« カブト虫・クワガタ虫 | トップページ | ドラマ「はだしのゲン」を見て »

2007年8月12日 (日)

元自衛官・佐藤正久参議院議員は即刻辞職せよ!!

 先の参議院選挙で自民党比例代表で当選した、元陸上自衛隊イラク派遣部隊の隊長であった佐藤正久参議院議員が、JNNの取材に対して、自ら戦場に飛び込んでワザと戦闘に巻き込まれ、なし崩し的に自衛隊をイラク人に対しての戦闘行動に参加させようとしていたことを告白した。「低気温のエクスタシーbyはなゆー」「【重要】イラクで陸上自衛隊が独断で戦闘を開始する決断をしていた! 」で TBSの動画ニュースを紹介しているのだが、この中で佐藤議員は「『情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる』という状況を作り出すことで」「巻き込まれない限りは正当防衛・緊急避難の状況は作れませんから。目の前で苦しんでいる仲間がいる。普通に考えて手をさしのべるべきだという時は(警護に)行ったと思うんですけどね。その代わり、日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」と述べている。

 佐藤議員は自衛官時代に目的意識的に自衛隊を戦闘状態に入らせることを狙っていたのだ。しかもその事で処罰されるのなら裁判を受けて立つという文字通りの確信犯である。このような輩が国政の場にあることは断じて許されない。自衛隊の建前である文民統制を踏みにじり、戦火を拡大しようとしていたのだ。これは戦前の軍部が謀略を駆使して日中十五年戦争を拡大していったのとまったく同じ論理である。柳条湖事件(1931「昭和6」年9月18日)では関東軍の謀略部隊が自作自演の爆発事件を起こし、それを中国の軍閥長学良の仕業として戦闘状態に入り中国東北地方を占領した。盧溝橋事件(1937「昭和12」年7月7日)でも、関東軍の謀略によって日中戦争 (支那事変、日華事変)が全面化していった。政府は軍部の独走を止めることが出来ずに事後承諾で戦争を承認したのだ。佐藤はこれとまったく同じ事を企んでいたのだ。このような人間に国政を任せる訳にはいかない。即刻辞任させるべきだ。

 更に問題なのは、自衛隊幹部の間ではこのような危険人物を敢えてイラク派遣部隊の指揮官に選んだと言うことである。自衛隊の上層部は佐藤と同じ考えであると言わざるを得ない。そうでなくてこのような人事があり得るだろうか。自衛隊が組織的に戦争状態に突入しようとしているのだ。戦前の軍部の独走とまったく同じ事が起きようとしているのだ。この事実を見過ごしてはならない。この問題を徹底的に追及しよう。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

以下JNNのニュースを引用する。

「駆けつけ警護」認めるべきで一致

動画を他のプレイヤーで見る

 集団的自衛権に関する政府の有識者会合はPKO=国連平和維持活動を行う自衛隊に対して、憲法上できないとしてきた「駆けつけ警護」を認めるべきだ、という意見で一致しました。

 PKO活動の際の武器使用は、正当防衛や緊急避難などの場合に限られていますが、10日の会議では国連の集団安全保障の問題としてとらえるべきだとする意見で一致しました。

 その上で、正当防衛を超えるとして憲法違反とされるいわゆる「駆けつけ警護」は認めるべきだとする意見が相次ぎました。これは、味方である他国の軍隊が攻撃された場合、駆けつけて応戦するものです。

 こうした事例について、イラクに派遣された陸上自衛隊の指揮官だった佐藤正久氏は、当時現場では、事実上の「駆けつけ警護」を行う考えだったことをJNNの取材に対して明かしました。

 「自衛隊とオランダ軍が近くの地域で活動していたら、何らかの対応をやらなかったら、自衛隊に対する批判というものは、ものすごく出ると思います」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員)

 佐藤氏は、もしオランダ軍が攻撃を受ければ、「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」という状況を作り出すことで、憲法に違反しない形で警護するつもりだったといいます。

