと思います。当時の日本政府の支配層が表向き『内鮮一体』や『八紘一宇』を唱えていたのは事実ですが、彼等の本心は全く違ったものでした。ですから官主導で性奴隷制が実行された可能性の方が高いと思います。

投稿: 真の愛国者 | 2007年3月 6日 (火) 12時42分

 ましまさん、お褒めにあずかり光栄です。
 慰安婦問題でも何か書かねばと思っているのですが、中々考えが纏まりません。今はましまさん始め皆さんの記事を読んで勉強中です。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月 6日 (火) 10時17分

TBありがとうございました。
普通は踏み込むことのない多角的な観察で、説得性のある論調、感心しました。
「従軍慰安婦問題」は、新しいといっても史料発掘や多角的な証言が得られる最後の機会になるかも知れません。これも多角的に検討されるべきで、言われているようなことが官主導で行われていたとは考えられず(官は差別にむしろ神経質でした)私的には河野談話の線がギリギリだと思います。

投稿: ましま | 2007年3月 6日 (火) 09時21分

 真の愛国者さん、保守系の方でもこのブログでは大体好きに書き込んで下さっていますので遠慮なさらないで下さい。例えば保守政治家である加藤紘一氏などは外交官出身であるために現政権に対する批判をすることが国益に叶うとお考えのようです。本物の保守の方というのは対話できる人だと思っています。
 まことさん、仰るとおり戦後高度成長期に企業内組合・終身雇用・年功序列などの条件が「人は定住する物」という感覚を持つ人が多くなったきっかけなのだと思います。その辺本文では展開が足りなかったと思いますので、色々ご意見を聞かせて下さい。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月 6日 (火) 07時10分

アッテンボローさんが明治の職工を引き合いに出されていますが、民俗学で「サンカ」などと呼ばれる人達もいますね。

この人達は昭和30年頃まで存在したと言われ、<「戸籍」すら持たず>に全国を移住しながら農具の修理などで生計を立てていました。

私達が「日本の常識」だと思い込んでいる生活は、実は高度成長期以降の生活習慣に過ぎないという面が少なくないのだと思います。

投稿: まこと | 2007年3月 6日 (火) 07時02分

http://www006.upp.so-net.ne.jp/nez/ian/

一応従軍慰安婦問題に関する基本的な問答集を集めたサイトです。参考として挙げておきます。


自分は管理人さんの様な左翼の主張がどうも良く分からないので、これから色々と教えてください。

投稿: 真の愛国者 | 2007年3月 6日 (火) 00時45分

初めまして管理人様、真の愛国者と申します。
ハンドルネームで分かるとおり、管理人様からすれば保守、若しくは『反動』に当たる人物でしょう。
さて管理人様、最近安倍が従軍慰安婦問題で歴史を歪め、狭義の強制連行は完全になかったといっていましたが、いかがお考えですか?
自分もこの問題には詳しくありませんが、あくまで台湾や朝鮮での“狭義”の強制連行の“文書”的資料はなかったが、それ以外の地域では白馬事件など狭義の強制連行も行われたということは歴史的事実だと思っていましたが・・・
またそもそも日本軍が管理した慰安所での凄まじい人権侵害こそが問題の本筋なのに、それを無視するかのごとき自称保守派の歴史観にはうんざりです。お金云々という方もいますが、お金をもらっていた人は少数派ですし、もらっていても性奴隷として酷使されることの償いにはならないでしょう。
保守派の人間としても、日本帝国主義を美化する自称保守はいい加減消えてもらいたいものです。それでこそ左翼の方とも有意義な討論が出来るというものです。
では長文失礼しました。

注)ソースソースと喚き散らす保守の面汚し達は相手になされないほうが良いと思います、ハムニダさんのところでも彼等はまともに相手にされていません。

投稿: 真の愛国者 | 2007年3月 6日 (火) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14144984

この記事へのトラックバック一覧です: 漂泊の民・道みちの輩(ともがら):

» EUの消費税率はマイナスである  [A Tree at ease]
前のエントリーにヨーロッパの消費税はマイナスと書いたことでご質問をいただいているので、消費税についてもう少し書きたい。そしてご質問頂いたのは農業のことだったのでそのことも後半で少し。◆ 税金の問題は給付とのかねあいで考えないとわからない  お玉さんのエントリー(お玉さんの記事はいいけど、コメントは揚げ足取りが多く、読む価値は特にない)で税金について延々と議論がなされていて、お玉さんもその不毛さにあきれておられたようだけれども、一番大事なことは給付との関係で税金を考えないと何もいえないということだと... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 21時55分

