« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月27日 (土)

縁故募集なんか大キライだ!!

 四月から独立開業を目指して走り回った。主に郵便局時代のお得意先と先輩方だ。何かと義理の有る人々に協力を頼んだ。


 中には僕が開業するならとお客さんを紹介して下さる方、事情を聞いて即決で契約してくれた方、必要は無いが損を承知で判子を付いてくれた方がいる。

 反面、今までノルマに苦しんでいたから何かと助けて来た筈の人間が口を濁して協力を拒む。自分の人間関係がどんな物で有ったかが如実に分かる。こちらが順調な時には擦り寄って来ながら、逆境になって助力を求めると手のひらを返す。

 父親の会社が傾いた時も同じだった。住宅購入資金の大部分を援助した叔母夫婦は連帯保証人として債務請求をされた事だけを口にする。父方の親族の殆どとは絶縁状態だ。母方は何かと援助してくれた。

 縁故募集は簡単に契約が出来るが、内容説明が疎かになりやすく後々トラブルに繋る。親戚付き合い、友人関係、近所付合いに悪影響をもたらす事が多々有る。

 「身内は後回し」が昔の簡易保険の方針だったから、最近の郵便局と違い気楽に仕事が出来た。今の会社も今年から同様の方針に転換したらしいが、現時点では新規代理店にそれを実践する時間的余裕が与えられていない。いきおい縁故に頼るしかない。

 漢字生保の様に身内を食い物にする悪徳セールスはしたくないから、出来る限りの商品説明をしているが、それでも近所付合いにヒビが入る。

 一日も早く一般のお客さん相手の真っ当な営業がしたい。

(6月22日付mixiの日記より転載)

| | コメント (8) | トラックバック (10)

2009年6月22日 (月)

「あの馬鹿を村一番と江戸で言い」(江戸時代の川柳より)

 郵便局時代に伺っていたお客さんの中にはお寺も沢山あったのだが、50才くらいまでの住職さん・庵主さんが時々愚痴っていたことに年配の檀家の相手が大変だと言うことがある。或程度の年齢になって他所からやって来て住職・庵主になった場合はまだ良いのだが、生まれ育った村の自分の家を継いだ時には幼少時代の悪さなどを覚えられているので時々からかわれるという。過去の失敗や過ち、未熟だった時代などを知られているというのは非常にやりづらいと言うことだ。

 私の場合もコメント欄に色々と書かれているのであるが、本人が記憶すらしていないような出来事や、敵対関係にある人間による事実の歪曲まで、色々と過去の出来事が暴露されている。本当であれば既に「不惑」を通り過ぎているので、「あの頃は若かったなあ」の一言で済ませられれば良いのであるがそうも行かない。人間は間違いをする物であるし、まして聖人君子ではない私は多くの過ちを今現在も繰り返している。問題なのはそれらを教訓化して同じ間違いを繰り返さない、出来る限り減らして行くと言うことだろう。これまたどの本で読んだのか忘れたために正確ではないが、マルクスは「必ず問題を解決しようという意志があるのなら、問題が明らかになったと言うこと半ば以上解決したに等しい」という趣旨の言葉を残している。私は今現在45才であるので、平均余命からすると後30年ほどの人生が残っている。その間に今までの過ちを克服することが出来るかどうか、永眠する際に人生の中で最高の完成度を得ることが出来るかどうか。それこそが問題である。

 マルクスはまた、「革命は密集せる反動を作り出し、これを打ち破って前進する」とも言い残している。私は毛沢東のようなスターリン主義者でないが、彼の「われわれにとって、ある人、ある党、ある軍隊、ある学校が、もしも敵に反対されないなら、それはよいことではなく、きっと敵と野合しているのである、とわたしは考える。もしも敵に反対されるなら、それはよいことであり、われわれが敵とはっきりと一線を画していることを証明している。もしも敵がやっきになってわれわれに反対し、われわれのことをまったくでたらめであるとか、なにもかもまちがっているというなら、それはいっそうよいことであり、われわれが敵とはっきりと一線を画していることを証明しているばかりでなく、われわれの仕事がひじょうに成績をあげていることを証明している。」「敵に反対されるのは悪いことではなく、よいことである」(1939年5月26日)と言う一文は傾聴に値する。コメント欄における私への誹謗中傷を含む書き込みは、少なくともブルジョア階級・資本家階級に与する人々が無視出来ない影響力を持ちつつあると言うことの反証である。

 補足として再度書いておくが、私の思考方法の元になっているのは共産主義思想である。「旧約聖書」を読まないユダヤ教徒がいないように、新旧の「聖書」を読まない自称クリスチャンが統一協会やモルモン教に限定されるように、四書五経に学ばない儒教信者が存在しないように、「コーラン」を拠り所にしないイスラム教徒を見かけないように、「共産党宣言」を読まないで共産主義を語るのは日本共産党・ソ連共産党・中国共産党・朝鮮労働党の様なスターリン主義の偽共産主義者である。最低限「共産党宣言」「賃労働と資本」「賃金・価格・利潤」「帝国主義論」「国家と革命」「なにをなすべきか」は必読であろう。私の場合には革命的共産主義運動に関わってきたので、本多延嘉著作選・「革共同の内戦論」「現代革命と内戦」(いずれも野島三郎著・前進社刊)あたりは基本中の基本である。この他に「現代帝国主義論」「現代帝国主義論Ⅱ」(ともに島崎光晴著・前進社刊)「日本共産党の総破産」(高田隆志著・前進社刊)に学んでいる。文献を購入して読むのが大変であれば革共同全国委の「前進」サイトで検索すれば私の力量を超えた部分についても詳細に語られている。この点で言えば革共同再建協議会のサイトには今後内容を充実させることを期待したい。ファシストカクマルのサイトは、基本的に反革命通信「解放」などを購入させることを目的とする極めて営利主義的・資本主義に毒されたサイトであるので見出しと極々一部の記事の抜粋しか掲載されていない。その分銭儲けが上手いから資金だけは潤沢であるが。

 更に言えば私の場合田中角栄・中曽根康弘・小沢一郎・小泉純一郎・安倍晋三・麻生太郎などの著作を購入して読んでいる。孫子の謀攻篇には「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず。彼を知らずして己を知れば、一勝一敗す。彼を知らず己を知らざれば、戦うごとに必ず殆うし」と言う一節があるからだ。慶應義塾大学元学長にしてに天皇明仁の師父であり、反共イデオローグの小泉信三には「共産主義批判の常識」と言う著作があるのだが、共産主義の古典を精読した上で資本家・ブルジョアジー・日帝支配階級の立場から共産主義思想にケチ付けをしている。また、大日本愛国党総裁であった赤尾敏(あかおびん)・戦後右翼の巨魁であった田中清玄(たなかせいげん)・佐野学(さのまなぶ)・鍋山貞親(なべやま さだちか)などは元々戦前の日共党員であり、佐野・鍋山などは最高指導者でありながら転向した腐敗分子である。イタリアのムッソリーニやナチスの最高幹部の中にしばしば共産党の転向分子が見受けられるように、少なくとも共産主義の古典に通じている。