 「巻き込まれない限りは正当防衛・緊急避難の状況は作れませんから。目の前で苦しんでいる仲間がいる。普通に考えて手をさしのべるべきだという時は(警護に)行ったと思うんですけどね。その代わり、日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員)

 懇談会は11月までに集団的自衛権の行使を容認する提言をとりまとめると見られます。しかし、公明党が反対している上、参院選の惨敗で安倍総理の求心力が低下しており、報告書は棚上げせざるを得ないという見方が強まっています。(10日22:50)

 

|

« カブト虫・クワガタ虫 | トップページ | ドラマ「はだしのゲン」を見て »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ハンドルが洩れていました。上記の書き込みは私です。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月15日 (火) 01時53分

 ROM人さんの言われるとおり本筋から外れているのは分かっています。「大量破壊兵器」が無かった時点で米帝に正義が無いことは明らかでした。

 ただ元自が論点をずらそうと悪あがきをしたために、それなら米帝の最後の口実である「民主化」の内実はどうなんだと言うことで脱線した次第です。

投稿: | 2008年7月14日 (月) 22時53分

>もしあなたがイラク侵略戦争に「大義」が有ると主張するのなら。侵略戦争開始以前のイラク人民の反政府運動について紹介していただきたいものだ。

 アッテンボローさんも根本を間違えていると思います。
 そも、イラク戦争の目的は大量破壊兵器の排除であったはず。それが見つからなかった以上、戦争以前の反政府運動を述べた所でそれは論理のすり替えにすぎない。
 イラク戦争の正義は、大量破壊兵器の有無によってのみ決定される。
 違うでしょうか?

投稿: ROM人 | 2008年7月13日 (日) 21時47分

 ハンドルネームを入れるのを忘れましたが、上の書き込みは私です。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月11日 (金) 04時54分

 元自さん、「屁理屈を言うなといいたい。」と言う言葉はそのままお返ししておきます。あなたは何だかんだと言いながらイラク戦争の「正義」にいつて何も語っていない。サダム・フセインが独裁者であったとして、イラクの人々が助力を求めたわけでもないにのに他国が「反動政権」を倒すために軍事力を行使する正当性が無い。「無知は悪いとはいいませんが無知の上の屁理屈と正義は害しかない。」全くその通り。あなたは無知蒙昧の輩。である。シビリアンコントロールを云々するが、国民にイラク戦争の真相が明らかにされていたであろうか? 米帝のデマ宣伝をそのまま垂れ流した報道が中心であったではないか。日本政府によって殆どの国民は騙されていたのである。シビリアンコントロールも減った暮れも無い。

 もしあなたがイラク侵略戦争に「大義」が有ると主張するのなら。侵略戦争開始以前のイラク人民の反政府運動について紹介していただきたいものだ。私は少なくともイラクの主張している侵略戦争による被害について見聞きしている。6月29日の記事でもイラクからの亡命者の講演を聞いたことを書いている。あなたはそれに対しては一言も触れることができない。インターネット上で公開されているイラク侵略戦争による惨禍について何一つ語ることが出来ない。このことを取っただけでもあなたの書き込みは犯罪者が自らの得手勝手な屁理屈を唱えている似すぎないことは明白である。

投稿: | 2008年7月11日 (金) 03時48分

大前提としてイラク戦争に大義があったのかどうかを考えて下さい。当事者であるアメリカ政府自体がイラクに大量破壊兵器がなかったこと、アルカイダとの繋がりがなかったことを認めています。「無名の師」であったことは明らかであり、イラクの人々からすれば侵略戦争であり、侵略による支配が継続しているのです。イラクの人々が米英蘭などの軍隊に対して攻撃をするのは正当なレジスタンスです。自衛隊も侵略軍の一員に過ぎません。下らない感情論をグダグダ書き込んで自己正当化を図る前に、イラクの人々の立場に立って物事を考えて下さい。
>
>
大前提として?馬鹿じゃないですか?くだらないのはあなたのほうですよ。屁理屈を言うなといいたい。

