« 橋下大阪府知事は勤務時間中にジム通いしても許されるのか? | トップページ | ヒロシマの継承と連帯を考える-なぜ、いま米軍再編・改憲なのか 米澤鐵志講演 -反戦・平和研究集会- »

2008年7月21日 (月)

色々疲れた三日間

 一昨昨日の18日は昼過ぎに起き出して診療所に行った。今現在の主治医ではなく元々鬱病に罹患した時にかかっていた医師に受診するためである。今現在は中央派なのか関西派なのかは分からないが革共同系列の精神科の医師である。ここまで書いただけで知っている人は分かるであろう。除名された関係もあって診察を受けることの敷居が高かったのであるが、どうも今かかっている医師は頼りなく思え、思想上の悩みなども聞いて貰えるためにセカンドオピニオンとして受診することにしたのである。

 受信後、キャンパスプラザ京都で行われた10月19日の反戦集会の実行委員会に参加した。去年の10・21に続いて今年も国際反戦デーの集会とデモが開催されるのである。会場は京都の円山公会堂で、デモは京都市役所までを予定している。詳しいことはまだ検討中であるために詳細を記事にするのは暫く後のことであろう。実行委員会の後で親睦会があったのであるが、病院との関係でバイクで行ったために酒を飲むことが出来ずにひたすらウーロン茶を飲んでいた。周りの人たちがビールや焼酎を飲んでいるのが羨ましかった。今度は電車で参加するようにしよう。

 良く19日と20日は息子の通う剣道教室の錬成会であった。夏期強化練習である。8時30分に集合して夕方4時過ぎまで稽古をした。武道館は風が通らなくて非常に暑かった。少し素振りをしただけで汗が滝のように流れる。近隣の中学の剣道部との合同練習であったが、流石に小中学生は体力がある。休憩を挟むとたちまち元気を回復していた。昼食後の休憩時などは走り回って遊んでいる。大人達は少し面を付けただけでも息切れしていた。面を付けないでの稽古もあったのであるが、途中で足が吊ってしまい付いていけなくなった。面を付けての元立ちの際など、こちらから打って出ようとしたら足がもつれて転倒する始末である。日頃の運動不足を痛感した。

 暑い中で稽古をしたお陰で、昨日入浴前に体重を量ったところ2キロ痩せていた。このまま夏場も稽古を続ければダイエット出来そうだなどと思ったのであるが、一人で稽古するのは非常に大変である。誰か一緒にするから辛いことも乗り越えることが出来るのだとも思った。帰宅して晩酌にビールを飲んだのであるが、その美味しいこと美味しいこと。だが疲れたためであろうか、夜はパソコンを開くことも出来ず寝てしまった。今日は教習所も休みであるために一日ノンビリして、夕方子ども達と夏祭りに出かけた。こちらは例年より規模が縮小されていたのであるが、それでも子ども達は楽しめたようだ。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 橋下大阪府知事は勤務時間中にジム通いしても許されるのか? | トップページ | ヒロシマの継承と連帯を考える-なぜ、いま米軍再編・改憲なのか 米澤鐵志講演 -反戦・平和研究集会- »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 アントンさん、剣道をしているとどうしても警察関係の知り合いが出来てしまいますよね。私が通っていた道場の先生の一人が現役の刑事でしたし、同情の先輩や部活の先輩・同級生・後輩の中にも警察官になった人間が居ます。私自身、あいつは剣道部だったから右翼に違いないとしてオルグ対象にするかどうかで揉めたことがあったようです。

 結局ブルジョア社会では支配するイデオロギーがブルジョアイデオロギーですからどんなことでも多かれ少なかれ支配階級の思想がこびり付いていますよね。70年代の三一書房新書を見ていると武道を民衆・労働者階級の立場から捉え返そうという意欲的な著作の広告が載っていました。やはり武道でもイデオロギー闘争は重要なのではないかと思います。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月25日 (金) 00時41分

結局、自分の思想的立場がしっかりいれば、デマに動揺せずに「いやなことは遠ざける」ような対応をしなくてもいいのですが。いつも自分の弱さに反省しています。マル機の先輩がいるのですが、今年はOB会に「武装」して行ってみようかな?

投稿: アントン | 2008年7月24日 (木) 00時20分

 アントンさん、こんばんは。剣道を始めさまざまな武道は神道との繫がりがありますから、左翼にとっては相いれない教えも沢山有りますね。私も息子がそういったデマゴギーに取り込まれないように、十分注意しながら稽古させたいと思います。

 夏稽古で一番気持ちよいのは、仰る様に面を外した一瞬の爽快感ですね。この一瞬を味わうためならまた稽古したいと思ったりします。実は今日は近畿郵政剣道部の知り合いに誘われて別の道場の稽古を見学してきました。丁度息子の歌謡剣道教室とは稽古日が違うので、沢山練習したくなったらいつでもおいでといってもらえました。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月23日 (水) 23時36分

稽古ご苦労様でした。実は私も剣道をやっていました。高校時代に夏合宿があり、稽古の合間に「剣道精神とは?」などという、今思うと皇国史観まるだしの講義をうけたためか、今はあまりやりたいとは思ってません。ただ、稽古が終わったあと、防具を取って礼をした時の爽快感や、試合前に黙想しているときの「無」は、日常生活ではなかなかあじわえないのでなつかしく思い出しました。

投稿: アントン | 2008年7月23日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/41928952

この記事へのトラックバック一覧です: 色々疲れた三日間:

» 08年7月22日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月21日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・生活保護{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・中国が揺れている{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日のトピックス Bl... [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 21時11分

» 08年7月22日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月21日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・生活保護{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・中国が揺れている{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日のトピックス Bl... [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 21時13分

» 立ち上がるうさちゃん騎士団!/【番組情報】MixRoots Japan/移民を考える基礎資料 [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2008.7.22.22:40ころ 暑いですね〜。今年の休眠中は、かなり……or [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 22時56分

» 08年7月23日 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月23日 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政府の赤字3.9兆円{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日のトピック... [続きを読む]

受信: 2008年7月23日 (水) 20時19分

» 08年7月24日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月24日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・テレビの見出し(岩手地震) {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞記事(年金問題) {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp... [続きを読む]

受信: 2008年7月24日 (木) 20時07分

« 橋下大阪府知事は勤務時間中にジム通いしても許されるのか? | トップページ | ヒロシマの継承と連帯を考える-なぜ、いま米軍再編・改憲なのか 米澤鐵志講演 -反戦・平和研究集会- »