« 7・27革共同政治集会(関西派・革共同再建協議会)後編 | トップページ | いざヒロシマへ »

2008年8月 4日 (月)

中間派の道は難しい

 今日は午後から息子と一緒に市営プールに行ってきた。夏休み前から連れて行けと度々言われていたためである。こんな事を書くと「今日は革共同政治集会に参加する筈ではなかったのか」と言われそうである。実は昨日中央派の人から電話がかかってきて「集会にはこんとき」と言い渡されたのである。関西派の政治集会報告を克明にしたことが問題になったのだそうだ。一番の問題は防衛上のことであろう。対権力の関係で革共同政治集会では集会解散時にレジュメを回収するなどしていたし、カクマルが仕掛けた盗聴器を摘発するということも度々有った。ICレコーダーを会場に持ち込んで録音するという行為がいけないのだろうと思っている。別段、関西派の政治集会では隠れて録音したわけではない。シャツの胸ポケットに入れて堂々と記録していたが、誰にも咎められなかった。

 関西派は防衛上の配慮より公開性を重視していたようで、他党派の活動家を招待したりしていた。多分その関係で関西派は録音について何も言ってこないのだろう。また、ホームページを開設していないから私のブログで公開すれば宣伝になるという判断も有ったのかもしれない。だが中央派の場合は対権力・対他党派の防衛を優先しているということだろう。出来れば中央派の革共同政治集会にも参加して両派の主張を聞き比べたかったので、残念なことである。

 二番目の問題は克明な報告記事で関西派・革共同再建協議会の主張を公開したことで、中央派の人たちの一部には「あいつは塩川派じゃないか」という声も上がっているようだ。「塩川派」と言うのは中央派からする関西派の呼び方である。今までにも何度か主張しているのだが、私は中央派と関西派のどちらかを選択することが出来ない状態である。ある問題については中央派が正しいと思えるし、別の問題では関西派の主張にうなづいている。宙ぶらりんなのである。だが、今現在中間・中立の立場をとっている人は結構居るはずだ。ロシア革命における「メジライオンツィ」みたいな存在が居てもいいと思うのだ。「メジライオンツィ」はロシア社会民主労働党の中でレーニン率いるボリシェビキでもなく、マルトフらのメンシェビキでもない中間派で、指導者はトロツキーであった。10月革命に向かう過程でボリシェビキに合流して行った。最後の段階で革命派になった人々だ。革共同の第四次分裂においても同じような事があってもいいと思う。

 「メジライオンツィ」を最後まで日和見していたという評価をする向きもあるかもしれないが、肯定的な評価をする場合、直ぐにボリシェビキを選択することが出来なかった人々をメンシェビキという反革命勢力に行かせないで引き止めていたと言うことだ。出来るだけ中立の立場で中央派と関西派のそれぞれの主張や運動実践を見聞きすることで将来の革命情勢に備えたいというのが私の考えだ。そして幸いなことに今の私は双方の大衆集会には参加できている。折角だから自分の経験をブログを通じて一人でも多くの人に共有してもらいたいと思う。只、運動や組織を防衛するという問題で私の中で武装解除が進んでいることは克服する必要が有るだろう。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

« 7・27革共同政治集会(関西派・革共同再建協議会)後編 | トップページ | いざヒロシマへ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ぶどうちゃんさん、日本国憲法擁護連合ことうちはだいこはマルスク・レーニンの文献をろくすっぽ読んでいませんし理解もしていません。知ったかぶりをしているだけです。「実践」については、「畳の上の水練」という言葉が有りますが奴は畳の上ですら泳ぐ練習などしていません。自分のブログや掲示板は余所からのコピペで埋めているだけではありませんか。自ら思考した痕跡すら無い。まして具体的運動実践など欠片も無い。具体的運動実践をしている人間が革共同の方針を批判するのであれば傾聴するに値するでしょうが、うちはだいこは自分が何もしないための言い訳を並べ立てているに過ぎません。革命運動でなくとも何らかの市民運動の現場にでもいますか? 警備公安警察に監視されているとかいう被害妄想から権力が怖いから何もできませんと泣き言を垂れているだけではありませんか。

 カクマルは左翼ではありません。現代のナチス、ファシスト反革命です。この事を曖昧にする人は国鉄分割民営化の過程における動労カクマルの国家権力への投降、裏切りと国労・全動労・動労千葉への敵対・襲撃を免罪するものです。あなたが仮にも社民党や新社会党と接しているなら奴らの階級的大罪は知っているはずです。1047人問題に触れるのならカクマルを許せる方がおかしいでしょう。

