« 10・5三里塚全国闘争に決起したぞ!! | トップページ | あーこわかった »

2008年10月 6日 (月)

10・5三里塚全国闘争

 三里塚(成田)軍事空港反対!! 市東孝雄さんの農地強奪を許すな!! ということで三里塚闘争に3月30日に続いて半年ぶりに参加してきた。参加者は主催者発表によると1420名。3月が1500程であったので若干少なくなっている。現役時代に同じ会場を埋め尽くしていたときのことを思い出すと、なんとしてでも再び三里塚闘争を高揚させたいとの思いが強くなった。

016  開会宣言をされたのは二年前に千葉に移り住んだ関実元世話人の森田恒一さん。91歳というご高齢にもかかわらず大変元気で、今では三里塚芝山連合空港反対同盟の一員として活躍なさっている。開会の挨拶は北原鉱治事務局長。中山発言に対して徹底的な批判を加えて三里塚闘争の正義性を訴えた。中でも、43年間も「ごね得」を狙っている運動など有るかと言うこと三里塚闘争は「農地死守」「話し合い拒否」「実力闘争」の原則を掲げてきた。何かが欲しいとか、金をくれとか、何かを作ってくれなどと、ただの一度も言ったことがない。堂々たる挨拶であった。

 基調報告は萩原進事務局次長。闘いの方針を鮮明に提起されたのであるが、情けないことにその後に続いた動労千葉の田中委員長の特別報告の印象が強すぎて、基調の内容を思い出せない。近日中に「関実・三里塚」でテープ起こしをされるそうなのでそちらを参照していただきたい。

 その迫力満点の田中委員長の特別報告であるが、動労千葉は三里塚闘争を闘う中で組織と運動を作り上げてきた。79年には動労本部を握るカクマルが三里塚絶縁宣言と貨物安定宣言を決定し、三里塚闘争を闘う千葉地本に統制処分の恫喝をかけ、ストライキはしませんと国鉄当局や財界に降参宣言をして転向・屈服の路線を明確にした。動労千葉はそれに対して3月の三里塚闘争に五割動員の方針を対置した。当日勤務の者を除く全員結集と言うことである。3ヶ月のオルグを行い600人を集めた。ここで現在のJR総連カクマルとの明確な分岐が出来た。その後カクマルが国鉄分割民営化に率先協力し、国労と動労千葉の首切り要求をするまで腐敗していったのに対して、動労千葉は分割民営化に対して全体反対の立場で二波のストライキを敢然として打ち抜くことが出来たし、その闘いが多くの国鉄労働者に勇気を与えた。1047名闘争が今日まで闘い抜かれている。

 だが、この1047名闘争の幕引きをしようという動きが顕著になってきた。国労本部は「闘争団が持たない」と言っているが、本当は闘争団がいることで御用組合の宣言である労使協調宣言が出せないし連合に合流することが出来ないので重荷になっているのだ。闘争団の労働者を信じていないから、自らの腐った方針をごまかすために闘争団に責任をなすりつけているのだ。しょうがない、しょうがないで、闘争放棄・指導放棄の言い訳ばかりしてきた結果どうなったのか。国労は組織解体的状況に追い込まれ、総評は解散して連合になり、社会党は路線転換して消滅し、「規制緩和」の結果として格差社会ができあがり1000万人がワーキングプアとなった。10月24日の国鉄集会は1047名闘争の幕引き集会である。そうではなく11・2全国労働者集会にこそ総結集しよう。新自由主義と全面対決する労働運動を築こう。サブプライムローン破綻以降のリーマンブラザース経営破綻や経済恐慌についても触れ、今こそ労働者が立ち上がるときが来たことを力強く提起した。田中委員長の発言を聞いていると11・2には絶対参加しなければと思える素晴らしい発言であった。残念なことに私は革共同中央派が関係する集会への出入り禁止を言い渡されてしまったので参加することが出来ない。

