« 辺野古海上調査への海自出動を弾劾する | トップページ | JPUをストライキで闘える組合に変革しよう! 郵政民営化反対の旗を今こそ高く掲げよう! 全郵政との統合反対! 反対派の代議員を全国大会へ送り出そう! »

2007年5月18日 (金)

自衛隊の帝国主義軍隊化を許さない。

゛ 沖縄辺野古に投入された海上自衛隊の行為は、天安門事件で多くの学生を虐殺した反革命中国共産党スターリン主義の行為と本質的に変わりはない。防衛大臣久間が「どんな場合も対応できる万全の態勢を取っている」とは自衛隊による住民虐殺すら想定していると捉えても良い発言である。非武装非暴力で抵抗運動を続ける辺野古の人々に対して自衛隊という軍隊を差し向けるとはそう言うことだ。この事態に対して当然であるかの如く述べる輩とは対話する余地はない。今後アクセスを禁じる。

 日帝安倍政権は、自衛隊をして帝国主義軍隊の本質である外に向けての侵略戦争と同時に、国内における民衆の抵抗闘争に対しても鎮圧の為に出動させるという行為に及んだ。ここにこそ階級社会における常備軍の本質がある。侵略と抵抗の鎮圧とが二大目的であることを誰の目にも分かる形で明らかにしたのだ。自衛官達に国民に銃口を向け気手殺害すらした皇軍と同じ事をやれと命じたのである。

 だが、この事は必ず自衛隊兵士の間に大きな動揺を生み、階級的自覚の目覚めを呼び起こすであろう。あくまでも国家権力と闘う人々の闘いが存在する限り、自衛隊の兵士達は労働者階級の側・革命の側に獲得できる。安部は自ら日帝の死刑執行命令書に署名したのである。

 今日は昼のニュースに注目してテレビを見ていた。辺野古における基地反対派住民・市民に対して襲いかかる海上保安庁および海上自衛隊の「調査」作業を目に焼き付ける為である。だが殆どの報道機関は長久手のヤクザの痴話喧嘩とそれによる警官の死亡に時間を割き、民主主義に対する破壊とも言うべき暴挙についてはテレビ朝日が防衛大臣の発言に比重をかけて報道したほか、NHKでは一顧だに触れることがなかった。一警官の死と民主主義破壊の暴挙とどちらがより重要かジャーナリストであるなら分かるはずである。朝日新聞の本日夕刊は社会面で小さく報じるのみであった、本来ならば一面トップを飾ってもおかしくない大事件だ。一体この姿勢の何所に「ジャーナリスト宣言」の志を見ることが出来るのであろうか。毎日夕刊の方が一面の第二記事ではあったがまだ許せる。読売・産経と言った政財界の提灯持ちは論外である。

 私は今まで政府機関や政治家に対しては各種の抗議の申しいれや請願や署名などをしたことはあったが、今回初めてマスコミ各社に対して報道の姿勢を問う電話をかけた。テレビ朝日・NHK・朝日新聞・毎日新聞・TBSと電話して辺野古の扱いの小ささや無視に対して抗議した。唯一毎日だけはよく書いてくれたと声援を送ったのであるが、マスコミが報道の使命を果たせないこと自体が民主主義の危機である。抗議の声をマスコミ各社に集中することで彼らの心にジャーナリスト魂を呼び覚まし、社会的弱者の立場からの報道、権力と闘うマスコミとして立ち直らせなければならない。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

<普天間移設>現況調査に本格着手 海自が支援 
(毎日新聞 - 05月18日 11:35)

調査船(右奥)に接近する市民団体メンバーのカヌーを追跡する海上保安庁のボート=沖縄県名護市辺野古沖で18日午前10時12分、田中雅之撮影

 那覇防衛施設局は18日未明から、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先であるキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)海域で、現況調査に本格着手した。防衛省の「部内業務支援」として海上自衛隊のダイバーが参加し、調査機器を設置した。72年の沖縄本土復帰後初の大規模な在沖米軍基地建設に自衛隊が関与するのは初めて。施設局の調査船を反対の市民団体のカヌーなどが取り囲み、一部では調査船にしがみつくなどして作業が一時中断した。

 海自のダイバーは、沖縄近海に停泊している掃海母艦「ぶんご」(基準排水量5700トン)から未明にボートで調査海域に派遣され、夜明け前には作業を終えた。防衛省幹部は「防衛施設庁の指示により、海底での設置作業に入った。海自は(夜間の)海底での作業に慣れている」と述べた。

 施設局による調査は海保の巡視船艇5隻や多数のゴムボートが警戒する中、夜明け後の午前6時ごろから始まった。海底のサンゴの産卵とその後の状況を調べる。設置予定の機材は、サンゴ産卵の着床板39カ所▽潮流などの海象調査装置29カ所▽動物の移動をキャッチするソナー30カ所▽ビデオカメラ14カ所--の計112カ所で、自衛隊が設置したのはこれらの一部。サンゴが6月の小潮の時に産卵するため、着床板の設置を最優先にする方針。

