« ラジオ体操 | トップページ | 色々疲れた三日間 »

2008年7月17日 (木)

橋下大阪府知事は勤務時間中にジム通いしても許されるのか?

 労働者には勤務時間中にタバコ一本でも吸うなと言っている男が、自分には何と甘いことか。結局資本家とその僕達は自分たちだけは労働者とは違うという特権意識、何をやっても良いという傲慢な考え方を持っていると言うことだろう。朝日新聞のサイトで検索したところこの件に関する記事が載っていなかったので東京本社版では取り上げられていないのだろうが、大阪本社版の朝刊では結構紙面を割いていた。

 橋下知事 公用車でジム 他に4回 「帰宅途中で問題ない」朝日新聞7月17日朝刊
 大阪府の橋下徹知事が公用車でフィットネスクラブに行ったのは、6月以降で計5回だったことがわかった。秘書がクラブに送った後、公用車は府庁へ戻ったという。秘書課は「自宅へ送る経路の途中で問題はない」としている。
 同課の説明では、既に明らかになっている14日のほか、①6月17日午後7時半ごろ②同22日午後3時ごろ③同29日午後4時半ごろ④7月5日午後4時半ごろの計4回、橋下知事をクラブに送った。
 府の庁用自動車管理規定では、知事が公用車を使えるのは「職務の遂行のために使用する場合」。同課は「自宅から府庁までの送迎と公務にしか使えない」としている。
 4回のうち、6月22日と29日は自民党衆院議員のパーティーなどに出席し、その後、公用車でクラブに向かったという。同課は「いずれも知事として出席し、府政の話をしているので公務。車内で秘書と打ち合わせもしており問題はない」と説明している。

<橋下知事>公用車使い昼間にジム通い 「府民に判断を」
2008年7月16日(水)18時29分配信 毎日新聞

 大阪府の橋下徹知事が臨時議会開会中、公用車を使って大阪市北区のジムに行ったことが分かった。公表される知事日程でこの時間帯は「庁内執務」とされていた。橋下知事は16日、報道陣に「自分で時間を管理するのが特別職。ジムで思いを巡らすこともある」と釈明し、昼間のジム通いや公用車使用の是非について「府民のみなさんに判断してもらいたい」と話した。

 府秘書課や橋下知事によると、14日午後1時ごろ府庁を出発。市内の法律事務所に寄り、同2時ごろジムに向かった。5時前に府庁に戻る際はタクシーを使ったという。公用車の使用について橋下知事は「プライベートだが、警備上必要で問題ない」と話している。この日は臨時議会で委員会審議中だった。

橋下知事が公用車でジムに
2008年7月16日(水)11時52分配信 共同通信

 大阪府の橋下徹知事が14日午後、公用車で大阪市北区のジムに通っていたことが16日、分かった。知事は「ジムは府庁と自宅を結ぶ経路にあり問題ない」と説明。だがジムに行っている間、府議会常任委員会では知事が提出した予算案の修正議論の真っ最中で、賛否が分かれそうだ。知事は「休日も警護の関係で自宅から出られず、2月の就任から7キロ太った」と話しており、“メタボ予防”への理解を求めている。

橋下徹知事が公用車でジム通い…「問題ない」と釈明
2008年7月16日(水)17時15分配信 夕刊フジ

 大阪府の橋下徹知事が14日に公用車で府庁を抜けだし、大阪市内のジムに行っていたことが16日、わかった。橋下知事はこの日、事実関係を認めたうえで、「いつでも連絡が取れる状態にあり、問題はないと思う。府民に判断を委ねたい」と釈明した。だが、7月臨時府議会の常任委員会で、予算案修正をめぐる論議が活発化する最中の出来事だけに、府議や府職員の間からは「あまりにも緊迫感が不足している」との声が上がっている。

