« 改憲−労働法制改悪反対 4・8(日) 学習会 | トップページ | 卒園式 »

2007年3月25日 (日)

奥谷禮子は女ヤクザか? 酒井不当配転裁判の勝利をめざす3・24京都講演集会より

 昨日開催された集会の参加者から講演内容が伝わってきた。何と奥谷が中野麻美さんと言う弁護士に対して1億円の損害賠償を求めて裁判を起こしているという。事の起こりは奥谷がアメリカである労働者に飛びかかりピアスを引きちぎった上に馬乗りになって顔面を殴打する傷害事件を起こした事にある。被害にあった労働者は中野弁護士に助言を求め、写真を撮影して刑事告発し、奥谷が逮捕されたという。芦屋出身の「お嬢様」だとばかり思っていたが、中々どうして、たいしたアバズレである。このような奴が接遇マナーを指導し、評価し、金を取るのである。郵政の研修委託も再検討する必要があるのではないか。奥谷に影響を受けた局員がお客に対する暴行事件でも起こしては大変だ。奥谷については日本郵政社外取締役の地位を利用して、自らの経営するピンハネ業者ザ・アールとの間で数億規模の取引をしていること、郵政ユニオンと郵産労とは社外取締役退任を要求していることの紹介があった。「JPUは奥谷禮子を徹底追求すべきだ!!」 またトヨタ自動車からも奥田碩・トヨタ自動車相談役(日本経団連前会長)が民営郵政の経営陣に食い込む中、トヨタ式職場管理システム導入で巨大な利権を作り上げているという。日本を代表する巨大企業が民営郵政の経営陣に食い込むことで莫大な新利権を作り上げた功績で、小泉のパーティー券の売り上げは財界によって20億にも上ったという。

 酒井さんの講演では、闘うべき時に闘わなかったことが今のJPUの組織力低下、機関活動の停滞、総じて組合力量の低下につながっているという物であった。近畿においては先ず京都が集中的に人事交流の攻撃を受けたのであるが、その際に酒井さんのように不当労働行為として裁判に訴えて闘っていれば攻撃の拡大が防げたのではないかと言うことである。争議中の組合の役員を配転することはそれ自体が不当労働行為であるから、最初の時点で闘っていれば引き続きの攻撃を阻止することが出来たというわけだ。郵政は酒井さんの裁判に8人もの弁護士を東京から派遣しているのであるが、これだけで一日の日当が160万だそうである。申立書は一字幾らという料金がかかるそうで、一回の裁判で数百万の出費である。配転の度に裁判に訴えていれば、郵政に与える経済的打撃だけでも相当の物になる。

 「パート春闘 JPUはどうするのか?」でも書いたのであるが、郵政職場には非常勤職員から正社員への登用につながるキャリアスタッフなる制度が導入されることになる。この事と関連してトヨタ自動車で今年3000人の新規採用がなされ、その内1500人が期間工からの採用であるというのだが、「勤務成績優秀な者」という条件を当て嵌めることで経営に対する抵抗を未然に防ぐ措置を執っているという。労働者の間に競争を持ち込み、団結を破壊するための常套手段である。韓国における郵便労組の闘いでも、非常勤3万人を集める集会が企画されたことがあったそうだが、ほんの一部を選別雇用するという攻撃がなされた途端に腰砕けになったという。大人しくしていれば自分だけは正規雇用になれるかも知れないという労働者の弱みにつけ込んだ卑劣な攻撃だ。

 民間企業に於いては殆どの労組が経営側と闘えない状態になっている。この事によって賃金は98年をピークに低下が続いている。企業の売り上げが殆ど横ばいでありながら史上最高の利益を出しているのは偏に「総額人件費削減」の結果であるのだ。正規雇用に代わって非正規雇用が次々導入され、フリーターは30歳・派遣は40歳定年とすら言われる使い捨て状態がある。ネット喫茶難民といわれるホームレスが増大し、彼らはいずれ生活保護を受ける以外生活の術が無くなる。年金も雇用保険もないのであるから。昨今では日雇い派遣といわれる雇用が多く、携帯電話で明日何時にどこそこに来て下さいといわれるそうだ。その際日当の僅か6千円程度の中から千円を「電話代」と称してピンハネする。交通費は自腹である。あいりん地区ですら交通費は業者持ちであるが、日雇い派遣に対してはそれすらない。

