« 壁は高い | トップページ | 限界か? »

2009年2月27日 (金)

かんぽの宿問題について触れている記事を再掲する

 2月に入ってから、鳩山総務大臣の発言によってかんぽの宿問題が吹き出してきた。気になってはいたが、新しい記事を書く余力がないので一年半ほど前の記事を再掲しておく。分量は対してないのだが、まだこの時は職場復帰して闘うつもりだった。

 以下再掲

2007年11月27日 (火)

フザケンナ!! 麻生太郎元総務大臣が郵政民営化の失敗を公言

来年も年賀状は元旦に届かない!? 問題噴出「日本郵政」
11月27日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 小泉政権がいかにフザケた政権だったかを証明する話だ。今月21日、前自民党幹事長の麻生太郎が講演でこう語ったのである。
「(郵政民営化は)5年たったらうまくいかなかったと証明できるんじゃないかと思うほど、あまりうまくいかないと元経営者としては見ている」
「郵便配達はちゃんと採算に合う商売なのか。巨大なギガバンクだけが残ったみたいになりはしないか」
 こう言う麻生は最近、郵政民営化で反対票を投じて離党している平沼赳夫元経産相らと連携を強めている。「何だコイツは!」という話だ。
 麻生は小泉内閣で2003年9月から2005年10月まで総務相を務めた。この間に郵政解散があり、民営化が決まった。麻生は民営化の責任者のひとりだったし、当時は「今までより良いサービスが提供できる仕組みは出来上がった」と大口を叩いていたのである。
 それが民営化が正式スタートした瞬間(今年10月)、この言い草。怒りがこみ上げてくるが、「現実は麻生サンの言う通り」(郵便事業関係者)というから、ますます、暗たんたる気持ちになってくる。
「今年の正月は年賀状が4700万通も遅配になった。来年の正月に向け今年の年末は1割増の40億枚の年賀状を売る。強気の営業姿勢は結構だが、足元はガタガタです。郵便局と郵便事業会社は内容証明などの認証ミスが3万5000件も判明し、総務省から是正命令を受けた。経営効率化で400以上の簡易局が一時閉鎖しているが、その対策も立っていない。ゆうちょ銀行では民営化初日からシステムトラブルで騒ぎになったし、かんぽ会社は総務省から法令順守でD評価を食らっています」(総務省関係者)
 職員のモラルダウンは目を覆うばかりだ。この調子だと、来年も年賀状の遅配が起こり、郵便事業の民営化失敗が鮮明になる可能性がある。結局、5年たったら残っているのは民業を圧迫するゆうちょ銀行だけになりかねない。
 麻生はとっとと責任を取るべきだし、小泉にもバッジを外させるべきだ。 

最終更新:11月27日10時0分

 郵政公社の監督官庁であった総務省の元大臣麻生太郎が、郵政民営化の失敗を既に公然と語っている。麻生は小泉政権時代、郵政民営化の直接の責任者の一人であった。民営化の張本人が事業としての郵政民営化が失敗であると言っているのだ。これほど郵政職場に働く労働者と国民を愚弄した発言があるだろうか。小泉は国会答弁で繰り返し繰り返し郵政民営化をすれば万事が上手く行くと述べ、サービスの低下は起こらないと言いなしてきた。だが当の元総務大臣が内情を開き直って暴露しているのだ。

 郵政の職場では郵便事業会社と郵便局会社とでは年賀状の販売を巡って過大なノルマが課されている。職場は連日超勤である。「今日は終電で帰れるかな」というのが口癖となっている職員も多い。郵便外務員は配達に追われて連日日が暮れても数時間走り回っている。ポケットリーダーと呼ばれる携帯端末機に書留の授受・代金引換や代引きの入力を強いられているがこれが使い勝手が悪いために誤作動の連続で支店に帰っても不符合のために1時間2時間が過ぎることはしょっちゅうだ。年賀状は必然時間外にサービス労働で売って歩くしかない。このノルマはお客さんと接することのない内勤職員にも同様にある。時間中に販売することなど不可能だ。郵政の現場労働者はヘトヘトになっている。こんな状態で年賀に突入してまともに仕事が出来る訳がない。今年の年賀は大破綻することが目に見えている。

