« キャンプファイアー | トップページ | 闘う国労闘争団を支援する会・中野さん激励会 »

2008年8月31日 (日)

「君が代」不起立 8・30討論集会 根津さんとともに、処分はねのけ「不起立」しよう! 不起立闘争の爆発で、橋下をぶっとばそう!

 みんなでとめよう!教育改悪・全関西の集い実行委員会が主催する表題の集会に参加してきた。帰宅後夕食をとってから記事を書こうと思ったのだが、子供たちの提案でカラオケに行くことになり10時半ごろに帰って来た。ブログに記事を掲載できるのは多分日付が変わってからの事になるだろう。私の記憶に間違いがなければ、実行委員会は革共同を中心とする教育労働者の統一戦線である。中央派と関西派との分裂によっても潰れることなく存続しているというのが嬉しく思えて心踊らせて参加した。

 集会は司会者の挨拶の後直ぐに記録映画「あきらめない-続・君が代不起立」(試写版)の上映が始まった。根津公子さんが家庭科の教師でありながら何故従軍慰安婦(戦時性奴隷)問題を授業で取り上げたのかについても語られていた。03年の通達以来「君が代」斉唱時に規律しない教育労働者に対しては解雇を含む処分の恫喝がかけられていた。その状況の中で子供たちに自己の良心を曲げてまで起立・斉唱することは出来ない。おかしいことはおかしいとハッキリ言える、行動で示すことが出来る大人の姿を手本として示す必要を感じておられた様である。時には階段の最上部から突き落とされ、打ち所が悪ければ重症の可能性があったにも拘らず二人の同僚教師は関わり合いになることを恐れて黙って通りすぎた。二人ともとても良い人であるがねつさんとの関わるとおて同じような嫌がらせを受けることを恐れたのだ。

 停職処分を受けている間毎日の様に校門の前に座り生徒に挨拶し、ビラを配るなどしていると生徒たちの反応が変わってきたという。最初は根津さんに批判的であった生徒がいつしか世間話をする様になり、頑張ってと声援を送る様になったという。地元の人々が支援に次々加わり、陣形が広がって行った。都教委に対して根津さんに対する処分を出さない様にという署名が大量に提出された。映画の後半で都教委の委員には一切届けられていなかったことが明らかとなる。累積処分によって07年の卒業式での不起立には6カ月の停職処分が出されていた。次に不起立をすると解雇の可能性が大きかった。解雇を許すなと連日の様に都教委に対する申し入れが行われる。都教委の職員はロボットの様に自分の職責では回答できないと述べるのみであった。日教組の教研集会では根津さんが提出した「君が代」問題のレポートは当初取り上げられるはずであったにも関わらず中央方針で排斥された。教研集会の責任者である高橋副委員長に対して説明を求めても逃げ回るだけでまともに取り合おうとしない。かつて「日の丸」「君が代」問題について教育現場への持ち込みに対して闘っていた日教組は今日存在しない。日教組中央や都教組が取り組まない中でも町田教組は根津さんを支援し、多くの都教組組合員がそれに合流していた。

 根津さんは、3月は連日の様に都教委に通いつめた。多数の支援者も同行した。河原井さんや心ある教育労働者が不起立を貫いていく。養護学校の卒業式当日多くの支援者に送られて根津さんが不起立に決起した。3月末日に都教委の職員が学校に訪れる。従来の形では前日に前触れがあるのだが、異例の出来事であった。根津さんも支援者も解雇処分の発令を覚悟していた。だが都教委は解雇処分を発令することは出来なかった。07年同様の6カ月の提出と移動の発令であった。根津さんの闘いは解雇処分を封じて勝利したのだ。そして新しい職場でも根津さんは校門の前で生徒や教師に呼びかけを続けている。

 記録映画を作成したビデオプレスの佐々木有美さんと松原明さんの挨拶があり、松原さんは編集の関係で1時間の予定が75分となった。試写版の初めての上映で緊張した。東京では9月4日に試写会を行う。3月の闘いは全国に殆ど知られていない。首にさせることは出来なかったことを伝えたい。パート2は難しい。この闘いの記録を取れたことは幸せだ。私たちも去年からより以上に闘いに関わった。99パーセント解雇だと思った。本人もそう思っていた。首になったときに根津さんが頑張ってくれるだろうからどうするか考えていた。良い意味で予想が外れた。31日は土砂降りで困難な状況で撮影した。この事を映像を通して広めていきたい。佐々木さんは解雇阻止の闘い。この映画に移っていない闘いを紹介したい。あらゆること出来ることを全部やっていこうとした。都庁への要請行動にこれない人たちはメールやファックスで連日抗議した。町田の市民のグループが働きかけて国会で保坂さんが取り上げてくれた。ピアノの得意な人はコンサートをしたり色々やった。都庁の中でも闘いは浸透した。警備員も表情から言いたいことは分かると言う感じで変わってきた。根津さんが都庁の食堂に行くとご飯が大盛で出てきたりした。海外でも取り上げられた。非常に大きい闘いになった。

 根津さん本人の講演「子どもをお国に差し出しません」が行われた。映像を見るのは2回目であるがジーンと来た。気持ちが落ち着いている状態ではない。昨今の大阪の様子を見ると東京の明日が現実になる。子供達の事をどうするのか。東京の二の舞になる。ここに出てくる「君が代」問題」で首になってもやろうというのが河原井であり私です。5年で大きく変わった。都教委は1・2年で闘いを潰せると思っていただろうがそうはいかなかった。だが私たちの方も困難な状況にある。情報を提供することで一緒に考えましょうよと言っていく事が必要。多くの人達が駆けつけてくれた。都教委に対して学校に対して色々なことをしてくれた。全国から支援があった。映画の中でもトレーナー処分のことがあったが直ぐに新聞に取り上げてもらえた。今日の資料の中にも毎日新聞の記事がある。私たちがどういう気持ちで闘ってきたのかがそのまま書かれている。都教委にとってはあるいは石原都政にとっては2月3月の攻防が大きな打撃になったことだろう。米山さんの告発なども大きかった。(米山さんも「君が代」斉唱時に不起立を通しているが処分発令が無い。この事は恣意的でありおかしいと記者会見した。映画の中にそのシーンがある)当初不起立3回で解雇といわれていた。不起立宣言をした教育労働者に対しては学校を離れて長期の研修を行うとも言われていたがそれらはくい止めることが出来た。

 03年の10・23通達によって職場は大きく変わった。不起立問題で闘えない人々は別の問題では教育労働者として立場を守るといっていたが、現実にはそうはならなかった。職員会議が形骸化し命令には唯々諾々として従うしかなくなった。その中で学力テストに関して足立区の不正問題が起きた。学力テストの際に回答を間違っている生徒の横でそのことを教えたり、あるいは成績の悪い生徒はテスト当日に欠席する様にという指導があった。足立区の学力テストの成績が悪いことを苦にした上部の方針で行ったことであるが、これに対して異を唱える労働者がいなかった。内部告発する者すらいなかった。匿名ででも出来ることだがそうはいかなかった。露顕したのは学力テスト当日に休めと言われた生徒の保護者の告発による。大人を見ていて子供達も「小国民」化している。根津はルールを守らない教師だと言われている。学校ではルールを守れと教えているので子供達は根津は悪いやつだと思う様になっている。大人の言うことを率先して実行に移している。階段から突き落としてきたのも生徒であった。戦前大人は戦争に対する疑問を持っていたが口に出せなかったが、子供達は素直に戦争に参加し・協力していき、少しでも反戦的な言動をする人を「非国民」として迫害する先頭に立っていた。それと同じことが起きている。

