« 「国会へ行こう。」@3.12 | トップページ | ノーパサラン(やつらを通すな) »

2007年3月11日 (日)

従軍慰安婦(性奴隷)とチビチリガマ・シムクガマ

 「低気温のエクスタシー by はなゆー」「〔資料〕従軍慰安婦(性奴隷)にされた黄錦周さんの証言」という記事が掲載され、古井戸さんの「試稿錯誤」「松岡環編著 『南京戦』閉ざされた記憶を訪ねて、(社会評論社)から   」という記事が掲載されている。更に大津留公彦さんからトラックバックを頂いている「従軍慰安婦の証拠・白馬事件など」「白馬事件の全貌」という記事がある。先日来コメント欄で従軍慰安婦(性奴隷)問題について意見が闘わされているが、歴史的事実を否定し、抹消し、証拠隠滅を謀ろうと目論む者は現在も存命中の当事者たち、つまり被害者である女性たちと加害者である元日本軍兵士たちの証言に虚心坦懐に向き合うべきである。この間安部が、麻生が、中山が、八浪が、幾ら事実をねじ曲げて歴史を捏造しようとしても有ったことを無かったことにすることは出来ない。天木直人さんが「慰安婦問題を騒ぎ立てても日本は勝利しない」と喝破されれている様に、これらの歴史修正主義者が世界中の非難の的であることは変わりはしないのだ。

 05年に戦後60年行事の一環として、天皇明仁がサイパンのバンザイクリフ・スーサイドクリフに赴き5000人もの民間人が「集団自決」したことに対して慰霊行為を行った。右翼共はこれを「美談」として持ち上げるのに躍起となっているが、では何故に多くの民間人が老いも若きも、女子供も含めて「集団自決」しなければならなかったのかについては一切口をつぐんでいる。沖縄における各地での集団自決もそうである。読谷村のチビチリガマで多くの民間人が「集団自決」しているが、その死者の中に在郷軍人が多数いたことを知っているだろうか。中国戦線で強姦・殺人・略奪の限りを尽くし、朝鮮やアジア諸国から攫ったり捕虜とした女性たちを性欲処理の奴隷として扱った事を事細かに教え、米軍に捕まれば同様のことをされるからと「自決」を勧めたのだ。逆にアメリカ移民から帰国していた人々が避難していたシムクガマでは、帰国者たちが米軍はそんなことはしないからと投降を勧めた。二つの壕は明暗が全く分かれる対応となった。

 当時の日本人にとっては皇軍が強姦強盗殺人犯の集団であり、「慰安所」を設けて多数の性奴隷を酷使し虐待していたことなど常識だったのだ。だからこそ戦後日本政府は米軍とて性欲処理のはけ口を必要とするとして、多くの娼婦を集めて米軍のための「慰安所」を作ったのだ。多少日本軍に比べれば軍規の弛みがマシであったが米軍も所詮は帝国主義の侵略軍であり、本質は皇軍と変わらなかった。朝鮮独立運動のパルチザンたちや中国の抗日闘争における共産党軍などが侵略者を追い出すために闘っていたことから鉄の軍規、武徳を持つ解放勢力であったこととは全く違う。ベトナム戦争において南ベトナム解放戦線が略奪行為など行ったか? 米軍はソンミ村事件を始め数々の虐殺行為を行ったが、侵略と闘った人々の間ではその様な行為は無かった。事実は事実なのだ。歴史を捏造している「自由主義史観」・歴史修整主義などは現代の皇国史観であり、ウソとペテンの上に築かれた砂上の楼閣である。幾ら戦前「神国日本」などと信じ込んでも「神風」など吹かなかった。安部・麻生などと同調する輩こそ、日本を危険に曝しているのだ。国を誤ろうとしているのだということを肝に銘じるがいい。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 「国会へ行こう。」@3.12 | トップページ | ノーパサラン(やつらを通すな) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

失礼します。はじめまして。
皆さん、何を熱くなっておられるのでしょう?
米下院決議案が通ったら何だと言うのでしょうか?現在は
「下院本会議で話し合いましょうか?どうしましょうか」
を決める段階ですよね?
下院本会議でも、上院本会議でも行って
存分に議論されれば良いんです。
上下本会議も通りアメリカ大統領裁決で
【3)慰安婦問題に対する疑問・反論の封殺】
という、言論弾圧を他国に突きつけるかどうか
ヘラヘラ笑いながら見てればいいんですYO♪

投稿: たま | 2007年4月 6日 (金) 02時38分

犯罪心理学によると

嘘吐きは物事を必要以上に詳しく話す。
正直者は正直に「わからない」とか「覚えていない」と言うそうだ。

記憶が間違ってるなら、普通は後者になるはずだわな。


そういえば、沖縄戦についての集団自決について、教科書の書きかたが変更になったっぽい。

投稿: 通りすがり | 2007年3月31日 (土) 19時01分

なるほど、河野談話を有り難がってるくらいだからぃょっぽど他に頼れる根拠がなくなったか、アメリカの議員さんも日本の議員さんと同じかそれ未満だと思ってそんな事なら河野談話をほったらかしておいてもよいかと思ってましたがそうはいきませんね、やはり、見直しせにゃあならんでしょう。

ところで、慰安婦の証言がコロコロ変って信用出来ない事について、「昔の記憶であやふやになってる。」と、おっしゃってる方がいますが、貴方の親御さんに結婚したのは何年か、または戦争に行ったのは何年か、聞いて年がコロコロ変りますか? 変らないでしょう。 証人が信用出来ない証拠ですよね。トシヨリは昨日何食べたか聞いても思い出せないけど出兵した日は覚えているもんです。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月31日 (土) 14時49分

wamge*zweb氏
いや、河野会談の見直しは、前にも言ったとおり誤読の可能性が大きいことがある。

「本人の意志に反して集められて事例が多くあり、さらに、官憲などが直接これに加担したこともあった」

例えばこの文章
「好き好んでやるわけじゃないけど、生活上必要だったからやっていた。それについて官憲が関わることもあった」
とも読めるし
「本人が嫌がるのにもかかわらず、官憲が強制連行して女性を連れ去った」
とも読めます。
姑息な外交官僚の小細工です。
そういう意味で、はっきりと白黒つけるべきでしょう。

現に韓国での慰安婦のイメージというと……

【慰安婦問題】 安倍総理、強制動員なかったというが、日帝はすべての未婚女性を連れて行った
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1174719885/

吉見教授もびっくりの状況ですからねぇ……
誤読の元はここで経たねばならないでしょう。


K氏
wamg★ezweb氏
そもそも、河野会談って九十三年に
『謝罪や賠償はいらないから「強制連行の事実」をみとめてくれ』
って金泳三政権が言ってきたから、やったのにねぇ。
で、認めたら謝罪と賠償を請求
さらに個人的に賠償を貰った元慰安婦に対して「金を貰ったら本当の娼婦だ!」と講義殺到。
あの国と約束事はしないことですなぁ。

投稿: 久々 | 2007年3月29日 (木) 23時38分

談話を見直す必要はないでしょう。だって、「軍女性を強制連行して慰安婦にした」とは一言を書いてなくて、全て、妄想の賜物ですから。
安部さんは最近、それが判ったのかもしれません。

ま、それにしても、談話に拘るという事は、もう、他に頼る術が無いってことですね。これで今回、「談話には軍が強制連行したとは全く書いてない」って事が知れたら、一巻の終わりです。


年金はそこそこ貰えそうです。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月29日 (木) 19時59分

俺は談話の存在を支持や肯定する人間すべてに対してやってほしいんだがね。
wamg★ezwebさんの年金はどれくらいもらえるんだい?

投稿: K | 2007年3月29日 (木) 01時54分

Kさんへ

それは宜しいですな。賛成する民主党の国会議員の年俸、議員年金をみんな賠償金にあてたら慰安婦の方もただのお金でなく、日本の国会議員の謝罪の心が籠っていますから喜んでくれるでしょう。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月28日 (水) 10時47分

>>河野談話

俺は談話自体についてのコメントは無いが、この談話が元で相当な俺らの血税が海外に流れたことの方を重要視する。
国内での血税の無駄遣いも許せんが、それなりに還元できていたり、僅かでも雇用ができたりと、僅かながら利するものがあるが、90年代に謝罪がらみで国外に流れた金は無駄金だったのは明らかだ。

正直俺はその分の血税は、支持した人間達に追加課税したり年金からの天引きなどをしてもらいたいものだ。
俺は謝罪しても金を払うことには反対だからな。無能でもかまわないが俺は血税の無駄遣いのほうを問題視するぜ。無駄遣いの元になるような談話なんて無くてかまわん。

投稿: K | 2007年3月28日 (水) 01時08分

談話を見直す必要はありませんね。談話には不都合のある話は全くありませんから。
談話の内容は

(1) 慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したこ
(2) 慰安所は、当時の軍当局の要請により設営された
(3) 慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。
(4) 慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。
(5) また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。
(6) なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

(1),(2) は、周知の事実ですので、別段問題にする事はありません。
(3) 自分の使う施設ですから、あれやこれやと注文して同然です。
(4) 慰安婦は業者が集めたとの事。つまりは、「軍」は慰安婦の「お客さま」だったわけです。そして集める時に悪どい事をした業者が居たって事、それに加担した悪徳軍人や悪徳警官が居たって事。これについては、軍はそれらの行為を取り締まったという記録が有るので問題無しですね。「軍が直接慰安婦を強制的に集めた」という事ではありません
(5) 戦争で一番悲惨な時代、慰安婦でなくても生活は悲惨でした。慰安婦だけが悲惨だったわけじゃありません。
(6) 「日本を除けば朝鮮人が殆ど」ということは「大半が日本人」だったって事ですね。後半は(4)に書いてある事の繰り返しです。「慰安婦を無理矢理集めた業者が居る」って事です。

アメリカ下院の主張する「性奴隷」は全くどこにも書いてありません。ま、マイクホンダ氏は日本語が読めないとの事ですので、それが判らないのは当然でしょう。また、この談話は吉田清治氏の証言が元になっていますが、それは捏造だって事を吉田氏は証言しているので、今や河野談話の見直しに現実的な意味は全くありません。河野談話に拘泥する事は自の無能の証明です。

投稿: wamge*zweb | 2007年3月27日 (火) 04時44分

まだやってたんだw
とりあえず返事はちゃんとしなきゃね。

どん底氏
>書いてもいないことを読み取る人が多いとすれば、それは誤解というより「そのように読む必然性」が事実に作り付けになっているということでしょう。それは河野談話の表現力や完成度の問題ではなく、事実としてそこに書かれている歴史事象が内包する問題だということです。

だから、直すべきだと言ってる。


>更に言い換えると、仮にそれを「誤解」と呼ぶとすれば、やった事実が十分誤解を招くような事実だったということです。

だから、誤解を正そうとしてるんじゃない。

>他民族の自由意志を武力で制圧するという選択をした時点でそれは不可避なものです。

韓国併合に武力使ってないし、そもそも韓国側からも併合の要請きてたし。

>異論のある方は、「誤解の余地のない談話」を作文してみて下さい。

・慰安婦や慰安所が存在し、軍が衛生管理や運輸などを行なっていた
・軍は業者に慰安婦募集を要請していた
・業者が人攫いするようなことがあった
・日本軍は人攫いを禁止し、そのようなことをしていた業者を取り締まっていた
・慰安婦によってはかなり有給であり、その処遇は業者や地域によってさまざまだった
・慰安婦の大半は日本人だった

投稿: 久々 | 2007年3月26日 (月) 00時47分

「裁判的事実の究明」は、裁判の結果には強制力がありますので、当事者は真剣になります。偽証には処罰がありますしね。

その「裁判」で慰安婦の方々はことごとく敗訴してます。アメリカの最高裁でも敗訴してますよね。だから、裁判を否定する気持ちは理解できます。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月24日 (土) 13時38分

「普通の人が嫌がる仕事」であるのは「業者による蹂躙」があるからなんですが、法令の整備により解決してます。
軍は実際に違反を摘発、処罰しましたね。決して「形式主義」ではありません。


ですから、法令により業者の搾取を禁止し、労働環境の整備と労働者の権利の保護をした事は良い事だったですね。

投稿: wamge*zweb | 2007年3月24日 (土) 12時43分

>誤解を招くから直すべき、と言ってるんです(久々氏)

