« 仕事がない | トップページ | 10・1近畿支社前抗議行動 »

2008年10月 2日 (木)

40年に一人の愚か者

 10・1の郵便事業会社、郵便局株式会社の近畿支社(旧近畿郵政局)前抗議行動の後で懇親会に参加した。抗議行動と懇親会の模様については明日にでも記事にまとめようと思うが、今夜は懇親会で党派の現役活動家の人にお叱りを受けたことを簡単に書いておく。

 私のように風俗にハマり、酒と女とで身を持ち崩して除名された人間というのはここ40年ほどの間にはいないそうである。60年代から70年くらいの大衆運動の高揚期には、飲む・打つ・買うと言った革命家にあるまじき行為をしている人間も沢山いたが、そんな人間は対カクマル戦争などの課程でみんないなくなった。女性問題で色々あった人もいたが除名までされたのは私くらいの物である。反省しているのか、と叱られた。ブログを書いていたり反対する会の活動で目立っているが、本当は謙虚に蟄居するくらいでないといけない様なことを言われた。平たく言えばでかい面をするなと言うことである。

 大抵の場合革共同から離れた人というのは政治に関わらない様にしている。私のようにブログで色々主張したり、あちこちの集会に出かけていって報告記事を掲載したりという人間は稀である。除名されたことを反省していないかと言われたら多少は反省しているのであるが、自分で思っている程度では現役諸氏からすると到底足りないと感じられるようである。

 実際問題として除名されて暫くの時に意見書を書いて全逓関係のメンバーに送付したことがある。自分の除名に納得できなかったからだ。地区党に再審理を求めても蹴られるだろうと思ったからである。本来は全国大会に提訴するのが正しいのであるが、その全国大会も60年代以来開催されていない(第5回大会と第6回大会はどうなるのだろうか?)おまえ一人のために大会を開催しないといけないと言われた。これって自己批判して再結集せよと言う事なのであろうか? しかし自己批判書を提出するとして中央派に出すのか関西派・再建協議会に出すのかで大きく違ってくる。

 ハッキリとどちらが正しくどちらが間違っていると判断がつけばそれはそれで良いのだが、「前進」も「革共同通信」も熟読できることは少ない。読めたときは読んだ方の主張に対してフムフムと頷くが、他方を読めばそちらにも納得している。こんな状態で党派選択など出来るわけがない。第一怠惰な生活に慣れてしまうと、かつてのような革命的規律、党の三原則を守ることが出来るとは到底思えないのだ。こんな調子であるから現役で懸命に闘っている人たちからは厭われるのも仕方がないことなのだと思うしかない。

 で、始めに戻ると、こういった中途半端な人間が目立つことをしているのが許せないというまじめな活動家諸氏からは嫌われているようである。

 今のあり方について一度真剣に討論をする必要があるだろう。でも仮に私がどちらかを選択し再結集したとすると、他方からは腐敗分子を受け入れたことに対する党派的批判がなされるに違いない。どっちに転んでも身を寄せる党派には迷惑をかけるだけの存在なのかなあと思ってしまう。革共同が好きであるだけに、それはそれで困ってしまうのであるが。 

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

                                                                   

|

« 仕事がない | トップページ | 10・1近畿支社前抗議行動 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

  KWさん、ご本人たちが掲載を嫌がっていますので私が色々書くと迷惑になるようです。

投稿: アッテンボロー | 2008年10月 6日 (月) 11時10分

みなさん、今晩は。
党=組織の防衛のためとか述べている革共同の皆さんは、一部を除き素顔で集会やデモに参加し、権力の前に姿を現していますよね?確かに集会の詳細などは、昔の感覚で細かく報告されるのは対カクマル・権力からの防衛からだと思いますが、アッテンボロー氏のブログを拝見する限り、そんなに現役の方々が騒ぎたてるような問題ではないかと思います。むしろ、革共同から分裂?したグループのサイトによる内部文書こそ問題ではないでしょうか?十数年前までシンパをしていた者が生意気を書きましたが、そんな気がします。簡単すぎてすみません。

