« 鬱々として過ごしています | トップページ | きょうと通信 07年06月05日 NO、31 »

2007年6月 1日 (金)

正直者は損をする?

 ここ暫くの鬱々とした気分の原因となっているものに職場の人間関係がある。正直言って私は良い人でありたいという気持ちが強いのであろう。あるいは、今まで活動家であった時に全ての全逓労働者を獲得しようと高望みするあまり、誰に対しても気を遣い神経をすり減らす癖が付いていたのかも知れない。特にここ数年は鬱病の為に同僚に迷惑をかけているという負い目がある。そんな中で最高優績者の守銭奴や優績者のマル生分会長にすら気を遣っていた。連中は絶対に闘争の時には逃げ出すか当局の手先となってスト破りをするような輩なのであるが、それらに対しても良好な関係を築こうと無理をしてきた面がある。

 例えば守銭奴が獲得した契約が私の集金区にあって、名義上の契約者の住所に集金に行ったのであるが、その家の奥さんは何しに来たという対応をする。色々話をしていく内に奥さんの実家の母親が保険の契約をする為に旦那さんの名義を貸してくれと言っていたことがあるという。実家に集金に行って貰わないと困ると言われた。実家に電話すると後日お金を用意するので出来次第集金に来て欲しいという。数百万を一度に払い込むというので連絡を待つことにしてその日は名義上の契約者の家を辞した。後日自分の業務で忙しく走り回っている時に守銭奴から電話が入る。今すぐ集金に来てくれと言う。郵便局の貯金・保険の外務員はPTと言う携帯端末機を使って集金するのであるが、不正防止の為に集金担当者以外は原則として保険料の払い込みを受けることが禁じられている。その日はまったく違う地域の集金をする日であり、その日の業務だけでも忙しかったのであるが、無理して時間作って名義人の妻の実家に行った。本来ならば契約者の住所以外に保険金の払込場所を指定することが出来るようになっているのであるが、守銭奴はそれをしていなかった。有り体に言ってしまえば、名義を貸した娘婿が本当に契約書に記名押印したのかどうかすら疑わしい。何故なら名義人に会っていれば集金についての説明は不可欠であるからだ。

 マル生分会長に関して言えば、時々保険料の領収書を切ってくれと頼んでくることがある。これまた実際には私自身が受け取らない限り違則(いそく)取り扱いになるので、断って同行する事にしたことが何度かある。実は満期保険金を届けた時と新規契約を受理した時には特例集金と言って集金担当者以外のものが保険料を受け取っても良いことになっている。マル生分会長は満期のお届け先の家庭で新規契約を受け取る際に既存の契約の集金も同時に行う話をしていたのであるが、PTにデータを入力するのが面倒くさいという唯それだけの為に私に領収書を用意してくれと言っていたのである。問題は留守番の人に満期保険金を手渡し、その人から新規契約の保険料をマル生分会長が受け取ったことである。私の場合集金だけをしたので留守番の人から保険料を受領しても何の問題もないのであるが、新規契約の場合は契約者本人から保険料を受け取る規定になっている。別にマル分(「まるぶん」成績を半分分けすること)してくれたのではないので私は無関係と言えば言えるのであるが、不適正募集の目撃者にされた。

 守銭奴にしろマル生分会長にしろ、正規取り扱いから大きく外れた行為をしているのであるが、郵政はその様なことはお構いなしに両者を表彰している。どちらの行為も、実は不適正募集・違則取り扱いと言うことで最長三年間の保険募集停止処分の対象である。課長に報告しなかったという点で私に対しても処分があるかも知れないが、少なくとも両者との関係で言えば同行募集・共同販売をするような間柄ではないので、私自身が販売停止処分を食らうことはないであろう。だがしかし、真面目に正規取り扱いをしている人間がこれらの輩によって振り回され、色々と気に病むというのは郵政の職場その物がおかしいと言わざるをえまい。開き直って、階級的立場に立てないこういった輩と絶縁するのが私の精神衛生上良いのであろう。少なくとも鬱病を再悪化させないで済むに違いない。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