 書いてもいないことを読み取る人が多いとすれば、それは誤解というより「そのように読む必然性」が事実に作り付けになっているということでしょう。それは河野談話の表現力や完成度の問題ではなく、事実としてそこに書かれている歴史事象が内包する問題だということです。
 更に言い換えると、仮にそれを「誤解」と呼ぶとすれば、やった事実が十分誤解を招くような事実だったということです。他民族の自由意志を武力で制圧するという選択をした時点でそれは不可避なものです。河野談話の「詳解」よりも、自国の為した行為の性格をきちんと認識することがまず最初に問われることですね。

 異論のある方は、「誤解の余地のない談話」を作文してみて下さい。

wamg★ezweb さん。
>日本軍は慰安婦とその業者に対し渡航許可を出す際に「慰安婦が自らの意志でやる事を決定した」事を求めてますね、

 そんな通達を発すること自体が「慰安婦=普通の人が忌避する苦行」という認識と、「業者による蹂躙」の可能性を十分認識していたことの裏返しなんですよ。それでも業者に慰安婦集めを指示し、そして軍の予想通り業者による蹂躙が多発した。

>そして違反したら厳罰されます。ですから、この件に関しては日本軍は問題ないでしょう。

 万事形式のお役人が好んで用いる「責任回避術」に過ぎません。そんな陳腐な術に率先便乗してまで「日本軍問題無し」としたい心の中味こそ明け透けに語って欲しいものです。「裁判的事実究明」はあまり面白くないし、ご本人も何か鬱積するんじゃないでしょうか(笑)

投稿: どん底 | 2007年3月24日 (土) 06時31分

売春が合法な商売としている国があります。ドイツ、オランダ、オーストラリアです。

「無理矢理連れて来たら違法」ですが、募集してそれに本人がやるって言って応募してきたんなら違法ではないでしょう。実際に慰安婦を募集してた新聞広告が有ります。

日本軍は慰安婦とその業者に対し渡航許可を出す際に「慰安婦が自らの意志でやる事を決定した」事を求めてますね、そして違反したら厳罰されます。ですから、この件に関しては日本軍は問題ないでしょう。


また、朝鮮戦争の時にはソウル市当局はUN軍に慰安婦を提供してます。
ベトナム戦争の時に米軍は慰安所を利用、MPが管理していました。これは、スーザンミラーという女性が本にしてます。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月23日 (金) 01時00分

予備知識がある人ならいざ知らず、普通の人が読めば、「日本軍が業者に依頼して強制連行していた」と読んでしまうのが普通。
「慰安婦とか何?」てレベルの人に、河野会談見せてみてはどうでしょう?
十中八九そう受け取ると思いますが。
その点で誤解を招くから直すべき、と言ってるんです。

こんな玉虫色の発言ばっかりしてるから、日本の政治家はだめなんですよ。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/03/21/20070321000010.html
余談ですが、さすがは阿部総理。
言いにくいことをズバッと言ってたんですなw

投稿: 久々 | 2007年3月23日 (金) 00時10分

wamg★ezwebさん

最初に「何やら裁判の原則を無視している人がいますね。法治国家大丈夫か?痴呆か?それとも悪意か?」といった人がいますよね。私はその人に裁判上の原則を指摘しました。だから、聞いていたのに。そしたら無視でしょう。痴呆だから文章が読めないのか、悪意で読めないのか。私は人の悪意を信じていないので、前者だと思ったんですけどね。

それと、慰安所の運営が合法ではないことも教えてあげたよね。借金のかたに人を連れてきて、売春行為をさせることは、国際法上違法なんですよ。それは分かりましたか。当然ですが、国内法より国際法が上位にたつのは分かりますね(国内法上合法であるとの抗弁は成り立たないですよ)。

あなたに関して言えば、蒸し返し・却下などという裁判上の基本的なテクニカルタームも知らず、この議論に参加している事が分かりました。そういう人に痴呆扱いされるのは、さすがに抵抗があるんですよ。勝利宣言するのは勝手だけど、痴呆扱いしたのはあなたですよ。別にいいよ。好きなだけ勝利宣言しなよ。楽しいだろう。勝利宣言。

投稿: くま | 2007年3月22日 (木) 23時08分

>これを見ている人は、どっちが正しいように見えるでしょうか、ねw
見ているよ。あなたが行き当たりばったりに論点をころころ変える人だと分かるんじゃないでしょうか?

最初にこういいましたよね。
>今回問題となっているのは河野会談の修正、つまりは「従軍慰安婦を強制連行で集めた」かが問題です。

「更に」以降を論証しましたね。軍人の関与及び拉致について。河野談話も「更に」以降で官憲の関与を認めています。
安部首相が否定しているのは、組織的な軍部及び政府による連行ですよね。この点は、大半の学者は否定しているし(上田、吉見ですら否定しています)、河野談話も否定しています。あなたの指摘するとおりです。

では、一体何を根拠に河野談話を否定しているんだろうと思ったら、今度は要請について否定すると言い出すんですから。これは広義の強制連行についてですよね。久々さんが争っているのは、首相や政府の公式見解ですね。

河野談話が認めたのは、強制連行の側面だけで言えば、官憲の直接的関与と広義の強制連行と言われるものです(前者は白馬事件で立証済み)。
つまり、1民間業者が 2政府の要請に基づいて募集を行い、3当人の自由意志に反する形で連行した(暴行・脅迫や偽計的な手段を用いるというものです)という形のものです。1はあると。3もいくらでもありますね。アメリカ合衆国のレポートが当人の意思に反する連行を行なったと報告していますし、証言もありますね。事件としても日本で発覚した事件が大審院判決として出ています(同判決で騙すということが拉致にあたると判例として確立しています)。

最後にあなたが問題にしたのは2の要件ですが、軍部による関与は命令書がないですが要請を推認させる事実がかなり多く文書で残されています。

詳しくは、http://www.jacar.go.jp/ 
以下がその引用をしているブログ http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20070304

ここであげられている事実は、依頼または要請があったという事実を推認させる事実です。修正主義が用いる裁判と同様のルールで今は話をすすめているのはお分かりですか。命令書の不存在が要請の不存在を示したとしても、他の事実が要請の存在を基礎付けることが可能ならば問題ないんですよ。刑事裁判でもこの点は同じですよ。
1~3が全て出揃ってますね。広義の連行があったということでよろしいですね。

そうすると、河野談話の何を否定するんですか。官憲による関与もある。軍部主導で慰安所が作られた。その上、慰安婦の移動についても軍部や政府は積極的に関与した(これらは全て文書化されています)。民間業者による強制連行の存在。民間業者へ要請があったことを基礎付ける事実を推認させる事実まで提示した。
修正主義のルールで議論しているのに、ついて来れないし。面白みにかけるから、撤退したんだけど。観察終了とはそういう意味ですよ。

投稿: くま | 2007年3月22日 (木) 22時56分

くま氏

これを見ている人は、どっちが正しいように見えるでしょうか、ねw

まぁ一番の理由としてはCC氏が言ってくれました。
最初に「軍によって強制連行されてた」とか、「二十万人の慰安婦が発生した」とか言ってたのに、後々になって「強制連行が問題ではない」「軍が間接的に関与しているのが悪い」などと、論点を摩り替えていたのでは、人からは信用されていません。
結果としてその嘘のせいで、真実がバレたら、皆が一気に反対派となり、実際に業者に拉致まがいされた人にも「嘘吐き」やら「金目当て」やらの汚名をつけられる。
日本軍糾弾のために、被害者を偽装して利用することこそ、被害者に対する一番の冒涜だと、私は思いますが。

投稿: 久々 | 2007年3月21日 (水) 23時58分

「強制連行」はあなた方カルトサヨクが捏造した大嘘だということでよろしいですね。
人間の屑ですな。

日本は20万人のアジアの女性(なぜか日本人の慰安婦は存在しない事になっている)を拉致監禁して強制売春させたと
いうあなた方が流したデマで非難されているんです。
軍の関与なんて問題じゃありません。

軍の関与なら、米軍も日本・朝鮮半島・ベトナム等で関与
しまくりですし。

投稿: CC | 2007年3月21日 (水) 16時40分


「痴呆」ですか、「反論に窮せし上の人格攻撃」ですね、有難うございます。事実上の敗北宣言として受け取っておきます。

以上で「慰安所に日本軍が関与した事の是非」はこれでよろしいですね。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月21日 (水) 16時20分

私は売春している女性は好き好んでやってる女性は居ないと申してましたが、訂正します。

昨日のニュースで売春を禁止した売春特別法の撤廃を求めて韓国でデモが行われたとの事。韓国では女性の3%が売春に従事しGNPの5%をかせいでいますが、売春が禁止されてそれらの女性が開放される★ラッキー★と思ってましたが…………いゃー世の中うまくいかないもんですね。


投稿: wamg★ezweb | 2007年3月21日 (水) 09時45分

久々さん

>そろそろこの記事も下がってきたし、お開きにしません?
良いですよ。私の観察目的は達成されたので。

もう一人の人は、裁判上の諸原則も知らないようですので、今後は痴呆扱いすることにします(笑)。

投稿: くま | 2007年3月21日 (水) 05時35分

抜けてた

>これじゃぁ、軍が業者に命令~~

軍が強制的に集めろと業者に命令~~


そろそろこの記事も下がってきたし、お開きにしません?

投稿: 久々 | 2007年3月21日 (水) 02時36分

>慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった

コレじゃぁ、軍が業者に命令しているようにしか見えないのだが。
普通に読んだら。

>上述のフィリピンや白馬事件などでご確認下さい。また、慰安婦たちの強制をさす場合、未成年者に対する性行為は、強制の有無に関わらず強制に含めても良いと思います(さらに、数が増えるでしょう)。

植民地外規定がありますし。
別に関係ないけど、初潮前の慰安婦はいませんから。
(併合前ではおkだったけど、併合後に禁止されてる)

>「貸座敷・引手茶屋・娼妓取締規則」
占領地に国内法は適用されません。

>随分日本政府の聴き取り調査の結果と違いますけど。
>慰安婦の募集や移送・管理などが、甘言・弾圧によるなど「総じて本人たちの意志に反して行われた」と日本政府は総括したはずですが。

だから間違ってるから見直そうって言ってるのですが。
ついでに言うと、それ河野の一人解釈。
会談より抜粋

皆さんが一番問題と考えて指摘をしておられる、その女性が強制的に連行されたものであるかどうかということについては、文書、書類ではありませんでした。女性を強制的に徴用しろといいますか、本人の意思のいかんにかかわらず連れてこい、というような命令書があったかと言えば、そんなものは存在しなかった。調べた限りは存在しなかったということは申し上げていいと思うんです。
中略
>ただし、資料はありませんでしたが、もろもろ様々な人たちの発言などを聞いていると、やはりいろいろなことがあったのではないかと。

とりあえず証拠は無いけど、話(しかも慰安婦だけの)を聞いたらあった気がするから強制があったことにした。

弁護人のいない裁判で、証拠を挙げずに、被害者の証言のみで行なった裁判の判決みたいなもんでしから。
(ん?こういう裁判昔どっかであったなぁw慰安婦関連で)

投稿: 久々 | 2007年3月21日 (水) 02時35分

米軍のレポートは取り残された女性からの聞き取り調査ですから、女性の主観ですし、朝鮮の田舎の女性は日本語が不自由だって事もあるし(教養が無いってあったですしね)、売春は当時「羞業」でしたから、それを考慮する必要があります。


戦後、日本は連合国軍に占領されましたが、短期間に6万件の婦女暴行事件が発生しました。事態を憂慮したGHQは日本政府に売春宿の設置を命令。政府により、全国に設営されてます。

1960年代、韓国ではUN軍のために売春宿が作られ、売春婦の募集/登録がなされたと記録されています。

ドイツ、オランダ、オーストラリアでは売春は合法です。ドイツでは最近「シニア料金」なんちゅうのができて、格安で楽しめるそうです。
で実際に軍の駐屯地の近くに「開店」する事があるそうです。ただーし、「その地域の法律とか習慣」ちうもんがあるので、軍が統制してバレないようにしてるそうです。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月21日 (水) 01時09分

wamg★ezwebさん
ご返答ありがとうございます。
論点が錯綜としていますので、整理します。

1 河野談話について
上述しましたように河野談話を否定する必要はなにもないことが理解いただけましたか。

「慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった」
白馬事件は、まさに「更に、官憲などが直接これに加担~」というケースにあたるものです。
この点はご理解できたでしょうか。官憲とは官吏のことですし、十分軍人は入るでしょうね。修正の必要がないことは理解できましたか?