  行った自衛隊が悪いというそのあなたのとぼけた偽善は虫唾が走る。現場は、自衛官もオランダ軍も任務と義務を職務と規律に従って行っている。あなたのように下らない責任転嫁や屁理屈、偽善を言わずにね。

  無知は悪いとはいいませんが無知の上の屁理屈と正義は害しかない。
自衛隊の派遣はどのような流れによって行われるかぐらい勉強して欲しいですね。シビリアンコントロールって知ってますか?グダグダ頭も使わずに下らない感情論でウダウダ言ってるのはあなたです。

  現場の自衛官や自衛隊が派遣を決め派遣されたのではなく、あなたも含めた一般国民が派遣の原因でしょうが。そのあなた方のためにイラクに行くはめになって、そのうえ目の前で自分たちのために撃たれてるオランダの若者を、あなた方の無神経な理屈に則って見捨てるのがイラク国民のためですか(笑)

  国民が政治に不甲斐ないために派遣された挙句にその国民の一部から悪い事だから黙って撃たれて死ねって平然と言われるんですから笑えます(笑)

  自己正当化はどっちです?あなた日本国民ですよね?イラクに派遣が決まった段階であなたにも責任があるの忘れてません?あなたがイラクに軍隊を派遣しなかった国の国民なら言い分はわかりますよ?

  イラクの被害者がイラク国民ならイラク派遣に関する日本の被害者は自衛官ですよね?日本国民の選挙の結果こうなってるんですからね。

国民が投票>議員が選ばれ内閣を作る>総理大臣が防衛省に命令>防衛省が自衛隊に命令>派遣。

  オランダも似たようなものでしょう。その国民の責任を自衛隊やオランダ軍に背負わせた挙句に反省して撃たれてる人間を見捨て黙って撃たれろ。仕方がない事だ。

  いいご身分ですね、何様ですか?人の命も自己の責任も何とも思ってないようですね。そんな人間が偉そうにイラクの人の気持ちだとか馬鹿言わないで欲しいですね。

  自分の日本国民としての責任やそれに関わる自衛隊への責任を棚上げして現場の自衛隊に責任の一切を負わせて何にも考えてないし何も理解しようとしてないくせにイラクの人の気持ちですか?好きで日本人でいるわけじゃないとでも言いますか?

  イラクの人々が米英蘭などの軍隊に対して攻撃をするのは正当なレジスタンスです。自衛隊も侵略軍の一員に過ぎません。

  イラクで自衛隊やオランダ軍の兵士と話をしたり一緒に仕事したり交流した住民に感想でも聞いてきましたか?取材でもしましたか?話でも聞いてきましたか?

  日本国内にいてよくわかりますね?現地のイラク人に友達でもいるんですか?
武装勢力や旧勢力、テロを苦々しく思い新生の民主的なイラクを目指しそういう勢力と命がけで戦っているイラク人も大勢いるようですけど、これはあなたの言う事と大きく矛盾しますがご説明願えませんか?

  アメリカの意図はともかくとして独裁政治を行うフセインを快く思わず倒れるのを願い。自由で平和なイラクを望んだ人たちは大勢いたし、虐待、虐殺され続けたクルド人もイラクにいたわけですよね?

  過去イラクが行った虐殺や対外戦争はご存知ない?知るわけないですよね。勝手に思い込みでイラクを知らない人間がイラクを語るのは笑えませんか?

