« 5・16近畿支社前抗議集会 | トップページ | 剣道で何を学ばせるべきか »

2008年6月23日 (月)

ご心配いただきどうも有り難うございました

 5月16日に記事を更新して以来、一月以上もブログを放置していた間、沢山の方に心配をかけてしまい大変心苦しい。4月の妻の入院に際しての気疲れなどのためであろうか、5月に入って鬱の症状が酷くなってしまい、何かをしようとする気力が湧かない状態が続いていた。先日も洞爺湖サミット関連の閣僚会議に反対・抗議のための集会があったのであるが参加することも出来ず、更に「前進」も「革共同通信」も未読で放置している状態であるから情勢からも取り残されているので、これと言って記事にするネタもなかったのである。一般の新聞も読めないでいたので、国会がどうなっているかと言うことも秋葉原での通り魔事件や東北での地震についても、全くと言って良いほど知らないままで過ごしていた。

 そこに加えて、インターネットの接続をソフトバンクのADSLからNTTのフレッツ光に変えたところ、どうも調子が悪い。パソコンの設定の問題なのであろうか、通信が時折上手く行かない。手引きを調べて改善する気にもなれないのでネットに繋ぐこと自体が減ってしまった。もちろん我が家の子ども達が使っていることはあったのだが、私自身が使うことは殆ど無かった。おかけでパソコンや周辺機器・ソフトのユーザー登録をしている先からのお知らせなどのメールが数百通溜まっている。登録しているメーリングリストなども併せると膨大なメールが未読の状態のまま放置されている。中には私の状態を心配して問い合わせて下さった方もいる。個々に返信するには余力がないので、この場を借りてお礼を述べたい。ご心配いただきどうも有り難うございました。

 どうにかこうにか、ここ二三日で少しやる気が出てきた。息子の病状で進展があったことも影響している。一昨年に腎臓病で入院して以来、毎月医大病院に通院しているのだが、経過が良好と言うことで激しい運動をしても良いとの許可が下りたのだ。先週剣道教室に入門させ、本人もやる気になっている。まだ素振りもロクに出来ないし、足捌きすら身についていないのに早くも防具を買ってくれとせがんでくる。息子が稽古しているのを見ていると、私も剣道を再開してみたいなどと思ったりしてしまう。ブランクのある人間が再開すると故障することが多いので、再開するにしても慎重にしなければならないのだが、それでも何かをしようという気持ちが出てきたのは鬱病の症状も和らいできたと言うことだと思う。ブログの更新も何日か置きでもよいから再開していこうと思う次第だ。読者の皆様方にはまたどうか御覧頂ければ幸いである。書き込みへの返事は出来る時と出来ない時とがあるだろうが、こちらも可能な範囲で再開したい。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 5・16近畿支社前抗議集会 | トップページ | 剣道で何を学ばせるべきか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>運動の発展を何としても勝ち取りましょう。

異議無し!

投稿: 中核派シンパ | 2008年7月 6日 (日) 10時03分

 中核派シンパさん、本多著作選も学習なさっているのですね。非常に分かり易い文章でありながら内容が豊かで奥が深い論文が沢山ありますので、何度読んでも新しい発見がありますね。

 「本他延嘉全集」を刊行するためには少なくとも数十万の民衆の支持を受ける勢力を築かないといけませんから、中々大変な事業であると思います。ですが革命勝利の暁には絶対実現できるでしょうから、運動の発展を何としても勝ち取りましょう。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月 4日 (金) 22時14分

 勿論本多著作選も学んでいますとも。前進社の文献は品切れのものも含めてかなり集めました。学習が楽しい日々です。

『本多延嘉全集』!これはいつの日にか見てみたいですね。

投稿: 中核派シンパ | 2008年7月 3日 (木) 08時51分

 中核派シンパさん、古典を色々と学んでおられるようで何よりです。ですが本多著作選も併せて学習して下さいね。何と言っても革命的共産主義の基礎を気づいたのは本多書記長です。「前進」も3・14反革命までは殆どの号に本多書記長が書いた論文が掲載されていたと聞いています。もし私に経済力があれば本多延嘉全集の発行を進言したいくらいです。

