« 久しぶりに「イスト」購入 | トップページ | じいちゃん、じいちゃん »

2008年1月11日 (金)

新「テロ」特措法成立より石油価格の統制だろうが

 色々あって、時事問題に関する記事を書けないばかりか全般的に更新が滞っている間に衆院では57年ぶりの再可決によって新「テロ」特措法が成立してしまった。インド洋上での給油・給水活動自体が米帝によるアフガニスタン侵略・イラク侵略の兵站補給を行う軍事行為であり、憲法で禁じられている武力の行使と全く一体の物である。自公連立政権はアフガニスタンへのパイプライン敷設とイラクの油田確保のためなら戦後憲法の誓約を無視して軍事行動を再開しようというのだ。私はこれを断じて許すことは出来ない。

 自民党衆院議員の佐藤昭郎は「我が国が消費する石油の90%はインド洋を経由して輸入され、この海域の安全を保つ活動は国益にもかなう」と発言したが、そもそもインド洋が危険な状態になったのは米帝とその同調者によるアフガニスタン侵略戦争の結果であり、更には原油価格の高騰はイラクを内戦状態にたたき込んだ侵略戦争の結果である。マッチポンプとはこの事を言うのだ。自らが行った侵略と侵略戦争の結果を黒を白と言いくるめる詭弁である。侵略戦争をするから原油価格も高騰し、更にそれに投資することで儲けようとしている投資ファンドらによって拍車がかけられている。

 自公政権は税金で米軍に給油する余裕が有るのなら、国内のガソリン灯油価格の統制=安値安定のために使うべきである。暖冬の影響で太平洋側ではそうでもないが寒冷地では灯油価格の上昇によって困窮する家庭が多い。札幌テレビの動画ニュースでは昨年秋から灯油等の燃料の盗難事件が頻発していると報じている。石油メジャーや投資ファンドの利益のために庶民は凍えているのだ。自公連立政権は即時打倒されなければならない。国民の生活を二の次三の次にする連中に政権を任せておく訳にはいかない。政権交代を何としても実現しよう。昨日告示された大阪府知事選で自公両党に支援されている橋下徹を落選させ、自公退潮の流れを決定的な物にしよう。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 久しぶりに「イスト」購入 | トップページ | じいちゃん、じいちゃん »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ROM人さん、なんで元中核派の私が日本共産党スターリン主義を指示しなきゃならんのですか? 頼むから過去記事をある程度読んでからコメントして下さい。あまりにもトンチンカンすぎます。
 ブルジョア政党は自民党だろうが民主党だろうが政権を取ったら打倒対象です。そして腐敗している現状を十二分に実体験で知った民衆が共産主義に接近するように闘うことが私の立場です。

 薩摩長州さん、予備知識・基礎知識がない人と話すのは疲れますね。

投稿: アッテンボロー | 2008年1月26日 (土) 21時04分

>アッテンボローさんが支持するのならば共産党でしょうが、共産党が政権をとる青写真はできているのか?

はあ? アッテンさんが支持しているのは革命的共産主義者同盟全国委員会だと思うけど。

共産党は打倒すべき対象だよ!

「反帝国主義・反スターリン主義の旗のもと 万国の労働者団結せよ!闘う朝鮮アジア人民と連帯し日本帝国主義の侵略を内乱に転化せよ」

話がかみあってないな~。

投稿: 薩摩長州 | 2008年1月26日 (土) 13時37分

>米軍に制圧されている状況下で行われたアフガニスタン・イラクの選挙が公正に行われたと考える方がおかしいと思います。

アッテンボローさんは人殺しをしましたね?貴方は革命家であり、度々過激な発言を繰り返してきました。証拠は有りませんが、私はそう確信しています。

極端に言うとこんなとんでもない話をしているのと同じですよ?確かに状況的に不正があったと思われるかもしれません。しかし証拠も無いのに、あったと決め付ける方がおかしいでしょう。

>沸かしは以前から民主党は第二のブルジョア政党であって労働者党ではない、最終的には資本家の利益に沿った行動を取る政党であると言い続けてきました。

それはわかっています。
しかし現実問題として自民党が負けた場合、民主党が政権をとることは確実でしょう。
やったらやりっぱなしじゃダメなんですよ。
アッテンボローさんが支持するのならば共産党でしょうが、共産党が政権をとる青写真はできているのか?それも無く、ただ自民を潰そうとするだけでは、結局は民主党のブーメラン政党の本領発揮で、自民に政権が戻ることになる。場合によってはこれで民主が分断され、更に自民の力が強くなる事だって十分考えられる。共産党が政権をとるための過程を考えることが、自民を潰すよりも先ではないですか?

