«  文化植民地日本 政治家・資本家・官僚に「愛国心」は存在しない | トップページ | 10・29日本郵便非正規ユニオン結成総会報告 死ぬな! 辞めるな! 闘おう! 通信 10月31日号  »

2008年11月 1日 (土)

// でてこい3人! でてこい麻生!! //  麻生邸リアリティツアーの不当逮捕に抗議する集会

11月6日(木)19時からの抗議集会にお集まりください!!

麻生でてこい!!リアリティツアー救援会ブログより転載

○日時:11月6日(木)19時~
○場所:総評会館203号室(千代田区神田駿河台3-2-11 TEL03-3253-1771)
○交通:地下鉄東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B3出口すぐ。東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」B3出口徒歩5分。都営地下鉄新宿線「小川町駅」B3出口徒歩3分。JR「御茶ノ水駅」聖橋口徒歩5分

■ 主催:麻生でてこい!! リアリティツアー救援会 ■
連絡先:asouq@sanpal.co.jp
blog:http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/

 10月26日、反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉のプレ企画である「リアリティツアー2――62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見」において、3名が不当逮捕されました。現在、3名ともに10日間の勾留がつき、いぜんとして身柄を拘束されたままでいます。わたしたちは、警察によるいわれのない弾圧に、はげしい怒りを感じています。
 しかし、世の中に無数に存在するツアーのうち、なぜこのツアーだけが妨害されたのでしょうか。いまわたしたちの身のまわりで生じている「格差」「貧困」は、あきらかに政権与党の政策に原因があります。小泉から安倍、福田にいたるまで、政府は金持ちを優遇する一方で、貧しい人びとを切り捨てる新自由主義政策をすすめてきました。麻生内閣も、従来の政策を変更するきざしはまったくありません。
 最近の報道では、土地だけでも62億円といわれる大豪邸に住み、射撃や飲食にいそしんでいる麻生首相の浮世ばなれした暮らしぶりが報じられていました。ツアーは、そんな人物が「格差」「貧困」の問題を解決できるのか、大豪邸をこの目で見て、話をしてみようという趣旨のものでした。警察は、このような趣旨をもったツアーを意図的に妨害し、不当逮捕を行ったのです。
 わたしたちは、警察の非道をぜったいに許すことができません。ありもしない罪を着せようとしている警察に断固抗議し、3名をすぐに釈放させるために、ぜひいっしょに声をあげてください。

 3人を返せ。「格差」「貧困」を作りあげてきた責任者であり、今回の警察の不始末の責任をとるべき立場にある麻生太郎首相はここへきて応えろ。
 でてこい3人! でてこい麻生!!
救援会声明// 麻生でてこい!!リアリティツアー救援会 不当逮捕弾劾声明 //

 10月26日、反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉のプレ企画として実施された「リアリティツアー2--62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見」において、3人が逮捕され、現在も留置場に身柄を拘束されたままです。私たちはこの逮捕の不当性をここに明らかにするとともに、仲間を連れ去った警視庁公安部および渋谷署に強く抗議します。

■リアリティツアーの目的
 人材派遣会社社長の「ピンハネ御殿」を見学した第1回につづき、今回のリアリティツアーは、その土地だけでも62億円ともいわれる麻生太郎氏の大豪邸を眺めて帰る、というものでした。この間、連日のように麻生首相の金銭感覚をめぐる報道がなされていますが、私たちにもたらされた貧困と格差を解決すべき立場にあるこの人物がどんな暮らしをしているのか、と。しかしこのツアーは、警察によって解散を余儀なくさせられたのです。

■不当逮捕の経緯
 午後3時、渋谷警察警備課長は渋谷ハチ公前広場に集まった私たちに「歩道で行くぶんにはいいです」「麻生邸まで5、6名ずつ行く分には構わない」等の連絡をしてきました。私たちは、3、40分ほど、ツアーの告知を行った後、およそ50名ほどで、歩道を歩き始めたのです。渋谷警察署との話し合いのとおりに、風船やプラカードを引き下げ、拡声器も使用せず。
 そのわずか5分後、ゆっくりと道玄坂下にさしかかろうとしたそのときです。人ごみのなか、私たちのいちばん前の位置でツアープラカードを目印にもっていた仲間が腕をつかまれ、路上に組み伏せられました。警察は「いけ!いけ!コーボー!コーボー!」を合図にさらに2人の参加者を羽交い絞めにし、3名ともに連れ去っていきました。報道では警察が「再三にわたり警告」したとされていますが、ツアー出発時をのぞいてそのような警告は受けていません。3名の逮捕理由は公安条例(注)違反や公務執行妨害となっていますが、その事実がないことは、私たちが記録した映像にすべて明らかです。また、「参加者が警察に暴行を加えた」といった報道は、警察の意図的な歪曲によるものです。参加者が警察に暴力をふるったという事実などいっさいありません。

