« 簡易保険セールスマンの目から見た「かんぽの宿」問題 | トップページ | 退職させない郵便局 »

2009年5月12日 (火)

市民感覚とカクマル

 「雑談日記(徒然なるままに、。)」のSOBAさんはどうも短気でそそっかしくてイケない。忠告のつもりで書き込んだコメントに激怒して私のブログをリンクから外して断交を宣言してきた。元々「世に倦む日々」のhessalonikeさんが郵政選挙の当時に「STOP THE KOIZUMI - 改革ファシズムを止めるブロガー同盟」と言うことを言い出して、それに参加しておられたのであるが、仲違いして離脱してしまった。ついで「カナダde日本語」の美爾依(みにー)さんがトラックバックピープルで「自民党」という項目を作り、「自 END」キャンペーンを始めるとこれにも参加したのだが、自分が作成したバナーの方が良いからそれを採用しろと押しつけるから嫌われてしまい、ここでも分派を作って「自民党政治」というのをトラックバックピープルで始めた。私は、別段どちらに与する気もなかったから両方に参加している。「いわゆる「左翼」のうじゃうじゃは正直なんだかなぁです。関係もねえし興味もないって事です。」と言うが、私もブロガーの中での些細な派閥争いに興味はない。

 家庭の事情など色々あってブログの更新が停滞していた時期にもこまめにトラックバックを送ってくれていたので、徹夜のバイトの後で眠たくてしょうがない時にもご要望の通り色々なバナーなどを載せたりしたのであるが、私は簡素な方が好きなので、このブログのデザイン上どうしても浮いてしまう。私はよっぽど時間がない時を覗いてトラックバックを送る際には対象記事を読んだ上なので、SOBAさんもこのブログを読んでくれているだろうと思っていたが、どうもそうではないらしい。「中核派と言われているアッテンボローさん」と書かれてしまった。プロフィールをクリックして貰えば一目瞭然なのだが「組合活動ではそこそこ有名で『中核派の兄ちゃん』で20年ほど通っていました。尤も現在は思想的腐敗が原因で除名されたので関係していません。」と書いているし、再度革命党派に結集して闘うべきかどうか等という悩みを書いているから、読んでいる人は私がどこの党派にも所属していないことは理解出来るはずだ。

 SOBAさんの記事に「自分のことをいわゆる「左翼」などと名乗ったことは今まで一度もありません。」と有るから、左翼運動、とりわけ革命運動や学生運動、労働運動に関する知識は皆無なのだろう。「郵便局関連の労働運動」というリンクを作っているのだが、少しでも郵政の労働運動を知っている人が見れば、ここには中核派の団体が唯の一つも無い事に気づくはずだ。中核派が参加している統一戦線が一つだけ有るが、ここは基本的に何でも有りだから組合自体が旧全逓・旧全郵政・郵政ユニオンの寄り合い所帯だ。共産党系の郵産労が参加してくれたら万々歳と言える。「三里塚闘争連帯」の項目も知っている人が見れば中核派と仲が悪いブログが有る。流石に「法政大弾圧弾劾」は中核派系が殆どだが、そうではないところのも貼ってある。ご存じない方は一度でもクリックして読んで欲しい。嘘ではないことが分かるはずだ。郵便局の現場労働者が書いた書籍についてもそれは同じだ。中核派の物は一冊しか紹介していない。後は全て普通の組合活動家だ。ただし筋金入りの。

 SOBAさんとのやり取りを時系列に沿って保存しておく。

「 SOBAさん今晩は。お久しぶりです。最近どうにかこうにかブログにオリジナル記事を書く余裕が出来つつあります。まだまだコメントへの返信を書くほどの余裕は有りませんが、出来ればTrackBackは再開しようと思います。特に中曽根内閣の行革による国鉄分割民営化に始まった格差社会の20数年間で疲弊した地方の現状と、「国鉄の次は郵政だ」と言われて、やはり20数年間民営化攻撃に晒され続けた郵便局の実態を暴露して一人でも多くの人に知って欲しいからです。

 取りわけ05年の郵政選挙によって郵便局がどの様に変質してしまったかについての生き証人である訳ですから。

 処でこの記事でこの記事で「草の乱」を紹介されていますがご用心下さい。この映画のそれもこの渡河のシーンにはJR東労組が500人のエキストラを動員しています。この組合は国鉄時代は動労であり、鉄道労連を経て、現在はJR総連となっています。つまり国鉄分割民営化に始まる今日の格差社会作りに労働運動・革命運動の中から裏切り者として登場したカクマルの本隊です。

 やつらはこの映画をJR東労組・JR総連の宣伝に使い「左翼」の仮面を被って勢力を拡大しています。悲しい話ですが「週刊金曜日」などの「左翼系」文化人達の中には、JR総連に買収されて提灯記事を書くところまで落ちぶれた輩が存在します。この点に十分ご注意の上紹介下さるようお願いします。

 尚このコメントは私のブログにも転記いたします。ご了承のほどお願いします。

投稿: アッテンボロー | 2009/05/09 00:34

アッテンボローさん、時々TBでお世話になっていましたが、お久しぶりです。

>この映画のそれもこの渡河のシーンには
>JR東労組が500人のエキストラを
>動員しています。

↑そういう事情があるとは知りませんでした。

ただ、感想を言わしていただければ「この写真はなかなかいい写真だ」という小生の最初の感想は変わりません。

現在、プロフィールのところにも

日本国憲法第97条【基本的人権の本質】
 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

との関連で、この「秩父困民党荒川渡渉の図」と「大宮郷(現秩父市)突入の図」そして、ウジェーヌ・ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」をご紹介しています。

今回、アッテンボローさんのコメントで知ったことは参考としてお聞きしておきますが、この写真をご紹介することを別にやめようとは思いません。

正直に言わせていただければ、「革なんとか」とか「中なんとか」なんて小生にとってはどうでもいいことです。

※なお当初、アッテンボローさんのコメントでは、名前・メールアドレス・アドレスの書き込みがありませんでした。その後、「アッテンボローの雑記帳」の方で確認できましたので小生の方で
追加しておきました。

投稿: SOBA | 2009/05/09 06:49」

 同様のコメントが私のブログにもあるが、私は写真の紹介を止めろとも削除しろとも書いては居ない。単に事実を指摘して注意喚起をしただけだ。

 その後SOBAさんは記事に追記した。

「※追記:コメントを読んでいただくと分かるように、中核派と言われているアッテンボローさんから何やら右側のバナーでご紹介しているリンク先の(映画「草の乱」 概要より秩父困民党荒川渡渉の図。)のエキストラに革マルが混じっていたとか何とか、言ってきています。小生としては、」いわゆる「左翼」のうじゃうじゃは正直なんだかなぁです。関係もねえし興味もないって事です。あまりうるさく言ってくるようならお散歩先からアッテンボローさんのリンクを外すことも考えています。コメントでも書いたように憲法97条の関係からプロフィールでもこの「秩父困民党荒川渡渉の図」と「大宮郷(現秩父市)突入の図」、そしてウジェーヌ・ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」をご紹介しています。要するに、歴史的事実「秩父困民党」にも、この「秩父困民党荒川渡渉の図」の写真にもなんの罪もないと言うことです。

※参考:日本国憲法第97条【基本的人権の本質】
 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

※勘違いしている人がいるかも分からないので一言。小生自身は、自分のことをいわゆる「左翼」などと名乗ったことは今まで一度もありません。正直、「さよく」なんてのは何回も書いていますが馬鹿の集まりくらいに考えてます。ただし、レッテルを貼ることが好きな方がいてゲバラのバナーを表示しているから「左翼」だとレッテルを貼りたければそれは人それぞれ勝手だと思っているので好きなようにレッテルをはってください。(笑)なお、今日あらためていわゆる「左翼」がなんで衰退したか、その理由が分かったような気がしました。特にいわゆる党派には、若い人はあまり深入りしないことをお勧めします。まともな知性を持っている人間なら党派左翼なんてのはかかわらない方がいい。

 とにかく「お前ら左巻き党派はウゼーンダヨ、左巻きは消えろ!」。中核だか革マルだか知らんがアホにかかわるつもりはない。書きながらやはり決めました。今日を持ってアッテンボローの雑記帳をお散歩先リストから削除します。今まで、中核派とは言っても市民感覚のあるブログと思っていたのだが、。

再追記(3日後):最後の段落はその前と文体が変わったようでビックリされた方もいると思いますが、正直感情的になって書いてます。心底腹を立てています。アッテンボローさんのアドバイスがもし次のようなものだったら、ビックリしつつも見直したかも知れません。「この映画のそれもこの渡河のシーンには JR東労組が500人のエキストラを動員しています。でも、個人的に言えばこの写真が表現している歴史的事実(秩父困民党事件)には感銘を受けています。」ってね。でも無理でしょうね(笑)。ヘタレ党派のしがらみがそれを許さないでしょう。党派左翼というのは骨の髄まで陰々滅々の世界ですね。ヘタレ糞ったれ党派は、滅びて、なくなってしまった方が世の中のためになるのじゃないだろうか。」