 府の説明によると、橋下知事は14日午後1時ごろ、秘書1人を伴って公用車で外出。大阪市北区の自身の弁護士事務所に立ち寄った後、近くのフィットネスジムを訪れたという。秘書とはジムで別れ、夜に公務があったため、タクシーで府庁に戻ったのは同5時半ごろだった。

 橋下知事は16日午前、報道陣の取材に、「知事は土日も休みがなく、24時間365日公私あわせもった生活をしている。空いている時間を使わせてもらった」と説明。公用車を使ったことについては、「殺害予告など脅迫が相次いでおり、警護の関係上使わせてもらった」とした。

 さらに、「2月の就任から7キロも太った」ことを明らかにし、メタボリック・シンドローム予防へも理解を求めた。

 こうした橋下知事の行動に、府議や府職員からは反発の声があがっており、ある府職員は「府議会が緊迫しているこの時期にジムに行く必要があるのか。あまりにもタイミングが悪すぎる」と話していた。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« ラジオ体操 | トップページ | 色々疲れた三日間 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

  ROM人さん、自公の支持の下に出馬している以上その政治路線であることは全くその通りです。ですから大企業向けの政策であって府民や府職の労働者や中小零細企業切り捨ての政策になるわけです。これに賛成することなど出来ません。

 「理系の」は「利権」のタイプミスです。「現実」という言葉を使って理想も何も無い利権漁りの政治をしてきたのが自公をはじめとするブルジョア政党です。彼らは支配階級の内のどの部分の利害を代表しているかの違いに過ぎません。このことは民主党などの野党についても基本的に同じです。私が求めているのは労働者階級の利益を真に代表する階級政党・労働者党・革命党です。

 安倍が手を付けようとした「公務員制度改革」は政財官利権構造つまり政府赤字の根幹である所には手を付けず、戦後階級闘争が闘い取ってきた公務員労働者の労働条件のみを切り下げる、破壊するという物に過ぎません。それは単に公務員部門に限らずありとあらゆる戦後的階級的力関係の反動的転覆を狙う物でした。だからこそかつて階級闘争の最前線で闘いながら今まで第一線から身を引いてきた様な人々が再び立ち上がり始めたのです。この事によって安倍の極右路線が行き詰まり、退陣に至ったわけです。階級闘争の大きなうねりが再び始まったということを見ることなく、単に「官僚やマスゴミが阿部元首相をそれだけ脅威に感じた」などという矮小な物ではないのです。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月12日 (火) 01時35分

>府議会の多数派を野党にしてでも大衆への給付を守り大企業に対するバラ巻きを減らす政治家こそ真に求められている政治家でしょう。

予算が通らない、終了。自公で出馬している以上、自公の政策でいかなければならない。それが組織。

>本当の政治家は理想を高々と掲げ、それに一歩でも二歩でも現実を近づけようとする人です。あなたが「政治家」と言っているのは単なる理系の代弁者にすぎません。

 そりゃぁ今まで文型に政治を預けてこの結果ですからねw
 夢ばかり見すぎて足元をすくわれるよりは、現実を見て一気にではなく、少しずつ確実に足場を固めていくべきだと思います。
 ま、その変はバランスが一番重要なんでしょうが。

>安倍は基本的に官僚機構の基本構造には手を着けず小細工しただけですよ。

 それでも、まず今まで誰も手をつけられなかった部分に手をつけた。それだけでも十分評価できます。
 途中で退陣してしまいましたが、それは官僚やマスゴミが阿部元首相をそれだけ脅威に感じたことの裏返しですし。

投稿: ROM人 | 2008年8月10日 (日) 23時21分

 ROM人さんに対して「答弁」漏れでしたね。安倍は基本的に官僚機構の基本構造には手を着けず小細工しただけですよ。橋下にしたところで削ったのは大衆への給付です。大企業への支出は基本的な部分は維持しています。逆なら評価しますけどね。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月10日 (日) 21時35分