投稿: KW | 2008年10月 5日 (日) 18時05分

 NKさん今晩は。党や運動の防衛という観点に立った場合、どうも私の感覚は現役時代とは相当かけ離れた状態にあるようです。ユメウツツさんの書き込みにもあるのですが、例えば3月16日のワーカーズアクションに参加した記事などでも発言者の写真を掲載していますが何の修正もしていません。闘う労働者の顔写真を公開したのと同じ事になります。私のパソコンについての知識と技術がつたないと言うことは置いておくとして、少なくとも写真撮影やどの写真を掲載するかと言うことに関しては配慮が全くなかったと言わざるを得ません。また、メールや電話でも、あるいは2ちゃんねるの書き込みでも批判を受けたのですが、私の行為は革共同が頑張って革命運動を闘い抜いていると言うことを宣伝したいという気持ちがありながらひいきの引き倒しで、現役諸氏にとっては迷惑な行為であるようです。つまり権力に対して党と運動をガラス張りにする事実上の「スパイ行為」であると言えるでしょう。党と運動の発展のために、何を書き何を書かないでおくかという判断基準が私の中には無いようです。「大本営発表」になってはいけませんが、「政治的判断」が出来ないといけないようです。

 中央派にも関西派・再建協議会にも一長一短があると思うのですが、どちらが真にマルクス・エンゲルス・レーニン・本多書記長を継承しているのかを見極めるには、私自身の力量が不足しているようです。勿論役者不足についての自覚はありますから、出来るだけ客観的に書くようにしたつもりですが出来ていないようです。

 TOCKAさん、お久しぶりです。革命運動に関わる点を評価していただきどうも有難うございます。ただ、ブログはビラの様な物で公開されている点で個人の日記とは違うと2ちゃんねるで批判されました。党と運動にとって為になるかどうかと言う価値判断を出来ない人間が中途半端に党の周辺をうろつくことは問題がある様です。闘いの情報を伝達するという意味でこのブログが無意味ではないと思えますが、どの情報をどの様に伝えるかについて考慮が足りない様です。官公庁が自民党の国対部長にお伺いを立てないと情報公開できない現在の国会のあり方は正すべきですが。

  TAMO2さん、距離を置いていないと言うことが問題のようです。以前、私が革共同系列の集会に参加していないときは批判は少なかったのですが、ここしばらく集会に参加してその報告記事を書く様になってから批判が厳しくなりました。特に7月27日の関西派・再建協議会の革共同政治集会の記事を書いて以降、集会にICレコーダーを持ち込んで録音したことを明らかにしたものですから激しく指弾されています。「党の名誉を傷つけるようかことは止めてくれたまえ」という点では除名されたことや原因を大っぴらにしていることは良くないようです。革命家は「聖人君子」の様な人間でなければならないという考え方が強いのかも知れません。

 風さん、ハンドルネームを変更なさった方なのでしょうか、改めてのご挨拶痛み入ります。人間誰しも色々と試行錯誤しながら己を鍛えていくのだと思いますので、現状に甘んじないことで良しとなさってはいかがでしょうか。

 GOさん、トラックバックが通らないのはココログではよく有る様ですね。私自身時々経験しています。実は今夜も最新の記事をトラックバックしようとしたところGOさんのブログを始め幾つかに通りませんでした。ニフティーにはその点を改善して欲しい物です。
 
 情報の流し方については、上記の返信で様々なことを書きましたが、現役を離れて数年、感覚がずれているようです。アメリカ発の金融恐慌に始まる世界恐慌の情勢の中で、一日も早く現役当時やそれを上回る鋭敏さを獲得したいと思います。100年に一度の革命情勢が近づいているのですから。