  あなたのいうレジスタンスのレジスタンス的な人たちもたくさんいて戦ってるようですが一つ、矛盾のないよう理論的なご高説をお願いします。

投稿: 元自 | 2008年7月 9日 (水) 02時38分

 元自さん、随分古い記事にコメントを書き込んでいますね。ブログの性格上古い記事を欄でいる人がいるでしょうから、そのこと自体は特に問題ではありませんが。

 さて、あなたは「プライド」だの「復興支援のため派遣されている仲間が襲撃に会い応援を必要とする切迫した死傷者が出ている状況で俺たちには関係ないという気持ちでのんびりしていられるのか?見ていられるか、人間としてという事です。」という感情論から問題を捉えているようですね。大前提としてイラク戦争に大義があったのかどうかを考えて下さい。当事者であるアメリカ政府自体がイラクに大量破壊兵器がなかったこと、アルカイダとの繋がりがなかったことを認めています。「無名の師」であったことは明らかであり、イラクの人々からすれば侵略戦争であり、侵略による支配が継続しているのです。イラクの人々が米英蘭などの軍隊に対して攻撃をするのは正当なレジスタンスです。自衛隊も侵略軍の一員に過ぎません。下らない感情論をグダグダ書き込んで自己正当化を図る前に、イラクの人々の立場に立って物事を考えて下さい。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月 8日 (火) 23時44分


  過去、1が10に飛躍したり、または悪質な取り方をする。偏った義憤のような感情から感情で正当化するといったものがまかり通りがちな部分が否定できない日本ですしね。

  サマワでオランダ軍が自衛隊の周囲を警戒、警備していたわけですが、それはどういった状況でしょうか?オランダ軍と自衛隊が共同の混成で活動しているという事ですよね?つまり互いにパートナーとして密接に協力し合っているわけですよね?例えば縁もゆかりも無く全く離れたとこにいて全く関係もないオランダ軍が自衛隊と離れたとこで独自に活動していたとしましょう。

  そしてオランダ軍が襲撃にあい戦闘を展開し死傷者が出ている状況だとしましょう、そこに離れたところから自衛隊が巻き込まれに来て口実を作って戦闘に介入してきた。
百歩譲ってそういう状況であればあなたの言う事は少しは理解できる。少しはですが。

  少しは、というのは自分の活動とは関係ない他国の軍隊であっても同じように復興支援のため派遣されている仲間が襲撃に会い応援を必要とする切迫した死傷者が出ている状況で俺たちには関係ないという気持ちでのんびりしていられるのか?見ていられるか、人間としてという事です。

  実際の環境は何ですか?自衛隊にオランダ軍が警備協力のため警護に当たってくれている状況ですよね?自分たちのために危険な任務に付いてくれているわけですよね?生まれも違う他国の人間のためにですよ?

  その状況でオランダ軍が襲撃に遭い死傷者を出しながら戦闘をしている状況とはどんな状況ですか?自衛隊を、日本の若者を守るために、見ず知らずの他国の兵士を守るためにオランダの若者が死んでいっているという状況ですよ?あなたは佐藤議員が男気がどうとか言ってましたが、そういう問題じゃないでしょう?

  逆にお聞きしますが見ず知らずの自分たちを守るために他国の若者が命を落としていくのをあなたは何の感情もなく平然と関係ない、日本の若者、自衛官の命が大事、重いと言うわけですか?見ず知らずの日本人のために命を落とすオランダの若者の命はあなたの中ではどれぐらいの重みがあるのか御説明いただきたい。

  自分はイラクに行けませんでしたがあなたの考えや言葉は人間としてどうかと思います。他人が自分のために命を落としていくのを自分たちの命が大事などと考えるのは恥ずかしい。よくよく状況や環境も理解せず自衛官の命がどうとか去年まで現役の自分などからすれば迷惑千番です。はっきり言います、余計なお世話と。

  もしオランダ軍が襲撃に遭い自分たちを守るためにオランダの若者が死んで逝く状況、ここで佐藤隊長が行くといえば当然の事としていきます。人間としてのプライドがある。

 >>まして自衛官が戦死することで報復のための攻撃が行われイラクの何の罪もない人たちを大量虐殺することになるのです。

  馬鹿にするな!どれだけ指揮官含めプライドを持ってやってると思うのか!一度でも自衛隊を経験してから言ってくれ!規律のない暴力集団、武装勢力、モラル、規律の無い武装集団だとでも言うのか!

