« 死ぬな!辞めるな!闘おう!通信 07年04月23日 | トップページ | ビンボーメーデー »

2007年4月29日 (日)

4・28反処分闘争勝利! 報告集会

4・28反処分闘争勝利! 報告集会

不当処分から28年目にして、「処分撤回・原職奪還」を勝ち取る!

4_1  本日29、東京品川プリンホテル十五階「京都」の間に於いて約200人の参加で四・二八闘争の勝利報告集会が開催された。北は仙台、南は福岡から、28年間の闘いを陰に日なたになりつつ支えて来た仲間が結集した。

 司会は四・二八連絡会事務局の松本さんが担った。司会挨拶では78年に積年のマル生攻撃に対する怒りが爆発したこと、翌79年4・28以来28年10分ヶ月、91年5月の99臨時中央委員会による闘争放棄、当局に媚びを売り被免職者切り捨て以来16年8ヶ月の長きにわたる闘いの結果の勝利であり、心ある人々・争議団連絡会・弁護士に支えられ、数々の弾圧に屈する事なく大崎局・向島局・郵政本社を相手に四半世紀以上闘い、2・13最高裁勝利判決を引きだした。現場闘争と裁判闘争を一体的に闘い、郵政公社を追い詰めた勝利である。全国の職場にで苦闘する人々に勇気と希望を与えた。当該の神矢・徳差両名の職場復帰は民営化攻撃やJPUと全郵政組織統合を吹き飛ばす勝利だと結んだ。

4_2  連帯挨拶の最初は争議団連絡会議から明大生協労組が立った。共同闘争・共同討議・共同行動による数々の争議の勝利、解決を勝ち取った。四・二八の勝利八争議団の喜びであり大きな力になった。三月十五日にはジャパマーハイツ闘争も勝利し、東映の謝罪と職場復帰を勝ち取った。仲間の闘いを見守り、新たな勝利の道筋にしたいと述べた。

 続いてジャパマーハイツ労組が挨拶を行い、四・二八と同じ時期に勝利報告出来たこと、84年から不動産会社に貸付けをしていた東映が、ジャパマーハイツの経営不振を知るや各種物件の名義を東映に変えた上で経営に介入し、労働者半減等を行って来たことに対し労組を作り東映の争議責任を追求指摘た。現場闘争一本で闘い、昨年秋から東映が解決の意思を示し出した。元の職場と同じ不動産職場を用意させた。勝ち取った職場は良い物だな。今後も活動していく。受けた恩は返す。全争議団の勝利まで闘う、と力強い決意を表明した。

9_1  三多摩合同労組の中大生協労組は3月25日の卒業式情宣で14名が不当逮捕され、4月15日に釈放をされた。中大生協闘争はパート労働者には有給を認めない、雇用保険に入れない等の差別待遇改善を求めた。一時金不支給や配転等の不当労働行為を行い、配転命令に従わない事で雇い止め解雇をして来た。生協の団交拒否が争議長期化の原因だ。話し合いを要求して中大にも要請して来た。大学は話し合い拒否し、退去勧告をして来た。60名の警官を動員し襲い掛かって来たが、脱落者はいない。中大始め全争議団勝利まで闘う。

 全都野宿労働者実行委員会・野自連よりの挨拶、共謀罪に反対する破防法・組対法反対共同行動からは10年間の闘いで四・二八連絡会と行動を共にして来た。治安弾圧反対の闘い等、けして屈しない労働運動の力が励ましとなった、と発言があった。

 労働契約法制定攻撃と闘う労働者連絡会からは、労働法制によって我々の権利が守られているように偽装しているが、実は法によって制限されている。労働法制改悪に因って権利が狭められる。反対に労働者の闘いに因って勝ち取った側面もアル。最高裁の決定は職場闘争の勝利だ、と発言した。連帯の挨拶の最後には、全国争議団を代表して九州の労働者が発言した。オートAの組合加入に対する不当労働行為の数々に対して地労委・中労委での勝利命令を勝ち取ったが、会社は履行しない。屈しないで闘い抜く事を決意した。