 今日の企業内組合その物が、退職と同時に組合員資格を失う制度であり、解雇攻撃に対して有効な対抗手段として働いていない。アメリカなどの産別組織であればリストラされた労働者も組合員として保護されるのであるが、日本はそうではない。地域合同労組に二重三重に加盟することでいついかなる状況になっても組合として団結して闘うことの重要性が提起された。酒井さんは尼崎地区労議長として、武庫川ユニオン役員として非常勤労働者の雇用確保の闘いを担ってきた。尼崎市の斎場は運営を民間企業に委託しているのであるが、競争入札によって現在の業者が倒産の憂き目にあるそうだが、今までこの業者は6800万で請け負って10人の労働者を雇用し、1400万の利益を計上していたという。斎場の労働者がストライキで闘うことで尼崎市は直接雇用に踏み切るそうなのだが、それで労働者の賃金を今より一人100万増やしても400万のお金が浮いてくる。民営化が全て効率的であるというのはペテンであることが明らかにされた。この事に対する嫌悪が郵政当局の配転の背景にあるという。だが、酒井さんのような闘いを次々作り上げることで日本の労働運動の再生が切り開かれるのではないだろうか。同時に政治課題についても民主党が労働者の党ではない以上社民党や新社会党・緑の党などの緩やかな統一戦線を築いて闘っている兵庫の闘いを紹介して、その必要性を訴えていた。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

郵便局に初の派遣労働者=人手確保にあの手この手-郵政公社(時事通信)

 日本郵政公社は24日、今月末の大量退職に伴う人手不足対策として、郵便局の窓口業務に派遣労働者を初めて活用する方針を明らかにした。パートなど非常勤職員「ゆうメイト」の求人対策では先に、4月から時給の最大300円アップを決めており、公社はあの手この手で人手確保を図る考えだ。
 郵政公社では、3月末で正規職員の約5%に当たる1万2400人が定年・早期退職する一方、4月の新規採用は6400人にとどまる。これらの結果、4月1日時点で正規職員の配置不足数は約1万人と、前年同期の4倍に達する見込み。
 こうした人手不足に対応して、ゆうメイトの時給を「地域で競争力のある雇用単価」(人事部門)に上げるとともに、派遣労働者の活用を試験的に始める。当面の対象は神奈川、大阪、兵庫の1府2県の計20局で、4月中をめどに合計20人を貯金窓口業務に従事させる。 
[時事通信社:2007年03月25日 03時10分]

キヤノン、派遣・請負から3500人を直接雇用へ(読売新聞)

 キヤノンは2007、08年度の2年間に、国内のグループ19社の製造部門で働く計3500人の派遣社員や請負労働者を、正社員などの直接雇用に切り替える計画を明らかにした。

 同社は、請負業者の労働者を、正社員の指揮下に入る派遣社員のように働かせる「偽装請負」があったとして、03~05年に労働局から計7件の文書指導を受けた。この問題の反省を踏まえ、派遣社員らの正社員化に取り組む姿勢を強める。

 2年間にグループの製造部門で新卒採用を含め計5000人を正社員などの直接雇用で採用。このうち、現在、派遣社員や請負労働者として間接雇用している従業員から1000人を中途採用の正社員として、2500人を契約期間3年未満の期間社員として採用する計画だ。
[読売新聞社:2007年03月25日 03時26分]

「ネットカフェ難民」とは「隠れたホームレス」だ(J-CASTニュース)

日本テレビ系の「NEWS ZERO」では、「ネットカフェ難民」を「隠れたホームレス」と表現した
   「ネットカフェ難民」という若者の貧困層の存在が深刻になっている。「日雇い派遣」などで働くが、低賃金のためアパート代も払えず、インターネットカフェで寝泊まりする。国会でもこの「ネットカフェ難民」問題が取り上げられた。実態はどうなのか。

   2007年3月16日付けの「しんぶん赤旗」によると、3月15日に開かれた参議院厚生労働委員会で、日本共産党の小池晃参院議員が柳沢伯夫厚生労働大臣に対し、「(ネットカフェ難民の)現状をどう思うか」「実態調査が必要だ」などと、訴えた。小池議員は、実態の一例として、日給は6,000~8,000円で深夜手当ても社会保険もないとし、ネットカフェで寝泊りしている人の実態を示したという。

   柳沢厚労相は、「健康や安全管理、正規雇用を増やしていくという立場からすれば(ネットカフェ難民は)好ましくない」としながらも、実態調査が可能かどうかについては、今後検討したいと述べるにとどまった。