 今年7月15日に都教委は「分限免職に該当する可能性がある教職員に関する対応指針」を発出してきた。「君が代」不起立で解雇処分を出せなかったことから分限免職を狙ってきていることが明白だ。「上司などから研修受講命令が出たにも拘らず研修を受講しない、又は研修を受講したものの研修の成果が上がらない。」「当日連絡での休暇取得が多く、職務の遂行に支障が生じている」等の事例が列挙されている。」 前者は「日の丸」「君が代」問題について事実を生徒に教える事自体を問題視しているし、後者は家族の病気・介護等によって当日になって休まざるを得ない労働者を免職に追い込む物であると批判した。根津さんは解雇処分を阻止したことに続いて分限免職についても阻止するために闘っていくと決意を語って講演を終えられた。

 続いて休憩を挟んで職場からの報告・討論に移ったのであるが、事実上関西派の教育労働者を袋叩きにする場となった。十数名が発言したのであるが、関西派の発言は袋叩きの当該となった門真三中の教育労働者と他に1名、おそらくどちらでも無い大衆が1名。残る十名あまりは中央派で占められていた。今日は詳しく描く余力がないので簡単に概要を述べるのみとするが、要は門真三中では今年の卒業式で三年生担任全員と一人をのぞく生徒全員が「君が代」斉唱時に不起立であった事を地域の反動分子が3Kに「ご注進」して記事として取り上げ、「偏向教育」としてキャンペーンを張ったこと、そしてその結果府教委が大阪府下で唯一門真三中で入学式の際に職務命令を出して来たこと、当該の労働者が不起立したもののあらかじめその事を前提として職務命令発令がなかったことを捉えて処分から逃げたとして批判する物であった。革命的でなければすなわち反革命であると言うのは如何な物であろうか? 職場の状況や個々人の力量から戦術的な判断と言う物は色々違ってくると思う。処分されなければ逃げたのだと言うのは短絡的に過ぎると思うのである。私は8・6ヒロシマ大行動に参加したし、11・2全国労働者集会にも参加する予定である。だがしかし党派闘争のために司会者含めて中央派で固めて一人の他党派をつるし上げるというのは些か常軌を逸している様に思う。余力があれば明日にでも職場からの報告および討論について記事を書きたい。尤も反対する会の事務作業があるので実現できるかどうかは確約できない。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« キャンプファイアー | トップページ | 闘う国労闘争団を支援する会・中野さん激励会 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ああ、ちょっと読みにくくなった。

 日の丸の所とマインドコントロールの所で言う「洗脳」とは別物です。
 言うなれば、日の丸の所で言っていた洗脳は言わば、その「洗脳」以外の「洗脳」を受けている人々から見て、明らかに異質な物を指す意味で使いました。

 ついでに犯罪者の割合ですが、外登法以外では日本人と同じ条件では?
 それでいてあの倍率の多さは異常ですよ。ちなみに読売云々ではなく、発表したのは法務省ですので。

投稿: ROM人 | 2009年1月 6日 (火) 00時06分

>外登法違反などの軽犯罪を含む数字ですから、単純に外国人犯罪の比率が極端に高いと言うことは出来ないでしょう。
 詳しく知らないけど、外登法違反で拘置所とか刑務所に送られるのですか?そういうニュース見たことないのですが……

>外国人犯罪について触れた部分で首を切られた派遣労働者が犯罪に走ると書いているわけです。
 失礼。外国人の話題から外れたので、君が代の方に話題を変更したのかと思いました。これは私の勘違いでした。すみません

>職務上の命令を通じて「移民反対」「国籍法反対」等という思想の強制が有るのですか?
 その話を振ってきたのは貴方なのですが……

>「日の丸」という太陽神天照を象徴した旗を掲げ、天皇のいやさかを歌う「君が代」という歌を強制する
>このこと自体が思想攻撃なのです。

 天皇を敬う歌が何故いけないのでしょう?
 9条9条と憲法を大事にしている貴方ならば、天皇が日本国民の象徴と明記されているのは知っているはずですが……
 自国民の象徴を崇拝することが、何故おかしいのですか?
 そもそも、そんなに嫌なら欠席すればよいだけの話でしょう。態々式典を妨害するような真似をする必要性がまったくない。
 抗議するにも、式典妨害以外にも方法は色々ある。何故態々他人に迷惑をかけるような方法を取るのでしょうか。

 そも、本当に国民が君が代に対して反発心を抱いていたり、洗脳されているのに、何で亡命者とかがいないのでしょう。
 中国や北朝鮮と違って、言論統制や検閲は殆どされていません。手軽に他国の新聞、情報なども入手でき、そこから日本を外から見た状態というのも知ることが出来ます。
 その上で、本当に洗脳されているのならば、北朝鮮のように他の国からおかしいという意見が出てくるはずですが。

>マインドコントロール
 貴方のこの発言も、洗脳されている上でのことに過ぎません。
 貴方の言うとおり、洗脳されている人はその事実に気づけない。それは正しい。私も貴方も洗脳されているでしょう。
 というより、洗脳なくして人間の文化という物は存在し得ないのです。
 困ったら神に願う、死者を冒涜したら呪われる、そういった類も洗脳。
 宗教や文化、風習。極論を言ってしまえば、全て洗脳です。
 日の丸や君が代の強制も思想の強要だ、というのもまた、洗脳の一種でしかないのです。
 洗脳だからいけない、などというのはお粗末な結論でしかありません。
 もっと国民を納得させるような理由が無い限り、これを変更させることは難しいと思います。

投稿: ROM人 | 2009年1月 4日 (日) 23時39分

 紹介のサイトの統計の中で外国人による犯罪の部分を読みました。先ず犯罪件数に占める凶悪犯罪の割合を見ると韓国・朝鮮国籍の人間は11297件に対して101件で0.894%ですね。中国人の場合は18684件に対して158件の0.845%。外国人全体の犯罪58417件に占める凶悪犯罪ですと465件で0.796%。総括の部分に掲載されている犯罪件数に対する凶悪犯罪に対する割合は2562767件に対して13064件0.509%ですね。日本国籍を有する者に関して限定した項目が見あたらないので日本国内での犯罪件数に占める凶悪犯罪の件数として見れば確かに外国人犯罪が多くあるようです。

 ですが ROM人さんの示している人口比に直した場合の数字は外登法違反などの軽犯罪を含む数字ですから、単純に外国人犯罪の比率が極端に高いと言うことは出来ないでしょう。外国人登録証の不携帯でも逮捕拘留され、起訴・有罪・下獄となることが多いわけですから。統計という物は集計の仕方や分析の仕方によって恣意的な結論を導き出すことが出来ます。特にROM人さんが引用しているのは差別排外主義を煽っているゴミ売りの物ですから尚のことですね。それからあなたの論理のすり替えですが、私の文章は外国人犯罪について触れた部分で首を切られた派遣労働者が犯罪に走ると書いているわけです。意図的に「日の丸」「君が代」問題に繋げるのはデタラメも良いところですね。私はあなたが外国人の犯罪を殊更針小棒大に描くことに対して経済的に劣悪な状況におかれている者ほど犯罪に走りやすい例えを出したのです。

 社会を支配するイデオロギーは支配する階級のイデオロギーであると言うことをマルクスは言っています。つまり最高裁の判断は日帝ブルジョアジーの思想に基づく判断であるわけです。政府の行為に対して違憲判断を下した最高裁判決が一体いくらあるというのでしょうか。多くの「国民」は日本という社会の中で生まれた時から空気を吸うようにして支配階級のイデオロギーを注入されてきているのです。つまりマインドコントロールされているのです。このことを理解できないのがROM人さんであり、2ちゃんねらーであると言えるでしょう。業務命令として「日の丸」という太陽神天照を象徴した旗を掲げ、天皇のいやさかを歌う「君が代」という歌を強制する。このこと自体が思想攻撃なのです。だからこそ式典の最中に座っているのです。唯々諾々として支配者に従うことを拒否することは労働者の階級性の背骨を為すことです。敵の思想攻撃に対しては労働者の思想を真っ向から対置する以外にはないのです。