■接見妨害と不当な10日間勾留
 その後、3人が留置された渋谷警察署に、私たちは不当逮捕を弾劾するとともに、接見と差し入れを求めました。しかし同署は、接見禁止処分がだされていないうちから面会を拒絶し差し入れも拒否しました。また5時ころ到着した弁護士に対しても接見を認めず、到着後2時間にわたって弁護士接見を妨害しました。面会と差し入れが可能になったのは、午後7時を回ってからです。その後、28日になって3名には10日間の勾留と接見禁止処分がつけられました。警察は不当な弾圧を加えたばかりか、接見交通すら妨げ被疑者の法的権利をも公然と蹂躙し、不当な監禁状態を続けているのです。

 このような非道を、私たちは絶対に許すことができません。
 私たちには、いつから歩道を歩く権利がなくなったのでしょうか。数十名の警官に歩道を歩く私たちを過剰に規制させ、まるで予定していたかのように弾圧の命令を下したのは誰でしょうか?
 虚偽の情報をマスコミに伝え、3人にありもしない罪を着せようとしているのは? 
 警察はいつもこのように、自分たちから仕掛けてきて、その禍いを私たちになすりつける。
 麻生首相の豪邸を「見物」されることすらおそれる警察は、私たちの仲間の自由と生活を踏みにじることにはいっさい躊躇がない。
 警察は麻生を守る。
 ならば、私たちは私たちを守る。

怒りをこめて言う!
3人の仲間を、即時解放せよ!
ツアーへの不当弾圧を、謝罪せよ!
麻生太郎首相は部下の不始末の責任をとれ!

2008年10月29日
麻生でてこい!!リアリティツアー救援会
署名・カンパの要請
 わたしたち救援会は、ツアーにたいする今回の不当弾圧に断固抗議するととも
に、3名の即時釈放を要求します。抗議声明への賛同をお願いいたします。

----
声明に賛同します
★賛同
・個人の場合
お名前     (             )
肩書き(あれば)(             )

・団体の場合
貴団体名    (             )

★連帯・支援のメッセージ(お願いします)

声明賛同ないしメッセージはasouq(at)sanpal.co.jp に送ってください。※(at)
は@に置き換えてください

★救援会カンパ宛先
・郵便振替 00110-6-317603 口座名 フリーター全般労働組合
※通信欄に「asou」または「あそう」と大きくお書きください

・銀行振込 みずほ銀行 中野北口支店(243) 普 1025488 ヤマ
グチモトアキ

Banner_02_1 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキングへ

|

«  文化植民地日本 政治家・資本家・官僚に「愛国心」は存在しない | トップページ | 10・29日本郵便非正規ユニオン結成総会報告 死ぬな! 辞めるな! 闘おう! 通信 10月31日号  »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/42973425

この記事へのトラックバック一覧です: // でてこい3人! でてこい麻生!! //  麻生邸リアリティツアーの不当逮捕に抗議する集会:

» 08年11月1日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年11月1日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・自空トップの更迭と沖縄集団自決高裁判決{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・あやふやな数値{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・年金{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 h... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 19時18分

» 麻生首相のお宅拝見ツアーへの弾圧に抗議する! [南葛魂 郵政ユニオン向島分会(準備会)ブログ]
 10月26日、毎年恒例の団結まつりが亀戸中央公園で開催されました。郵政ユニオンは今年も出店し、あきたこまち1キロ300円、無農薬野菜各種100~200円、焼きそば100円などの低価格で販売し、好評でした。... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 23時43分

» 公妨は公暴にもなる [志村建世のブログ]
麻生さんの家を見に行こうという企画で集まった人たちが、警察に阻止されて3名が逮捕されたという事件。3名は一週間かかって、ようやく釈放されたとのことです。このときに私服の刑事が叫んだ言葉が「コーボー」だったとのこと。現場にいた人は、一瞬、何のことかわ...... [続きを読む]

受信: 2008年11月10日 (月) 00時12分

» 「ひきこもり上等!」反戦と抵抗のフェスタ デモ貫徹 [ひきこもり九条の会(-_-)]
 幸か不幸かプレ企画の「麻生首相のお宅拝見ツアー」で盛り上がってしまいましたが、「反戦と抵抗のフェスタ08」の本番が11月29〜30日に開催されました。  2日目の30日はサウンドデモが行われました。原宿から出発してプレ企画で3名の仲間が拉致された交番前と弾圧現場を通り渋谷宮下公園までのコースです。  この日も大量の警官が動員されましたが、大反撃に恐れをなしたのか何もできず、無事デモを貫徹しました。  渋谷駅前では作家の雨宮処凛さんが「フリーター上等!」「ニート上等!」「ひきこ..... [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 22時32分

«  文化植民地日本 政治家・資本家・官僚に「愛国心」は存在しない | トップページ | 10・29日本郵便非正規ユニオン結成総会報告 死ぬな! 辞めるな! 闘おう! 通信 10月31日号  »