 一方、反対派の市民団体メンバーらはカヌーや小型ボート十数隻で調査船に接近し、海に飛び込んだ。辺野古漁港では17日午後9時から約100人が座り込み、抗議の声を上げた。

 基地建設など、環境に影響する可能性がある事業の実施手順は本来、環境影響評価(アセスメント)を実施し、住民や自治体の首長から意見を聴取して事業計画を作る。しかし、沖縄県が政府が進める移設案(沿岸案)の修正を求めているため、防衛省は環境アセスの手続きを始めても県の協力が得られないと判断。調査海域を沿岸案より広い海域に設定して、得られたデータを環境アセスに組み入れる方針。市民団体はこうした手法についても「環境アセス法違反」と批判している。【三森輝久】

防衛施設庁、海自協力で現況調査着手=普天間移設先の沿岸-反発高まる 
(時事通信社 - 05月18日 13:10)
 那覇防衛施設局は18日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市)沿岸部への移設に先立つ周辺海域の現況調査に着手した。環境影響評価(アセスメント)に先立つ調査で、海上自衛隊に協力を要請。潜水員が沖合で海中に入り、サンゴの産卵調査に使用する機材などを海底に設置した。自衛隊が米軍基地に絡む調査に協力するのは初めて。

 普天間問題をめぐっては、日米両国が昨年5月に最終合意したV字型滑走路案の実現を目指す政府と、これに反対する地元の溝が埋まっていない。自衛隊の参加で、移設反対住民の反発がさらに高まることが予想される。

 反対住民は同日午前5時半すぎから、近くの辺野古漁港周辺で集会を開催。約80人が集まり、「ヘリ基地反対協議会」の共同代表を務める安次富浩さんは「自衛隊が私たちに銃口を向けるということは民主主義を破壊することだ」と、政府の方針を厳しく非難した。

 防衛省によると、現況調査は防衛施設庁が依頼した民間調査会社が主体となり、これに海自が協力する形。数日間かかる見込みで、サンゴの産卵を調べるための板やビデオカメラを設置する。 

[時事通信社]

2007年5月18日(金) 朝刊 2面 
沖縄タイムス
海自動員「将来に禍根」/伊波市長が反対意見
衆院安保委参考人質疑

 【東京】伊波洋一宜野湾市長は十七日、米軍再編に関する衆院安全保障委員会の参考人質疑に出席し、米軍普天間飛行場移設先の周辺海域での現況調査(事前調査)に海上自衛隊が動員されることに「(沖縄には)旧日本軍も含めさまざまな記憶がある。県民と対峙させることは、将来に大きな禍根を残す」と反対した。
 伊波市長は「なぜ普天間飛行場の危険な状況が放置されるのか。米軍は九万人の市民が居住する真上で飛行訓練を続けており、墜落事故が起きれば大惨事になる」と指摘。二〇〇四年八月十三日のヘリ墜落事故による住民の心理的不安や騒音による身体的苦痛を訴えた上で、一期目の公約である「〇八年までの返還」を強調した。

 その上で、普天間飛行場の航空部隊をグアムのアンダーセン空軍基地に移す持論を展開。名護市キャンプ・シュワブ沖に代替施設を造る案について「辺野古の海はジュゴンもすむ本当に美しい海。将来的にも沖縄の大切な財産だ。基地建設で壊さないでいただきたい」と計画の見直しを求めた。

 米軍岩国基地(山口県岩国市)への空母艦載機移転に反対する井原勝介同市長は、政府が○七年度予算で新市庁舎建設費の補助金を打ち切ったことについて「米軍再編とリンクさせるやり方には納得できない」と批判。協力度に応じて交付金を払う新制度に関しては「アメとムチの手法で、市民の不安をかき立てている」と訴えた。

2007年5月18日(金) 朝刊 1・31面 

辺野古移設 海域調査きょう着手
機器設置 海自支援も

 那覇防衛施設局は十八日、米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部への代替施設建設に伴う海域の現況調査(事前調査)に必要な調査機器を設置する。海底の磁気探査と並行し、六月初めにも始まるサンゴの産卵状況を調べるため、着床具の設置作業を優先させる方針。海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」は同日、同市辺野古沖に停泊し、海自隊員が調査機器の設置作業を支援できる態勢で臨むとみられる。
 一方、辺野古漁港には十七日深夜、市民団体のメンバーら約百人が集まり、緊張感に包まれた。天候や反対する市民グループの動きによっては、ぶんごは十八日未明のうちに調査海域に入り、海自の潜水要員が着床具の設置作業に一部着手する可能性もある。ただ、海自の作業への関与については県民世論の反応も踏まえ、慎重に判断するもようで流動的だ。

