« ペソギン | トップページ | 人材派遣会社という名の口入れ屋・ピンハネ屋 »

2008年8月16日 (土)

「君が代」不起立8・30討論集会へのご案内

不起立宣言に協力していただいた皆さんへ
みんなでとめよう!教育改悪・全関西の集い実行委員会からの案内です。

都庁を揺るがした2ヶ月間 予想をこえた「抵抗のドラマ」
「わたしをクビにしないで ! -君が代不起立・続編」(仮題)
全国に先駆けて大阪の地で初上映会!
上映会に引き続いて、根津公子さんの講演

◆「君が代」不起立 8・30討論集会

・日時 8月30日(土) 午後1時半~ (午後1時開場)
 ・「君が代不起立・続編」上映 (午後1:35~2:35)
 ・ 根津公子さん講演 「子どもをお国に差し出しません」
                (午後2:40~3:40)
 ・ 教育現場からのアピール・討論
・場所 大阪市北区民センター・ホール(06-6315-1500)
 ( JR環状線「天満」、地下鉄堺筋線「扇町」よりすぐ)

※ 資料代 500円

主催:みんなでとめよう!教育改悪・全関西の集い実行委員会
    〒577-0061 東大阪市森河内西2-27-6 大乗寺内 福本憲応気付
   kansai724tsudoi@hotmail.com

 東京都の教員・根津公子さんは、「君が代」斉唱時の不起立を理由に東京都教育委員会からたび重なる処分を受けてきました。根津さんは、生徒たちへの「君が代」強制には加担できないと不起立を通し、「おかしいことはおかしいと言い、自分の頭で考えるこどもたち」を育てようとしてきました。

 2008年3月の卒業式で不起立すると累積処分でクビ! という事態を迎え、根津さんと支援者たちは動きだしました。都教委への要請行動が始まり、根津さんの「わたしをクビにしないで!」という火を吐くような訴えが、都教委職員の前で連日繰り返されました。支援者は時には100人以上にのぼり、根津さんと心をひとつに都教委に迫りました。

 そして迎えたクライ マックス。3月24日の卒業式、28日の都教委定例会、31日の処分発令・・・カメラがそこで記録したものは、予想をこえた「抵抗のドラマ」でした。 
( ビデオプレス社ホームページより )

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« ペソギン | トップページ | 人材派遣会社という名の口入れ屋・ピンハネ屋 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

国歌は国家の歌ではない。

投稿: ・ | 2014年3月13日 (木) 13時02分

>F氏
個人攻撃乙。自身は別にどうされようが構わないけど、自分にも家族いますから。一辺それで痛い目見てるんで。

T氏
>歌いたくない生徒の自由はない認められないと言うことかなぁ。
 そもそも学校なんてそういう所。
 修学旅行が行きたくない場所でも行かなきゃいけないし。
 文化祭の準備が面倒くさくてもやらなくちゃいけない。
 受験に必要なくても、受けたくない授業を受けなければならない。

 社会の中で存在する場合には自由が制限される、それを教えるのが学校。自由でいたいなら、学校に登校する必要性もない。同様に君が代歌いたくなければ、卒業式を欠席すれば良い。
 それだけでは?

投稿: ROM人 | 2008年8月31日 (日) 20時39分

歌いたくない生徒の自由はない認められないと言うことかなぁ。

投稿: T | 2008年8月28日 (木) 23時39分

久しぶりに書き込ませていただきます。
私は、こればっかりは?ROM人さんの意見に賛成です。
学校の先生が日の丸・君が代を嫌うのは勝手だし、仕事ではないプライベートな時間に反対運動に参加なさるのはよいでしょう。
しかし、卒・入学式という生徒の人生の節目である大切な式典を教師の政治闘争の舞台に利用するというのはあんまりにも卑怯ではないですか???
生徒の中には日の丸が好き、君が代を歌いたいという子供だっているかもしれないでしょう。
そういう子の歌う自由は無視ですか???
義務教育の子供は一般の日本人としての最低限の常識を学校で教えてもらう権利があります。
公務員教師である以上は自分が個人的にはいやであっても生徒に国旗・国歌を教える義務があると思います。
その上で生徒自身がどうするかを判断するべきだと思います。
私は、根津さんを全く支持できません。

