« 献血を断られる | トップページ | 食品偽装の船場吉兆 佐世保の銃乱射事件 東京高裁警官のメモ開示命令 »

2007年12月14日 (金)

鬱状態が抜けきらない

 ここ数日鬱病の症状が良くないようで、本を読んでも頭に入らないし根気が続かない。「検証 党組織論」の再読が中々はかどらないので読み物的なものをと思って「蜂起には至らず 新左翼死人列伝」(小嵐九八郎)を読んでみたが、選んだ本が良くなかった。革共同の旗の下で革命のために権力や反革命と闘って戦死した人々の項はそうでもなかったのであるが、日本共産党革命左派や連合赤軍の内部粛正は気が滅入った。読み物を選ぶのならもっと明るくて笑える物や楽しめる物を選ぶべきだったと後悔している。

 本多延嘉著作選は本多書記長の力量のお陰で非常に読みやすく、読めば何となく分かったような気分になれるのであるが、「検証 党組織論」はそうはいかない。何度も反芻しながら読まないと真意を理解することが難しい。これはこの本に限らず理論的なことを書いた本の場合は大抵そうである。勿論本多著作選を読んだからと言って本当の意味で理解するには力不足である。事実、著作選の紹介記事を書く予定が「戦争と革命の基本問題」の途中で止まっている。ノートを取りながら読んでいるが人に伝えるところまで読み込もうと思うと簡単ではない。

 病気の状態が良くないために読書もはかどらないし、どうしても無為に時間を過ごしてしまう。せめてネットで時事問題を扱っているサイトでも見ていればよいのだが、それも気分が乗らない。結局ゴロゴロ寝ているか、鬱病患者にありがちな、よからぬ想像ばかりしてしまう。ハッキリ言ってロクなことは考えない。病気が本当に治るのだろうかという不安、職場に復帰できるのかという不安、息子の病気や長女の進学の問題。なんやかやと考えては袋小路に入り込み、最後は結局とんでもない結論に到達する。冬期鬱病と言って日照時間が減ると鬱病になる率が高まるというのだが、我が家は日当たりが良くないのでなおさら鬱々とした状態が酷くなるようだ。明日あたりは田中芳樹か高千穂遙の小説でも読んで気分転換をしてみようと思う。どちらも好きな作家なので楽しい気分になれるに違いない。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 献血を断られる | トップページ | 食品偽装の船場吉兆 佐世保の銃乱射事件 東京高裁警官のメモ開示命令 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ミッターマイヤーさん、忙しい最中にブログを読んで下さってどうも有り難うございます。色々あるようですが働き過ぎにだけは注意して下さいね。特にお仕事柄長時間労働になると思いますので。
 ブログは書ける時に書くのが一番だと思います。根を詰めすぎると仕事などに影響が出ますよ。

 イレギュラーずさん、お久しぶりです。「鬱は心の風邪」と言いますが、誰が掛かってもおかしくない普通の病気なんだという点を強調する表現ですね。ところが風邪をこじらせて肺炎になったような症状の鬱もありますから幅があります。場合によっては命取りになることもあるのです。
 食生活に関しては育ち盛りの子ども達がいますから、栄養の面には色々気をつけています。問題は有機栽培の野菜とかいった「安全」で高価な食材は買えませんから、どうしてもスーパーで買い物しています。尤も野菜に関しては地方都市なので農協の直売所に行けば安くて新鮮な物が手に入ります。

 薩摩長州さん、本多書記長の講演が2時間でしたら私なんぞは何十時間かければ理解できるか見当も付きません。でも本多書記長の凄いところは難しいことも優しく表現していることでしょうね。清水選集になると難しい表現が多いので「分かった気」にすらなれません。
 若いうちの読書と中年以降の読書とでは読み方が大分違いますね。時間が掛かってどうしようもない時があります。でもその分自分の蓄積した経験を踏まえて読み込むことでより深い理解が出来るのではないかと思います。

投稿: アッテンボロー | 2007年12月15日 (土) 17時19分

前衛党組織論序説は本多書記長の講演であるとはアッテンさんが先の記事で書いてましたが、たしか私の記憶では2時間の講演だったとおもうのですが。
ということは、本多書記長と同一のレベルでもってうけとめても2時間は理解に必要だと。私がいた部署で、この第7巻の初版をはじめてメンバー全員が手にしたときキャップが言ったことをいまでも憶えております。
さて、何度も反芻しながら読まないと真意を理解することが難しいのは、私もいまでは全く同じです。内戦論なんぞ社防の待機時間にさくさく読めたのに、いまでは亀の歩みです。でも、きっとあのころは読み込みが浅かったのだと思いつつ読み返してます。きっと頭でなしに、体で読んでいたのでしょう(苦笑)。

投稿: 薩摩長州 | 2007年12月14日 (金) 23時04分

オレガンマニムニダ(お久しぶりです)

先日読んだ、鬱に関する新聞記事。都市圏では投薬による治療は一時的なものになってしまうというもの。

うつは風邪のようなもの、というものの悩んでいる人は多い。

で、件の記事の結論は結局「食生活が…」というものだった。アッテンボローさんは、自分でも安くても?きちんとした食生活を送っているはずだから、そう言われてもどうなんだろうね。

投稿: イレギュラーず | 2007年12月14日 (金) 22時37分

こんばんは!!
今繁忙期を抜けて
かなりくたくたのミッターマイヤーです。

そう僕もお話した通りで
悩みを気迫と勢いで粉砕している状況です。
でも身近に相談者がいないのは辛いです。

メールご覧ください!!
ああブログかかなくちゃ!!

田中芳樹
特に創竜伝はスカッとしますね!!
僕も読もうかな!!

投稿: ミッターマイヤー | 2007年12月14日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/17367809

この記事へのトラックバック一覧です: 鬱状態が抜けきらない:

» 07年12月15日 土曜日 公約とマニフェスト [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年12月15日 土曜日 公約とマニフェスト  一昨日の国会は民主党の尾立議員が政府に、年金問題に問題で国民に対しての政府発言に対して公約違反だと発言していた。  それに対して総理のおとぼけ発言の字幕スーパーとテロップを集めてみた。{/arrow_r/}(ここをクリック)  私は、参議院選挙前の自民党のマニフェストは国民に公約をしたものだと思っている。番組ではその当時の自民党のマニフェストの映像を流していたので主な部分を取り出してみた。  総理は恍けているが、活字になったものは残っている。この... [続きを読む]

受信: 2007年12月15日 (土) 17時40分

« 献血を断られる | トップページ | 食品偽装の船場吉兆 佐世保の銃乱射事件 東京高裁警官のメモ開示命令 »