 ついでにバナーについてのSOBAさんとのやり取りについても転載しておこう。

「アッテンボローさんお早うございます。雑談日記のSOBAです。

原子力空母の横須賀母港化反対の小さなバナーをはってくれませんか。クリックすると5月22日のような火災がもし起きて→冷却機能ダウン→炉心メルトダウンのような事になり原子炉が暴走した時の被害エリアを表示する地図が拡大してポップアップします。タグは

http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/09/post-4.html

で紹介しました。」(2008/10/04 8:34)

「アッテンボローさん、お早うございます。雑談日記のSOBAです。

ちょっと、びっくりしましたよ。
写真を撮るときのアッテンボローさんの非凡な感覚です。
以下の写真の構図の取り方と言うか眼差しの感性にはまいりました。

>噴水で遊ぶ子供たち。まだ暖かい日々が続いている。
>ベンチで休息するお年寄り。
>昆虫採集する親子。
>木彫りの蛙。
>アイルランドの庭園の入り口。
>紫の花。
>デイゴの花? 花びらの下が切れてしまったが綺麗なので。
>秋桜その1
>すすき。

一度、大きめの画素数で撮影して、トリミングで切り取るのを試してください。風景をどのように切り取るかアッテンボローさんの非凡な感性に注目してます。」(2008/10/19 8:15)

 この時は返事に書かなかったが、私にとって写真は趣味だからトリミングは邪道だ。スターリンが大衆の前で演説するトロツキーの姿を消してしまったり、日本軍が墜落する戦闘機のマークを日の丸から星に書き換えて戦果を水増ししたり、政治家が有名人と同席して宣伝に使ったり、カクマルがレタッチソフトで闘争参加人数を多く見せたりと政治宣伝のために悪用している例を沢山知っている。卑近な例で言えばアダルトビデオのパッケージ写真と実際のビデオの中身の違いだろう。SOBAさんにとっては写真はバナー作成などの際に使用する素材に過ぎないが、私は写真が好きだ。

「おっと、大事なことを忘れていました。
 
雑談日記が登録した、自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクも貼るようとの依頼と言うか、お願いです。
 
ご存知のように、カナダde日本語登録のTBP「自民党」は登録者の美爾依(みにー)氏の意向で雑談日記の記事を検閲しまくり何度も削除しました。そのため雑談日記からトラックバックするのはかなり前からやめています。

ですから、アッテンボローさんのところにあるライブリンクには雑談日記の記事は出てきません。
 
なお、小生が登録している自End!!TBP「自民党政治」の方では雑談日記以外に、注目記事を書く喜八ログ、神州の泉、また時事ニュースネタで注目記事連発の低気温のエクスタシーbyはなゆーさんなども常連です。また、とむ丸の夢さんや晴耕雨読さん他、実力派ブログの方もTBP「自民党」と併行してTBしてくれています。
 
※上記のような理由もあり、TBP「自民党」の方に雑談日記作成の自Endバナーをアッテンボローさんがはっているのにはいささか違和感を感じています。
 
※なお、TBP「自民党政治」とTBP「自民党」を併行してはることには別に異存はありません。憧れの風さんなどもそうしています。TBP「自民党」のライブリンクだけ表示し(しかも、雑談日記作成のバナーつきで)、自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをはっていただけないのは扱いとして不当だと思うのです。」(2008/10/19 9:00)

「 SOBAさん写真をお褒めいただいて本当に有難うございます。下手の横好きの域を脱していないので褒めてもらうと少々面はゆい気がします。それでも褒めてもらえるのは気分が良いものですね。

 「自民党政治」のライブリンクですが、以前教えてもらったことを印刷しておいたはずなのですが整理整頓が行き届いていない我が家では、発掘するのに苦労しています。お手数ですがライブリンクのはり方を改めてご教示願えませんでしょうか。いつも「自民党政治」のライブリンクは設定しようとは思っているのですが、パソコンのスキルが低すぎて中々自分では出来ないでいました。」(2008/10/19 23:53)

「今日、下記のご案内を最近のいくつかのエントリーに追加しました。

※特にココログの場合で、即行で自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒
http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

をクリック。」(2008/10/20 7:26)

「雑談日記のSOBAです。

以下のURLのところでご説明しておきました。
http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

簡単にできます。5分とかからないはずです。」(2008/10/20 19:03)

http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

このエントリーのコメントには小生とアッテンボローさんの以下のやり取りが残っています。今度も出来ないはずはないですよ。(笑)

◎↓以下、コメントのやり取り。
 
 リンクの張り方教えて頂いたとおりにしましたら上手に出来ました。JavaScriptコードを張った後で設定の変更をするのが分からず何度も失敗していました。
 バナーの張り方もこれと同じような物なのでしょうか。幾つか表示したい物がありますので試してみます。
 お手数をかけました。

投稿: アッテンボロー | 2007/09/16 19:13
 
 お手数をかけました。教えて頂いたようにしましたら上手く行きました。JavaScriptコードを張った後でテキスト表示にすると言う設定変更が分からず何度も失敗していました。
 どうも有り難うございました。

投稿: アッテンボロー | 2007/09/16 19:19
 
 よかったですね。バナーも同じことです。

 ためしに、エントリー中「2コマだけの、お勧め「自End」スタンダード版バナー」の下ににあるタグをJavaScriptコードの前にはって保存してみてください。

投稿: SOBA | 2007/09/16 20:09」(2008/10/21 14:30)

「お早うございます。下記の件どうなりましたか?

簡単にできます。5分とかからないはずですと言うことで

http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

をご案内しました。

以下、再掲します。

再掲その1
カナダde日本語登録のTBP「自民党」は登録者の美爾依(みにー)氏の意向で雑談日記の記事を検閲しまくり何度も削除しました。そのため雑談日記からトラックバックするのはかなり前からやめています。

ですから、アッテンボローさんのところにあるライブリンクには雑談日記の記事は出てきません。
 
なお、小生が登録している自End!!TBP「自民党政治」の方では雑談日記以外に、注目記事を書く喜八ログ、神州の泉、また時事ニュースネタで注目記事連発の低気温のエクスタシーbyはなゆーさんなども常連です。また、とむ丸の夢さんや晴耕雨読さん他、実力派ブログの方もTBP「自民党」と併行してTBしてくれています。
 
※上記のような理由もあり、TBP「自民党」の方に雑談日記作成の自Endバナーをアッテンボローさんがはっているのにはいささか違和感を感じています。
 
※なお、TBP「自民党政治」とTBP「自民党」を併行してはることには別に異存はありません。憧れの風さんなどもそうしています。TBP「自民党」のライブリンクだけ表示し(しかも、雑談日記作成のバナーつきで)、自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをはっていただけないのは扱いとして不当だと思うのです。

再掲その2
このエントリーのコメントには小生とアッテンボローさんの以下のやり取りが残っています。

http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

今度も出来ないはずはないですよ。(笑)

◎↓以下、コメントのやり取り。
 
 リンクの張り方教えて頂いたとおりにしましたら上手に出来ました。JavaScriptコードを張った後で設定の変更をするのが分からず何度も失敗していました。
 バナーの張り方もこれと同じような物なのでしょうか。幾つか表示したい物がありますので試してみます。
 お手数をかけました。

投稿: アッテンボロー | 2007/09/16 19:13
 
 お手数をかけました。教えて頂いたようにしましたら上手く行きました。JavaScriptコードを張った後でテキスト表示にすると言う設定変更が分からず何度も失敗していました。
 どうも有り難うございました。

投稿: アッテンボロー | 2007/09/16 19:19
 
 よかったですね。バナーも同じことです。

 ためしに、エントリー中「2コマだけの、お勧め「自End」スタンダード版バナー」の下ににあるタグをJavaScriptコードの前にはって保存してみてください。

投稿: SOBA | 2007/09/16 20:09」(2008/10/24 6:30)

「 SOBAさん、遅くなりましたがライブリンクを貼りました。」(2008/10/24 9:41)

「えっ、どれがですか。

小生には前と全然変わらない、アッテンボローの雑記帳しか見えてません。

マイリストの「自 END」のところは相変わらず同じですよね。
ジャバスクリプトコードをコピペするだけで自End!「自民党政治」も追加してはれるはずですけれど、。

何も変わってないですよね。」(2008/10/24 10:16)

「 トラックバックピープルのブログパーツを貼ったのですが。「自 END」と郵政民営化凍結の間ですよ。」(2008/10/24 10:42)

「よく見てください。

>「自 END」と郵政民営化凍結の間ですよ。

って、何もないじゃないですか?」(2008/10/24 12:18)

「あ、これですか。(汗)すぐ真下ですね。(笑)

バナーがTBPの出来合いのだったのと、
郵政民営化凍結のライブリンクが表示されていないので分かりませんでした。

雑談日記制作のトラのバナーを選んでくれると分かりやすいのですが、。

※なお、余談ですがTBPのランキングで、雑談日記がニュース部門(一般部門:1位、ニュース・一般部門:1位、政治部門:1位)になりました。
皆さんの応援のたまものと感謝してます。」(2008/10/24 12:27)

「 この記事を書くのに徹夜しまして、疲れていたものでSOBAさんに教わったとおり出来ずにトラックバックピープルにあったココログ用のライブリンクの貼り方をしたものですから。頭が働くときにおすすめの方法を実行する様にします。」(2008/10/24 12:42)