 右翼との論争を見ていただいた上で中核派を党派選択していただいたのであれば望外の喜びです。三年あまりブログを続けてきた甲斐があったという物でしょうか。只、中央派と関西派との分裂を始め四分五裂状態となっていますので、場合によっては他党派・他の潮流の記事が載ることがあるかと思います。私自身は今現在中央派と関西派と両方の機関紙を購読し、それぞれの集会で参加可能な物に顔を出しています。私自身の立場が確定していませんので右往左往していることもあるかと思いますが、それはそれで元活動家が見た革共同の姿と言うことでご理解ください。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月 2日 (水) 23時40分

 理論はマルクス、エンゲルス、レーニン、トロツキーの古典や前進社の文献を読み、活動については現役活動家の方々からご指導を得ています。どうか心配しないでいつもの調子で書きたい時に書きたいことを書いて下さい。
 アッテンボローさんの元活動家としての語りが私たち労働者への良い啓蒙になります。以前右翼との論争は中間の人たちを獲得したいからやっているとお書きになっておられましたが、それは無駄ではありませんでした。なぜかと言えば、私がこのブログで中核派シンパになったからです。ではまた。

投稿: 中核派シンパ | 2008年6月29日 (日) 08時25分

 中核派シンパさん、初めまして、ようこそ書き込んで下さいました。あまり勉強していただける内容であるのかどうか自信はありませんが、身の丈にあった勉強の成果などを時折書いていきたいと思っています。忌憚のないご意見なと頂ければ幸いです。

 あすかさん、ご心配どうも有り難うございます。妻は病気のために失業してしまいました。後遺症として左の眼球が動かない・焦点を結べないという物がありまして、自転車に乗ることすら出来ません。看護師としての仕事はもう無理だと思います。後は脳の何処かに後遺症があるのでしょうね、記憶が飛んでいたり、物事の理解が悪くなりました。

 薩摩長州さん、本当にご無沙汰しています。ここ暫くの落ち込みの原因の一つが革共同の混迷にあります。果たして中央派・関西派ともにこのままで良いのだろうかと色々心配して自分のより所が崩れてしまったような状況です。基本に戻って勉強し直すために本多著作選の学習は再開させねばならないなと思っています。

 GOさん、力量異常のことはあまり背負い込まないようにしないといけないでしょうね。先日も反対する会のある文書の起草を頼まれたのですが、スランプのために書くことが出来ませんでした。ボチボチやるしかないようです。

 ROM人さん、ご心配どうも有り難うございます。また元気になりましたら政治的課題で色々と意見を戦わせたい物ですね。

投稿: アッテンボロー | 2008年6月25日 (水) 23時47分

大変でしたね。
とりあえず、症状が回復するまでゆっくりと休んでください。

投稿: ROM人 | 2008年6月25日 (水) 23時19分

ブログ復帰おめでとうございます。
と、いうより、今後もあまり無理をなさらないで、マイペースマイペースでやっていきましょうよ。

投稿: GO | 2008年6月25日 (水) 19時56分

おぉお! よかった。とにかくおかわりないようで。

マイペースはウエルカム、自身とご家族が一番大事。でも、沢山の人が気にかけておられることも・・・ ツキイチくらいは声が聞きたいであります。
とはいえ、当方も更新さぼってますが(笑)。