参照記事

「62定期大会に向けて訴える」

「久しぶりのビラ撒き」

「新年会」

|

« 鬱々として過ごしています | トップページ | きょうと通信 07年06月05日 NO、31 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 TAMO2さん、tatu99さん、ご心配どうも有り難うございます。確かレーニンは「なにをなすべきか」の中で党派性が曖昧であることは良くないことであり、敵対勢力との違いを明確にすることで支持を獲得することを訴えていたと思います。私もレーニンに習って自らの主張を割引することなく、掛け値無しに訴えることで仲間を増やすことに切り替えます。
 千葉428さん、確かに取った取られたで労働者同士が相争うのは避ける必要がありますね。でも便宜扱い自体が間違った行為ですし、私も今後は拒否するように心がけます。
 土屋潜郎さん、出来るだけ休養を取って精神力と体力の回復に努めます。両名についてはいざ闘うという時には裏切る輩ですので切り捨てることにして、そうではない人々、仲間を裏切ることの出来ない人を増やすことに努力します。
 鬱病については郵政は大阪市役所と並んで理解がないらしいです。シャープや関電の方が鬱病を初めとする精神疾患の労働者が職場復帰する為の各種制度が整っているようです。これはある意味階級的労働運動が叩きつぶされた職場で精神疾患にかかる労働者が多かった為に民間企業で対策が講じられたことに対して、一定程度階級的労働運動が存在し、その事によって闘いの中で病者を守ってきた官公労の有り様が崩れつつあるのだと思います。断固として闘って生き延びる道を選びたいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2007年6月 6日 (水) 22時48分

気が沈んでいるときは、考えるよりも睡眠のほうを優先してください。

守銭奴にしろ、マル生分会長にしろ、悪い人に対してまで良い人である必要はありませんよ。そういう拝金主義者は損得でしか動かないから、恩を恩とも思いませんし、寄らば大樹で、その場の状況で、風見鶏のごとく、有力そうな勢力のほうにフラフラとついていきます。そんな人に親切にしてやってもブタに真珠です。キッパリと切り捨てるか、あまり関わらないほうがいいと思います。

郵政の職場というか社会その物が病んでいて、10人に1人くらいは鬱病なのが今のご時世ですから、むしろ病気になるほうが普通ともいえるし、なりたくて病気になる人はいませんので、鬱に負い目を感じる必要はまったくないと思います。むしろ今の病んだ社会状況をみんなで変えようというのが本当でしょう。

投稿: 土屋潜郎 | 2007年6月 5日 (火) 01時45分

前にも同じようなコメントをした事があるかもしれませんが持論ですので、味方を作るためには敵を作ることもアリかと。
敵の敵は味方。女性同士に限らず他人の悪口を言い合うことで友情が深まる?これでは論外ですが、営業の優績者には指導力があり周囲からも信頼され応援されるタイプと全く逆のタイプに2分され中間タイプが少ないものです。
民間企業で一定以上の規模であれば成績の良い支店営業所と悪い閉鎖寸前の所もあります。
そこで最高優績者の守銭奴は抜擢されて閉鎖寸前の支店長や営業所長として赴任します。
結果として見事に実力を発揮し支店閉鎖と同時に退職となります、責任を部下に押し付けたり営業地域のせいにして復帰する場合もありますが。

投稿: tatu99 | 2007年6月 3日 (日) 07時57分

私も組合の用件をやってもらうために、そのような人の集金をやったことがありますが、その人が処分されたとき「犯罪」の発覚を遅らせたという理由で処分されてしまったことがあります。その後は便宜扱いはしないようにしていますが、よくある保険を取った取られたの争いはしないようにしています。当局とはけんかしても職員とはできませんね。

投稿: 千葉428 | 2007年6月 2日 (土) 16時37分

レーニン、彼はやさしくて、そして残酷でした。同じ職場の仲間とはいえ、そういうレーニン的態度を取る必要なことが絶対にあると思います。

敵の中に味方がいるがごとく、味方の中に敵がいるものです。

投稿: TAMO2 | 2007年6月 2日 (土) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/15281642

この記事へのトラックバック一覧です: 正直者は損をする?:

» 現代に遺る魔法呪文(3):シシャ・ニ・ムチウツ・ナ [嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)]
 魔法の呪文といえば、『ゲド戦記』、『ハリー・ポッター』や『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』など、架空のファンタジー世界だけのものだと、あなたは思っていませんか?  いえいえ、魔法の呪文は現実の世界……この... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 22時57分

»  07年6月2日・土曜日  社会保庁問題 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 07年6月2日・土曜日  社会保庁問題は長年続いている。しかし、何か問題が表面に出ないとマスコミは取り上げないので、尻すぼみ状態になり問題は解決しないまま,元の状態に戻ってしまう。年金問題もここまで拗らせたのはマスコミも国民にも責任の一端は有ると思う。  その点,TBSとみのもんたは三年以上毎週土曜日のサタデーすばっとで、この問題を取り上げていた。       この番組は、私たち庶民にも社保庁問題を分かりやすく説明している。ただあまりにも早朝なのが残念だ。  今朝も番組はこの問題にかなり時... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 16時36分

