« 色々疲れた三日間 | トップページ | 雲と火の柱 -地下生活者の手記 »

2008年7月25日 (金)

ヒロシマの継承と連帯を考える-なぜ、いま米軍再編・改憲なのか 米澤鐵志講演 -反戦・平和研究集会-

被爆63周年 8・6ヒロシマ
Stop the Atomic Bomb! 原爆やめよ! Stop the Hydrogen Bonb! 水爆やめよ!  Stop War! 戦争やめよ!

日時 08年8月6日(水)
場所 広島YMCA・ラブリーホール(2号館1F)

講演 「人類破滅の道を連帯の力で食い止めよう」(『電車内被爆者の証言』から)
   米澤鐵志さん(被爆者)

アピール 「被爆者援護と原爆症認定問題」
   今中哲二さん(京都大学原子炉実験所助教)

     「憲法・何から論ずべきか」
   立山紘毅さん(山口大学経済学部教授)

祝島物産販売

参加費 500円

主催 反戦・平和研究集会実行委員会

連絡先 090-7120-2603(堀永)

E-mail   yamaguchi_shuntou@yahoo.co.jp

発言者プロフィール

米澤鐵志(よねざわてつし)さん
 1934年8月生。1945年ヒロシマにて原子爆弾被爆。母と妹が死亡。1955年原爆の子友の会会員として第1回原水爆禁止平和音楽祭に「父をかえせ母を帰せ」合唱で参加。以後50年間何らかの形で「8・6大会」に参加。1975年頃から小学校、大学病院、各種集会などで被爆体験講演を年6,7回行っている。1985年宇治平和の会設立に参加。現在京都府原爆被災者の会宇治支部役員・平和の会(宇治)世話人。(『人権センター業書vol.3「核」と人類は共存できない-一被爆者の思い-大谷大学人権センター 編集・発行 2007年3月1日』より)

今中哲二(いまなかてつじ)さん
 大学教員、京都大学原子炉実験所。1950年広島生まれ、被爆2世。専門は原子力工学で、原子力利用にともなうデメリットな側面を研究課題とする。主な著書に「チェルノブイリを見つめなおす」(原子力資料情報室)などがある。(共著書「ヒバクシャと戦後補償」2006年10月 凱風社より)

立山紘毅(たちやまこうき)さん
 1959年鹿児島市生まれ。鹿児島大学法学部卒業。名古屋大学大学院政治学研究科を経て、1989年に山口大学経済学部法学科着任。憲法学・情報法学専攻。主な著書に「現代メディア法研究-憲法を現実に作動させるファクター-」(日本評論社、1996年)などがある。(「IT2001-なにが問題か-」岩波書店より)

集会への賛同と参加のお願い

 岩国への米空母艦載機部隊の移転、横須賀への原子力空母(ジョージ・ワシントン)の配備が迫っています。
 住民の声を一切聞こうとせず、米軍だけに配慮したこの国の横暴が許されれば、憲法の精神はどうなるのか? この国はどこへ行こうとしているのか?
 私たちは「米軍再編」の元で進められている自体について、8月6日という日に、ヒロシマから考えてみたいと思います。
 私たち実行委員会は、米軍再編-改憲という歴史の重要な分岐点にあたり、労働組合の反戦平和運動の真価をかけ、労働組合の団結と学習の機会として、03年7月に山口で立ち上げて開催しておりました反戦・平和研究集会を、初めて広島で呼びかけさせていただきます。
 皆様の賛同と参加を、心よりお願い申し上げます。

祝島物産販売

 上関町は山口県東南部、瀬戸内海に突き出た室津半島の突端に位置する室津と、そこから橋でつながった長島、離島の祝島と八島などから成る。NHKの朝の連続テレビ小説「鳩子の海」の舞台にもなった漁業の町である。
 1982年、中国電力(中電)が上関町四代の田ノ浦を原発建設の有力候補地に上げ、計画を進めていることが初めて明るみにでた。出力137・3万キロワット、改良沸騰水型軽水炉2基の原子力発電所だ。祝島はその田ノ浦の3・5キロ沖合に浮かぶ。実際現地に立ってみれば、目と鼻の先だ。(上関原発開発計画のあらまし)
「中電さん、さようなら~山口県祝島 原発と闘う島人の記録~」写真・文 那須圭子より