  卑しくも自ら志願し任官し、イラクに家族を残し志願して行き、誇りと名誉を守り活動していた隊員を侮辱するな!

  いつ規律や名誉から外れ感情的な見るに耐えぬ事をイラクでやったのか?一つでも上げてみてください!

  感情で職務を忘れ誇り無き行為、見境無く守るべき非戦闘員を大量虐殺するなどという暴挙を取るという根拠を挙げて欲しい。

  私が所属していた隊からも多くイラクに行っている、その方々を侮辱する根拠を是非聞きたい。

  本当であれば自分たちのために死んで逝く人たちのため即反撃に出るのが通常の軍隊だが自衛隊には集団的自衛権の束縛がある、そのための苦肉の行為を取らざるを得ないしその間にも自分たちのために他国の若者が死んでいく。

  現場の環境や状況をもう少し考えて発言を願いたいし、自衛隊がどのようなものかちゃんと知った上で発言をして欲しい。

  こう言われて自衛隊がイラクに行くから悪いなどと言われるでしょうがシビリアンコントロールの元国民が選んだ議員が決めた命令に従って派遣されている。

  あなた方一般国民が自衛官という国民を派遣しているんです。自分たちは関係ないと言ったような、自衛隊はどうだとか、人事の物言いはどうかと思います。

  派遣の決まった隊に反対の署名を持ち込む、自衛隊に派遣の非難を浴びせる、イラクの民衆に対し銃を向けるな、などの非難を浴びせる。自分たちの責任を転嫁し押し付けて人事のように騒ぎたてる。

  自衛官が銃を向けるのではなく自衛官に銃を向けさせているいるのは誰あろう、そんな言葉を無責任に投げる一般国民。

投稿: 元自 | 2008年7月 6日 (日) 10時41分

プレカリアート@アフガン・イラク・北朝鮮と日本です(最近HNを変えました)。四トロ二次会板のアッテンボローさんの投稿を参考にして、各先様に早速TB飛ばさせていただきました。私がくだんの発言の事を知ったのは、ミクシィの書き込みとヤメ蚊さんのブログからだけだったので、他のブログなどでもこれだけ話題になっていたとは知りませんでした。情報提供に感謝しています。

投稿: プレカリアート | 2007年8月16日 (木) 07時35分

いや、佐藤正久が自衛官をバカにしてるから、流れ弾にでも当たればよかったのに


と言いたかったのですが……
勘違いされたのならごめんなさい。

投稿: ROM人 | 2007年8月15日 (水) 23時05分

 ROM人さん、自衛官が流れ弾に当たれば良かったなどと二度と言わないで下さい。人一人の命をなんだと思っているのですか? まして自衛官が戦死することで報復のための攻撃が行われイラクの何の罪もない人たちを大量虐殺することになるのです。
 「自衛隊の人間をバカにしてる」ともありますが、一体何所が自衛官を愚弄しているのか具体的に分かり易く書いて下さい。意味が分かりづらくて困ります。

投稿: | 2007年8月15日 (水) 08時50分

集団的自衛権云々の前に、自衛隊の人間をバカにしてる。

流れ弾でもいいから当たればよかったのに。

投稿: ROM人 | 2007年8月14日 (火) 18時40分

 上のましまさんへの返事は私です。名前を入れ忘れていました。

投稿: アッテンボロー | 2007年8月13日 (月) 16時27分

 ましまさん、私も見逃していましたが、はなゆーさんが作っているスクラップブックのようなブログは情報源にとても良いです。

投稿: | 2007年8月13日 (月) 07時05分

ひどい話ですねえ。まったくです。この報道を見逃していました。

投稿: ましま | 2007年8月12日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/16086236

