« 最後と最初の運動会 | トップページ | 郵政民営化絶対反対!! 一刻も早く再国有化させよう。 »

2007年9月30日 (日)

関西トランスポート分会闘争・画期的勝利判決

 9月28日、「偽装請負」が焦点となっていた関西合同労組関西トランスポート分会の解雇事件で神戸地裁にて画期的な勝利判決を勝ち取りました。分会員4人全員の解雇撤回という判決です。4人の組合員全員を労働者として認め、解雇の取り消しとさかのぼって賃金の支払いを命令しました。「偽装請負」を完全にぶち破ったのです。裁判官が判決を読み上げた瞬間、傍聴席は喜ぶ顔であふれかえりました。次々と読み上げられる内容は会社に対しては完膚なき勝利です。喜び合う組合員と共闘の労働者のなかを、会社側は青ざめた表情で肩をせばめて退場していきました。

 この事件の、そもそものきっかけは、兵庫県加古川郵便局で小包の配達を受託していた関西トランスポート会社に労働組合が出来たことでした。郵政公社と関西トランスポート会社は、労働組合を嫌い全員解雇の暴挙に出ました。明らかな不当労働行為です。にもかかわらず会社と公社は「請負だから労働者としての権利はない」と開き直ったのです。関西トランスポート分会は争議を開始しました。神戸地裁での地位保全の仮処分決定では2人は労働者と認めましたが自車持込の2人については請負であるという決定でした。兵庫県労働委員会では4人全員を労働者と認める勝利決定を勝ち取りました。

 今回の神戸地裁勝利判決では4人全員が労働者と認められました。『解雇は組合員が1人から8人に増えたことを嫌悪したものであり』不当労働行為であって無効であるとされたのです。

 労働者として働きながら「偽装請負」とされ労働者としての権利も一切認められないということが社会に蔓延しています。関西トランスポート分会の勝利はそのような社会の状態を打ち破る大きな勝利です。『請負』という業態が偽装であり、本当は労働者としての権利をもっているのだという判決は画期的なものです。「請負」として無権利状態におかれている労働者が労働者としての権利を勝ち取っていく大きな根拠となるものです。いま多くの若者が無権利状態に置かれています。「偽装請負」、派遣、日雇い、パート、アルバイトなど非正規雇用が半数に達するというワーキングプアの状態を打ち破るにはどうするか、多くの若者が闘い始めています。そのなかでの今回の勝利は後に続く労働者に大きな勇気を与えるものとなることでしょう。

  不満が残るのは郵政公社の使用者性を認めなかった点です。実際には郵政公社の指揮命令下で働いているのに使用者性を認めないというのは不当なことです。組合ではこの点で控訴する予定だそうです。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 最後と最初の運動会 | トップページ | 郵政民営化絶対反対!! 一刻も早く再国有化させよう。 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

勝利おめでとうございます。僕ら偽装請負で食べざるを得ないIT労働者に勇気をありがとうございます。ああお昼がとっても美味しいです。

投稿: ミッターマイヤー | 2007年10月 2日 (火) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/16620911

この記事へのトラックバック一覧です: 関西トランスポート分会闘争・画期的勝利判決:

» やっぱり東海道新幹線と山陽新幹線は切り離すべきだ [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
元祖のぞみ「300系」引退へ 東海道、後継におされ4年後に(産経新聞) - goo ニュース  なーんて書くと,また元気の良い「鉄ちゃん」が文句を垂れに来るだろうな(笑) 最近は「鉄子の旅」でしたっけ?ヾ(^^;)  今回,産経新聞の記事を取り上げたのは言う間でもない,産経新聞の本社が大阪駅の近くにあるからというだけの話だ.大阪の新聞だから地元ネタを取り上げたのであろうという認識なので,他意はありません.あしからず.ヾ(^^;)  んで,この記事にもあるように,東海道新幹線と山陽新幹線との線... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 20時41分

» 誤解の解き方 [無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ]
「無期懲役といっても刑期が決まっていないだけで、7年もすれば出てくる。日本は終身刑もなく犯罪者に著しく甘い」といった発言に対し、「たしかに、無期懲役は終身刑ではないが、無期懲役の平均は21年6ヶ月だ」などと言って反論している人をときどき見かけますが、こういう....... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 23時24分

» 肩叩きされましてね [リストラ]
困りました。スパムのつもりはないんですけれど、考え方は人それぞれですからしょうがないですね。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 10時38分

» 福田の初所信表明演説に対応する自Endバナーを急遽作成しました。福田の本質的に冷たい心性を画像的に強烈に表現しました。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 誇り高きバナー・アジテーターのSOBAです。(笑)  突っ込みどころ満載の安倍 [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 16時14分

» 07年10月1日・月曜日  外国 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年10月1日・月曜日  外国  国際問題は、私たち普通の庶民には不可解なことばかりでさっぱり分からない。      庶民的感覚で観察していると、押しの強い国家や、巨大な軍の力を持っている国家が、自分の思うように差配して都合の良いような条約を結んでいるように感じる。  ミャンマーでも日本人が犠牲になったが、もし中国のカメラマンが犠牲になったら、中国政府がどのような対応をしているのだろうか。アメリカの場合だったら、イギリスだったら、ロシアだったらと空想するが、ミャンマーの兵士が相手が日本人でな... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 19時47分

» 多数派の労働組合運動の問題点 [☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡 ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!]
{{{:  日本の労働組合運動は、大企業の企業内組合と中小企業の企業内労働組合、大企業や中小企業での少数派組合に分かれます。大方の労働組合は、会社の人事部が委員長を指名して決まります。このような組合は、御用労組や勤労福祉課と呼ばれています。  この組合が、労働者へのリストラと労働者の管理、労働災害対策の見逃し、ユニオンショップ協定による自由意思による加入の侵害をしています。この組合員は、脱退すれば解雇されます。  日本の労働組合が、企業内組合の仲間の雇用を守るために二重加盟ができるユニオン..... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 20時23分

» 誤解の解き方 [無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ]
「無期懲役といっても刑期が決まっていないだけで、7年もすれば出てくる。日本は終身刑もなく犯罪者に著しく甘い」といった発言に対し、「たしかに、無期懲役は終身刑ではないが、無期懲役の平均は21年6ヶ月だ」などと言って反論している人をときどき見かけますが、こういう....... [続きを読む]

受信: 2007年10月 3日 (水) 15時43分

» データ、リンク等 [無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ]
◇無期懲役刑データ集 ◇無期懲役・仮釈放者のデータ ◇矯正統計年報 画像(上記データのソース) ◇第一〇七矯正統計年報Ⅰ(平成十七年) 画像 ◇第一〇八矯正統計年報Ⅰ(平成十八年) 画像 ◇豆知識 ◇本来の定義 ◇本来の定義 画像① ◇各国の無期刑の仮釈放の....... [続きを読む]

受信: 2007年10月 3日 (水) 15時45分

« 最後と最初の運動会 | トップページ | 郵政民営化絶対反対!! 一刻も早く再国有化させよう。 »