 上記の集会の賛同人になったので、皆さんに周知したい。只、この集会の案内とさん同人要請が封書で届く前日に、私は被青同(被爆者青年同盟)などが中心となっている8・6ヒロシマ大行動に参加する段取りを付けてしまっていた。そして郵便が届いた翌日に上記集会の賛同人になってくれと依頼を受けて了承した。実に複雑な思いである。8・6当日に広島にいるのに、自分が賛同人になった集会に参加しないのだ。だがしかし、せめてもの償いとして集会の宣伝だけはさせてもらうことにした。

 因みに私が参加する8・6ヒロシマ大行動は8・9長崎とも連動している。以下に簡単に紹介しておく。

 日程 8・6広島―8・9反戦反核闘争
世界の労働者・民衆の団結で、核と戦争をなくそう! 被爆63周年

 8・6ヒロシマ大行動
とき 8月6日(水)12時半/集会 午後3時/デモ行進
ところ 広島県立総合体育館小アリーナ(広島市中区基町4-1)
関連行事 8月5日(火)
午後/産別労働者交流集会
夕方/青年労働者交流集会(広島市 東区民文化センター)
●アジア侵略、ヒロシマ・ナガサキ・オキナワをくり返すな!
●憲法改悪阻止―ヒロシマの力で!
主催/被爆63周年 8・6ヒロシマ大行動実行委員会

 8・6-8・9反戦反核闘争日程
 主催/8・6広島―8・9長崎反戦反核闘争全国統一実行委員会
●広島行動
★8月5日(火)ヒロシマ大行動関連行事参加
★8月6日(水)
◎福田打倒・祈念式典糾弾デモ
午前7時/東千田公園
(広島市中区千田町 広電「日赤病院前」)
※昼から8・6ヒロシマ大行動へ参加
●長崎行動
★8月8日(金)
◎長崎市内大情宣行動
午後1時半/市内アーケード中心部
◎8・8反戦反核労働者集会
午後6時/長崎県勤労福祉会館4階中会議室
(長崎市桜町9―6、長崎電軌「公会堂前」) 
★8月9日(土)
◎長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼早朝集会へ参加
(主催/長崎朝鮮人の人権を守る会)
午前7時半/松山公園
(長崎市松山町、長崎電軌「松山町」)
◎祈念式典糾弾・福田来崎弾劾デモ
午前10時/城栄公園
(長崎市城栄町、長崎電軌「松山町」)

 続いてもう一つ、8・6広島で行われる取り組みの宣伝をさせてもらう。

被爆63周年 8・6ヒロシマ集会

8・6の原点(被爆の現実、日本の加害責任)をあらためて問い直そう
改憲と戦争、核、差別とたたかう新たな潮流をつくりだそう

○と   き 8月6日(水) 午後1時 開場  午後1時半 開始
○と こ ろ 広島厚生年金会館 3階銀河(広島市中区加古町3‐3)
○主   催 8・6ヒロシマ集会実行委員会
広島市西区福島町1‐24‐1
Tel・Fax 082‐291‐1843
○よびかけ人
李 金異(福島・都・小河内地区住宅家賃値上げに反対する住民の会 原告団長)
森島 吉美(広島修道大学教授)
松井 邦雄(元広島市議会議員)
平田 仁士(広島県教職員組合)
瀬川 博(部落解放同盟全国連合会委員長)

被爆63周年  8・6ヒロシマ集会 よびかけ文

私達は、今年の「8・6ヒロシマ」において、憲法を改悪する攻撃とたたかい、戦争と核、そしてあらゆる差別をゆるさない新たな潮流をつくりだすために、この集会を開催いたします。
被爆63周年を迎えるにあたって、私達はあらためて「8・6の原点」に立ち返る必要があるのではないでしょうか。 まず一つに、8・6に何が起こったのか。被爆者のみなさんがこれまでどんな苦しみを背負いながら生きぬいてこられたのか。また後世の人々に伝えたい思いとは…これらを共有し、肌から学んでいくことです。