 わさん、仰る通りしがらみの無い政治家はいません。問題なのはどの階級との「しがらみ」であるのかです。今まで散々大阪府政を食い物にしてきた自公とのしがらみの方が強い政治家に何を期待するのでしょうか? 今までの利権構造の基本は温存しながら大衆への給付を減らす以外の選択肢が有るというのでしょうか? 府議会の多数派を野党にしてでも大衆への給付を守り大企業に対するバラ巻きを減らす政治家こそ真に求められている政治家でしょう。利権の代弁者は要らないのです。

 ROM人さん、私は今は活動家ではありませんよ。政治家でもありませんけどね。ROM人さんはどうも現実に引きずられて「理想」や建前をかなぐり捨てて行く人々を「政治家」だと思っているようですね。本当の政治家は理想を高々と掲げ、それに一歩でも二歩でも現実を近づけようとする人です。あなたが「政治家」と言っているのは単なる理系の代弁者にすぎません。

 官僚と言うのは時の支配階級にとっていかにして最大の利益を提供するかということが最大の任務です。ですから現代の日本において官僚層は支配階級である資本家の手先であって悪そのものです。その代わり天下り先が保証されていたりと様々な利権が有ります。どの官庁でも下っ端は大変ですよ。キャリアとノンキャリアの出世組とのしたい放題ですから。そして残念なことに国公労連などは共産党が執行部を握っている為に組合員の怒りや要求を逸らす事に専念していますからね。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月10日 (日) 21時30分

わさん
アッテンボローさんは運動家であって、政治家ではないです。運動家は自分の理想を高々と掲げる夢想家であり、政治家は現実主義者です。

 運動家の理想と現実、その中間地点を見極めて行動するのが政治家なわけで。
 政治でも何でもそうですが、目標という物が会ったとしても、実際そこまで到達することはまず無く、基本的にその手前で止まってしまい、無理をすると壊れてしまう。
 だから、アッテンボローさんのような夢想家は政治家とは別世界の人であり、アッテンボローさんは運動家として間違ってはいないと思いますよ。

余談ですが、アッテンボローさんは「官僚=悪の温床」とでも思っているのでしょうか?現在の所、続に言う官僚が一番キツイ状態ですよ。国家公務員よりも地方の方が色々と楽。まぁ部署とか、その地方で大きく変わるから一概に言えませんけど。
 少なくとも天下りは無くすべきですが、給料はもっと上げて良いと思います。

少なくとも大阪府は、真面目にやっているようには受け取れませんでしたね。まぁ後は社保庁とか害務省とかも酷い状況ですが。他の部署は結構大変な所もあるらしいです。

投稿: ROM人 | 2008年8月 9日 (土) 22時13分

しがらみのない政治家なんていないんでしょう。誰かの後ろ盾があって始めて政治家になる。そして予算を通すにも支持母体がないと成立しない。橋下が与党を追及しないというが、したら予算を成立させることができるだろうか?これから大阪府の借金を減らそうと予算案を組んだ大阪府知事が、与党を攻撃して予算が否決されるバカなことはしない事は小学生でも分かる。アッテンボロー氏はそれでも与党をまず攻撃しますか?でどうやって予算を通すのですか?

政治をするには目をつむるところはつむらないと、全方位に攻撃をしかけて駄目だ駄目だと追求したら、最後にはその者自身が追求にあって辞任に追い込まれる。アッテンボロー氏が完全無欠な政治家ならはやく政治家になって与党も野党も市民も市民も県民も全員借金を生んだ原因があるんだと全方位を叩いて大阪府の借金を0にしてください。

投稿: わ | 2008年8月 9日 (土) 16時07分

 安倍前総理は就任早々道路特定財源(道路整備特別会計)の見直しをおこなってましたね。結局は族議員の抵抗でそれほど成功しませんでしたが。
 また国家公務員法改正案にしたって、普通に官僚の天下り先を潰そうとしていた。それの何処がいけないのでしょう?