投稿: アッテンボロー | 2008年10月 4日 (土) 04時25分

 >党を離れては何にも無い人たちが、自己批判することなく居直り、「共産主義者」ズラする腐敗のほうが、「酒と女」で身を持ち崩すよりも、重大な問題だと思います。」

なかなか手厳しいご批判ですが、現状では甘んじて受け止めたいと思います。しかしこの文面ではあまりにも関西派の諸君の言い分の受け売りになってはいないでしょうか。

党(中核派)と言っても、本来の中核派の思想と実践の源であったレーニンと本多書記長の事業を引き継いでこそ、中核派と呼べるのであり、現在の中核派および程度の差こそあれ関西派の諸君はそれらの路線から相当異なるベクトルを持っていはいないでしょうか。特に関西派の諸君はこの点(本多書記長の思想と路線)に立ち返ることをしないでいる事にこの間の混迷の根拠があると思います。

いずれにしても私などは無力な存在ですが、その無力な存在に対して、これを黙らせる為に危害を加えよう、などと考えるならば関西派の諸君には政治的死が訪れるだろうと言わなければなりません。このような自殺行為ではなく、3.14を革命的に止揚し、本多書記長の思想と実践に立ち返る事をもって党の再建をめざすというのである事を願っています。

かなり、余計なことを書いてしまいましたが、ご容赦ください。

投稿: NK | 2008年10月 4日 (土) 00時49分

どうもこんばんわ。「除名問題」をネタに、「分裂騒動」について書いてみました。TBがうまく通らないようです???
 党を離れては何にも無い人たちが、自己批判することなく居直り、「共産主義者」ズラする腐敗のほうが、「酒と女」で身を持ち崩すよりも、重大な問題だと思います。

 運動への係わり方や、情報の流し方について、党的活動にある人と、それ以外の人とでは温度差があるのはやむをえないところだと思います。ただ、ネットの世界が、その垣根を取り除きつつあるのかもしれません。

投稿: GO | 2008年10月 3日 (金) 23時10分

はじめまして。
正確にははじめましてではないのですが(笑)

アッテンボロー氏と同じく、ちょいと精神を患っている左翼です。「ネオ新左翼」と称して、幅広い左翼勢力の結集を目指して、ブログをやっています。

革共同には、ぜひ、頑張ってもらいたいと思うのですが、実質的に分裂状態にある、とのことで、非常に残念に感じています。

私自身、まだ思想形成の途中段階の身。プチブルだったり、レイシストだったりと、試行錯誤の毎日です。

今後の参考にさせていただくべく、時々寄らせていただきます。

よろしくお願いいたします。

投稿: | 2008年10月 3日 (金) 21時40分

酒や女で身を持ち崩すのは人の性。党と距離を置いているんだから、何の問題もないと 外野としては 思うのですがねぇ。こういうの、他の党派でもありますけど、正直ヒキますよ。

「同志スターリン、君が靴下をとっかえひっかえするように 女を とっかえひっかえすることについて、私は何も言わない。だが、党の名誉を傷つけるようかことは止めてくれたまえ」(by レーニン;出典はバーナード・ハットンの『スターリン』)

投稿: TAMO2 | 2008年10月 3日 (金) 20時38分

お久し振りです。アッテンボローさんの場合、それでも革命運動に関わろうという姿勢があるだけで、評価できると思いますけど。しかも、たんにブログ上だけで吠えてる訳でもないですから。党は、シンパは認めないんですかね?。私は全くの部外者ですから、このブログは貴重な情報源です。また今年は労働運動の関係で2度関西へ行きましたが、意外と情報が東京まで伝わってきてないことに気付きました。国鉄も郵政も教育も自治体も、そういえます。今後もROMしてますから、頑張って続けて下さい。

投稿: TOCKA | 2008年10月 3日 (金) 20時33分

私は、アッテンボローさんがここに書かれた記事については何か防衛上(中核派にとっての)差し障りがあるものを目にしたことはありません。党外の人士も参加した集会や会合はについて紹介や批評はあたりまえのことであって、これを禁止する権利は主催者と言えども持っていはいない。これは政党活動やその他の大衆的組織と言えども常識の範疇に類する問題であって、敢えて中核派が人民大衆に対して傲慢にもこのような態度をとるなら益々自らの反人民的な正体を暴露するという墓穴を掘ることになるでしょう。