「再度アッテンボローさんにお願いです。

TBP「自民党」とTBP「自民党政治」を対比させると、その扱いがあまりにも公平でないので唖然としています。

アッテンボローの雑記帳自身の評判を落としめない為にも公平な扱いをお願いします。

以下、問題点。TBP「自民党」にあってTBP「自民党政治」にないもの。

1、投稿時間が表示される設定になっていない。

2、投稿のブログ元が表示される設定になっていない。

3、ブログピープルで選択できる雑談日記で特別に制作したオリジナルの自Endバナーが使われていない。また、雑談日記制作2コマの広報用自Endバナーを雑談日記登録のTBP「自民党政治」ではなく、関係のないTBP「自民党」の方に使っている。

以上の3点です。

改善してくれるまでは、何回でもお伺いするつもりです。

なんだか、暖簾に腕押し不誠実な空港公団や、公害企業チッソを相手にしているようで困惑しています。

今回、小生は本気です。うやむやに放置するつもりはありません。何回でも来ます。

やることは簡単。

http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

でご案内しているコードをコピペではりつければ済む話しです。
よろしくお願いします。」(2008/10/27 10:40)

「 SOBAさん、「キュンメル状態」という記事を書いた当日の朝だったと思いますが、トラックバックピープル「自民党政治」のライブリンクを表示する様にしています。こちらの事情も考慮して下さい。そもそも「自End」のバナーは元々SOBAさんが貼り付けの要請をされたから付けたものです。美爾依さんと仲違いされる前であったか後であったかは忘れましたが。」(2008/10/28 10:25)

「アッテンボローさん、サンクスです。
 
いろいろ失礼なことを申し上げたかも知れないですが、実はアッテンボローさんが雑談日記制作のバナーを美爾依(みにー)さん登録のTBP「自民党」の方にはってくれていたのには陰ながら注目し、感謝していました。
 
同じ自End仲間としてのTBP「自民党」とTBP「自民党政治」を結ぶ、いわば結節点、坂本竜馬だとアッテンボローさんのことを勝手に思っていましたよ。
 
また、普通の市民ブロガーと左派を結ぶ役割をもはたしてきたのかも知れないですね。
 
なお、
 
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/09/post-4.html#z20080929
 
に「横須賀母港化断固反対!」キャンペーンバナーのタグを書いておきました。雑談日記には珍しく超ミニバナーで、クリックした時だけドバッと「5月22日のような火災事故がきっかけ⇒炉心溶融のような暴走事故の、放射線被害シミュレーション地図バナー」が出るタイプです。大きさ、デザインから言ってもオシャレなバナーだと自分では勝手に思っています。
 
上記URLで出てきた下のところに、「このタグをアッテンボローさんがTBP「自民党政治 」のライブリンクの先頭のところにはってくれるとうれしいんだけれどなぁ、、、。」と書いてあるところのタグです。

これをやっていただければ、TBP「自民党」とTBP「自民党政治 」の扱いにおいて公平・同等と判断しようと思っています。よろしくお願いします。」(2008/10/28 13:27)

「ごめんなさい。URLを間違えました。
 
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/09/post-4.html#z20080929-2
 
です。
 
この下のところに、「このタグをアッテンボローさんがTBP「自民党政治 」のライブリンクの先頭のところにはってくれるとうれしいんだけれどなぁ、、、。」と書いてあるところのタグです。」(2008/10/28 13:35)

「 SOBAさんの記事を読みながらでも1時間以上かかってライブリンクを貼りました。パソコンのスキルが低いのでご紹介のタグを貼れるのも時間がかかりそうです。」(2008/10/28 22:07)

「ごめんなさい。URLを間違えました。
 
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/09/post-4.html#z20080929-2
 
です。
 
この下のところに、「このタグをアッテンボローさんがTBP「自民党政治 」のライブリンクの先頭のところにはってくれるとうれしいんだけれどなぁ、、、。」と書いてあるところのタグです。」 (2008/10/28 13:35)一度、大きめの画素数で撮影して、トリミングで切り取るのを試してください。風景をどのように切り取るかアッテンボローさんの非凡な感性に注目してます。」(2008/10/19 8:15)

 この時は返事に書かなかったが、私にとって写真は趣味だからトリミングは邪道だ。スターリンが大衆の前で演説するトロツキーの姿を消してしまったり、日本軍が墜落する戦闘機のマークを日の丸から星に書き換えて戦果を水増ししたり、政治家が有名人と同席して宣伝に使ったり、カクマルがレタッチソフトで闘争参加人数を多く見せたりと政治宣伝のために悪用している例を沢山知っている。卑近な例で言えばアダルトビデオのパッケージ写真と実際のビデオの中身の違いだろう。SOBAさんにとっては写真はバナー作成などの際に使用する素材に過ぎないが、私は写真が好きだ。

「おっと、大事なことを忘れていました。
 
雑談日記が登録した、自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクも貼るようとの依頼と言うか、お願いです。
 
ご存知のように、カナダde日本語登録のTBP「自民党」は登録者の美爾依(みにー)氏の意向で雑談日記の記事を検閲しまくり何度も削除しました。そのため雑談日記からトラックバックするのはかなり前からやめています。

ですから、アッテンボローさんのところにあるライブリンクには雑談日記の記事は出てきません。
 
なお、小生が登録している自End!!TBP「自民党政治」の方では雑談日記以外に、注目記事を書く喜八ログ、神州の泉、また時事ニュースネタで注目記事連発の低気温のエクスタシーbyはなゆーさんなども常連です。また、とむ丸の夢さんや晴耕雨読さん他、実力派ブログの方もTBP「自民党」と併行してTBしてくれています。
 
※上記のような理由もあり、TBP「自民党」の方に雑談日記作成の自Endバナーをアッテンボローさんがはっているのにはいささか違和感を感じています。
 
※なお、TBP「自民党政治」とTBP「自民党」を併行してはることには別に異存はありません。憧れの風さんなどもそうしています。TBP「自民党」のライブリンクだけ表示し(しかも、雑談日記作成のバナーつきで)、自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをはっていただけないのは扱いとして不当だと思うのです。」(2008/10/19 9:00)

「 SOBAさん写真をお褒めいただいて本当に有難うございます。下手の横好きの域を脱していないので褒めてもらうと少々面はゆい気がします。それでも褒めてもらえるのは気分が良いものですね。

 「自民党政治」のライブリンクですが、以前教えてもらったことを印刷しておいたはずなのですが整理整頓が行き届いていない我が家では、発掘するのに苦労しています。お手数ですがライブリンクのはり方を改めてご教示願えませんでしょうか。いつも「自民党政治」のライブリンクは設定しようとは思っているのですが、パソコンのスキルが低すぎて中々自分では出来ないでいました。」(2008/10/19 23:53)

「今日、下記のご案内を最近のいくつかのエントリーに追加しました。

※特にココログの場合で、即行で自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒
http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

をクリック。」(2008/10/20 7:26)

「雑談日記のSOBAです。

以下のURLのところでご説明しておきました。
http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

簡単にできます。5分とかからないはずです。」(2008/10/20 19:03)

http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

このエントリーのコメントには小生とアッテンボローさんの以下のやり取りが残っています。今度も出来ないはずはないですよ。(笑)

◎↓以下、コメントのやり取り。
 
 リンクの張り方教えて頂いたとおりにしましたら上手に出来ました。JavaScriptコードを張った後で設定の変更をするのが分からず何度も失敗していました。
 バナーの張り方もこれと同じような物なのでしょうか。幾つか表示したい物がありますので試してみます。
 お手数をかけました。

投稿: アッテンボロー | 2007/09/16 19:13
 
 お手数をかけました。教えて頂いたようにしましたら上手く行きました。JavaScriptコードを張った後でテキスト表示にすると言う設定変更が分からず何度も失敗していました。
 どうも有り難うございました。

投稿: アッテンボロー | 2007/09/16 19:19
 
 よかったですね。バナーも同じことです。

 ためしに、エントリー中「2コマだけの、お勧め「自End」スタンダード版バナー」の下ににあるタグをJavaScriptコードの前にはって保存してみてください。

投稿: SOBA | 2007/09/16 20:09」(2008/10/21 14:30)

「お早うございます。下記の件どうなりましたか?