投稿: kko | 2008年8月28日 (木) 19時47分

ROM人姑息だな。「身元特定されそうなんで嫌なんですが」だって?象徴的だねあんたの主張と立ち位置の。安全圏からたわごとをのたまい社会への関与や自分の人生には一切リスクを回避する。アッテンボローさん見習えなんていうつもりは毛頭ないが、あなたの主張は論理として一見筋が通っていそうでいつも全く迫力、説得力がない。なぜか教えて差し上げよう。それがあなたの生き方の反映そのものだからです。「陰で」ぐちゃぐちゃ言ってることは得意でも実社会では「善良な」小市民であることに唯一依拠している。「小市民」を軽蔑しているんではないですよ。あなたのような程度の悪い、しつこい、ごたごた言うだけが趣味の人間を私が嫌いなだけだ。あんたなりに不満があるんだったら少数批判ばかりしていないで自分の言葉で自分の思想と行動を語ってごらんよ。ないでしょあなたには語れる物語や自分が。「過激派」相手にからかって自慰行為続けるもの結構だけど腹の据わった人間をあんまりからかうのは良くないと思うよ。大人としてね。

投稿: F | 2008年8月27日 (水) 23時14分

>生徒にも民主主義とは何かを真剣に考えてもらう良い機会でしょう。
 社会科の先生になってやってください。民主主義だろうがなんだろうが、職務は「生活科の授業を生徒に教える」ことであり、それを無視するのは職務放棄、授業の私物化です。

>この場合は打破すべき儀式です。
 それは貴方方の価値観でしかありません。逆も然り。
 心の中でどう思おうと自由です。しかし、それを妨害して良いかどうかは別問題です。
 たとえばクリスマスに「キリスト教は宣教師を利用して植民地支配を行なった。学校はキリスト教の強要をやめよ」と言うのと同じこと。
 君が代だろがクリスマスだろうが、所詮は思想。嫌なら欠席すればよし。他人に広めるのならば、時と場合を考えて行動すべき。

>就労闘争というのは自分の職場でするものです。
>ゴネているのではない。抗議しているのです。

 双方とも相手に威力妨害の真似事をして困らせ、こちらの意見を通すことです。
 ではゴネと抗議の違いとは?裁判所から「妥当な処分」とされたことに抗議するのは、ゴネることにしか見えませんが。
 そも「私は裁判所や教育委員会のいう事を聞きません。でも皆は先生の言うことを聞いてね」なんて都合が良すぎます。

>天皇・天皇制・「日の丸」・「君が代」が最も大切にされた時代を再現しようという復古主義が有るということです。
 復古主義が良いか悪いかなんてその人の価値観次第でしょう。現在の時点で憲法で立憲君主制が示されているので、君が代には違憲性はありません。

>「君が代」肯定派の中に元々の恋の歌に戻そう等という人々は存在していません。
 君が代の「君」の意味は「貴方」と考えている人結構いますよ?戻そうというよりも、俺はこっちの考え、私はあっちの考え、と相手を否定していないと言う点では共産主義と違うかもしれませんが。

>その範囲内であるといえるでしょう。
 範囲内ではないから保護者から抗議がきて、裁判所が判決を下しました。
 
>自分自身調べたかどうかについて答えられないといういい加減な回答は無いでしょう。
 言うと身元特定されそうで嫌なんですが、その高校と関係の深い中学でして、高校の話もバンバン入ってくるので、校則無しのことは中一の時点で知ってました。

投稿: ROM人 | 2008年8月26日 (火) 00時08分

 ROM人さん、3Kの記事読みました。さすが3K、偏っていますね。裁判所もですが。まさに法匪。

 教育機関の問題だからこそ満天下に明らかにする必要があるのではないですか。生徒にも民主主義とは何かを真剣に考えてもらう良い機会でしょう。

 この場合は打破すべき儀式です。以上。

 就労闘争と言ったはずです。就労闘争というのは自分の職場でするものです。

 ゴネているのではない。抗議しているのです。全く理解していただいていない様ですね。

 論点がずれています。天皇・天皇制・「日の丸」・「君が代」が最も大切にされた時代を再現しようという復古主義が有るということです。平和な時代にはそれらは重要視されないできました。これらをどう扱うかということは現代日本が戦前回帰するかどうかということです。