 そしてあなたはここにおいて又しても論理のすり替えをしています。職務上の命令を通じて「移民反対」「国籍法反対」等という思想の強制が有るのですか? 殆ど無いでしょう。例えばリコー三愛グループが「国を愛し,会社を愛し、自分を愛せ」とか三菱グループが社訓の中で数回にわたって国家と共にあると言う形で愛国心洗脳を行っていますが、「移民反対」「国籍法反対」等とわざわざ言わなくても帝国主義的愛国心に染められた人間であれば差別排外主義的発想をしますから。移民受け入れ等は支配階級の間における路線の違いに過ぎませんが、「日の丸」「君が代」の強制は支配階級の総意です。ここに大きな違いがあります。日本経団連が移民1000万受け入れを提唱していますが、将来この方針で支配階級が一致すれば、今現在会社や行政機関を通じて自公連立政権への投票を強要しているのと全く同じように民主党支持を強要されるようになるでしょう。民主党そのものが支配階級の一分派に過ぎないのですから。

投稿: アッテンボロー | 2008年12月30日 (火) 22時57分

>正確な統計上の資料を示してもらいたい物です。
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji25/H16_toukei.htm
 失礼、四倍以上とか三倍とかは在日朝鮮、韓国人でした。中国人は入ってない。
 と出してみたけど、まとめるのがすげぇ面倒なので別資料

某サイトの記述をまとめます。
2004/5/5 読売新聞のを要約します
 法務省の調べによると、刑務所と拘置所に留置されている外国人は、中国人1905人、韓国・朝鮮1647人、イランの511人、ブラジルの392人。
 韓国・朝鮮の半分以上は在日の特別永住者が占めている。

ここに2004年の在日外国人の比率を当てはめれば、簡易ですがある程度の犯罪者の割合が導けます。
日 本
全人口12600万人 収容者68050人
一万人辺り5.4人
中 国
全25万 収1905 率76
韓国・朝鮮
全53万 収1647 率31
イラン
全4万(?) 収511 率128(?)
(イランは登録者以外にもウヨウヨいるらしく、実際には7~10万はいるらしい)
ブラジル
全24万(97年) 収392人 率16人

あれ、高くなった……w
まぁ軽犯罪とか、日本に席を置いていない外国人も含まれるから、そんなもんになるのでしょうか。
データが最新のではありませんけど、そう変わるものでもないですし。

>最近派遣労働者が契約を切られホームレスになったためにコンビニ強盗をして金を得ようと好く犯罪が続いています。
 日の丸、君が代になんら関係ないでしょ。それは。
 日の丸、君が代賛成派が多い2chでも、現在の経済状況に対して純粋に自民を応援してる人なんかほとんどいない。
 小沢に任せたら外国人参政権成立で日本終了になるから、民主に政権をとらせないように自民にしている人間が多いだけだし。
(まぁ麻生はそれなりに評価されてます。福田の時はボロクソでしたがw)
 ネトウヨの巣窟と言われている2chですらそんな調子なんだから、一般市民は言わずもがなでしょう。

>「日の丸」「君が代」問題では「上司命令」という形で思想の強制が行われています。

だから最高裁が「命令は思想の強要にはならん」と判断したとry

>二枚舌も良いところですね。
 抗議の仕方が間違っていると何度言えばry
 学校という公的な職場で抗議するのが間違い。「移民反対」「国籍法反対」を学校で喚いてたら、俺だって気持ち悪いと思いますよw
 時と場所を弁えて抗議すべきだ、と言っているのです。裁判においても、職務中の行為に関してのみであり、私的な時間での行為にはなんら触れていません。
 抗議がしたければ、職務終了後に改めて抗議すれば良いだけのことです。
 態々授業や式典の最中にするのは、他人の迷惑を考えていない、自己中心的な行為でしかありません。

>「選挙に立候補して、文部大臣にでもなればよい」というのは現実を知らないお坊ちゃんの絵空事に過ぎません。
 ネタにマジレスされても……
 でもヒトラー率いるナチス党だって、最初は野党の中でもの政党でした。創価学会だって、最初はただの小さな主教団体だったのに、いつの間にか政治に口出しする政党作ったりしてますし。時間はかかりますが、一国、特に扇動されやすい国民性を持つ日本ならば、動かすことは不可能では無いかと。

投稿: ROM人 | 2008年12月19日 (金) 22時15分

 ROM人も分からない人ですね。在日・滞日外国人の犯罪報道が目立つのは珍しいからです。正確な統計上の資料を示してもらいたい物です。また日本における差別の現実が犯罪に走る原因ともなっています。外国人の問題ではありませんが、最近派遣労働者が契約を切られホームレスになったためにコンビニ強盗をして金を得ようと好く犯罪が続いています。物事の根本には日帝支配の現実があるのです。

 「日の丸」「君が代」問題では「上司命令」という形で思想の強制が行われています。これが問題なのです。あなたは悪法に対して反対しないのですか? この場合ありとあらゆる場を通じて抗議の行動が伴うはずです。例えばあなたは差別排外主義の立場から「移民反対」「国籍法改定」反対を主張指定いますが、そのことはどうなんですか? 支配階級にとって都合の良いことは何でもありで、都合の悪いことについては目くじらを立てて批判する。二枚舌も良いところですね。

 それから現在の選挙制度は支配階級にとって有利に作られています。小選挙区制度の悪弊で得票数は野党全体より少なくとも05年衆院選では与党が圧倒的多数を占めました。「選挙に立候補して、文部大臣にでもなればよい」というのは現実を知らないお坊ちゃんの絵空事に過ぎません。

投稿: アッテンボロー | 2008年12月19日 (金) 20時40分

>「日の丸」「君が代」に反対しているからと言って処分を乱発したり

抜けた。
×反対しているから
○上司命令に従わなかったから
 職務中以外なら別に反対しようがどうしようが規制は無いと何度言ったら……
 俺は仏教徒だから、キリスト教徒の祭りであるクリスマスは中止されるべき、と言うのと同等の行為ですよ。

ピアノ裁判でも最高裁が、
「特定の思想を持つことを強制したり、特定の思想の有無を告白することを強要したりするものではなく、児童に一方的な思想を教え込むことを強制することにもならない」

と判決を出しましたし、先日福岡高裁でも原告が敗訴になりました。
 思想信条は自由です。しかし、職務に従いましょう。嫌なら転職すれば良でしょう。日本には職業選択の自由があるんですから、嫌いな国家からお金を貰わずとも、自分で稼ぐことができます。
 子どもを本格的に変えたいなら、選挙に立候補して、文部大臣にでもなればよい。本当に人民から支持されているなら、難しくはないはず。

投稿: ROM人 | 2008年12月19日 (金) 20時21分

>差別排外主義は驚くほど蔓延しています。
 在日の犯罪率は暴行、傷害、恐喝、麻薬などが四倍以上、殺人、強盗、放火、強姦などが三倍以上。
 そりゃ嫌われるわww

 しかも在日の犯罪に関しては日本名で報道する物だから、ひょっとしてこいつも日本人モドキか?と疑心暗鬼にさせるマスゴミや、日本人が職に困っているのに移民を増やそうとか言ってる経団連も排他的になってしまう。

まとめると、日本が平和すぎるのが原因ですね。外国人は基本、日本人より犯罪率が高くなりますから、怖がられてしまうと。

>「愛国心」教育によって洗脳された中学生が根津さんに襲いかかったりする現実をどう捉えるかです。

 機動隊に石を投げるのを推奨するのと同レベルでしょう。右にも左にも、同類では理解し難い人種とは居る物です。

投稿: ROM人 | 2008年12月19日 (金) 20時12分

 ROM人さん、今日の日本で広まっている差別排外主義は驚くほど蔓延しています。「愛国心」を煽り、差別排外主義と一体の物として侵略戦争への道を掃き清めようとしているのが日帝政治委員会なのです。

 ブルジョア民主主義の範囲ですら思想・心境の自由を認めているわけですから、「日の丸」「君が代」に反対しているからと言って処分を乱発したり、「愛国心」教育によって洗脳された中学生が根津さんに襲いかかったりする現実をどう捉えるかです。