簡単にできます。5分とかからないはずですと言うことで

http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

をご案内しました。

以下、再掲します。

再掲その1
カナダde日本語登録のTBP「自民党」は登録者の美爾依(みにー)氏の意向で雑談日記の記事を検閲しまくり何度も削除しました。そのため雑談日記からトラックバックするのはかなり前からやめています。

ですから、アッテンボローさんのところにあるライブリンクには雑談日記の記事は出てきません。
 
なお、小生が登録している自End!!TBP「自民党政治」の方では雑談日記以外に、注目記事を書く喜八ログ、神州の泉、また時事ニュースネタで注目記事連発の低気温のエクスタシーbyはなゆーさんなども常連です。また、とむ丸の夢さんや晴耕雨読さん他、実力派ブログの方もTBP「自民党」と併行してTBしてくれています。
 
※上記のような理由もあり、TBP「自民党」の方に雑談日記作成の自Endバナーをアッテンボローさんがはっているのにはいささか違和感を感じています。
 
※なお、TBP「自民党政治」とTBP「自民党」を併行してはることには別に異存はありません。憧れの風さんなどもそうしています。TBP「自民党」のライブリンクだけ表示し(しかも、雑談日記作成のバナーつきで)、自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをはっていただけないのは扱いとして不当だと思うのです。

再掲その2
このエントリーのコメントには小生とアッテンボローさんの以下のやり取りが残っています。

http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

今度も出来ないはずはないですよ。(笑)

◎↓以下、コメントのやり取り。
 
 リンクの張り方教えて頂いたとおりにしましたら上手に出来ました。JavaScriptコードを張った後で設定の変更をするのが分からず何度も失敗していました。
 バナーの張り方もこれと同じような物なのでしょうか。幾つか表示したい物がありますので試してみます。
 お手数をかけました。

投稿: アッテンボロー | 2007/09/16 19:13
 
 お手数をかけました。教えて頂いたようにしましたら上手く行きました。JavaScriptコードを張った後でテキスト表示にすると言う設定変更が分からず何度も失敗していました。
 どうも有り難うございました。

投稿: アッテンボロー | 2007/09/16 19:19
 
 よかったですね。バナーも同じことです。

 ためしに、エントリー中「2コマだけの、お勧め「自End」スタンダード版バナー」の下ににあるタグをJavaScriptコードの前にはって保存してみてください。

投稿: SOBA | 2007/09/16 20:09」(2008/10/24 6:30)

「 SOBAさん、遅くなりましたがライブリンクを貼りました。」(2008/10/24 9:41)

「えっ、どれがですか。

小生には前と全然変わらない、アッテンボローの雑記帳しか見えてません。

マイリストの「自 END」のところは相変わらず同じですよね。
ジャバスクリプトコードをコピペするだけで自End!「自民党政治」も追加してはれるはずですけれど、。

何も変わってないですよね。」(2008/10/24 10:16)

「 トラックバックピープルのブログパーツを貼ったのですが。「自 END」と郵政民営化凍結の間ですよ。」(2008/10/24 10:42)

「よく見てください。

>「自 END」と郵政民営化凍結の間ですよ。

って、何もないじゃないですか?」(2008/10/24 12:18)

「あ、これですか。(汗)すぐ真下ですね。(笑)

バナーがTBPの出来合いのだったのと、
郵政民営化凍結のライブリンクが表示されていないので分かりませんでした。

雑談日記制作のトラのバナーを選んでくれると分かりやすいのですが、。

※なお、余談ですがTBPのランキングで、雑談日記がニュース部門(一般部門:1位、ニュース・一般部門:1位、政治部門:1位)になりました。
皆さんの応援のたまものと感謝してます。」(2008/10/24 12:27)

「 この記事を書くのに徹夜しまして、疲れていたものでSOBAさんに教わったとおり出来ずにトラックバックピープルにあったココログ用のライブリンクの貼り方をしたものですから。頭が働くときにおすすめの方法を実行する様にします。」(2008/10/24 12:42)

「再度アッテンボローさんにお願いです。

TBP「自民党」とTBP「自民党政治」を対比させると、その扱いがあまりにも公平でないので唖然としています。

アッテンボローの雑記帳自身の評判を落としめない為にも公平な扱いをお願いします。

以下、問題点。TBP「自民党」にあってTBP「自民党政治」にないもの。

1、投稿時間が表示される設定になっていない。

2、投稿のブログ元が表示される設定になっていない。

3、ブログピープルで選択できる雑談日記で特別に制作したオリジナルの自Endバナーが使われていない。また、雑談日記制作2コマの広報用自Endバナーを雑談日記登録のTBP「自民党政治」ではなく、関係のないTBP「自民党」の方に使っている。

以上の3点です。

改善してくれるまでは、何回でもお伺いするつもりです。

なんだか、暖簾に腕押し不誠実な空港公団や、公害企業チッソを相手にしているようで困惑しています。

今回、小生は本気です。うやむやに放置するつもりはありません。何回でも来ます。

やることは簡単。

http://soba.txt-nifty.com/blog/2007/09/end_a072.html#h20070914-2

でご案内しているコードをコピペではりつければ済む話しです。
よろしくお願いします。」(2008/10/27 10:40)

「 SOBAさん、「キュンメル状態」という記事を書いた当日の朝だったと思いますが、トラックバックピープル「自民党政治」のライブリンクを表示する様にしています。こちらの事情も考慮して下さい。そもそも「自End」のバナーは元々SOBAさんが貼り付けの要請をされたから付けたものです。美爾依さんと仲違いされる前であったか後であったかは忘れましたが。」(2008/10/28 10:25)

「アッテンボローさん、サンクスです。
 
いろいろ失礼なことを申し上げたかも知れないですが、実はアッテンボローさんが雑談日記制作のバナーを美爾依(みにー)さん登録のTBP「自民党」の方にはってくれていたのには陰ながら注目し、感謝していました。
 
同じ自End仲間としてのTBP「自民党」とTBP「自民党政治」を結ぶ、いわば結節点、坂本竜馬だとアッテンボローさんのことを勝手に思っていましたよ。
 
また、普通の市民ブロガーと左派を結ぶ役割をもはたしてきたのかも知れないですね。
 
なお、
 
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/09/post-4.html#z20080929
 
に「横須賀母港化断固反対!」キャンペーンバナーのタグを書いておきました。雑談日記には珍しく超ミニバナーで、クリックした時だけドバッと「5月22日のような火災事故がきっかけ⇒炉心溶融のような暴走事故の、放射線被害シミュレーション地図バナー」が出るタイプです。大きさ、デザインから言ってもオシャレなバナーだと自分では勝手に思っています。
 
上記URLで出てきた下のところに、「このタグをアッテンボローさんがTBP「自民党政治 」のライブリンクの先頭のところにはってくれるとうれしいんだけれどなぁ、、、。」と書いてあるところのタグです。

これをやっていただければ、TBP「自民党」とTBP「自民党政治 」の扱いにおいて公平・同等と判断しようと思っています。よろしくお願いします。」(2008/10/28 13:27)

「ごめんなさい。URLを間違えました。
 
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/09/post-4.html#z20080929-2
 
です。
 
この下のところに、「このタグをアッテンボローさんがTBP「自民党政治 」のライブリンクの先頭のところにはってくれるとうれしいんだけれどなぁ、、、。」と書いてあるところのタグです。」(2008/10/28 13:35)

「 SOBAさんの記事を読みながらでも1時間以上かかってライブリンクを貼りました。パソコンのスキルが低いのでご紹介のタグを貼れるのも時間がかかりそうです。」(2008/10/28 22:07)

「ごめんなさい。URLを間違えました。
 
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/09/post-4.html#z20080929-2
 
です。
 
この下のところに、「このタグをアッテンボローさんがTBP「自民党政治 」のライブリンクの先頭のところにはってくれるとうれしいんだけれどなぁ、、、。」と書いてあるところのタグです。」 (2008/10/28 13:35)

 以下に非常に長くなるがWikipediaから引用した。カクマルにかなり好意的な内容になっている。東大全共闘が警察機動隊と全面的に衝突した安田攻防の際に、列品館の防衛を担当していながら前夜にこそこそと敵前逃亡したという、学生運動経験者であれば誰でも知っている事実が記載されていない。JR東日本とJR東労組の関係を告発した「JRの妖怪  かくて男は巨大組織に君臨した 」小林峻一 (イーストプレス)も「マングローブ テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実」西岡研介(講談社)、「『JR総連・東労組』崩壊の兆し!?  『JR東日本革マル問題』の現状」「『国鉄改革』の完成に向けて  『JR東日本革マル問題』の整理 」「異形の労働組合指導者「松崎明」の誤算と蹉跌  『JR東日本革マル問題』の真相と現状」「もう一つの「未完の『国鉄改革』 JR東日本革マル疑惑問題を検証する」「もう一つの「未完の『国鉄改革』」 続  JR東日本革マル問題を再検証する」「JR東日本労政『二十年目の検証』 未だ完結しない「国鉄改革」いずれも宗形明(高木書房)も紹介されていない。国鉄分割民営化に協力した松崎には、確か警視総監出身の自民党代議士秦野章から自民党からの国会議員立候補要請が出る話まであった。秦野と言えば部下であった佐々淳行(現在は評論家・石原慎太郎など保守反動政治家の選挙参謀)と共に70年安保沖縄闘争や全共闘運動を弾圧したコンビである。

 「JRの妖怪」は週刊文春連載当時にキオスクから撤去され、「マングローブ」は週刊現代連載当時JR東日本列車内への吊り広告掲載が拒否されるなど、JR東日本とJR東労組の癒着は酷い。

日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(革マル派 から転送)
移動: ナビゲーション, 検索
日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(にほんかくめいてききょうさんしゅぎしゃどうめいかくめいてきマルクスしゅぎは)とは、日本の新左翼(革共同系)の過激派である。通称革マル派。中核派との内ゲバ殺人や盗聴などの反社会的な非合法活動で知られており、警察は白書を始め各種文書中で「極左暴力集団」と呼称している。

目次 [非表示]
1 概要
2 歴史
2.1 結成の経緯
3 年表
4 学生組織
4.1 早稲田大学
4.2 東京大学
4.3 大阪経済大学
4.4 國學院大學
4.5 琉球大学
4.6 愛知大学
5 革マル派の活動拠点となっている大学
6 関連文献
7 関連項目
8 外部リンク

