« ■法大救援会ニュース 07.09.10 ■ 9/14 第2回公判へ ! | トップページ | きょうと通信NO、35 »

2007年9月10日 (月)

なんで鬱病の再悪化を繰り返すのか・・・

 レイバーネットに登録しているワーカーズコープアスランという編集プロダクションがある。もう何年前であったか、編集プロダクションの偽装倒産だったか何かによる解雇撤回闘争を闘っていたED労組というところの人たちが争議の過程で作った労働者共同組合である。久々にここのサイトを見ていたら鬱病を始めとするメンタルヘルスについての本を出していたのが目に付いた。「がんばらないで職場に戻ろう 家族と上司・同僚が読むメンタルヘルスの本」という物だった。さっそく本やタウンで購入してみる。ここは最寄りの本屋に届けてくれる関係で送料が要らないのでお得である。

 この本は副題にあるように患者本人向けと言うより、その周囲の人にメンタルヘルスについての正しい認識を持って貰い、患者の社会復帰・職場復帰を側面から支える目的で作られている。読み進めている内に自分の職場復帰が何度も失敗に終わっている事の一つの要因が再確認できた。要は職場に復帰を受け入れる状態がないと言う事である。第五章「職場復帰をサポートしよう」に書かれているのだが復帰の目安として新聞の本文が読めるようになり活字が追えるようになることとある。私の場合は新聞を読めない状態が続いているので、復帰した物の本当に回復したとは言えない状態で無理をしていた事になる。処が郵便局の現場では98~9年頃から急速に労働条件が悪化している。精神疾患のある労働者を受け入れる状態を作る余裕ががリストラによって無くなってしまっている。

 鬱病は思考力が低下する病気・脳の回転が衰える病気・気力が衰えやる気が起きなくなる病気である。復職できたとしても以前のような仕事は出来ない事を承知して勤務の軽減を行い、徐々に仕事を増やすように配慮する必要がある。私の局では99年に単独局総合担務(単独総担)が導入され貯金外務と保険外務との業務を一人の外務員が行うようになった。どちらもお金を扱う仕事なのだが内容は全く違う。一人で両方することがかなりの労働強化になった。導入当初は局の管轄地域を8人の職員が分担していたのだが、今では3人まで削減された。集金業務を受け持つ職員は8年前に比べて三倍弱の範囲を受け持つようになっている。その後00年に定額貯金の集中満期があり、これもかなり忙しかった。結局これらの動きに付いていく事が出来ずに01年の夏に本格的な鬱病になる。

 仕事だけが原因ではないが最大の原因は郵政のリストラである。03年の郵政公社、07年の民営分社化とリストラは次々行われる。仕事を離れて復帰しても集金区は減らされ一人あたりの業務は増加する一方だ。そこに輪をかけたのが内務職員の減員である。01年に11名いた内務職員は今では6名に減った。その為外務員の集金を後方で支える業務が出来なくなり、「集金の効率化」という名目で集金業務が出来る日が限定されるようになる。毎日集金できていた物が特定の日にちに限定され、今では火曜と木曜以外には集金をするなと言われ実際に出来ないような状況が作られている。お客さん相手の仕事なのでそうそうこちらの都合のよい日にだけ在宅している訳ではない。だが、協定日という集金可能な日に合わせて無理をする。悪循環が続くばかりだ。

 上司も同僚も精神疾患に対する理解がないためにこれらのリストラについて来られない方が悪いという感覚になる。実際にはついて行っている人間の場合でも青息吐息であるために余力がない。それだけに余計に足を引っ張るメンヘラーは厄介者扱いされる。私の職場だけではない。2チャンネルの郵政板には精神疾患を患う職員に対する罵詈雑言・差別の書き込みが後を絶たない。これは単に精神疾患の患者だけではなく内臓疾患などの病人に対しても、或いは人より仕事が出来ない職員に対してもそうである。日本中の郵便局がかつての国鉄分割民営化の過程で自分だけは首を繋ぎたい。その為に他人の足を引っ張るのが当たり前、弱者は辞めてしまえと言う雰囲気になっている。組合はJPU(旧全逓)も全郵政も経営の言いなりどころか労働貴族としての地位を守るために汲々として現場の労働者の事など全く問題にしようとしない。これで復帰が上手く行く方がおかしい。

 職場に闘う労働運動が存在し、リストラに対して歯止めをかける状況でなくては、結局の処リストラ鬱病の患者が本当の意味で職場に復帰できる事はないだろう。如何にしてその状況を作り出すかが問題である。 

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« ■法大救援会ニュース 07.09.10 ■ 9/14 第2回公判へ ! | トップページ | きょうと通信NO、35 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/16407570

この記事へのトラックバック一覧です: なんで鬱病の再悪化を繰り返すのか・・・:

« ■法大救援会ニュース 07.09.10 ■ 9/14 第2回公判へ ! | トップページ | きょうと通信NO、35 »