投稿: アッテンボロー | 2008年12月18日 (木) 08時31分

>侵略と侵略戦争の過程で国家暴力によってすり込まれた

 あくまでそれは個人の主観でしょう。人の数だけ歴史観は存在しますし、押し問答でしかありません。
(そもそも、何が正しくて何が間違っているということ自体、人間が勝手に決めてるだけのものですし)

ま、ルーツなんていったら、日常で使ってるものの大半が、血に濡れている物ですからね。
 サッカーなんて、元は生首を蹴っ飛ばしてたのが最初だっていうし。
 キリスト教がこうして広まっているのは、異教徒を片っ端から惨殺しているから。
 だからと言って、学校でサッカーを教えるのを禁止したり、クリスマスを祝うのを止めさせたりしますか?
 問題はルーツや広まった方法ではなく、今、君が代、日の丸がどういう状況にあるか、ではないでしょうか。
 君が代、日の丸を学校で歌わせたりしたところで、国粋主義に走るほど日本国民は馬鹿ではないと思いますが。

投稿: ROM人 | 2008年12月12日 (金) 22時11分

 しばらく管理を怠っている間に愚か者が書き込みをしていた。

 こういう愚か者は権力者の良いなりに奴隷として生きることになんの疑問も抱かない不幸な人間である。

 「日の丸」「君が代」がいかなる歴史的背景を持っているかについての勉強すらすることをしない。

 侵略と侵略戦争の過程で国家暴力によってすり込まれたという歴史的事実がある以上、この様な物を唯々諾々として受け入れるわけにはいかない。人民の決起によって必ず「日の丸」「君が代」を廃止してみせる。その時にはお前のような愚か者こそ亡命することになるだろう。一日も早くお前のような愚か者が日本人をやめたくなる日を到来させてやろう。

 教育労働者の背骨は折れていない。そして「教え子を戦場に送らない」という日教組の誓いは守られるだろう。

投稿: アッテンボロー | 2008年12月11日 (木) 20時55分

君が代は日本の国歌。嫌なら日本人を止めればよい。ましてや教員たるもの、個人的信条を抑えてでも、それぞれ異なる信条を持った生徒達を導く義務があるにも拘らず、それを放棄している彼らに正義などない。

教師は公僕に等しい。個人的信条を主張したいのであれば、教師を辞めてから物を言え。

投稿: 君が代は日本の国歌 | 2008年12月11日 (木) 10時36分

 パートさん、先ずはパート・アルバイトの時給を正規社員に少しでも近づけることですね。今年の春闘では地域ユニオンなどが時給1000円を要求していましたが、残念ながら勝ち取ることは出来ませんでした。本当は正規雇用の労働者が非正規のために立ち上がらないといけないのですが。何故なら非正規雇用の労働者を差別することで正規雇用の労働者もまた劣悪な労働条件の下に押しとどめられているからです。
 正規と非正規の連帯、これが重要な課題でしょうね。

投稿: アッテンボロー | 2008年9月25日 (木) 22時21分

まじめに検討いただいて、感謝します。よろしくお願いします。
非正規職撤廃!で、多くのパートなどが、大量解雇になることになります。そんなことは、みなさんの考えとは違うと思うのです。ぜひ、大量解雇に荷担することなどしないように、考えてほしいのです。
5時間のパート労働しか出来ない仲間もいます。介護があったり、家庭の事情があったりするからです。よろしくお願いします。

投稿: パート | 2008年9月25日 (木) 21時14分

 パートさん、確かに11・2全国労働者総決起集会の重要なテーマに非正規職の問題がありますね。また、反対する会の10・1近畿支社前抗議行動でも非正規職撤廃を掲げています。

 フルタイムとなると働けない労働者もいるでしょうからパートタイムやアルバイトその物を無くしてしまうことは無理があるかもしれません。仰る通りフルタイムで働きながら非正規雇用の様々な形態で働く労働者は全て同一賃金を資本に強制しなければならないと思います。また、雇止め解雇なども禁止する力関係を築く必要が有りますね。全くその通りです。

投稿: アッテンボロー | 2008年9月24日 (水) 23時18分

「非正規職撤廃」は、11月集会の訴えになっています。また、10月1日の遊星周回の訴えになっています。そこで、聞きました。
誤解とは、パート労働者であって、正規職員になればはたれけない人がいると言うことです。アルバイトもそうです。
だから、問題は、非正規職の撤廃ではなく、差別取り扱いの撤廃です。具体的には、言われていますような、雇い止め差別禁止であり、賃金差別禁止です。

投稿: パート | 2008年9月23日 (火) 21時41分

 パートさん、この記事の中では非正規労働者の問題については全く触れていないのですが、いったいどの辺が誤解を招いたのでしょうか?

投稿: アッテンボロー | 2008年9月21日 (日) 03時24分

そういう気持ちだと思います。そうであれば、そういう風に言うべきだと思います。差別、雇い止めはだめだ。賃金差別はだめだと。そうしないと、誤解を招くように思います。

投稿: パート | 2008年9月20日 (土) 13時56分

 パートさん、労働運動をしている人間が「非正規職撤廃」という場合パートやアルバイトを差別するなということですね。たとえば郵便局では全く同じ仕事をこなしていてもバイトは正社員の三分の一から五分の二程度の賃金しかありません。バイトに対しても正社員同様の待遇をせよと言う事です。

投稿: アッテンボロー | 2008年9月19日 (金) 15時53分

>11・2全国労働者集会にも参加する予定である。

非正規職撤廃!って、どういうことですか?
パートで働けなることですか?アルバイトで働けなくなることですか?
8時間労働できればいいけれど、通勤時間も含めれば、10時間労働ですか、そうできない人は、どうなるんですか?
みんな正社員と差別なく、平等にしてくれと言うことなのだろうか?

投稿: パート | 2008年9月19日 (金) 15時30分

> 軍国主義だ帝国主義だ反対反対て喚く連中が80年代に出てきたから

これ、まじで聞きたい。どんな事例?
ヒントを与えるのもイヤだけどさぁ・・・。
社民党の保坂さんが「学校解放新聞」をつくってたのも80年代だし、「いき過ぎた管理教育」なんてのもその時代だし、中野富士見中の事件もその辺だし、「校内暴力」→「いじめ」に変化したのもその時代だしね。まぁ、長さが10年もあるけど(笑)

> 私自身の意見としては、一人で静かにしているならば、起立はともかく(流石にこれは場の雰囲気を壊すので)、斉唱は嫌ならしなくても良いと私は思っています。バレないし。

繰り返し書くなよ?バレないものをばらそうとする政策が行われていると、批判されているんだぞ。それをちゃんと批判しろっての!

>授業や行事など大人が勝手に決めた物事を子供に強制する施設。そもそも何か物を教える「教育」という行為自体が、教師や親による洗脳だと思っています。

うーん・・・。いいねぇ。問題の解決にならない上に一切の問題の解決ならない明確な答えだ。そういう意味では、誰が何を、どう教えようと関係ないのでは?子供は従うだけで、内容は大人が決めることでいいのかな?まぁ、いいんでしょうなぁ。安部の教育基本法改定もそういう雰囲気だったしね。っていうか、あなた、どんな子供だった?(笑)

> そもそも「この命令は愚かな命令である」なんていう確証がどこに存在するのでしょうか?

愚かでないという確証を見せてもらいたいもんだ。その下に列記の3つは何かの判例なのかい?

>そもそも、一度例外と言う物を認めてしまったら例外が次々に増え続け、結果として例外の乱用、つまりはその規定自体が存在しないも同じ状態になってしまいます。

例外をその後も認め続けるのは誰よ?例外が慣例になると言いたいらしいが、例外を慣例と認めてしまうことに問題があることは無視か?