概要 [編集]
構成員:5300人
指導者:黒田寛一(死亡)、植田琢磨(現議長)、森茂、土門肇、朝倉文夫ら。なおかつての副議長であった倉川篤(=松崎明・旧国鉄動力車労働組合委員長。元JR東労組会長)については、現時点においてメンバーであるかどうか、判断しがたい。本人は一貫して組織を離脱していることを強調しているものの、偽装転向と疑う向きも多い。ただし、離脱していなくとも松崎率いるJR総連革マル派と党組織としての革マル派との間に大きな亀裂が存在していることは間違いないようである。
機関紙誌:週刊『解放』、隔月刊『新世紀』(旧『共産主義者』)
学生組織:日本マルクス主義学生同盟・革命的マルクス主義派(通称マル学同革マル派)
公然拠点:解放社
新左翼のなかで最大の5300人の構成員を有する。機関紙週刊『解放』・隔月刊『新世紀』がある。東京・早稲田にビルを構える「解放社」本社および全国6道府県に設置されている同社の支社等が表向きの活動拠点となっている(このほかに非合法な“裏の活動”を行うための非公然アジトが各地に存在する)。かつては傘下の出版社としてこぶし書房を経営していたが、近年新たにあかね図書販売を傘下の出版社として設立した。思想的にはマルクス・レーニン・トロツキーらの革命理論を基に、帝国主義の打倒と反スターリン主義を掲げ、「プロレタリア世界革命」とその一環としての日本における共産主義革命を目指しており、機関紙などでは「ブルジョア国家の転覆を目指す革命党」であると主張している。 中核派があらゆる反体制運動と連帯し、理屈を抜きに街頭で機動隊と衝突するなど、テロ・ゲリラ等の直接行動を重視するのに対し、革マル派は階級闘争至上主義であり、思想・理論の学習と組織の構築を目指し、それらの維持・拡大に向けた活動を重視している。そのため1960年代の街頭闘争や全共闘運動などからは距離を置き、成田空港建設反対闘争からも排除され、他の新左翼系過激派集団の多くと敵対関係にある。特に1970年代以降は、中核派等との内ゲバ(過激派同士で対立するグループのメンバーを襲撃して殺傷する行為)事件を繰り返し、双方に多数の死傷者を出してきた。しかし近年は、少なくとも表面上は暴力性・党派性を隠し、あくまでも組織拡大に重点を置き、基幹産業の労働組合や学生運動への浸透を図る戦術を採っている。最近は、街頭での集会・デモなどの際にも、「革マル派」というセクト名は隠して活動していることも多い。しかし、関係団体は中核派が絡んでいる団体に対してはあからさまな敵意を主張する場合が多く直ぐにばれるケースが多い。また、革マル派は、自派に対する他派からの襲撃事件や、警察庁長官狙撃事件・O-157集団食中毒事件・神戸連続児童殺傷事件・和歌山毒物カレー事件・イラク日本人外交官射殺事件・スペイン列車爆破事件・イラク日本人人質事件・ロンドン同時爆破事件などの社会的反響が大きい事件について、国家権力や米国のCIAなどによる陰謀であるとする主張を繰り広げている。また、中核派や解放派のゲリラ行為はこれらを利用した政府の自作自演であるという主張も見られる。革マル派が何を根拠にこのような陰謀論を展開しているのかは不明であるが、背景には他新左翼セクトとの激しい党派闘争の歴史があるとみられる。警察側はこれらの陰謀論について、反権力意識の高揚や組織の引き締めなどが目的であるとの見方を示し、「権力謀略論」と呼んで警戒している。なお、自派の非公然活動家が逮捕されたり、革マル派によって事実上支配されていた学生自治会が大学側によって非公認化されたりした場合なども、同じような「権力謀略論」を用いて警察・大学などを非難することが多い。ただし黒田寛一の死後、上述した荒唐無稽な謀略論の展開はあまり見られなくなった。謀略論をもっぱら先導していたのが黒田寛一であり、かつ現在の革マル派中央が一定の路線修正を行っていることが推測される。警察は現在、数名の活動家を建造物侵入・窃盗・電話盗聴などの被疑者として指名手配している。また、解放社本社付近には交番・消防署出張所が設置され、警察・消防ともに警戒にあたっている。これに対して革マル派も、解放社本社前に監視カメラを設置するなどして対抗している。

歴史 [編集]

結成の経緯 [編集]
1962年9月、革命的共産主義者同盟全国委員会が第三回革共同全国委総会(三全総)を開催した。三全総では、組織建設の方法や労働運動の戦術を巡って書記長・本多延嘉と議長・黒田寛一が対立した。本多派と黒田派の対立は組織の末端にまで及び、組織は分裂してゆく。 1962年4月、ついに黒田派が革共同全国委員会から出て行く形で分裂し、日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(以下、革マル派)を結成した。残された本多派は、のちに中核派と呼ばれるようになる。一連の分裂は「革共同第三次分裂」と呼ばれる。この分裂では、革共同本体においては、黒田派が少数派で、特に幹部クラスに至っては黒田、松崎明、森茂のみであった。しかし学生組織のマル学同や全学連では、黒田派が圧倒的に強く、本多派の方が組織から出て行く形で「マル学同中核派」を結成した。