コインロッカーを毎日2つ使い、全財産を収納
   07年1月28日に「NNNドキュメント」(日本テレビ系のドキュメンタリー番組)などが取り上げた。その後も日本テレビでは、続けて「ネットカフェ難民」を取り上げており、たとえば07年3月7日の「NEWS ZERO」でも、「隠れたホームレス」として実態が紹介された。

   ――大田区蒲田に、夜な夜な大きな荷物を抱えた若者が集まるという。ネットカフェの利用料金が、都内でも格段に安いからだ。
   ある青年は、1日200円のコインロッカーを毎日2つ使い、全財産を収納。その後、時間をつぶし、夜遅くにネットカフェに入る。滞在時間を短くし、節約するためだ。1時間100円。店内で弁当を食べるが、1回で食べきらないよう、夜と朝の分を2等分して食べる。翌朝、早くから「日雇い派遣」の仕事に出かける。会社からはメールで管理されており、
「16532(青年の職務上の番号)仕事現場に向かいます」
「16532集合場所に到着しました」
などの報告を行う。この「日雇い」仕事が無ければ、ネットカフェに泊まることもできず、食事もとれない。まさに「隠れたホームレス」なのだ。

   番組はこう伝えた。
   「NPO自立生活サポートセンター・もやい」で「ホームレス」の生活支援を行う湯浅誠氏は、ネットカフェやサウナで生活する若者を、「『自分の権利としての住居を持たない』という意味で『ホームレス状況』にある」とし、実際に彼らから相談を受けたり、彼らがアパートで生活を始められるよう支援を行ったりしているという。

   実情を聞くために、蒲田に10軒前後あるといわれる「ネットカフェ」のうち、「格安」といわれる数店舗にJ-CASTニュースがあたると、「取材には一切答えられない」という回答だった。
[J-CASTニュース:2007年03月25日 12時45分]

|

« 改憲−労働法制改悪反対 4・8(日) 学習会 | トップページ | 卒園式 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

[御手洗冨士夫キヤノン不買運動リンク集 - 偽装請負・ホワイトカラーエグゼンプション]
キヤノン製品不買運動
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/3695/1169653535/
【WE断固反対】キャノン不買運動【経団連御手洗】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/368/1169404176/
【不買運動】経団連に経済制裁を!
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1167893115/
キャノンさん、日本人を滅ぼさないで下さい
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/printer/1167145887/

投稿: | 2007年6月28日 (木) 07時37分

こんばんわ!
一言だけ、
奥谷禮子のピンハネはヤクザ屋さんより凄いらしいよ。

投稿: とらちゃん | 2007年3月27日 (火) 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14400991

この記事へのトラックバック一覧です: 奥谷禮子は女ヤクザか? 酒井不当配転裁判の勝利をめざす3・24京都講演集会より:

» 「過労死は自己管理の問題」奥谷氏発言が波紋(朝日) [タカマサのきまぐれ時評]
「過労死は自己管理の問題」奥谷氏発言が波紋2007年02月07日20時38分(asahi.com) 過労死するのは本人の自己管理の問題――。労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)の分科会委員、奥谷禮子氏(人材派遣会社社長)の週刊誌インタビューなどでの発言をめぐって、7日の...... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 21時59分

» 民主党系知事が石原の応援って?+タミフル、松岡問題、密告法など [日本がアブナイ!]
  まずはタミフル問題の続報から。  柳沢厚労相は23日、衆院厚労委員会で、タミフル服用と異常行動に関連して、突然 死についても因果関係を調査することを明らかにした。同省はタミフルのすべての副作 用報告約1800件などを調査し直す方針を示しているが、「寄付を受けている先生は 当然除外する」と明言。「いささかも、公平性において疑われることのない態勢を構築 して見直しにあたらせたい」と話した。<共同通信23日 編集>  当然と言えば、当然のことなのだが。今まで、この当然のことがな... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 23時18分

» 「規制緩和」という劇薬を、副作用をまったく知らせずに、投与したのは誰だ! [晴耕雨読]
日本に「規制緩和」を持ち込んだのは、学者や経済界はとりあえず別にして、政治権力的には「戦後の総決算」を旗印に登場してきた中曽根康弘氏です。 「戦後の総決算」とは、社会主義的国家を新保守主義・自由主義国家に転換させる、“自国破壊”的な政策です。中曽根氏は、日本経済の破壊と乗っ取りを計るグループのインサイダーだと思っています。(新保守主義は、決して保守主義ではありません。どちらかといえば、寡占的自由主義や保守破壊主義という言葉がふさわしいものです) 「小泉改革」も「鳩山改革」も、その流れを汲むもので... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 23時40分