 この前提の上で、60年安保における全自連効果を想起してほしいと思います。ご存じかと思いますが日共スターリン主義が全学連から分裂して作った組織ですが、全く闘わなかったにも拘らず組織が拡大しました。全学連の様に闘うのは嫌だけれど、安保に反対の振りだけはしたいという日和見主義者が集まった結果です。革命的左翼の現状は確かに少数派です。それは権力の弾圧をも恐れず決起するところまでの怒りが足りないからです。青年労働者学生の怒りが今以上に高まった時、必ず澎湃とした決起が巻き起こるでしょう。ここに確信を持てるかどうかが問題ではありませんか。

 日共スターリン主義は確かに場当たり的な対応をしていますね。そして右へ右へと舵を切っている。労働者階級に対する根底的な信頼が欠如しているからです。だから日帝を真っ向から批判することが出来ない。体制変革の問題として今日の格差社会を取り上げることが出来ないのです。全港湾西成分会については寡聞にして知りません。現下の状況でも頑張っておられるのでしょうね。

 1047名問題については自公連立政権が闘争団・争議団の間に楔を打ち込んで分裂させようとするのは常套手段ではありませんか。それだけ1047名問題が敵支配階級にとっても無視できない重要な課題であるということです。ブルジョア政党である民主党、社民主義者の社民党が自公に引きずられるのは当然でしょう。彼らは労働者階級の階級的利害を代表する政党ではありませんから。

投稿: アッテンボロー | 2008年8月19日 (火) 00時32分

 私は、2006年2月に国労闘争団と全動労争議団と千葉動労争議団が集会をしたにも関わらず、今年の7月の東京高裁の和解勧告や冬柴前国土交通省大臣の談話で1047人の解雇者の団結が乱れました。
 自民党や公明党は、1047人の解雇者の団結を乱す役割を果たしています。民主党や社民党も、同罪です。

投稿: ぶどうちゃん | 2008年8月18日 (月) 20時08分

 日本国擁護連合さんは、いろいろな日本の左翼や護憲運動などの問題提起をしていますが、マルクスやレーニンの著作と自らの実践の積み重ねが、噛み合わないのです。
 つまり、様々な党派での活動の経験不足や理論の独自の習得ができていません。
 関西派の政治集会のレジュメは、細かい戦術やスケジュールが掲載されていないので、特段問題がないと思います。ただ、時代の古臭さが漂っています。連合さんが指摘していたのは、このような古臭さだと思います。この点では、連合さんと合うのです。
 革共同や社民党、日本共産党、マオイズム、新社会党、革マルなどの左翼が、職場や地域、学校での不満や要求、階層の変化についてこれないのです。
 青年対策も、本当は青年同盟の任務で学ぶを重視して、日本共産党のような青年ユニオンの場当たり対策でなく、全港湾西成分会のような「忍耐、学習、行動」とした学習と実践の関係を明確にするべきです。

投稿: ぶどうちゃん | 2008年8月17日 (日) 15時15分

 アントンさん、「現代革命資料蒐集」サイトのことですね。内部文書が流出していることは大変な問題であると思います。それだけに中央派の人々が情報の漏洩についてピリピリしていると言うことに思い至らなかったのは私の愚かさ故だと思います。特に革共同の場合四・二八破防法弾圧・松尾破防法弾圧のように破防法扇動罪による弾圧を受けています。ですからICレコーダーを持ち込む行為自体が私の中の公然主義・合法主義の表れとして反省しなければならないことでしょう。ここ暫く反対する会の取り組みで参加した集会などの報告記事を書くためにICレコーダーを愛用していましたが、そう言った大衆集会や学習会との区別が付いていないことが問題なのでしょう。また、記事として公開する範囲についても事前にキチンとした許可を得るべきでした。

 革共同両派の人々へさん、「実録連合赤軍」、前売り券は買っていたのですが、妻が倒れたために見に行くことが出来ませんでした。色々と教訓になることが描かれていたのでしょうね。中間派であることに対して支持していただけたようですが、党派選択をキチンとしなければいけないという気持ちも在るので悩ましいところです。

 法政大OBさん、うちはだいこについては半分諦めている部分がありますね。でもついつい2ちゃんねるで対応してしまうことがあります。幾ら言っても分からないのだと思いますけれど、何とかしてネット環境を取り上げられない物かと思ったりもします。法政の恥として謝罪していただいて大変心苦しい気がします。悪いのはうちはだいこですから。

 まつきさん、確かに釘を刺すと言う方法もあったのでしょうが、知らず知らずのうちに革命運動の厳しい現実を忘れてしまった私に問題があるのです。再度活動家になることはないと思いますが、それでも革命運動に関わる場合の最低限の「常識」を弁えないといけませんね。

 通りすがりさんは昔苦労なさったのですね。どちらにも知り合いがいて、真剣に革命運動に取り組んでいるのが分かるだけに、簡単にどちらが正しいと言い切れないのが辛いです。かと言って全く身を引いてしまうのも出来そうにありません。

 kuroさん、書き込みの時間からすると今日のヒロシマ大行動でのことでしょうか? 確かに発言者の中には緊張のあまり言葉に詰まる人もいましたが、野次は聞き逃したようです。 