年表 [編集]
1963年2月
革命的共産主義者同盟全国委員会から分裂(革共同第三次分裂)し結成。議長は黒田寛一、副議長は倉川篤。
1970年8月14日
中核派に変装した革マル派活動家30人が法政大学に侵入し、中核派学生十数人を襲撃する。
1972年11月8日
早稲田大学の学生だった川口大三郎を集団でリンチし、殺害。
1975年3月14日
中核派の最高幹部・本多延嘉を殺害(中核派書記長内ゲバ殺人事件)。
1977年2月11日
革命的労働者協会(革労協)の最高幹部・中原一を殺害(革労協書記長内ゲバ殺人事件)。
1985年2月5日
和光大学構内内ゲバ事件が発生。午後2時過ぎごろ、和光大学構内において、革マル派活動家が中核派活動家を襲撃。竹竿・鉄パイプ等の凶器を用いて暴行を加え、8人に傷害を負わせるなどしたため、凶器集合準備・傷害などの罪で逮捕・起訴される。
1986年1月20日
京都大学教養部構内で、中核派の全学連副委員長代行を殺害。
1988年7月1日
京都大学教養部構内内ゲバ事件が発生。6人の中核派活動家が負傷。
1995年10月~12月
JR労組幹部(鉄道友愛会議長)宅に電話盗聴。
1996年2月
JR内部で活動する革マル派の実態を告発した『JRの妖怪』の著者である小林峻一の自宅から取材メモやフロッピーディスクなどを盗み出し、その情報をもとに、取材に応じた関係者に対して脅迫や嫌がらせを行う。これに対し、警察は革マル派非公然アジト「大和アジト」を家宅捜索。
5月14日
神奈川県横浜市青葉区新石川の國學院大學たまプラーザキャンパス付近の路上で午後9時ごろ、内ゲバ事件が発生。革マル派活動家の元早稲田大学社会科学部自治会委員長が死亡。6人が負傷。
8月
国鉄労働組合(国労)本部書記長(当時の企画部長)宅に不法侵入する事件を起こす。
10月
議長・黒田が辞任し、後任議長に植田琢磨が就任。
1997年6月以降
神戸連続児童殺傷事件は冤罪だとする闘争に乗り出す(米国のCIAによる「謀略的権力犯罪」であると主張)。
8月~10月
早稲田大学法学部教授宅に電話盗聴。これに対し、警察は革マル派活動家10人を指名手配。
9月
神戸連続児童殺傷事件の被疑少年の精神鑑定を行った医師が勤務していた神戸市北区の兵庫県立光風病院に不法侵入し、警察・検事調書の写し等の事件記録のファイル9冊を盗み出す。また、盗聴器を仕掛けるため、加害少年の両親宅にも忍び込む。
1998年1月
革マル派非公然アジト「豊玉アジト」が摘発され、偽造した警察手帳や公安調査官証票などが押収される。
4月9日
革マル派非公然アジト「浦安アジト」が摘発され、警察無線解読機器などが押収される。これにより、革マル派が警察無線の傍受を行っていた事が発覚する。
11月
革マル派非公然アジト「厚木アジト」が摘発され、鉄パイプ、鉄棒入り竹刀、サバイバルナイフ、鉈、まきびし等の凶器が押収される。
1999年1月
革マル派非公然アジト「荒川アジト」が摘発され、指名手配中の1人を含む非公然活動家4人が逮捕される。また、偽造ナンバープレート、鉄パイプ、まきびし、携帯電話電波妨害用機材などが押収される。
10月23日
早稲田大学法学部教授宅盗聴事件の電気通信事業法違反容疑で、革マル派非公然アジト「札幌豊平アジト」が摘発され、携帯電話、カセットテープ、文書類などが押収される。また、アジトにいた革マル派非公然活動家の荒井政則が、免状不実記載の疑いで逮捕される。
2001年4月7日
神奈川県横浜市青葉区新石川の國學院大學たまプラーザキャンパス構内で午後0時頃、同大学の学生自治会を事実上支配している革マル派の活動家ら数人が、サークルの勧誘をしていた同大学の男子学生を取り囲んで集団で暴行を加え、約10日間の軽傷を負わせたうえ、「なぶり殺しにしてやる」「家に火をつけてやる」などと脅迫。これに対し、神奈川県警察は被疑者を指名手配して捜索を行う。
6月
革マル派非公然アジト「玉川アジト」が摘発され、非公然活動家2人が逮捕される。翌月には同アジトの名義人だった小学校教諭が、犯人蔵匿罪で逮捕される。
11月
革マル派非公然アジト「名古屋西アジト」が摘発され、活動家1人が有印私文書偽造・同行使罪等で逮捕される。
2001年12月23日~2002年3月21日
國學院大學たまプラーザキャンパス構内で発生した集団暴行事件の被疑者として、革マル派活動家の早水潤二・北條純・福本満および岡田貴行が、傷害と脅迫の疑いで相次いで神奈川県警察に逮捕される。
2002年11月1日
革マル派活動家らがJR東日本の労組組合員に対し、組合を脱退し、退職することを強要した事件で、革マル派活動家を含むJR東日本の労組組合員等7人が強要罪で逮捕される。
12月26日
警視庁と北海道警が、革マル派非公然アジトの札幌市中央区のマンションなど北海道内11カ所を捜索。神戸連続児童殺傷事件の調書窃盗の疑いで指名手配されていた、革マル派非公然活動家の塩田明男ら3人の逃亡犯が、アジトに潜伏していたところを発見され、逮捕される。また、早稲田大学法学部教授宅盗聴事件の電気通信事業法違反容疑で指名手配されていた広田雅明も逮捕され、さらに現場にいた革マル派活動家・住井秀行が犯人蔵匿の現行犯で逮捕される。
2003年1月17日
革マル派非公然アジト「貫井アジト」が摘発され、フロッピーディスクなどが押収される。
3月16日
「革マル派結成40周年・『共産党宣言』155周年記念革共同政治集会」を開催。議長・植田琢磨が「わが党組織建設の新たな段階を切りひらけ!革マル派結成40周年記念集会に際して」と題する記念講演を行う。
4月24日
革マル派非公然アジト「弥生アジト」が摘発され、パソコン、フロッピーディスク、ビデオテープなどが押収される。
6月20日
革マル派非公然アジト「福岡城南アジト」が摘発され、パソコン、フロッピーディスク、携帯電話などが押収される。
7月6日
「弥生アジト」に在室していた活動家2人のうちの1人が、詐欺罪及び有印私文書偽造・同行使罪で逮捕される。
9月~12月
早稲田大学法学部教授宅に対する電話盗聴事件などで指名手配されていた革マル派非公然活動家6人が、東京都千代田区で逮捕される。
9月12日
「福岡城南アジト」の名義人だった小学校教諭が詐欺罪で逮捕される。
10月31日
革マル派非公然アジト「沖縄アジト」が摘発され、フロッピーディスク、携帯電話などが押収される。
2004年
スペイン列車爆破事件やイラク日本人人質事件などについて、ブッシュ米大統領による陰謀であると主張。
3月25日
革マル派非公然アジト「深川アジト」が摘発され、パソコン、携帯電話などが押収される。
3月29日
指名手配中の革マル派非公然活動家4人をかくまったとして犯人蔵匿の罪に問われていた、革マル派活動家の住井秀行に対し、札幌地方裁判所が懲役1年6か月・執行猶予4年の判決を言い渡す。
2005年
この年の7月7日に発生したロンドン同時爆破事件について、「ブッシュ帝国が米CIAおよびMI6・MI5をも組織して仕組んだ謀略」であると主張。
10月26日
大阪経済大学構内で、教職員に対する暴力事件を起こす。
11月30日
神戸連続児童殺傷事件の調書窃盗の被疑者として指名手配されていた、革マル派非公然活動家幹部・竹内政行が警視庁に出頭し、窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕される。
2006年1月6日
革マル派の活動拠点となっていた大阪経済大学の自治会室や学生会室などを、大阪府警が家宅捜索。活動家8人を逮捕。
6月26日
元議長・黒田寛一が、埼玉県内の病院で死亡。
12月4日
神戸連続児童殺傷事件の調書窃盗の疑いで窃盗や建造物侵入などの罪に問われていた、革マル派非公然活動家の塩田明男ら6人の被告人に対し、東京地方裁判所が懲役5年~1年10か月の実刑判決を言い渡す。
2008年2月8日~22日
革マル派活動家の宇田耕一郎が2007年9月24日に偽名でホテルに宿泊していた疑いで、警視庁と神奈川県警は、有印私文書偽造・同行使などの容疑で、千葉県八千代市八千代台の団地の一室など、計4ヵ所の革マル派非公然アジトを家宅捜索。同派によって収集されていた警察関係者の人事異動記録や顔写真などを押収。同月18日には革マル派の拠点「解放社」の家宅捜索が行われ、22日に宇田を逮捕。
12月17日
居所と運転免許証記載の「住所」が相違する事を奇貨として、2006年10月24日に免状等不実記載で神奈川県警察公安第三課に逮捕された鎌倉市在住の活動家について、横浜地方裁判所は「情報収集を目的とした“為にする”逮捕であり違法不要であった」として国家賠償法に基づく賠償を神奈川県に命じる。

学生組織 [編集]
革マル派の学生組織としては、「日本マルクス主義学生同盟・革命的マルクス主義派(マル学同革マル派)」があり、その傘下には、同派系の全日本学生自治会総連合(全学連)が組織されている。これらの組織は、定期的に全国の学生活動家を集めて大会を開催したり、「反戦・反安保」等を掲げて集会やデモなどの活動を行っているほか、新たな活動家や活動資金の獲得などを目的に、全国各地の大学の学生自治会や学園祭を運営する組織を事実上支配するなどして、大学における自治会活動や学園祭運営に介入している。

早稲田大学 [編集]
革マル派の学生組織は、長年にわたり早稲田大学を中心的な拠点校としてきたが、大学側は同派の影響力を排除するため、1995年7月に商学部自治会の公認を取り消し、2005年3月には社会科学部自治会の公認を取り消した。また、革マル派が主導する早稲田祭実行委員会が、長年にわたって早稲田祭の収入や助成金を同派系の偽装サークルに一千万円単位で横流しするなどの行為を行っていたことから、大学側は1997年から2001年まで早稲田祭の開催を中止し、同派系の偽装サークルの公認も取り消した。これにより同派は資金源を失った。このため、革マル派が教職員の自宅を盗聴する事件を起こすなど、大学側と革マル派との対立が激しくなっている。

東京大学 [編集]
東京大学では、直接「革マル派」の名を表に出して活動することは少なく、普段は反戦サークル「すとかい」(正式名称は「Stop! イラク戦争と自衛隊派遣に反対する東大生会議」)を騙り、駒場キャンパス内外に看板を掲げ、教室内に大量にビラをまくなどして活動していることが多い。また、このほかにも、革マル派との関係が疑われているサークルが存在している。これらの偽装サークルは、日本共産党系の日本民主青年同盟が主流を占める東大学生自治会と激しく対立しており、自治会側は「革マル系の暴力殺人者集団であり、勝手に偽の全学連をでっち上げて名誉を傷つけている」と批判している。これに対し、偽装サークル側は「自治会は日本共産党の手先であり、『日米帝国主義』を止める気がない」などと反発している。自治会側は毎年、新入生歓迎期間の直前になると「革マルと原理研究会に関わってはいけません」という趣旨のビラを配り、注意を喚起している。

大阪経済大学 [編集]
大阪経済大学では、革マル派の自治会や外部から侵入した学外活動家などによって、大学側を誹謗中傷する活動がキャンパス内外で公然と行われてきた。しかし、2005年10月26日に自治会側が教職員に対して暴力事件を起こし、同年11月10日には自治会が非公認化された。これに対し、旧自治会側は同年12月12日に、一連の非公認化や暴力事件(旧自治会側は「仕組まれた逮捕劇」などと主張)をもとに理事長・学長・学生委員長(教授)らを相手取り大阪地方裁判所に提訴したが、その後、提訴は取り下げられた。2006年1月6日には、大阪府警が大学内の家宅捜索を行い、暴力事件に関与した革マル派活動家8人(このうち5人が大阪経済大学の学生)を傷害と暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。これに対し、逮捕された活動家の1人が同年1月11日に、「逮捕容疑は事実がねじ曲げられている」などとして、学生委員長を大阪地方検察庁に逆告訴した。

國學院大學 [編集]
國學院大學では、革マル派の自治会および偽装サークルによって、ビラまきや看板設置のほか、ポスターや革マル派機関紙『解放』の掲示などの活動がキャンパス内外で公然と行われている。また、2001年には自治会メンバーによる自衛官への集団リンチ事件、2001年には本学のたまプラーザキャンパスで内ゲバによる集団リンチ殺人事件が発生している。主要な文系サークルの多くが自治会シンパであり、文連(文化団体連合会、事実上自治会の傀儡組織)総会でも新年度予算の否定や新執行人事に対する批判はなきに等しい。また、学内で半ば非公認に配布されている「国学院大学新聞」(公式の新聞は大学広報課の発行する『國學院大學学報』である)も事実上、革マル派の機関紙に近い状態になっており、同派の政治的主張を発信するための宣伝媒体になっている。 このように本学が関東における革マル派の主要拠点になってしまった経緯には、古くはGHQによる保守勢力の解体と、それに伴う左翼グループの脅威拡大が影響しているといわれている。また、共産党勢力による学校(理事会)乗っ取り防止のために、必要悪として革マル派を取り入れたという経緯もある。 また、1995年から2005年に至るまで早稲田大学における革マル勢力の掃討により、居場所を亡くした活動家の多数が國學院に移ってきた。 現状としては大学側による自治会への交渉はほとんど行われておらず、(おそらく第二次大戦の傷と学内勢力の均衡を担う観点から)大学自治体はほとんど野放しになっており、(体育団体連合会を除く)自治会に所属する部会の多くは反発すらできないという状況が長年にわたって続いている。