ま、とりあえず橋元知事は赤字を122億円も減少させました。
少なくともこれは評価されるべきでしょうね。物事は意見も大事ですが、結果も大事でしょう。
他の政治家でこれほどの改革が出来る人がいるなら、引っ張ってきて、その人を知事にしてしまえばいい。。

投稿: ROM人 | 2008年8月 9日 (土) 09時59分

 不祥事の内容によっては民間企業の方が甘いことも多々ありますよ。問題なのは高級官僚や警察官の不祥事については殆ど処分らしい処分がなされないことでしょう。ある意味日本最大の犯罪組織は警察ですから。警察ほど裏金使い放題、横領したい放題の官庁はほかにありませんよ。コネにしても民間の方が強く働いている場合もありますので一概に言うのは間違いです。

 小泉にしても安倍にしても公務員制度の「改革」では悪の温床である官僚層には手を触れず、末端の公務員労働者の権利剥奪・労働強化・国民の奉仕者である公務員から天皇の官吏への思想攻撃ばかりしていましたよ。福田にしたところで小泉・安倍の路線を継承していることに変わりはありません。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月 7日 (木) 02時02分

>ROM人さん、橋下は「強盗」を駆逐できないのではなく加担しているのです。

まぁその辺の考え方は人それぞれでしょう。

>民間企業で働く人々は何故公務員にだけ文句を言うのか、その点はもっとしっかり分析するべきでしょうね。

不祥事起こしても公務員に下る処罰は甘い甘い。クビもないのに、態度はでかい。コネが物を言う世界。そりゃぁ反感買いますよ。

>大本である官僚機構に手を着けなければ問題は解決しません

それには同意。外務省の無駄金といい、官僚も政治家もこの国は腐ってる。
そしてそのための公務員改革さらに民衆を煽るマスコミも改革しようとした。

そしてマスゴミ、官僚、それに踊らされた連中からフルボッコにされて退陣。後を次いだチンパンがそれを封殺したんですけどね・・・

投稿: ROM人 | 2008年8月 4日 (月) 23時50分

 ROM人さん、橋下は「強盗」を駆逐できないのではなく加担しているのです。そして「万引き犯」に見立てた労働者・大阪府民に犠牲を強制するから打倒されなければならないのです。民間企業で働く人々は何故公務員にだけ文句を言うのか、その点はもっとしっかり分析するべきでしょうね。経営者に対しては一言も言えない事をどの様にして解決するかです。 八つ当たりで公務員叩きしていても問題は解決しませんからね。大企業の儲けは下請けの中小零細企業からの収奪と公共部門の税金を談合などで好きに出来るからです。乱暴な表現をすれば、大企業を国営にすることで、そういった無駄を無くす事が出来るというのが共産主義者の考えです。組織は下からではなく上から腐敗するものです。大本である官僚機構に手を着けなければ問題は解決しません。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月 4日 (月) 01時06分

>一般職員の賃金削減・一時金カットを言うのなら、責任者である府議会議員に対してはより厳しい対応が必要ではないでしょうか。
 仰るとおり。しかしながら、それが出来る人間なんて殆どいません。
 私が橋下氏を応援するのは、彼以外が知事になった場合、さらに酷い結果になるのが目に見えているからです。言うならば、強盗犯の駆逐は出来ないが、万引き犯の駆逐は可能な政治家、と言ったところでしょうか。
 私は、政治とは反論するものではなく、他に適任を持ってくるべきだと思います。反対だけで適任者を持ってこなければ、混乱を招くことにしかなりませんから。

>公務員の賃金が高いのではなく、民間企業の賃金が安すぎるのが問題なのです。
 おっしゃるとおり。何故府民は公務員を叩くのかというと、彼らの態度に有ります。実際、知事に対しての暴言、民間企業に勤めている人々の感情を考えない発言。
 ああいうのを聞いていれば、そりゃ公務員が嫌いになりますよ。。