10_1  基調報告は当該の神矢さんが行った。詳細は後ほど掲載する勝利報告集会基調を参照されたい。

 その後再び連帯の挨拶が有り、強制配転に反対する近畿郵政労働者の会から事務局の力石が発言した。全逓運動の中でこの勝利をどう位置付けるか考えたい。夏の全国大会で全郵政との組織統合を控えている。四・二八の勝利を手にした。勇気と力を手にした。全逓は死んでいない。10・1民営化によって75年のスト権奪還闘争以来スト権を手にすることになるかと。民営化に対してストで闘おう。78年の反マル生闘争を上回る闘う体制を作り上げよう、と力強く述べた。更に南部労働者交流会からフジセ労組が発言した。91年の本部による切り捨て以前から神矢さんや徳差さんが来ていた。共にあらゆる闘いを闘って来た。高裁判決の後危惧の声もあったが、現場の闘いを負けさせないで来た。地域で民間の争議と官公労との間の壁を四・二八は破って共に闘った。数多くの争議に四・二八の力が還流する。大崎・向島の闘いとも交流指摘た。闘えば必ず勝てると言うとプレッシャーになるが、闘えば可能性八大きく広がる。大きな物を手に入れることが出来る。

 集会の最後に当該の二人が挨拶。徳差さんは初出勤の際に公安が何人か来ていた。新しい門出には相応しくないと述べ、神矢さんはやっぱり配達は良いなあと言った。
その後会場を13階の「彦根」に移し、祝賀パーティーが約3時間に渡って行われ、当該が一人一人の参加者と歓談し、今までの苦労を労いあった。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 死ぬな!辞めるな!闘おう!通信 07年04月23日 | トップページ | ビンボーメーデー »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

K氏の方が説得力あるのに見えるのは、やはりアッテンボロー氏の文章のまとめ方があんまり上手くないと思う。

一つに細かく書き過ぎ。
言いたいことをできるだけ絞って、要点だけを言った方がわかりやすい。
ヒトラーの演説も
「わかりやすく、短いスローガンを何度も繰り返す」
が基本だったし。

次に、改行がない。
改行というか、一区切り入れるところで文章無しの改行を入れると見易さがまったくかわります。

思想だけでは人々を導くのは難しいと思います。
だからこそ、文章の書き方に関してはK氏の意見を聞いた方がいいと思います。

投稿: 久々 | 2007年5月 5日 (土) 13時49分

アッテンボローさんの労働に関するコメントはいつも「できない理由」だけだな。しかもウダウダと。


経営からみたら残飯食いのリストラ対象者なだけだ。同僚からも敗北慣れしたプライド持たない負け犬にしか見られない。

賃金労働者としての「プライド」ってのを守るのが俺の仕事だ。端からそんなもの持ち合わせていないならそう言ってくれよ。

ジャストインタイムはあくまで顧客または最終ラインが終点なんだから、それ以外のシステム構築は自由なんだよ。
下に下にというのもあれば、横に水平にというのもあるんだよ。

すくなくともトヨタ方式は100、200以上の種類がある。
検索しようとしてもこの手の問題は社外秘だ。ググッてでてくる問題じゃないよ。

絶賛もしていないし、どこも完成度は20点以下だと言っているだろうに。
こっちはプロなんだから、問題点の大変なところはアッテンボローさんより知っているんだよ。

俺の言っているのはあくまで「戦うためのヒント」だ。

戦う前から負けてるなよ!