 「君が代」肯定派の中に元々の恋の歌に戻そう等という人々は存在していません。その点が本来の共産主義を再生しようという反スターリン主義、革命的共産主義運動との大きな違いがあります。あくまで現在の「君が代」は天皇賛美の歌です。

 授業の内容について教育労働者には大きな裁量権が有ります。その範囲内であるといえるでしょう。

 インターネットも含めて口コミは有効でしょう。ですがその情報の真偽を見極める判断力は必要ですね。

 「>その際に事前に校則などについて調べていたのですか? 
 覚えてませんね。何せ結構昔ですから……」と言うのは誤魔化しではありませんか。あなたは学校選択の際に「そこの生徒さんは学校説明会などを経て、そういう状況を承知の上で入学してる」と述べています。自分自身調べたかどうかについて答えられないといういい加減な回答は無いでしょう。真面目に答えてください。

 愛知県は基本的に全体が異常ですよ。  

投稿: アッテンボロー | 2008年8月24日 (日) 22時25分

>根津さんに対する苦情というのはソースは何でしょう?
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080716/trl0807161737006-n1.htm

>校長の独裁状態となっていて「日の丸」「君が代」問題については発言すら許さなくなっています。
 それは学校の教育機関の問題です。教師のゴタゴタを生徒に押し付ける教師が良い教師ですか?
 
>式典の妨害などは全くしていません。
 日の丸引き摺り下ろしてましたよね、この人。てか、人に迷惑をかけていなかったら妨害じゃないと?葬式で居眠りするのが式の妨げにならないとか言うのと同じようにしか聞こえませんね。その場の空気や雰囲気と言う物があるんですよ。郷に入っても郷に従えない人間は、それだけで妨害行為なんです。それが社会であり、集団で生活するという事です。
 無論、そういう物を打破すべき場合も存在しますが、式典、祭典、冠婚葬祭にはそういう事柄を持ち込むことは非常識でしょう。
 嫌なら嫌で良いんです。社交辞令で君が代を扱えばよい。口パクで十分です。

>校門前に座り込むことのどこがいけないのでしょうか?
 「誰にも迷惑かけてないから、ピアスとか入れ墨とか染髪してもいいよね!」という自己主張したいお年頃の青少年じゃないんですからw
 それ以前に威力業務妨害です。そもそも座り込む相手は学校ではなく教育委員会の方であり、座り込む相手すら間違えています。

>文句があるなら辞めろというのは泣き寝入りしろということと同じです。
 だからと言って、他人に迷惑かけてゴネれば良いと言うものでもないでしょう。

>天皇・天皇制(以下略)
 意味がわかりません。(返答の順番から推測してこの話題は)過去の話ではない、現在の君が代に憲法に触れるか触れないかの話のはずですが。

>「君が代」を元々は恋の歌と言いますが、今現に押しつけられ、強制されている「君が代」は本来の物とはかけ離れていますよ。別の物といっても良いでしょう。

「共産主義」を元々は人民のための物と言いますが、今現に世界に広められている「共産主義」は本来の物とはかけ離れていますよ。別のものと言っても良いでしょう。

と同じこと。君が代が「恋の歌」と認識されていないように、共産主義は「スターリン主義」と思われている。
 利用されたことと、それの本質とはまた別問題。


>マインドコントロールというのは事実ではありませんか。
 それは左翼だけの理論。また、そうじゃないと言うのも右翼だけの理論かもしれない。
 しかしそれが家庭科の授業かと問われたら答えは確実にNOと言える。
 この時点で授業の私物化。

>本当の中身については口コミで伝わる方が多いのではありませんか。
 逆に言えば口コミで本当のことを知ることができますね。インターネットがある現在、真剣にその学校に行きたいと思っているのなら、簡単に調べることが出来ます。