» 其の二 年金記録の解決策、自民党・民主党・共産党  [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 其の二  今日は消えた年金記録の解決策が、自民党・民主党・共産党と出ていた。  各党一長一短だ。拡大図は護憲+の視聴覚コーナーに入れてある(ここをクリック)  http://yufuu.com/User/Goken/news4no46.      なぜ、自民党は問題が起こると第三者を持ち出す。責任逃れの手段に見えて仕方がない。  徴収記録が消えてなくなったのは社保庁の責任で国民には一切ない。それを偉そうに国民に窓口まで出てこいとはもってのほかだと私は思う。  地方から社会保険庁のコンピューター... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 16時50分

» なんでもありの悪行三昧「社会保険庁」 [晴天とら日和]
メチャメチャ腹が立った!!!!! 世間知らずの坊ちゃん、自分の都合の良い様に ナンデモカンデモ「強行採決」をしておいて、 自分の都合が悪くなったら、この言い草か! 「この問題で与野党が争っているときではなく、よりよい年金制度を作ってい....... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 23時34分

» 青森県に「脱北者」が船で入港−北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会が緊急声明 [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
昨日、青森県の深浦港に「脱北者」と思われる人々が船で入港した事件に関し、「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」が「緊急声明」を発表しましたので、以下に全文掲載します。 緊急声明 日本国総理大臣 安倍晋三 殿 日本政府は青森県に到着した脱北者を難民として保....... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 04時57分

» 【書籍紹介】風間直樹・著「雇用融解―これが新しい「日本型雇用」なのか」(東洋経済新報社) [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
「偽装請負」が蔓延るシャープの亀山工場、違法行為を繰り返していた人材派遣のクリスタル・グループ(*現在はグッドウィル・グループに吸収合併)、「研修生」の名の下で「搾取」される外国人労働者、「日雇い派遣」等の不安定雇用・・・。 いわゆる「終身雇用」が幻想と....... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 05時20分

» 07年6月3日・ 今朝の時事放談 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年6月3日・歯の衛生週間  日曜日のテレビも新聞も社保庁問題や松岡元大臣、天下り問題で花盛りです。  今朝の時事放談は塩爺と元鳥取県知事片山善博の対談だった。その中に        テロップがでていて松岡元大臣の言葉が気になり、下に小さく記載されていたムネオ日記を検索すると、 【このサイトの写真・文章などは、手段や形態を問わず複製・転載することを禁じます。】 と記載されていましたのでムネオ日記URLを入れておきます。 ムネオ日記 http://www.muneo.gr.jp/html/dia... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 16時35分

» シリーズ医療も命も削られる(1)-後編 [権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!]
なぜ起こった? 医師不足(後編) 前編では医療にお金をかけない国の姿勢(低医療 [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 20時25分

» 「美しい星」の炉心部で融ける命 [Saudadeな日々]
アベ政権が今月ドイツで開かれるでぶち上げようとしてる「美しい星50」構想。 これっていったい、どこの星? 「2050年までに全世界の温室効果ガスの排出量を現状から半減」って何をどうするのかな? CO2より桁外れに強力な温室効果ガスの、代替フロンや、メタンはどうするの..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 02時48分

» 【派遣・請負労働者の人権】グッドウィル・ユニオンがグッドウィル本社前での抗議行動を呼び掛け [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
以下、「四トロ同窓会二次会」の投稿を転載します。 【転載転送大歓迎】 ■グッドウィル本社前行動を呼びかけます。  こんにちは。  グッドウィルユニオン委員長の梶屋です。  呼びかけをお読みのみなさん。私たちグッドウィルユニオンが組織化を開始したスポッ....... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 06時33分

» 07年6月4日・月曜日 海外編の素朴な疑問 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
年6月4日・月曜日  今日はテレビと新聞の中から海外編の素朴な意見を書いてみます。  暗い話は後にまわして、       今まで2度ほど同じような話を聞きましたが、奇跡はおこるのですね。奥さんの献身的な看護がないと覚醒した時に体が動かなかったと思います。  寝ている間に11人のお孫さん。  めでたいめでたい。         北朝鮮の核施設。日・中・韓で早期停止が重要と意見が一致したようだが、北朝鮮は本気で核施設を停止する意志はあるのだろうか。  もめ事の種は育つのみだろうか、昔は共産主義を賛美... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 14時50分

» アベシ内閣不信任:社会保険庁の段!結局自分で証明しないと年金は貰えないと思います。本当に振り込め詐欺です! [晴天とら日和]
チュー太一家は家族旅行から帰ってきました。 ●民主党:与党「救済案」のここが問題! ○与党案では、被害者は救済されない 与党案は時効の適用除外を定めているが、あくまでもこれは「納付記録の訂正」が前提となる。これまで被保険者等の申し出により社....... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 15時11分