投稿: K | 2007年5月 5日 (土) 12時06分

 顧客のニーズと多様化のそもそもの原因は資本の側が自らの商品を売り込むために欲望を煽った事にあるのではないだろうか。その事抜きに「顧客のニーズとの闘い」を現場でしても問題の本質には関係ないでしょう。テレビや映画や新聞雑誌など、ありとあらゆる媒体を通じて欲望を刺激しているのが資本なのだから。誰だってドラマの中に出てくる豊かな生活を見れば自分もそうしたいと思うし我が侭を言うようになるでしょう。「こんな女に誰がした」という言葉があるが、我が侭な顧客を作っているのは資本の側。
 そしてトヨタ方式について言えば基本的にJPSを批判しているのだが、それを理解して貰えていないようなのでトヨタ方式その物も批判した方が良いのだろうか。どうもKさんはトヨタ方式は全ての産業に適用できると思っているようなので、久々さんがこの件については同意もしてくれているので重複を避けつつ、本家本元のトヨタ方式の問題点を簡単に指摘しておこう。私企業としてのトヨタ資本がありとあらゆる矛盾を公共部門と下請けに押し付けて成立しているのがトヨタシステムの本質ではないか。カンバン方式でジャストインタイムを取っているのが代表例だが、これなど本体では在庫を持たないがその為に下請けは恒に操業体制を取る必要がある。例えば今は連休中であるが休み明けに使用する部品は今現在下請けで製造中である。本体の人間はのんびり休暇を取れるが下請け・孫請けと下に行くほど余裕がない。そして自前の倉庫を無くしているためトヨタの工場の周辺ではトラックの大渋滞である。公共の道路を倉庫代わりに使う事で成り立っている。道路の整備は税金で賄われる。トヨタの部品置き場のために税金が使われているわけだ。更に言えば路上駐車しているトラックのために周辺は排気ガスなどで環境破壊もある。そのくせ法人税については減税を要求している。それらの犠牲転化のシステムこそがトヨタ方式の本当の正体だと思うよ。
 さてコンビニについて流通部門での「成功」を絶賛しているが、あれもまた犠牲をフランチャイズ加盟店に押し付ける事で成立しているのをご存知ないようだ。一日に三度以上の商品補充をする事が交通問題・環境問題になっている事はトヨタ本体とも共通するのだが、加盟店が本部に支払う経営指導料金が法外である事は知らないのであろうか。コンビニが次々開店しては閉店し、経営者が変わっているのが何故だか考えた事はあるだろうか。あれは経営者募集を次々しないと加盟店経営者が次々破産するから、一種の自転車操業なのだが。加盟店に対して開店前には適当にでっち上げた収益見込みと意図的に必要な人件費を小さくした見積もりを見せて信用させ、次々経営者を食い物にしているのですよ。先ず第一に仕入れ値が通常の卸値より高い。ポスシステムによって画一的な商品配送が行われるために注文もしていない商品を大量に押し付けられて廃棄処分になり、その経費も経営者が負担する。酷い場合には営業指導と称して店舗を回っては店の端末から勝手に仕入れ注文をする。売れる見込みなど全くない物も含めてですよ。コンビニ本部を相手取った民事訴訟が大量にあり、裁判では殆どの場合本部側が敗訴している。「エコノミスト」が2000年前後に度々特集を組んでいたのだが、転居の際に処分したので詳細は図書館ででも調べて欲しい。確か人気ブログランキングに参加した一昨年の時点ではコンビニの問題点を扱ったブログが幾つか参加していたのだが、今調べてみたら検索に引っかからなかったのでご自分で調べて欲しい。

投稿: アッテンボロー | 2007年5月 5日 (土) 10時30分

>>「トヨタ方式をオリジナルでやるのではなく、現場にあわせていくのはどうか?」

そうそう。現場にあわせていくやりかたもその一つとなる。立派な郵便局型トヨタ方式になる。
ただシステムの大幅な変革は関門であるよ。これは何があっても絶対なんだよ。特に人手不足に左右されるとなると。

>>トヨタ式は過酷な労働でも奴隷のような過酷な協力会社が存在。

トヨタのカンバンはそうなんだけど。
そうでもないのもあるんだよ。ピラミッドスタイルでなくサークルスタイルのもあるんだ。
ただそれらはいまだ自己採点で20点以上を出したとは聞いていないね。完成度でトヨタを超えるものはここ5年以上ではないだろうね。悔しい話だが。

開発にトヨタ方式とかあるの知っているかい?大抵社外秘なんだけどね。
信じられないだろう。どんな条件下でも出来なくはないんだよ。

>>労働条件の悪化
製造者としては顧客の影響がダイレクトで経営直撃しているからな。8割だ。
経営がアコギなことやると技術者は逃げるか士気低下だからね。金融との経営とはかなり違うんだ。

投稿: K | 2007年5月 5日 (土) 00時10分

>トヨタ方式が製造業では通用するとして、流通および金融機関である郵便局に適応できる物なのかどうなのか、そして現在のJPSその物に問題があるのかどうかという事について少なくとも私は自分たちを取り巻く現実を元に論を展開している。

K氏が言いたいのは、
「トヨタ方式をオリジナルでやるのではなく、現場にあわせていくのはどうか?」
といいたいのでは?