そもそも権力に対する「防衛上の配慮」は主催者が参加者を守る為にするものであって、参加者(それも党外の)に何の基準もなく要請できるものではない。実際、えてしてこういう連中に限って、自分達は全くだらしの無い活動をやって言いながら、外部に対しては場違いな「防衛上の観点」などという脅迫的言辞を弄するのを常とするものです。

「党=階級」なる珍妙なフレーズ、レーニン主義否定の彼らの概念の中には、階級はその指導者に従わなければならない、一言一句たがわず唱和させたいと言うファシストに特有の一元化思想が見え隠れする。

投稿: NK | 2008年10月 3日 (金) 10時23分

 kuroさんに言われてみたらそうかも知れませんね。両派ともに知り合いが沢山いますから、そういった人たちとの関係で「いい人」でいたいのかも知れませんね。本当に革命に邁進したら、反動的な人間に嫌われるのは当たり前なわけで、それを覚悟せずに運動は出来ませんからね。

 革命のために私が何を出来るのか考えていますけれど、中々良い考えは浮かびませんね。このまま惰性で行くのかも知れません。

 ユメウツツさんようこそ。写真や発言内容を記事にしたとき、そんなに無防備なところがありましたか。やはり私の中で革命的警戒心が無くなってしまっているのでしょうね。しばらく考えてみます。

投稿: アッテンボロー | 2008年10月 3日 (金) 01時00分

アッテンボローさんの問題点は、「目立つことをしている」ことではなく、国家権力と闘うための最低限の情報の防衛や、闘う仲間を守るという立場が欠けていることだと思います。

「えっ」と思うような写真や発言内容を書かれていることがあります。

若輩ながらそう思っています。

投稿: ユメウツツ | 2008年10月 3日 (金) 00時49分

中途半端な人間というより「中途半端な立場」な感じがします。
両派の機関紙を読み、行動を見れば自ずと結論は出てきます。アッテンボローさんの中には両派にいる馴染みの人たちとの間に亀裂ができるのを恐れているように見えます。
革命には各々の立場で関わればよいのではないでしょうか?
職業革命家もいればシンパもいます。
「革命をやりたい人」=「ストイックな生活をしている人」ではないと思います。

投稿: kuro | 2008年10月 3日 (金) 00時40分

 アントンさんお久しぶりのコメントですね。お元気にされていますでしょうか。現役活動家の人の叱責は反対する会の運動を巡っての物でした。私のような腐敗分子が目立つ事をしていることで、場合によっては反対する会つぶしのネタにされるかも知れない。反対する会は近畿において郵政内部の良心的活動家・戦闘的活動家・左派活動家の大事な統一戦線であるという評価から、それに害となるかも知れない私の存在について意見があったのです。ですからその意味で批判は真摯に受け止める必要があると思っています。

 ヒロさん、革共同内部のことについてではないので発言なさることは問題ではないと思います。反対する会という郵政内部の統一戦線に私という人間がどのように関わるべきなのかと言うことですから。

 ストイックに革命に邁進できる人は当然大切な存在です。とりわけ職業革命家、レーニンが「なにをなすべきか」」の中でその重要性を説いている党の骨格をなす人々については四六時中革命について考え、従事する必要があるでしょう。そうではない周辺の人間の運動への関わり方については「もっと大目に見てよ」みたいな感じはしますが。