投稿: アッテンボロー | 2008年8月 7日 (木) 01時49分

緊張している発言者に対して若い女性から横槍の掛け声が入り、不愉快でした。

投稿: kuro | 2008年8月 6日 (水) 20時36分

「中間派の道は難しい」二十?年前私も内容は違いますが同じ経験をしました(革労協分裂)色々と走り回りましたがダメでしたネ。中間派は無理と思います。 アッテンさんこの際、一歩引いて熟考されることも善いのでは。

投稿: 通りすがり | 2008年8月 5日 (火) 16時26分

中央派の理屈もわかりますが、そりじゃあ、せっかく聞き比べて判断しようとしている気持ちに水がさされてしまいますね。
「参加しても、集会の録音や内容の公開はやめて欲しい」というような言い方もあったと思うのですが。
再建協の主張では、特に四トロへのゲバに自己批判しようとしている点が強く印象に残りました。

投稿: まつき | 2008年8月 5日 (火) 02時53分

訂正です。
「確か高円寺には通教部の推薦するホテルがあること(夏冬のスクーリング時)」を「阿佐ヶ谷には推薦するホテルがある」に訂正します。
何分7、8年も前の大学のことなので記憶違いでした。彼は多分「神宮での6大学の優勝戦の学生席に来る、“法大生の心の親”」を知らないはず。

投稿: 法政大OB | 2008年8月 5日 (火) 02時50分

初めまして。つまらない書き込みをします。普段は何となく2CHを覗いているのですが、うちはだいこ=日本国憲法擁護連合のアッテンさんへの誹謗・中傷に対して法大OBとして怒りを感じています。私はノンポリ学生でしたが、講義前に中核派の人がカンパを求めて来たり、サークル関係のことで大学側と渡り合ったりしていたので、敵対的な視線は持っていませんでした。ただし、96年~00年頃の法大の環境を省みると、うちはだいこ君が3桁動員の催しを開催したり、当時から左翼的な活動をしていたりすれば、「何かしら学内で話題に」なっていたはずですが、そんな話は聞きませんでした。また、坂本女史の性別について・・・これは嘘吐きとしか言いようがなく、法政の恥でしかありません。たぶん彼は通信教育部を卒業か中退した人物だと推察されます。確か高円寺には通教部の推薦するホテルがあること(夏冬のスクーリング時)と、彼が御贔屓にしている高円寺の古本屋があります。であれば、法大生が知っていて当然のことを知らないわけがありません。とにかく母校の恥であり、アッテンさんに対する個人的攻撃をしている人類の恥だと思い至りました。法大OBとしてアッテンさんに謝罪します。

投稿: 法政大OB | 2008年8月 5日 (火) 02時21分

はじめまして、宣伝みたいな事を書いて申し訳ありません。

最近の『実録・連合赤軍』という若松孝二監督が製作した映画を観ると、どの様な事をしたら運動が崩壊するのか良く分かると思います。
みなさん気をつけましょう!

基本的にはアッテンボロー氏の意見は間違っていないと言えるでしょう。
今後とも頑張ってください。

投稿: 革共同両派の人へ | 2008年8月 4日 (月) 23時21分

防衛上の問題でいえばネット上に内部文書が流れていることを知り愕然とした。どこから流れているのかわからないが、政治局会議の内容などは私達末端の細胞にはまったくわからなかった。そのような文書を入手できる立場の人が離反したのだろう。こういう行為は理由がどうであれ通敵行為でありイストとして失格だと思う。しかし、たとえば今回のアッテンボローさんのようにNC集会の内容などは党内外問わずすべて公にすべきだと思う。それを理由に参加を拒んだなら、何のために公の集会にするのか、意味が解らない。また、なぜ関西派の人間は参加してはいけないのかもよくわからない。秘密裏に行なうなら会議でやればいいのでは?もっとも私はNC集会には1度しか参加したことがないので内容は良くわからないのだが。

投稿: アントン | 2008年8月 4日 (月) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/42055318

この記事へのトラックバック一覧です: 中間派の道は難しい:

» 非核三原則を「順守せよ!」 [散歩道]
昨日アップしたかったのだが、PCの調子が悪く今日にズレ込む。 「非核三原則は国是として順守する」とか国会決議してたよね。あれって何だったの・・・ただの詭弁? そう言えば、 非核三原則を評価され、「ノーベル平和賞」を受けた元首相がいたが・・・「ノーベル平和賞」受..... [続きを読む]

受信: 2008年8月 4日 (月) 16時37分

» 08年8月4日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年8月日 曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 牡丹 1・赤塚不二夫さん{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・10月からの医療改革の一部{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日の... [続きを読む]

受信: 2008年8月 4日 (月) 19時39分

« 7・27革共同政治集会(関西派・革共同再建協議会)後編 | トップページ | いざヒロシマへ »