広島においては何万人もの在日朝鮮人・韓国人が原爆の犠牲となり、今なお苦しみつづけているのです。また当時、広島市の被差別部落、福島町の住民は疎開先から追い返され、爆心地から2キロ弱で多くの放射能の残る福島町に住まざるをえなかった。それによって甚大な被害を受けたのです。

そして二つ目に、日本が15年戦争で侵略していった加害責任について反省することです。戦中広島には軍の拠点が置かれ、宇品港からたくさんの兵士がアジアに向け出兵していきました。その結果ヒロシマ、ナガサキ、オキナワを引き起こしたという反省に立ち返らなければなりません。

洞爺湖サミットで列強の生き残りをかけた争奪戦がくりひろげられ福田政権はますます戦争-改憲の道をつきすすもうとしています。「海外派兵恒久法」はいつでもどこでも戦争のできる態勢をつくろうとするものです。沖縄、岩国の基地強化とこれまで閣僚などによる「アメリカに対抗するための核武装」発言は、まさに改憲と核武装は直結していることを意味しています。ブッシュの先制攻撃による核戦略はまさに戦争-核戦争で全世界をたたきこもうとしています。

私達は、被爆63周年を迎え、本気になって福田政権による改憲と核武装を阻止しなくてはなりません。

だから今こそ、被爆者をはじめあらゆる人たちが互いの思いを分かち合い、平和を愛する新たな潮流をともにつくりだしていきましょう!改憲と戦争、核、差別とたたかうアピールを大きく発していきましょう!

ここにみなさんのご参加を強く訴えるものです。

実行委員会のホームページ
アドレスhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hiroshimajitu_8_6

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 色々疲れた三日間 | トップページ | 雲と火の柱 -地下生活者の手記 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

  ROM人 さんの意見はこのブログでは少数派ですよ。基本的に左翼的な感性の人がこのブログを愛読してくださっていますから。ですから世間一般で右翼的・反動的意見が大勢を占めようともいつかは良識派が逆転すると思っています。つまりプロレタリア革命に賛成する膨大な大衆が決起する事を確信しています。共産主義は資本家階級を打倒すれば可能であると思います。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月10日 (日) 21時41分

>このブログでの書き込みを見る限りでは「右」の意見が殆どですね。

 当たり前でしょう。
 俺が真ん中、俺が常識、俺がこの世の正義、と考えてる人間が一番愚かだと思います。右左もそうですが、人間本当に中立になんてなれるわけないです。

 勿論私は右ですが、極右までは行きたくないだけで。

まぁ私は「知恵がある限り人間は強欲」と言う思考ですから、共産主義は無理かもしれませんw

投稿: ROM人 | 2008年8月 9日 (土) 21時59分

 ROM人さんが他所でどの様な書き込みをしているか分かりませんので何とも言えませんが、このブログでの書き込みを見る限りでは「右」の意見が殆どですね。「人間は存在その物が害」と言うのは気持ちは分からなくはないですね。ですが、共産主義は人間を信じること無しには成立しない思想ですから、資本家階級さえ駆逐してしまえば労働者はより良い社会を作ることが出来ると思っています。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月 7日 (木) 02時07分

まぁ、私は極右にはなりたくないですからww
私は「人間は存在その物が害」というひねくれ物で、右とか左とか以前の問題かもしれませんww

投稿: ROM人 | 2008年8月 4日 (月) 23時54分

ROM人さん、あなたの論理はまさに、毛唐の連中と同じ論理であり、極右としては認めるわけにはいきませんな。

日韓併合で日本人の心ある右翼は、韓国人から未来永劫恨まれることは理解していましたよ。例えば、武田範之とかね。

cf.『権藤成卿』(滝沢 誠著、ぺりかん社)