 関西実行委員会からは永井満代表と山本善偉世話人とが発言に立った。永井さんは30数年前に淡路島に国際空港が計画されたときに反対運動に立ち上がり、その初期に反対同盟の助言で絶対反対と話し合い拒否とを学んだ。そして闘い抜いた結果淡路島に空港を作る計画は撤回させることが出来た。追い出した結果空港は泉州沖に作られたが、軍事空港として作られていることには明白であり、廃港に追い込むまで運動を続けると決意を表明した。山本世話人は自分は88になったが、自分より高齢の森田さんが闘っているのに負けられないと矍鑠たるものであった。

 沖縄からは10年ぶりに知花盛康さんが登壇した。自らが農民であることを語り70年代には読谷村の農民たちから三里塚の土地取り上げに反対する署名を沢山集めた。農民が農地を取られたら生きていけない。共に闘うと発言した。農民からの発言として米農家の小川さんと反対同盟の鈴木謙太郎さんが、それぞれ農業を巡る状況と自民党の農政の破綻について厳しい批判を浴びせた。

021  市東孝雄さんと、「市東さんの農地取り上げに反対する会」「群馬・市東さんの農地を守る会」の皆さんが退去登壇した。市東さんは10月11日以降は耕作すること自体が実力闘争になること、なんとしてでも耕作地を守り抜くと決意を表明した。また反対する会や守る会の人たちも口々に発言し、反対する会の会費によって市東さんの耕作地取り上げを狙う千葉県・千葉地裁との裁判闘争の費用が賄われているので是非とも会員になって欲しいと訴えがあった。市東さんの農地取り上げに反対する会の連絡先は、足立満智子0476-28-3675 吉川ひろし04-7144-0073 事務局のEメールはshitou-nouchi@nifty.com FAX050-3588-0142 郵便振替口座は00120-9-261685である。会員にならなくともカンパの受付のみもしている。

 9月25日の裁判闘争の際に不当逮捕された太郎良さんが発言に立ち非常に元気の良い烈々たる発言をしたのであるが、私は早速反対する会の入会申し込みをしていたので発言をしっかり聞いていなかった。なんでも裁判所と麻生とを串刺しにして闘うと発言されていたそうである。続いて反対同盟顧問弁護団の5人が発言に立ち、それぞれが法的立場からの三里塚闘争への取り組みを報告した。

 連帯の発言に移り部落解放同盟全国連合会の中田書記長が三里塚闘争にとことん連帯して闘うことと切迫している狭山再審棄却策動との対決とを訴えた。10月26日には東京で狭山全国集会を行い翌27日には対行政要請行動を行うと発言した。婦人民主クラブ全国協議会からは西村綾子相模原市議が、婦民全国協結成以来三里塚と共に闘い続けてきたこと。今こそ情勢が労働者解放に向けて決定的となっている。労働者の解放無くして女性の解放はないことを熱く語った。(全国連の発言者を誤って記載していました。ご指摘がありましたので訂正しお詫びします)

 支援党派の発言の最初に、中核派を代表して全学連の学生が決意表明をした。今こそ闘いの時であることを元気いっぱい訴え、三里塚闘争勝利に向けた決意、法大闘争勝利的前進の情勢、麻生政権打倒烈々たる決意を表明した。解放派の代表は、組織犯罪対策法が初めて革労協に対して適用され、「障害者」の介護者を根こそぎ逮捕して「障害者」の生活破壊と革命派弾圧への反撃を訴えた。共産同統一委員会はNOVAXと共に野宿労働者の生活支援、G8サミット反対闘争を闘い抜いたことを報告した。共産同蜂起派の代表の発言は大変申し訳ないが印象に残らなかったので書けない。(どうも統一委員会と蜂起派との取り違えをしているのではないかという指摘があった。そうであったら関係者の方には大変申し訳ない)

027  集会宣言が読み上げられ採択された。時間がおした関係で行動提起は省略されて団結ガンバロー三唱が行われ東峰から天神峰に向けたデモに出発した。集会の発言は総じて前国交相中山の暴言は実は麻生内閣の本音が吐露されたものであり、麻生政権は三里塚闘争の不屈非妥協の闘いによって国際空港建設という第一級の国策が40数年も未完のままでいることに大打撃を受けている。世界恐慌に突入した世界情勢の中で侵略戦争以外に帝国主義として生きる道が残されていない日帝の危機的状況、凶暴な侵略策動から反対同盟破壊、土地強奪に踏み込もうとしている事との徹底対決を訴える物が殆どであった。