投稿: ROM人 | 2008年1月25日 (金) 23時55分

 さて、今現在アメリカでは共和党と民主党とが各々大統領選の候補者を選ぶ為の党内選挙を行っていますが、投票に不正が行われているという報道が後を絶ちません。「民主主義」の「総本山」であるはずのアメリカにおいてこの状況です。2000年の選挙でも04年の選挙でも不正があったと言われていますし事実そうでしょう。米軍に制圧されている状況下で行われたアフガニスタン・イラクの選挙が公正に行われたと考える方がおかしいと思います。

 マラッカ海峡の海賊の問題について言えば勉強不足ですから突っ込んだ話は出来ませんが、中南米において反政府組織がコカインの販売を資金源にしている処もあります。またアフガニスタンではヘロインでしたか、民衆が芥子の花を栽培して生計を立てていることをどう捉えるかと言うこともあります。帝国主義の新植民地支配体制があるが故に、このような犯罪収益によって生きる以外の道がないと言うことを忘れて貰っては困ります。
 帝国主義が新植民地支配体制下の国々に強制しているモノカルチャーの中では、輸出用作物のみが大量に作付けされ、現地の人々が食用にするための作物は殆ど栽培されず、アメリカ産の穀物などを買うことを事実上強制されています。この問題を抜きに海賊行為を批判することは出来ません。

 それから、ROM人さんは私のブログに書き込みをするようになって日が長いのですが、あまり熟読してくれてはいないようですね。沸かしは以前から民主党は第二のブルジョア政党であって労働者党ではない、最終的には資本家の利益に沿った行動を取る政党であると言い続けてきました。今自公政権を倒しても次は民主党政権を倒すための闘いがあるだけです。去年秋の大連立騒ぎや小沢によるISFAへの自衛隊派遣論などを見れば一目瞭然でしょう。労働者階級に基盤を置いた革命党が強固な隊列を作り上げるまでは二つのブルジョア政党を仲違いさせ、大政翼賛会を作らせないと言うことが重要だと考えます。
 ROM人さんが言うような「日本終了!!\(^o^)/」なんて事は絶対あり得ません。

 

投稿: アッテンボロー | 2008年1月21日 (月) 02時13分

>民族独立・民主主義などを尊重する共産主義者の(略
アフガンは直接選挙で選ばれたはずですが……
そういう私は民主主義否定派で、アフガンは傀儡政権だと思っています。民衆なんて政治の上辺しか知らないし、感情でどうとでも動かされてしまうものだと思いますし。そのクセ全ての責任を選んだ自分たちではなく政治家に押し付ける。

でも貴方は民主主義者と言いながら、国民の選挙で選ばれたカルザイを傀儡と言う。私には矛盾しているように思えます。

>古来新政府・新政権を作った潮流の中には元々が犯罪者の徒党であった物が少なくありません。
逆に言えば、犯罪者の集団が国を潰したともいえますね。少なくとも、今のマラッカ周辺の海賊は人身売買や麻薬を扱っている連中とも関係が深いようですから、活動家にはならないでしょう。

ところで、今自民党を落としたらどうなるかって考えたことあります?
現在の状況で政権を取れる実力があるのは民主。
かれらが政権とったら(財源のあての無い)福祉に力を入れてますから、大企業の業績悪化とともに日本全体の景気が落ち、さらに対日投資が減ってさらに株価下落。
そこに上中国も五輪終了後の不景気が日本にも影響。11年にPB黒字化もめどがただず財政再建がさらに厳しくなって大型の不景気突入!
外国人参政権で在日に地方を乗っ取られ、沖縄は中国に売り飛ばされて
日本終了!!\(^o^)/

自民を終わらせた後の後始末とか、ちゃんと考えた上で自民退散とか言ってるんでしょうか……

投稿: ROM人 | 2008年1月19日 (土) 21時59分

 言われてみれば「異議無し」が正しくて「意義無し」は間違いですね。三人して間違っていました。

 皆さんの間で論議がなされているアフガニスタンの「中央政府」ですが、最近ではタリバーンを政権に参加させるような話が出てきていますね。「カブール政権」と言われるほどその政治基盤は非常に脆弱です。米帝を始めとする諸外国の干渉がなければ一日たりとも存立できないというのが実情でしょう。その意味で言いますと現政権に対してこそ日本がアメリカと共に干渉している訳です。民族独立・民主主義などを尊重する共産主義者の国際主義的立場からすると現「中央政府」を支持することは出来ませんね。それが単純にタリバーン支持とはなりませんが。