琉球大学 [編集]
琉球大学では、基地撤退を求めるビラや「集団自決」教科書検定問題などに関する新聞のコピーを各学部の掲示板に貼るなどの行為が行われている。

愛知大学 [編集]
愛知大学豊橋校舎の学生自治会では、長年にわたり、執行部である常任委員会のポストを革マル派が排他的に独占し、学生自治会の実権を掌握している。民主青年同盟や体育会系極右と激しく対立している。また、東海地方には中核派の勢力が少ないため、内ゲバ事件などが全くと言っていいほど無い。他の敵対する極左を排除した、圧倒的なヘゲモニーを確立した環境を温床にして革マル派は思うがままに、毎年多くの新入生をオルグし「シンパ」として利用し、その中から革マル派の構成員へと獲得している。革マル派の一般学生に対する影響力は絶大である。サークル活動が特別に盛んな同大学学生は、大学当局に対して団体交渉を行う際に、革マル派の指導のもと数百人規模のデモを学内で行うことで有名。東海地方における革マル派の学生組織の最大の拠点はまさに愛知大学豊橋校舎にあると言えよう。学園周辺には複数のアジトが存在していると思われる。また革マル派の上部組織から多くのオルガナイザーが学生組織の強化と指導のために学内に入り込んでいる様子である。

革マル派の活動拠点となっている大学 [編集]
北海道大学(農学部自治会)
帯広畜産大学
北海道教育大学(旭川校)
早稲田大学
國學院大學
専修大学
津田塾大学
和光大学
愛知大学(豊橋校舎)
名古屋大学(理学部自治会)
奈良女子大学
鹿児島大学(共通教育自治会)
琉球大学
沖縄国際大学

関連文献 [編集]
野村旗守『Zの研究』月曜評論社(2003/05) ISBN 4990163702

関連項目 [編集]
解放社(公然拠点)
革命的共産主義者同盟 (日本)
革命的共産主義者同盟全国委員会
マルクス主義学生同盟
全日本学生自治会総連合
中核vs革マル

外部リンク [編集]
革共同・革マル派
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%9D%A9%E5%91%BD%E7%9A%84%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E8%80%85%E5%90%8C%E7%9B%9F%E9%9D%A9%E5%91%BD%E7%9A%84%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E6%B4%BE" より作成
カテゴリ: 日本の新左翼 | 革マル派 | 陰謀論

国鉄動力車労働組合
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
国鉄動力車労働組合(こくてつどうりょくしゃろうどうくみあい)は、旧国鉄の機関士を中心とした労働組合の連合体。略称は動労(どうろう)。

目次 [非表示]
1 歴史
1.1 結成から「鬼の動労」へ
1.2 分裂した新労組
1.3 国鉄分割民営化
2 関連項目
3 組織内議員
4 参考文献

歴史 [編集]

結成から「鬼の動労」へ [編集]
1950年に国鉄労働組合(国労)の機関士待遇をめぐる運動方針から国鉄機関車労働組合(機労)を結成、1957年に国鉄動力車労働組合と改称した。この背景には、蒸気機関車の運転には、熟練された技術や釜炊きと呼ばれる機関車を操作できる状態にしておくまでの準備に手間がかかることから、「一般の駅員より機関士や運転士の方が格上」という現場での運転士達の自負心・エリート意識があったとされる。

結成当初は非政治的で穏健な職能組合だったが、養成に数年かかる機関士、運転士で構成される組織構成上、勢力拡大に制約が伴うことから、やがて組織維持・拡大のため内部規律、団結を強め、活動も先鋭化した。1960年代~1970年代には、国労以上に先鋭的な労働運動を展開、「鬼の動労」と呼ばれる存在となった。その後もマル生運動反対闘争・スト権ストなどを国労と共に主導した。

分裂した新労組 [編集]
一方、動労は革マル派の色合いが濃かったため、政治セクト・政党支持をめぐって内部対立が起こり、1974年には日本共産党系の全国鉄動力車労働組合(全動労)が、1979年には成田闘争をめぐる対立から中核派系の国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)が、1984年に国鉄分割民営化を巡って、全東北鉄道産業労働組合(現在の鉄道産業労働組合[鉄産労])がそれぞれ分裂している。

国鉄分割民営化 [編集]
鬼の動労と呼ばれた動労も、1975年のスト権ストの敗北によってストライキ戦術がもはや効果的でないと判断、国労と内々に協議しストライキ戦術の放棄を決める。「まず動労が決めないと国労は意見がまとまらない」との国労側の声で先にストライキ放棄を宣言したが、国労側は意見が分裂しストライキ放棄を決めることができなかった。国労に梯子を外された格好の動労は激怒し、両者の路線対立は決定的になる。

貨物列車の衰退がトラックへの移行で著しくなる中、職場を守るため1978年には貨物列車に関するストを行わない旨を決定する(ゴーサントオ改正にあわせたもので、「貨物安定宣言」としてその旨を宣言した。また、ストライキによって貨物輸送が減ったという批判に対し、反論するためという理由もあった)。1982年から1984年頃には、外部からの批判によって国鉄の職場荒廃(カラ出張、ヤミ休暇など)への改善運動が実施されたが、動労はこれにも国労と比較すれば協力する姿勢をとっている。

国鉄分割民営化にあたっては国労が徹底抗戦の構えを見せる一方、動労は松崎明委員長の下、組合員の雇用を絶対に守るという建前で組織防衛を図る方針から労使協調路線に転換し、1986年1月、鉄労、全施労とともに国鉄当局と「労使共同宣言」を締結、国労と共に分割民営化反対を唱えていた総評を脱退している。

その結果、ほとんど不採用者・脱落者を出すことなく新会社に採用されたが、組合員個人の意思に反した広域配転(北海道・九州→首都圏へ)や50歳以上の組合員に対しては採用が控えられ、一律に勧奨退職の対象となるなど、結果的に国鉄を追われた形で辞めた組合員は多い。また一部に不採用となった動労役員がいたが、民営化後に子会社役員に招聘されるなど、見せかけだけの「不採用」は、予定調和だったとされている。

その後鉄労などと国鉄改革労組協議会を組織し、それを母体に民営化後のJRでは統合して全日本鉄道労働組合総連合会(鉄道労連、のちJR総連)を結成、民営化された新会社における労働運動で主導権を握った。

関連項目 [編集]
松崎明
遵法闘争
アジ電車
国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)
「雪と闘う機関車」・・・機労旭川地本教宣部製作の映画、DVD「鉄道映画名作集シリーズ1」に収録[1]。

組織内議員 [編集]
目黒今朝次郎(元参議院、現・社会民主党顧問)

参考文献 [編集]
動労30年史編纂委員会編『動労三十年史』1-3(国鉄動力車労働組合、1982-83)
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84%E5%8B%95%E5%8A%9B%E8%BB%8A%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%B5%84%E5%90%88" より作成
カテゴリ: 鉄道 | 日本国有鉄道 | かつて存在した日本の労働組合

全日本鉄道労働組合総連合会
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
全日本鉄道労働組合総連合会(ぜんにほんてつどうろうどうくみあいそうれんごうかい、英: Japan Confederation of Railway Workers Uion、JRU)は、JR各社の労働組合の連合組織。略称JR総連(-そうれん)。日本労働組合総連合会に加盟。

目次 [非表示]
1 概要
2 歴史
3 傘下労働組合・組織
4 関連項目
5 外部リンク

概要 [編集]
現在、JR総連はJR東日本・JR北海道・JR貨物で多数派労働組合を形成。その他、日本テレコム・鉄道総研そして、鉄道関連(車内販売、古くは列車食堂やビュッフェ営業)としてホテル聚楽の労働組合、聚楽労組が加盟している。2005年7月1日現在、組合員数は6万1000人。

本部:東京都品川区西五反田3丁目2-13 目黒さつき会館
委員長:武井政治 書記長:鎌田寛司

歴史 [編集]
1987年の国鉄分割民営化にあたって、国鉄分割民営化に協力し、鉄道産業の再生と組合員の雇用を守るため、国鉄時代の国鉄動力車労働組合(動労)・鉄道労働組合(鉄労)・全国鉄道施設労働組合(全施労)・車輌労働組合(車労)・鉄輪会・社員労働組合・更に分割民営化に反対だった国鉄労働組合(国労)から分裂した真国鉄労働組合(真国労)などが、国鉄改革労働組合協議会を2月2日に結成。初代会長は鉄労出身の志摩好達。分割民営化後は各企業ごとの労働組合の連合体として全日本鉄道労働組合総連合会(鉄道労連)を発足させ、4月1日付けで全民労協に加盟した。略称は後にJR総連としている。

本州では予想以上の退職者が出て定員割れになりそうな状況であった。2月2日の結成大会では「国鉄改革に反対する不良職員が採用されかねない。しかし、このようなことは許されるものではないし、われわれは断じて許さない。」とする内容の「「新会社の採用・配属に関する特別決議」を採択し、たとえ定員割れになっても、国労など、分割民営化に反対する「不良」職員を排除するよう公然と要求した(詳細は国鉄労働組合#JR以降と政府・経営側の評価を参照)。