追記 関西派・再建協議会は支援党派としての発言がなかったのに3月と言い今回と言い多数が参加していた。個人的希望としては関西派・再建協議会にも発言機会を与えても良いのではないかと思った。

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

原子力空母横須賀配備・母港化反対バナー

|

« 10・5三里塚全国闘争に決起したぞ!! | トップページ | あーこわかった »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 神戸の松原さんご指摘どうも有り難うございます。たった今訂正しました。

投稿: アッテンボロー | 2008年10月 9日 (木) 19時56分

部落解放同盟全国連の発言は、中田書記長です。3月は北浦中執だったかなとは思いますが。大事なことですので、訂正してください。

投稿: 神戸の松原 | 2008年10月 9日 (木) 19時27分

  KW さん今回は残念でしたね。3月にはご一緒しましょう。三里塚が闘い続けてこれたのも、原則を曲げなかったからだと思います。原発反対の運動をしている方なども出来れば三里塚に足を運んでいただけたらと思います。

 なのなの勢力さん、反対同盟は三里塚と連帯したいと思う全ての人を受け入れてくれますので、いずれかつての動労千葉の様に全体の万雷の拍手で迎え入れてもらえる隊列が登場するのではないでしょうか。

 ニャンケさん、今は事情で三里塚に来れないとしても応援してくださっているのが分かります。それから体の心配をしていただきどうも有難うございます。

 SOBAさん、ご指摘有難うございます。昨夜誤変換を訂正しました。時々推敲しないで掲載してしまうのは悪い癖ですね。

 革命21事務局さん、つい最近ですがサイトを拝見しました。運動を通じて緩やかな革命党を作るという主張には好感を持っています。今後も頑張って下さい。

 maoさん、党派の系列でない人士や運動体がどれだけ増えるかによって三里塚闘争の再度の高揚を作れるかどうかが決まると思います。無党派の結集については微力を尽くしたいと思います。取り敢えず3月は倍の仲間を連れて登場したいと思っています。

 GOさん、だとすると残念なことですね。分岐・分裂の激しさによって運動から身を引いた人もいるようです。そういった人たちの受け皿を作れたらと思います。

  kuroさん、「革命21」は革共同関西派・再建協議会とは全く別物です。世間では関生新党とも言われたりしていますが、様々な潮流が大同団結して作った新しい運動です。サイトを御覧になれば違いがよく分かります。

投稿: アッテンボロー | 2008年10月 8日 (水) 16時05分

失礼します。
「革命21」さんはもしかして「再建派」と呼ばれている方達ですか?

投稿: kuro | 2008年10月 8日 (水) 00時28分

詳細報告お疲れ様です。若干参加人数が減ったのは、この間に分岐が進み、「来たくても来られない」人がでてきたからではないかと思います。あと、関西の動員が増えているのは、やはり「中央派」の「暴走」や「闘争切捨て」に対抗できるのは、我々しかいないんだ!という意気込みがあるからです。もっとも、今回の集会での発言その他から考えても、「中央派」の「闘争切捨て」は無いし、できないことだと思います。

投稿: GO | 2008年10月 7日 (火) 22時02分

革共同関西派が発言できないのは団結小屋を所有していないのでしょうがないでしょう。しかし、
関西実行委としての発言、反対同盟の鈴木加代子さん(中央派は農民の主体性を主張する存在として毛嫌いしている)が司会すること事態が現在の党派関係では意味があると思います。
やや関西グループに気持ちの写るmaoでした。

投稿: mao | 2008年10月 7日 (火) 20時04分

はじめまして。
貴ブログへの突然の書き込みをいたします失礼をお許しください。
私は、「運動型新党・革命21」準備会・「コモンズ編集局」の事務
局です。

●このたび、私どもは表題にありますように、「運動型新党・革命
21」の準備会をスタートさせました。
この目的は、迫りくるアメリカを中心とする世界の戦争と経済崩壊、
そして、日本の自公政権による軍事強化政策と福祉・労働者切り
捨て・人権抑圧政策などに抗し、新しい政治潮流・集団を創りだし
たいと願ってのことです。