投稿: 薩摩長州 | 2008年6月25日 (水) 06時21分

大変でしたね。
奥さんの病状が心配です。
やはり、リハビリが必要なんでしょうね。
お察しします。

投稿: あすか | 2008年6月25日 (水) 03時36分

はじめまして。いつもこちらに伺って勉強させて頂いていたのですが、更新があってほっとしました。

投稿: 中核派シンパ | 2008年6月24日 (火) 22時58分

 ビープさん今晩は。確かに暫くお休みすることを断っておけばいいのですが、鬱状態の場合それすら出来ない時があります。今は上り坂に少し入ったような状況ですので、毎日は無理としても隔日くらいには記事を更新したいと思っています。

 erkinさん、不幸ではないのですが、妻まで蜘蛛膜下出血のために失業してしまいました。お陰で妻の職場・社会保険事務所・職安・市役所・保健所とあちこち足を運びまして、そこで気力を使い果たしてしまいネットでは何も出来なかったというのが現状です。徐々に落ち着きつつありますので今後は何とかなると思っています。

 主義者Yさん、書きたいこととネタとが合わない時と言うのもしたますね。妻の病後の後遺症やその影響での失業など、あまり書きたいという気持ちには為りませんでした。適度に間隔を開けつつ背更新するよう心がけたいと思います。
 
 kogomiさん、何度もメールで安否の確認をしていただき本当に有り難うございました。鬱病のおかけで自宅に籠もりきりのことが多いので、心配して下さる方がいるというのは心の大きな支えになりました。
 時にはこの問題についてはどうなんだとリクエストしていただくのも良いかも知れません。

投稿: アッテンボロー | 2008年6月24日 (火) 22時43分

お疲れさまでしたm(_ _)m

正直、もうこのブログは見れないんじゃないかと、思っていました。

ご無事で何よりです(o^∀^o)

コチラもなるべく執着せぬよう、チラホラ覗きに来るぐらいにしておきますねf(^_^;)

投稿: kogomi | 2008年6月24日 (火) 21時29分

よかったよかった(笑)
まあ、書きたいときに書いてください。
私も平気で1ヶ月くらいブログをほったらかすことがあります。

投稿: 主義者Y | 2008年6月24日 (火) 08時05分

よかったですね。
余りにも更新が滞っていたので、ご家族に何か不幸な事でもあったのかと危惧していました。
これからも期待して読まさせていただきます。

投稿: erkin | 2008年6月23日 (月) 23時43分

たまにはネットから離れることは、健康にはよいと思いますよ。
特に、文章のスクロールは目が疲れます。
目が疲れると頭も疲れます。

ただ、ブログを開設していると、読者が心配するでしょうから、休む時は、「しばらく休みます」と断りを掲載しておけばよいと思います。

投稿: ビープ | 2008年6月23日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/41626790

この記事へのトラックバック一覧です: ご心配いただきどうも有り難うございました:

» 08年6月24日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年6月24日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・テレビ番組の骨太???{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞の骨太中見出し{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) [続きを読む]

受信: 2008年6月24日 (火) 21時10分

» 筆坂セクハラ事件に見る共産党の道徳感と弱点 [逝きし世の面影]
前回記事中での、「病的な潔癖症」の女性を共産党から追放やハードポルノの解禁は、半分ジョークですから、あまり真面目に反応しないように御願いします。 半分は本気ですが。(自爆) 2年前の筆坂セクハラ事件当時は、自民党山崎拓幹事長の変態報道や苫小牧市長や横山ノック知事の強制猥褻事件と保守政治家の性的退廃は目を覆うばかりのひどさ。 その延長線上に筆坂事件が取り上げられた。 しかも同じように『セクハラ』とマスコミでは報道されていた。 実に怪しからん話です。 山拓や苫小牧市長やノック等の保守政治家の話... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 14時06分

» 08年6月25日 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年6月25日 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・国家公務員・一種とは その1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・国家公務員・一種とは その2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 22時07分

» 08年6月26日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年6月26日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・居酒屋タクシー{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・社会の中のテロップ集{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・憲法の解釈{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2008年6月26日 (木) 21時06分

« 5・16近畿支社前抗議集会 | トップページ | 剣道で何を学ばせるべきか »