>民間大企業は良くて公務員や中小零細企業はいけないんでしょうか? 
出来るのと、それをするのは別です。今そんなことしたら、確実にあっちこっちからバッシングの嵐がくるのが目に見えてます。。

>一般職員の不祥事や非違行為ばかりを取り上げて、肝心の責任者については問題を取り上げない方がマスコミのあり方として異常でしょう。

逆もまた然りですけどね。それが社保庁の腐敗の原因の一つでもありますし。

投稿: ROM人 | 2008年7月30日 (水) 00時56分

 ROM人さん、橋下は自公連立政権や府議会与党の責任を追及したことはありません。現行法で政財界が懐に入れた巨額の血税を取り戻すことが出来ないというのは間違いです。府に対して損害を与えたということで民事訴訟に訴えることも出来ます。そういった責任追及をしないばかりか、知事選の際に自民・公明に挨拶を行い、事実上自公の今までの政策を継承することを約束しています。こんなことで抜本的な改革が出来るとお思いでしょうか? 議員報酬についても知事の提案で引き下げることは出来ます。一般職員の賃金削減・一時金カットを言うのなら、責任者である府議会議員に対してはより厳しい対応が必要ではないでしょうか。

 公務員の賃金が高いのではなく、民間企業の賃金が安すぎるのが問題なのです。大企業が空前の利益を上げている訳ですから、民間企業はもっと大幅な賃上げをし、超過勤務手当てを正しく支払うべきなのです。サービス残業の撲滅が共産主義者の立場からいえることですね。特に中小零細の下請け企業に対する大企業の収奪の酷さを改善させるべきでしょうね。図書館で新聞の縮刷版の経済欄を読んでもらえば分かりますが、大企業の賃金は公務員よりはるかに多いですよ。ところが実際には辛い仕事は下請け企業や期間工・派遣労働者などが担っている。大企業の正社員は監督作業などの楽な仕事しかしていません。階級的視点からは賃金などの労働条件は引き上げることが当然であって、悪い方に合わせろということは言いません。

 道路公団云々といいますが、大企業は正社員の為にフィットネスクラブと提携したりしていますよ。民間大企業は良くて公務員や中小零細企業はいけないんでしょうか? そんな事は無いはずです。大企業は儲けているから良いのでしょうか? でも大企業の儲けを生み出しているのは、下請けの劣悪な労働条件であったり血税を談合などで湯水のごとく使うからです。一番大事な問題から論点をずらさないでくださいね。

 公用車に関して、私が先に書いたように、セキュリティーを云々するのであれば橋下はフィットネスクラブに待機させ自宅まで送らせていなければおかしい訳です。途中で返してしまっては意味が無い。だから言い訳に過ぎないと言うのです。

 新聞テレビの報道について言えば、知事が公私混同をしていないかどうかについて検証することは重要なことだと思いますよ。一般職員の不祥事や非違行為ばかりを取り上げて、肝心の責任者については問題を取り上げない方がマスコミのあり方として異常でしょう。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月27日 (日) 23時41分

>階級的視点を見失っていることが問題なのである。

集団に所属する以上、連帯責任。そして現行法上、一度手に入れた資金を没収することは出来ないので、元凶を作った元議員に文句を言うならともかく、橋下知事に当たるのはどうかと。
また、議員の給料って知事の一任で決定できるものでしょうか?できるならともかく、出来ないのならばそれもまた知事に言うのは・・・
まぁ公務員の給料は仕事量の割りに多すぎたと思いますし、減らすのには丁度良い機会だったと思いますが。

>運動器具は民間企業で言うところの福利厚生費に該当する科目で購入することが出来ます。
 道路財団がそれやって「税金の無駄遣いだ」て叩かれてる。厳密には違うけど、知識知らない一般市民には同じに見えるし、出来るわけがありません。そもそも、財政難の大阪府がそんな物買ってる場合じゃないっす。