 和系日本人の中の一般民の中に他の民族との共存共栄・共生・被差別人民との連帯を指向する人間が少なからず存在することを理解出来ず、和系日本人の中でも一般民の利害のみを追求する差別拝外主義者達は簡単に
「日本に対して不満を訴えるのは大いに結構。
ただし、日本を侮辱するのは反対です。
あなた方は、在日・韓国・朝鮮人でしょ。

そんなに日本が憎いのなら、偉大な祖国に帰ればいい。
帰国運動でもしたらどうですか?
喜んで支援しますよ。

戦争が終わった今日、その気になれば何時でも帰国出来る、でも帰らない。いや『帰れない』のでしょう。半島人からみれば貴方たちは裏切り者でしょうから。」あるいは「在日韓国、朝鮮人は日本人にとって明らかに敵性国家の人間です。そのうち本当の排斥運動が始まるんじゃないでしょうかね。」などと言う無知蒙昧な書き込みが出来る訳だ。

 私は血債を必ず償還する立場に立つ。現役革共同全国委の人々からすると「血債主義者」として、ファシストカクマルからすれば「民族迎合主義」として批判されるであろうが、良くも悪くも80年代半ばに決起した人間としてこの点だけは断じて譲ること出来ない。

「あの馬鹿を村一番と江戸で言い」と同様の言葉で「メシアは故郷に入れられず」という物もある。

| | コメント (25) | トラックバック (3)

2009年6月21日 (日)

「郷に入れば郷に従え」と言うが

 右翼が外国人排斥を主張する際によく使う論理が、外国人が日本の風習に溶け込まずに自国での生活様式を守ったままであると言うことがある。言語も習慣も全く違う土地に来たのであるから日本の慣習を守れないのならば出て行けと言うことだ。先日のTAMO2さんのコメントにもあったように、元々の住人である日本の貧困層との間での摩擦は大きい。しかも外国人労働者の移入によって職を奪われたかのようなデマ宣伝で教育されているから尚のことだ。関西でよく言われるのが「芦屋の住人は差別をしない」という物だ。東京ローカルで言えば「田園調布」「成城」「自由が丘」「白がね」辺りにでもなるのだろうか。要するに高級住宅街に住んでいる人間は被差別部落や朝鮮人部落、外国人コミュニティーとは隔絶された環境で生活しているために接点がないので差別しようがないと言うことだ。差別をするのは日本人の中の貧困層が中心になる。国鉄分割民営化によって格差社会が始まり二十数年、一億層中流と言われた時代はとうに過ぎ去り、「貧困大国日本」などと言う言葉も有るくらいだ。階級政党が不在の中で、日本が如何にして資本主義特有の利潤追求・弱肉強食の社会となっているのかを系統的に明らかにする勢力が殆どいない。

 摩擦を避けるためにはお互いが歩み寄るしかないのであるが、「分割して統治せよ」との言葉があるように、あるいは企業などが小集団管理をすることで労働者階級の殆どが孤立した状況に追いやられている。この状態で異民族に理解を示す努力をすることは非常に困難である。教育の現場においても大学の教養課程の廃止など「ゆとり教育」によって考える力が奪われたまま成長した若者が非常に多いと言われている。昔の大学生であれば哲学書などを読むのは極普通のことであったが、飲食店でバイトしていて驚いたのは「本なんか読んだこと有りません。漫画を読んで勉強しています」という大学生がいたことだ。漫画自体は私も好きだから別にそれを読むことを否定する気はないし、キチンと取材した漫画の中には非常に為になる物も少なくない。テレビもゲームも漫画も、受け身の状態でダラダラと時間を潰すことが出来る。息抜きや気分転換のためには必要な時もある。だが活字は考えないと頭に入らない。想像力を働かせないと理解出来ない。或程度の基礎知識がないと何が書かれているのか全く分からない。思考する訓練を受けていない人間は他者を理解することが出来ないから、容易に差別排外主義に取り込まれる。

 勿論ずる賢い奴はずる賢い奴で考えているが、異民族との相互理解よりも差別分断を煽って自分は儲けようという思考をする。正しい情報を提供しないことによって超過利潤を得ることが如何に容易いかが徐々に体得出来てきたからなおさらそう思う。

 脱線したので掲題の「郷には入れば郷に従え」に戻ろう。右翼の中でも特にネット右翼は在日朝鮮人・韓国人や被差別部落・外国人コミュニティーに対して、ここは日本なのだから日本語を話せ、日本式の姓名を名乗れ、日本の風習を覚えろ、外国での過去は捨て去れと要求する。「帰化」という言葉に見られるように王の徳をしたって蛮夷の者が帰順したという言葉を平気で使う。日本国籍を取得する際には日本式の姓名を強制している。戸籍制度自体が日本と日帝の植民地であった朝鮮半島と台湾に独特の物であるのだが、それを押しつけて恥じない。日本国内においては「民族意識」が強調されるが、アメリカ合衆国やブラジルなどを始めとした移民社会においては容易に日本人としての民族性を捨て去る。移民が日系人であるのは姓が日本式の物であるという位の物だろう。名からは日本人としての出自を見て取ることが出来ない場合が殆どだ。華僑もユダヤも出自に対する思い入れは強烈であるし、その他の民族の場合も民族意識は強固である。

 ネット右翼の殆どは他人の立場を思いやる能力が欠如している。その事は私のブログでのネット右翼の書き込みの殆どを見ても明らかである。自らは外国人労働者の中でも特にアジア・アフリカ・ラテンアメリカ系の人々に対して「ここは日本だ。日本のしきたりに従え、出来ないなら祖国に帰れ」とやる。このブログは共産主義者たらんとしている私のブログである。共産主義とは何か、プロレタリア国際主義とは何か、帝国主義と何か、新植民地主義とは何か、差別排外主義とは何か、搾取とは何か、収奪とは何か、全く知ろうとせずに土足で踏み荒らすまねをしてくる。少なくとも繰り返し要請している「共産主義の古典を読んでから」「前進サイトを見てから」、前提となる知識を共有して対話しようという呼びかけは無視され続けている。過去の記事にリンクを貼って紹介しているが、アクセス解析を見てもそれらを読んでいる形跡は無い。ハッキリ言わせて貰おう。人と対話する能力のない人間は書き込むな!!