>その際に事前に校則などについて調べていたのですか? 
 覚えてませんね。何せ結構昔ですから……

Fさん
それが全国に大量に存在しているならともかく、ごく一部の特異、奇形を例に持ち出されましてもw
 日本軍に美談があれば、日本軍はすばらしい人道的軍隊だったか?
 違いますよね。日本の教育が軍隊的というならば、せめて日本の学校の2~3割がそういう教育を行なっていなければ、その主張は通りません。
 Fさんの主張だけでは愛知県の一部が異常な状況、としか取れませんよ。

投稿: ROM人 | 2008年8月22日 (金) 23時56分

 Fさん、詳細な説明どうも有り難うございます。私も折りを見て勉強してみたいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月21日 (木) 23時24分

もう少し詳細に書きましょう。愛知県の一部では当時中学校の成績(内申書)に従い公立高校の受験校が決められ中学と高校が事前に打ち合わせをするシステムがありました。わかりやすくいえば成績上位者や私立高校受験者以外には「学校選択」の自由すらなかったのです。勿論すべての公立高校が「軍事学校」のようであったわけではなく、成績上位者が進学できる高校は普通でした。東郷高校に端を発した「管理教育」は実際何人もの死者を出していますが隠ぺいされています。なぜって?マスコミも抱き込むほどの異常な空間だったからです。ちなみにブロック紙の「中日新聞」は多くの犠牲者を出した「戸塚ヨットスクール」を讃美する連載を堂々と載せており、あろうことか公立高校の教員も「研修」と銘打って「戸塚ヨットスクール」に日参していたくらいです。私の通っていた高校では「模試のつもりで受験せよ」と国公立大志望者全員が防衛大学の受験を強要されました。嘘だと思うなら前述の「おいこら学校」をご覧ください。さすがにこの異常さは「朝日新聞」紙上で取り上げられました。
事実を列挙しても仕方ないかもしれません。わかる人にはわかる。感じる人には感じる。
わからんやつはいくら言ってもわからんでしょう。そんな人は「天皇万歳」と言いながら
国家に殺されていっても恨み事言う資格はないですよ。

投稿: F | 2008年8月21日 (木) 23時12分

 Fさん、管理教育のひどいときでしたか、校門圧死事件という物も有りましたね。詳細は忘れてしまいましたが、後門を閉め切って以後は遅刻扱いになるために女性とが駆け込もうとしたところを当番の教師がカウントダウンしながら門を閉め、女生徒の頭を挟んで死亡させるという事件でした。実際に管理教育が子供の命を奪う事件を起こしていますからね。とりわけ愛知県は日教組の組織率が低いために反動的教育に抵抗する者がいなくて好き法題されている様ですね。

 ROM人さんはトコトンケチ付けしたいのでしょうか? 根津さんに対する苦情というのはソースは何でしょう? 寡聞にして知りませんので伺いたいものです。

 教育現場の現実を知らないで好き勝手なことを言っていますが、今の学校は職員会議が好調の諮問会議として規定され、従来の様に教育労働者みんなの意見を聞いて教育方針を決定する機関ではなくなっています。校長の独裁状態となっていて「日の丸」「君が代」問題については発言すら許さなくなっています。その状態でどのような「民主主義」が行使できるのでしょうかね? 

 根津さんは卒業式で規律しない・「君が代」を歌わないだけです。式典の妨害などは全くしていません。その点でも認識が間違っています。良心に従って「君が代」強制に抵抗しているだけです。校門前に座り込むことのどこがいけないのでしょうか? 「不審者」等といいますが、処分を受けた労働者の就労闘争という物は昔から門前で闘われてきました。あなたは労働者の当然の行為を「不審者」扱いして排除しようとしているわけです。
 
 多くの公務員労働者は、国が違法行為、憲法を無視した労働強化や職場支配をしてくることに対して抵抗しているのです。文句があるなら辞めろというのは泣き寝入りしろということと同じです。非道を糺すことを通して身をもって教育するということがあるのです。

 天皇・天皇制、「日の丸」「君が代」が最も大切にされていた時代はいつからいつまでですか? その時代に起こったことを示してください。それらが庶民の生活と切り離されていた時代との比較をしたことは有りますか? 日本の歴史上天皇が崇め奉られていた時代というのはそれほど長い物ではありません。「君が代」を元々は恋の歌と言いますが、今現に押しつけられ、強制されている「君が代」は本来の物とはかけ離れていますよ。別の物といっても良いでしょう。