公用車の使用に関しては、そこでずっと車を待たせていたのならともかく、すぐに返したんですし。防犯のためかどうかはその人の主観によりますし、これに関しては是でも非でもない、受け取る側でそれぞれだと思います。

記事に関しては、アッテンボローさんに関してではなく、マスコミに関してです。ブログは個人の趣味で行うものですが、記者は金を貰ってそれを生業としています。仮にも情報のプロ(笑)なんですから、ブログのような気分で書かれても困るものです。

投稿: ROM人 | 2008年7月25日 (金) 01時47分

 ROM人さんは一番の大本を間違えて捉えている。大阪府の巨額の負債を築き上げたのは一般職員ではない。大阪府の上級職と結託した政財界の利権が負債の原因なのだ。本来ならば大阪府の赤字によって蓄財した政財官の連中の私財を没収すべきである。一般職員=労働者は上司の命令に従っただけである。私が問題とするなら、知事を始めとする官僚層の悪事に対して告発して闘うことが出来なかった自治労大阪府職の弱体化を問うことである。労働者階級のために奉仕する立場であれば、自治労は知事以下の官僚層が政財界と結託して税金を浪費していることを阻止しなければならない。階級的視点を見失っていることが問題なのである。

 常任委員会などについては場合によっては知事が対応を求められる場合もあります。報道には「出席の必要がない会議」とも書かれてはいませんね。

 運動器具は民間企業で言うところの福利厚生費に該当する科目で購入することが出来ます。税金からの支出であっても問題はありません。ただし知事専用となるとそれは出来ません。職員全てが使用出来る事が条件ですね。

 公用車の使用に関しては本来ならば自宅に送り届けさせた後、自分の運転でフィットネスクラブに行けばよい訳です。そうすればそもそも問題になどならなかった。身辺警護を言うのなら、公務を離れていても襲われる危険が本当にあるのならば「公人」である大阪府知事には警察に警護の要請をすることが出来る。要するに橋下は「脅迫」など本気にしていなかったと言うことでしょう。

 記事にしたこと自体、ここは私の気ままな日記であるのだからROM人さんにどうこう言われる筋合いはありませんよ。私が問題であると感じたから記事にしただけのことです。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月22日 (火) 22時51分

>その様な状況で退出することはどうなのでしょうか?
「総務や教育文化などの常任委員会が開かれ、職員の人件費や私学助成の削減案など」の会議であり、「橋元知事が出席すべき会議」と言う報道ではないでしょう。

>本当に身の危険を感じて強いるのであれば知事の事務室に運動器具を置くはずです。

運動器具って、そんな簡単にそろえられないでしょう。勿論税金を使うわけにもいかない。


>公用車を使ったことに対する言い訳として「安全上の問題」を言っているに過ぎないでしょう。
 逆に言うならば、公用車を使う気ならば帰りも公用車を使うのが普通じゃないですか?

まぁ感情はどうであれ、公用車でジムに行くことに関しては、是とも非ともいえません。態々記事にする程度の物ではないと思うのですがねぇ・・・

 橋下知事のやり方なんて、まだまだ甘い甘い。大阪の負債が幾らかわかってるのでしょうか。自分らが負債を作りこんだくせに、知事を「知事」と呼ばないとか、「あんた」呼ばわりとか、そんな連中とっととクビにすれば良いのに(できないけど)。

投稿: ROM人 | 2008年7月22日 (火) 22時15分

 ROM人さん、この問題を私が知った最初は関テレのニュース番組でした。報道によると議会開催中の日にフィットネスジムに行ったそうです。議会自体は議事次第で深夜まで開催されることがありますが、その様な状況で退出することはどうなのでしょうか?