 紀州や関西派労務者は革共同が非公然・非合法活動を行う革命党であることを理解出来ているのか? なぜ革共同再建協議会が「雲と火の柱 -地下生活者の手記」を出版したことを「前進」誌面で「転向」の証であるとして批判しているのか分かっているのか? 私が革命的警戒心の欠如故に革共同系列の集会には出入り禁止の身となったことを知らないのか? 国家権力に対して戦果を上げた革命軍の行動形態を秘匿することが、将来革命情勢到来の際に必ず役立つからではないか。末端の活動家が成果を誇ることで組織形態や活動内容が把握されたらどうするのか? 考えたことがあるのか? 成功した部分こそ秘密を守る必要があるのではないのか。レーニン主義の革命党は非公然・秘密裏に組織化を行うのが原則だ。87年沖縄国体闘争の際に私は職場で公然登場したが、 「沖縄国体闘争と公然登場」内心の疑問は消えなかった。悩みながら出した結論は奈良における中核派の広告塔になると言うこと、拠点化を進める細胞を守るための陽動作戦担当なのだと言う物であった。組織として・運動総体として戦果を上げるためには切り捨てる部分も当然ある。自らの職場を拠点化することに失敗したことは、或意味私の成果である。

 パチンコの件について書き込んでいるところを見ると紀州はどうやらHの様だが、年に10~20日パチンコ屋に行くと「パチンコ三昧」というのが妥当なのかどうか、人によって基準は違うから言いたければ言うが良い。JP労組の会議や大会で公然と中央本部・地本・支部方針を批判出来るようになったかな? 前は革労協西原グループの前に出ると何も言えなくて、2チャンネル経営板の奈良北葛ユニオンスレでは名なしで勇ましかったが。陰でこそこそ悪口を言うのは相変わらずだね。どうせなら自分でブログでも作って私への批判をトラックバックしておいで。

  ROM人さんも相変わらず「帝国主義論」も「共産党宣言」も読んでくれていないね。何度も頼んだはずだが。それからあなたの疑問に対して全て即答出来るだけの能力がないという意味で先日の返事を書いたのであって、全く答える気がないと言うことではないので誤解無きように。

 もえちゃんは高校の世界史で宗教についてアニミズムやトーテミズムという物を習っていないようだね。階級社会以前の宗教と今現在の物とは全く違うものだよ。日本史の授業でも明治維新以後の国家神道とそれ以前の古神道との違いを学ぶはずだからしっかり勉強してね。聖徳太子や蘇我氏が大和朝廷の権力確立のために仏教を輸入して神道を護持しようとする巨勢氏と内戦を行ったことなんかも出てくる。そうすればオジサンが書いたことの意味が理解出来るはずだからね。ついでを言えばエンゲルスの著作に「家族・私有財産・国家の起源」というのがあるから読んで欲しいな。階級社会以前の共同体における「リーダー」と階級社会になってからの「リーダー」との違いなんかについても書かれているからね。

  某高剣道部OB は小学校時代にウォーターラインシリーズを作っては見せっこしたHかな?  関西派労務者もそうなのだが、過去の記事に幼稚園から中学1年までは父親の影響で戦争映画・西部劇・時代劇ばかり見たり関連した書籍を読みふけっていたが、中学2年くらいで卒業して右翼と決別したと書いたことは見落としているのかな。オコチャマ右翼のヘソの緒が残っていた名残で剣道を始めた物の、真剣に稽古していたのは高1までだったからなぁ。少年期のことを書くのなら、ついでに剣道部と距離を置いてからの私が何をしていたのかまで書いてくれると有難いが。刑事としての職業病なのかも知れないがM先生なんかは横柄だったよな。I先生は機動隊にしてはおとなしくて温厚だったが、仕事中はどうだったろうかね? きっと沢山の学生に暴行していたと思うよ。同級生のM君は警察を受けたよな。私立の強豪校ほどではないにしても、左傾化した人間には剣道部の体質は水が合わなかったよ。

 知ってるよさんの言うことがいつのどの事象を指しているのかまでは分からないが、出来れば鬱病が本格的に悪化してから以後のことであって欲しいね。実際無茶苦茶していた時期があった。郵政民営化攻撃の激化・全逓本部の急速な労使協調への方針転換・本部派や西原グループとの党派闘争、指導部との齟齬。様々な重圧に負けてしまい思想的に腐敗していた。それ以前の元気な時期であっても党組織や運動、自分自身を守るためにダッチロールをしていたことがあった。一例を挙げると、飲み会なんかで何で中核派を選んだのか尋ねられた時に、まさか元々反戦派労働者で革命運動・労働運動をするために郵便局に入りましたなんて答える訳にいかなかったからね。適当に誤魔化していたら青ヘルの連中なんかが悪口オルグに使ってくれた。K元支部長やH元副支部長が高田局にいたNさんと袂を分かった時なんか酷かったよ。Nさんのことを「カクマルに違いない」なんて事情を知らないWさんやSさんを巻き込んで四人がかりで数時間情報提供だ。カクマルは素性を隠すのがとても上手いから警察の上層部にまで構成員がいると言われている。メンバーなのかシンパなのか、はたまた単に行動を共にしているノンセクトなのかを見極めるのが非常に難しいから「誤爆殺人」等と言われる戦闘も沢山ある。もしNさんが死んでいたら、WさんとSさんの口から広まるだろうから手引きをした共犯者として私を排除出来て一石二鳥だ。今では素知らぬ顔してNさんと仲直りしているから恐れ入る。

| | コメント (27) | トラックバック (3)

2009年6月19日 (金)

負けた将ほどよく学ぶ

 「敗軍の将兵を語らず」と言う言葉は広く認知されている。元々は「史記」の「淮陰候列伝」にある「敗軍の将は、以て勇を言うべからず、亡国の大夫は、以て存を図るべからず。」から来ているそうだ。私の場合この立場に与しない。横山光輝版の「三国志」であったか、吉川英治版の「三国志」であったか三国志演義の中で曹操が董卓に破れた際に、負けて初めて知る事が沢山あったと言う主旨の発言をしている。その後曹操が中原の覇者となり魏朝の開祖、「魏の武帝」と諡されたのは多くの人が知っているだろう。敗北を総括し次の勝利に繋げるためにはどうすればいいのか。政治や軍事の世界のみならず武道・スポーツ・囲碁将棋などの全ての勝負事に共通する問題ではないだろうか。今の私は革命運動の第一線を離れているし、所属している党派も無い。総括を提出する先がないのであるが、だからといって自らの経験を捨て去る事は出来ないし、私の個人的経験を公開する事で誰かが教訓を得てくれるかも知れない。このブログは革命運動とその周辺に少なからぬ読者がいる。それらの人々が、党員指導についての問題改善や党派選択の際の参考にしてくれればそれで良い。たかがロートル一人が恥をかいたところで革命運動総体が前進すればそれで良いのだ。

 さてオコチャマ右翼にも分かるように例を挙げよう。連合艦隊司令長官であった山本五十六は、日米開戦が不可避となるや真珠湾奇襲作戦を立案した。上層部に対しては「それは是非やれと言われれば初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。然しながら、2年3年となれば全く確信は持てぬ。三国条約が出来たのは致方ないが、かくなりし上は日米戦争を回避する様極極力御努力願ひたい」と述べている。軍事が政治に従う事を弁えた上での事である。海軍参謀の源田実は「航空主兵論」を主張し。「秦の始皇帝は万里の長城を造ってその恥を千載に残し、日本海軍は戦艦大和を造っての悔いを後世に残すか……」とも発言している。源田には神風特攻隊の創設に深く関与したり、戦闘機無用論を唱えて爆撃隊の被害を増大させたり、戦闘機戦術に関しては格闘戦に固執して一撃離脱先鋒に批判的であるなどと言った過ちが多々ある。

