« 郵政最後の公平審 尼崎局事案に圧倒的支援を訴える。来年3月12~14日は福島区の人事院事務所へ結集しよう | トップページ | 私鉄総連ストライキはどうなったのか? »

2007年12月 9日 (日)

進化?した双六

 三日ほど前に詩織(仮名)が改良型の双六を懸命になって作っていた。A4のコピー用紙を四枚貼り合わせた大型の物だ。木曜日と昨日今日と夕食後に家族で遊んでみた。ドラクエの影響を多大に受けているようで、ロールプレイングゲームの要素がふんだんに盛り込まれている。それぞれの駒に職業が割り振られていて、それぞれの固有の色のマスに止まると得意技を使って相手を妨害することが出来る。例えば戦士であれば青いマスに止まると「火炎切り」で両隣のどちらかのプレイヤーのヒットポイントを3削るか、「マヒャド切り」でダメージを与えた上で1回休みにすることが出来る。勇者は「ライデイン」で全体に1のダメージを与えるか「ギガデイン」で誰か一人に4のダメージを与えることが出来る。ヒットポイントが0になると振り出しに戻らなければならない。

 駒も詩織がイラストを描いている。それぞれのキャラクターをちゃんと書き分けているあたり絵が好きなだけはある。今日は私が戦士を選び、妻が弓使い、詩織が勇者、歌織(仮名)が魔法使い、勇樹(仮名)が盗賊を選択した。私はサイコロを振ると5や6が良く出たのでトップを独走していたのであるが、途中のマスでモンスターに遭遇して闘うハメになり、負けてしまって振り出しに戻るハメになった。それも選りに選ってゴールまであと少しと言うところでだ。マスの中には宝箱が落ちていて薬草や毒消し草が手に入ることもあるし、お金を拾ったり毒の沼にはまってダメージを受けることもある。「世界樹の葉」を持っているとヒットポイントがゼロになっても死なないで済む。盗賊の息子が自分の特殊能力である「盗人切り」でめぼしいアイテムを持っている人間から色々かっさらってくれる。私もキメラの翼を盗まれた。

 勝敗は勇樹が周りに散々嫌がらせをしたあげくにラスボスの間を簡単にクリアして一着になる。続いて二位になったのが私で、三位が詩織、四位が妻、ドンケツは歌織であった。詩織は暇があるとこのような双六を作っている。受験生としての自覚は一体何処にあるのだろうか。多分同級生の子ども達は今頃冬期講習の準備をしたり受験勉強に余念がないと思うのであるが。まあ、本人曰く「高校なんか行かんとバイトするモン」であるから仕方ないか。

関連記事
「難易度高すぎ」

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 郵政最後の公平審 尼崎局事案に圧倒的支援を訴える。来年3月12~14日は福島区の人事院事務所へ結集しよう | トップページ | 私鉄総連ストライキはどうなったのか? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

62歳の男性です。自由業です。
郵政の民営化反対ということについてですが、では国営のままなら良いのでしょうか。
農業をはじめとした第一次産業も、色々な第二次産業も、医療教育、運輸出版などの第三次産業も社会に必要なものです。郵便が民には馴染まないという事情は、他の全ての職域にも当てはまると思います。もしこれらをすべて国有にしたら、旧ソ連中国と同じになります。「一人はみんなのために、皆は一人のために」というように、人間を理想化しすぎて社会を考えるのは実際的ではないと思います。子や孫の代になっても人間が全体として安きに流れるものということは変わらないと思います。
かといって競争競争というと、過労死やホームレスということがおきてきます。
だから、社会的人間とは何かという思いの全てを込めた上で、運動目標としては最低賃金と最高労働時間を制定することを目標にするようにしたらどうでしょか。
体調がお悪いようなのでご返事は必要ありません。このような意見もあるということを知っていてくだされば結構です。
私のペンネームは芥川です。(ただどこにも投稿はしていませんが)

投稿: 井ノ口裕 | 2007年12月23日 (日) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/17323377

この記事へのトラックバック一覧です: 進化?した双六:

« 郵政最後の公平審 尼崎局事案に圧倒的支援を訴える。来年3月12~14日は福島区の人事院事務所へ結集しよう | トップページ | 私鉄総連ストライキはどうなったのか? »