 久間章生防衛相は十七日の参院外交防衛委員会で、国家行政組織法上の「官庁間協力」を挙げ、防衛施設庁の要請を受けて海自を動員することを初めて公式に認めた。ぶんごの乗員が調査に参加する可能性についても「それを否定するわけではない」と表明。施設局が委託している民間業者の設置作業をサポートする名目で海自の潜水要員を動員するとみられるが、自衛隊員が災害や国際協力以外の活動に参加する法的根拠については明らかにしていない。

 自衛隊が米軍基地建設に絡む調査活動に協力するのは極めて異例。反対する市民グループらは「海自を派遣し、威圧的に調査を実施するのは民主的なやり方ではない」と反発を強めている。

 海自の支援については仲井真弘多知事も「県民感情を考えるとあまり好ましいとは思わない。誤解を生むようなことは避けた方がいい」と否定的な見解を示している。

 施設局が今回実施するのは海生生物調査と海象調査。海象調査は(1)流向・流速(2)水温・塩分(3)波高・波向(4)濁度(5)補砂器に分類。海生生物調査は、サンゴやジュゴン、海亀などの生態を調べる。

     ◇     ◇     ◇     
市民100人集結

 【名護】米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部への移設に反対する市民団体のメンバーは十七日深夜、同市辺野古区に集結、漁港入り口で座り込みを始めるなど、現場は緊迫度を高めている。

 同飛行場代替施設の建設に伴う海域での現況調査(事前調査)に向けた調査機器設置が十八日にも始まる、という情報を受け、約百人の反対派が座り込みを続けるテントに駆けつけた。

 メンバーは那覇防衛施設局の職員が現地に到着しても漁港へ入るのを阻止するため漁港入り口の道路に座り込んで集会を開いた。非暴力で反対を訴えることなどを確認し合った。

 平和市民連絡会の当山栄事務局長は「自衛隊まで派遣する政府の圧力に屈することなく、平和を訴えたい。そのためにも、絶対に作業を阻止したい」と話した。

 久間防衛相:「調査終わるまで協力」沖縄の海自支援で
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設するための海域現況調査に対し、海上自衛隊が18日から支援活動に乗り出したことについて、久間章生防衛相は18日午前の閣議後の記者会見で「調査が終わるまで2~4日間ほど協力する」と述べた。調査終了時まで出動が続く見通しを示したものだ。

 掃海母艦「ぶんご」の潜水要員が海中調査機器を設置するほか、反対派に妨害された場合は防御活動も行うとみられる。久間氏は「(民間委託業者だけでは)短期間で目標達成できない。(海自が)調査できるのは当然。妨害自体が異常事態だ。何が起きるか分からない」と強調した。

 これに関連して、塩崎恭久官房長官は同日の記者会見で「作業を適切に支援するために海自が活用されている。防衛省と防衛施設庁の相互協力が行われていると理解している」と述べ、海自の支援に問題はないとの認識を示した。【田所柳子】

毎日新聞 2007年5月18日 13時02分

沖縄・辺野古崎の環境現況調査着手 近海に掃海母船待機
2007年05月18日11時17分

 防衛省は18日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる同県名護市辺野古崎で、サンゴ着床板などの機材を海中に設置する作業を始め、本格的に環境現況調査に着手した。反対派による阻止行動に備えて海上保安庁が警備し、海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」も近海に待機している。また海自の潜水士も民間業者とともに作業している。こうした異例の強硬姿勢を仲井真弘多・沖縄県知事が批判するなど、地元は反発を強めている。

辺野古崎周辺で環境現況調査が始まった=18日午前11時26分、沖縄県名護市で、本社機から
調査船にしがみつく反対派の人たち。18日午前9時52分、沖縄県名護市辺野古崎で
海上保安庁の船が警戒を続ける中、カヌーに乗った反対派の人たちが調査船を取り囲んだ。奥はキャンプ・シュワブ=18日午前8時35分、沖縄県名護市辺野古崎で
 環境現況調査は正式な環境影響調査(アセスメント)に先立つ事前調査の形で実施される。海中にサンゴの産卵を調査するための着床板やビデオカメラを設置する。

 作業は防衛施設庁が委託した民間の調査会社が開始した。調査はサンゴの産卵時期の6月上旬までに始めなければならないが、反対派住民らによる阻止行動が強く、民間業者に協力する形で海自の潜水士も機器の設置作業を行っている。

 久間防衛相は同日の閣議後会見で、海自隊員が加わって調査を始めたことを認めたうえで、「短時間に器具の設置を行うために防衛施設庁から依頼があり、海上自衛隊として協力した」と述べ、国家行政組織法に基づく官庁間協力の一環と説明した。ただ、両省庁とも統合が予定されている「身内」だ。