まぁ郵便には剥かないだろうという点において、俺はアッテンボロー氏に同意かなぁ。

トヨタ式は過酷な労働でも奴隷のような過酷な協力会社が存在。
なおかつ、十分な福利厚生(社宅完備、食費低額)高額の期間満了金があるから成り立つ。
すっげーきついけど、報酬もある。
そんな状態じゃなきゃ成り立ち難いやりかただし。


労働条件の悪化に関しては、どっちもでしょう。
顧客のニーズが高くなったから、資本ももっとキツイコトをさせなきゃ利益が取れなくなり、採取強化していく、ということでは?
まぁこれもアッテンボロー氏に同意。
何処かの馬鹿が所得税を引き下げて、消費税を上げようとか言ってたし。

消費税を生活必需品のを低く、娯楽物を高くすればいいのに。

投稿: 久々 | 2007年5月 4日 (金) 23時28分

あのね。アッテンボローさん。

顧客のニーズとの戦いやっている現場に俺はいるわけだ。
資本の搾取は否定しない。金融機関の無利子なんて搾取以外のなんでもない。

だがな労働条件の悪化、これに焦点を置くなら「顧客のニーズの多角化と迅速化」が8割以上を占めている。
あるメーカでは高度な装置などは2ヶ月かかる。それを2週間で納入してくれ。そうしないと、次から別にする。なんてことが平気であった。それにオプションの多様化なども含めてね。

いいかいトヨタ、トヨタというが、トヨタが導入しているシステムであって、トヨタ以外じゃ通用しないシステムなんだよ。しかも答が無い。優秀な人材と資金を投入して長期計画立てないとできない。

これがトヨタ方式の本質だが「物(サービス)が早く」「従業員が楽に」「客が安く」なんだ。どこにでも当てはまることだろう。

郵便局だからできないなんてことは絶対にない。郵便局方式は作れる、既存のシステムと新しいシステムの折衷型だってかまわないのだよ。

これからの郵便局で与えられた条件下で何が出来るか、これは郵便局の人間でしかできないの。わかるかな。潰れて良いなら別だけど。

流通に関してはコンビニのシステムがその最も足るものだよ。知らなかったのか?
「求めるものを求めた場所に早く」。あれも大きい意味でのトヨタ方式とも言えるんだよ。
矛盾をあげつらえば、山ほど出て来るさ、しわ寄せだってある。それはこれからの改善だろうに。

あと大きく一般労働者を勘違いしているが、労働者は「少しでも楽するため」に「変革」に対応するんだぜ。努力しているんだぜ。
そこを勘違いしちゃいけない。俺の本質はあくまでも一般労働者の本質なの。

投稿: K | 2007年5月 4日 (金) 23時27分

 佐倉さん、私も中学二年の時が反マル生越年闘争でした。一番記憶に残っているのが、東京の調布郵便局でプレハブの仮設の床が抜けてバイトが大勢怪我をしたのに組合員が救助に駆けつけると管理職が仕事に戻れと言って排除したという事ですかね。
 全逓労働者にとっては民営化が控えていますから、これからは営利企業になるわけで今まで見たいに丁寧なサービスが無くなると言う事を一人でも多くの人に知って欲しい物です。ただ金持ちに対しては今まで以上に媚びへつらう人間が増えるでしょうが。
 名古屋さんについては詳しく分かりませんが、現職復帰を勝ち取った人の中には勝利命令で満足して勧奨退職に応募した人も居たそうです。
 Kさん、相変わらず論点がずれている。労働条件の悪化は顧客のニーズではなくて資本の搾取強化による物だ。そこを理解できないのであればこのブログを見るだけ貴方にとっても時間の無駄だと思うよ。それから別の記事でトヨタの生産方式が自分の職場で上手く行ったから郵便局で上手く行かないのはおかしいと書いていたが、トヨタ方式は万能膏薬なのだという証明でもして欲しい物だ。少なくとも郵便局の現場では郵政版トヨタ方式であるJPSの導入によって効率化が図られるどころか混乱が生じて超勤が増加している。勿論ただ働きも増えて無駄が増加している。事実を踏まえて話して欲しい物だ。
 トヨタ方式が製造業では通用するとして、流通および金融機関である郵便局に適応できる物なのかどうなのか、そして現在のJPSその物に問題があるのかどうかという事について少なくとも私は自分たちを取り巻く現実を元に論を展開している。部外者が適当な事を言うのはいい加減にして欲しい物である。 