 アジア太平洋戦争の当時、時代は大艦巨砲主義から空母機動部隊を主力とする物へと変化していた。真珠湾奇襲作戦によってその有効性を全世界に知らしめたのは日本なのであるが、その成果を最も良く身に付けたのは米帝である。赤城・加賀・飛竜・蒼竜・翔鶴・瑞鶴の空母を中心に編成された第1航空艦隊は、司令長官南雲忠一・参謀長草鹿龍之介の体制で1941年12月8日早朝にハワイ真珠湾のアメリカ太平洋艦隊を奇襲し戦艦8隻を撃沈および航行不能の状態に陥らせるなどの大戦果を上げたが、肝心の空母は不在であったために一隻も沈める事が出来なかった。しかも沈めたはずの戦艦もサルベージなどによって修理されたために最終的な損失は2隻。他には標的艦1隻が失われただけであった。南雲は元々海軍航空隊生え抜きではなかったために、第3戦隊司令官三川軍一中将による第三次攻撃の進言および第2航空戦隊司令官山口多聞少将の催促を受け入れずに終わった。第1航空艦隊はその後インド洋に転戦しイギリス太平洋艦隊を撃破し制海権・制空権を確立する。同年2月10日のマレー沖海戦で海軍第二十二航空戦隊がプリンスオブウェールズとレパルスとを沈め、航空主戦論の正しさが証明された。

 米軍は沈没・大破した戦艦の乗組員を新造空母に振り分け、空母機動部隊を主力とする編成に切り替えた。しかも日本が空母を集団行動させる運用を取っていた事に対して米軍は一空母に一機動部隊という編成である。42年6月5日にミッドウェイ海戦では第1航空艦隊が赤城・加賀・飛竜・蒼竜と4隻の空母を集団運用していたために全滅の憂き目にあった事に対して、米軍は3隻を3機動部隊として運用していたために補足された部隊はヨークタウンの一つだけであった。米軍の投入部隊は正確にはフレッチャー少将の第17任務部隊とスプルーアンス少将の第16任務部隊で、参加空母はヨークタウン・エンタープライズ・ホーネットであった。ヨークタウンは珊瑚海海戦で中破した物の突貫作業で修理が行われてミッドウェイ海戦に参加していた。ミッドウェイ海戦の最中に被弾した物の消火作業に習熟した乗組員によって鎮火に成功し攻撃を再開する事が出来たが、日本の感覚では沈めたはずであり、別の新しい空母と錯覚しての再攻撃が行われた。結局ヨークタウンはイ号潜水艦の雷撃でトドメを刺されるが、エンタープライズ・ホーネットは艦載機を失ったのみで無事帰投した。

 ミッドウェイ作戦の主目的はミッドウェイ島占領と米空母部隊を誘い出して撃滅するという二正面作戦であったが、大艦巨砲主義から完全に脱する事が出来なかった山本五十六は第1航空艦隊のみを先行させ、大和を旗艦とする戦艦3隻・空母2隻・水母1・軽巡1・駆逐艦22の主隊と警戒部隊として戦艦4・軽巡1・駆逐艦12を率いて遙か後方にいた。これが「主力艦隊」である。更に攻略部隊として戦艦2・空母2・水母1・重巡8・軽巡2・駆逐艦21・輸送艦12隻が続いた。最前線の指揮官であった南雲がミッドウェイ島爆撃に固執するなどの戦術的なミスはあったが、そもそもが戦略段階・人事の段階・艦隊編成・情報管理で間違いがあったのだから敗北は必死であった。おまけに第2航空戦隊司令官の山口多聞の戦死を始め歴戦のパイロット・熟練乗組員の戦死という人的資源の浪費も有った。米軍首脳部は43年4月18日に山本五十六を撃墜死させているが、その際に「山口(多聞)はミッドウェーで沈めた。山本をやれば日本に人材はいない」という主旨の事を発言しているらしい。(いつ何所で読んだかを忘れたために引用不能。山口と山本とを並べて評価する発言は沢山ある。少なくとも未来の連合艦隊司令長官として嘱望されていた事は確かだ。)

 主力艦を防衛するために山口が考案した「輪形陣」によって、ミッドウェイ海戦の最初の段階では米軍の攻撃隊は直掩戦闘機部隊によって全滅させられているし、護衛の艦艇の弾幕も効果を発揮した。アジア太平洋戦争末期には米軍がこれを取り入れたために、神風特別攻撃隊を始めとする航空機による体当たり戦法は殆ど通用しなくなった。これまた出典を失念したが、米軍艦艇に命中した特攻機は100或いは300機中に1機程度であり、しかも沈める確立は殆ど無かったという。レイテ海海戦で開始した当初は空母3隻を撃沈し、多数を終戦まで運用不可能に追い込んだ物の、対策を講じられた事とパイロットの練度・使用航空機の性能低下によって戦果は挙がらなくなった。

 空母と航空機を主力とするように時代が変わった中で米軍戦艦などの主任務が空母護衛へと変化し始めたが、ここでまた日本海軍は非常に重要な運用方法を教える事になる。42年のガダルカナル島ヘンダーソン飛行場への艦砲射撃がそれである。第3戦隊所属の金剛と榛名とが14インチ砲8門を始めとする大量の砲撃を行った事で、米軍は上陸作戦の前段では必ず艦砲射撃をして日本軍陣地を沈黙させるようになった。サイパン・テニアン・硫黄島・沖縄本島での「鉄の暴風」など。

 日本は国力がないために当初は短期決戦をして有利な講和条件を得る事を戦略にしていたが、初戦の勝利に奢ってそれを忘れてしまった。アメリカは十二分な国力があるので長期戦に持ち込めば勝利出来ると判断していた。短期決戦の場合には人材も兵器も損傷を考慮しないで投入すればいいが、長期戦の場合には損耗を最低限に抑える必要がある。「死して虜囚の辱めを受ける無かれ」という戦陣訓にあるように日本軍は捕虜になるくらいなら自殺する事を教育した。処が全ての兵士が死ねる訳ではないから多数の捕虜が発生する。そうなったときの対処方法を教えていないから日本軍の兵士は軍事情報を機密も含めて簡単に口にする。米軍は艦艇の消火活動や戦闘機などの防弾対策・撃墜された飛行機の搭乗員を救助する体制などを整えていたし、捕虜になった際には機密を漏らさない訓練もしていた。米軍は兎に角生き残るから新兵もいつの間にか熟練兵になり戦闘能力が向上する。日本軍は熟練兵ですら使い捨てにされるから最後には新兵だらけで戦闘力が低下する。熟練労働者が一朝一夕に生まれないのと同様に、歴戦の勇士を育てるのは金も時間もかかる。国力に大差のある日本がアメリカに勝てる道理がないのだ。

