« 市民感覚とカクマル | トップページ | 阪神淡路大震災と郵便局 »

2009年5月13日 (水)

退職させない郵便局

 郵政民営化の現場実態を暴露するという目的から逸れて、昨日は余計な記事を書いた。小泉・竹中の「改革」路線が一体何をしたのかを広く知って貰うことこそ自公連立政権打倒の早道だし、革命的左翼の陣営が体勢を立て直すまでの時間稼ぎに貢献出来ると思っているから昨日の記事は遠回りをしたことになる。実際には、国鉄分割民営化に協力して今日の格差社会作りに多大な貢献をしたファシスト反革命カクマルの本性を知って貰うのも間違いではないが、今はまだ郵政民営化の実情の方が先だろう。

 去年の1月末に私が退職した際には、14日頃に退職したいとの以降を局長に伝えた当日か翌日には、課長代理が机の中の物品を整理してしまい、二日後に局を訪れた時には空っぽであった。慰留もなく、3月末の勧奨退職を待てとの話も出なかった。分会長が出すなと命令し、同調する輩が居たために郵便局会社の誰一人として餞別すらなかった。郵便事業会社の場合会社が別になってしまったために私の退職を知らなかった人もいたから仕方ない。01年以来約7年、長期の病気休暇・休職と出勤とを繰り返していたから、やっかい払い出来て清々したというのが本音だろう。組合的に見ても本部の腐敗を暴いて弾劾するのだから困った存在であった。

 処が去年の秋か暮れあたりから風向きが変わり始めた。病気休暇・休職者の辞表を受け取らなくなってきたのだ。これは病気の人間に限らない。各地の郵便局で退職を認めないという動きが始まった。最初に知ったのは関東某県の無集配特定局の知り合いからで、職場で局長のパワーハラスメントにあって精神疾患となり、長期の病気休暇から休職となり、退職を考えた人とのやり取りの中だった。どうやら各地でこの様な動きがあるらしい。その人に聞いた話では関東某県だけで数人が辞めることが出来ずに苦しんでいるという。連休前には近畿の特定郵便局に勤める知り合いから同様の話を聞いた。詳しく聞いてみると局長課長は、退職者が出た場合人事考課が低い評価を受けるために辞めさせないのだという。病気退職の場合、親、若しくは主治医との面談がないと、退職は不可能との会社規定が出来たという。今現在、情報を収集している中ではこの規定は郵便局会社のみであるようで、郵便事業会社ではそのような事例はないらしい。病気に限らず民営化に向かう十数年の過程で、郵便局に嫌気をさして続々と退職者が出たのであるが、こういった中で病人ではない者についても退職させない事例を聞いた。

 先ず第一に、どの局でも人員削減によってベテランが居なくなり、業務が回らない。退職の後補充は非正規社員であることが殆どで、バイトもパートも安い時給なので直ぐに転職してしまう。契約社員もノルマがキツいために長続きしない。どちらも仕事を覚えてようやく戦力になった頃には居なくなる。当たり前の話だが不安定雇用の人間は少しでも条件が良ければそちらに行く。今では退職=欠員だ。何ヶ月も要員不足の職場が沢山ある。

 第二に顧客情報の流出を恐れているためだ。郵便局員は質量共に他の金融機関の数倍から十数倍の顧客データを保っている。卑近な例として私の場合で簡易保険の契約件数は月平均20件だった。年間200以上。99年の総合担務導入によって貯金外務も兼坦となったために、それ以降は貯金業務に時間を膨大に取られて激減した。それでも22年間の累計は3千数百件有る。漢字生保のセールスレディーが月3件のノルマをこなせずに続々退職するのとは訳が違う。しかもプロフィールに書いているように私の成績は近畿管内の保険外務員4600人中2000番程度だ。簡保のトップクラスがどれだけの顧客情報を持っているかは想像に難くない。郵貯についても同様だ。

 これが続々と民間金融機関に流出している。郵貯・簡保の衰退は著しい。昔90年代にアリコが日本で本格的に営業を開始した時にしたのが簡保のトップクラスを引き抜くことだった。短期間で強固な営業網を築くことが出来た。当時は個々の外務員が自分の過去の契約について自前で管理していたから、ノートやパソコンを持ち出してそのまま使えた。後に公務員の守秘義務違反と言うことで刑事罰を問われるようになり、それは無くなったが、個人情報保護法などが出来たところで頭の中のデータはそのままだ。良心的な簡保セールスマンは漢字生保のあくどい手口を知っているから基本的に途中採用をしている外資系に行く。ひらがな生保は叩き上げの損保セールスマンが中心だからあまり行かないようだ。アリコ・アフラックなどのトップクラスには簡保出身者が非常に多い。マニュライフ生命の場合全国ベストテンの半分が元局員で、郵便局時代より暮らしが楽になったと言っているらしい。

