« 民医連・医労連には腹が立つ | トップページ | プリンター譲ります »

2007年8月 6日 (月)

釣りキチ三平

 最近息子は釣りに嵌っている。連日のように釣りに行こう釣りに行こうと煩くせがむ。きっかけは7月の始めにとある山の麓に遊びに行った際、最初はカブト虫やクワガタ虫を探していたのだが、途中から釣り堀の魚に目が行ってしまった。地元の人たちがヘラブナを放流して、釣りに夢中になっているのが楽しそうに見えたのだろう。自分でも先の尖った棒きれを銛に見立てて魚を付こうとした。帰宅するや我が家にあった延べ竿で釣りに行きたいと駄々をこねる。何年か前に娘達と一緒に近所の川で釣りをした際に買った物で、とうの昔に仕掛けなどは失っている。仕方がないので隣町の釣具屋まで予め用意されている仕掛けとエサのミミズを買いに走った。

 川幅4~5㍍のさして深くない川なのだが、鮒か鯉が居るようで、時折釣りをしている人がいる。延べ竿に仕掛けを付けて暫く流してみる。「父ちゃん父ちゃん、引いてるで」と息子が教えてくれるのだが、どうもタイミングが合わなくてエサばかりとられてしまう。だがバレてしまった物の引きは強かった。釣れたら儲けモンと言うくらいの気持ちで息子と交代する。「こんがらがった」と、息子はお祭りをしてばかりで一向に釣りにならない。ジリジリ照りつける夏の日差しの中でも結構粘る。すると退屈なのは私の方である。一旦棹をしまって場所を変えることにしたのだが、釣具屋に行って二束三文で売っている振り出しの棹を二本買う。私の分と息子と分とである。ついでに仕掛けも買い足した。

 夕方は釣り場所を池に変える。ここも魚影はあるのだが、一向に釣れない。私も息子も下手なのである。引いていてもタイミングが合わずエサを取られるばかりであった。夕方も6時を回り、次女から「いつ帰ってくるの」と問い合わせのメールがあったので納竿にして帰宅する。数日おいて再び同じ池に行く。近所の人の話ではブラックバスが居るらしく中々釣れないとのことである。ルアーを用意する余裕はないので諦めて帰る。その後も何度かこの池に行くのだが、やはり全く釣れない。別の川に行ったり色々場所を変えるのだが、未だに釣果は上がらない。今日は夕方から最初の川に行ってみたが、やはりエサを取られてばかりだった。ここまで釣れないとムキになってくる。明日こそは絶対釣ってやる等と思いながら帰宅した。

 (注 「釣りキチ三平」は矢口隆雄が30数年前に週刊少年マガジンで連載していた釣りの天才少年が主人公のマンガである。10年ほど前にリバイバルというか続編があったらしいが、そちらは未読である)

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 民医連・医労連には腹が立つ | トップページ | プリンター譲ります »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 unyaoさん今晩は。初めまして。アドバイスどうも有り難うございます。給料が入ったら浮きを始め仕掛けも色々変えて試してみます。
 実は小学生の時は近所の池や川で鮒などを釣っていたこともあるのですが、さすがに30年ぶりなので勝手が分かりません。色々工夫してみます。

投稿: アッテンボロー | 2007年8月 9日 (木) 23時39分

私も中学生の頃は朝、釣りをしてから学校へ行ってました。
アッテンボローさん親子の腕のせいではないと思います。
さて対策ですが・・・
まず、浮きを変えてみましょう。ここは一発ヘラブナ釣り用の浮きの少し値段の高めの孔雀羽製の浮きを購入して使ってみてください。
感度の良い浮きは魚のほんの少しの微妙な当たりがはっきりとわかります。
せっかく釣りに関心をもったので何とか購入してみてください。絶対釣れるようになります。
今はハイテクな世の中なので安価で感度の良い浮きがあるかもしれませんが当時は孔雀の羽が最高に感度の良い浮きでした。少し値段の高い浮きでもその効果はあるいと思います。

投稿: unyao | 2007年8月 9日 (木) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/16028911

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りキチ三平:

» 本格始動 [Learning is Treasure]
大変お待たせいたしました。 ただいまより、当blogを暫定公開から本公開に切り替えたいと思います。 運営方針は、基本的に従来と変わりません。 友人知人はじめ様々な人との交流 自分の活動と成長の記録 情報の発信と問題提起 同じ思いを抱く仲間探しとネットワークづくり ..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 04時51分

» 工作機関 米国民主基金NED [とむ丸の夢]
久しぶりに見たル・モンド・ディプロマティークに興味深い記事が載っていた。「米国民主基金という工作機関」だ。 1947年に創設されたCIAが冷戦構造の中で「ソ連の『イデオロギー的な影響』を阻止するため」には手段を選ばな... [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 00時56分

« 民医連・医労連には腹が立つ | トップページ | プリンター譲ります »