« 郵政民営化とサービス切り捨て | トップページ | 携帯電話の機種変更 »

2007年6月 9日 (土)

お勉強が山積み

 何だかんだ色々あって仕事上の資格取得とパソコンに関する勉強に追われている。仕事の方は民営化の10月1日を期して私の所属局でも投資信託の販売が始まる為に証券外務員の資格を取らなければならない。更に金融関係の資格として郵政部内の資格は幾つか持っているのだが、社会全般に通用するFP(ファイナンシャルプランナー)も取っておいた方が良いと言うことになった。病気の為もあって中々集中できず、FPに関しては昨年通信教育を申し込んだのであるが、未履修で終わってしまった。終了して資格試験に合格した場合には局から助成金が出るのであるが、結局受講料が個人負担になった。勿体ない話である。今年こそは終了させて合格したいと思っている。

 証券外務員については資格を取れなければ販売業務に携われないばかりか、民営化によって整理解雇が導入される為に最悪の場合資格のない労働者は解雇されるようである。そうでなくとも私の場合は病気によって仕事を休むことが多いのでリストラの対象になっていることは疑いない。先日も同病の知り合いと会って色々話していたのだが、関西では大阪市役所と郵政は精神疾患に対する理解がないようで、病者の職場復帰についてのプログラムが不備であるそうだ。反面シャープや関電の場合は至れり尽くせりの手順があるようで、精神病になっても色々配慮してくれて元気に仕事に戻れる人が多いそうである。この違いはある意味今までは全逓が一定程度の力を持ち、当局に対して労働条件確保の為に闘っていたと言うことがある。だがそれもここ10年ほどの急激な弱体化。ある意味で言えば91年5月22日の99臨時中央委員会で四・二八闘争を切り捨てたあたりからのことである。郵政のホームページによると数百人の自殺者がいるらしい。これは国鉄分割民営化の過程で一年間に200名以上の自殺者を出したより酷い。

 パソコンに関して言うと「人事交流=強制配転に反対する近畿郵政労働者の会」のホームページ管理人になった為に勉強せざるをえない。元々ホームページ開設と掲示板開設を強硬に主張したのが私である為に、言い出しっぺの責任として担当することになったのであるが、元々素人であるので中々理解できないで困っている。実は友人に幾つかのホームページを持っている者がいるので、基本的な作成を依頼しても良いのであるが、相手の事情もあって中々頼むことが出来ないでいる。ついでに言えば人任せにした場合、更新作業について力量不足の為に滞りがちになるかも知れない。それは是非とも避けたいというのが私の思いである。そこでせっせと勉強に励んでいる次第である。「人事交流=強制配転に反対する近畿郵政労働者の会」のホームページについては、まだまだ表紙しか無いのだが出来るだけ早期に色々なコンテンツを作成できるようになりたいと思う。それまでは極めて不便であるとは思うが、ご勘弁いただきたい。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 郵政民営化とサービス切り捨て | トップページ | 携帯電話の機種変更 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、突然のコメント失礼いたします。

この度、日本ブログ新聞というサイトをオープンいたしました。

ブログランキング&ブログパーツ&SNS&YouTubeなどの付加サービスを備えております。

よろしければ、ご参加下さい。

なお、このご案内が重複しておりました場合は、ご容赦下さい。

失礼いたします。

http://japanblog.jp/

投稿: 日本ブログ新聞 | 2007年6月11日 (月) 19時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/15373218

この記事へのトラックバック一覧です: お勉強が山積み:

» 自民党の支持やめますか?年金貰うのやめますか?さぁ、どっち!動画あり [晴天とら日和]
私、年金のこと、相当長いので、明日書こうと思って資料をメモ帳に入れてあります。そのこと読んで頂いて、それでも、自公チューに1票投じる方がいたら、そういう人達は、「年金いらない!」か、「共済年金を貰う立場の公務員!」か、どちらかだと思います。 戦後60年、....... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 21時25分

» 07年6月11日・月曜日  新聞休刊日  二大巨大国 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年6月11日・月曜日  新聞休刊日  二大巨大国  戦争の好きな国家がある.  しかし、本当に心から戦争を好む国家は少数だとおもう。  そして戦争の好きな政治家もいる。だが戦争を拒否する人々もいる。  お金儲けのために戦争をしたがる企業や財閥が世の中に存在する。  其れを喜んで手伝う政治家がいる。  しかし、戦争の好きな人々の殆どは自分に被害が及ばない処や社会的地位にいる人々なのだ。  そして古今東西を問わず犠牲になるのは、お金もなく力もなく、ただ一生静かに天命を全うしたい弱い庶民なのだ。... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 15時40分

» 07年6月11日・月曜日  年金問題は問題が片付くまでつづけよう [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 07年6月11日・月曜日  年金問題は問題が片付くまでつづけよう  最近は殺人事件については意識して書いていない。しかし今年になってから異常と言っていいほど、夫婦や尊属殺人が多い。看病疲れで連れ合いを殺して心中に近い状態の殺人が多すぎる。政治の問題だと思う。  老いてくると此のような新聞やテレビ報道は胸がつまってくる。      年金問題も日曜日をはさんだのか、メディアで鎮静しつつある感じがある。気長に続けてもらわなければ、忘れやすい国民は参議院選挙の投票日には忘れてしまう可能性がある。  ... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 17時12分

» 年金制度崩壊(三部作・最終):この項を読まれて、尚、自公チューに1票投じるなら度し難しだと思う。 [晴天とら日和]
●ゲンダイネット 2007年06月11日10時00分 デタラメ社保庁許せない!国家公務員共済年金は特別扱い 「消えた年金」問題で日本中が大揺れするなか、新たな年金のデタラメ実態が明らかになった。民間の年金資金を運用するため、総額3700億円を投じて全国に建てられた....... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 20時12分

» 競争が絶対じゃないし、努力がすべて、というわけじゃない [とむ丸の夢]
ついこの間まで新聞紙面等をにぎわしていた(?)言葉「南北問題」がいつの間にか消えてしまいましたね。 これはけっして問題が解決したからではなく、代わって登場してきたグローバリズムの陰で、むしろ問題が進化・深化し... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 20時44分

« 郵政民営化とサービス切り捨て | トップページ | 携帯電話の機種変更 »