この記事へのトラックバック一覧です: 元自衛官・佐藤正久参議院議員は即刻辞職せよ!!:

» 嘘つき!は総理大臣の特権 [kimera25]
時事通信社よりhttp://www.jiji.com/jc/p?id=20070809115814-5450572_~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 長崎原爆忌・献花する安倍首相長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で献花する安倍晋三首相。「憲法を順守し、非核三原則を堅持していくことを改めて誓う」とあいさつした(9日午前、長崎市の平和公園) 【時事通信社】 ``````````````````````````ん??? 憲法を順守し、非核三原則を堅持していくことを改めて誓うど... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 16時28分

» あるベテラン女性社会運動家への手紙(2) 選挙総括に代えて: しばらく私はお昼寝します.ZZZ... [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
「反‐貧困 無年金者同盟」代表から,該同盟の唯一人の同盟員であるS女史宛に書き送った返信.私はこの私信を借りて今回の選挙戦についての私自身の簡単な総括を提示することを意図した.余りにも簡略過ぎるとお考えの向きもあろうが,私の現行の日当カロリー摂取量ではこれが限界である(爆).前回の手紙(7月3日付)には『現在私は「脱米救国」というある意味で非常に遅れてきた…スローガンを最優先課題に掲げています』と書いているが,それからわずか1ヶ月後に,『脱米救国』がすでに文化的遺伝子として独立した生命(meme)を... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 16時49分

» maxiさんの米軍基地関連ホームページ誕生 [タカマサのきまぐれ時評]
■maxiさんのウェブログ『沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page 』が、日記形式であるために、はじめての来場者だと、記事の体系性だとか全体像がみえにくいということで、記事を整理したホームページが誕生した。■目次のページをリンクしつつはりつけておく...... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 18時23分

» 異を唱える勇気 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
 高遠さん達イラク人質事件の時もそうだけど、マスコミがこぞって同調して誰かを批判したり糾弾したりするとき、その論調に異を唱える事はものすごく勇気がいります。意を決して記事にしても、マスコミに同調している方々が豪雨のように押し寄せて、「炎上」、挙げ句、炎上....... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 19時13分

» マダム寿司"Madam Sushi."鮮烈にデビュー! キャハハハッ [晴天とら日和]
●日テレ 小池・ライス会談 “姉妹の関係”アピール<8/10 14:07> アメリカ・ワシントンを訪問している小池防衛相は現地時間9日、ライス国務長官と会談し、同じ女性の閣僚同士として親密さをアピールした。 「姉妹の関係、ガールスカウトネットワークなどと申し上...... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 20時23分

» 柳井懇談会は解散せよ [ 反戦老年委員会]
 安倍首相が参院選を控えた5月に立ち上げた有識者会議、「安全保障の法的基盤の再構 [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 22時06分

» 広島、長崎、新潟、東京(シンプルな事実すら鈍感を装い法令を口実に隠し続けられる国) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
柏崎刈羽原発の情報開示のやり方のまずさ、データの不整合と考えられる点に対しての指摘が原子力資料情報室(CNIC)のメールマガジンの8/10付け、『原子力情報宅配便“CNIC EXPRESS”[0127]』にありますので紹介させていただきます。 *バックナンバーはこちら で読むことがで... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 22時28分

» 元自衛官佐藤正久参院議員のトンデモ度 [とむ丸の夢]
 先の参院選での当選者、とんでも組の1人、佐藤正久氏がまたまた問題になっていますね。  トンデモ度も、アメリカからの帰国後も住民票を移さずに選挙権がなかったのに、意気揚々と期日前投票に報道陣を引き連れて出かけて... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 22時39分