2 白馬事件の取扱について
政府や軍部の不作為による関与、または管理責任を問う際に、白馬事件を持ち出したとしても、なんら東京裁判の冒涜にはなりません。
白馬事件を蒸し返すということと、これらの責任を追及することは、全く次元の異なる問題です。

>白馬事件については極東軍事裁判で決着済みです。それを蒸し返す事は東京裁判の冒涜です。

ここで、あなたが指摘していることは二重の危険の原則(または二重処罰の禁止)に関するものではないでしょうか。もし、当時彼らが軍部により処罰を受けたにも関わらず後の裁判において裁かれたのならば、現行憲法や近代司法の大原則である二重処罰の禁止に反することになりますが、そのような事実があるならば指摘してください(二重処罰の禁止に関しては、最高裁判決S25.9.27があります。詳しくは、そちらを参照してみてください)。

それとも違法な行為も処罰を受けると合法に行為なるとでも思っているのでしょうか。違法な行為が合法になるのは、違法性が阻却される事由がある場合だけです(法律で定められたまたは超法規的な措置で考慮できるものだけです)。
まして、例え当人たちの行為が合法とされても(その余地がありませんが)、共犯者たちの行為(国家の関与)が合法となるかは別の問題です。

思いつく限りの、蒸し返しによる危険の問題をあげてみましたが、一体どういう趣旨で蒸し返すというご指摘をされているのでしょうか。あまりに指摘された点が意味不明で不思議な指摘としか思えません。よろしければ、どのような根拠で述べているのか、興味がありますのでご教示いただけますか。

3 運営及び設置の合法性について
>売春宿については、WW2当時は合法でした。軍の使用する施設に軍が注文出すのは当然でしょう。

第一に、売春宿が合法である事と売春宿を国家が自ら設立し、その目的が自らが使用する人間のために管理・運営させることは全く次元の異なることです。現在日本でもソープランドの経営を私人が行い、その許可に関し日本政府が関与しています。しかし、日本政府が自ら慰安所を自衛隊員のために作るという話は聞いたことがありません。

確かに、当時私人が売春宿を経営する行為は合法です。しかし、ここで問題となっていることは、国家が自ら売春宿を設置し、運営し、それも大規模なものにしてしまったということ及びその開設目的が兵士によって多発した強姦を防止するというものだったことです(南京「大虐殺」と呼ばれる事件もその契機の一つです)。そのような行為が、許されるか否かということだと思いますが。

第二に、先述したように慰安所の設置・運営が当時の国内法規にすら反している存在であったという超法規的なものあった(法的根拠すら怪しい存在であった)ということです。万が一、あなたが言う国家による設置の合法性が肯定されたとしても、日本政府が自ら法の例外を作りだしてしまった(それも、法の根拠すら怪しくです)事を合法とは主張できないでしょう(特に、国内の業者に課せられた義務すら軍部は満たしていません)。限定的ながらも旧憲法下で認められていた法治主義の原則すら、日本政府は踏み越えていたということです。
さらに、当時の政府がこのような慰安所の存在がやましいものであった、つまり公然とすることができないものであったことを百も承知と推測されます(軍慰安所従業婦募集二関スル件という陸軍がだした依命通牒の存在がこの点を証明しています)。

http://photos.yahoo.co.jp/ph/s_takatuka2000/vwp?.dir=/9769&.dnm=52de.jpg&.src=ph&.view=t&.hires=t

この写真が不許可になっていたのも、軍部が自ら慰安所を経営していた証拠だからでしょうね。

第三に、そこに集められた慰安婦たちに自由意志は多くの場合において、存在していません。なぜなら、慰安婦たちは文字通り物資と同様と考えていたからのようです。

強制の要件をどう考えるのかにもよりますが、募集の段階で騙して募集を行なった場合、大審院判決は拉致に含めています。そう考えますと、騙して連れてきた時点で違法であるという考えられます。さらに、監禁罪の成立を決める意思の自由を中心として考えれば、有形・無形を問わず当人の意思に反する形で、慰安婦に売春行為を行なわる、または場所に拘禁すれば強制と考えてもよいのではないかと思います。

多くの慰安所では行動の自由が制限されていたとの報告もあります。さらに、慰安所によっては、強制的に売春行為が行なわれていたことも報告されています。詳しくは、前回紹介いたしましたクマラスワミ報告を読んでみてはいかがですか。

このように考えますと、慰安所の設置・運営は奴隷条約にも反する虞があります。日本政府が批准していないので、どうかという点もありますけどね。しかし、奴隷禁止に関しては20世紀には国際法上の慣習として成立していたとされています(国際法律家協会がその点を認めています)。

結局ですが、日本政府は言い逃れもできない愚かしい真似をしたということです。当時の国際的なコンセンサスであった国際慣習法すら破るだけならまだしも、自国の法律すらゆがめてしまう度し難い犯罪を犯したということです。日本国民がこれを抑止しえなかったという問題はあるでしょうが、その事が日本政府の責任を免罪するものではありません。

4 その他の点
○金銭授受について
私は自由意志に反する行為を強制と考えていますので、残念なことにお金をもらったかどうかは。

この点に関して、あなたはアメリカ軍のレポートを提示しています。ただ、慰安婦の問題を複雑にしているのは、慰安所の経営が長期間にわたったこと及びかなりの数が存在していたことです。その数の多さのため、慰安婦たちに対する対応も多様であったことがあげられそうです。別にこの点を否定する人はいないんじゃないかと思いますけど。

ただ、当該レポートが示すように、
The nature of this "service" was not specified but it was assumed to be work connected with visiting the wounded in hospitals, rolling bandages, and generally making the soldiers happy.

http://www.exordio.com/1939-1945/codex/Documentos/report-49-USA-orig.html より引用

少なくとも慰安婦たちは騙されて連れてこられたわけですね。大審院判決において、この点は既に違法な行為であると認定されています。とすると、お金を払うと違法な行為が合法に転化することを認めるのでしょうか。不思議な解釈ですね。
さらにいえば、国家機関が慰安所を経営するということが合法へと転化するのでしょうか。これもまた不思議な解釈ですね。

○2 不明な点
>「可愛くて教養がある」な女性はさっさと稼いでさっさと帰ったと言う事です。

同レポートから、かわいくて教養があるという文言を見つけることができません。それがあなたの解釈ということですか。非常に申し訳ないのですが、そういう読み込みができた根拠をもう少し説明して頂けませんか。そのような推測が可能であるならば、推測を可能とする資料の提示を求めます。

○3 米軍が認めても
ところで、このレポートを作ったのはアメリカ軍ですね。当時の米軍は売春行為を黙認する傾向にありますので、アメリカ軍が従軍慰安所の設置を許したとしても意味がないでしょう。
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20070320
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper71.htm
そのアメリカ軍ですら売春を悪と考えていたことが、リンク先でも理解できると思いますが。なお、原爆を落とすなどという犯罪行為を犯したアメリカ軍ですら、自ら慰安所経営には乗り出していません。

また、却下とは訴訟要件を満たしていない訴えに対して使われる言葉だったと思います。訴因つまり犯罪事実に対する審理は行なわれていないとしますと、あなたの主張は無意味な主張ですね(実体審理すら行なわれていないのでは、なんらその主張に意味はありませんけど)。却下されても何の意味もありません。

投稿: くま | 2007年3月20日 (火) 21時13分

何やら裁判の原則を無視している人がいますね。法治国家大丈夫か?痴呆か?それとも悪意か?


白馬事件については極東軍事裁判で決着済みです。それを蒸し返す事は東京裁判の冒涜です。

売春宿については、WW2当時は合法でした。軍の使用する施設に軍が注文出すのは当然でしょう。

「慰安婦」の訴えが極東軍事裁判で取り上げられなかったのは、
(1)売春は合法だった
(2)他国も軍用売春宿を持っていた(確かオランダ領で慰安婦してたって朝鮮人の方いらっしゃいましたね)
という事で却下されたわけです。
韓国は最大33万人の「売春婦」が居たと聞いています。「日本人以外では最大」との事ですので、全体で70万~100万だったんでしょう。

はっきり言って「多過ぎ」です。当時、日本軍は最大で500万程度でした。でそのうち外地に出て居たのは300万程度だったはずです。で当時の軍の給料は10円程度。風俗に行ける頻度は今のサラリーマンよりも少ないでしょう。と、すれば、客の取れない女性も居たという事です。客が取れなければ収入が無いわけですから、借金が返せないし、家に帰れません。
終戦時のアメリカのレポートには「朝鮮人の売春婦は総じて可愛くなく、無教養で幼稚」とありました。
アメリカのレポートには米軍が進出または日本が敗戦の後ですので、レポートに記載されているのはその時でも国に帰れなかった慰安婦の事です。
「可愛くて教養がある」な女性はさっさと稼いでさっさと帰ったと言う事です。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月19日 (月) 11時56分

久々さん
話が散っているようですので、論点ごとに整理します。

1 強制連行における軍人の関与について
まず、河野談話についてですが、河野談話の原文を読んでいらっしゃるのでしょうか?
もしあなたが読んでいるとすると、強制連行に関する点は、問題にならないと思うのですが。なぜかと言いますと、河野氏が問題にしたように、軍人による強制連行が存在したことは白馬事件でも知られていたからです。

以下、河野談話を引用します。
「慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html

あなたが問題にしているのは、「更に、官憲が~」ですよね。この点は軍人が関与した白馬事件がありますよね。また、フィリピンのケースは訴訟にもなっていたはずですよね。さらに、軍事裁判においても同様の事案が発覚していますよね。
興味がありましたら、賛否両論があるにせよクマラスワミ報告書もありますから、ご覧下さい。

私は「連行における」政府及び軍上層部の組織的関与については、否定しています。もちろん、不作為による関与は疑わしいと思っていますが、未だ資料がほとんど公開されていませんので、判断を保留にしています。

>そりゃぁ間接的なだけだし、慰安婦を違法行為して集めろなんて命令してないし。

そりゃそうでしょう。誰もこの点を認めろと言っていませんから。集める段階で、政府が命令を出したのは事実でしょう。ただ、集めた人の大半は政府の役人や軍人ではないのですから、当然でしょう。
また、そんな馬鹿な命令を出す政府はないでしょう。
もっとも、どのくらい政府や軍部が熱心に慰安婦のことを考えて、募集を丁寧にやらせたかは別でしょうが。


2 慰安婦に対する強制について(慰安所における)
上述のフィリピンや白馬事件などでご確認下さい。また、慰安婦たちの強制をさす場合、未成年者に対する性行為は、強制の有無に関わらず強制に含めても良いと思います(さらに、数が増えるでしょう)。さらに、強制という場合、自由意志で帰ることができない場所に連れてこられた人間を働かせると強制といっても良さそうですが(会社なら、やめることはできますよね)。

3 政府の責任について
どうも勘違いされているようですが、当時の法規に照らしても慰安所は超法規的存在であった事をご存知でしょうか?
「貸座敷・引手茶屋・娼妓取締規則」において定められた要件すら、慰安所は守らず設置されています。当時ですら売春は忌むべき行為だったんですね。

また、白馬事件の政府による処理は、決してあなたが指摘するようにきちんとしたものではありません。政府は当該軍人を処罰しませんでした。慰安婦たちに行なった行為ですら、当時の法律に違反するものでしたが、軍法会議にすら彼らはかけられていません。また、命令が存在していたにも関わらず、命令の違反の点も問題にされていません。これで管理責任を果たしているといえるでしょうか。
自らが定めた規則すら守らず、成立したのが慰安所です。自らが定めた規則を破る存在を作り、管理責任も怠り、命令に違反したものを処罰もせず、責任がないとは言えないでしょう。

4 その他
>別にー
てか慰安婦がいてもいいって思ってるし俺。

そうなんですか。不思議な感覚ですね。私は国家が慰安所を経営することはとても許容できませんが。近代の軍隊において慰安所を政府が作ることは忌み嫌われる行為なんですけどね。

>強制連行を行なった証拠はありますよ。
軍人の関与は上述したとおりですね。

>総督府の高官二人がこう証言していますし、業者による強制連行も頻発していたというわけではなさそうです。

随分日本政府の聴き取り調査の結果と違いますけど。
慰安婦の募集や移送・管理などが、甘言・弾圧によるなど「総じて本人たちの意志に反して行われた」と日本政府は総括したはずですが。

>オランダ人で強制連行された人にもちゃんと対処してますね。
ろくな対処をしなかったことも上述の通りです。

投稿: くま | 2007年3月19日 (月) 07時23分

くま氏

>あなたが問題にしている強制の有無は、2の論点に関する、それも河野談話のごく一部に過ぎない問題です。何を根拠に河野談話を否定する話をされているのか私には分かりません。