アッテンボロー様、左翼は自滅したといいますが、残党は生きています。しかし、小生の見立てでは、右翼は「死滅」しましたよ。

投稿: TAMO2@極右 | 2008年8月 2日 (土) 21時12分

極右として、戦前の遺産を継ごうとしている立場から(爆)。

えっとね、日本帝国主義、、、まあ、左翼の言い方を許してね、、、その精神性は――マルクス派の経済学・哲学草稿などに見られる唯物史観にも敬意は示すし、その「意識は存在に規定される」の複雑さを捨象してごめんね――、かつて流行った言葉で言えば「近代の超克」というわけだ。

毛唐どもがアジアを植民地化し、勝手にルールを決めて、それを押し付け、「合法的に」アジアを分割・再統合したわけだ。その「合法性」そのものが暴力だった。

で、日本の場合、その暴力を撃とうと本来はしていた。(左翼の歴史観では、明治の初期から帝国主義だということになっているようだが、これには無理があると小生は思う。)

様々な「不平等」条約、しかし、毛唐から見たら「対等の」条約なのだ。彼らのルールに従っているからね。


合法性の怪しさを日本の歴史は教えてくれる。そして、解放という事業は、そのような“過去の”合法性を打倒する運動であり、勝者は勝利によってそのような「合法性」を遡及的に断罪する。でなければ、逆に己の正統性ないしは、正当性を毀損するからだ。


最近は、本当に、右翼というものがいない。これこそが日本の危機だと思う。

投稿: TAMO2@極右 | 2008年8月 2日 (土) 21時02分

>朝鮮半島南部は日本に食料を供給する補給地として~
 日本全体がそうい状況なんだから、同じ日本領で行なわれていても不思議ではありません。
>南部は朝鮮軍が、北部は関東軍が管轄しており、この軍管区が38度線でした。
 それが今の分裂の原因とでも?その後半島はアメリカが管理してますから日本に責任はない。そもそも、朝鮮戦争での米中の戦線の図式を見てれば、南へ北へ移動しており、38度線が偶然の産物であったことがすぐわかります。

>仮に中国に「戦争責任」が有るのなら、日本も今後他国の侵略を受けたとしても抵抗してはいけないという事になりますね。

 戦争に至った経緯には戦争責任はないと?そもそも、200万超の軍隊を持つ中国に対して、25万程度の軍を派遣して侵略しようとするとか流石の日本軍もそこまで馬鹿じゃないですよw
 そもそも侵略するつもりなら、第一次大戦時、イギリスが約束した(と言っても、イギリスには何の権利もないんだけど)領土を受け取らなかったのは何故?
 支那事変で日本が提案した和平には、領土の要求はまったく記載されておらず、中国人の日本人迫害の制止を求めているだけというのも、侵略する気があるならおかしな話。
 そして、戦争不拡大方針を採っていた日本と国民党を戦争へと持ち込んだ共産党に責任はまったくないと?
 そもそも中国は、一度結んだ条約を自分に都合が悪い場合は一方的に破棄、なんてことをずいぶんやってますし、反日運動で民間人殺害もゴロゴロやってる。
 盧溝橋での停戦が出来たのに、通州事変、第二次上海事変を起こしたのは中国。
 勿論日本も張作霖爆殺とかやってますから中国側に全責任があるなんて暴論は言いませんが、まったく無いとも言い切れないでしょう。

>日帝の侵略に対して中国人民が抵抗するのは当たり前の事ではないですか。
 両政府において合意の上停戦している物を認めないとか、何のための政府ですか。何のための条約ですか。

>過去の戦争犯罪を現代の視点で裁くなというのであれば、人類に進歩はありませんね。

過去の戦争は過去の視点で考えなければならない。逆に、現在の戦争は現在の視点で裁かなければならないでしょう。過去から学ぶことは良いことですが、事後法よろしく、断罪をするべきではないと思います。

>その根拠を伺いたい物ですね。
36年間赤字だったという事実。

>日帝がボランティアのために朝鮮を植民地化したというのであれば一体全体何の為ですか?
 軍事的に取られるとヤバイ場所だから。だから最初は独立だけでよかったけど、ロシアがリャオトン半島進出とかしてきた。で、最終的には何をトチ狂ったのか併合反対派の伊藤博文を殺しやがったので、世論に押され併合。併合してしまった以上は日本の領土であるから日本と同じように整備した。それだけ。