» 07年6月4日・ 朝日新聞の切り抜き [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 07年6月4日・ 朝日新聞の切り抜き  安倍内閣支持率が急落した。今朝の朝日にそのグラフが載っていたので切り抜いてみた。      テレビを見ていると、自民党議員の対応は、菅直人が厚生大臣のときの責任だと言っているが、己たちの責任回避に大童している感じだ。いっそのこと、全大臣がテレビの前ですみませんと頭を下げた方が支持率は下がらなかったかも分からない笑い?。      戦後、後半の政治で言える事は、官僚に振り回される政治家が多くなり、本当の政治が居なくなったと言うことだ。情けないと云うことに尽き... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 15時58分

» 強い子、良い子、明るい子。電球のように明るい日本、なんてまさか、首相が! [とむ丸の夢]
うわっ、なんじゃっこりゃ!! 電球から日本を明るくしよう……。 電球みたいに日本を明るくしよう、か?!  まさか……( クリックしてください)「全ての人が日常のライフスタイルを... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 13時59分

» 「最高道徳」を、文科省・教育委員会は推奨したいのか? [とむ丸の夢]
脳科学の知識は私にはありません。 でも、高橋史郎氏の提唱する「親学」は、こうした「科学」の装飾を施すことで、いかにももっともらしい体裁を繕っているのではないか。科学の衣をまとった現代の修身教育ではないか、という... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 14時01分

» 07年6月5日・火曜日  柳沢大臣の謝罪 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年6月5日・火曜日  柳沢大臣の謝罪  柳沢厚労大臣が年金問題で謝罪している。  しかし、テレビを見ていると決まった物を声を出して読んでいるだけで心がこもっているとは感じられない。  大臣だから頭は下げられないのか、正面を向いたまま国民はこれでは謝罪したとは思わないだろう。     そして、この問題の対応策のテロップが出ていた。  しかし、番組が取材した政府の対応策をみると、     其れに5000万件という膨大な資料の処理件数を見ていると、一日24時間働いて一時間、5600件も処理しなけれ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 15時50分

»  07年6月5日  第二部  「後顧の憂え」  宮崎県の裏金 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
  07年6月5日  第二部  一部の続き、柳沢大臣が安倍首相にコメントを出している。      読んでいただいたらお分かりだと思うが、「後顧の憂え」という言葉を聞いて意味の分かる若者はどのくらいいるのだろう。  テレビ番組で簡単な四文字熟語の分からない芸能人が沢山いるが、先日の学力低下問題を見ていると、賢い人ほど難しい熟語をつかい社会離れの感がして一人で笑ってしまった。      自民党が参議院の争点を改憲問題より年金問題に切り替えたと云う。三年前の参院選と同じだ。三年前は野党が勝ったが、この... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 17時17分

» 悪い子,弱い子,ふつうの子 (笑) 欽ドンでいってみよ〜! [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 たまたま,とむ丸さんのブログ 強い子、良い子、明るい子。電球のように明るい日本、なんてまさか、首相が! を読んでいたら,昔の松下のCMソング「あっかるーい,ナショナール! あっかるーい,ナショナール! 皆んな,家じゅう,何でもナショナルー」を思いだしてしまいました.  今では手を広げすぎて,パソコン以外には見る影もない家電 (先日には高槻の半導体工場潰しはった),そして地道な電工を合併するのどうので経済面を賑わしている.トヨタのように三代目まで利益を伸ばし続け,常に新しい産業を開拓した訳でなく... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 21時41分

» それでもあなたは納税しますか? [どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ]
一般の国民は、 税のことについてあまり大きな問題意識を持っていません。 「取られて当然」とどこかで思っている節があって、 源泉徴収された税金は自分の財産ではない といった間違った前提を 何の疑いもなく共有している気がします。 確かに太古の昔より、 平民... [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 20時40分

» 国民を不幸にする消費税! [どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ]
またまた税の仕組みにおける矛盾を 解き明かしてみたいと思います。 今回はいつも以上に長くなっていますが、 我々国民生活に直結する大事な話なので、 是非最後までお付き合いくださいませ。 さて、 6月1日から 約2786万に上るサラリーマン世帯の 個人住民税(地... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 14時43分

» 人権抑圧大統領ジョージ! [どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ]
アメリカが、 世界有数の人権抑圧国家であることは ご案内の通りです。 例えば、 キューバに不法占拠状態で設営されている グアンタナモ強制収容所。 ブッシュ大統領は9.11後、 このグアンタナモ強制収容所に、 世界各地で捕まえたテロ容疑者を 無期限に拘束して... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 16時16分

« 鬱々として過ごしています | トップページ | きょうと通信 07年06月05日 NO、31 »