 一方、高市沖縄担当相は会見で「防衛省も現地の理解を深めるという姿勢で取り組んでいると思う。調査が円滑に進むよう願っている」と述べた。高市氏と会談した仲井真知事は「(掃海母艦を出すのは)銃剣を突きつけているような連想をさせ、強烈な誤解を生む。防衛省のやり方はデリカシーに欠ける」と強く批判した。今後、海自投入の妥当性などが問題になりそうだ。

 沖縄県名護市辺野古崎に近い辺野古漁港では、移設に反対する住民ら約100人が17日夜から座り込みを続け、調査開始に備えた。だが、海上自衛隊の潜水士も加わった作業は、反対派も気付かないうちに開始。その後、反対派はカヌーで一部の調査船を取り囲み、船にしがみつくなどして作業を阻止しようと試みた。

 ヘリ基地反対協議会の安次富浩(あしとみ・ひろし)・代表委員(60)は「自衛隊を投入すると公言しながら、姿も見せずに活動するとは……。久間防衛相は我々の活動を妨害と言っているが、事前調査という手法で(県民が意見を述べる場を奪い)環境アセス法をないがしろにしている政府のやり方こそが問題。批判は本末転倒だ」と話した。

 一方、県の上原昭・知事公室長は自衛隊の投入について、「防衛施設庁の責任と判断でやることなので、県としてコメントはない。ただ、市民の安全には最大限配慮して作業を進めてもらいたい」と話した。

|

« 辺野古海上調査への海自出動を弾劾する | トップページ | JPUをストライキで闘える組合に変革しよう! 郵政民営化反対の旗を今こそ高く掲げよう! 全郵政との統合反対! 反対派の代議員を全国大会へ送り出そう! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まあ、水掛け論になるわけだが
>>海中で作業をしていたダイバーが、タンクからの空気を吸うため口にくわえたレギュレーターを反対派とみられるダイバーから外されたことが分かり

 読売さん他の本土のマスコミはちゃんと現地に行って取材しているのかな?
 私が今回引用したブログ記事とは内容が逆ですけれどね。
 「殺人未遂」行為をしているのは、自衛隊・海上保安庁他なんですが…

投稿: GO | 2007年5月20日 (日) 20時12分

なお、栗栖氏の言う「国柄」とは、天皇制国家体制-「国体」-のことでしょう。

投稿: まこと@お出掛け前 | 2007年5月20日 (日) 13時18分

元統幕議長の栗栖弘臣氏は、

"国民の生命と財産を守るのが自衛隊の使命では無い。それは飽くまで警察の使命だ。国の独立、国柄を守ることが自衛隊の使命だ"

という趣旨の発言を残していますが、この発言は自衛隊という事実上の「軍隊」の本質を端的に言い表していると思いますね。

そして、基地反対運動を押さえ込むために自衛隊を動員する-そのこともまた、「軍」の本質を表出させたものなのでしょう。

久々さんのような発言は、自衛隊が国民ひとりひとりの生命を守ることが一義的な目的であると信じ込んでいるがための「勘違い発言」だとしか私には思えません。

(*勿論、個々の自衛官には、飽くまで国民の生命を守りたいとの情熱を持っている人はいるでしょう。また、私の友人や親類の中も自衛隊に勤めている(いた)者もいるので、彼ら個人は「市民としての良心」の持ち主であることは知っているつもりです。

ただ、国家とはそうした個々人の「良心」とは別の「論理」で動くこともあるということを忘れてはならないでしょう。)

投稿: まこと@お出掛け前 | 2007年5月20日 (日) 13時12分

対話の余地はないと拒否されてるわけですから、「基地反対派」なる詭弁を弄してまでこちらにしがみつかれるのは、大人げないですね。

ご持論の「反米基地反対論」を掲げて辺野古に行ってそちらで「獲得」なさったほうがよろしいかと。
無抵抗の非暴力の運動なのですから、権力も弾圧しないと仰るわけですし、恐くはないでしょう?
もっとも、辺野古では(辺野古に限らずですが)評論家もいなけりゃ、みみっちぃケチつけ野郎は存在できませんが。

あっ、それから、IPがかわることを認識していて、アク禁宣言されながら、ドあつかましく連続投稿する、これ一般的にこの界隈では荒らしと呼ばれてるんです。

投稿: 藤壺 | 2007年5月20日 (日) 09時31分

久々さんはネットやマスコミで聞きかじった情報でしか物事を判断していないんだろうけど、辺野古沖の基地建設反対運動をしている人達の中には「ジュゴンを守れ」とか「サンゴを破壊するな」とか、あなたが言われるような「環境派」的なアプローチで運動を展開している人達もいるんですよ。

私は前に沖縄を訪問した際に辺野古にも立ち寄ったことがありますが、あそこには「帝国主義、何それ?」状態の人達の方が多いような気がします。そういう意味では、GOさんが言われるように、辺野古の運動は「左翼」の運動では無く、大衆的な運動です。

