« 死ぬな!辞めるな!闘おう!通信08年01月014日 発行  | トップページ | 「前進」08年政治局アピールの感想 »

2008年1月17日 (木)

全逓共済生協(ポストライフ)

 年明けに30日以上の組合員傷病共済金の手続きをした。本当は去年のうちに請求することが出来たのであるが、ついつい先延ばしになっていた。組合の総合共済に加入していると様々な出来事に対して共済金が支払われる。30日以上傷病の場合は3万円である。これが1年以上の傷病となると5万円が支給される。私の場合は鬱病による長期休暇・休職を繰り返している物だから毎年のように傷病給付を貰っている。何となく申し訳ない気がする。一昨年は息子のIga腎症の関係でも共済金を3万円受け取っている。組合員の家族についても30日以上の入院などで給付の対象となる。

 そして今回は父の死による組合員の両親の死亡共済金を請求することになる。これは実の親か義理の親かどちらにしても父親について1回、母親について1回請求でき、5万円が支給される。この他にも結婚・出生・子供の小学校入学・銀婚等で1回に就き3万円が支給される。更に死亡や災害の際にも支払いの対象になる。

 この総合共済は組合費に含まれているのでJPU(旧全逓)の組合員であれば誰でも請求することが出来る。此処で面白いのが、去年の10月22日にJPUと全郵政とが合併してJP労組(日本郵政グループ労働組合)が発足したのであるが、共済生協については統合がなされていない。その結果同じJP労組の組合員であっても加盟しているのがどちらの共済かによって支払金額が違うのである。ホームページが統合されてしまったので全郵政の共済については記憶に頼っているのだが、結婚・出生については共済金が2万円である。子供の小学校入学についてはそもそも支給がない。あらゆる面で全郵政の共済の方が劣っている。ハッキリ言って全郵政の方が損である。

 多分このブログを読んで下さっている人の中には全郵政系の組合員はいないと思うので、JPU組合員、特に役員を対象に言わせて貰うのだが、共済制度の充実を組合員獲得の武器として活用すべきである。組合は統合されたとは言ってもそれは中央本部と地方本部までのことであって、支部・分会については2年間の猶予期間を設けて統合していくことになっている。それまでは新規採用者をどちらの組合が獲得するかによってその後の発言力が大きく違ってくるはずである。御用組合という点では一緒になってしまった訳で、今までのように全郵政だけがゴマすりとただ働きで出世するという構造は崩れている。二組のメリットはなくなったのである。勿論JPUの中でも左派が弱体化しているから左派の活動家は組合員獲得を通じて立場を強める必要があると思う。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 死ぬな!辞めるな!闘おう!通信08年01月014日 発行  | トップページ | 「前進」08年政治局アピールの感想 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/17728290

この記事へのトラックバック一覧です: 全逓共済生協(ポストライフ):

« 死ぬな!辞めるな!闘おう!通信08年01月014日 発行  | トップページ | 「前進」08年政治局アピールの感想 »