« 兵に将たる器と将に将たる器 | トップページ | 久々の銀英伝 »

2007年5月14日 (月)

不審児と愉快な仲間たち

Photo_12  昨夜も8時頃に寝てしまった。妻子が風呂にはいるように何度も起こしてくれたらしいのだが、しんどいから寝ると言って起きなかったらしい。おまけに今朝も、犬の散歩のために6時起きするところを寝坊してしまう。仕方ないので今夜は久しぶりに夜に散歩することになった。朝は私と娘達の三人でするのだが、珍しく妻と息子が一緒に行くという。息子はナルトの手甲と手裏剣のホルスターを付け、そこにオモチャのピストルを入れていた。更に三角の袋を目の部分をくりぬいてマスクにした物をかぶっている。「夜のパンツマスク」とドラクエのモンスターの名前を名乗る。「変態や」「不審者や」「怪しい奴や」娘達と私が口々に言う。

 「手を挙げろ。手を挙げないと撃つぞ」と勇樹(仮名)が言う。仕方なく両手を挙げると「バンッ!!」と撃つ真似をする。「大人しく手え上げたのに撃つんか」と私。息子は知らん顔である。「ホンマにそんな格好で散歩行くんか?」と尋ねたが、どうやらそのまま行く気らしい。「頼むから他所の人のおるとこではせんといてな」と頼み込む。「懐中電灯はどうしたん?」と聞くと「勇樹がどっかにやった」と詩織(仮名)から返事が返ってくる。オモチャにするので何処に行ったか分からない。仕方なく灯り無しで夜の散歩に出かけることになる。

 「子供だから良いものの、大人になってもこんなことしてたら変質者で捕まるで」と詩織。「中学生になっても、高校生になっても、大人になってもすんねん」と勇樹が応じる。「あんなあ、大人になってもしてええ場所教えたろか。コミケっていう所やで」と私が言う。「コミケって?」と詩織。「コミックマーケットって言って、オタクの集まる場所。あとSF大会ならコスプレで通るで」「オタクやオタクや」と歌織(仮名)がはやし立てる。勇樹は全然平気で、そのまま先頭を歩いていく。そうこうする内に歌織が「不審児や。不審児と愉快な仲間たちや」とゲームのタイトルをもじって言い出す。「新世紀エヴァンゲリオン」から派生したゲームに「シンジと愉快な仲間たち」というシリーズがあって、その内のアメリカンページワンが我が家にある。子ども達のお気に入りで数年前に買ったのに未だに遊ぶことがある。

 「誰と誰が仲間なん?」と歌織。「家族なら分かるけど」と詩織。「チョコとクッキーと歌織ちゃんやろ、詩織や」次女は自分のことをちゃん付けで呼ぶが姉は呼び捨てである。「お父さんは入ってへんのや。良かった」「いーや絶対入ってるで」ワイワイ騒ぎながら散歩する。まだ夜の7時台であるのでそんなに迷惑にはならないであろうが、賑やかで笑いが絶えないのは良いことなのだろう。途中酒屋さんが開いていたのでお菓子を買う。ここは元々の酒屋さんがヤマザキデイリーストアになったもので、簡単な買い物はここで済ませることが出来る。勇樹がマスクを被ったまま店に入ろうとするのでさすがにそれは「強盗と間違われたらどないすんねん」と止める。「子供銀行から30万盗んできてるで」と詩織が言う。結局閉店間際の店で色々買い物をしてから帰宅した。

 本当なら今日は国民投票法案が参院本会議で可決されたのでその事を書くべきなのだろうが、中々そんな気分にはなれないので身辺雑記になってしまった。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 兵に将たる器と将に将たる器 | トップページ | 久々の銀英伝 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>「頼むから他所の人のおるとこではせんといてな」と頼み込む。
いや、あのピカチュウと比べてどっちが普通かきわどいんじゃ……(苦笑


俺のとこのガキは二人に持たせると上の方が下をボコボコにするので常に没収状態。
アッテンボローさんの所は中がよろしいようで。

やっぱ年が近い兄弟ってのは色々と大変だ……

投稿: 久々 | 2007年5月15日 (火) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/15071996

この記事へのトラックバック一覧です: 不審児と愉快な仲間たち:

» 本当のことは死んでもいわない [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
本当のことは死んでもいわない・・のかもしれません。 安倍総理・・あなたは憲法が国民のものだなんて決しておもっていない。あなたの見た目は悪人づらではなく、語り口はソフトで(アホっぽいと思うのはお玉がうがった見方してるからだよね)謙虚な風を醸し出す・・・・ ....... [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 10時02分

« 兵に将たる器と将に将たる器 | トップページ | 久々の銀英伝 »