 航空幕僚長を更迭された田母神等のような歴史修正主義者、自称「新自由主義史観」の持ち主達が口を揃えて主張するのが、日本はアメリカなどに嵌められたという説である。国家の存亡を描けた戦争なのだから嵌められる奴が愚かなのだ。リットン調査団報告書・ABCD包囲網・ハルノートなどでジワジワと日本を追い詰め、戦況についての冷静な判断力を奪って暴発させる。力のある側の常套手段ではないか。そして今現在日米帝が朝鮮スターリン主義にたいして行ったいるのも全く同じ事だ。2008年のGDPで比較した場合、為替レート(MER)で日本が4兆9237億ドル世界2位・アメリカ合州国14兆2646億ドル世界1位(07年)に対して朝鮮は262億ドルで世界100位である。購買力平価では日本4兆3543億ドル3位(一人当たり34100ドル)・アメリカ合州国14兆2646億ドル1位(一人当たり46859ドル)に対して朝鮮40億ドルで71位(一人当たり1700ドル)に過ぎない。まともに思考能力を働かせる事が出来るなら戦争などと言う最終手段など選択しない。経済制裁やPACⅢ演習などで追い詰める事で、核開発から核武装・核実験・ミサイル発射、果ては開戦に持ち込もうというのが日米両帝国主義の政治戦略なのだ。この点で日帝支配階級は日米戦争を実に良く学習していると言える。朝鮮スターリン主義を極悪非道の存在として描く事によって差別排外主義と戦争への熱病を煽る事が出来るのだから。

 ついでに言えば強い奴とはケンカしないと言う事で、米帝とは不即不離の関係を保っている。年次改革要望書で無理難題をふっかけられようとも、「反米愛国」主義者である国民新党などを追放し、自民党内の「抵抗勢力」を一掃してまで米帝と歩調を合わせている。少なくともこの外交方針は朝鮮侵略戦争遂行過程では維持されるだろう。中国の領土分割・市場分割へとブロック化が進行した時にどうなるか。日帝が核武装を実現し対米開戦止む無しとの判断に至れば、今度は国民新党などが勢力を伸ばす事になるだろう。維新政党新風や在特会などは日帝の軍事大国化・朝鮮侵略戦争のための露払いをする道化に過ぎない。戦前の軍部において皇道派と統制派とが相争った際に皇道派が北一輝などのファシスト諸共処刑された事と同じ道を歩むだろう。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2009年6月16日 (火)

「みなさん、好きにやって下さい」

 記憶に間違いがなければ、銀河英雄伝説の一方の主人公であるヤン・ウェンリーの三秒間スピーチの台詞である。このブログのコメント欄では皆さんに好き勝手に書き込みをして貰うのが基本的な態度だ。だからROM人さんが先日コメントを書き込む際に@○○○という表現を使った際にもこの部分のみを削除して肝心の投稿については一切手を加えずに再掲載した。ご本人は理解して下さったようで有るが、紀州は相変わらず日本語が苦手なようで、飽きもせずにイチャモンを付けてくる。自分の書き込んだコメントの内容すら覚えていないようなのだから始末に負えない。「自分の主張と違う書き込みが許せないのでしたら、コメントをする機能は付けなければいいと単純に思うのですが、都合の悪い書き込みは削除するんですな…。自分の主張だけ聞いてほしいのなら、ブログ形式にするんではなくて、始めから書き込み出来ないホームページにする事ですね。(投稿: 紀州 | 2009年6月15日 (月) 13時23分)

 せめて何が削除されたのか、私が受け入れがたいことは何であるのかについて想像力を働かせる程度のことして欲しい。元々のコメントの文中で「ROM人@○○○さん」と有ったのを「@○○○」の部分を削っただけである。こういう水準だから支配階級・権力者のプロパガンダに易々と乗せられるんだろうね。他の名無しの連中や「通りすがり」なんてのもそうだろう。「支配するイデオロギーは支配階級のイデオロギーである」だったかと思うが、マルクスの文献に出てくる一節だ。全集が段ボール箱に入ったままなので正確な引用ではないが、大体は合っているはずである。要するにどの様な社会でも、極々普通に生活している人はその時代時代、国家や社会の支配階級・支配者にとって都合の良いイデオロギーを子供の時から刷り込まれていると言うことだ。大枠でオウム真理教や統一協会が外界と隔絶した環境に信者を置くことで得意な世界観・宗教観に疑いを持てない状況を作り出しているのと変わらない。米帝が旧ソ連は巨大なマインドコントロール機構であると表現しているのだが、実は米帝も日帝も全く同じ事をしているのだ。

 環境という物は恐ろしいもので、共産主義者たらんとしており、元々全逓労働者として権利意識を持ち続けてきた私が、3月下旬から自営業者の道を歩み出し、プチブル階級として生きる決意をした途端に、金儲けのために如何にして従業員となる人々にサービス労働をさせるかというノウハウを学ばなければならない状況に陥っている。不払い労働が多ければ多いほど利潤がたやすく生み出せるからだ。厚生年金や社会保険なども元保険屋としてその素晴らしさを熟知しているのだが、適用事業所になると負担金が発生するからどうしようかなどと考えなくてはならない。ソニー生命が急成長した際には保険に関する講演会を開いた。漢字生保の主力商品である定期年金付き終身保険などは、保険商品の内容を丁寧に説明するだけで、お客さんは「騙されていた」と言って解約する。昔の簡保のセールスマンは、公的保障の内容を勉強してお客さんが必要以上の保険料を負担しないで済むように丁寧に説明した。出来たらそう言った内容についても記事を書きたいと思っているのだが、いかんせん時間がない。

 通りすがりなんてのは無内容に「悪質な韓国、朝鮮人の手先になっていただけだった。」等と書いている訳だが、「左翼」の中にもよど号グループのように朝鮮労働党のヒモ付きの所はあるが、中核派とその上部団体である革共同との区別が出来ていない。右翼団体の中にも「在特会」だの「維新政党新風」などと言った2チャンネル発祥?のおかしな連中がいるし、ヤクザが政治団体として持っている「街宣右翼」なんかのような強請たかりでシノギをしている輩もいる。真面目な右翼、本来の右翼と糞ミソ一緒くたにしないで欲しいというのがTAMO2さんのコメントの真意だろう。右翼の全てが人間のクズだと言ったら、真っ赤になって怒る人もいるだろう。真面目な右翼の殆どは正義感と行動力に満ちあふれていて社会を変革する必要性を感じて運動に身を投じたはずだ。最初に出会った思想が共産主義であったなら革命運動の同志となっていたかも知れない。90年には連名で個人共闘としてビラを撒いたことのある社会主義青年同盟の人間は今では郵政の管理職コースをひた走っているし、同じく革労協西原グループに行った人間は今では率先してただ働きをしているので職場の評判が非常に悪い。昔は全逓労働運動を如何にして立て直すかについて真剣に意見を戦わせた仲閒だった。

 常にブルジョアイデオロギーとの思想闘争が必要なんだ。スターリン主義的偏向との絶え間ざるイデオロギー闘争が不可欠だ。ここでの敗北がズルズルと後退を招くのは私自身が思想的に腐敗して除名された人間なのだから十二分に承知している。だから出来るだけ異論に耳を傾けるためにコメント欄を解放している。だが紀州にしても通りすがりや名なしの書き込みはあまりに低水準で相手をするのも下らない。革命党の末端活動家に過ぎなかった人間に雑魚扱いされているのだから恥を知れ。

 最後にROM人さん、「しかし名前欄の確認だけでなく、上記のコメントで訪ねた具体的解決案も披露してほしかったです。」と有るので返事をしたいのは山々なのだが、それが出来る力量なら指導部になっていたよ。一応色々と文献を購入して準備しているのだが、力量不足と時間不足と言うことで勘弁願いたい。