ただ、アッテンボローさんのような人達はマルクス・レーニン主義的な論理に立脚して基地建設反対を唱えているわけですから、「帝国主義」云々の言葉が出てくるのは当然でしょう。

大衆的な運動なんてのは、色々な考え方を持つ人の「混成部隊」なんですよ。
アッテンボローさんのブログの記事を読んで、アッテンボローさんのような論理展開が運動の主潮流を占める意見であるかのように言い立て、難癖をつけるのはどうかと思いますね。

投稿: まこと | 2007年5月20日 (日) 07時07分

 護憲的コケシさん、本当に仰るとおり久間発言その物が弾劾の対象ですね。国策が間違っている場合人民にはそれを正す権利と義務がある。ここで無責任に「お上に黙々と従う」事は民主主義の自殺行為です。一人でも多くの人に今回の事態の不正義を訴えていきましょう。

 薩摩長州さん、全人民武装への道筋の端的な声明どうも有り難うございます。後日「基本問題」と絡めて肉付けしたいと思います。

 GOさん、辺野古の詳しい状況説明有り難うございます。そちらのサイトも拝見してみます。タイプミスはご愛敬です。

 ましまさん、本当に最近毎日は良い記事をタイムリーに出してくれますね。私も周囲に勧めるようにします。

投稿: アッテンボロー | 2007年5月19日 (土) 16時20分

戸野子 → 辺野古
あー基本的間違いだ!
バカバカバカ~ッ!

投稿: GO | 2007年5月19日 (土) 10時38分

TBありがとうございました。
クラスター爆弾廃絶キャンペーンをはじめ、最近の毎日は刮目すべき記事が多くなりはじめました。
「逆」不買運動をしたいぐらいです。
      (毎日の回し者)

投稿: ましま | 2007年5月19日 (土) 09時49分

おはようございます。
戸野子関係では「ちゅら海~」が有名ですが、ブログ「戸野子から那覇へ」に転載されている、「戸野子浜通信」に自衛隊員(ダイバー)が阻止行動のため潜っている人に暴力(これは殺人行為だ!)を振るっています。海保もそうです。
http://blog.livedoor.jp/henokonaha/
当該部分コピペします。
>わたし達は、小さなカヌーにのって6艇ずつが小船に曳かれて一日中走り回りました。また、ダイバー達、シュノーケルの人たちも、海底に打たれる杭の切っ 先に手を伏せてギリギリのところで止めるようなシーンもありました。こちらのダイバーはその度に殴る蹴るの暴行を受けています。浜に戻ったときは午後5時半でした。10時間以上海上にいたことになります。
ところで、わたしは子どもの頃父より「海上保安庁の人間には誇りがある、海上自衛隊は人を殺すためにあるが、彼らは人の命を救う仕事をしているのだから」と聞かされていました。
もちろん、多くの海上保安庁の方々は紳士的でしたが、とても残念な、酷い行為も今日一日でたくさん目撃しました。
例えば作業船にカヌー隊がしがみついていた時に船がバックを始め、雇われている漁民は安全を考えてゆっくり引き離そうとしていたようですが、海上保安庁のボートから「もっとスピードを出せ!」と怒鳴られ漁民の方は仕方なくスピードを上げました。その結果カヌー1艇が転覆しました。彼らは人の命を守るどころか、危険にさらしたのです。海上保安庁の職員は、まるで防衛施設局の職員か業者のように漁民に指示し、危険行為、場合によっては生命の危険にある行為を行うよう命じました。
違う場面ではゴムボート2艘でカヌーの隊列を挟み、執拗にカヌーを波で煽り、転覆させました。これも一つ間違えると波と船体に打ち付けられ命を奪いかねない行為でした。
また、少なくとも2ヵ所で海上保安庁のゴムボートが、白化現象から漸く回復しつつある貴重な浜珊瑚に船で激突しました。手前を走る海上保安庁のゴムボートが積む2機のエンジンがその衝撃で飛び上がるのを目撃しました。
海底にしがみついて非暴力で阻止行動をしているダイバーに対して、作業員もしくは海上自衛隊員たちは殴る蹴るの暴行を加えてきましたが、海上保安庁の隊員は見て見ぬふりです。
しかし国は「反対派」というレッテルを貼り、「妨害行為・暴力行為」をしているというネガティブキャンペーンを必ず展開するはずです。
作業を強行している業者の人も海上保安庁も、海上自衛隊も防衛「省」も国もきっと信じられないのだと思います。金儲けのためでもなく、暴力を振るわれても振るうことなく、他者や自然の平和を守るために行動する人たちの心を彼らは信じられないのだと思います。
全て力でねじ伏せることが出来ると思っている人たちは、非暴力で立ち向かって来る一般市民が心底恐いのだと思います。

 もう、久間辞任、安部打倒をスローガンにするしかありません!