 かんぽ生命の業務を巡っては郵便局での売り上げは五分の一程度に減少している。国家による保証が無くなったためである。民間生保では保険金の不払いによって各社とも業績が悪化しているが、簡易保険においてはその様なことがなかったために業績は民間に比べればまだマシであった。だが今現在は民間並みに不払いが囁かれている。事業として成り立つだけの新規契約が獲得できないのだ。日刊ゲンダイの記事では唯一安心のように言われている貯金事業でも投資信託による販売手数料稼ぎのために、やはり過酷なノルマがある。投資信託は株価の変動や投資している企業の業績など様々な要因によってリスクがある商品だ。一定の商品知識のない人にしか販売してはならないことになっている。だが現実は名義人が中学生であったり70代80代の老人にろくな説明もせずに押し売りしている。一部では「郵貯投信詐欺団」と自嘲している職員もいる。

 事業の面ではどの事業もガタガタである。尤もこんなことは05年に郵政民営化法案が参議院で否決された当時から言われていたことである。外国で郵政事業を民営化して成功した国はないのだ。そればかりか再国営化したニュージーランドなどの例もある。日本に対して年次改革要望書によって強行に郵政民営化を迫ったアメリカの郵政事業は国営のままで民営化など検討すらされていない。

 では何のために小泉政権は郵政民営化を強行したのか。一つには規制緩和による新たな利権を資本家どもにもたらすためである。これは外資に郵貯・簡保資金を流すと言うことのみに留まらない。勿論アメリカの最大の狙いはウォール街の金融資本が300兆円を好き勝手に使えるようにすることであったが、日本の資本家達にとっても非常に旨味のある利権が数多く発生しているのだ。東京中郵・大阪中郵などを思い浮かべて欲しい。都心の一等地にありながら郵政事業のみに限定した用途にしか使われていなかったために周辺の高層ビルの間では見劣りがしている。だがこの都心の郵便局は東京中郵の移転問題や大阪中郵の高層ビルへの建て替えなどでテナントビルとしての不動産利権が生まれているのだ。更に郵貯会館・かんぽの宿などが市価の数分の1で売りに出されている。国民の財産が大資本によって横領されているのだ。

 利権の問題だけではない。私たち郵政労働者にとっては所属する組合がJPU(旧全逓)であれ全郵政であれ、基本的には郵政民営化の攻撃に屈服し、日本郵政社長西川の恫喝に屈して組織統合してJP労組となった。その組合の綱領は労使協調と生産性向上運動を基軸に据え、「左右の全体主義の排除」と称して現場労働者の切実な要求を何とかして実現しようとしている左派の役員活動家を排除することを目的とした右の全体主義である。郵政労働者を塗炭の苦しみに追いやることを、会社に率先協力して行う組合を作ることが狙いであったのだ。

 郵政民営化は既に破綻している。再国営化に向けた国民運動を作り上げることが重要なのだ。現場の労働者の要求を本当に体現する役員活動家を一人でも多く育て上げ、今の指導部を打倒するための闘いに立ち上がることが必要なのだ。そして今後一層激化するであろう労働強化の前に郵政労働者の決起は必至である。労働者こそが社会を動かす原動力であることを改めて確信する時、労働者は無限の力を発揮する。資本主義の最後の段階としての帝国主義を打倒し階級のない社会を作るために澎湃と立ち上がることだろう。私は一日も早く病気を治し、職場に復帰し、その闘いの先頭に立つ決意である。

|

« 壁は高い | トップページ | 限界か? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

郵政の職場から追い出された中年フリータが、元の職場を懐かしいがんでもいいと思うぜ。
この大不景気時代に大企業の庇護に無い、本当の意味での労働者になったんだから、今こそアッテンボローさんの真価が問われている時ではないんじゃないか?
前へ進め、昔を捨てろ。できないんじゃ、ただの生きている価値の無いダメ中年だ。オルグのしようが無い。よく考えろ。

投稿: 元郵政労働者 | 2009年3月21日 (土) 01時06分

 ひとつ言っておきますが、麻生総理はあくまで民主化には最初から疑問を抱いていましたよ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6132525
この動画を見ていれば分かりますが、マスゴミによって酷い編集がされていますから、知っている人は少ないと思いますが・・・