 追記 鬱病で自宅療養していた時期はコメントへの返事だけで2~3時間かけるだけの時間的余裕があったから、記事を書いたりトラックバックを読んだりしたりする時間と併せて毎日5~6時間をブログに割いていた。今はコメントに目を通して特に重要と思われる幾つかに付いての返事を記事の形で書く程度の余裕しかない。余力さえあればもっともっと書きたい記事があるし、報告すべき各種の運動や取り組みも沢山ある。法政大学での弾圧に対する闘いについても、郵便事業会社加古川支店での地労委闘争も書きたい。折角購入したマルクス・エンゲルス全集やレーニン全集も段ボール箱から取り出して読み込みたい。残念ながら今は手つかずの状態だ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年6月14日 (日)

新植民地主義・プランテーション・モノカルチャー

 今の私には少々荷が重い課題なのであるが、先日掲載した「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」および「転載 外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ 」の二つの記事のコメント欄に寄せられた書き込みに関して幾つか持論を述べる必要が有ると考える。

 私は故本多延嘉書記長が提唱した「革命的共産主義」を信奉する人間だ。革命的共産主義というのはレーニンの死後に革命ロシアの実権を掌握し共産主義運動を世界革命の放棄と一国社会主義とにねじ曲げたスターリンの裏切りを糾し、マルクス・エンゲルス・レーニンが提起していた本来の「共産主義」を復権させようという思想であり運動である。共産主義社会は世界革命の達成によって初めて実現されるというのが根幹にある。つまり地球上から「国境」や「国籍」などと言った支配階級が作り出した人民支配の制度を無くすことがその目的の中に厳然として存在している。そのような思想を持つ人間のブログにやって来て「国籍がどうのこうの」「不法滞在がどうのこうの」と論じること自体が場違いである。中核派の上部団体である革共同の正式名称が革命的共産主義者同盟全国委員会であって「日本」という言葉が付かないことの意味を考えて欲しい。革共同第一次分裂・第二次分裂で袂を分かった第四インターの諸君の場合に正式名称が日本革命的共産主義者同盟第四インター日本支部と言うのとは違うのだ。あるいは「ソ連共産党」「中国共産党」「日本共産党」と言ったスターリン主義の各党とも全く違う存在である。

 「経済難民」は難民である。まず最初に「脱北者は」経済難民なのか政治難民なのか質問したい。ある人は食うに困って、ある人は「朝鮮労働党」=朝鮮スターリン主義の反階級的・反人民的政策や政治体制に憤りを覚えて「国境」を越えている。両者は時として渾然一体としており、どちらか一方として断じることは出来ない。では彼らを支援している日本の右翼団体は非難されているのだろうか。断じて否だ。「人道的行為」として賞賛される場合もある。フィリピンなどアジア諸国から日本に流入してくる人々と一体どこが違うというのだろうか? かつて統一協会はカンボジアからやって来る人々について「反共の難民だから良いのだ」と主張していた。反共の難民は良いが、そうでなければいけないのか? 二枚舌・ダブルスタンダードその物ではないのか。人民には生きる権利がある。食えなくなれば国家を捨てる権利がある。生きていける土地に移住するのは当然である。場合によっては「革命権」を行使して時の政権を打倒しても良いのだ。アメリカ合州国憲法が人民に銃などによって武装する権利を保障しているのはその為である。悪政は覆して良いのだ。

 現代世界が帝国主義とスターリン主義と新植民地体制諸国とに分かれているというのは革共同の現代認識である。レーニンが当時の世界を帝国主義と半植民地と植民地とに分類していたことに相通じるところがある。新植民地体制諸国とはどのような存在であるのかと言えば、帝国主義の資本輸出によって経済的に支配されている国々である。第二次世界大戦の後に政治的独立は果たした物の経済的独立を果たせず、買弁資本や傀儡政権によって支配されている体制を指して言うのだ。拙稿「新左翼の理論と運動を知らない人のために。」 「帝国主義間争闘戦」 「『帝国主義論』その2」 「『帝国主義論』その3」 等を参照されたい。つまり日本帝国主義(日帝)やアメリカ帝国主義(米帝)などの経済的支配の結果として、アジア・アフリカ・ラテンアメリカの諸国あるいは旧スターリン主義圏である東欧や残存スターリン主義としての中国・朝鮮・ベトナムなどは経済的に自立することが出来ないのだ。食い詰めて帝国主義本国に流入する人民がいるのは当然のことと言える。

 更に資本主義の重商主義段階・自由主義段階・帝国主義段階を通じて世界各国におけるプランテーション・モノカルチャーが発達した。換金作物としてのバナナやパーム椰子・コーヒーやココアなどが広範囲にわたって栽培されている。ガーナの子供はチョコレートなど口にすることはないが、輸出作物としては重要な産業である。日本では植物油脂由来の「エコロジー」な洗剤として宣伝されている椰子の実油の洗剤も、現地では大量の農薬を使用して環境を破壊し土砂崩れなどの惨害を引き起こしながら栽培されている。現地の人々の食べ物を栽培する農地を奪って日本を始めとする帝国主義本国で大量消費するための農作物は枚挙に暇がない。ブラックタイガー海老を養殖するために東南アジアのマングローブの林が潰されている。商品名「チカ鯛」、ティラピアニロチカを養殖する体制はどうなっているのか。ダムを建設するより溜め池や井戸を掘る方が現地の人々の生活には役立つのであるが、それでは銀行や商社・ゼネコンが儲からないために現地の反対運動を銃口で圧殺して巨大な開発事業が延々と繰り広げられている。今でこそ二酸化炭素対策・地球温暖化対策というペテンで日本国内での原発工事が推進されているが、反原発運動の高揚期に東芝や日立はアジア諸国でプラント建設を行った。生活の場を奪われた人々が日本などの帝国主義本国に流れてくるのは自然の成り行きである。

 今の革共同が入管体制・外登法体制に対してどの様な態度を取っているか勉強不足で知らないが、かつてはアジア諸国などの人々が日本にやって来ることを「実力渡航」と呼んで支持していた。日本国内の人口密度が高いなどと言う謬論があるが、地方の農村など過疎化が進んで限界集落が多数存在する。地方都市も過疎化が進んでいる。日本人労働者が3K労働を嫌う中で黙々とそれらを担ったのが外国人労働者である。農村の花嫁のかなりが中国を始めとするアジア諸国からの「ジャバ行きさん」なのだ。医療労働者を強搾取する体制の下で日本人看護師が不足し、フィリピンから連れてきているのは医療資本の責任でないのか? 日本人看護師が労基法に定められた権利を保障された状態で働けるのであれば外国人看護師は必要ない。私の妻は看護師である。今までに勤務してきた病院・医院での労基法違反の実態は熟知している。これは何も日本医師会や、社団法人日本医療法人協会、社団法人日本精神科病院協会、社団法人日本病院会、社団法人全日本病院協会に限ったことではない。労働者のための医療機関を標榜している日本民医連と言う日共スターリン主義の外郭団体においてもそうである。

 外国人排斥を言う前に日本帝国主義の現実を知ることから始めるべきである。本当の敵が誰であるのか、本当に悪い奴が誰なのか。物事の本質を階級的観点から知ることが肝要である。冒頭に掲げた先日来の記事に寄せられた、日帝によるマインドコントロールに毒された人々の書き込みに対しての答えである。