失礼、言葉足らずでした。
河野会談の中で一番問題点となっている、という点です。
慰安婦存在などは周知の事実ですから。

>強制連行を行なった証拠はありますよ。
じゃぁ見せて。

>政府による直接の連行を示す証拠が希薄である、またはないと言っているだけです。そして、政府による慰安所設立・管理、慰安婦の募集・移動が政府の関与・管理下で行なわれ、かつ政府主導で行なわれていたという事を考えると、強制連行がなかった、奴隷労働を強いた覚えはない、などという主張は通らないでしょう。

そりゃぁ間接的なだけだし、慰安婦を違法行為して集めろなんて命令してないし。
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=78407
総督府の高官二人がこう証言していますし、業者による強制連行も頻発していたというわけではなさそうです。

奴隷労働にかんしてはここからの抜粋で
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070310/usa070310004.htm

(1)軍司令部は慰安所では自由意思の者だけ雇うようはっきり指示していたが、同将校たちはその指示を無視した
(2)連行された女性の父のオランダ人が日本軍上層部に強制的な連行と売春の事実を報告したところ、すぐにその訴えが認められ、現地の第16軍司令部はスマラン慰安所を即時、閉鎖させた
(3)同慰安所が存在したのは2カ月だった
(4)主犯格とされた将校は戦後、日本に帰っていたが、オランダ側の追及を知り、軍法会議の終了前に自殺した

オランダ人で強制連行された人にもちゃんと対処してますね。
おそらく、バレたらこのようになっていた物とおもわれます。
コレを見る限り、朝鮮人に対してのみ酷いことをしたと考えるのは少々困難かと。

>次に他国が慰安所を設置していると日本政府の責任が軽くでもなるのですか?
別にー
てか慰安婦がいてもいいって思ってるし俺。

投稿: 久々 | 2007年3月18日 (日) 23時32分

河野談話の論点は
(1) 慰安所の設置において軍の関与が有ったって事
(2)軍令による強制連行が有ったって事
ですね。このうち、(1)については周知の事実ですので、これを議論する必要はありません。売春施設の設置/運営にあたり軍が関与するという事はアメリカ、韓国等でも一般的に有る事ですし、これを日本だけ殊更にいう事は間違いです。
また、日本軍の関与は、書類から判断するに専ら「衛生環境の改善」「働く女性の地位の保全」「強制連行を禁止」ですね。また、違法行為、不正行為については女性の訴えに対し関係者を適正に処罰されてましたから、「軍が強制連行を軍令として関与していた」という事は否定されてます。
問題は(2) です。これについて、実証する証拠は上がっていません「証拠が無い、または希薄である」という事は(2)を否定する事はあっても、実証する事はできません。故に(2)は「実証する証拠が無い」と言えます。
GOさん、もし「証拠がある」というなら、その証拠を提示しましょう。軍が強制連行に関与したというなら、その証拠を示して下さい。GOさんの話は「無かったという証拠は無いから有ったんだ」という一語になりますね。これは欺瞞です。また、細かい言葉のニュアンスの違いを持って相手の言葉を否定する事によって自論が正当だというのは欺瞞でありますね。

当初、私は「日本軍が慰安所の設置/運営に関与した事」、そして、「軍が軍令として強制連行したこと」に対して「有罪」だって思ってましたが、一連の議論を読むとどうも、「慰安所の設置/運営に関してはよりよい運営/設置がなされるべき処置であり、また他国の政府/軍も慰安所を設置/運営に関与していた事実を考慮すると妥当であるとしか言いようが無い」「慰安婦の強制連行について軍が肯定的に関与していたかどうかについては、軍は強制連行の当事者(やった業者または軍の関係者)を処罰していたという記録から鑑みて、軍は女性を強制的に慰安婦にするという行為に否定的であり、その関係者を処罰していた事から、軍が慰安婦の強制連行に対し肯定的に関与していたとは当らない」と判断されますね。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月17日 (土) 18時01分

アッテンボローさん
>皇軍の性犯罪は今日も続く性犯罪とつながっているとのご指摘、全くその通りだと思います。

私もニケさんの指摘に同意します。それに加えて、性規範の二重基準も問題であると考えます。一方では慰安所を設置しながら、他方では女性に貞操を要求していたわけです。(例えばhttp://d.hatena.ne.jp/tadanorih/20070311)。
自分の娘に純潔を躾けながら他人の娘の純潔は踏みにじってよいとする、現在にも引き継がれている身勝手さが慰安婦問題の背景の一つと思います。

その他、歴史修正主義者の主要な論点がアメリカには通用しないことについてDr-Setonさんがまとめていますのでご参照ください。
http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20070315

投稿: 書を守るもの | 2007年3月17日 (土) 13時56分

久々さん
河野談話をお読みになったことがありあますか?
河野談話は別に強制連行の有無がその焦点ではありません。1政府による慰安所の立案・設置における関与を肯定し、2募集において慰安婦に虚偽の条件を持ちかけ、または強制的な手段を用いて人をかき集めたことにおける政府の責任を肯定(直接の関与を肯定) 3慰安婦に対し奴隷労働を強いたことに対する政府の責任の肯定です。

あなたが問題にしている強制の有無は、2の論点に関する、それも河野談話のごく一部に過ぎない問題です。何を根拠に河野談話を否定する話をされているのか私には分かりません。

政府による直接的な関与を否定しても、間接的な関与を認めてしまうと(まして実質上自らが手を染めたと同じ状態であったとすれば)、河野談話の2の点すら否定できないと思いますが。

>皆さん強制連行を行なったという証拠を持って無い。

強制連行を行なった証拠はありますよ。
政府による直接の連行を示す証拠が希薄である、またはないと言っているだけです。そして、政府による慰安所設立・管理、慰安婦の募集・移動が政府の関与・管理下で行なわれ、かつ政府主導で行なわれていたという事を考えると、強制連行がなかった、奴隷労働を強いた覚えはない、などという主張は通らないでしょう。
なお、河野談話については、上述の通りです。

次に他国が慰安所を設置していると日本政府の責任が軽くでもなるのですか?他国がやっているから、もっとひどいやつがいるから非難される言われはないという理屈が通ってしまうと、犯罪者も楽ですね。

さらに、
>組長が「あいつ殺してこんかい!」とか言ってるならともかくとして、例えば「ちょっとパンかって来い」(スケール小さいなぁ)と言ったら、それが盗まれたパンだった。
さて、組長に責任はあるでしょうか?

例として気の毒なくらい不適切です。なぜなら、殺すという事は違法行為であり社会的に見ても危険な行為です。さらに、倫理的にも非難可能な行為です。これに対し、パンを買うという行為は危険な行為でもなければ、倫理的に問題のある行為ですらありません。危険性もなく、倫理的に問題もない行為を他人に命令して誰が非難するのでしょうか。
慰安所を設置・運営することが違法か否かは争いがあるところでしょうが、奴隷的拘束を行なうこと、拉致まがいに慰安婦を連れてくる事、そしてその事を知りながら慰安婦に労働を続けさせることは少なくとも当時の法律から照らしても違法なことでしょう。
そのような行為とパンを買う行為を命ずることは比較対照できるものではありません。あなたの設問設定事態がおかしいです。ご理解いただけたでしょうか。
また、軍部は慰安所を設置することが非難されるべき行為であったことを知りながら、慰安所を設置しています。倫理面の点から考えても、あなたの比較対照は成立しません。

投稿: くま | 2007年3月17日 (土) 05時03分

くま氏
>使用者責任が問われる場合と同様に、この場合業者に責任があり、日本政府がきちんと管理責任を果たしたのだという主張をしない限り、日本政府は法的責任を追及されても文句は言えないでしょう。

まったく持って責任が無い、とは言いません。
やはり経営する上ではそれなりに責任があったと思います。
しかしまるで鬼畜のように言われる筋合いはありませんし、
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/130519/
各国の制度を見ている限り、何で日本だけことさら極悪非道のように言われなければならないのか。
寧ろ日本が一番マシにすら見えてくる状態ですからねぇ。

>従軍慰安婦問題の核心は、少なくとも強制の有無ではなく、政府が自らの手でどうどうと売春宿の経営に乗り出したこと。その際、世間の手前、業者を媒介にさせて、自らの手を汚さないという体裁を整えたことでしょう。

慰安所があったとか、慰安婦がいたとか、慰安所を経営してたとか、そんなこたぁ周知の事実。
今回問題となっているのは河野会談の修正、つまりは「従軍慰安婦を強制連行で集めた」かが問題です。
貴方方も強制連行を認めないのなら、それを認めている河野会談はどちらにせよ見直さなければなりませんね。

>業者を介在させたからかまわないのだという主張は、暴力団の組長が子分を使い、人を殺されても、組長に責任がないという理屈と同じだと思いますが。

内地では規制していたのは明白だし、半島でも「強制的に連れてこいや!」とか言ってない。
組長が「あいつ殺してこんかい!」とか言ってるならともかくとして、例えば「ちょっとパンかって来い」(スケール小さいなぁ)と言ったら、それが盗まれたパンだった。
さて、組長に責任はあるでしょうか?

GO氏
>同じころ毎年朝鮮で作られる米の45%もが日本に送られており、朝鮮では春窮農民が多数発生していました。
日本人の方が高く買いますからねぇ。

>本国が不況の時、植民地はもっと不況になり、人々が苦しむのですよ。
不況なのは半島持ってたからってのもありますよ。
結局終戦まで本国からの援助がないと赤字だったという世にも珍しい植民地でしたから。

>軍が慰安所をつくらなければ、そもそもこんな問題は起きないのです。

軍人にだって性欲はあるしなぁ。
民間人を強姦するほうがよっぽど困る。

>そうしないと伝えなければならないものが伝わらなかったからです。編集権の範囲ですね。
つまりは、絵になるかならないかと言う理由で、朝鮮人がやったことを日本人がやったかのように捏造するも編集権の範囲ですと。
ふーん。

>皇民化教育・「死して虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓・そして管理人さんの指摘するような事項が主たる原因でしょう。

皇民化も今考えられるほど酷いものではなかったようですよ。
話を聞いてみると。
戦陣訓は陸軍軍人に対してのもので、そもそも民間人には示していませんし。

>アジア太平洋戦争がなかったら、植民地支配がなかったら、彼女たちは「慰安婦」にならずにすんだのです。日本兵に辱めをうけながら暮らすことも、それをひたすら耐えて暮らすこともなかったのだ。

ペリーが来なければ日本は戦争しなくて良かったんです。
アインシュタインがいなければアメリカは原爆を落とさなかったんです。
ヒトラーがいなければドイツは虐殺をしなかったんです。

>朝鮮半島においては、日本の軍事上の都合で南北に分断され(36度線で関東軍と第二総軍の管轄がわかれていたらしい。
( ゚д゚)
どう見ても関係ないだろw
その間にアメリカの統治だってあるわけだし。

皆さん強制連行を行なったという証拠を持って無い。
ならば、慰安婦の強制連行が一番の焦点とされている河野会談にの見直ししても別に問題はないでしょうに。

投稿: 久々 | 2007年3月16日 (金) 23時23分

この問題は、当時、国際法に照し合わせて違法な行為があったかどうかの是非でありますので、是非とも裁判所で争うべきです。
だって、安倍は「議会決議には」従わないなんてナメた事言ってますけど、裁判所の命令は絶対です。裁判所で「安倍被告に罰金200万とする」となり、控訴棄却で刑が確定したら、絶対従わなければなりません。
「裁判所の決定には従わない」なんて言ってられないのですわ。

慰安婦の方も、自分がされたのが暴力行為だったり、お金を貰えないという詐欺だったり「犯罪」だったのでしょう。だったら日本の首相に「従わない」はんて情けない事言われる議会の決議より、自分が正しいのなら確実に謝罪と賠償を手にできる裁判にするべきですよ。

慰安婦を支持する人々は日本軍の慰安婦に対する行為は犯罪だったんでしょう? だから問題にしてるのでしょう?
だったら裁判所に訴えましょう!

今日!今直ぐ!裁判所に訴えるのです!