かまってあげると、いろいろkまわれたがるので、今後は、無視します(^^;

投稿: なのなの勢力 | 2008年9月14日 (日) 06時03分

>軍国主義だ帝国主義だ反対反対て喚く連中が80年代に出てきたから、96年から強制的にやるようにしなきゃいけなくなったわけで。騒いだのは教師側が先。

ほぉ~そうなんだぁ!(棒読み) ほいなら、「まぁ今となっては鶏が先か卵が先か」なんてはぐらかさないで、な~るほどそのとおりと納得できるような事実をあきらかにしてちょーだい。80年代に”教育労働者”が「軍国主義だ帝国主義だ反対反対」といって、権力を震撼せしめ、96年に始まる密集せる反動を引き出すような激烈な政治闘争を闘ったという歴史的事象を。何年の何月何日どこで、どんな闘争があったの? 先生が100万人決起したか?機動隊でも殲滅したか?文部大臣を拉致したか?それとも迫撃砲を都教委にでも打ち込んだか?  

詳細な歴史的事実を出して頂戴!! 「教師側が先」って言い切ったのだから。口からでまかせっていうことはないよね。”出せよ!!!” 議論はそれからだ。


投稿: 薩摩長州 | 2008年9月11日 (木) 20時38分

>「君が代歌わないとクビだ」と騒ぎ立てるから色々ゴチャゴチャするわけであって
 軍国主義だ帝国主義だ反対反対て喚く連中が80年代に出てきたから、96年から強制的にやるようにしなきゃいけなくなったわけで。騒いだのは教師側が先。まぁ今となっては鶏が先か卵が先か、と言っても過言じゃない状況で収拾不可能な状態になっちゃってますけど。
 私自身の意見としては、一人で静かにしているならば、起立はともかく(流石にこれは場の雰囲気を壊すので)、斉唱は嫌ならしなくても良いと私は思っています。バレないし。

>学校とは、こうあるべきだというところから話が始まるとわかりやすいんだが。

授業や行事など大人が勝手に決めた物事を子供に強制する施設。そもそも何か物を教える「教育」という行為自体が、教師や親による洗脳だと思っています。

>愚かな上司命令に対しての、薩摩長州さんやGOさんの意見にどう応えるのだろう?

 そもそも「この命令は愚かな命令である」なんていう確証がどこに存在するのでしょうか?
 自分の意見、思想を信じて行動することは良いことだと思いますが、それが本当を客観的に見た場合正しいことなのかを判断することは不可能です。自分のことなのですから。
 だから客観的判断を下すために裁判所があり、そこが否決したのですから、その上司命令は愚かな物では無かったという事なのでしょう。

 上司命令の場合
・権限ある上司から発せられる命令であること
・上司の職務権限内の事項であること
・実行可能な内容であること
 この3つに当てはまれば問題ありません。そして裁判所は問題ないと判断しました。勿論上司に異議を具申したりすることは当事者としての権利ですが、それを却下されたからと言って、仕事を放棄する事は許されないでしょう。どうしても嫌ならば部署を転属するか、辞職するか。一番現実的なのは、卒業式を欠席すれば良いのです。

 そも、一度例外と言う物を認めてしまったら例外が次々に増え続け、結果として例外の乱用、つまりはその規定自体が存在しないも同じ状態になってしまいます。
 毎年毎年「今年は特別」と国債を発行し続けるのと同じように。
 戦力を持ちませんと言いつつ、拳銃なら、マシンガンなら、バズーカなら、ミサイルなら、と警察予備隊から発展していった自衛隊のように。

投稿: ROM人 | 2008年9月10日 (水) 22時50分

うーん・・・。

相当の重症患者のようだが・・・。

私はあえて「あんた、本当に思考力と言うのか、読解能力と言うのか、なんか足りないの?じゃなきゃ、わざと書いてるの?自分のブログでもつくって、書けば?誰も見ないかもしれないけど。」

とサービスで書いておいたんだけど?

> まぁそれに似てる物ですね。勉強したい人が来る学校。来ても授業サボっても、休み時間ゲームとか持ってきてもオッケーな所。先生に何の強制力もない、法律に触れなければ良いので染髪や入れ墨も問題なし。
 でもそれって学校と呼べるのでしょうかね。

「まぁそれに似てる」じゃなくて、「それって学校と呼べるのでしょうかね。」じゃなくって、あなたが、学校とは、こうあるべきだというところから話が始まるとわかりやすいんだが。私の(国連及びユネスコ的には否定されると思う)という意見も否定してくれるのだろうか?

>そして、君が代の不起立は、上司命令違反に引っかかる行為です。

そういう愚かな上司命令を出しているのが愚かだと書いていることが理解できないんだろうか?

そのあとの、愚かな上司命令に対しての、薩摩長州さんやGOさんの意見にどう応えるのだろう?

トータルな世界観がないってのは、みじめだね。

頼むから、自分のブログにどっかで見た記事の断片でも書いてくれ。


投稿: なのなの勢力 | 2008年9月 7日 (日) 04時05分

そうなんですよね、「何が何でも歌わせる、歌わなければ処分!」ってのが、東京都の10・23通達ですからね。それまでは「歌わない自由」も一応は保障されていたし、逆に通達前に歌っていた人が、通達が出た後に「強制はおかしい!」と不起立した人もおるのですよ。
あと、左でない人にも問いたいけれど、入学式や卒業式に、何で国旗や国家がいるのかね。校歌ぐらいで十分じゃん。私は小、中、高の校歌はほぼ完璧に歌えるぞ。国旗や国家がないと、卒業式にならないとゆうのが、そもそもおかしいのだと思うが、どうか?

投稿: GO | 2008年9月 7日 (日) 00時30分

>そも、態々「君が代反対!」て騒ぎ立てるから色々ゴチャゴチャするわけであって

そうじゃないだろう!「君が代歌わないとクビだ」と騒ぎ立てるから色々ゴチャゴチャするわけであって、一人で静かに座って歌わなくてもお咎めなしなら、それはそれでもいいと思うのだが・・・ 天皇制ボナパルティストには甚だ不都合かもしれないが。

投稿: 薩摩長州 | 2008年9月 6日 (土) 22時40分

>「義務教育の否定」に話が発展するなら、理解できないでもないけど?
 まぁそれに似てる物ですね。勉強したい人が来る学校。来ても授業サボっても、休み時間ゲームとか持ってきてもオッケーな所。先生に何の強制力もない、法律に触れなければ良いので染髪や入れ墨も問題なし。
 でもそれって学校と呼べるのでしょうかね。

>「折り合いをつける」のが社会安定の基本だ。
 その通りです。そうやって折り合いをつけた物の積み重ねが「憲法」や「法律」と言った存在でしょう。そして、君が代の不起立は、上司命令違反に引っかかる行為です。君が代反対、日の丸反対は多いに結構。教育委員会に抗議するのも結構。しかし、やり方を考えて行動すべきだと思いますが。

 そも、態々「君が代反対!」て騒ぎ立てるから色々ゴチャゴチャするわけであって、一人で静かに立ってれば歌ってないことがバレることなんて無いと思うのですが……
 後で聞かれても証拠なんて無いんだから「歌ってましたよ。聞こえませんでした?」とでも言えば良いだけですし。これじゃ折り合いになりませんか?

投稿: ROM人 | 2008年9月 6日 (土) 21時46分

あ、付録ですが・・・前にもどこかで書きましたが・・・

卒業式の日には、放送室で音楽流していました。私が不起立教員だとまずいからです。君が代の伴奏がイヤな人にはさせませんでした。ま、いっか?と思う人に頼みました。軋轢がなくなります。

それをあえて、弾きたくない人に弾かせたらダメだと思います。ピアノを弾ける人はその人だけじゃないんですから。これだけで収まりそうなトラブルをわざとつくているとしか思えない状態には・・・あきれてものが言えませんね。愚か、愚か・・・。

投稿: なのなの | 2008年9月 4日 (木) 05時04分

あんた、本当に思考力と言うのか、読解能力と言うのか、なんか足りないの?じゃなきゃ、わざと書いてるの?自分のブログでもつくって、書けば?誰も見ないかもしれないけど。

>強要するシステムであると思いつつ、それは良くないと思う。
前者であるならば、教員が反抗すること自体が問題なのは発言しました。

>しかし後者の場合、それはすでに学校ではないでしょう。

前者と後者がよくわからないんだけど、帰結として、学校一般ではなく、強制力を持った「義務教育の否定」に話が発展するなら、理解できないでもないけど?そういうことを言う人はかつてもいたし、私もそう思うところは少しある(国連及びユネスコ的には否定されると思う)

>嫌だから休むどころか妨害する。それこそ学級崩壊そのものじゃないですか。

だから、嫌だったらクビだとか、嫌だったら、やめろと主張しているのは、お前だろう?嫌なヤツがいても、なんとか丸めこむのが筋ってもんだ。「折り合いをつける」のが社会安定の基本だ。それを折り合えなくしているのが、日の丸君が代の強制なんだってのが、アッテンボローさんのレポートの流れだろう?