 そして仰っているセキュリティー上の問題ですが、橋下が脅迫の類をイタズラと視ていて本気にしていないことは確実です。何故なら公用車はジムに着いた時点で返してしまっているからです。本当に安全上の問題があるのであれば、フィットネスクラブのような誰でも入れる場所に知事を一人残すことの方が問題です。公用車を使ったことに対する言い訳として「安全上の問題」を言っているに過ぎないでしょう。本当に身の危険を感じて強いるのであれば知事の事務室に運動器具を置くはずです。

 TAMO2さん、ご紹介のサイト、後ほど視てみます。人に厳しく自分に甘いというのは上に立つ物として非常に問題があるでしょうね。橋下という下種の本章の一端が明らかになった事象であると思います。

投稿: アッテンボロー | 2008年7月21日 (月) 22時10分

個人的には、このくらいええやん と思いますが、しかし、橋下擁護論の多くに筋が通っていない気はかなりしますね。

以下、非国民通信様のurlを。
http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/86298aae6416d0bed00f7a2fd4849057

投稿: TAMO2 | 2008年7月19日 (土) 06時45分

根本的に知事の勤務時間は正確には決まっていません。橋下知事も言っていましたが、365日×24時間が公務の時間であり、私生活の時間です。

よって、「勤務時間中にジム通い」という物事態が印象操作でしかない。知事はこの時間帯に連絡を取れるようにもしていたので、職務怠慢でもありません。


また公用車の使用も、殺害予告や白い粉を送りつけられている以上、仕方の無いでしょう。


ほかに何処か問題でも?

投稿: ROM人 | 2008年7月18日 (金) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/41888866

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下大阪府知事は勤務時間中にジム通いしても許されるのか?:

» 08年7月18日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月18日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 線香花火 1・新聞の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・テレビ見出しの切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・野茂投手と祇園祭の後日談{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2008年7月18日 (金) 20時13分

» 08年7月19日 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月19日 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ししのたたき(引用映像・MBS・照英の旅) 1・教職関係の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治家の独り言と新聞の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2008年7月19日 (土) 18時00分

» 待ってました~~~ぁ更新再開、エクソダス2005《脱米救国》国民運動、ひょっとしたらと思っていましたがご無事でなにより、。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 一番最初に、反・貧困のバナーを見たのはエクソダス2005《脱米救国》国民運動でだった。それまでカスカスの生活ぶりなどを馬場さん自身がブログで書かれていたりしたこともあって印象に残っています。  彼とは阿修羅以来のネット上の知り合いでもあり、はたまたSTKがらみで色々と思い出などもあって、何かと気がかりな存在でした。そんな僕にとって、エクソダス2005のながい休眠状態は、「もしかしたら」の考えが頭をよぎることなどもあり心配していました。  今回、とりあえずの顔だし挨拶のようですが、「来訪者25万人突... [続きを読む]

受信: 2008年7月19日 (土) 18時15分

» 橋下知事「ベスト修正案」 大阪府予算ようやく決着 [Newsブログ検索結果BLOG]
 大阪府の橋下徹知事は19日、7月臨時議会で審議中の平成20年度本格予算案の職員人件費と私学助成について修正案をまとめた。人件費は、一般職の基本給削減率を4〜12%としていたが、それぞれ0.5%引き下げ、3.5〜11.5%とした。私学助成は、幼稚園の振興費助成の削減率を5%から2.5%に圧縮した。この結果、削減額は18億円縮小された。財源は、予算案の黒字分と、財源の不均衡を調整する「財政調整基金」...... [続きを読む]

受信: 2008年7月19日 (土) 18時56分

» 08年7月20日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月日 曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・サンプロ出演の民主党の三人{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ユーロ高{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・新聞の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2008年7月20日 (日) 21時14分

» 08年7月21日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月21日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・自動車事故{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・見たくない聞きたくない話{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・良い話・楽しい話{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http:/... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 19時47分

« ラジオ体操 | トップページ | 色々疲れた三日間 »