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月16日 (金) 16時55分

>>私自身性風俗産業を利用したことはありますから偉そうなことは ・・・以下略

前言を訂正します。日本人が皆、ハンサムでモテモテであるわけではないので、風俗が無いとそれらの男性が性犯罪に走る原因となります。故に風俗は必要です。

ってなわけで戦争の時でも風俗は必要であります。
現地で売春婦が居たらそれでオッケーなわけでありますけど、戦場は南国の未開の地、どんな病気があるかわかりません。それに日本兵全てがナイスガイで女性が寄って来るなわけでありません。
ですから、病気が蔓延しないようにするため、また、性犯罪が発生するのを防ぐため、軍が日本の売春業者に依頼して、日本の国内と同じ様な売春宿を設置させたのは当然であります。
で、軍がその店の衛生面や所属する売春婦の健康に口出しした事は、客なんだから注文つけるのは当り前です。

朝鮮の女性が慰安婦として連れて来られた事については、当時、朝鮮は日本の「国内」であり、また当時は売春は合法的な仕事で有ったので、当時の軍または政府を責める事はできません。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月15日 (木) 23時28分

私は確かに慰安婦問題については否定的でありますが、自らの経験や思想に基づくとの矜持があります。この問題についてアメリカで活発に活動しているマイク·ホンダ氏は中国系反日団体から金を貰ってますので。彼の言う通りの事をいうのは金の為にやってるみたいで物凄く抵抗があります。金の力で女にいう事をきかせるのと同様に彼には「恥」という気持ちが大きいです。

私らの時代はちょうど60年安保の年代なのですが、戦後すぐの機械技術の時代と、近年の情報技術の時代のあいだの丁度空白の世代、戦後一番勉強しない「恥」の世代です。バブル崩壊の時は丁度私たちの年代が一番中心でした。論理的思考を忘れ短絡的な思想と享楽に溺れた世代です。今の若い人々には是非とも科学技術を学んで勉強して論理的思考を身に着けて欲しいですね。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月15日 (木) 14時09分

とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著「戦争論2」の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で一番良い。
この問題の全容も把握できる。

投稿: a | 2007年3月15日 (木) 10時01分

Kさんが主張している慰安婦の募集広告、悪徳業者を取り締まる通知、その他、軍に有利な証拠が有るにかかわらず、なぜ「性奴隷にされた」と訴える人が出るかというのは、その通達が無視されていた。つまりは全て完璧に履行されたわけでなく、違反され、放置された分が有るという事です。20万人全てが家立つ程の金貰えたわけでは無いって事で、不細工で人気が無くてお金が貰えなかったり、酷い扱いをされた人々が居るって事ですよ。
例えば、内地に近い平和な土地では慰安婦の数も多く、扱いも良かったでしょうが、危険な前線で、荒っぽい部隊で、慰安婦の数が少ないと、どうしても慰安婦の扱いが酷くなり、また、そんな危険な前線や、荒っぽく人気の無い朝鮮人部隊が相手では慰安婦も募集しても集まらないため、業者は女性を騙して連れて来る事になります。そして、その被害に遭ったのが朝鮮から連れて来られた女性達なのです。
これは明らかに違反ですが厳しく取り締まると慰安婦が集まらないですし、慰安婦が居ないと部隊は言う事を聞きません。そのために、軍はそんな実状を知ってて放置してきたのでしょう。ですから、これは軍の責任です。
安倍は、そんな実状は判りません。ですから、「証拠が無い」なんて言えるわけです。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月14日 (水) 17時45分

>>アッテンボローさん

あのさぁ、

>>はっきりと結論から言ってしまおう。差別者が糾弾闘争の過程において自殺に至ることがあったとしても、それは自業自得である。全ては最初に差別発言・差別行為を行った当該の自己責任である。

とか他にも「だれだれを処刑して欲しい」、「焼き討ちされても仕方ないと今でも思っています」とか言っているんだ。それ相応のこと言われてもしょうがないだろ。言った分は返ってくんだぜ。

罵倒とか言っているが、アッテンボローさんが書いたことをそのまま書いているにすぎない。親父さんが日雇いから金むしる人だったとかさ、奥さんが家事下手でゴミ屋敷状態とかさ、俺が調べたわけではない。あと事実を普通に指摘しているだけだ。

労働条件とか云々言う前にさ、あんたが病気で休んでいるうちに起きている同僚労働者のしわ寄せのこと考えたことあるかい?労働運動語る前に同僚へ迷惑かけることをやめるために、きちんと健康取り戻すことが必要だろ。そういうのを冷静に指摘しているだけだ。

俺も労組のパートタイマーで労組再生とかやっているが健康で精神的にタフじゃないとできんのだ。鬱病持ちにはできん。それくらい凄い課題が山積しているんだよ。
残念ながらアッテンボローさんじゃあ、再起不能の鬱病になるか、現実逃避に思想に逃げるかになるよ。必ず。
活動家というのはアマチュアだとわかったからね。役に立たない人材だ。

ただね、うつ病になる気はわかるんだよアッテンボローさん。あんな大量で膨大でどうしょうもない課題を20年以上放置しつづけたんだ、あまりの情けなさに心の風邪にかかってしまうのはわかる。己の無能さを責めたくもなるだろう。そこは理解しているんだぜ。

投稿: K | 2007年3月14日 (水) 01時28分

 皆さん返事が遅くなり大変失礼しました。
 先ず、なのなの勢力さん。仰るとおり「戦時性奴隷(従軍慰安婦)」と表記する方がよいでしょうね。
 wamg★ezwebさん、お手数掛けました。ご紹介の記事読みました。私自身性風俗産業を利用したことはありますから偉そうなことは言えませんが、暴力・脅迫をもってで女性を陵辱するのは人間として恥ずべき事ですね。動物は基本的に強姦などしませんからね。
 セクトNo7さんの安倍政権の対応については両方とも正しいのではないでしょうか。安部というのはボンボン育ちの世間知らずですからまともな政治判断が出来ない。尚かつ拉致問題が解決しなければ、自分は強硬路線で点数を稼げると思っているのではないでしょうか。「脅威」が「存在」する方がそれを利用して侵略戦争に踏み切ることが出来ますからね。米帝によるアフガン侵略・イラク侵略など良い例ではないでしょうか。ヤクザの言いがかりも顔負けですね。
 aaaさん、色々ご紹介どうも有り難うございます。色々あってまだ目を通せていませんが、近日中に読ませて貰います。
 ナルトさん、ご挨拶どうも有り難うございます。さて後日記事にする予定なのですが、日本における冤罪の多発は自白偏重及び目撃証言偏重による物です。その日本において加害者である元皇軍兵士が実際にレイプなどを行ったと証言しているのに、被害者である「性奴隷(従軍慰安婦)」の証言がありながら一切取り調べをしないというのはダブルスタンダードですね問題は政府及びその腰巾着であるネット右翼などにあります。
 おやおや、Kさん、今まで散々郵政職場の現実に対して非難罵倒を浴びせてきた人の言葉とはとても思えませんね。私は部落差別については自分が直接見聞きしたことを例に出して貴方の意見に対して反論してきました。そして郵政の現状は労基法を始めとする労働法制を守り守らせる闘いとしてあったこと、Kさんの職場が違法状態だらけであることを指摘したに過ぎません。「天に唾する」とは貴方のことです。
  憂楽嘲(ごまめの翁) さん、新しい記事拝見しました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
 wamg★ezwebさん、本当に普段少数意見を踏みにじってきた連中のあわてふためきようは滑稽ですね。でも基本的に安部などの体質は簡単には変わらないでしょうね。
 ナルトさんは先日のトラックバックで初めてお越しでしたよね。今までのコメント欄での対話を是非ご覧下さい。少なくとも私は連合労働運動を批判する立場から労働運動を、日本共産党スターリン主義を批判する立場から革命運動をしてきました。その上で連合の労働貴族・ダラ官や反革命日共スターリン主義に対する素朴な怒りに対しても耳を傾ける努力をしてきたことが分かっていただけると思います。
 ニケさん、多分私の記憶でも初めましてだと思います。記事に賛同していただきまして本当にありがとうございます。皇軍の性犯罪は今日も続く性犯罪とつながっているとのご指摘、全くその通りだと思います。特にアジア諸国で生活手段を日本が奪っておいてジャバゆきさんになった女性たちの問題を考えると今こそ「戦時性奴隷(従軍慰安婦)」問題を真剣に考える必要があると思います。こちらこそ今後ともどうぞ宜しく御願いします。
 下等遊民さん、美しくない過去を見つめてこそ美しい未来を築けると思います。これからもどうぞ宜しく御願いします。
 まつきさん、問題の本質である官吏売春を見つめなければならないとのご指摘、本当にありがとうございます。以降の論議が脱線しにくくなると思います。
 久々さん、日本国内においては朝鮮などの植民地や中国などの征服地のような真似をしてはいけないとの通達がでています。その点あとの方でGOさんが指摘してくださったり別の記事でwamg★ezwebさんが書いて下さっているように女衒は本人が自発的に売春をするようにし向けましたが、「戦時性奴隷(従軍慰安婦)」に関してはそれすらなされませんでした。人間の記憶が案外確かでないことは本当のことです。これも後の方で指摘されていますね。ですが本質を誤っていない限り、それは受け入れるべきだと思います。
 GOさんの書かれている立場を私は全面的に支持します。
 tatu99さん、貴方の後でwamg*ezwebさんが指摘していますが河野談話では「強制性」については触れていません。強制連行があったのは男性の労働力を日本の内地に持ってくる場合に行われたことです。両者を混同して問題の本質をはぐらかすのは止めてください。
 tatu99さん、天木さんは確かに元外務省官僚ですが、辞職に追いやられた後で色々悩まれて過去を悔いておられます。その上で反戦平和を訴える人間に慣れたことを良かったことだと書いておられます。その辺ご覧になっていますか?
 更に朝日の従軍記者の問題を言っておられますが、それこそ入り浸っていたという証拠はあるのですか? 貴方の論旨は今ひとつハッキリせずいい加減だと思います。
 くまさんご教示どうも有り難うございます。事実をもって「戦時性奴隷(従軍慰安婦)」を否定しようとする歴史修整主義に対する批判になりますね。勉強させていただきます。
 GOさん、仰るとおりですね。  

投稿: アッテンボロー | 2007年3月14日 (水) 00時51分

くまさんのおっしゃるとおりです。
で、久々さん
>(朝鮮半島での)強制連行の証拠があるのでしょうか?
ハイ、今とのところありません。しかし下手に議論につきあうと歴史修正主義者のレトリックにはまってしまうところでした。従軍慰安婦問題は「強制連行」の問題ではなく、くまさんのご指摘どおり、あくまでも「軍による性奴隷」制度を作り、そしてその対象を主に植民地や占領地の女性から求めたことが問題なのです。なお、「副官通達」から読み取るのは、あくまでも「日本内地では無茶をやってはいけない。」ということですから、日本内地・外地を問わず、無茶な募集があったにもかかわらず、内地でのみ問題視され、外地では問題にされないという「差別性」も大きな問題ですね。
>当時の日本の不況はかなり酷かったらしいですからねぇ。
29年恐慌から、日本は「満州事変」その他経済政策で一次立ち直っています。あと、1931年や34年の東北大飢饉をイメージされているようですが、同じころ毎年朝鮮で作られる米の45%もが日本に送られており、朝鮮では春窮農民が多数発生していました。(飢饉―飢えと食の日本史、菊池勇夫集英社新書より)本国が不況の時、植民地はもっと不況になり、人々が苦しむのですよ。(なお、東北大飢饉等で生活に困った農民達が、当時の満州国に「入植」(という名の、中国人の土地とりあげ)に行きます。帝国主義と闘わないで「屈服」してしまった日本人が侵略を担ってしまうという、繰り返してはならない事例です。)
>軍は直接的な関与をしてませんからー
軍が慰安所をつくらなければ、そもそもこんな問題は起きないのです。それに、>・衛生管理、治安維持…をやらないと、日本軍も困るわけです。さらに
>当然軍だって軍事行動と共にするわけだから、100%犯罪を防げるわけじゃないから、確かに酷い目にあった人々もいたでしょう。でもそれは「犯罪が起ったのは取り締まれなかった警察の責任」とか言ってるのとほぼ同じ。
軍の監督責任は十分問えると思います。
>証言なんて嘘言い放題ですからねぇ。
aaa氏の掲示板「阿修羅」からのコピペ>被害者証言の検証 http://asyura2.com/07/asia7/msg/309.htmlにもありますが、「被害者の証言が大きく食い違っている」ことを理由に「慰安婦」にされた方を誹謗・抽象し、あげく事実はなかったことにする「手口」について批判しておきます。まず人間の記憶というものは、案外いい加減で、きちんと日記でもつけていない限り、何年何月に何が起こったか、きちんと証言できる人は少ないでしょう。勘違いや、ひょっとしたら「隠したい」こともある。だが、繰り返される証言の全てがウソとも捏造とも言えない。その中から本質をつかみとることが大切です。同じ人が繰り返す「証言」の中から、本質をつかみ取ることですね。
「慰安婦」とされた方は、心に大きな傷を持ってずっと暮らしてきました。苦しみ、悲しみ、あるいはその中でのちょっとした楽しかったことを誇張することがあるかもしれません。また、「慰安婦」とされた方からの「聞き取り調査」も実は大変なことなのだそうです。いろいろなトラウマとかが、証言をさえぎってしまうのですね。まともな研究者や支援者であれば、そこのところも考え事実の究明に当たります。
 ちなみにaaa氏の掲示板阿修羅からのコピペでは「日本軍の慰安所政策について【永井 和】・・警察もびっくり! 「軍部ノ方針トシテハ俄ニ信ジ難キ」が見事にスルーされてますね。とりあえず、コピペhttp://www.asyura2.com/07/asia7/msg/327.htmlしときます。 これは「強制連行」の存在論考ではありませんが、慰安所は軍が作ったものとして論証されています。(なお、私は以前「阿修羅」に1度だけ投稿したことがあるのだが、投稿のためのIDを失念してしまったため、投稿ができない。)
 あと、>http://www.asyura2.com/07/asia7/msg/314.htmlインドネシアの場合-実は、悪質な仕掛けがあった中京テレビ製作のドキュメンタリー番組 もタネを明かせば、取材班はちゃんと慰安婦とされた女性の言ったことは事実であると確認しています。が、TVでテロップを入れる時に、肝心のことを言った場面ではTVの絵にならない、TVの絵になる場面では、肝心なことを述べていない…ので、実際に画面でしゃべったことではない訳をテロップで流さざるを得ない…そうしないと伝えなければならないものが伝わらなかったからです。編集権の範囲ですね。