お前の言っていることは、食肉偽装を社長に指示されて、「嫌だから加担しない」と言うのはダメで、「それを告発するのは会社崩壊だからダメだ」と言っているようなものだ。しかも、不正を告発した社員が悪いみたいな言い方だと俺は思うぞ。

まぁ、そういう書き方をするのが好きな新聞や週刊誌もあるし、そういうのを無批判に受け入れてしまうのもあるかもしれないけど、そうであるならば、よりいっそう、お願いする。ROMに徹しろ!

投稿: なのなの | 2008年9月 4日 (木) 04時47分

自己の主張を正当化するために他人の文章を意図的に曲解し暴論を繰り返して恥じない厚顔無恥なROM人氏と議論するのは不愉快以上に精神衛生によろしくないので以降一切無視します。残念なことにこの手の輩が少なくない。下卑た言葉は趣味ではありませんが論争の相手として程度が低すぎるのでさようなら。最後にお願いですROM人さん出来れば退場してください。

投稿: F | 2008年9月 2日 (火) 22時38分

>なのなのさん
失礼、言葉足らずでした。
強要するシステムであると思いつつ、それは良くないと思う。
前者であるならば、教員が反抗すること自体が問題なのは発言しました。

しかし後者の場合、それはすでに学校ではないでしょう。嫌と思ったならば雰囲気とかそんなもの関係なく破壊してよい。それは教師と生徒の主従関係の崩壊であり、授業や学校行事そのものの否定です。
 嫌だから休むどころか妨害する。それこそ学級崩壊そのものじゃないですか。

私はFさんが、学校とは別に子供を教育する方法を考えていると考え、「学校ではなくそっちでやるべきでは?」と思ったのですが・・・


ああ、話題もどします。
橋下知事が、とうとう議員に対して損害賠償請求を出すようですね。
自民与党の人間にも請求するらしいし、やはり橋下知事は下ろすべきではないと思いますが。

投稿: ROM人 | 2008年9月 2日 (火) 13時23分

お前、恥ずかしいから、ROMしてろって!

>「学校は生徒に強要させる施設」と思っていながら、「教師は強要されるべきではない」と仰る。
 根津氏の時にも言った気がしますが、
「私は教育委員会の言うことは聞きません聞きません。でも貴方たちは先生のいう事を聞きなさい」
という状態で、生徒が教師についてくるでしょうか。

「学校は生徒に強要させる施設」であることをFさんは良いことだとは思ってないんだろう?その上で、「教師は強要されるべきではない」し、生徒も強要されるべきではないと考えているんじゃないの?

「学校は生徒に強要させる施設」であり続けることをいいと思ってるのはお前だって!

投稿: なのなの | 2008年9月 2日 (火) 04時28分

横槍で失礼だと思いますが、Fさんは根本的な部分でおかしいと思います。

 「学校は生徒に強要させる施設」と思っていながら、「教師は強要されるべきではない」と仰る。
 根津氏の時にも言った気がしますが、
「私は教育委員会の言うことは聞きません聞きません。でも貴方たちは先生のいう事を聞きなさい」
という状態で、生徒が教師についてくるでしょうか。

 また円周率を例に出していますが、数学にはしっかりとした答が有りますが、思想には絶対的な正義や悪なんて存在しませんから。言うなれば「正義が勝つ」ではなく「勝った者が正義」という世界です。
 それを例えに持ってくるのは方向性がズレていると思います。

>「愛情」は強制されるものでなく個々人の感じ方ではないでしょうか?
 強制云々の前に、国旗や国歌に退位して敬意を払うのは礼儀上の問題でしょう。「俺あいつ嫌いだから挨拶しない」と言っているのと同じように思えますが。

投稿: ROM人 | 2008年9月 1日 (月) 23時00分

ご返答
貴方のような化石のような支離滅裂な考え方をする人が、まだ、日本の社会にいるんですね。驚きました。

<失礼しました私も田舎者ですが化石になっているとは気が付きませんでした。

現在の日本の教育に於いて思想教育なるものが如何ほど存在するでしょうか?

<教科授業中で行われるものだけが教育ではないでしょう?「朝礼」や「式典」、「運動会」、「学芸会(文化祭)」等の行事も教育活動の一環ではないでしょうか?そこで指導者が如何にふるまうか、何をすべきか、どう指導すべきは文部科学省の「教育指導要領」で決定されます。「君が代」の強制もその一環です。

円周率と思想と何の関係があるのでしょうか?

<円周率の思想は関係ありません。私の申し上げていることは文部科学省が「円周率は3.14」だと言えば授業で「3.14」と教えなければいけないのが先生の立場であり、同様に「3と教えなさい」と命令されれば「3」と教えなければならない仕組みになっているということです。もし貴方が教員で文部科学省が「円周率を5と教えなさい」と命令してきたらどうされますか?


日本本土への上陸はなかったと教えられていた元寇とありますが私は幼き頃より上陸の歴史も知っていましたし土地に伝わる話も聞き史跡も見てきましたから昔から定説です。

<あなたがたまたまご存じであっただけで義務教育ではあなたが仰る「定説」と丸きり逆の事がおしえられていました。私自身もそう教わりました。蛇足ですが史実の誤解に「神風」神話が付いて回ります。


君が代の元の意味は天皇崇拝でしょうが、現在、天皇制復活を信じる人は稀有でしょう。

<同意しかねます。復活ではなく天皇制は現存しています。あいにく日本国憲法1-8条で及び皇室典範で詳細が法的に定められています。信じる信じない、好き嫌いは別にして法的に厳然と天皇制は存在します。


君が代の意味も確か天皇から国の民へと訳し変えられたはずです。何の問題も無いと思いますが…。

<誰がいつどのようにそのような解釈をなさったのかご教示賜れば幸いです。私は自身の経験として義務教育(小学校、中学校)を通じて授業中に「君が代」の「君」とは天皇のことだと先生に教わりました(念のため申し上げますが私は勿論戦後教育を受けています)。


「真実」と信じる事象を児童、生徒に教えるのが良心というものでしょう。と有りますが、貴方一人が先生では無く他の先生方との意見交換とかをされた上で地域住民の方々の意見も聞き入れ教えられるのであれば良心とも云えますが個人の思い込みを押し付ける事は良心でも何でもありません。そういうのを要らぬお節介と言うのですよ。

<言葉足らずで申し訳ありません。「君が代」の問題については戦後60年以上散々議論が続き「個人の思い込み」といった問題ではないと解釈します。現にそれを争う裁判が結審、係争中も含め何件もあります。例えば地域で行う今年の祭りをどうしようか?という話し合いで一人だけ突拍子もないことを急に言い出し迷惑をかける人間のように解釈されていますが。「君が代」の問題はもっと議論が広がっている問題です。


自民党議員の問題発言にいちいち驚いていたら神経が持ちません。森元首相なんてものは口が災いして失脚した首相ではないですか…

一議員としても問題ですが首相の発言は重みが違うと考えます。まあだから失脚したのでしょうが。


国民は貴方が思っているほど馬鹿ではありません。自浄作用は働いています。安心してください。

ご親切には感謝いたしますが、残念ながら「田舎者」さんのような方の主張にこそ天皇制の根深さを感じるのです。自浄作用が働いていると私は安心できません。


その後の文章は完全に社会性から逸脱しています。思想主張でも何でも無い単なる押し付け屋の迷惑分子です。天皇制など貴方が空想しているだけで現実には存在はしない。

文章が荒れていた点はお詫びいたしますが、前述の通り法的に天皇制は存在します(内容的にはあなたの主張のほうが現実乖離しています)。また意識無意識のうちに多くの日本人の行動が天皇制の影響を受けている、と、私は感じています。