●ご承知のように、日本の反体制勢力は、ヨーロッパ・韓国など、
世界と比べても大変な危機にあります。この背景には、日本の政
治勢力が、度重なる党派間抗争・対立に明けくれ、民衆の信頼を
失ってきたことがあるように思われます。
したがって、私どもは、この数十年の左翼間対立の原因を検証し、
「運動型新党」を多様な意見・異論が共存し、さまざまなグループ
・政治集団が協同できるリゾーム状・ネットワーク型の「運動型の
党」として、推進していきたく思っています。
★既存の中央集権主義に替わる民主自治制を組織原理とする運
動型党(構成員主権・民主自治制・ラジカル民主主義・公開制の4
原則を組織原理にしようとしています。)

●この呼びかけは、日本の労働運動の再興・再建を願う、関西生
コン・関西管理職ユニオンなどの各労働者有志が軸になって担っ
ています。また、この労働者の呼びかけに応えて、全国からさまざ
まな人士・グループが集まって呼びかけを発しています。

そして、この呼びかけは、全国の労働運動を始め、さまざまな社会
運動を担っておられる全ての人々に発し、ともに、この準備会を創
りあげていくことを願って、送らせていただいています。
どうぞ、ぜひともこの私どもの歴史的試みにご賛同・ご参加いただき
たく、お願いする次第です。ご連絡をお待ちします。

●なお、「運動型新党準備会機関紙・コモンズ」の記事及び「呼びかけ」
全文は、下記のサイトでご覧になれます。ぜひ、サイト内の「呼びかけ」
全文をご覧ください。
http://com21.jp/
rev@com21.jp

投稿: 革命21事務局 | 2008年10月 7日 (火) 16時19分

お早うございます。雑談日記のSOBAです。

入力時の誤変換箇所をいくつか気がつきました。

ストライキを勧善として打ち抜く
「勧善」→「敢然」

三里塚闘争の不屈費妥協の闘い
「不屈費妥協」→「不屈非妥協」

関西派・再建協議会にも発言奇怪を与えても
「発言奇怪」→「発言機会」

投稿: SOBA | 2008年10月 7日 (火) 07時38分

アッテンボローさん、三里塚現地闘争、ごくろうさまでした。北原さん、お元気そうでなによりです。こないだ仕事で通ったとき、B滑走路が国道51号の方まで工事が延びてきていて、ひじょうに憤慨しました。事業認定と異なる工事をやっている時点であの空港は違法なものだともっと訴えなきゃね。直接支援できる農家が今の僕にはないんですけど、今でも用地内で生活している人々のたたかいを守り応援していきたいという気持ちです。
これからもがんばってください。
体には気をつけてね。

投稿: ニャンケ | 2008年10月 7日 (火) 05時11分

感動的な報告、ありがとうございます。「国家」の暴虐に対して、民衆は無力であるという神話を否定し続けているのが三里塚闘争だと思います。神話を否定しつつ、新しい伝説を今もつくり続けているのだなぁと思います。

そしてまた、「ごね得」という言葉がもっとも当てはまらないほど、直接には自分たちの問題であるけれども、自分たちの問題だけでは済まないんじゃないの?と訴えかけてくるのが三里塚のいいところであります。そこがステキなんだ。

>追記 関西派・再建協議会は支援党派としての発言がなかったのに、3月といい、今回といい多数が参加していた。個人的希望としては関西派・再建協議会にも発言機会を与えても良いのではないかと思った。

私もそう思います。野次と怒号が舞い上がることがあっても、反対闘争に協力してくれるみんなに発言させるのが反対同盟らしくていい。反対同盟旗の赤地に3つの輪が労農学の団結を示しているんではなかったか?なんか、さみしいね。

私がはじめて三里塚に行ったころ(1981年)、動労千葉は、のちの「脱落派」を含む会場全体から万雷の拍手で迎えられた。前年のジェット闘争を戦った草加さんなどは、明確に覚えているだろう。動労千葉は、謙虚にも「全金本山の戦いに学び、」などと言っていた。あの雰囲気がもう一度、欲しいね。みんなが万雷の拍手をする勢力の登場!