>集団自決にも色々なものが絡み合ってるんですね。
 渡嘉敷村での「集団自決」に赤松隊長の命令はなかっただろうという話ですね。命令の有無そのものは疑問視されていたのですが、命令よりもなぜ「集団自決」しなければいけなかったのかということです。皇民化教育・「死して虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓・そして管理人さんの指摘するような事項が主たる原因でしょう。軍命令の有無から、日本軍の残虐性・自国民も守れない非道性を否定することは許されません。
 「つくる会」藤岡達は、従軍慰安婦の次は、沖縄戦だ!とばかり、この「軍命令の有無」に住民の「集団自決」を矮小化させ、沖縄戦で犠牲になった住民を「英霊視」し、「美化」しようとしています。こんな「歴史修正主義者」の意図は、日本を再び戦争ができる国にするための思想攻撃です。
 ちなみに沖縄にも陣地構築のため朝鮮人が連行され、また「慰安婦」がだまされてつれてこられました。なんで日本の戦争のために、自分の意思に反して「強制連行」され、そこで戦争で死ななければならないのでしょうか?沖縄戦で、朝鮮の人も犠牲になったことを忘れてはなりません。

投稿: GO | 2007年3月13日 (火) 20時40分

久々さん、アッテンボローさん

南京戦史資料集をご存知でしょうか。
保守系の出版社が出した資料集ですが、その中では日本政府が積極的に慰安所の設立に関与した資料が記されています。
また、同資料集によれば、慰安所を作るか否かを決めるのは業者ではなく、日本政府が決め(公共事業と同じです)ていたと記されています。

再引用になりますが、以下のブログの記事をご参照ください。
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20070304/p1


狭義の連行があろうが、なかろうが、あまり日本政府が責任がないという立論は困難なのではないでしょうか。使用者責任が問われる場合と同様に、この場合業者に責任があり、日本政府がきちんと管理責任を果たしたのだという主張をしない限り、日本政府は法的責任を追及されても文句は言えないでしょう。

従軍慰安婦問題の核心は、少なくとも強制の有無ではなく、政府が自らの手でどうどうと売春宿の経営に乗り出したこと。その際、世間の手前、業者を媒介にさせて、自らの手を汚さないという体裁を整えたことでしょう。

業者を介在させたからかまわないのだという主張は、暴力団の組長が子分を使い、人を殺されても、組長に責任がないという理屈と同じだと思いますが。

私は強制連行に関しては、政府による強制はなかった(あったとしても少数だったと思っています)。従軍慰安婦の問題は、強制連行の有無などという問題ではなく、政府が慰安所を設置することの問題と、そこでの強制の有無に絞られるだろうと思います。

投稿: くま | 2007年3月13日 (火) 17時22分

>天木直人さんが「慰安婦問題を騒ぎ立てても日本は勝利しない」と喝破されれている様に。
天木直人氏が今では政府、外務省と対立しているとしても外務省の本質である相手の言うがままに国益捨てても省益優先の姿勢を体現してきた人物です。

>皇軍が強姦強盗殺人犯の集団
とまで云われては日本人日本軍は文化的レベルでなく人類学的レベルで犯罪者だから殲滅すべしの主張でしょうか?拡大解釈するとたとえ朝日の従軍記者でも兵士をさておいて慰安所に入り浸りのみならず強姦していたと解釈できます?朝日に従軍記者がいたら捏造せずとも真実の記録があるはずですが何もないようです。
兵士の中には慰安所より上官との男色行為趣味者はいなかったのでしょうか? 男色者集団は強姦集団にならない、あくまで想像です。

投稿: tatu99 | 2007年3月13日 (火) 17時20分

自国の女性が他国のそれも憎い日本の性奴隷になったとなれば誇り高い韓国の男性はどう思うでしょうか?

日本の女性がWW2の後、アメリカ兵のぶら下がりになったのとは訳が違います。あなたの愛する妹や姉妹、娘がくっさいチンピラの慰み者になってたとしたら平気でいられるでしょうか?

それを認識すべき。

投稿: wamg*ezweb | 2007年3月13日 (火) 11時44分

韓国を儒教の国だなんて思うのは今の韓国をあまり知らないのではないかと思います。
儒教が浸透しているのは昔のお金持ち階級で、今の労働者階級はキリスト教の人が多いです。以前、韓国の映画が日本に公開され、私はそのときに韓国の人に聞いたらそうでした。儒教の堅苦しさは今の若い人の反発を大いに買っています。

指摘が有るように韓国では売春は近年まで結構大っぴらな職業でしたが、近年禁止されました。これは、ピューリタリズムの影響が大きいと思います。昔は、旦那が死ぬと妻も殉死を強要され、それが嫌で日本に逃げていた女性が多かったそうですが、儒教の男尊女卑の傾向もキリスト教の敷衍と共に解消され、女性蔑視の傾向も改善されてきてます。強姦の発生率も少なくなり、今では日本の20倍程度だそうです。

投稿: wang*ezweb | 2007年3月13日 (火) 11時39分

かつて日本軍が朝鮮半島で強制連行したと盛り上がっていますが、これは韓国人を侮辱しています、朝鮮半島出身の優秀な軍人も数多いのです。秀才であり優秀な軍人であった朴正煕氏は後の大統領ですが、たかが慰安婦集めに誇り高き軍人が日本から時間を掛けてわざわざ赴くものでしょうか。
日本=悪 の図式からしか生まれない発想です。
>シムクガマでは、帰国者たちが米軍はそんなことはしないからと投降を勧めた。
これについては指摘のとおりと思います、今も続く沖縄米軍にレイプされたと騒ぐ報道は女が誘ったにもかかわらず左翼基地反対団体からそそのかれて事件化しているのです。

投稿: tatu99 | 2007年3月13日 (火) 10時33分

フロ入っている時に思い出したので、書く
96年ごろ、すなわち「新しい教科書をつくる会」なんかが発足し、雑誌SAPIOで小林よしのりが「従軍慰安婦」なかった漫画を書いていたころ、職場の大先輩とこの問題で討論となった。(先輩のソースは上記雑誌)その先輩からは仕事のことをいろいろ教わったのであるが、この問題は譲れなかった。
 しかし、当時は私も知識が無かったので議論には「負けた」かっこうになっている。
 ただ、言いたくて言えなかった(言いそびれた)ことがある。「慰安婦が声を上げたのは、朝鮮侵略戦争計画(当時作成されたアメリカの作戦5027のこと)があるからだ!と…
 今日は朝早かったので、眠い、その「大先輩」や久々さんのような「歴史修正主義者」への闘いは、明日以降展開する。

投稿: GO | 2007年3月13日 (火) 00時26分

「イスクラ」ブログにてきつい批判を受けてまいりました。久々さんの疑問に答えないで、私の基本的な立場を明らかにしたい。
 「従軍慰安婦問題」とは帝国主義戦争の問題であり、また、日本が朝鮮を侵略し、占領下におき、民族を抑圧した結果起こったできごとである。そこで苦しめられた人々の声を無視するばかりでなく、「あれは合法だった」とか「お金目当てである」などと嘲笑することは、絶対に許されないし、現在も慰安婦とされた女性たちへの差別・抑圧を続けることになる。なぜ、彼女たちが、特に朝鮮半島において儒教的な女性への束縛意識が強い中、あえて「慰安婦であったこと」を証言したのか。
 アジア太平洋戦争がなかったら、植民地支配がなかったら、彼女たちは「慰安婦」にならずにすんだのです。日本兵に辱めをうけながら暮らすことも、それをひたすら耐えて暮らすこともなかったのだ。
 朝鮮半島においては、日本の軍事上の都合で南北に分断され(36度線で関東軍と第二総軍の管轄がわかれていたらしい。また、降伏の遅れがソ連参戦…南北分断を招いたことも否めない)それのみか日本政府は65年に韓国とのみ条約を結び、また南北分断を固定化した上でろくな補償も行わないまま韓国の軍事独裁政権を支持・支援し、自らの体制維持を図ってきた。
 また、90年代以降、日本の資本主義は積極的にアジア市場に進出し、生き残りを図ってきました。日本→韓国への抑圧→被抑圧の構造は基本的に変わっていない。のみならず、海外に自衛隊が派兵されはじめ、また朝鮮半島で戦争への動きが加速した。いまや憲法を改正してアメリカと一緒に朝鮮半島や中国への侵略戦争を行おうとしている。
 そういった文脈の中で「慰安婦」とされた人たちは声を上げたのだ。
 

投稿: GO | 2007年3月12日 (月) 23時27分

GO氏
>「副官通達」は日本国内で出されたもので、朝鮮半島その他植民地でだされたものではありません。従って朝鮮半島での「強制連行」を否定するものではありません。
内地ではこうだったけれど、半島では手のひらを返したように軍が強制連行したって証拠を見せてほしいのですが。
この副官通達を発見し、朝日新聞に投稿で、この資料のソース元の「従軍慰安婦資料集」を書いた吉見教授自身ですら、
「植民地での奴隷狩り的強制連行は確認されていない」
「挺身隊が慰安婦にさせられた例も確認されていない」
と言っておりますし、
河野会談の張本人河野洋平も「調べられる所調べたけれど、強制的に集めたという資料は一切なかった」
と発言してます。
で、強制連行の証拠があるのでしょうか?
そもそも悪魔の証明よろしく、「無かったこと」なんて証明することなんてできないんですから、そちらから証拠をお願いします。

>「戦地」でなければ、別の方法で借金返済もできるでしょう。
(娼妓をとりまく環境その他で普通の就業で借金返済できたかどうかは別問題)
当時の日本の不況はかなり酷かったらしいですからねぇ。
>(あと、日本国内でも廊主が前借金を理由に「廃業の自由」を妨害していたことは、それはそれで国内法違反ですね)
>故郷をウンと離れた戦地で、実質日本軍が管理している中で、名目上でも「廃業の自由」はあり得たでしょうか?
軍は直接的な関与をしてませんからー
・所開設の依頼
・衛生管理、治安維持
・待遇面に関する通達
・慰安所での不埒な行為の禁止
・悪徳業者の取り締まり
これらを業者にすること。
当然軍だって軍事行動と共にするわけだから、100%犯罪を防げるわけじゃないから、確かに酷い目にあった人々もいたでしょう。
でもそれは「犯罪が起ったのは取り締まれなかった警察の責任」とか言ってるのとほぼ同じ。
無論、慰安婦になって酷い目にあった人々がいるのは事実だし、同情もする。
けど、それは業者の責任であって日本軍の責任じゃないでしょう。