>ハングルの普及に関しても日本語が使えない朝鮮人に対してはハングルを先ず覚えさせて、
 ハングルを覚えさせる意義は?日本の土地となったのですから、日本語は使えないと不便ですが、ハングルを教える必要性がありません。

>武断統治を行って大量虐殺
 虐殺の具体的な事件を提出してください。三・一にしたって、韓国じゃソウル発、北じゃ平壌発で内容も人数もバラバラ。そもそも、アレは独立運動というよりも暴動。暴力沙汰、殺人なども起こした連中が大挙してくるんだから、それを阻止するのは当然の行為。(勿論、提岩里事件のような行為があった事は否めませんが・・・)
 最初に運動を起こした人々は平和主義をとっていたのに、何処かの馬鹿がそれに便乗して暴力沙汰を起こしたから・・・

そもそも虐殺や搾取をやるほど酷い国なのに、年々識字率がアップして、人口が二倍になって、平均寿命が上がるのは、一体どういう状態なんでしょうか。理解ができません。

投稿: ROM人 | 2008年7月30日 (水) 00時41分

 にゃにゃにゃにゃにゃさん、GOさん、私が繋げない状態のときにROM人さんへの批判をしてくださってどうも有り難うございます。お二人のご意見は尤もな事ですよね。

 さてROM人さん、相変わらず日帝を擁護する主張を繰り返して、侵略責任を曖昧にするための努力にはよくもまあ飽きが来ない物だと感心する次第です。

 「外米」という物を知っていますか? 日帝が中国侵略のために農村の青年から壮年まで徴兵したために農村は生産力が急激に落ちました。その食料減産を補ったのが朝鮮半島から運び込まれた「外米」です。朝鮮半島南部は日本に食料を供給する補給地として、朝鮮半島北部は対中国侵略戦争の兵站基地として重化学工業の生産拠点として、それぞれ経営がなされていました。南部は朝鮮軍が、北部は関東軍が管轄しており、この軍管区が38度線でした。

 中国に「戦争責任」があるとの主張はとんでもない妄言ですね。ROM人の普段の主張などからすれば日本が侵略を受けたときのために自衛隊は必要であるし、憲法9条を廃止して交戦権を認めるべきだという考えになると思いますが、違っていませんよね。盧溝橋事件でどちらが先に発砲したのかは良く分からない問題ですが、 盧溝橋はどこに有りますか? 中国国境内ですよ。日帝が「満州」を占領し、傀儡国家を樹立していたとはいえ、元々中国領です。日帝の侵略に対して中国人民が抵抗するのは当たり前の事ではないですか。あなたの論調で言えば、仮に中国に「戦争責任」が有るのなら、日本も今後他国の侵略を受けたとしても抵抗してはいけないという事になりますね。二枚舌を使うのはやめたらどうですか。

 それから人間は歴史を教訓化する事で進歩してきました。過去の戦争犯罪を現代の視点で裁くなというのであれば、人類に進歩はありませんね。あなたの論は米帝がイラクやアフガニスタンを侵略していても「強い物が正義だ」として容認する事になりますね。私とは全く相いれない立場からの意見です。

 朝鮮の「核実験」について言えば、左翼の中で被抑圧民族の抵抗を認める傾向が強いという事が有るでしょうね。日米帝による侵略戦争挑発を受けているのだから、朝鮮にも核抑止力としての核武装を認めても良いのではないかという間違った考えがある事は確かです。基本的には朝鮮スターリン主義が反人民的な存在であるという事なんですが、戦後長い間日本共産党が「ソ連の核は自衛の為の核である」として賛美していた影響が強いので数年前までは共産党はソ連・中国の核武装は自衛の為にやむを得なかったと主張していました。今の綱領ではどうなっているのか未読ですが。それに対して米英仏帝国主義であれソ連ちスターリン主義であれ、革命の主体である労働者階級人民を無差別に大量殺戮する核武装は間違っているという主張を日本で初めてしたのが革共同です。60年前後の反核闘争は革共同が牽引したといって過言ではありません。そして原水禁運動に分裂を持ち込んだのが日共スターリン主義です。彼らは中ソの核武装を認めない人々を排除し原水禁運動を分裂させました。