 アッテンボローさんは麻生総理に関しては結構批判しますけど、小沢批判はしないんですか?
 年次改革要望書の原因とか、湾岸戦争への資金援助とか、赤字国債の原因とか、他の政治家と比べて圧倒的に真っ黒なんですけど・・・

投稿: ROM人 | 2009年3月17日 (火) 22時13分

 千葉428さん、色々事情有りましたので、ここでは詳しくかけません。もし宜しければメールを頂ければ情報交換出来ます。

投稿: アッテンボロー | 2009年3月 7日 (土) 22時21分

 郵政の関係になるとコメントはほとんどないですね。カンポの宿の安売りが騒がれておりますが、
 国鉄の様々な跡地。高い時には売らず、世間の目がなくなったときにこっそりマスコミに安売りされたようですが、あまり問題にはならなかったようです。
 運動を広める上でマスコミにいかに注目されるかはとても大切のようです。
 今のようにバイトで苦労しているのなら、また運動を続けるつもりがあったのなら、郵政に残っていたほうがよかったのではないでしょうか?

投稿: 千葉428 | 2009年3月 7日 (土) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/44195076

この記事へのトラックバック一覧です: かんぽの宿問題について触れている記事を再掲する:

» 竹中平蔵にとっては戦争だったんだなぁ「私はゲリラ部隊のメンバーと詳細に打ち合わせをしながら、徹底した法案作成を目指した」 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 ただし、ゲリラ戦とは言っても、本来よく使われる用例の「植民地解放のゲリラ戦」ではなくて、「日本国まるごと隷米植民地化、対日本国民経済制裁ゲリラ戦」と言うのがなんとも皮肉なのではあるが、。  以下、昨日の衆議院予算委員会の質疑は必見です。 開会日:平成21年2月26日(木)会議名:衆議院予算委員会収録時間:5時間13分 川内博史(民主党・無所属クラブ)13時01分 45分(衆議院 Internet TVです) Windows Media Playerで、 ブロードバンド(500k) ナローバンド(2... [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 23時36分

» 下地幹郎さんの米対日要望書についての質疑、2月4日付国会会議録が今だにアップされない。おい、衆院選後までサボタージュかよ。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 前のエントリー(僕の速射タイピングで入力したメモがあります)でご紹介した、 開会日:平成21年2月4日(水)会議名:衆議院予算委員会収録時間:7時間08分 Windows Media Playerで、 ブロードバンド(500k) ナローバンド(28.8k~) (↑アイコンクリックで下地幹郎さんの質疑部分に飛びます) での下地幹郎(国民新党・大地・無所属の会)さんの質疑部分を正式な国会会議録で読みたいと思っているのだが、いまだに「国会会議録検索システム」にアップされない。 (クリックすると拡大。元の... [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 23時40分

» 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年2月28日 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・ファーストドッグと年金問題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞記事より{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日のトピッ... [続きを読む]

受信: 2009年2月28日 (土) 20時18分

» 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年3月1日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・時事放談{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・決断{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・チャド{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 17時25分

» 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年3月2日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞から屋台横町・他{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・不正と不思議な発想{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・政治家の感覚{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http:... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 19時21分

» 麻生内閣の断末魔か!(笑) [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
民主・小沢代表の秘書逮捕 規正法違反の疑い 東京地検(朝日新聞) - goo ニュースについて.  あまりにもアホらしい,でっちあげ「事件」である.検察を利用して政敵を倒す方法はまるで田中角栄を首相の座から降ろした,文春や新潮のでっちあげた「ロッキード疑惑」そのものである.またこれで,食い詰めた「ライター」が立花隆のように一躍有名になるのだろう.  実は麻生の地元の福岡県の某建設会社 (しかも複数!) からも,麻生に政治資金が流れ込んでいる.しかし,麻生の秘書たちは事前にそれを個人献金として立て... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 20時43分

» ひな祭り  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年3月3日  ひな祭り  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・被害者参加制度{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・東京中央郵便局建て替え{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ニュースが分からん{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・蟻の一穴天下の破れ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 22時20分

« 壁は高い | トップページ | 限界か? »