>なぜ、同じ尋問報告書でこのような違いが出たのか?
証言なんて嘘言い放題ですからねぇ。
その他日本軍、連合軍、慰安婦自身の思惑が色々絡み合っちゃいますし。
俺の出した資料もあくまで参考です。
>軍人がピクニックって一体・・・?そりゃ負けるって
個人が日記を書いてOKだったり、将校の食事はフルコースだったり、
航空機搭乗員を選ぶのに骨相学の大家に占ってもらったり(海軍)血液型でわけたり(陸軍)してましたからねぇw
ちなみに日米開戦前に陰陽師に機運を占ってもらったら、結果は「絶対負けるからやめとけ」だったそうですw

千葉428氏
アッテンボロー氏
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/777940.html
参考までに。
集団自決にも色々なものが絡み合ってるんですね。

アッテンボロー氏
>被害者である女性たちと加害者である元日本軍兵士たちの証言に虚心坦懐に向き合うべきである。
黄錦周て人知ってる?w
他にも文玉珠さんとか、李容珠とか、チョ・ン・ソウンとかw
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/298cee6e4d745a8e1c8fc0bdb2c25229
他にもこんなのとかもあるし。

投稿: 久々 | 2007年3月12日 (月) 22時39分

この件に関しては、「管理売春」一般の問題をきちんと踏まえて論じないと足をすくわれてしまうと思います。

投稿: まつき | 2007年3月12日 (月) 21時09分

はじめまして。TBありがとうございます。
こちらからもTBさせて頂きました。
「従軍慰安婦」問題に関して、安倍は最近「広義での強制はあったが、狭義での強制はなかった」などと奇弁にもなっていないような意味不明の屁理屈を持ち出して、日本国家の「美しくない」過去を否定するのに躍起になっていますが、「美しくない」過去を否定しさえすれば「美しい」国が出来上がるなんてのはとんでもない妄想であり、こんな妄想は完膚なきまでに粉砕しなくてはならないと思います。

投稿: 下等遊民 | 2007年3月12日 (月) 20時24分

アッテンボローさん、初めまして、でしたっけ?
ボケ爺なので物忘れが多くてすみません^^
TBいただきありがとうございます。

従軍慰安婦(性奴隷)問題は、過去の日本軍の当然非難されるべき犯罪行為であるとの立場ですが、過去のことばかりでなく、今の日本の性犯罪に甘い大人社会に怒りを感じています。そういう観点からもこの問題を取り上げざるを得ません。
右翼などと言い合っている暇など無いのですが彼らが持っている「美しい国」への郷愁と幻想を全部否定してやるのは可哀相かな?とも思っています(笑)でも、仕方ないのですよね^^
あまりにも戦争というものを知らなさ過ぎる。あまりにも軍隊を知らなさ過ぎる。兵士たちが実弾の飛び交うところでどれだけ平静さを失い狂気に走るかを知らないのだと思います。あるいは知っていて隠そうとしているのか?それならなお悪い。
そのように凶暴になってしまった兵たちを懐柔するために「慰安所?」などという非人道的なところを設置したものだと思っています。しかし、これが許されるものではないのであって、この責任は当時の軍と政府が負わなくてはいけない。
今の政府が日本人の過去を引き継いでいる限り謝罪と賠償は当然のことだと考えています。

アッテンボローさんの記事には全面的に賛同いたします。
これからもよろしくお願いいたします。では~~~^^

投稿: ニケ | 2007年3月12日 (月) 18時09分

アッテンボローさん、こんにちは。

>当事者であるはずの俺の言ったことが意に合わないとことごとく否定する。

「意に合わないと」という部分、「自分が傷つきそうになったら」とも読めるし、「真実の自分と向き合いそうになったら」とも、私には読めます。

彼らからアッテンボロー提督に投げかけられた言葉は、すべて彼ら自身の「無意識の慟哭」ですよ。

彼らが向き合いたくないために蓋をした「己の真実の心」が無意識層から彼らの意識層に働きかけて、「他人(=アッテンボロー提督)を中傷する」という形式を取っているにすぎないのです。

思考や論理性が途中でストップするのもそのためです。

彼らは、目の前の”白い”ダンゴが自分を傷つけそうだったら”黄色”いダンゴに見える・・・いや「見たい」のですよ。それを黄色いダンゴに「見える」と錯覚しているところを改善し、まずは「自分が黄色を”見たい”だけなのだ」と自覚するところから、貴殿のおっしゃる虚心坦懐な目の萌芽が始まるのだと思います。

そうですか、いろいろ攻撃されましたか・・・。内省の心は大切とはいうものの、「奴隷」「サンプル」などの言葉は剣呑ですね。でも、貴殿が気にされることは、実はない。貴殿への攻撃は表向きで、本当は彼らが彼ら自身に向けた呪いの言葉なんですから。

哀れむべきは、むしろそうした言葉を他人に投げかけなくてはならないほど、自分の真実の心を無意識層の底に閉じ込めてしまった彼らなのです。

いずれ彼らが自分と真摯に向き合い、他人に対して剣呑な表現で中傷することがなくなることを祈りましょう。

投稿: ナルト | 2007年3月12日 (月) 17時08分

アメリカ下院での日本の軍性奴隷に対する謝罪決議案で賛成が圧倒的多数になってますね。普段、数の多数を以て民主主義であるとし、少数意見を圧殺してきた人の慌てふためく様は極めて滑稽です。
議論とはお互いの意見を聞いてそれにより自分の意見を向上させる事ですが「まず結論ありき」で自分と異なる意見には侮辱と発言封殺をしているのを見ると滑稽ですね。そんな人間こそ「思考停止」して居る訳で、自分に耳優しい意見だとすぐに「その通りですねぇ」と飛び付く様は見ていて全く滑稽です。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月12日 (月) 16時51分

 コメントは意見しました。

 昨晩続きを書きましたが、貴兄が思っておられることも書いて細くしています。

 問題は、下積み生活経験していない政治家やキャリアが問題なのです。

 私の現役時代の仲間が医療機関にたいして給料未払いの訴訟をおこしましたが、日本は権力社会が日本を腐敗させていると老いの頑固さがそうさせているのかもわかりません。
 何かあったら色々教えて下さい。

投稿: 憂楽嘲(ごまめの翁) | 2007年3月12日 (月) 12時59分

>>ナルトさん

>>ここにコメントを残しているほとんどの人々は、もっと虚心坦懐に事実関係を見つめるべきです。

残念ながらここの人たちのほとんどがそうではないのだ。

このブログを見ている人間ならわかると思うが、俺は元被差別民だ。
そのことでこのブログで散々やりあった経緯があるのだが、当事者であるはずの俺の言ったことが意に合わないとことごとく否定する。

最終的には「恵まれたお前は少数派だから、もっと現状(どんな現状だ!)考えて反省しろ」「奴隷根性」「面白いサンプル」のようなことを言われる始末だ。

このブログを見る以上一般人の虚心坦懐とは全く別物だと感がえるべき。
こんなこと書くとまた下種だとか、サンプル扱いされるのだろうがな。

投稿: K | 2007年3月12日 (月) 12時37分

アッテンボローさん、TBありがとうございました。
「被害者である女性たちと加害者である元日本軍兵士たちの証言に虚心坦懐に向き合うべきである。」その通りですね。
虚心坦懐、偏見を捨て、論理的に彼らの証言を見ていった結果、日本政府・軍による強制連行による性奴隷化がなかったことが事実です。
それがあたかもあったかのように言う人々は、途中で考えること、論理的に考えることをやめています。
証拠がないから証言を・・・という人々は、その証言が時系列的整合性を欠いていたり、後にウソであったと本人が証言したことなどは最早耳に入らないのでしょうか。
今日、「やしきたかじんのそこまで言って委員会」に田島陽子が出演しておりましたが、彼女は「マイク・ホンダ」を知りませんでした。驚きました。
ちなみに、米国下院の小委員会に証言者として出席したオランダ人女性(豪州在住)を慰安婦にした軍関係者は、処刑・処罰されております。非常に例外的なケースだったこの事件は普通に犯罪として関係者が処分されており、他の慰安婦たちは朝鮮女衒にだまされたり、親に売られたりした不幸な女性たちです。
だからといって、それを「軍や政府が強制連行して性奴隷にした」と表現するのを、普通は事実誤認とか、意図的であれば印象操作、捏造といいます。
ここにコメントを残しているほとんどの人々は、もっと虚心坦懐に事実関係を見つめるべきです。

投稿: ナルト | 2007年3月12日 (月) 00時51分

アジア板での関連投稿-従軍慰安婦の真相<検証編>従軍慰安婦問題・年表
http://www.asyura2.com/07/cult4/msg/190.html
投稿者 謝寅 日時 2007 年 3 月 04 日 21:52:10: Bat5keDwZxjsQ

(回答先: 人身売買大国・韓国 投稿者 謝寅 日時 2007 年 3 月 04 日 21:42:41)


従軍慰安婦の真相<検証編>従軍慰安婦問題・年表http://asyura2.com/07/asia7/msg/306.html

告発書の検証
http://asyura2.com/07/asia7/msg/307.html

被害者証言の検証
http://asyura2.com/07/asia7/msg/309.html

米軍公文書での慰安婦UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION APO689
http://asyura2.com/07/asia7/msg/310.html

日本の公文章から見る、軍の関与-軍慰安所従業婦等募集に関する件
http://asyura2.com/07/asia7/msg/311.html

日本の公文章から見る、軍の関与-当時の慰安婦募集広告
http://asyura2.com/07/asia7/msg/312.html

当時を知る人々の証言-許文龍(シー・ウンロン)、 小野田寛郎
http://asyura2.com/07/asia7/msg/313.html

インドネシアの場合-実は、悪質な仕掛けがあった中京テレビ製作のドキュメンタリー番組
http://asyura2.com/07/asia7/msg/314.html

投稿: aaa | 2007年3月12日 (月) 00時39分

追記

私は金正日も馬鹿息子も顔を見るのも嫌悪する。
ただし、金正日を指導者として仰がねば成らない民衆があり、彼らが自由に指導者を選ぶことができない現実もある。
この場合は他者の立場を尊重しなければならないだろな。

「友人は選べるけれど隣人は選べない」とは、誰の言葉だったか忘れたけれど、脅威をがなり立てるだけではなんも解決せんでしょうね。

投稿: セクトNo7 | 2007年3月11日 (日) 23時58分

少し論点をずらして

今、北朝鮮と拉致問題で協議に入っているとき、右派としでも、日本国首相の立場としても中国と韓国を味方につけることが大事なはず。その時期にあえて「従軍慰安婦問題」に言及することは、国家戦略上としては非常にマイナスであろう。しかるに、アベはあえてこの時期を選んで発言している。

理由は2つしか考えられない。
一つはアベが評判どおりのエスカレーター総理=馬鹿の場合。でも、そこまで状況音痴とも思えないし、周りがそれに輪をかけたかけた大馬鹿者というのも考えられない。
もう一つはアベが拉致問題を彼岸の問題として「解決しない意志」を持った場合だ。拉致問題がいつまでも続くことは日本での右派的根拠(民族的排外主義)になるだろう。
まあ、それ以外に考えられないわな。あまりにも戦略も戦術も無い無策ぶりだもん。

それにしてもベトナムで交渉するにしても、総連の会館への課税問題とか脱税事件摘発をとかやっておいて「さあ話しあおう」ってのは、どう考えても無理があろうってもんだろうな。つらをひっぱたがれながら、真面目に話し合う気にはなれないだろうな。
交渉ってのは相手があるもんだし、交渉するのは問題があるから。手を振り上げるのは誰でもできるけれど、いつか下ろすタイミングを失った時は間抜そのもんだろうな。

投稿: セクトNo7 | 2007年3月11日 (日) 23時47分

すみません、入力ミスしたみたいです。たぶんこれで大丈夫です。
「性奴隷」ま、強姦してるんだからその通りでしょうね。

Abe: No new apology for war brothels - CNN.com
http://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/03/04/japan.sexslaves.ap/

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月11日 (日) 18時47分

アドレスの欄に入れておきました。どうぞ。


まぁ私としては、「愛情ではなく、暴力で女性とセックスしようなんて男又は民族は殺せ」と考えています。まあ、実際やってしまったら人類おわってしまうかも知れませんが。それでも強姦が多い民族トップ3は消してもいいでしょうね。

現在は暴力ではなく知力と愛が支配する世界です。そんな世界に悪魔より劣る強姦魔は地球から消えても惜しい事は有りませんでしょう。減る分、無駄に酸素が減らなくて助かるくらいです。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月11日 (日) 18時35分

思うのですが、「従軍慰安婦」と言う言葉は、自らの犯罪性を薄める表現です。これからは、海外で使われる言葉の直訳「性奴隷(従軍慰安婦)」がいいのではないかと思います。まじで!