 マラッカ海峡の海賊の件ですが、確かに「犯罪シンジケート」呼ばわりされるのが現時点では仕方ないでしょうが、古来新政府・新政権を作った潮流の中には元々が犯罪者の徒党であった物が少なくありません。現状に対して抱いた不満を最初のうちは犯罪を通して解消していた物が、いつの間にやら体制変革の運動に変貌することもあります。今の海賊については詳しく分かりませんが、安易に犯罪組織として切り捨てるのも語弊があるのではないでしょうか。

投稿: アッテンボロー | 2008年1月17日 (木) 20時43分

こういう時は「異義なし」といわなかったっけ。

投稿: 「意義」なしって | 2008年1月14日 (月) 00時37分

まことさん
だから、親米路線か反米路線かはアフガンの人民が決めることであって、私たち日本人が干渉することじゃない。ましてや日本の議員ではなく、国民による直接選挙で選ばれている以上、それが国民の意思と判断しなければならない

薩摩長州さん
だから何?帝国主義の産物であることはわかった。でもそれが、タンカーに護衛をつけることと何の関係が?起承転結の結が思いっきり欠けているのですが。

てか、帝国主義に襲われたからと言って、現在も海賊行為を続けてよいという理由にはまったくならない。そもそも今の海賊はロケットランチャーや機関銃で武装し、軍隊のように統制された動きをする。そんな貧乏人が易々となれるものじゃない、列記とした犯罪シンジケートが絡んでいるものだ。それも資本主義のせい?何でもかんでも帝国主義にこじつければいいという思想はどうかと思う。

投稿: ROM人 | 2008年1月14日 (月) 00時29分

>マラッカ海峡は海賊がうようよいますが?

ほ~!マラッカ海峡は天から海賊が降ってくるのか?それとも海底から湧き出てくるの?そーじゃないだろう。海賊という危険な商いをせねば生活がなりたたない人民がいるってことだろ。そんな人民に誰がした!帝国主義諸国だろ。長年植民地支配をつづけ、今なおそんな気の毒な海賊サンの祖国で経済発展を阻害し、人民を搾取収奪し貧困を強要し続けている、それが帝国主義だ。つまり、これまたマッチポンプなのだ。わかった?空気が読めない方々。世の中はマッチポンプに満ち満ちているのだよ。本質を見誤ってはならない。

投稿: 薩摩長州 | 2008年1月13日 (日) 20時32分

給油に対するアフガニスタンの支持?

今のあの国の中央政府は「カブール政権」状態でしょ?そもそも今のアフガニスタンには全土を実効統治しえる政府なぞ存在していないというのが現実。

投稿: まこと | 2008年1月13日 (日) 09時01分

はじめまして、こんにちは。突然のコメントで失礼します。

ご関心がありましたら、世論調査にぜひご参加をお願いします!

大阪府知事選世論調査(全国)
http://www.yoronchousa.net/vote/3348
政党支持率調査
http://www.yoronchousa.net/vote/3350
福田内閣支持率調査
http://www.yoronchousa.net/vote/3352

回答者の代表性は担保されませんが、様々な考えを持つ
多くの方に参加して頂き、たとえ偏りがあったとしても
それはそれで参考となるデータとなっていきます。

ぜひブックマークもして頂き、調査やアンケートも作ってみて、
お知り合いの方などにもご紹介ください!

世論調査.net - みんなの声!
http://www.yoronchousa.net

お邪魔いたしました。

投稿: 世論調査.net | 2008年1月12日 (土) 19時28分

>おいおい、傀儡政権から支持されたいることをもって、正当性を議論するのはいかがなものかな???
 傀儡かどうかはアフガンの人間が決めることであって、日本人が干渉すべき問題じゃない。民主主義否定派ならその理屈も通るだろうけど・・・

>まあ、とにかく、自動車関連の「暫定税率」を元に戻す、「民主党案」が、日本帝国主義のとりあえずの「生き残り策」だとおもいませんか?
 ここで民主に勝たれてしまうと、次の衆議院選で民主が有利になって外国人参政権がry
今でさえ在日特権があるのに、そんな中に国を売り渡す政党に力添えはできない。
 そもそも税率を元に戻すのがなぜ日本の生き残りになるのか意味不明。寧ろ海賊がウヨウヨいるところでタンカーを無防備に航行させてる方が致命的問題。現に12月に乗っ取られたというのに。