投稿: アッテンボロー | 2008年10月 3日 (金) 00時19分

党外の人間が口をはさむ権利は無い事は重々承知していますが、外野からコメントさせて頂きます。

階級闘争に参加するには、ストイックに活動に専念すべきか疑問です。

当然、「入党したからには前衛として民衆を指導するといった役割・責任を負うべきだ。それ故活動に全身ぜんれいを革命運動に身を捧げるべきだ。」という考えも分かります。

ただ、それぞれ個人の事情に応じて革命運動に関与できないのかなと思っています。

投稿: ヒロ | 2008年10月 2日 (木) 23時48分

お久しぶりです。このご時世に職探し大変でしょうが、体調と相談しつつ、無理せず頑張ってください。
 除名した人の行動、発言になんでそんなにナーバスになるのか解りません。そんなヒマはないはず。害になるどころか、革共同の賛美までしているのに。自分たちだけ(党員)だけが闘っているつもりなのか。僕の当時の指導部にはこんな傲慢な人はいなかったと思います。僕は自分の意思でやめてしまったのですが、少しは後悔していて、なんとか関わりは持てないかと考えています。考えているだけで何もしていない僕は何もいう資格はありませんが。

投稿: アントン | 2008年10月 2日 (木) 23時23分

SOBAさん、私の場合自分がしたことにきちんと自己批判したわけでは無いのです。それを政治的に復権したと勘違いするなという叱責でした。どうも調子に乗っていたようで、自重しないといけないかなと思った次第です。

投稿: アッテンボロー | 2008年10月 2日 (木) 13時41分

こんにちは、SOBAです。

アッテンボローの雑記帳も許容できないようないわゆるサヨクならそんなのはいらない。

「ろくな闘いもできていないくせに、大きなツラすんな」です。

昔なら原子力空母の横須賀港母港化のニュースがあれば、大きな反対運動がおきたはずです。

いみじくも天木直人さんが言っています。

>小泉元首相の引退のニュースが駆け巡った25日、
>米原子力空母ジョージ・ワシントンが横須賀の米海
>軍基地に入港した。
>
>  原子力事故や汚染だけが問題ではない。世界を
>攻撃する血塗られた米国の巨大な戦力の日本常駐が
>平然と始まったということである。
>
>  明らかな憲法9条違反であるにもかかわらず、
>そしてそれに反対する市民の声があがっているのに、
>その先頭に立つ政治勢力がなくなってしまった。

ションベンたれのチンピラ左翼なんていらない。中核だか革マルだか知らないが、チンピラ左翼はでかい面すんな!!!

投稿: SOBA | 2008年10月 2日 (木) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/42657703

この記事へのトラックバック一覧です: 40年に一人の愚か者:

» 浮かぶ原子炉・米空母横須賀母港化でこの静けさは何?横須賀、鎌倉、湘南、川崎、横浜、など近辺の人、このバナー貼ってください。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
天木直人さんも下記エントリーで以下のように書かれています。 2008年09月26日 これからの日本政治の本当の課題ー政治における平和勢力の衰退 http://www.amakiblog.com/archives/2008/09/26/#001158 小泉元首相の引退のニュースが駆け巡った25日、米原子力空母ジョージ・ワシントンが横須賀の米海軍基地に入港した。  原子力事故や汚染だけが問題ではない。世界を攻撃する血塗られた米国の巨大な戦力の日本常駐が平然と始まったということである。  明らかな憲法9条... [続きを読む]

受信: 2008年10月 2日 (木) 10時23分

» 08年10月2日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年10月2日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・与野党雑談{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・清原選手お疲れさん。{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日のトピックス B... [続きを読む]

受信: 2008年10月 2日 (木) 20時42分

» 08年10月3日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年10月3日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞の切り抜き・1{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞の切り抜き・2{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日のトピック... [続きを読む]

受信: 2008年10月 3日 (金) 16時22分

» もったいない [Saudadeな日々]
東京・杉並区の街角に、保坂展人さん(現職・社民)と沢田俊司さん(新人・共産)のポスターが並んで貼られているのを目にした。 保坂さんは「国会の質問王」として、教育・年金・医療・土建などの悪政を正す為、それこそ寝る間も惜しんで働いている。 失礼ながら今度の総選挙で..... [続きを読む]

受信: 2008年10月 5日 (日) 04時26分

« 仕事がない | トップページ | 10・1近畿支社前抗議行動 »