« イラク反戦4周年3・18全世界一斉デモ@日比谷野外音楽堂 | トップページ | パート春闘 JPUはどうするのか? »

2007年3月 9日 (金)

悪戦苦闘

 今日は待ち望んでいた、JUST Suite2007が配達された。インストーラーの不具合のためにJUST SYSTEMSのような大手ソフトメーカーには珍しい発売延期である。当初の発売予定日には不具合が残ったままの製品が届いていたのだが、何せ私はパソコンに限らずメカに弱いので、各製品を一つ一つインストールするより、修正後のパッケージで組み込む方が確かである。夕方から一太郎2007や三四郎2007、花子2007など一式をまとめて組み込む。再起動すると発売延期のために各種おまけのソフトなどをダウンロードできるようになっていた。そこで色々辞書など追加して見た。

 その中でセキュリティーソフトのKaspersky Internet Security 6.0 の試用版が有ったので試しに落としてみようとした。元々2月にCD版が送られてきていたのだが、面倒だったので放置していたのである。組み込みの途中でノートンインターネットセキュリティーが残ったままになっていたので、Kaspersky Internet Security 6.0 とは相互に干渉し合うらしく削除するよう表示が出た。そこで削除しようとしたのだが、アンインストーラーが消えて無くなっていた。去年ウインドウズをXPに変えたとき以来使用していなかったのである。たぶんその時、、本来ならばインターネットセキュリティーを削除してからXPを入れなければならないところを手抜きしたためにおかしくなっていたのであろう。一年近くほったらかしにしていた付けであろうか。削除したくとも削除できないので、開き直ってシマンテックの最新版ノートン360を買うことにした。パソコンショップや家電量販店で製品版を買いに行くのが面倒だったのでダウンロード版を申し込んだ。

 処がコンビニまで支払いに行かなければならない。クレジットカードを使えば自宅から出る必要はないのだが、以前使って失敗したことがあるのでコンビニに行くことにした。最初支払いの操作を間違えたので10分ほどああでも無いこうでもないと思案してようやく申し込みを済ませレジで現金を支払う。お店まで買いに行っていた方が早かったかななどと思いながら帰宅してパソコンをいじり出す。メールでソフトの鍵が来るのだが中々来ない。問い合わせのよくある質問を見たら、一日程度待つ必要があるようである。そこで他の作業を色々済ませていたら、7時頃にシマンテックからのメールが来た。ここから更なる苦労が待っていた。

 ダウンロードしようにも何故か英語版の説明が表示されたり、古い製品の削除が必要だったり、何だかんだ操作していてようやく設定が終わったのが22自を30分ほど回ってからのことである。一応取扱説明書も読んだつもりであるが、パソコンについての様々な用語はカタカナが多いので中々理解できない。英語が苦手の上に理数系科目を苦手なのでこんな時は本当に困る。中学高校時代にもっと真面目に英語の勉強をしておけば良かったと後悔しきりである。そして今夜は記事の更新を xfy Blog Editorと言うソフトを使って行っている。JUST.SYSTEMSのおまけで、ブログを公開したときのレイアウトで入力できるそうである。以前から、記事を書いたときと掲載したときに表示が違うことで色々失敗していたので、物は試しと使ってみた。具合が良ければこれからも使うことになるだろうが、今日の記事には写真もリンクもないからどんな具合か今ひとつ分からない。使いながら色々覚えるしかなさそうだ。
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« イラク反戦4周年3・18全世界一斉デモ@日比谷野外音楽堂 | トップページ | パート春闘 JPUはどうするのか? »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 wamg★ezwebさん、ソフトを入れ替えてようやく操作に慣れてくる頃には次のバージョンが出てきますから追いつくのが大変ですね。まだワープロなどは何年間か使えますがセキュリティーソフトはサイクルが短いので困ります。それだけ悪事を企む輩がいるという事ですけどね。
 イレギュラーずさん、やはり相性とか使い勝手というのもありますね。私にはマイクロソフトの製品よりジャストシステムの製品の方が使いやすいですね。職場でWord・Excelを使い、自宅で一太郎・OASYSを使っていての実感です。

投稿: アッテンボロー | 2007年3月11日 (日) 16時14分

製品版がいいのは、MSもJustSystemも同じ(悪いのも)。でも、それほどではなくてもよかったら0penOfficeでもいい。細かいことを言ったらいろいろあるけれど、それならば改良に参加することも可。

そんなことを言うと、「ガリ版」を思い出しました。あの独特の字形が懐かしい。

投稿: イレギュラーず | 2007年3月10日 (土) 22時55分

お疲れ様です。
ホームページの表示はパソコン(マックとかウインドウズとか)によって微妙に違いますから、どのパソコンでも同じというのは難しいそうです。

がんばってくださいね。

投稿: wamg★ezweb | 2007年3月10日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14205843

この記事へのトラックバック一覧です: 悪戦苦闘:

» ごく少数の賛成でも改憲が可能になる国民投票法 [薫のハムニダ日記]
憲法改正のための手続きを定めた国民投票法案を、自民党は今月中にも単独採決数方針だそうです。どうしても(今の)憲法記念日である5月3日までには成立させてしまいたいという目論見があるのだとか。 この法律の問題は、ごく少数(有権者のたったの2割)の賛成でも改正が可能になっていること。 そのへんのカラクリは、弁護士の津久井進さん(より正確には日弁連のパンフレット)がわかりやすく解説してくださっています。 これのポイントを書き出してみると・・・ * 投票事項のまとめ方によっては、私たち1人... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 12時53分

« イラク反戦4周年3・18全世界一斉デモ@日比谷野外音楽堂 | トップページ | パート春闘 JPUはどうするのか? »