投稿: なのなの勢力 | 2008年10月 7日 (火) 03時53分

10・5三里塚闘争の報告、大変興味深く拝読しました。大変お疲れの所、読み易く書いてあり有り難いです。流石に不屈の三里塚闘争43年の歴史を改めて明確にされ、「農地死守」「話し合い拒否」「実力阻止」と昔から変わらないスローガンに感動すら覚えます。全国各地では、様々な市民運動体系がありますが、三里塚闘争こそが真の闘いであることを実感して欲しいと思います。激動の60~70年代から、こんにちまで、あらゆる運動体系があります。しかし、思想及び理論的発展の途上から内部対立や思考の相違性から短くて数ヶ月、長くて数年で分裂や自然消滅が続く中で、三里塚闘争の非妥協の闘いはすべての労働者・学生、そして闘う人民の闘いの手本でありますから、あらゆる諸運動をされている方々には是非一度、三里塚現地に足を踏み入れて、何故この長い年数を闘ってきたのか学習して頂き理解して欲しいものです。そうすれば、不屈の43年を体験できるでしょう。自民党麻生=中山ラインは農地強奪・農民排除を暴露し、「ごね得」発言は徹底的な批判と弾劾されて当然です。こんな政権に日本を任せる自体、断固として許すわけにはいきません!
三里塚の軍事空港拡張化阻止・市東孝雄さんの農地強奪を何としてでも実力阻止し、先頭で闘う農民と連帯して私たちも闘い抜きましょう!
動労千葉・田中委員長の発言には、共感を覚えました。来年の3月には私も何ら事情がなければ決起します!
病身の為、文面を色々と長く書きましたが、お許しください。

投稿: KW | 2008年10月 6日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/42707198

この記事へのトラックバック一覧です: 10・5三里塚全国闘争:

» 手足首を引っ込めた亀、針を立て丸まったハリネズミ状態の麻生自民、政権転落に怯え解散せずに対して我々の為す術は無いのか? [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 はたして我々は、麻生が解散するのを、ただただ待つだけしか術はないのか?ひとつの問題提起として皆さんにも考えて欲しいです。 kimera25さんが「選挙が先送りになった理由 」で、いみじくも書いています。 一体なんのために福田は辞めたのか?笑えない状態になってきた。だからkimeraは言ったでしょう!アンケート等の調査がきたらいやでも「麻生指示」と言おうといったのにみんな正直者だから自民がびびっちまったぜ!でも、嫌なものは嫌なんだから、心にもなく「自民党が好きとアンケートに答えろ」なんてどだい無理だ... [続きを読む]

受信: 2008年10月 7日 (火) 07時39分

» 08年10月7日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年10月7日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 渋谷語ってご存じですか。昨日面白いテロップがありました。         1・内外の温度差{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・世の中くらい話ばかり{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http... [続きを読む]

受信: 2008年10月 7日 (火) 19時13分

» 東京駅から直線で40kmの所に原発ができた。働いてる奴はたばこの火で大きな火事騒ぎの低レベル、近くには爆発物だらけ、。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 最大離れていても、原子炉から爆発物のところまで300mの距離もない至近距離。しかも日常的に爆弾を積んだ飛行機が飛び立ったり、着陸したり、しかもその発着の飛行場の真下の地下に原子炉がある。  もっともこの原子炉は移動式で、なぜか海上を移動してときどきいなくなる、ってことなんですよ、要するに、横須賀の原子力空母を模式図的に本質を抽出して文章にまとめるなら、。  以下、軍事オタクらしきサイトから。 米原子力空母ジョージ・ワシントンの火災 2008/5/24(土) 午後 10:17http://blogs... [続きを読む]

受信: 2008年10月 7日 (火) 19時56分

» 10・5三里塚集会に参加しました(1 [ブログ「旗旗」]
 すでに多くの方がブログで報告されておられますが、私も10・5三里塚現地闘争に参加してきました。写真撮影用にすごいカッコしてますが、実際はもっと「穏健」なスタイルでの参加でした(笑。主催は三里塚芝山連合空港反対同盟の北原派です。かつて熱田派系列に属し�... [続きを読む]

受信: 2008年10月16日 (木) 03時06分

« 10・5三里塚全国闘争に決起したぞ!! | トップページ | あーこわかった »