« 白色テロルを認めるか否か? | トップページ | 戦争と革命の基本問題 その2 序章 戦争と内乱の時代 »

2007年4月23日 (月)

統一地方選挙後半戦 動労千葉・都革新・婦人民主クラブ全国協から当選者

 昨日投票が行われた統一地方選挙後半戦の市区町村長選・市区町村議選の結果が翌日開票であった杉並の結果が出ることで出そろった。「前進」が紙上で全国に支援を呼びかけていた東京杉並区議選に出馬した都政を革新する会事務局長北島邦彦氏は定数46に69人が出馬するという激戦の中38位2568票を獲得して初当選を果たした。また相模原市議で四選を目指して闘った婦人民主クラブ全国協議会代表西村あやこ氏は3508票を獲得し、相模原選挙区の定数46の中で35位で当選を果たした。

 また動労千葉の顧問である水野正美元副委員長も勝浦市議選において定数18に対して24名が出馬する中8位で上位当選を果たした。獲得票数は693。(「日刊動労千葉」より)

 中核派においては昨年3月14日に現場の労働者党員が、腐敗して横領を働いた関西地方委員会委員長で政治局員の与田と強引な指導で不満を抱かれていた大阪府委員会委員長遠山とを追放し、それが全国・全党的に波及する「党の革命」と呼ばれる一連の出来事があった。私のような立場にいるものには内部の事情がどうなっているのかとんと分からないのであるが、内部では色々とごたごたがあるらしい。部落解放同盟全国連合会の組織内候補であり、八尾北医療センター院長で医師の末光道正氏が定数32に対して2914票を獲得し22位で当選を果たした。高槻市議選では富田町病院院長で医師の小西ひろやす氏が3,393票を獲得し14位当選。TSD(富田町病院・下田部病院・デイケア木村クリニックの略)医療労組委員長の森田みつじ氏は今回は出馬を見送り小西院長の選対責任者となったため一議席減である。こうして各地の状況を見てみると中核派系の候補者は出馬した全員が当選している。

 なお、「党の革命」の過程で都革新と袂を分かち革新無所属となったけしば誠一・新城せつこ両氏も杉並区議選に出馬したが、けしば氏は3388・787票(小数点以下は案分があるため)で13位で当選したものの、新城氏は残念ながら2215票で僅か54票差の次点に終わった。(杉並区役所選挙特集) 

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

 追記。30年以上も前に党から離れた方に付いてまで書くのは宜しくないとのご指摘がありましたので、その部分を削除しました。

|

« 白色テロルを認めるか否か? | トップページ | 戦争と革命の基本問題 その2 序章 戦争と内乱の時代 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 maoさん今晩は。確かに仰るとおりなのですが、私が書いた活動歴の部分が問題があったようです。八尾の末光先生は個人的にも面識がありますが温厚で人の言い方です。市議として弱者切り捨てに抵抗して下さることを期待しています。

投稿: アッテンボロー | 2007年4月24日 (火) 23時45分

ということは、沢山さんの町長当選の記事が続いていたのですね。

正義感あふれる人たちによって党派が支えられていたというのは、いい話だと思うのだが。

また、八尾で当選した末光さんの話もいい話だ。
同和行政見直しの名のもとに弱者切り捨て、規制緩和を許すわけには行かない。

投稿: mao | 2007年4月24日 (火) 23時33分

 千葉428さん、今晩は。神矢さんも元気そうで何よりですね。29日は上京する予定ですが、もしかしたらお会いできるかも知れませんね。

投稿: アッテンボロー | 2007年4月24日 (火) 23時17分

この記事には関係ありませんが、先だて前進社の本の購入のことが書いてあったと思いますが、今回「蜂起には至らず」という本をセブンイレブンの本部門のセブンアンドワイから購入しました。ためしに「共産主義者」を検索したらありました。送料など取られず本代だけですむので便利でしたよ。なお17日の428集会盛大でした。原告団の皆さん、弁護士さんみんなうれしそうでした。とりわけ神谷さんは、書留紛失とかで遅れてきたのですが、全郵政に囲まれた職場で楽しくがんばっているようでした。

投稿: 千葉428 | 2007年4月24日 (火) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14824321

この記事へのトラックバック一覧です: 統一地方選挙後半戦 動労千葉・都革新・婦人民主クラブ全国協から当選者:

» 選挙が終わっても、やっぱりヤバイ国民投票法案 [逍遥録 -衒学城奇譚-]
こんばんにゃ。 先日の日曜日は統一地方選の後半でしたが、みんな行ったかい? 夏の参議院選の前哨戦として注目の、福島と沖縄の補欠選では、与野党の候補者がそれぞれ立候補して、わかりやすい対立の図式となりましたが、結果は福島では民主候補、沖縄では自公候補がそれぞれ... [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 01時53分

» 日本会議 世俗権力 方便としての宗教 [とむ丸の夢]
内部をよく知る人の分析によると、日本会議を組織するグループは3つに分けられるといいます。1.保守系文化人グループ  『諸君』『正論』産経新聞などでおなじみの、いわゆる論客たち。2.一般会員  善意の人たち。  日本... [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 15時40分

» ぬぬぬ?同志に背中押された。(笑)お待たせ、乾坤一擲・渾身の力作、拉致問題で参院選自民圧勝、悪夢の筋書き・謀略粉砕バナー。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
今日のお勧めエントリー「安倍が改憲を急ぐわけ」「疲弊する米軍 」【田中宇の国際ニ [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 17時24分

» 国民投票法案を廃案に!(2) [晴天とら日和]
『国民投票法案』がいかに危険な法案であるのかを、キッチリを検証しております。どうして反対されるのかな?と思われる方々や、そもそも『国民投票法案』ってナニ?って思われる方々に、お読み頂ければと思います。▼ ★晴天とら日和 ・2007年04月13日 国民投票法・....... [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 19時18分

» 統一自治体選挙の後半戦の結果について [☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡 ぶどうの獲れる柏原にいらっしゃい!]
{{{  統一自治体選挙の後半戦は、大阪では社民党の新人候補や市民運動系の候補者、日本共産党の候補者が健闘しました。  藤井寺市会議員選挙では、社民党の新人の島田大介が、当選しました。島田氏は、日曜日に藤井寺市民病院の小児医療と産科の充実、小中学校の少人数学級の実現を近鉄南大阪線の駅前や市内への会報入れを取り組んでいました。島田氏は、無免許運転で逮捕されて議員辞職しなかった自民党の青木宏之市会議員を下しました。社民党は、大和川を超えて南河内地域ではじめて自治体議員を確立しました。日本共産党は..... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日) 09時36分

« 白色テロルを認めるか否か? | トップページ | 戦争と革命の基本問題 その2 序章 戦争と内乱の時代 »