 共産主義とスターリン主義の違いを踏まえてくださっているのなら、「明治」以降の天皇制が元々の制度とはかけ離れていることも理解して欲しい物です。そして戦前の教育は軍部が台頭する以前から軍国主義賛美一点でしたよ。不可抗力で利用されたのではなく、制度として作られたときに最初から利用目的が帝国主義として生き延びることを意図していたといえるでしょう。

 マインドコントロールというのは事実ではありませんか。事実を指摘することがいけないのですか? 繰り返し述べていますが「支配する思想は支配階級の思想である」(正確な引用ではないですが) その時代・地域を支配しているイデオロギーは支配者の考え方を有形無形のマインドコントロールを通じて庶民に押しつけたものです。それとの対決を教えることがいけないことだとは思いません。それが科目と相違していたとしても。

 学校説明会でどこまで詳細に教育内容や管理の態勢を説明するのでしょうか? たいていの場合表面的な物で終わりますよ。本当の中身については口コミで伝わる方が多いのではありませんか。ROM人さんは国立に進学したそうですが、その際に事前に校則などについて調べていたのですか? 入学後に知ったことの方が多くありませんか。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月21日 (木) 22時55分

>子供たちが大事だからこそ根津さんは思想信条を曲げずに闘っているのです。

 その生徒や保護者から『授業で従軍慰安婦のことばっかりしかしない』という苦情が出ても無視している人間がですか?
 中学校の生活科といえば、裁縫とか育児とか調理とかでしょうに。どう見ても授業放棄、自己満足です。

 本当に君が代が凶悪な歌なのならば、その学校の教員を説得すれば良い。その上で学校全体の意見として「君が代を取りやめる」という結論に達したならば、それで(個人的には)良いと思います。
 逆に言うなら、二十名程度の教員を説得できない程度の器じゃ、数百人の子供に訴えかけることなんて、まず不可能でしょう。
 自分の意見が通らなければゴネるというのは、お菓子を買ってもらえないから泣き叫ぶ子供と同じですよ。
 例えば君が代を歌わないと決められている卒業式の途中で「我々は君が代を歌うべきだ!さぁ皆歌おう!」という教師がいたら?貴方方はそれは子供のことを考えた教育熱心な右側教師か。いや、思想なんて関係ないただのDQNです。

 自分の思想を押し通すために、卒業式を妨害したり、学校の前で不審者よろしく座り込むという行為が教師以前に、教師以前に社会人として非常識極まりない行為だからですよ。

 君が代反対を広めたいのならば、公務時間外に生徒に教育すれば良いだけのことでしょう。仕事は仕事、思想は思想。公務中に行なうから文句を言われるだけで。

ていうか、それほど国が嫌いなのに、なんで公立中学校で教員やってるんだ?私立に行けばいいのに。

>「君が代」の歌詞は名称からしてそもそも民主主義・主権在民をうたっている憲法に反しています。


 たしかに天皇の治める国家が長続きしますように、とは書かれていますが、主権がどうこうなんて話はまったく出てません。
 第一日本は”憲法で”立憲君主制とされてますので、天皇を崇めてもなんら問題はありません。
(それ以前に、君が代は元々漢詩の恋の歌なんですが……)

>ソ連についてはレーニン死後にスターリンが権力(以下略)
 だから”利用された”と言っているでしょう。スターリンの共産主義が、貴方方の言う真の共産主義と違うのは百も承知です。
 しかし「共産主義」として実際に利用し、あのソ連を作った。日の丸、君が代だって軍国主義の象徴ではなかったはずなのに、軍の行為によってそのように勘違いされているのと、同じではないですか?