投稿: ROM人 | 2008年1月12日 (土) 18時23分

投機マネーにもっと頑張ってもらうのも一つの策かも、投機マネーにしろ半分は失敗しますから。
サブプライム破綻も投機マネーの失敗、損失の押し付けごっこです。

ガソリンがさらに高騰するなら暫定税率の見直しが必死です。(道路建設ストップ)
地方の高速道路、不要な一般道路の建設には与野党とも本心では反対していません。
野党をはじめマスゴミ等はゼネコンの利権体質を批判しますが、悪いのはゼネコンよりも保守層一部の利益追求(法外な値段の用地買い上げ)です。
裏の与野党支配層による談合。
(地方では与野党政治家ともどもにその恩恵にあやかる。)
また左巻きごっこの地方新聞社の社員であっても大半が地方保守層地主の子弟だし本音は道路建設(土地の買い上げ)なのだ。

投稿: tatu99 | 2008年1月12日 (土) 09時11分

 マラッカ海峡は海賊がうようよいますが?東シナ海ではどこぞの国が天然ガスを盗掘していますが?
 あと投機マネーの過剰投資は批判されるべきですが、その反動で投機マネーを全面禁止したらどうなるか?「キンピーのコーナー」に詳しく触れられていますが・・・

投稿: KY | 2008年1月12日 (土) 01時29分

>あれ?アフガンから支持されてますが。
おいおい、傀儡政権から支持されたいることをもって、正当性を議論するのはいかがなものかな???
 石油価格高騰の原因は、サブプライムローン問題で行き場を失った「騰貴マネー」が、石油(+食料…小麦、トウモロコシ等も問題だい)に向かったことなんですよ。(イストその他にも、そのぐらいの分析はしていますよ。)
 まあ、とにかく、自動車関連の「暫定税率」を元に戻す、「民主党案」が、日本帝国主義のとりあえずの「生き残り策」だとおもいませんか?ROM人さん。

投稿: GO | 2008年1月12日 (土) 00時34分

>インド洋上での給油・給水活動自体が米帝によるアフガニスタン侵略・イラク侵略の兵站補給を行う軍事行為であり、憲法で禁じられている武力の行使と全く一体の物である。

2007年9月27日の日系より
 11カ国の駐日大使らテロ特措法延長で協議
 インド洋での海上自衛隊の給油活動継続を求めるため、~中略~国際社会の一体感をアピールすることで、海自の活動継続を促すほか、これまでの給油活動に謝意を示す共同声明を発表した。
 協議に参加したのは、米、英、独、仏、豪、伊、加、ギリシャ、ニュージーランド、パキスタン、アフガニスタンの大使ら。

 声明は、「日本は不朽の自由作戦の成功を左右する給油活動において、素晴らしい不可欠な貢献をしており、アフガニスタンの平和や安定、繁栄を推進する国際社会の努力に貢献している」と強調。さらに、最近採択された国連安保理決議1776に触れたうえで、「同盟諸国は日本の支援を理解、深く感謝し、この重要な貢献の継続を願う」としている。(以下略)

あれ?アフガンから支持されてますが。
まぁそう言いつつも、俺もアメリカへの支援はあんまり好きじゃないんですけどね。(売るならいいけど、タダでやってるし。そもそも大量破壊兵器ないし)でも米だけならともかく、欧州やアフガンからも支持されているとなると、無視も出来ないでしょう。

まだまだ自民にはがんばってもらいたいですね。自民マンセーなんじゃなくて、また民主党が外国人参政権を担ぎ出したから。
俺も自民はいなくなってもいいと思うけど、残った連中を見てると、自民にはもっとがんばってもらわないと困ってくる・・・
新風が政権をとれれば・・!


まぁガソリンに関して言えば、このままグダグダになって流れてもらいたいですね。そうすれば一気に25円安くなるし。

投稿: ROM人 | 2008年1月11日 (金) 23時56分

岐阜方面隊からも応援だ!!
意義なし!!!

投稿: keichan | 2008年1月11日 (金) 22時51分

 同意を頂きどうも有り難うございます。

投稿: アッテンボロー | 2008年1月11日 (金) 22時48分

ヨッシ 意義なっし!