 植民地経営に関してはROM人さんの考え方というのは非常に整合性を欠いていますね。一体全体どこのどいつが他国のために赤字覚悟でインフラ整備をするんですか? その根拠を伺いたい物ですね。あなたは先に、「当時のことを現在の価値観で言うのはナンセンスでしょう。言うならば、当時は日本で言う戦国時代であった。強い者が正義であった時代なわけで。」と当時が弱肉強食の時代であったことを擁護しています。日帝がボランティアのために朝鮮を植民地化したというのであれば一体全体何の為ですか? ハングルの普及に関しても日本語が使えない朝鮮人に対してはハングルを先ず覚えさせて、その後に日本語を覚えさせていますから、やはり侵略者の立場でしょう

 総じてROM人さんは日帝が朝鮮半島に対してとても良い事をしたと主張している訳ですが、では何故に朝鮮総督府が武断統治を行って大量虐殺を行ったのかについて整合性の有る説明を要望します。3・1独立運動などに対する血の粛清を正当化できるのであればしてみて下さい。

 日帝の核武装に関しては別に一つの記事を書くことで反論しようと思いますので、明日までお待ちください。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月28日 (月) 01時32分

>「清の属国」とは言っても、中華秩序の中での「独立」は保っていたのだよ。
 だれも「独立してない」て書いてないです。

>資本の増殖のために、国家が植民地に対して資本投下をしてインフラを整備することはむしろあたりまえ。
 併合後30年経っても赤字な植民地ってありますかねぇ。で、実際に何か搾取されました?

 ちなみに併合初期の韓国総統府の予算が五千万程度。そして二千万程度を補助金で、残りを公債で賄っていた。単純計算で三十六年で三・六億~七・二億。戦艦大和が2~5隻も作れちゃうwぶっちゃけ、韓国が無かった方が戦争も楽に進んだかもしれません。
 もちろん、世界の何処をみても宗主国がここまで金をつぎ込んだところあんてありません。単純に資本を増やすため、という理屈では説明しきれません。

そもそも韓国自体が財政崩壊寸前で日本に対して併合を要請してきた。そんな状態の国に市場やら資源やらを求めれるわけがないでしょうに。ロシアへの防波堤であればよかった。
 そもそも搾取するだけならダムとか道路だけで十分。態々学校作って知識を与え、ハングルを広めて、奴婢を解放して、近代化デモを教えたりなんてする必要あるんですか?

>1000万の助成金の内容も、多くは植民地支配を続けるための官吏などの給料その他の経費です

1911年の歳出四千七百万円
建設費:千六百六十万円
一般行政費:八百七十万、
治安費:六百四十万円
産業振興費:四百五十万円
地方費:三百九十万円
土木費:三百二十万円
教育費:百三十万円

日本が補助金を出さないと、官吏の給料すら出せない状況ということですね、わかります。(ちなみに現在のレートにするには、×100してください)


>利益は日本の「資本」が持ってゆくから
資源なんて何処にもないのに、どこから利益が?その利益を使わないで、何故国から態々補助金を手に入れる必要があるのですか?

>朝鮮の人を「対等な日本人」として見なしていなかった証拠ではないのか?
 権利は少ないけど、義務も少ない。どちらが良いかはわかりませんが。まぁ、当時の価値観、経済的な差などから、対等にするのは少々無茶があるでしょう。しかし朝鮮では「兵役ありで良いから俺らも日本人になりたい」という風潮が強かったようですね。創氏改名やハングル廃止も、そういった行き過ぎた日本人への憧れから生まれたものだし。
 しかし搾取するつもりなら、なんで兵役を課さないんでしょうか?貴重な日本兵の前に、こいつらを鉄砲玉にすればいいのに。
 朝鮮人だって内地に来れば兵士に志願できましたし、選挙にも出馬できました。現に国会議員や陸軍大将になった人物もいます。能力のある人間はちゃんと出世しました。当時の世界情勢からしても、差別の壁はかなり小さいのでは?

