« 悩んだ結果 | トップページ | 自民退潮の波が始まった »

2007年4月10日 (火)

きょうと通信NO、29

京都郵政職場交流集会(準)発行●07年04月09日 NO、29

「3・10 兵庫たたかう仲間の集会」報告
    働けど働けど我が暮らし楽にならざり・・・

 3月10日(土)、「2007兵庫たたかう仲間の集会」が中央港湾労働者福祉センターで開催された。今年のスローガンは「今こそ労働組合・許すな!労働法制大改悪」、冒頭の主催者挨拶では、「百年前に石川啄木は、〈働けど働けど我が暮らし楽にならざりじっと手を見る〉と歌った、労働者の生活実態はこの時代に先祖返りしている。この集会を全国に発信し、三月の第2土曜日に全国各地で労働者が集まる集会を開催し、いつかは韓国の労働者大会のようにしたい」との熱い思いが話された。集会は、①大幅な時間給の減額に同意しなければ、契約しないと一方的に解雇通達を行ってきた福祉職場、②学校給食を民間委託された自治労町職の取り組み、③店舗閉店によるパート・アルバイト従業員250名の解雇通告に対してストライキを決行したカルフール解雇争議(あかし地域ユニオン)、④分割民営化から20年が経過したJR職場の実態、⑤、規制緩和による新規参入に対して全国一斉にストライキを打った全港湾、⑥東芝の偽装請負、それぞれの地域・職場における闘いをビデオ上映や構成詩劇を交えて報告された。集会の合間には、ユニオン音楽隊の歌と演奏があり、アッという間に時間は過ぎて、集会後はシュプレヒコールを行いながらデモ行進に移った。労働運動を押さえ込むため、国家による攻撃が掛けられた国鉄分割民営化から20年を経た。この間、行革、規制緩和、成果主義が推し進められると同時に、労働組合も弱体化し働くもの同士の連帯や共闘が崩され、「格差社会」に代表されるように、社会の矛盾は頂点に達しようとしている。いくら働いても生活水準以下の暮らししかできない非正規労働者、そして派遣会社から携帯やメールでの日々の仕事の紹介を受ける「ワンコールワーカー」といわれる日雇い派遣が激増している。なかには家賃が払えずネットカフェで寝泊まりし、仕事を待つ「ネットカフェ難民」と呼称されるひとたちもいる。ストライキという言葉が消えつつあるなかで、ストライキに起ち上がった人たちの話を見聞し、押されっぱなしであった労働者側が反撃に転じる兆しを感じ、元気をもらうことのできた3・10集会であった。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 悩んだ結果 | トップページ | 自民退潮の波が始まった »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 佐倉さん詳しい説明どうも有り難うございます。制度としては「深夜勤」も「新夜勤」も知っていますが、経験者のこと場はまた違いますね。

投稿: アッテンボロー | 2007年4月24日 (火) 23時15分

(郵産労の掲示板より引用、「ぽんた」と名乗っているのは私です)

深夜勤専門の非常勤である私が、疑問にお答えします。深夜勤の勤務形態ですが、私の勤める局ではいくつかあります。
 職員の場合は、21時30分から翌朝8時30分です。郵便課の、副課長以下の職員全てが週ごとの交替でこの勤務形態に就きます。連続勤務は、最高で3日です。
 非常勤の場合は、勤務形態が3つあります。一つは、いわゆる新夜勤(後述する深夜勤と区別の為、ニュー夜勤と称される)といわれるものでして、16時15分から翌朝8時30分までの勤務です。一度の出勤で2日分の勤務を一気に行うというものです。発着、特殊、小包、速達といった担務に就く方が対象です。このほか、深夜勤というのがありまして、これは、8と6があります(ちなみに、私は前者です。三月までは後者でした)。前者は、22時から翌朝6時45分、後者は、22時30分から翌朝4時30分です。前者は、通常、発着、特殊、小包といった坦務に就きます。後者は、通常、小包といった坦務につきます。これらの場合、最高で5日連続勤務があります。
 こんなところでよろしいでしょうか?

投稿: 佐倉 | 2007年4月24日 (火) 04時27分

 2児の母さん、お久しぶりです。本当に働く者の生活が悪くなるばかりの世の中ですから、何としても労働運動を始めとする様々な社会運動を再建して、誰もが豊かに暮らせる社会にしたい物です。
 休日出勤如何でしたでしょうか。どうもお疲れ様です。

投稿: アッテンボロー | 2007年4月16日 (月) 20時38分

働けど働けど・・・って、私もよく頭の中で暗誦しちゃってますよ。ま、久しぶりに本日(土)はお休みだったんだけど。
それでも貧乏なのは、成果主義のなせるわざ。昔のように身分制にも似た格差とは違う。これで賃上げなんか言い出せない。というわけで、買い物は、少しでも安価=低コストを求めることとなる。これがネットカフェ難民を産んでるのかも、と感じる今日この頃。
だから、この世の中で、(アッテンボローさんが誉めるような先鋭的な)労働運動が盛り返してきてるってのは、いいニュースですね。
と、思いつつも、自分は、明日、子供を実家に預けて休日出勤ですわ。なにやってんだろう。

投稿: 2児の母 | 2007年4月15日 (日) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14634929

この記事へのトラックバック一覧です: きょうと通信NO、29:

» 人民の人民による人民のための政治 [とむ丸の夢]
government of the people, by the people, and for the people 人民の人民による人民のための政治。 民主主義の神髄を語るものとして有名なリンカーンの言葉です。 以前から、この「人民の」政治とはどんな政治か? と疑... [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 13時22分

« 悩んだ結果 | トップページ | 自民退潮の波が始まった »