» ミセス奥谷の命のしぼむ激励 [言ノ葉工房]
あべっちの周りってほんとナイスなメンツが集まってますね。任命したのだれですかー。はーい、あべっちです。そうですね。国民にとって不ゆかいな仲間たちが集まってますね。こんな国ってどうよっ追加キャンペーン! ... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 23時55分

» 2月7日,奥谷禮子さん講演を聞いて [はじめの一歩]
2月7日には『ハケンの品格』について書きました.ほんとは,奥谷さんの講演について何か書こうと思ったのだけど,自分の中でうまくまとまらなかった.数日置けばそれなりに消化されるだろうと思いつつ,その間に,華氏451度さんのエントリを読ませていただき(TBもいただき),ちょうど同じ日に衆院予算委員会で議論になったことも知り,微妙に書きにくくなってたところです. さて,当日の講演の内容は,主催の慶應MCCのブログに要約されているので,そちらを見たほうがいいでしょう. まだ自分の中で消化しきれてい... [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 01時02分

» エリートとは、誰のことかと猫が問う [とむ丸の夢]
 フィナンシャル・タイムズのシリーズ記事「FTと昼食を」のひとつで『国家の品格』の著者、藤原正彦氏が登場しています。その藤原氏がFT東京支局長デビッド・ビリング氏と昼食をとりながら語ったという言葉に、言いしれぬ不快感を... [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 20時32分

» 過労死は自己責任なのか? [もっとこんな日記ですが]
「過労死は自己責任」 なんてことが声高に叫ばれることが普通になったら、、、怖すぎる。 「過労死は自己管理責任」「下流社会だの何だの、言葉遊びですよ」――人材派遣会社ザ・アールの奥谷禮子社長が雑誌で発言した事に対し、民主党の川内博史衆議院議員が2007年2月7日..... [続きを読む]

受信: 2007年3月27日 (火) 00時08分

» 自民党は寝惚けた連中ばかりだな!+コイズミ [晴天とら日和]
★:2007年3月24日(土)「しんぶん赤旗」 松岡農水相 断トツ高額 議員会館に事務所で 光熱水費計上は46団体井上議員指摘 松岡利勝農水相など、議員会館に事務所を置く資金管理団体で本来ゼロのはずの光熱水費を支出している団体が、二〇〇五年分で四十六団体にのぼる...... [続きを読む]

受信: 2007年3月27日 (火) 02時58分

» 【「偽装請負」No!】 キヤノン・「千人」の派遣・請負労働者を順次正社員化、・・・が、正社員化するのは全派遣・請負労働者のうち僅か「5%」 [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
以前、「キヤノン請負労働者の実態〜民主党と公明党にメールを!」と題したキヤノンの偽装請負・非正規労働者の問題についてですが、キヤノンの経営側は派遣・請負労働者の正社員化に消極的な姿勢を改め、派遣・請負労働者のうち千人を正規雇用に移行させることを明らかにし....... [続きを読む]

受信: 2007年3月28日 (水) 01時23分

» 「健康で文化的な最低限度の生活」すら保障されない「美しい国」の実態 [萌え萌え研究日誌]
収入が少ないために、住居を確保できずに、ネットカフェで生活する人々が最近目立っています。さらに、住居を確保できないということは、住民登録ができないために住所を持てず、様々な公共サービスからも排除されるという二次的な問題も引き起します。 「ネットカフェ難..... [続きを読む]

受信: 2007年3月29日 (木) 02時22分

» ネットカフェ難民が全国各地に広がる [みかんの国の社労士開業への道]
ネットカフェで寝起きする若者は全国に――。個人加盟の労働組合、首都圏青年ユニオン(伊藤和巳委員長)などが10都府県のネットカフェで実態調査したところ、すべての都府県で、ネットカフェを生活の拠点にする若者がいることが分かった。これまで都市部の一部と...... [続きを読む]

受信: 2007年4月28日 (土) 00時11分

« 改憲−労働法制改悪反対 4・8(日) 学習会 | トップページ | 卒園式 »