>「義務」を課すハズ。選挙区も設定されず~
義務を果たさずに権利を受けれるわけないでしょうjk。だから徴兵制が施行されてから、選挙権も与えられたでしょう。(まぁ地理的に遠いから選挙区から外し、それとあわせて徴兵制も無くした、というのが一番の理由でしょうが)

>「戦争」の惨禍だけ
半島に戦火なんてほとんどなかったでしょうに。

投稿: ROM人 | 2008年7月27日 (日) 22時20分

>そもそも日清戦争まで清の属国で、インフラ整備を徹底して、併合後から終戦までずっと赤字で当時の金額で1000万も本土から補助金もらってて、日本じゃとっくに始まっていた徴兵制は1944年と言うのを植民地支配と言えるのかどうか。

アホかあんたは…
「清の属国」とは言っても、中華秩序の中での「独立」は保っていたのだよ。(中華秩序が良い、悪いは別問題)インフラ整備?帝国主義段階では、資本の増殖のために、国家が植民地に対して資本投下をしてインフラを整備することはむしろあたりまえなのですよ。フランスはベトナムに鉄道を敷いたが、じゃあフランスはベトナムを「植民地支配」しなかったとでも言うのかい?
1000万の助成金の内容も、多くは植民地支配を続けるための官吏などの給料その他の経費ですわ、利益は日本の「資本」が持ってゆくから、国家財政的には現れないだけなのさ。
徴兵制が1944年に始まった…朝鮮の人を「対等な日本人」として見なしていなかった証拠ではないのか?戦争がにっちもさっちもいかなくなって、人的資源が無くなってきたから、やむを得ず朝鮮からも徴兵をしたのですぞ!「植民地」でなく、対等な地位であれば、同じ日本人としての「義務」を課すハズ。選挙区も設定されず、朝鮮の人が日本の政治に意見を反映させるすべがない中で、「戦争」の惨禍だけ負わされる…理不尽じゃのう。

投稿: GO | 2008年7月27日 (日) 00時34分

 中国には戦争責任はまったくないのですか?「盧溝橋で銃弾撃ったのは俺ら」と共産党側は宣言してますけど。
 当時のことを現在の価値観で言うのはナンセンスでしょう。言うならば、当時は日本で言う戦国時代であった。強い者が正義であった時代なわけで。その中で「僕らは平和を守るんだ」なーんてやってたら、ドレスデンと同じ目に逢うだけですし。
 戦争の責任なんてペリーが開国をさせなければ日本は鎖国のまま平和でしたし、ワットが蒸気機関を作らなければ産業革命が起きず植民地支配もなかった。世界中に散らばっていて、追求するなんて不可能だと思いますが。

>植民地支配を受けた側である在日韓国人・朝鮮人が~
 植民地支配・・・ そもそも日清戦争まで清の属国で、インフラ整備を徹底して、併合後から終戦までずっと赤字で当時の金額で1000万も本土から補助金もらってて、日本じゃとっくに始まっていた徴兵制は1944年と言うのを植民地支配と言えるのかどうか。

勿論、被爆し、死亡してしまった彼らの冥福は祈るべきです。死ねば皆平等などと言うつもりは有りませんが、彼らには何の罪もないのですから。

そもそも広島の原爆で平和や核は分かりますが、差別って?死者までをも左右の思想に利用するのはどうかと私は思います。

てか、反戦連中が信用できないのは。北朝鮮の核の時、アッテンボローさんのような一部の左翼しか何も言わなかった。無防備マン(笑)とかも停止したし。

 まぁ米軍再編はアホくさい事この上ないですよね。9・11跡をグラウンドゼロとか言う無神経な連中の世話を何故日本がする必要ないよなぁ・・・

投稿: ROM人 | 2008年7月25日 (金) 20時47分

>被爆した責任があたかも日本にあるような言い方をしてません?原因はハーグ条約を破ったアメリカにあるのに、何故日本が攻められる必要があるのか?
>何で態々在日韓国人と朝鮮人だけを?アメリカは自分の国の軍人も一緒に焼き殺したのは無視?
>更に15年戦争に関しては、何故日本側にしか戦争責任を追及しないのか。