» 自民党は、自衛隊の暴走に歯止めをかけるつもりはない!〜新憲法草案と佐藤正久発言と [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 小泉が安全だというところへ出かけておいて、「周りの人(オランダ軍)がやられているのを見過ごすわけにはいかんから、周りの人がやられ始めたら自分も巻き込まれた振りをして、戦争開始の口実をつくるつもりだった」という何やら男気に充ち満ちた趣旨の発言をしたヒゲ隊長こと佐藤正久に対し、安倍は、今週、いかなる「お言葉」をかけるのか?非常に注目したい。また、マスメディアがこの佐藤発言を見逃すのか、それとも突っ込むのか?これを見逃すようなメディアは、戦前の戦意昂揚新聞への道を突き進むことに躊躇していないというほかな... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 07時51分

» ジャパニーズ・ライス+ どこが人心一新なの? [日本がアブナイ!]
 PCのご機嫌が斜め右38度という感じなので<実は、昨日は、あのあと外出その他が あって、まだ新PCを立ち上げていない>、今回は書けるとこまで。 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 小池防衛大臣が、「私はジャパニーズ・ライスと呼ばれることがある。日本のライスは 寿司なので、マダム寿司と呼んで欲しい」とかワケのわからないことを言ってたけど。(・・)  それで、思い出した笑い話butちょっと身につまされた話(実話)を一つ。  知人がオーストラリアでホームステイをしていた時のこと。 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 14時25分

» ブロガーは連帯する!〜マスメディアは連帯できないのか?:佐藤正久発言への対応 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
   ヒゲの隊長こと佐藤正久のイラクでわざと戦争に巻き込まれ戦争を開始するつもりだった発言は、後で紹介するようにブロガーの間では、次々と取り上げられている。それに対し、マスメディアは、沈黙を保っているようだ。あの発言自体がどう考えても、ニュースバリューなしとは言えない。それにもかかわらず、取り上げにくいのは、現時点で報道するとしたら、「佐藤正久議員が●●という発言をしていることがTBSのニュースで報道されました」とか「佐藤正久議員が●●という発言をしていることがTBSのニュースで報道され、批判の声が... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 04時42分

» あえて巻き込まれる!? [大津留公彦のブログ2]
元自衛隊イラク先遣隊長で今回参議院議員になった佐藤正久氏はJNNの取材にこう語った。 [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 08時36分

» 「自由と繁栄の弧」で風呂敷を広げ引っ込みつかないタロイモAso外相(ただいま修学旅行中) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
月曜の夜、駅ナカの書店に立ち寄ったら、櫻井よしこ氏の新刊と(修学旅行中 の)麻生マンガ太郎氏の昨年の著書が仲むつまじ気に並んで平積みになっていて、その「なんとか光線」にやられて脱力しました。 気を取り直して視線をさらに右にスキャンしていったら当然のように「... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 09時03分

» 城山三郎と広田弘毅 [大津留公彦のブログ2]
城山三郎と広田弘毅 [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 11時49分

» 見過ごせない暴言 [ 反戦老年委員会]
 元陸上自衛隊イラク派遣部隊の隊長であった佐藤正久参議院議員の暴言がブログ(下記 [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 13時05分

» キレイな言葉を使っても「軍部の暴走」であることは免れない [こころはどこにゆくのか?]
例によって「有識者会議」という名の宣伝部隊が状況も分からないまま暴走しています…。 「駆けつけ警護」認めるべきで一致(TBSニュースi)  集団的自衛権に関する政府の有識者会合はPKO=国連平和維持活動を行う自衛隊に対して、憲法上できないとしてきた「駆けつ... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 22時54分

» 武力はもはや無意味になった [大津留公彦のブログ2]
「東京裁判・パール判事の真実」 [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 02時00分