最後に愛国心について馬鹿馬鹿しいと言っておられますが、自分のルーツ、自分の生きている国、自分が暮らしている郷土を愛するに理屈はいりません。愛国心=思想教育と捕らえているのでしょうが、愛国心は愛国心です。思想としてではなく国の歴史を学び現在の国の姿を学び未来の国の在り方を思考する事は大切だと思います。

仰る意義には部分的に同意しますが、「愛するに理屈はいりません」の部分が焦点なのです。私は何も日本や日本文化全体を否定する者ではありません。また他国の文化についても同様です。しかし「全員が全てを愛せ」と強要するのは無茶ではありませんか?日本の歴史や現在の日本の姿には誇るべき点もあれば恥ずべき点もあるのではないでしょうか?私は直近の戦争が天皇の命令により引き起こされ当事者である昭和天皇が何の責任も取らなかったことを象徴に天皇制を拒否しているのです。「愛国心は愛国心です」もう少しご自分の中で「愛している対象」を分析なさってください。「愛情」は強制されるものでなく個々人の感じ方ではないでしょうか?富士山に日本の良さを感じる人がいればそれはそれで結構です。花鳥風月またしかり。しかし「富士山を愛しなさい!」「花鳥風月に感じ入れ!」と学校で強制されたら奇妙ではないでしょうか?「愛情」は自発的な物で強制されるものではないでしょう。


そこに自分勝手な思想を持ち込む事は間違っています。子供はどんどん情報を吸収し人生の構築に役立てようとします。その礎になるのが教育者の務めではないでしょうか?他人のブログで長々と反論させてもらいましたが、管理人さん大変申し訳ありませんでした。田舎者の戯言と思いお許しください。これ以上のコメントは差し控えさせていただきます。

こちらのほうこそ他人様のブログに長々失礼いたしました。何が「自分勝手」な思想なのかをご再考頂ければ幸いです。例えば東京のある公立中学では授業後の校舎で民間の塾の人材を雇い有名中学への進学を希望する児童に有料で補習が行われています。私にはこちらのほうこそ校長の自分勝手な考えを公教育の場に持ち込んでいる行為に思えます。不平等ではないですか?

ぐたぐたと失礼しました。


投稿: F | 2008年9月 1日 (月) 21時40分

どうもご無沙汰しております。
実は、ブログを立ち上げました。TBがちゃんと通っているかどうか分かりませんので、アドレスをコピーしております。
http://tatakauarumi.cocolog-nifty.com/blog/
(たたかうあるみさんのブログ)
8・30集会には私も行っておりませんが、大変興味深い報告、ありがとうございます。
本当は、拙ブログにおきましても、「日の丸・君が代問題」にはきちんと記事にしていかないといけないなぁと思いつつ、ブログ初心者の体裁の整わないブログが出来上がりました。
今後ともよろしくお願いします

投稿: GO | 2008年9月 1日 (月) 19時22分

 集会には参加できませんでしたが、門中のことはFさんと同じく快挙というか、その事実に驚いています。
 この貴重な経験は教育労働者だけでなく改憲と闘おうとするすべての者が共有していかなければならないと思います。
 何より、多くの生徒が強制でなく自らの判断で起立せず巣立っていったという事実。これに3Kが激甚に反応したように、彼等の憎悪はその教育労働者に集中されるでしょう。

 ですから集会のテーマは、根津さんの闘いと共に門中の経験を共有すること、そして処分策動を許さない闘いを広げていくことではなかったでしょうか。
 どのような討論がなされたのでしょうか。

投稿: 反戦市民 | 2008年9月 1日 (月) 11時50分

Fさんへ
私は田舎者で難しい事はよく解りませんが、貴方のような化石のような支離滅裂な考え方をする人が、まだ、日本の社会にいるんですね。驚きました。現在の日本の教育に於いて思想教育なるものが如何ほど存在するでしょうか?あえて言えば歴史それも日本史ぐらいでしょう。円周率と思想と何の関係があるのでしょうか?日本本土への上陸はなかったと教えられていた元寇とありますが私は幼き頃より上陸の歴史も知っていましたし土地に伝わる話も聞き史跡も見てきましたから昔から定説です。君が代の元の意味は天皇崇拝でしょうが、現在、天皇制復活を信じる人は稀有でしょう。君が代の意味も確か天皇から国の民へと訳し変えられたはずです。何の問題も無いと思いますが…。「真実」と信じる事象を児童、生徒に教えるのが良心というものでしょう。と有りますが、貴方一人が先生では無く他の先生方との意見交換とかをされた上で地域住民の方々の意見も聞き入れ教えられるのであれば良心とも云えますが個人の思い込みを押し付ける事は良心でも何でもありません。そういうのを要らぬお節介と言うのですよ。自民党議員の問題発言にいちいち驚いていたら神経が持ちません。森元首相なんてものは口が災いして失脚した首相ではないですか…国民は貴方が思っているほど馬鹿ではありません。自浄作用は働いています。安心してください。その後の文章は完全に社会性から逸脱しています。思想主張でも何でも無い単なる押し付け屋の迷惑分子です。天皇制など貴方が空想しているだけで現実には存在はしない。最後に愛国心について馬鹿馬鹿しいと言っておられますが、自分のルーツ、自分の生きている国、自分が暮らしている郷土を愛するに理屈はいりません。愛国心=思想教育と捕らえているのでしょうが、愛国心は愛国心です。思想としてではなく国の歴史を学び現在の国の姿を学び未来の国の在り方を思考する事は大切だと思います。そこに自分勝手な思想を持ち込む事は間違っています。子供はどんどん情報を吸収し人生の構築に役立てようとします。その礎になるのが教育者の務めではないでしょうか?他人のブログで長々と反論させてもらいましたが、管理人さん大変申し訳ありませんでした。田舎者の戯言と思いお許しください。これ以上のコメントは差し控えさせていただきます。

投稿: 田舎者 | 2008年9月 1日 (月) 03時31分

門真の中学校について知識は全くありませんが、知らないものからすればほとんどの教員生徒が「君が代」に不起立という事態は信じがたい快挙で、それをめぐり革命的、反革命の議論は筋が違うように思います。世の中は私以外の人のコメント特に粘着質極まりないROM人さんに象徴されるように、いい年をして「国家」に頼るしか自己の位置づけが出来ない人が増加する中で貴重な行動を党派争いの道具にするのは足の引っ張り合いです。
私は生徒に自分の考え方を強制するのが学校というシステムだと(この点はROM人さんと同意見)考えますので、教員も生徒もその強制システムと注意深く付き合うことが肝要だと思います。学校は国家の意思を子供たちに植え付けるためのソフトに見せかけた強制システムです。その証拠に義務教育で教える内容が法律の変更がなくても文部科学省の顔色一つで変わります(例:円周率が3.14から3へ、また日本本土への上陸はなかったと教えられていた元寇。実は九州に上陸していたのが現在は定説)。「君が代」はあまりに解り易くて露骨だけども日常の細かな知識の中にも事実誤認が多数あり、それを現場の教員が気づいた時は教科書が誤っていれば「真実」と信じる事象をを児童、生徒に教えるのが良心というものでしょう。私もいい加減年をとって気長な議論に疲れてきましたので短気で申し訳ありませんが、かつての首相在任中に森が「日本は神の国、天皇の国」と断言した天皇制の栄華を願う歌が「君が代」。要らない。断固要らない。君が代もいらないし、天皇制も要らない。だから私は改憲主義者です。憲法は1条から8条までをすべて削除すべきです。世の中の一見護憲主義者の方だって本心はそうだと思います。そのくらいの覚悟で皆さん闘ってるから、「君が代」で起立しないくらいで処分されるんです。人間を矮小にする知識を強制する教育に加担するくらいならおためごかしの「式典」で「私はこんな風に君たちのことを考えているんだ」と明確に行動で意思表示する人を私は尊敬します。国家の意思に誘導するのが君が代斉唱ならば、そこからの解放を示唆するのが拒否の姿勢。「児童・生徒に自分の考えを押し付けるのは良くない」なんて馬鹿らしい。教員は(勿論自身が責任を持って正しいと信じる物であれば)処分がどうあろうと、「式典」の雰囲気を壊そうと自己の意見を表明し行動すべきです。教育の場だけではない。あたかも金科玉条の如く呪縛に縛られら内なる「国家」や「天皇制」から自由になることこそが人間としての自立であると考えます。愛国心?馬鹿馬鹿しい。愛国心教育というのは国民が自然に国を愛することができない(国家がが国民に卑劣)な国に比例して強烈なのです。北朝鮮、中国、右の皆さんでも納得するでしょ。自然に愛情が湧かないものに無理強いするのは心の蹂躙。国民が国家の存在に意識の薄いあるいは「生活しやすい」と感じている国ほど「愛国心」教育が希薄です。必要ないんですから。そんな国に日本もなりたいですね。