日本とアメリカの戦争に関しては、帝国主義国家の間の戦争であって、どちらの側にも正義はないです。
正確に表現すれば、「持たざる帝国主義の、持てる帝国主義への突進」の結果として、日本とアメリカ、イギリス、オランダとの戦争が起こったのです。
その伏線として、日本の中国に対する侵略戦争があり、それに対する中国人民の抵抗運動があった。


「廣島」が軍都として機能していたことは事実であり、日本の多くの都市と同じように、労働者階級も部落大衆も含めて多くの民衆が日本の侵略戦争を支持していたという痛苦の歴史があるのです。
むろん、「はだしのゲン」に登場するゲンの父のような、弾圧と多くの迫害を受けつつも、戦争に反対していた民衆は少数とはいえ、いたはずでしょう。
さらに、そのいっぽうで侵略され、植民地支配を受けた側である在日韓国人・朝鮮人が、日本人と同じように原爆の犠牲となったという事実が存在する、このことは無視してよい問題だとは思わないです。


8・6ヒロシマ大行動は私は毎年のように賛同しており、今年もすでに賛同しました。

投稿: にゃにゃにゃにゃにゃ | 2008年7月25日 (金) 11時46分

核を持つなんて無理。日本が核兵器の所有を宣言してた瞬間、輸出国が全面的にウランの禁輸を行なうことが目に見えてる。発電の四分の一を原子力で補ってる日本が破綻してしまうのは目に見えてるし。

被爆した責任があたかも日本にあるような言い方をしてません?原因はハーグ条約を破ったアメリカにあるのに、何故日本が攻められる必要があるのか?
何で態々在日韓国人と朝鮮人だけを?アメリカは自分の国の軍人も一緒に焼き殺したのは無視?
更に15年戦争に関しては、何故日本側にしか戦争責任を追及しないのか。


平和を盾にして思想を広めようとしているようにしか見えません。
実際こういう集団が、チベット問題で活動していたのを見たことがありませんし。
そもそも9条が戦争を防ぐ理由を明確にしないで9条が無くなったら戦争になると言われましてもねぇ。

原爆の死傷者を思うのならば、恨みや憎しみや思想ではなく、花や線香などを供え、ただ安らかに冥福を祈るべきだと思いますが・・・

ま、憲法改正は自分も反対。理想としては日本が自主防衛できれば良いんだけど、今の腐った政治家じゃアメリカの犬になるのが目に見えてますし。

投稿: ROM人 | 2008年7月25日 (金) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/41962472

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロシマの継承と連帯を考える-なぜ、いま米軍再編・改憲なのか 米澤鐵志講演 -反戦・平和研究集会-:

» 平和祈念式典、8月6日広島 [政治]
今年も8月6日朝8時より広島にて平和祈念式典が行われます。 参列は自由で無料です。予約等も要りません。 世界に配信される式典ですが、最近は少し参列の方々が減ってきて空席が目立つ ような気がします。少し寂しく感じます。みなさまの参列を期待しています。 8月5,6日広島ではこの式典以外にも平和公園内外で色々なイベントが行われています。 深夜から朝にかけても色々な人が慰霊碑参拝にいらっしゃいます。 一度この両日を広島ですごすことをお勧めします。 新たな世界が見えてくるかも知れません。   ... [続きを読む]

受信: 2008年7月25日 (金) 07時00分

» 08年7月日 曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月日 曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 若い方は知らないだろうな。 暑いから 氷を入れた 水枕 1・TV番組の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞記事の切り抜き「もうひとつのヒロシマ」の紹介{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀... [続きを読む]

受信: 2008年7月25日 (金) 20時17分

» 08年7月26日 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月26日 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・テレビの切り抜き(無駄ゼロ会議) {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ 朝日新聞のグラフの中から{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shino... [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 20時16分

» 08年7月27日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月27日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 水琴窟 1・時事放談から自民と民主{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・外人研修生と小型車{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 19時33分

« 色々疲れた三日間 | トップページ | 雲と火の柱 -地下生活者の手記 »