>生徒の受ける授業というか教師のやる授業にある程度、自分の思想が入るのは当然のことだ。

 「君が代はオウム真理教のマインドコントロールと同じ」というプリントを配るのが当然のことですかそうですか。
 家庭科なのに、「従軍慰安婦」とか「ジェンダーフリー」とか、どう見ても社会科な授業ばっかりなんですが。
 ある程度を超えてるから教育委員会から処罰を受けるんですよ。

>Fさん
 嫌なら違う高校を受験すればそれで終わりじゃないですか?
 そこの生徒さんは学校説明会などを経て、そういう状況を承知の上で入学してるわけですから。
 私の住んでいる地域だけかもしれませんが、少なくとも通える距離に5つほどの高校がありましたし、選択肢があるわけですから、なんら問題はないでしょう。

俺は高校は国立でしたが、国公立よりも私立の方が規律がきびしかったですよ?逆に俺の所は校則が原則存在していないと言う、逆に心配な状態でしたがw

投稿: ROM人 | 2008年8月20日 (水) 23時09分

かなり古い話になりますが公立高校に於ける「管理教育」が問題になった時期がありました。「管理」と言えばそんなに語調はきつくないですが、そこで行われていたことはおおよそ「教育」の名にからはかけ離れた一言でいえば「戦中」の思想統制並みでした。生徒会はない、文化祭もない、生徒は全員クラブに所属しなければいけませんが文化系のクラブは2,3しかない。その変わり「集団行動訓練」と称した隊列を組んだり、大声を出したりする訓練が何十時間も正規授業中に行われました。校歌を歌う練習も体育館で何時間も連続で行われ、教師の暴力は日常茶飯事。
制服の下の下着の色まで決められ、頭髪は男子は刈り上げ、女子は肩にかかってはいけない。毎月生徒は一列に並ばされ教師が両側で見つめる中を歩いて「頭髪検査」を受けなければならない。「君が代」の練習も当たり前のように何時間も連続で行われる。信じがたいでしょうが事実です。学校を退学する以外の一切の「自由」はありませんでした。1980年代に実際に私自身が経験したことです。「禁断の教育」(出版社忘れました)等多くの書籍で問題を指摘されました。
それらは「公立」高校で行われていたのです。れっきとした「犯罪」が堂々とまかり通り生徒はおろか保護者にも文句を言わせないファシズム状態。愛知県では事実そのような教育がありました。教育基本法が改悪されていつでもそのような教育が実践可能となりました。時々テレビに出てしたり顔で権力よりの発言をしている「藤井誠二」という評論家がいますが、彼は東海高校という愛知県の私立進学校の生徒でした彼から高3の時声をかけられ「管理教育」を糾弾する本を作らないかと持ち掛けられたので協力しました。本のタイトルは「おいこら学校」(教育資料出版会、藤井誠二編)として出版されあっという間に2万部売れました。今は絶版ですがご興味のある方は古書でお探しください。

権力が本性を現した時それが如何に無茶苦茶なものであるか私は経験として知っています。ROM人さんはのんきなことを仰るけれど
この時代に公立高校で「軍事教練」を受けたければそうなさるがいい。権力というのは隙を見せればどんな横暴だってやってのける。

余談ながら藤井誠二はその後御用評論家として稼いでいますね。裏切り者目が。

投稿: F | 2008年8月20日 (水) 14時32分

 なのなの勢力さん御助成かたじけない。実際に教育関連の仕事をしている人の意見というのは貴重です。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月19日 (火) 22時07分

>君が代云々の前に、生徒の授業より自分の思想が大事な奴が教師やる資格なんて無いでしょう。まずは生徒を大事にすべきです。

まったく違うことを天秤にかけてどうする?「生徒の授業」って、何だ?生徒のする授業か?生徒の受ける授業か?おそらく生徒の受ける授業という意味だと思うが。

生徒の受ける授業というか教師のやる授業にある程度、自分の思想が入るのは当然のことだ。「生徒を大事にする」とはどういうことか?授業に関連して言っているのか、関係なく生徒を心配しろとでもいうのか?飛躍しすぎてよくわからないが。かわいそうだが、先生には『教授の自由』は思想的にあるいは法理的にあるだろうけど、生徒には、教師選択の自由とか授業選択の自由は、制度的にもあまりないのではないかな?そのことをもって、「生徒を大事にする」と言うのなら少しは理解できるが。そうした生徒の不遇な状況を改善するためにROM人クンががんばるというのなら、とても理解できるが。

教師(特に公立学校では)はなるべく中立なふりをして、中立でないことを教えないことになっている。(そもそも中立なんてありえないが)

行政は”中立なもの”を提示して、その通りにやれよと言う。そんな行政がある限り、「教授の自由」はないだろう。そして、妥協の産物として未消化のまま日々生み出されるのが、おそらくキミの言いたい「生徒の授業」なんだろう?