投稿: 薩摩長州 | 2008年1月11日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/17657154

この記事へのトラックバック一覧です: 新「テロ」特措法成立より石油価格の統制だろうが:

» 燃料値上がりの中で、「燃料貢ぎ法案」再可決! [萌え萌え研究日誌]
貴重な燃料が、またアメリカに貢がれる…(泣) 燃料の値上がりによって多くの国民が苦労している中で、政府与党は、 「燃料を米国に貢ぎに行く」ための給油新法を、衆議院での議席数を背景に、「再可決」という手段まで使って強引に成立させてしまいました。 衆院57年ぶ..... [続きを読む]

受信: 2008年1月12日 (土) 00時27分

» 『「自民党TBP」 からパージ』の言い回しもあれですが、バナーをはってる人への侮辱は見逃せません。しかも御自分はまだバナーを [携帯版雑談日記(徒然なるままに、)]
 今までネットウヨに嫌われまくったバナーですが、今度はAbEndからの同志と思っていたkojitaken氏からネットウヨをも上回るような品性下劣な誹謗中傷・侮辱の言葉で嫌われたようです。(『「雑談日記」 は 「自民党TBP」 からパージされたが...』末尾に資料として収録)  またそうすることで、他のバナーをはってる人をも侮辱していることにkojitaken氏は気が付いていないようです。いまだにご自分は雑談日記作成バナーを使っておられるにも関わらず、バナー作者とそれを使っている他の人々を侮辱するとは... [続きを読む]

受信: 2008年1月12日 (土) 10時40分

» 三倍の負担はかなり厳しい [そもそも どーなの?]
久々の更新です。いつの間にか年が変わっていました。年末に怪我で入院した父親が、一時心臓発作を起こして内科に転院するなど、忙しい年末年始を過ごしていました。 ただ、実際はブログを書く時間がなかったわけで... [続きを読む]

受信: 2008年1月12日 (土) 10時47分

» どんな“国益”があるのか、くわしく知りたい [逍遥録 -衒学城奇譚-]
「新テロ特措法」が、11日衆議院で可決されました。 当然、反対します。 ボクも何度か記事にしていますが、大国のよる今の対テロ戦争とやらは、まったく大儀のないものどころか、彼らの行為そのものが多くの人類に対するテロ行為だと思います。 この法案により、自衛隊の補... [続きを読む]

受信: 2008年1月12日 (土) 20時40分

» 08年1月13日 日曜日  社保庁物語 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年1月13日 日曜日  社保庁物語  以前も書いたが、MBSで早朝にやっているのは朝ズバッだが、毎週土曜日はサタデースバットに名前を変えて特集ものをやっている。その一つに社保庁問題がある。  映像を見ると、彼がこの問題に取り組みはじめたのが2004年の2月21にちからのようだ。      私が社保庁問題に興味を持ったのもこの番組で、記録を残しはじめたのは2005年からだと思う。  最近は、救急医療や赤ちゃん養子問題などで社保庁から離れていた。しかし今日は年金問題の特集をしていたので、番組の... [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 14時11分

» 1月13日 第二部  今朝の二つの番組のテロップ「国民の目の高さから」 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
1月13日 第二部  今朝の二つの番組のテロップ「国民の目の高さから」  先ず今朝の朝日新聞の内閣支持率グラフから。      日曜の日課は朝5時半からの時事放談の収録から始まる。  この番組は、政界・財界のロートルしか出ていなかったが、今日はこの番組にそぐわない人物が登場していた。  東国原宮崎県知事は元総理の中曽根氏が一度会いたいからとのたっての依頼からだそうだ。  中曽根氏は今の政治家に対して苦言を呈していた。東国原知事のように民衆の目線に立ってものをみていないと言っていた。  福島県... [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 17時06分

» イラク派兵差止訴訟−大阪高裁 [オギ☆ノフの肖像]
帰ったら辻弁護士より封筒が届いていた。 私のような馬の骨が「国益」などと大それた事を言うつもりは無い。 ただ、この国の政府が「国際貢献」という目的の為に選ぶ手段として、「軍事力」による貢献という選択は「下の下」策であると思っている。 当たり前だが、「反戦」思想が流行り廃りと考えてもらっては困る。 巨大資本によるマスメディアの発達は、硬軟、様々な手段を使って「反戦思考」を溶解させて来た。 まあ、それは私がここで数年に渡って書いて来たこと。 今更同じような事は言いません。 ・・・・・・・・・・... [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 22時50分

« 久しぶりに「イスト」購入 | トップページ | じいちゃん、じいちゃん »