» 貿易収支赤字の日本 [晴耕雨読]
>『デフレはすでに世界的な傾向になりつつある』とすれば、自国産業保護のために、ユーロ圏内やドル圏内はそれぞれブロック化しようとする動きが加速しないでしょうか?また、輸出と輸入を1対1とする相対的貿易へ傾く可能性はないでしょうか? ユーロ圏や南北アメリカ圏は既にブロック化が進んでいます。 アジア圏がブロック化という点では大きく遅れをとっています。 (リーダーシップをとる国家がないということや個々の国家が単独で米国につながっているといることが基本的要因だと思っています) 「世界同時不況」が進行する... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 23時03分

» 民主党 浅野氏支援決定 [zara's voice recorder]
<都知事選>民主、浅野氏支援決定 主要4候補の構図固まる 東京都知事選(22日告示、4月8日投開票)を巡り、独自候補の擁立を進めてきた民主党は5日、立候補の意思を固めている浅野史郎前宮城県知事(59)の支援を決めた。浅野氏は6日に会見し正式に出馬表明する..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 23時05分

» ローマ市にある架空の「モデスタ・ヴァレンティ通り」 [言ノ葉工房]
♪汚れた世界に 「悲しさ」は響いてない  どこかに通り過ぎてく ただそれを待つだけ                   by yen town band 人々の悲しみに鈍感になって傍観しちゃうような世の中は「汚れた世界... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 23時11分

» 政(まつりごと)は参加しなくちゃ始まらない! [らんきーブログ]
※追記※ 22:45 とりあえずガスパーチョさんが新しいパロディポスターを作ってくださいましたので (待ってました!)早速貼らせて頂きま〜す。 有難うございます。 今年は亥年選挙の年。日本が大きく変わる元年になる可... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 23時16分

» 日本は六カ国協議の責任ある当事国なのか? [薫のハムニダ日記]
日本は六カ国協議の責任ある当事国なのか? 2.13合意履行のための後続議論が足早に進んでいる。米朝関係正常化のための実務会談が5日(韓国時間6日早朝)、ニューヨークで始まり、7日にはベトナムのハノイで日朝関係正常化のための実務会談が始まる。二つの会談はどちらも山積した問題のせいで進むべき道は遠いばかりだ。そのため会談を進展させるためには、会談当事者たちの誠意ある態度が切実に求められる。3日に北朝鮮の金桂冠(キム・ケガン)外務副相と会った千英宇(チョン・ヨンウ)朝鮮半島平和交渉本部長は、北朝... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 23時52分

» 「誰もが運命のいたずらで仕事や住居を失って明日ホームレスになるかもしれないという思いのもとに」(1) (貧困と闘う、フランスのある社会運動) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
大阪市が3000人近い日雇い労働者の住民登録を削除しようとしていることの恐ろしさを思いながら、かたやフランスで失業者、貧困層、路上生活者(ホームレス)のために1985年から行なわれている市民運動「心のレストラン」につ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 01時12分

» 「誰もが運命のいたずらで仕事や住居を失って明日ホームレスになるかもしれないという思いのもとに」(2) (貧困と闘う、フランスのある社会運動) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(1)からの続きです。 1985年秋、コリューシュが自分のラジオ番組で「心のレストラン」の活動の呼びかけをおこない、コリューシュを手伝うための仲間が集まり始め、ラジオ聴取者からの寄付の小切手が届き始め、手作りの活... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 01時13分

» 安倍政権による「国会の私物化」&「数の力での暴挙」を許すな! [日本がアブナイ!]
  仕事が忙しくて、「いっぱいいっぱい」になりつつある今日このごろ・・・ブログの更新が遅れ 気味になってしまいそうなのだが、ご容赦下さい。 <アクセスして下さった方々、すみません。m(__)m 当分は、ランキングも低迷するかも 知れませんが。^^; 何とか粘って、コツコツ頑張りたいです。(・・)>  前記事でも、少し触れたが。2~3日の予算審議、議決の過程を見て(報道含む)私は 改めて「数の力」に脅威を覚えると共に、本当に大きな脱力感に襲われてしまった。  何か大型ブルドー... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 02時06分

» 「中国:「奇跡」的経済の人的代償」(アムネスティ・インターナショナル国際ニュース) [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
【以下、アムネスティ・インターナショナルのプレスリリース日本語訳を転載します。】 アムネスティ発表国際ニュース (2007年3月1日) アムネスティ日本 http://www.amnesty.or.jp/ ------------------------------------- 中国:「奇跡」の経済発展の人的代償...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 07時53分