そのへん、もう一度考え直した方がいいのでは?

つーかさ、ROM人なんだから、読むだけにしとけっての!

投稿: なのなの勢力 | 2008年8月19日 (火) 05時10分

 子供たちが大事だからこそ根津さんは思想信条を曲げずに闘っているのです。理解できないのでしたらそれでも良いでしょうが、権力者の思惑に唯々諾々としたがっている人間が根津さんを批判する資格はありません。

 議員というのはある意味無理やり選ばされているのです。有形無形の圧力とマスコミを使ったブルジョアイデオロギーの洪水の様な氾濫の中で、多くの人が自らの頭で考えることが出来ない状態に陥っています。資本主義社会における選挙制度とは、所詮はブルジョア独裁に「民意」のお墨付きを与える形式的な物に過ぎません。現在の小選挙区制度において死に票が過半数を占める状態を良しとするのでしょうか? 選挙とは何年かに一度支配階級の中のどの一部が権力を握るかを決める制度に過ぎず、支配階級への批判票の割合を見ることで労働者階級の成熟度を示すバロメーターに過ぎません。

 「君が代」の歌詞は名称からしてそもそも民主主義・主権在民をうたっている憲法に反しています。未来永劫に天皇制が存続することを祈願する歌は君主制の撤廃を目指すブルジョア共和主義者にあってすら相いれない物だ。日本には本当の意味での民主主義が存在していない。

 ソ連についてはレーニン死後にスターリンが権力を握り、トロツキー率いる左翼反対派を粛清して共産主義の疎外形態であるスターリン主義体制が確立したこと、ソ連・中国・日本の「共産党は」本来の共産主義とは無縁のスターリン主義である事を今まで何度も繰り返して主張してきました。ROM人さんは私のブログを碌に読みもしないで脊髄反射的に共産主義に繋がりそうな物、階級的立場からの見解、革命的な主張に対して言いがかりを付けているに過ぎない。もっと言えばブルジョア民主主義に対してすら嫌悪の情を抱いている。

 国家の廃絶を目指す共産主義に対して新しい国歌を作れと要求するのはマンガである。共産主義とは何かを少しでも勉強してから書き込みをなさい。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月18日 (月) 23時59分

 君が代云々の前に、生徒の授業より自分の思想が大事な奴が教師やる資格なんて無いでしょう。まずは生徒を大事にすべきです。そもそも、国のやり方が嫌ならなぜ公務員をやっているのでしょうか。公務員は公僕であり、国民の選んだ議員の下で黙々と働くから、手厚い保障や安定した給料があるわけです。
 嫌なら民間へ行って、そこで大々的に思想について街宣でもすれば良い。
 勿論、私生活の場面で思想を語るのは自由だとは思います。しかし、公務の場まで引っ張ってくるのはおかしいでしょう。


まず君が代の何処に思想的にまずい部分があるのでしょうか。その歌詞を引用してもらいたいものです。
 戦争に利用された?ならばソ連という非道国家に利用された共産主義は思想的にダメなのか?

 世界の国々は、自国の独立を示す象徴として国旗と国歌持っており、またお互いの国旗や国歌を尊重し合い、敬意を払わなければなりません。それが近代国家における常識であり、このことを子供に教えるのが何故悪いのか。

 君が代が気に入らないなら、自分で国歌を作詞作曲し、それを皆に広げ、国民に認知させてから撤去させてください。

投稿: ROM人 | 2008年8月17日 (日) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/42186796

この記事へのトラックバック一覧です: 「君が代」不起立8・30討論集会へのご案内:

» 自End!のTBP「自民党政治」が9000通過す。10000の5桁は目前、早く5桁にのせ自Endに向けてはずみをつけよう! [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 説明文、自民党政治の弊害を検証し、政権交代を促します。「ずーっと同じ政権」って、北朝鮮じゃないんですからネ。の「TBP自民党政治 」です。選挙が近そうです。一日も早く5桁の大台に乗せて「自民党政治に終止符を!」の思いを断固実現しましょう。  8000から32日目で9000通過で、該当エントリーは広島瀬戸内新聞ニュース 現政権に「ノー」!!!さんの「Renewable Energies Solution for nuclear problems... 」でした。  時間は、Date: 2008-08... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 08時01分

» 08年8月17日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年8月17日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・時事放談{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・今日もオリンピックが熱い{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 先日の広島と長崎の平和記念式典をファイルに纏め老人党リアルグループ「護憲+」の視聴覚コーナーに http://yufuu.com/user/goken/frameshichokaku.htm 映像マガジンとしていれてあります。よければ御覧下さい。 直接は、 広島編 http://yufuu.com/... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 20時50分

» 08年8月17日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年8月17日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・時事放談{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・今日もオリンピックが熱い{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 先日の広島と長崎の平和記念式典をファイルに纏め老人党リアルグループ「護憲+」の視聴覚コーナーに http://yufuu.com/user/goken/frameshichokaku.htm 映像マガジンとしていれてあります。よければ御覧下さい。 直接は、 広島編 http://yufuu.com/... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 20時56分

» 国家としての「敗戦責任」を問うはある。しかし勝手に始めて勝手に負けやがって庶民にとっちゃ終わってホッとだから「終戦記念日」でもいいじゃん。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 逆に言うと、その時の国民全員が「敗戦」と思っていて、一人も「戦争が終わってホッとした」って言う人がいなかったら、全員洗脳カルト状態ってことでそれはそれで気持ち悪いよなぁ、。国民にとっては終わってホッとで「終戦記念日」でも良いんじゃないの。  なんでこんなことを書いたかと言うと、反戦な家づくりさんが「貴い犠牲なんて無い」で今日は、敗戦を終戦と言い換えたペテン記念日だ。って書いている。反戦な家づくりさん以外でも今まで何回か読んだことのある言葉と、論法である。 しかし勝った米国、8月14日のニューヨーク... [続きを読む]

受信: 2008年8月18日 (月) 07時49分

» 「2008追悼集会」…あの・野郎が・死んだ [dr.stoneflyの戯れ言]
 8.14……夜…、今年もまた、路上の死とオレが生きる社会を確認するため「追悼集会」へ行った。毎年ワタシの知らない運動家がふえ、顔見知りの古くからの活動家が少なくなっていくことから、ワタシ自身が如何に運動と接していないかを知る。追悼集会もふくめて、年に数回だが、なんとか繋がっていたいと思っている。    今年は息子を連れて行った。  どこへ行くの? と聞く息子に答えようとするのだが、息子の解る言葉を選ぶことができず、答えることができないまま連れていった。  オレが、次々に報告される...... [続きを読む]

受信: 2008年8月18日 (月) 14時13分

» 08年8月19日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年8月19日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・自民党が動き出した{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・海外編とオリンピック{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 先日の広島と長崎の平和記念式典をファイルに纏め老人党リアルグループ「護憲+」の視聴覚コーナーに http://yufuu.com/user/goken/frameshichokaku.htm 映像マガジンとしていれてあります。よければ御覧下さい。 直接は、 広島編 http://yufuu.c... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 19時22分

» 2つの終戦特集記事と脱北者の想い [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 遅くなりましたが、8月15日付の終戦特集記事の中で、特に目を引いたものが2つあったので、こちらにも紹介しておきます。一つは産経新聞の主張(社説)記事、もう一つは東京新聞の社説記事です。 ■8月15日 日米の絆を確かめたい(産経新聞・主張、抄) >「帝国」復活を思わすような中国の台頭は、日米安保条約による米国との同盟を軸に、安全と繁栄を保ってきた日本の国家戦略を根本的に揺さぶる要素にもなってきた。それだけに、北京五輪の最中に終戦の日を迎えたことは、日本の戦後と将来を考える上で大きな意味を持ってい... [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 23時29分

« ペソギン | トップページ | 人材派遣会社という名の口入れ屋・ピンハネ屋 »