« 浮き沈みが激しいな | トップページ | 民族問題と共産主義について考える »

2008年3月22日 (土)

次女の誕生日

 今日は次女の12歳の誕生日である。卒業式の後の春休みと言うこともあって、友達からのお祝いというのは毎年無い。その分家族だけは祝ってやらねばと強く思う。昨日の用事の疲れもあったので午前中は寝ていたのであるが、午後一時頃に次女に起こされる。年明けから欲しいと言っていたゲームソフトを買う約束だったので、隣町にある大きなショッピングセンターまで出かけた。「カテキョーヒットマンリボーン」というマンガの「フレイムランブル」というソフトであった。おもちゃ屋で買い物を済ませた後、ショッピングセンターの中にある飲食店で遅めの昼食を取る。次女は昼前にスーパーでハンバーガーを買って食べたので、おやつ代わりにクレープを食べ、私はケンタッキーのフライドチキンを食べた。

 午前中はどうやら妻が誕生日プレゼントの買い物に連れて行ったようで、見慣れないスカートを早速はいていた。息子が便乗して新しい服と靴をねだったようで、そちらも自慢げに見せてくれた。どうせ五月には誕生日が来るのだから我慢すればよいのにと思うのであるが、こらえ性がないのはどうも困ったことである。ゲームの買い物から帰った後でシャトレーゼまでケーキを買いに行く。本人の希望でチョコレートケーキを買ってきた。普段は生クリームのケーキが多いので、妻が珍しいと言っていた。

 夕飯はこれまた次女の希望で肉じゃがを作った。ごちそうをねだらないあたり、経済的で、親としては助かる。勿論肉じゃがだけでは寂しいので、簡単に和え物を作り、豆腐とミョウガのみそ汁を作る。豆腐は専門の店で買った。スーパーの物より味が濃くて美味しい。ついでに白和えも買ってきた。ここ暫く炊事をサボっていたので少し勘が鈍っていたのかも知れないが、肉じゃがの味見を長女にさせると味付けが薄いと言われた。そこで少し醤油を足したところ、今度は美味しいと言って貰えた。明日もどうやら私が調理することになりそうなので、今から献立に頭を悩ませていたりする。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 浮き沈みが激しいな | トップページ | 民族問題と共産主義について考える »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 焚火派GALゲー戦線さん、超昂天使エスカレイヤーの評判が良かったので買ってしまいました。18禁であれ全年齢対象であれ、面白いゲームはつい遊んでみたくなります。

投稿: アッテンボロー | 2008年3月24日 (月) 21時58分

 それはどうも、私はこのソフトの恐らく姉妹編の「姉」に当たるであろう「超昂天使エスカレイヤー」持ってます。(本来、2002年の発売だったのですが、2006年に廉価版が出て3,000円を切る値段になってから買いました。) 最近、PCの容量の関係であまり買ってませんが。 セクハラになる話なのでここで打ち止めにしましょうかね。

投稿: 焚火派GALゲー戦線 | 2008年3月24日 (月) 20時03分

 焚火派GALゲー戦線さん、本当にご無沙汰ですね。2チャンネルに私のスレが出来てしまっていますね。以前にうちはだいこが作ったようですが。実はあれはミクシーの日記で友人の友人まで限定公開で書いた物です。年甲斐もなくギャルゲーをしているのは恥ずかしいですが、面白いから良いではないかと開き直っています。唯、内容がないようなので、ブログの方で書くとセクハラになるかと思いますので殆ど書かないのですが。

 keichanさんのお宅も五人家族ですか。賑やかですよ、。五人いると。私の場合一人暮らしをしていた時期があったのと、共稼ぎで妻の仕事が変則勤務のある看護師ですから自然と料理するようになりました。必要がないと案外出来ない物ですから、奥様が疲れている時などは挑戦してみては如何でしょうか。

投稿: アッテンボロー | 2008年3月24日 (月) 11時12分

家族構成が我が家と一緒なので、中々の子沢山だなアッテンボローさん、っと。
或る側面、運命共同体を感じた私です。(笑)

ee日を過ごされましたね!!

調理の全く出来ない私、妻に苦労を、きっと掛けてるワネ。(スマソ)+(アリガト)

投稿: keichan | 2008年3月23日 (日) 23時06分

 本当に久しぶりにコメントします。 2ch共産板の某スレに以下の書き込みがあったので、「感想を聞こう」と3月8日の記事を見に行ったらネタでしたね。whttp://money6.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1199918747/222
しかし、しょうもないですね。

投稿: 焚火派GALゲー戦線 | 2008年3月22日 (土) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/40601525

この記事へのトラックバック一覧です: 次女の誕生日:

» 「裁判員制、違憲のデパート」 批判本人気 元裁判官語る⇒こんなひどい米国猿まね制度、「小泉改革」の置き土産を許すな。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 問題だらけの裁判員制度が始まるのは来年の5月です。去年10月29日の東京新聞こちら特報部の記事をご紹介しておきます。出だしを紹介し、その後ろのところで記事全文PDFのリンクをはっておきます。 ※Adobeの有償版をインストールしたので、ファイルや画像をPDFにできるようになりました。 閲覧、印刷、ファイルの検索等でも便利なので、保存しておいた新聞切抜きのうち「これは」と思うものから順次PDFにしてご紹介するつもりです。なお、スキャナがA4対応なので全部読み取りできない時には、分割しあとで合せてから... [続きを読む]

受信: 2008年3月23日 (日) 19時24分

» 裁判員法67条、全裁判官「有罪」だと無罪評決できない盲点、早く終わりたい…ぼくは有罪に変わります、なんじゃそりゃ。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 来年の5月から始まる問題だらけの裁判員制度、関連記事紹介その2です。  今回は、2007年7月1日(日)東京新聞こちら特報部ニュースの追跡、『裁判員はプロの言いなり!?2年後の司法の姿…反対派の憂い 全裁判官「有罪」だと無罪評決できない盲点 早く終わりたい…ぼくは有罪に変わります』です。PDFにしたのでご紹介しておきます。  裁判員法67条の盲点は、大いに裁判員になる気をうせさせるものですが、記事の最後で紹介されている劇中エピソード、裁判員法108条の恐さも大いにリアリティがあると思います。 ※A... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 08時15分

« 浮き沈みが激しいな | トップページ | 民族問題と共産主義について考える »