投稿: F | 2008年8月31日 (日) 22時37分

そも第一、学校は物事を強制するところ。
 思想で授業や行事が左右されるならば
 「俺はキリスト教徒だから京都への修学旅行をやめさせろ」
 「私は仏教徒だから、クリスマス会を中止にしろ」
こんなことが通用しますか?
 社会の中では自由は制限されなければ、社会そのものが成り立ちません。
 ましてや裁判所の出した判決を蔑ろにする人間が、人を教える資格なんてあるのかどうか。
 君が代が嫌いならば、口パクで歌わなければ良い。それでもダメなら、欠席すれば良い。それだけでしょう。

 同様に上司の命令に従わないことを認めてしまった場合、これも例外、あれも例外と、最終的に上司の命令なぞ誰も聞かない無法地帯になることは目に見えている。それが民間ならば別にその会社がつぶれるだけで済みます。
 しかし公務員はそうなっては困るからこそ、ストや運動を禁止されてるわけです。その代償として、社会保障、安定した給与などを与えられている。
 権利はそれだけではなく、責任や義務を負って、初めて権利は会得できるものでしょう。それをせずに、ただ権利権利と主張することが本当に正しいことでしょうか。

投稿: ROM人 | 2008年8月31日 (日) 20時52分

日の丸・君が代は「戦前の思想だから悪い」というよりも、根津さんらは無理矢理従わさせられる事に反対しているのですよね。
子どもを運動に巻き込んで利用しているのではなく、「何が正しいのか自分で考えて行動できる様になってもらいたい」という事だと思います。
確かに、運動に関わっている団体の中には「悪いから不起立」と言っている人達もいますが、中心で戦っている人達は「座る自由もあれば立って歌う自由もある」と言うのが本心だと思います。
実際、不起立派の中には摩擦があるでしょう。私もどちらかと言えば「日の丸・君が代」は好きではありませんが、「思想信条の自由」を標榜する以上は、根津さんらを応援しつつも、「取り巻いている人達」にはあまり極端な主張などは控えてもらいたいです。
『君が代不起立』とは、子どもに『思想信条の自由、何が正しいのか自分で考えて行動する』という事を教えるためのものだと思っておりますので。
まあ、「みんなが立ってくれないと処分が待ってる」という現状は、どう考えてもおかしい事ですけども。

補足ですが、「何が正しいのか」というのは、単純に『日の丸・君が代』の事ではなく(それも無くはないですが…)、「上に言われたからこうした」という短絡的な人間にはなってもらいたくないという事です。

投稿: ふらふら | 2008年8月31日 (日) 16時51分

教育の現場の人間も腐ってると思うけど、こういう偏った思想をもってそれを行動に表してるのを見ると、まっとうな感覚を持った人から見ると、とても恐怖感を感じます。考えをもつのは憲法上保障されているからしょうがないが、それを生徒におしつけるのは生徒を自分の活動のための道具にしているとしか思えない。全国的に不起立が行われているのは本当にごく一部の学校だけ。なぜそうなのかといえば、そういう活動をしている大人がいるから。世間の人が見ればどちらがまっとうに見えるやら。

投稿: わ | 2008年8月31日 (日) 13時42分

私も参加しましたが、いまいち、門真三中の何が問題なのか理解に苦しみました。要は座りたければ座らんかい!です。
根津さん、根津さんって彼女は現実に戦っています。昨日あの現場にいた教師が日頃生徒にどう接しているかが問われています。

投稿: 風来坊 | 2008年8月31日 (日) 09時56分

私は素人だが貴方達の行動に共感出来るものが何も無い。日の丸・君が代を戦前思想と決め付け現実社会を直視もしないで無垢なる生徒を巻き込み教育現場から逃避した思想運動に現を抜かし日本社会の荒廃に責任も持たず教育者とは何たるかを考えもせず社会平和に希薄な若者を多数送り出した責任をどう考えるのか。
思想信念を持つ事は自由だが無垢なる子供達を巻き込むのは止めてもらいたい。

投稿: 田舎者 | 2008年8月31日 (日) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/42331616

この記事へのトラックバック一覧です: 「君が代」不起立 8・30討論集会 根津さんとともに、処分はねのけ「不起立」しよう! 不起立闘争の爆発で、橋下をぶっとばそう!:

» 見ました。藤本幸久監督作品、(米兵の作り方 狂った社会)「アメリカばんざい!」、日本の将来を暗示している映画だった。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 正直、この映画見ないと損ですよ。周回遅れで米国のまねをしている日本の政治、自公政権がこれからつくり出す日本国の未来を暗示しているような映画です。  僕は、女房と二人で29日に行ってきました。夜の9時から約2時間の上映でしたが「もう終わるの」と、最後に感じるほど中身の濃いドキュメンタリー映画でした。映画「靖国 YASUKUNI」も見ましたけれど、ドキュメンタリーとしてはこちらの方が遥かに上、できがいいです。(映画「靖国 YASUKUNI」では眠気を我慢して睡魔と闘う時間が何度かありました。(笑)) ... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 20時15分

» 08年9月1日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年9月1日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・あまり面白くない話{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・嬉しい話。夢のような話{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日のトピッ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 19時27分

» 「共謀罪強行突破」内閣スタート [Saudadeな日々]
追い詰められた崩壊自民党の、なりふり構わない最後の反撃が始まる。 福田総理が降ろされ、麻生閣下に差し替え決定。 正直言って、リアルに命の不安がよぎる。 一番大切な論点がニュース速報に一切出てこないから。 正当な理由なく片っ端から国民をタイホできる 共謀罪(テ..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 02時05分

» まさか、お隣にって言うか、借家の店子にって言うか、太田農相秘書官事務所の隣に池田信夫氏が住んでいたとは、かもね。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 以下、今日の東京新聞「こちら特報部」です。 隣人は見た 太田農相事務所費問題 経済学者池田信夫氏に聞く「首相辞任に一役買った?」 「疑惑上塗り墓穴掘った」 高級住宅地外車も所有 金回りいいな…と 人件費凍結バイトに聞けば分かる 二重経費許す制度に不備も 識者ら指摘 2008年9月2日  隣人が一体何者で、何をしているのか分からない…。そんな都会の危うさを味わったのが、太田誠一農相の事務所費問題に巻き込まれた隣人同士だろう。片や農相の政治団体の事務所を都内の自宅に置く秘書官、片や舌鋒(ぜっぽう)鋭い... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 13時31分

» 08年9月2日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年9月2日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・福田内閣空中分解{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝ズバッの各党論戦{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日のトピックス ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 19時38分

« キャンプファイアー | トップページ | 闘う国労闘争団を支援する会・中野さん激励会 »