 最後に付け加えるが、Wikipediaの記述は編集合戦が行われていない物に関してはかなり正確である。大手出版社が発行している百科事典の間違いと殆ど変わらない水準であることが検証結果として公表されている。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2009年6月13日 (土)

窮鳥懐に入れば猟師も殺さず

 もえちゃんようこそ。日本語も歴史も全く知らないお子ちゃまの様ですね。できたら前のコメントを良く読んでから書き込んでね。

 日本政府は難民条約を批准して以来、国際基準であれば当然のこととして認められる難民申請に対して一貫して認定拒否を続けているんだよ。世界の人口の1%に当たる5000万人が難民として生活しているのは知っているかな? 日本の場合1975年に集結したベトナム戦争前後からインドチャイナ半島からの難民がボートピープルとして渡航してくるようになったんだ。もえちゃんは当時は生まれていなかったから知らないんだと思うけど、数十人から百数十人が小さな漁船に乗って数ヶ月掛けて日本に流れ着いたんだ。

 当時の日本政府は難民の受け入れを拒否する鎖国状態であったために、難民の殆どは「不法入国者」として扱われたんだけれど、いくらなんでも戦火を逃れてきた人々を強制送還することは出来なくてアメリカに頼んで受け入れて貰っていたんだよ。流石に国際世論が許さなくってね、日本政府は1982年に渋々出入国及び難民認定法と言う法律を発効させたんだ。つまり難民を受け入れますと言うことだよ。処が鎖国状態は維持したい物だから、難民申請は受け付けても承認しないで済ませる方針をとったんだ。年間1~3人程度しか難民として承認しないというのがそれなんだ。実際には十数倍以上の人々が日本への政治亡命を含む難民申請をしているんだけれど殆どの人は母国に強制送還されるか他に受け入れ先を見つけさせてその国に押しつけているんだよ。先日の「殺処分します」「昇天しました」を読んで御覧。捨て猫なんかの押し付け合いと全く同じ構造なんだよ。

 もえちゃんはどう思うかな? 日本は国連という国際組織に加盟しているんだけれど、カンボジアPKOや中東湾岸戦争の時なんかは「国連中心主義」とか何とか言って国連を錦の御旗にして自衛隊の海外派兵を積極的に行ったんだけれど、同じ国連の難民高等弁務官事務所が難民を受け入れるように勧告しても無視し続けているんだよ。もえちゃんみたいなお子ちゃまだって、これがダブルスタンダードだって事は分かるよね。国連を支持している国々の中には毎年数千人の難民を受け入れているベルギーのような国もあるんだ。日本政府との違いが際だっているよね。元々は日本列島自体が沢山の人種が流入して出来たんだ。中学校になると歴史の時間に「渡来人」なんて言葉を習うんだよ。主に朝鮮半島からやって来た人たちのことなんだ。例えば京都・奈良・大阪で秦さんと言えば渡来人の子孫ですと名乗っているような物なんだよ。

 Wikipediaには「秦氏」という項目があって、こんなことが書いてあるよ。

日本書紀によると応神天皇14年に弓月君(ゆづきのきみ:新撰姓氏録では融通王)が朝鮮半島の百済から百二十県の人を率いて帰化し秦氏の基となったというが、加羅(伽耶)または新羅から来たのではないかとも考えられている(新羅は古く辰韓=秦韓と呼ばれ秦の遺民が住み着いたとの伝承がある)[1]。また一説には五胡十六国時代に氐族の苻氏が建てた前秦の王族ないし貴族が戦乱の中、朝鮮半島経由で日本にたどり着いたと言う説もある。この説に基づくと弓月君が秦の(初代の)皇帝から五世の孫とする記述に反せず、「秦」つながりで渡来した人々が勝手に「秦」を名乗り始めたと考えてもさほど矛盾はないが、根拠は少なく今後検証の必要がある。

ハタ(古くはハダ)という読みについては朝鮮語のパダ(海)によるとする説のほか、機織や、新羅の波旦という地名と結び付ける説もある。

その後、大和のみならず、山背国葛野郡(現在の京都市右京区太秦)、同紀伊郡(現在の京都市伏見区深草)や、河内国讃良郡(現在の大阪府寝屋川市太秦)など各地に土着し、土木や養蚕、機織などの技術を発揮して栄えた。山背国からは丹波国桑田郡(現在の京都府亀岡市)にも進出し、湿地帯の開拓などを行った。雄略天皇の時代には秦酒公(さけのきみ)が各地の秦部、秦人の統率者となったという。欽明天皇の時代には秦大津父(おおつち)が伴造となり大蔵掾に任ぜられたといい、本宗家は朝廷の財務官僚として活動したらしい。

 おこちゃまや明治から昭和初期に為されたマインドコントロールが溶けていない人たちが大好きな「天皇」ってのも、実は朝鮮半島からの渡来人だというのが有力な説なんだ。宮内庁が多くの古墳を発掘調査させないためによりいっそうの信憑性が有ると言われているんだよ。特に戦前、朝鮮半島を植民地にした時期なんかは日本政府や御用学者なんかが積極的に「日朝同祖論」なんて物を主張していたこともあったんだよ。

 昔々のことなんか知らないってもえちゃんは言うかも知れないけれど、元々地球上に「国境」なんて物もなければ「国籍」もパスポートも無かったんだよ。出来たのは人類史の中では極々最近のことなんだ。ほんの少しで良いから想像力を働かせて御覧。戦争で着の身着のままで逃げ出した人や母国の権力者に迫害されて逃げ出した人が正規のパスポートを持っている方がおかしくないかな? 持っていないか偽造しているかが普通だと思うよ。カルデロンさんが「不法入国」だと言って通報するのは果たして正しいのかな? むしろ今の時代は外国の犯罪組織の方が正規のパスポートを使って日本に労働者を送り込んでいるんだよ。日本のヤクザやなんかの犯罪組織と結びついているからね。日本のヤクザの殆どが下部組織というのか政治団体というのか知らないけれど右翼団体を持っているから、自民党や経済界と癒着していて合法的に入国しているんだよ。農村地域にアジア諸国からお嫁さんが来たり、中小企業に外国人「研修生」が来る仕組みだね。こういった人たちは母国での数年分の生活費に当たる巨額の借金を背負わされて日本にやってくるから、返りたくても帰れなくて国籍の制限無く労働者の保護を定めている労働基準法の保護すら受けることが出来ないんだよ。

 もえちゃんが男の子なのか女の子なのか分からないけど、世の中には本当に悪い奴が沢山いるんだよ。でもね、そう言った連中は、実はそれぞれの国で権力を握っているから誰からも処罰されることなくのうのうと暮らしているんだ。もえちゃんもキチンと世の中のしくを勉強して、困っている人たちを少しでも助けてあげられる大人になってね。

「転載 外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ」に付けられた「もえ」ちゃんへのオジサンからの返事として。