JRには、本州では国労・全動労など鉄道労連側が「不良」と非難した組合員も採用されたが、北海道・九州では両者ははっきり差別された。鉄道労連の不採用者は全国で29名(北海道22、東日本1、西日本2、九州4。東海、四国は全員採用)、採用率は99%を超えた。一方、国労の不採用者は全国で5049名(北海道3400、本州3社57、四国2、九州1550)であり、北海道と九州での採用率はそれぞれ48%、43.1%だった。全動労も、北海道と九州の採用率はそれぞれ28.1%、32%だった。また、志摩会長は「本来採用すべきでない人たちを採用したのだから、この人たちを絶対に本務(本来の鉄道の仕事)につけないこと。もし本務についてドライバー(運転士)や車掌をやるといつストライキをやるか分からない」と国労・全動労などでJRに残った者の左遷を要求。JR東日本では、鉄道の本務勤務は鉄道労連が独占した。

しかし、動労と鉄労の2大労働組合系組員によって主導権争いが起こり、結局鉄労色の強いJR東海労組・JR西労組・JR四国労組・JR九州労組の4組合が総連を離脱した。これらの会社のJR総連支持派組合員はこれに反撥し、新組合JR東海労、JR西労、JR九州労(後に解散。JR九州ユニオンに合流)を結成して総連に加盟し分裂。これらの会社では総連系の組合は少数派に転落した。その後1992年5月18日に、1987年2月28日に国労から分離発足した旧日本鉄道産業労働組合総連合(旧鉄産総連)労働組合が総連を離脱した4組合に合流し、日本鉄道労働組合連合会(JR連合)を発足させている。なお、2006年7月に組織問題からJR九州ユニオンがJR総連からの脱退を表明(後に除名)。JR四国・JR九州には現在、JR総連加盟組合は存在していない。

かつてJR総連を指導していた松崎明が新左翼党派である革マル派結成時の副議長であったことから、現在でも革マル派との関係を疑う向きも多い(公安関係など)が実際の関係については定かではない。

傘下労働組合・組織 [編集]
北海道旅客鉄道労働組合(JR北鉄労)
東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組)
JR東海労働組合(JR東海労)
JR西日本労働組合(JR西労)
日本貨物鉄道労働組合(JR貨物労組)

関連項目 [編集]
労働組合 - 日本労働組合総連合会

外部リンク [編集]
JR総連
JR東労組
JR東海労
JR西労
JR貨物労組
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%89%84%E9%81%93%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%B5%84%E5%90%88%E7%B7%8F%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A" より作成
カテゴリ: 鉄道 | 日本の労働組合 | 日本労働組合総連合会

松崎明
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
松崎 明(まつざき あきら、1936年 - )は国鉄動力車労働組合元委員長、JR総連・JR東労組顧問。革マル派幹部とされている(組織名:倉川篤)。埼玉県出身、埼玉県立川越工業高等学校卒。愛称は松っつあん。

目次 [非表示]
1 その思想と行動
2 主な経歴
3 著作本
4 関連項目

その思想と行動 [編集]
黒田寛一から厚い信頼を受けており、革マル派の副議長(組織名:倉川篤 愛称:クラさん)と言われる。現在、関係は切れていると松崎は言うが、その思想と行動こそ革マル派の手法とされている。動労ではカリスマ的な指導力で、闘争を高揚させて国鉄労働運動、ひいては総評労働運動をリードしてきた。その頂点が1972年のマル生反対闘争であり、国鉄総裁が国会で陳謝して勝利解決した。その闘いから「鬼の動労」と呼ばれるようになる。

しかし、共産党系活動家排除を目的として1974年に全動労が分裂し、中核派活動家排除を目的に1979年には動労千葉が分裂しており、とくに動労千葉の分裂に際しては激しい暴力を伴う内部抗争があり、ここにも革マル派のセクト主義、内ゲバ志向、暴力的手法が散見されている。そして、このことが折りからの中核派との抗争を激しくし、松崎個人に対して宣戦布告とも言える「カクマル松崎せん滅」のスローガンを突きつけられることになる。松崎本人は襲撃を受けたことはない(未遂はある)が、旧動労の幹部や国労から脱退して新労組(いずれも現在はJR総連)を結成した幹部が中核派から襲撃を受けて多数の死者を出している。また、右翼団体からも言動・思想で対立軸になっている為批判をされているが、一水会の鈴木邦男とは反権力・反公安で親交がある。

1975年のスト権ストの敗北以降、春闘でのストライキはあったものの、国鉄分割民営化においては激しく闘うことはなく、早々に民営化に協力している。その際、過去の闘争を否定し、国鉄幹部や自民党議員との会談において「私は犯罪者でした」と語るなど「転向」したかにように見られた。しかし、これは思想転向したのではなく、一時後退しても組織防衛を図る戦術であった。JR以降の思想と行動は東日本会社との蜜月関係である「労使協調」を除けば、反戦運動を闘争方針に掲げたり、月刊誌「自然と人間」では過去の動労の闘争を再評価するなど、「動労に先祖返りした」と言われる所以である。

JR総連から融資を受けて別荘を建てたが、これが融資ではなく、組合予算を流用したのではないかという疑惑から、2007年2月に業務上横領容疑で家宅捜索を受ける。この件を追及している週刊現代は特集記事をそのつど掲載しているが、これに対して松崎は名誉毀損で告訴している。

2007年11月30日、警視庁公安部は、松崎をJR総連の内部組織「国際交流推進委員会」の基金口座から3000万円を引き出し横領した業務上横領容疑で書類送検した。直後に松崎はハワイの高級住宅地にある別荘を3千数百万円で購入。この購入資金は同協会職員の個人口座を通じてハワイの不動産会社に送金されており、公安部は横領した金が充てられた疑いがあるとみた。松崎は「妻名義の土地を売却して得た資金なども口座に入っており、私的流用はしていない」と容疑を否定。JR総連も「横領された事実はない」とした。2007年12月28日、東京地検は嫌疑不十分で不起訴処分とした。

主な経歴 [編集]
1955年、国鉄入社。日本共産党に入党。
1957年、田端機関区に配属、機関助士となる。動労加入。
1958年、黒田寛一と出会う(革命的共産主義者同盟に加入)。
1959年、共産党を離党。
1961年、動労青年部を結成、初代青年部長に就任。
1963年、動労田端支部長に就任。革命的共産主義者同盟が分裂し、黒田寛一率いる革マル派につき副議長になったと言われる。
1970年頃、処分により国鉄解雇、東京地方本部委員長に就任。
1985年、動労中央本部委員長に就任。
1987年、JR東労組会長に就任。
2001年、JR東労組会長を退任、顧問となる。
2007年、業務上横領容疑で家宅捜索を受ける。
2007年11月30日 業務上横領容疑で警視庁が書類送検 ※一部のマスコミはJR東日本労組元会長などの匿名表記で報道した
2007年12月28日 不起訴処分となる
2008年1月29日 不当捜査による精神的苦痛・社会的信用失墜を理由に、東京都や国に損害賠償を求める訴えを起こす

著作本 [編集]
国鉄動力車~順法闘争と労働運動~(谷恭介と共著)1972年、三一書房
鬼が撃つ―もう一人のJR牽引者として 1992年、TBSブリタニカ
国鉄改革―正々堂々と我が道を行く(上巻・下巻)1998年、ぴいぷる社
職場からの挑戦―時代を創る 2000年、東日本路客鉄道労働組合
鬼の咆哮 暴走ニッポン! 2001年、毎日新聞社
鬼が嗤う―ひとよ人たれひとは民たれ 2002年、西田書店
鬼の闘論―いでよ変革者!(鈴木邦男と共著)2006年、創出版
松崎明秘録(聞き手宮崎学)2008年、同時代社

関連項目 [編集]
国鉄動力車労働組合
全日本鉄道労働組合総連合会
日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B4%8E%E6%98%8E" より作成
カテゴリ: 新左翼活動家 | 共産主義者 | 革マル派 | 日本の労働運動家 | 日本共産党の人物 | 1936年生 | 埼玉県出身の人物

|

« 簡易保険セールスマンの目から見た「かんぽの宿」問題 | トップページ | 退職させない郵便局 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そう言えば、分裂前の話ですが、職務中に携帯メールのやり取りをしてJR東資本から処分されたJR東労組組合員を、中央派になった人達が、擁護するビラを撒きましたね!今思うと‥…

投稿: α | 2009年5月15日 (金) 17時04分

 最近は「カクマル殲滅」を言わなくなりましたね。でも3月の三里塚現地ではちゃんとヘルメットにありましたよ。

投稿: アッテンボロー | 2009年5月14日 (木) 21時52分

中央派は本多さんの無念を忘れたのか!?

投稿: 革共同反中央派 | 2009年5月13日 (水) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/44985332

この記事へのトラックバック一覧です: 市民感覚とカクマル:

» 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年5月12日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・小沢物語・各社社説{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・映像小沢物語・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・映像小沢物語・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 16時19分

« 簡易保険セールスマンの目から見た「かんぽの宿」問題 | トップページ | 退職させない郵便局 »