« 3・30三里塚闘争 | トップページ | 33年ぶりのストライキ 郵政ユニオンが一時間の時限ストを貫徹 »

2008年4月 1日 (火)

久しぶりの三里塚闘争

0803303  腰が痛むためにドタキャンすることになるのではと思っていたが、どうにかこうにか三里塚全国闘争に参加することが出来た。今回は中核派の分裂後初めての全国闘争ということで、今までとは違った観点から集会を見ることが出来た。関西派の人に現地まで連れて行ってもらい、その隊列にいたために今までであれば気づかなかったのであるが、党派ごとに発言者への反応が極端に違った。他党派の発言に対しては殆ど黙殺する。自派の関係者や共闘関係にある発言者に対しては熱心に拍手喝采をする。革共同中央派以外の参加者は拍手の少ない状況で発言するのは大変であっただろうなと言うことだ。

080330_2   集会は農地取り上げが問題となっている市東孝雄さんの畑で開催された。親子三代90年間にわたって耕作してきた農地を農業委員会の決定によって地目変更をし、取り上げようという攻撃がかかっている。工業製品を売り込むための政策であるEPAなどによって日本の農業を破壊してしまう、その最先端の攻防が三里塚で闘われている。土地収用法による農地強奪が出来ない今、形を変えて強奪を狙っているのだ。情勢は71年の代執行当時に似てきているようである。集会では当該の市東さんを初め反対同盟の人々が力強い決意を表明した。

0803304  全国からの発言も三里塚との血盟にかけて断固として闘いに立ち上がると述べていた。関西派の人々は事前の車中での意志一致で野次は禁止、集会を盛り上げるために出来るだけ拍手するなどして集中するとなっていた。時々中央派の発言に対しても拍手していたのであるが、中央派や解放派・統一委員会・蜂起派などは反対同盟を除けば殆ど自派の発言にしか反応しなかった。それから忍草入会組合と忍草母の会が先日運動を止めたために今回は参加していなかった。北富士演習場に反対する運動として数十年間闘い続けてきただけに高齢化と後継者不足のために運動集結を決められたのは非常に残念なことだ。

0803305  デモには参加せずに帰ろうとした時、中央派のある人にあった。「来とったんか」と言われたので、素直に関西派の人たちと一緒だったことを話した。今のところどちらを選ぶと言うことも出来ないので宙ぶらりんである。デモ出発直後、東峰十字路のあたりで解放派か統一委員会かが、機動隊による規制のために弾圧されていたようであったが木々に覆われて様子を窺うことは出来なかった。集会の発言内容はICレコーダーに録音しておいたのであるが、まだ疲れが残っているようで、起こしてまで記事に盛り込む元気がない。明後日の三日には郵政ユニオンが時限ストを打つから支援に行く予定なので腰痛を含めて体調を回復しておかねばならない。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 3・30三里塚闘争 | トップページ | 33年ぶりのストライキ 郵政ユニオンが一時間の時限ストを貫徹 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 GOさん、今晩は。久しぶりの三里塚でしたので、デモに参加しなかったのに結構疲れて実いました。東京で一泊してから新幹線で帰りましたので、幾分体はマシでしたが、腰が痛むのは今も続いています。

 ゲバルトを行使した党派闘争は起こって欲しくないですね。

投稿: アッテンボロー | 2008年4月 3日 (木) 22時16分

集会参加お疲れ様です(^^)(^^)
>反対派を統一戦線・大衆集会から暴力的に駆逐することがないことを祈ります。
ぶっちゃけた話、もうそんな「体力」は残っていないのでしょうね。若い学生でも、ゲバルトとはかなり無縁(恫喝ぐらいはあるか?)とは思いますが…

投稿: GO | 2008年4月 3日 (木) 20時51分

 ts1983さん、初めまして。私も一度だけ北富士闘争に参加したことがありました。演習場の入会権を取りもどすために長年闘い続けてこられたのに運動を集結なさったことは残念でなりません。

 天野さんのゲリラで闘うというアジテーションを聞く度に何となく元気が出たことを思い出します。もうあのアジテーションを聞くことがないのだと思うと寂しい物です。

 現地闘争では革共同両派とも野次すらしていませんでした。このままで収まってくれればよいと思います。

 元黒さんご無沙汰しています。知らぬ事とはいえ3・8分裂当時やノンセクトへの暴行、相当酷かったようですね。もうその様な愚は繰り返して欲しくないのですが、両派ともどの様に考えているのかまでは分かりません。今の三里塚でそれをやってしまっては三里塚闘争その物が潰れてしまうと思います。

 

投稿: アッテンボロー | 2008年4月 2日 (水) 23時30分

あの悪夢のような「さんぱち分裂」。そして老体・命題へのゲバルトによる排除。
反対派を統一戦線・大衆集会から暴力的に駆逐することがないことを祈ります。

投稿: 元黒 | 2008年4月 2日 (水) 10時12分

アッテンボローさん、こんばんは。

時々読んで様々な情勢について勉強?しています。

北富士の忍草母の会が運動終結をしたのを知り少し寂しくなりました。

二十数年前、三里塚とともに幾度か北富士闘争にも参加しましたが、渡辺会長と天野事務局長等のお母さんたちの顔を思い出しました。

特に事務局長の天野美恵さんは意気軒昂と富士吉田市内をデモする最前列で「ゲリラで闘うぞ!」と元気にアジっていました。
「過激なおばさん(失礼)だなぁ~」と面食らったのを覚えています。

あれから月日は流れ、渡辺会長も亡くなり、PCの前進ホームページだったかで、天野さんの写真を拝見しましたが、大分お年を召されたなと感じた矢先でした。
反戦闘争や階級闘争に感傷は禁物ですが、お疲れ様でした・・・と言いたいです。

あと、下のアッテンボローさんのコメントに「三里塚現地では中央派・関西派ともに自制がきいていた」とありましたが、かつての中核が内包していた最悪の欠点はお互い克服しているようでホッとしました。

投稿: ts1983 | 2008年4月 1日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/40724186

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの三里塚闘争:

» ネパール [クリオネな記憶]
{/astro_vergo/} spacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespacespa チベットの動き、隣のネパールに波及。民族独立の機運を支持するか、もしくは、相互の平和的対話が必要。 AMNESTY INTERNATIONAL  アムネスティインターナショナル発表国際ニュース(ロンドン発)  (2008年3月12日)  アムネスティ日本支部 日本語訳配信(2008年4月1日)  ------------------... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 01時22分

« 3・30三里塚闘争 | トップページ | 33年ぶりのストライキ 郵政ユニオンが一時間の時限ストを貫徹 »