投稿: GO | 2007年5月19日 (土) 07時17分

大衆闘争の非妥協な闘いの貫徹→国家権力の武力弾圧を受ける→それは武装自衛の契機となる→人民に国家権力の暴力的な本質が満天下に明らかとなる

投稿: 薩摩長州 | 2007年5月19日 (土) 01時29分

 久間の「妨害自体が異常事態」という発言も弾劾ものですね。彼らの「国民は国のやることに従って当然」という意図が一連の動きからあまりにもあからさまに出ています。これを報道しないマスコミはおかしいです。

 立てこもり事件もそこまで取り上げるほどのものではないはずです。くだらない芸能ニュースとあいまって沖縄の真実から目を背けさせようとしているのも明らかでもう怒りでいっぱいです。

 「非暴力ではたたかえない」というご指摘については別途思うところはありますが、むしろそれ以前の段階として、「労働者市民の声を圧殺する自衛隊と政府の無茶苦茶さ」に気付く人々をいまはすこしでも増やすのが急務でしょう。自分もブログでその一翼を担えれば幸いです。

投稿: 護憲的コケシくん | 2007年5月19日 (土) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/15118112

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の帝国主義軍隊化を許さない。:

» このところあほ晋三の暴挙が目立つ [カナダde日本語]
このところ、沖縄に自衛隊を送ったり、国民投票法案を無理やり成立させたり、あほ晋三の暴挙が目立つが、辞任を前にやけっぱちになっているに違いない(笑)。アホはアホらしくおとなしくさせておけばいいものを、キチガイ... [続きを読む]

受信: 2007年5月18日 (金) 23時51分

» 人質の元妻を保護 愛知立てこもり [zara's voice recorder]
人質の元妻を保護 愛知の立てこもり事件 愛知県長久手町長配(ちょうはい)2丁目の自宅に元山口組系暴力団組員大林久人容疑者(50)が拳銃を持って女性を人質に立てこもり、県警機動隊員1人を射殺し、警察官ら3人を撃ってけがをさせた事件で、県警は18日午後2時5..... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 00時03分

» 自衛隊の沖縄出動を弾劾する!! [あるいわき人の叫び]
 本当に今回はこの事実をちゃんと伝えなければなりません。「自衛隊が米軍基地建設を [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 01時18分

» NHKの経営陣を安倍が掌握!〜もはやこの国は、戒厳令下にある [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
 自衛隊が市民に銃口を向けようとしているとき、政府はNHKの経営を掌握した。もはや政府は戦時体制へと突っ走っているとしか思えない。参院選で本当に痛い目に遭わせないと大変なことになってしまう…。  毎日新聞によると【政府は18日、NHK経営委員会の新委員長に、古森重隆・富士フイルムホールディングス社長(67)を就任させる人事を固めた】という。今後、【古森氏はまず、衆参両院の同意を得て安倍晋三首相がNHK経営委員に任命。6月下旬に委員の互選で正式に委員長に就任する。経営委員の任期は3年。古森氏は社長は... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 02時55分

» 軍隊が銃を向ける相手は [華氏451度]
 昨日に続いてセレブがどうのこうの……という話を書くつもりだったが、それは後回しにして。  dr.stoneflyさんが「なぜテレビはこの暴挙を映さないのか」と怒り、アッテンボローさんは「自衛隊の帝国主義軍隊化を許さない」と声を上げ、お玉さんも「マスコミが使命を果たせないなら自分達がジャンジャン書くしかない」と言う。「競艇場から見た風景」のmakuriさんは、写真にかぶせられた「主権在米軍NO!」の文字がまず目に飛び込むエントリで、この国家権力の暴挙を取り上げた。他にも多くのブロガーが抗議の文を書... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 02時58分

» 愛知立てこもり事件、ついに決着。 [Stylish jam - Blog]
昨日午後から断続的に生中継で報道が入っていただけに、世間でも経緯が 注目されていた愛知県長久手町で起こった拳銃の立てこもり事件ですが、 さすがにビックリしました・・・だって、結構ウチの近所なんだもの(汗 事件発生直後から、やたらヘリコプターが自宅の上空を飛んでるし、 現場周辺にはパトカーがウロウロしてるし、何が起こったかと思いきや。 しかも、やっとテレビで確認したら・・・この近辺を空撮してるし。 そこで初めて拳銃を持った男が立てこもりを起こしてると知ったんですが。 事件発生... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 04時02分

» 辺野古@05/18:パンドラの箱は開いた。私兵にされた沖縄派遣自衛隊員の胸中は? [月よお前が悪いから]
妙なタイトルを付けましたが。 以下の幾つかの引用を、まずお読みください。 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20070518k0000e010073000c.html 久間防衛相:「調査終わるまで協力」沖縄の海自支援で 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をキャンプ・シュワ... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 04時37分