投稿: アッテンボロー | 2007年5月 4日 (金) 22時56分

今の労働条件の悪化というか激化は別の理由がある。

顧客の要求レベルが恐ろしく高まっているということだ。

90年代後半から、80年代までが「牧歌的過ぎる」ように見えるほど顧客のニーズが高まっている。それにどこも対応しようと必死なところがある。

例として言うなら、ここに書き込む皆さんも、電化製品を注文したりして半年とか数ヶ月単位を平気で待つかな?
多分待たない、早く製品くれる所に鞍替えする。

1日2日のロスではない、一週間以上下手したら一ヶ月待てる程度のロスを許容してくれるなら、牧歌的になれる。カンバンなどいらない、いままでの計画生産で充分だ。

だれもが不便を許容してくれる社会でない限り、忙しくなってしまうのはしょうがない所がある。
昔に戻れ?道は一本きりだ違うか?
文句言う顧客様を黙らしてくれる方法があれば昔に戻れるだろうがね。

投稿: K | 2007年5月 2日 (水) 02時09分

名古屋さんは大丈夫かな?

投稿: | 2007年5月 1日 (火) 22時55分

「教えて!goo」より
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2667120.html

Q:郵便局の<集配局>と<無集配局>の意味がわかりません。
取り扱う内容が違うのでしょうか。
また、どちらの郵便局に手紙を出したほうが、早く送り先に到着するのでしょうか。
教えてください。
よろしくお願いします。

A:既に出ているように集配業務をしているかの違いです。

郵便物の流れを簡単に説明すると、ポストや無集配局で差し出した郵便物は集配局に集められ他地区宛ては集中局や中央局を経由し送り先の集配局から配達されます。
このために集配局の窓口に差し出したほうが若干早く配達されることがあります。

また、集配局は業務の都合もあって24時間受付をはじめ窓口営業時間の延長していたり、職員の多さ等から貯金や保険業務等で取扱い範囲が幅広い局も多い傾向があります。

投稿: 佐倉 | 2007年5月 1日 (火) 07時09分

全逓関係のサイトにこういうものがあるようです。
しずおかみなみ支部のものです。
http://www.chabashira.co.jp/~djpwusms/

投稿: 佐倉 | 2007年5月 1日 (火) 06時45分

4・28闘争のときは中学生でした。
年賀状が15日ぐらいに届いていたので、よく覚えています。
会社側に「洗脳」されていると、仕事がたまった場合「わあ、たいへんだ」という気持ちにさせられてしまいますが、「ざまあみやがれ」という感覚が必要なの知れません。
90年代に、全逓労働者のかたが「仕事の量は変わらないのに、人が増員されない。昔は、昼休みにはみんなキャッチボールをやっていたもんだが、今ではみんなぐったりして休んでいる」といっています。
今の労働条件など推してしるべしです。
郵便労働者の立場から、民間労働者に「これをしてほしい」というものがあれば、何が一番まっさきにしてほしいな、ということがあれば、教えてください。宣伝に使いたいと思います。

投稿: 佐倉 | 2007年4月30日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/14888346

この記事へのトラックバック一覧です: 4・28反処分闘争勝利! 報告集会:

» アベ総理 岸信介 モラロジー研究所 [とむ丸の夢]
アベ内閣は重要政策と人気取り政策を使い分け、この二つは同時進行中。 昨年の防衛庁省昇格・教育基本法改悪に続いて、現在も憲法改悪の手続きを定める国民投票法案、教育関連法案、社会保険庁改革法案など、たてつづけに成立を強行... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 09時59分

» 教育再生会議 親学 モラロジー [とむ丸の夢]
晴天とら日和さんも取り上げていますが、教育再生会議第2分科会の「親学11の提言」。 なにやら意味不明の言葉もありますし、どういう経緯でそんなものが出てきたのか確かめて分かったのは、4月16日の「第9回規範意識・家族・... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 17時45分

« 死ぬな!辞めるな!闘おう!通信 07年04月23日 | トップページ | ビンボーメーデー »