» 日中関係史考 [ 反戦老年委員会]
満州 このシリーズの最初に、現代史の視点(スタートといってもいい)は、中国の場合 [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 09時23分

» 西成区役所に調査もみ消し疑惑 [ブログ「旗旗」]
今回の釜ヶ崎住民票削除の件で、労働者たちがすごく怒っている理由の一つに、今まで大阪市が日雇い組合やNPO法人への住民登録を紹介・斡旋しておきながら、手の平を返して彼ら労働者を「違法登録の住所不定者」呼ばわりしていることがあります。そのことを指摘された西成... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 14時06分

» アベ氏は裸の王様? 空虚な人形? [とむ丸の夢]
アベ晋三氏のHPを最近目にされましたか? といっても、私はこれまでほとんど覗くことはなかったのですが、ふと思い立って訪れてみると、あまりにも血肉をそぎ落としたような内容に唖然としてしまいました。 他の政治家の... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 16時07分

» 人権的「夫婦別姓」慎重論 [ストップ !! 「第二迷信」]
 ことさら「伝統」(明治以後の伝統だが)を強調する安倍内閣の誕生によって、「選択的夫婦別姓」制度の実現が遠のいた、という話があった。「同姓でなければ家族の一体化を失う」という強い意見がある。 (同姓でなけりゃ一体化を失う、というのが正しいなら、子どもの...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 17時02分

» 田中角栄という非常識、あるいは農本主義の呪縛 [非国民研究開発]
gegengaさんのところで、田中角栄がちょっと話題になっていたので、以前から漠然と気になっていたことを書いてみる。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 17時14分

» 【動画】 国辱・安倍晋三内閣 「従軍慰安婦、戦場地域に迷惑かけないため」 [【PeaceMedia】 市民運動 News]
日本政府は、どこまで人間の尊厳を踏みにじれば気が済むのか。 NHKニュース(「続き」に動画有り)。 「政府筋」とは、誰なのか? 官房長官??  「当時は公しょう制度もあったし、戦場になっている地域に  迷惑をかけないために従軍慰安婦を連れて行ったことは、  ほかにはないことをやったのであり、そういう視点からも  みてもらえないかと思う」 「ほかにはないことをやった」 →これは、「いいことをしていた」、といいたいのか????... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 18時39分

» 自民党政治=闇政治。真っ暗闇じゃぁ〜ございませんか!(サラ金の段) [晴天とら日和]
< 支持・不支持逆転の世論調査> 下がって下がって下げ止まりが利かない ★・FNN・産経新聞 支持39.1% 不支持40.9% ★・共同通信 支持40.3% 不支持44.1% (2月3〜4日) ★・JNN(TBS) 支持42.8% 不支持55.9...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 18時52分

» NHK「命令放送」訴訟の構造 [高野 善通のブログアネックス]
 今週発売の週刊現代、発売中の月間現代4月号でも裁判員制度批判記事が掲載されています。そもそも国策という観点から批判がほとんどされてこなかった裁判員制度。それをマトモに批判する記事であるというだけで読む価値は大変大きいものです。元東京高裁判事・大久保太郎氏は「裁判員制度は違憲のデパート」と以前から評されていましたが、デパートなんてものではない、辻元清美さん流に「裁判員制度は違憲の総合商社」ではないでしょうか? ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 19時35分

» 【「慰安婦」問題】東北アジアの外交環境という「空気」が読めない安倍首相 [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
某ブログの投稿文をこちらにも一部訂正の上コピペ。 「慰安婦」問題について余り踏み込む気は無いのですが、軍が直接「奴隷狩り」のような慰安婦連行を行ったという「一次的資料」は<今のところ>見つかっていないというのは事実でしょう。(*「証言」等はありますが。) ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 06時52分

» 福田麻由子プロフィール [福田麻由子、12歳]
ドラマ「演歌の女王」映画「日本沈没」など、話題作の中で、見事に子役を演じている、福田麻由子。 彼女は、まだ12歳、大女優への道は開けている。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 20時42分

» 日中関係史考 [ 反戦老年委員会]
満州 このシリーズの最初に、現代史の視点(スタートといってもいい)は、中国の場合 [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 14時57分

« 3・21脱戦争のためのイベント&パレード | トップページ | 山の神 触らぬ神に祟り無し »