投稿: なのなの勢力 | 2007年3月11日 (日) 18時32分

 wamg★ezwebさん、売春について確かに世界最古の職業だと言われる事はありますが、従軍慰安婦(性奴隷)の場合意に反して強制されているわけですから人道上許せない行為ですね。
 処でリンクのURLですが、どうやら途中でキレてしまったらしく飛べませんでした。お手数ですがもう一度貼っていただけると助かります。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月11日 (日) 18時10分

よく、「売春は史上最古の職業だから慰安婦はビジネス」なんていう悪魔がいますが「それがどうした」ですね。悪魔の日本軍相手に慰安婦の方々は妊娠や性病など大変だったでしょうね。

実際、ベトナムでは韓国兵により強姦され妊娠出産した20万人もの子供が大きな社会問題になってます。実際、売春婦で長生きした人は全くいません。それ程ハードな仕事です。

CNNでは、先日から日本の慰安婦問題についてアンケートがされてます。下記ホームページからアンケートに飛べます
http://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/03/04/japan.sexslaves.ap/

今、否定的な意見が8割を占めています。
このアドレスを広めて、日本政府に反省を求める大きな運動にしたいですね。


投稿: wamg★ezweb | 2007年3月11日 (日) 18時05分

 千葉428さん、仰るとおり強制死ですね。ですので文中でも括弧でくくって表記しました。
 大津留公彦さん、わざわざご挨拶どうも有り難うございます。私も取り上げていきたいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月11日 (日) 17時57分

お取り上げ頂きありがとうございました。
従軍慰安婦問題は今後も取り上げて行きます。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 大津留公彦 | 2007年3月11日 (日) 17時27分

2年ぐらい前に沖縄に行き知花さんの話をガマの前で聞いたのですが、たしか「集団自決」ではなく「集団強制死」だと言うようなことを言っていたと思います。

投稿: 千葉428 | 2007年3月11日 (日) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14225721

この記事へのトラックバック一覧です: 従軍慰安婦(性奴隷)とチビチリガマ・シムクガマ:

» 「5000」という数字に見える明暗 [オギノフの肖像(前頭葉)]
先日、「ユニクロ」がパートや契約社員を順次正社員にしていくと発表していた。 対象者6000人のうち、最大5000人を今年の4月以降2年間を目処に切り替えていくのだそうだ。 この正社員の切り替えにより十数億円の負担増となるらしいが、「正社員との処遇格差をできるだけなくすことで、サービス向上や売り上げ、利益増への先行投資としたい」のだそうだ(「アサヒコム」(3/5)より) まあ、思惑はいろいろあるだろう。 が、会社に�... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 21時26分

» ▼『強制連行』の証拠がないので証言を重要視すべき [フテキセツなブログ]
平成19年3月11日(日)朝日新聞 【声】より [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 22時13分

» アベさんは政治家やめて責任取るべき [A Tree at ease]
 安倍晋三氏は、「(旧日本軍による)強制性を裏付けるものはなかった」という発言を事実上修正し、「当初、定義されていた強制性を裏付ける証拠はなかった。定義が変わったことを前提に考えなければならない」 「官憲が家に乗り込んで人さらいのように連れて行くような強制性はなかった」と述べ、狭義の強制性を重ねて否定。米下院の公聴会で証言した元慰安婦の証言についても「裏付けのある証言はない」と述べたそうである。 一方で塩崎官房長官は、当時の日本軍の関与について、「いわゆる軍の要請によって慰安所の設置とか移送とかそう... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 23時01分

» 山タフ、拉致問題等の解決にえらい自信ありげ、・・・(5) [晴天とら日和]
1)ワシントンタイムズは1982年に統一教会の教祖:文鮮明によって{ワシントン}に設立された。保守反共色があり、共和党と関係が強い。(日本では世界日報がある) 2)統一教会は元は反共系宗教団体で、国際勝共連合や反共紙「世界日報」などを傘下に持つ組織だ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 23時36分

» カルト政権と憲法 [とむ丸の夢]
 明らかに戦前回帰だと分かるのに、明治憲法回帰だと分かるのに、「戦前は良かった」「大日本帝国憲法は良かった」と言いつのり、改憲のために、たった2割の賛成で改憲できるように、しゃにむに国民投票法案を通そうとする... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 00時58分

» 東京大空襲 大元帥閣下は眠られておられた [反米嫌日戦線「狼」(一輝まんだら)]
映画「史上最大の作戦」の有名なシーン。 ドイツ国防軍西部戦線参謀総長ブルメン・トリット少将が、連合軍の上陸を察知し、ヨードル元帥に予備の機甲師団の出動を要請するも断られる。 「ヨードルに断られた。彼も総統の許可なしには機甲師団を動かせんのだ……。そして、総..... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 01時45分

» 日本、笑われてるじゃん… [Saudadeな日々]
あーあ。ホンネ言っちゃった。安部サンってば。 →安部首相・慰安婦発言で能なしタカは爪を隠せず(自由が一番!様:070304) 第二次大戦中の従軍慰安婦問題について1月末、日本政府に「正式に認め、謝罪し歴史的責任を受け入れる」よう求める決議案が米議会に提出され審議..... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 04時36分

»  昨日の続きです [護憲+グループ・ごまめのブログ]
  昨日の続きです。  最近は政治バラエティーの花盛りで、イラストや表にグラフなどを交えて分かりやすく説明している。  婆さん(家内)とテレビを見ていると、分かりやすいのだがテレビの画面は一過性て消えてしまうので忘れてしまうと言うのを聞いて、映像だったらプリントしても残せると思い、番組のテロップから目で見る政治マガジンを作る事を思い付き、私の所属している護憲+のホームページに視聴覚コーナーに投稿してい... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 13時03分

» 日本では「従軍慰安婦」、海外では「性奴隷」 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
「アッテンボローの雑記帳」さんからいただいた2007年3月11日のTB「従軍慰安婦(性奴隷)とチビチリガマ・シムクガマ」のコメント欄に、「なのなの勢力」さんのコメント発見。引用。 思うのですが、「従軍慰安婦」と言う... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 13時36分

» 従軍慰安婦問題に対する民主党議員連盟の態度 [私もひとこと言ってみる]
「このままでは従軍慰安婦問題が歴史の中で固定化されてしまう」 誰が言っているのかと思ってテレビを見たら「民主党の有志」wたちだそうだ。 早速検索してみたら出てきたw ブログ「内申書制度の廃止を求めます」さんから借用して転載。 007/3/7 民主党の右派が「慰安婦」問題と南京事件で議連を結成  憲法9条・平和 転載です。 --------------------------------- 民主党の右派が「慰安婦」問題と南京事件で議連を結成します。 <民主党慰安婦問題... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 17時01分

» 田村泰次郎「春婦伝」と「朝鮮人従軍慰安婦」問題 [サブカル雑食手帳]
「いまも私は、一兵士でなかったひとの戦争小説は信ずる気 持ちになれない」(田村泰次郎「春婦伝」自序より) 所謂「朝鮮人従軍慰安婦」問題にからんで、今年6月の県議 会で、埼玉県の上田知事が「古今東西、慰安婦はいても、従軍 慰安婦はいなかった」とバカ発言、自ら..... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 19時27分

» こんな辺鄙なところにまでやってくる、嫌韓・嫌中の人たち [かめ?]
次から削除しますが、ウチのような辺鄙なblogまでたどり着いた一番最初の人、ということで。 記念晒し。 25. Posted by ハングル板住人 2007年03月04日 17:47 俺は南京大虐殺や従軍慰安婦を認めても日本人としての誇りは微塵も揺るがない。 寧ろそんな偉大なことを....... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 20時11分

» 政治番組をハシゴしながら考えたこと [きまぐれな日々]
今日(3月11日)の午前中は、見逃せないテレビの政治番組が目白押しだった。 フジテレビの「報道2001」では、中韓のほかアメリカのメディアからも問題視されている従軍慰安婦に関する安倍晋三の発言や、米「ニューズウィ... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 23時10分

» 【3/17】 麻生太郎外相講演への抗議行動 (呼びかけ「反戦生活」) [【PeaceMedia】 市民運動 News]
情報提供:「反戦生活」 http://hansen-seikatsu.hp.infoseek.co.jp/ [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 03時41分

» 産経症・2005年に人身売買禁止議定書を承認した国 [誰かの妄想]
日本は2005年に刑法226条に追加条項を加え、人身売買禁止議定書を承認しました。 追加条項とは、人身売買禁止の条項です。 言い換えれば、2005年まで人身売買を直接裁く法律はなかったわけです。 もともと、刑法226条は、いわゆる「からゆきさん」(日本人女性の海外への人身... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 02時53分

» 河野談話否定は自分の顔にツバ吐く行為 [薫のハムニダ日記]
コメント欄が盛り上がっているときにこんなネタをすると、もっと盛り上がるかしらん。それにしても、日本人って一般的に「きれい好きな国民性」とかって言われている(うぬぼれてる?)んじゃなかったっけ?ま、きれい好きのワタクシは、小まめにお掃除いたしますわよん。 3月1日(三一独立運動を記念した日で韓国の祝日です)のハンギョレ新聞の社説をどうぞ。 “河野慰安婦談話”否定は自分の顔にツバ吐く行為 日本帝国が行った侵略戦争で、旧日本軍の性奴隷となることを強要された軍慰安婦問題と関連し、動員の強制... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 14時14分

» サイモン・ウィーゼンタール・センターって何だ? [zara's voice recorder]
「コワモテ」ユダヤ系人権団体 「サイモン・ウィーゼンタール・センター」って何だ 国内で発売中の一冊の書籍をめぐって、米国の人権団体が出版社に抗議、書籍の営業を止めるように求めている。この本は「ユダヤ陰謀論」だ、というのが理由で、さらに広告を掲載した新聞社..... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 21時35分

» 嘘八百 [イプサム]
北朝鮮は、天然資源の宝庫なんだな。 従軍慰安婦問題は、日本を孤立化させる為の米中のワナ なんだな。 北が日本との国交を望んでいるのでは無く、日本の政治家が 国交回復後の利権に群りたいんだな。... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 23時48分

» 慰安婦決議に関するネット署名があります [壊れる前に…]
マイク・ホンダ議員が提出している慰安婦問題に関する決議を採択するよう Nancy Pelosi 下院議長に促すネット署名(http://www.gopetition.com/sign.php?petid=11466)が始まったのに気がつきましたので、私もさっそく署名しました。以下に請願の文章を翻訳しておきます。請願の起草者である M. Evelina Galang さんからいただいたメールには「日本からも署名が集まり、世界中から支持があることが示せれば、慰安婦のかたがたへの連帯のしるしとしては、... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 00時03分

» 米下院での従軍慰安婦(性奴隷)決議に関するネット署名が始まった [低気温のエクスタシーbyはなゆー]
匿名の署名もOKとなっている。 以下は「ウニ」氏からの情報である。 ↓ ☆慰安婦決議に関するネット署名があります (壊れる前に…) http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_d3f1.html http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/1264.html マイク..... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 06時03分

» 勝者の歴史と敗者の歴史 [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
ヤップの日常的なことで忙しくしている間に、ニホンの国怪(衆議院)ではまたもや強行採決が行われ、アベシは「従軍慰安婦は強制ではなかった」などと発言して、またまた世界に大恥をさらしてくれた。 世界を駆け巡った安倍発言の様子は、こちらのブログからどうぞ 〇カナダde日本語「世界中をあきれかえらせる「従軍慰安婦は強制ではなかった」とするアホ晋三発言」 〇薫のハムニダ日記「河野談話否定は自分の顔にツバ吐く行為」 〇薫のハムニダ日記「日本は六カ国協議の責任ある当事国なのか?」 〇とむ丸の夢「BBC... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 07時35分

» 実際には無い事を捏造して言ってどうしようっていうんだ [・・・。。。?]
http://www.afpbb.com/article/1417133 一旦見て、「これは嘘だろう」と思った。 はっきりとした嘘の証拠があると2chで調べてみた。 もしあったとしても、これは慰安婦問題とは違うだろう。 そもそも「従軍」慰安婦なんて無いし。 慰安婦=売春婦だから給料でるはずだし。 慰安婦と違うし。所謂犯罪被害者。戦争犯罪だろう。 アジア圏に、戦争が原因で出来た日本人との混血児はいないでしょう。 ベトナムにはベトナム戦争で出来た韓国人との混血児が居ます。 >動物のように軍用車の後座席に... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 12時37分

« 「国会へ行こう。」@3.12 | トップページ | ノーパサラン(やつらを通すな) »