» 佐藤正久発言は国会で真相究明を [壊れる前に…]
新たに参議院議員となった人たちがはじめて登院した日、新聞にこう書いてあった。 自民党比例区で当選した元陸上自衛隊イラク派遣先遣隊長の佐藤正久氏(46)は正門で約10秒間、敬礼をした。3年前のこの日にイラクから帰国。「灼熱と砂嵐のイラクから、今度は逆風の吹き荒れる新たな戦場に到着した思いだ」と顔を引き締めた。 「新たな戦場」という表現に、自分がイラク特措法の定めに従って「非戦闘地域」に派遣されていたことを自覚していない、「兵隊」としての自分に酔った鼻持ちならぬ人物を私は見たのだけれど、彼にそう言わ... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 00時04分

» 亡国の死神・佐藤正久 [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 拙ブログの、旧掲示板2006年3月頃の書き込みの中に、こういうやり取りがありました。―バイト先の同僚から、「亡国のイージス」というテレビゲームの内容に関連して、以下の説明を求められた。その同僚曰く「くだんのテレビゲームには、僚艦を攻撃された自衛艦が、僚友を助ける為に、自艦をわざと敵の攻撃に晒す場面が出てくる。そうしないと専守防衛にならないからだ。こんな理不尽な事が本当にあるのか」と。それに対して私は「そもそも、日本が米国のイラク侵略に加担したから、そんな理不尽な目にも遭うのだ」と切り返したが、唐突... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 07時24分

» 本日,佐藤正久議員に対する公開質問状を提出 [津久井進の弁護士ノート]
ヒゲ隊長こと佐藤正久参議院議員が,イラクに派遣されたときの真意につき,  「『情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれ』て集団的自衛権を行使して戦っちゃおう!」  「日本の法律で裁かれるのであれば喜ん... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 12時17分

» 佐藤正久発言は国会で真相究明を [壊れる前に…]
新たに参議院議員となった人たちがはじめて登院した日、新聞にこう書いてあった。 自民党比例区で当選した元陸上自衛隊イラク派遣先遣隊長の佐藤正久氏(46)は正門で約10秒間、敬礼をした。3年前のこの日にイラクから帰国。「灼熱と砂嵐のイラクから、今度は逆風の吹き荒れる新たな戦場に到着した思いだ」と顔を引き締めた。 「新たな戦場」という表現に、自分がイラク特措法の定めに従って「非戦闘地域」に派遣されていたことを自覚していない、「兵隊」としての自分に酔った鼻持ちならぬ人物を私は見たのだけれど、彼にそう言わ... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 12時24分

» 自衛隊法を確信犯的に逸脱しようとした指揮官が国会議員になっている [タカマサのきまぐれ時評]
■『低気温のエクスタシー』『アッテンボローの雑記帳』『情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)』ほか、何人ものブロガーが記事化しているが、新聞等が一向に反応しない、不気味な情勢なので、問題整理しつつ、問題提起(意識的あおり)をする。■「自衛隊イラク...... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 12時51分

» ・佐藤発言への質問状提出の記者会見報告 [杉浦 ひとみの瞳]
本日、午後3時から、参議院議員会館会議室にて、佐藤正久氏宛の公開質問状,安部晋三氏宛の要望書及び小泉前内閣総理大臣宛の質問状を各氏に提出することについての記者会見をしました。【各書状については末尾に掲載】 各書面は、直接相手に届け膝詰めでやりとりもしたかったのですが、お盆時期でもありいずれも不在でしたので、本日郵送することにしました。回答期限は8月末日です。 記者会見には、弁護士3人で臨みました。これも急な日程だったので、都合の悪い方が多く残念でしたが、記者の方は25社ほど集まっていただけました... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 19時16分

» スキマを突かれないための憲法改正論 [やね日記]
★元自衛官・佐藤正久参議院議員は即刻辞職せよ!!  アッテンボローの雑記帳より。  民主主義国家における武官の有り様について、深く考えさせられる文章でした。  何のために文民統制があるのか。過去の軍... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 11時17分

« カブト虫・クワガタ虫 | トップページ | ドラマ「はだしのゲン」を見て »