» 「辺野古に命を」…すべての命の蹂躙がはじまった [dr.stoneflyの戯れ言]
5.18朝曇天…、 ついに殺戮者はやってきた 南の島のブログからメールから、 途切れ途切れに音のない悲鳴が届く… 無機質な机上の箱から 音のしない嗚咽と絶叫が聞こえる… 今、ワタシは平静な部屋のなかでどう応えればいいのだ。 いったいワタシという人間は何もすることができないのか? 気が狂いそうだ... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 05時19分

» 政治ブログランキング の謎 [らんきーブログ]
参院選まで「読む前に押す?作戦」継続中! 「うむっ」って感じでクリックお願いします 人気ブログランキング  ※より多くの人に伝えるために・・・ 【緊急】沖縄・辺野古での米軍普天間飛行場移設先の事前調査に関する... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 08時26分

» ちょっと疲れ気味ですが・・・、みなさーん、お元気ですかー? [とくらBlog]
 昨日は山口から下関に入り、そのまま泊まって、朝から下関をまわりました。唐戸の商店街で地元の加藤県議と街頭演説をしていたら、「がんばって」と女性の方が私の肩に手をおかれました。お礼をしながら、話を続けましたが、涙が出そうになりました。安倍総理の地元、下関ですが、多くの方々が、民主党にがんばってもらわんと・・、と言われます。  うちのスタッフも、挨拶におりた私を待っている間に、車の運転席にわざわざ、がんばって、と声をかけてくださる方があり、感動したそうです。その声が小声であるだけに、その思いが伝わっ... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 08時43分

» 安倍晋三氏は「権力」をコントロールしていけるのか? [ちょっと一言]
 愛知県長久手町の立てこもり事件が昨夜9時頃に漸く解決した。交番から駆けつけた警官が撃たれたまま5時間以上も放置されていたり、SAT隊員が [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 14時52分

» 「自己責任」という政府の責任を転化する姿勢は実は憲法違反だった! [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
今は5月19日土曜の深夜3時20分。そっとキーボードをなでるように打っている。昨日はショックなことがあってあまりにも早く、ふて寝をしてしまったのでもう充分睡眠は足りている。 ここに来て既に2週間が経過しようとし... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 14時54分

» 07年5月19日・土曜日 天下り [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年5月19日・土曜日  先日から国会は社保庁問題に取り組んでいる。  自民党は社保庁を6分割すると言っているが、おそらく厚労省の官僚が持ち込んだものではないだろうか、複雑怪奇で政治家の好きな解釈次第ではどうにでもなる感じだ。  朝ズバでその構図が分かりやすいテロップになっていたので作り直してみた。 最初は、自民党が言っている社保庁解体論だ。    そしてそれとリンクしている天下りので平成18年の上半期の実態だそうだ。これは特別会計から出ているので庶民には分からない数字だろう。     天下り規... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 16時43分

» ブログ休暇中に感じたこと その3 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
ブログ休暇中に感じたこと その3  日本は軍隊は持たないと誓ったのに何故改憲派が増えたのか。  一つ答えが見みえた気がしました。  先日、瀬戸内寂聴さんと美輪明宏さんの対談で、  昔を思い出すのは目では見ていない。脳の中で見ているだと言っていました。そして、その時、声や音まで聞こえているとも言っていた。しかしその音も耳では聞こえていないのは確かですが聞こえて来るので、その状態が思い出で、見ていないものは頭の中には湧いてこないと言う、全くその通りだと思います。  改めて目を閉じ昔に思いを馳せると... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 17時13分

» 防衛省への“過度な”期待で胸がいっぱいです② [犯罪学の防犯システム]
 前回のお話に引き続いて、今日も防衛省や自衛隊員の皆さんへのアイロニカルなメッセ... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 18時03分

» 【海渡雄一】戦争のできる国づくり、人づくり [喜八ログ]
海渡雄一弁護士の論文「戦争のできる国づくり、人づくり目指す悪法ラッシュの波」を転載させていただきます。 [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 19時59分

» 「事前調査はアセス法違反だ!!」okinawa_maxiさんの記事をリンク [競艇場から見た風景]
拙ブログに「沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page」 okinawa_maxiさんより、下記のコメントを頂きました。 TBありがとうございます。メディアは、報じないだけならまだしも、朝日.comはとんでもない政府からの「垂れ流し」報道をしています。環境アセス法で、「..... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 20時02分

» 日本軍現る--市民相手の軍事演習か [A Tree at ease]
 最近殺虫剤のCMがちょっと気に入っていて、"ヒモ"風の男が女の耳元で、おまえのために殺虫剤買ってきてやった、というと、どうして殺虫剤に10万円いるのよ?と女が問いつめる。男は、細かいこといわんでええやないか、とごまかす。  500円ほどの殺虫剤のために女から10万円の金を引き出すこの男の手腕。そうか、200倍もの金を・・・と思ったところでふと考え直す。待てよ、日本の自衛隊はフランスのNGOが1000万円でやる程度の給水を400億かけてやったわけだから、4000倍の金を引き出す"超ヒモ"理論をもっ... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 22時57分