 郵便局に見切りを付けた人間が出て行くのは当たり前だ。私の場合局を辞めて健康を回復出来たし、局員時代以上に稼げそうな仕事を見つけた。勿論、個人事業主だから支援程度に拘わるにしても労働運動は出来ない。郵政民営化に向かう過程で大量の局員を病人にしておいて、健康回復の機会すら与えないために飼い殺しにするのが今の郵便局会社だ。辞める自由を返せ!! 健康を返せ!!

|

« 市民感覚とカクマル | トップページ | 阪神淡路大震災と郵便局 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 あろえさんようこそ。最近仕事が忙しく放置気味ですが、書き込みしていただくと時間を作って更新したくなりますね。

投稿: アッテンボロー | 2011年1月 8日 (土) 00時06分

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: あろえ | 2011年1月 7日 (金) 17時39分

共産主義者を名乗る人間が、餞別を貰えなかったとは、これまたセコい。
貰えなかった自分の、人間としての信用の無さをを反省すべきでは?

投稿: 紀州 | 2009年5月20日 (水) 06時15分

討論した上でアク禁?よう言うで、ホンマ。嘘をつくなよ、アッテンボローよ!

投稿: 紀州 | 2009年5月15日 (金) 10時22分

残念ながら、利権はともかくひどくなった後の労働条件も普通のサラリーマンから見たら、厚待遇なんだよね。

こういう記事は暴露より敵を増やしているな。

投稿: 防長っ子 | 2009年5月14日 (木) 23時29分

 革共同反中央派さん、JP労組に踏みとどまって職場の労働条件改善のために奮闘している仲間も沢山いますので安易に脱退を勧める訳にはいきません。「反対する会」ホームページや掲示板も御覧下さい。

 畿内さんとやら、私のことをロクに知りもせずに好き勝手書いてくれていますね。過去の記事を良く読んでご覧なさい。
 何人かアクセス禁止にした人間もいるが、殆どは徹底的に討論してからのことだ。これも過去の記事に漬いた書き込みを読むと良い。

投稿: アッテンボロー | 2009年5月14日 (木) 21時49分

2000位で自慢?
労働協約、職場労働条件を潰してきた夜間営業のエースが何を書くやら。
都合悪い書き込みは消してアクセス禁止かい。

投稿: 畿内 | 2009年5月14日 (木) 17時50分

JP労組を脱退して郵政ユニオンへ!

投稿: 革共同反中央派 | 2009年5月13日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/44995730

この記事へのトラックバック一覧です: 退職させない郵便局:

» 「小沢一郎辞任」…政権交代と改憲とタメイキと… [dr.stoneflyの戯れ言]
 小沢一郎が民主党代表を辞任した。なんて、たまには政治的な内容をば、、、。  心臓に毛の生えたオッさんは、♪マスコミに負けた~、いえ世間に負けた~♪なんて思ってないだろうけど、結果として地検のクソガキと糸引くコワッパ議員(内閣?)の思惑通りになってしまったということで、面白くないだろうな、とは思う。あとマスコミに乗せられる世間に負けた~、ってのは、言っては反感を買うだけだから言わないだろうけど、マスコミに乗せられる身内に負けた~、ってのは言いたいかもしれない。政治家にとってマスコミに仕向...... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 08時42分

» 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年5月13日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・民主党{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・自民党{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・嫌な記事二つ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・日本とロシア{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 19時13分

» 転職相談 [転職相談]
転職相談をする場合いろいろな方法があります。転職相談を転職エージェントにする場合、転職相談をネットを利用する場合、転職相談を親族にする場合、転職相談をハローワークにする場合などです。昨今の経済情勢により転職相談の需要が増えています。 [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 20時58分

» 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年5月14日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・民主党{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞の社会面{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・政治・週刊現代・映像物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・二つの海外の記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 20時22分

» 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年5月15日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・今日も民主党{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・民主党代表選物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・不正とえん罪と{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・政府スパコン開発中断{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 19時24分

» 転職理由 [転職理由]
転職理由は、面接にあたって、たいてい聞かれます。転職理由をプラス方向に考えていくことは、転職の際に有利になってくるだけではなく、将来においても有益なものになっていきます。転職理由が自分にとってプラスになったという思いがあれば、その後の人生での支えが生まれます。転職理由がマイナスの理由だったからにせよ、転職理由をプラスの動機に発展させ切り替えていくことができれば、今後の支えになるの... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 23時28分

« 市民感覚とカクマル | トップページ | 阪神淡路大震災と郵便局 »