» 9条を語れ 憲法は今+集団的自衛権 ・有識者懇談会はアベシの影武者ばかり! [晴天とら日和]
憲法を変えて戦争へ 行こうという世の中 にしないための18人      の発言。 出版社: 岩波書店 (2005/8/3)   価格:  ¥ 500 (税込) ●youtube クローズアップ現代 9条を語れ 憲法は今 1 ●youtube クローズアップ現代 9条を語れ 憲法は今 2 ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 23時58分

» 【下関市】今月25日に戦時訓練 [人工樂園]
 「とくらBlog」様からトラックバックを頂いております。どうもありがとうございます。選挙は是非とも頑張っていただきたいので,右にバナーもつけちゃいます。  【参照】「日本の笑顔を守りたい!」をメインスローガンとする戸倉多香子(とくらたかこ)さん(民主党山口県参議院議員候補者)の「笑顔の挑戦」を見る(森田実の言わねばならぬ)  さて,3月24日の「【国民保護計画】下関市の動向に要注意」でとりあげた六連島の実動訓練が,いよいよ今月25日に実施されることを地元紙の長周新聞が伝えております。以... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 17時08分

» 普天間飛行場移設問題とマスコミ [華氏451度]
◇◇◇沖縄の新聞から◇◇◇  辺野古の問題――米軍普天間飛行場移設のために、住民の反対を押し切って事前調査を強行。海上自衛隊がそれに協力したという問題――。全国紙でも全く触れていないわけではないが、報道は沖縄の新聞がはるかに詳しい。このところネット上で、沖縄タイムスや琉球新報の記事を読んでいる。今日はその中から2つばかりを簡単に紹介しておく。 〈自衛隊は住民から米軍を守る〉  琉球新報18日の社説、タイトルは「辺野古に海自艦・『何から何を』守るのか」。大砲や機関銃を備えた「軍艦」が派遣されたこ... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 00時22分

» 【コラム】我慢ならん!(ネット関係者一考) [【くう特捜部】ログ]
〜 〜 〜  福岡市の天神・大名地区の路上で19日、フリーターなど低収入で不安定な暮らしを強いられている若者たちがデモ行進をした。デモ隊は台車にステレオを載せ、大音響でダンス音楽を鳴らしながら「もう我慢の限界だ」「まともな仕事をよこせ」「フリーターを使い....... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 14時02分

» 「我が国と郷土を愛する」人たちを弾圧しているのは、誰だ!? [かめ?]
すごい勢いで重要法案を通し続けている、安倍政権。 今日は、これ↓ 教育3法案が衆院通過 「国を愛する態度」養成(共同通信) 教育3法案のうち、学校教育法改正案は義務教育の目標として「我が国と郷土を愛する態度を養う」ことなどを明記し、 なのに。 郷....... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 21時54分

» 憲法改悪のためなら過去の犯罪すらも道具にしちゃうのか [薫のハムニダ日記]
憲法改悪のための犯罪隠し/高橋哲哉 旧日本軍“慰安所”制度の被害女性たちがアメリカ議会で証言し、日本政府に謝罪などを求める決議案がアメリカ議会で審議されている。安倍晋三首相は「強制性はなかった」という自らの発言に非難が集まると態度を変え、“謝罪”を繰り返している。しかし慰安婦問題に関して旧日本軍の責任を否定することは、安倍の昔からの持論であり、彼がこれを変えたと考えることはできない。 今年の3月末、文部科学省は2008年度から使う高校教科書の検定結果を発表した。歴史教科書のほとんどが日本... [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 01時06分

» 辺野古沖合 「日本海軍」がやってきた [JCJ機関紙部ブログ]
5月号の中から、沖縄リポートを掲載します。 沖縄リポートはJCJのホームページに掲載されていないのでここでお読みください。 JCJ機関紙の内容を全部紹介するのが、このブログの目的ではありませんが、大事な問題ですし、浦島さんの記事を皆さんと共有しようと思います。 他の記事のサマリーは、明日以降ご紹介します。 JCJ機関紙は年間購読料、送料込み3000円です。 辺野古沖合 「日本海軍」がやってきた 環境「事前」調査に海自出動の暴挙 5月17日夜から18日未明にかけ、海上自衛... [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 09時55分

» 現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対する共同声明文の英語版 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
村野瀬@派遣秘書@ 私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/ です。 下に掲載するのは、「私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します」の共同声... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 22時45分

» 現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対する共同声明文の英語版 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
村野瀬@派遣秘書@ 私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/ です。 下に掲載するのは、「私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します」の共同声... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 22時47分

« 辺野古海上調査への海自出動を弾劾する | トップページ | JPUをストライキで闘える組合に変革しよう! 郵政民営化反対の旗を今こそ高く掲げよう! 全郵政との統合反対! 反対派の代議員を全国大会へ送り出そう! »