「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」
追われて逃げ場を失った鳥が懐に飛び込んでくると、猟師でさえその鳥を殺さない、という意味から、困り果てて助けを求めてくる人があれば、どんな事情があろうともこれを助けるのが人としての道である、という教え。
類 「怒れる拳笑顔に当たらず」「尾を振る犬は叩かれず」「袖の下に回る子は打たれぬ」「杖の下に回る犬は打たれぬ」「杖の下に回る犬は打たれぬ」
「日本辞典」http://www.nihonjiten.com/data/364.html

追いつめられて逃げ場を失った者が救いを求めてくれば、見殺しにはできないということのたとえ。
「大辞泉」

| | コメント (15) | トラックバック (2)

2009年6月 9日 (火)

昇天しました

 昨日このブログに掲載した二匹の子猫は残念ながら引き取り手が現れませんでした。一匹は我が家の飼い猫ユーリ081 が縄張り意識からでしょうか噛み殺し、Koneko005 もう一匹は葛城保健所に朝から持ち込みました。Koneko009 受け付けて下さった職員の方の話では、私が訪問した午前9時半頃の時点で今日だけで12~3匹の予約があるとのことでした。Koneko013 今日一日で。年間に直した場合一体どれだけの命が失われているのでしょうか。

Koneko012  mixiの「知らなきゃいけないコト」コミュでは私を止める書き込みがありました。2009年06月09日 01:33のことです。マイミクの方やメールで連絡の取れる幾人かに連絡を取り、日記とブログでも引き取りを依頼していたためにコメントを読んだのは今夜午後9時半頃のことでした。既に二匹の命が失われた後のことです。

 古くからいる犬やネコは新参者を敵視し、排斥しようとし、場合によっては命のやり取りになります。殆どの人は分かっていませんが犬もネコも猛獣なのです。極真空手の創始者大山倍達(「空手バカ一代」で一般人にも有名)は著書の中で人間が犬やネコと閉鎖された空間で一対一で闘った場合、勝てる人間は殆どいないと書いている。勝鹿北星・浦沢直樹(「『YAWARA!」「20世紀少年」など)著の「MASTERキートン」では軍用犬として訓練を受けたシェパードとの対決が描かれているが、主人公をして「犬は地上最強」と言わしめている。(主人公キートン・平賀太一はイギリスの白色テロリスト部隊SASの元隊員でサバイバル技術教官という設定) 日本でSASに相当するのは警察のSATもしくは陸上自衛隊習志野駐屯地の特殊作戦群だろうか。人民革命軍武装遊撃隊(中核派革命軍)やプロレタリア統一戦線戦闘団(解放派革命軍)は人質を取った籠城戦をそもそもしないので直接対決したことは無い。

 脱線したので元に戻すと、人間の都合で飼われ、飽きたら捨てられるペットたちの姿を一人でも多くの人々に知って貰いたい。私にとってはバブル景気の際に人手不足だからとアジア諸国や中南米から連れてこられた外国人労働者、バブル崩壊後に経済立て直しに利用されながらワーキングプアとして酷使された派遣などの非正規雇用労働者が、資本の論理によって恐慌突入と共に使い捨てにされている姿と二重写しに見える。労働者だって生きているんだ。使い捨ての道具ではない!! 13日に京都で行われようとしている在特会の排外主義デモ・集会はこういった一連の行為の一環である。人間を使い捨てにする資本の論理そのものだ。

「知らなくちゃいけないコト」 で紹介されていたサイト。世間にペットなどの動物の命は大切にするが、労働者の首を切って死に追いやっても平気な人間が存在するので、動物愛護の運動を一概に信用する気はない。典型的なのが原発には反対しないし、アフガニスタンやイラクへの侵略戦争にも反対しないが捕鯨には反対するグリーンピースやシーシェパードの様な、動物愛護団体・自然保護団体を装った差別以外主義運動も存在する。

地球生物会議ALIVE

「狂犬病予防法の改正を求めています」

「声なき動物たち」 ポップアップ広告があるためクリックの際は要注意。

「どうぶつたちへのレクイエム 」

「日本にアニマルポリスを誕生させよう!! 」

「動物実験廃止 AVA.net」

「ライフボート友の会」

「小さな命を救う会 」 

「犬猫救済の輪」

「CATNAP」

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2009年6月 8日 (月)

殺処分します

Koneko118  我が家は5人家族で、全員が動物好きです。現在犬2匹と猫1匹を飼っていますが、先月中旬に息子が捨て猫を拾ってきました。我が家ではこれ以上飼うことが出来ないために、家族全員で里親を捜した結果ようやく引き取り手を見つけました。

Koneko122 Koneko124  処が今日になって息子が再び捨て猫を、今度は2匹拾ってきました。一緒に遊んでいた同級生が一旦は連れ帰りましたが、親がダメだと言うことで我が家に戻ってきました。心当たりは行き尽くしているため、明日にでも保健所に連れて行くしか有りません。

 無責任な飼い主はきっと思っているでしょう。「猫ちゃん達はどこかの親切な人に拾われて幸せに暮らしている」と。生まれてきた命ですから責任持って育てて欲しい。それが出来ないならキチンと育てることの出来る飼い主を自分で捜して欲しい。そして母猫・母犬の避妊手術をして欲しい。犬も猫もオモチャや無い。

 mixiのコミュニティー「知らなきゃいけないコト」を紹介しておきます。 ここでは動物実験に使われて命を落とす命や無責任な飼い主によって捨てられた命がどうなるかについての情報提供をしています。いい加減な飼い主が責任を取らなかったことによってどれだけ多くの命が失われているか。少なくとも今回子猫を捨てた人間は、自らの手を汚さずにかわいい2匹を殺したことを知るべきです。

追記

 mixiで全体公開にしてこの事と関連した記を掲載したところ、ブログでも公開すべきだとの助言があったのでこちらに転記します。

 

子猫を貰って下さい編集する全体に公開
2009年06月08日21:49
 家の近所に捨てられていた子猫二匹を息子が拾って来ましたが、我が家には既に犬二匹と猫一匹がいる為育てる事が出来ません。

 息子だけでなく娘達も里親を探しましたが見付かりませんでした。

 詳細は省きますが、ブログに写真を載せて有ります。

 奈良県大和高田市まで、明日にでも引き取りに来れる方はメッセージでお知らせ下さい。

 抱くと鳴きやむから可愛くて。これ以上我が家に置いていたら情が移ります。先程も涙が出ました。

 娘達も息子も泣いています。お願いですからどなたか引き取って下さい。
 連絡先 nssnk452jp@yahoo.co.jp  またはmixiのメッセージにて。
      

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2009年6月 6日 (土)

差別拝外主義者のコメントについて

 在特会を擁護するコメントに共通しているのが、全て名無しのコメントであると言うことである。在特会を批判する立場の「 まじめに働いても 」さんはキチンと固定ハンドルで書き込んでいる。両者の違いが明白であると言える。在特会擁護の人々はここも2チャンネル同様の匿名を利用してねたみそねみを羅列出来る場所と勘違いしているようである。政治的立場が全く違うがROM人さんなどは毎回同じハンドルで書き込んで下さる訳で、傾聴すべきご意見が有る。

 名無しに果たしてその価値があるのかどうかとなった場合、非常に疑問である。先ず第一にネット右翼の常套手段である一人もしくは少数者が繰り返し繰り返し別人を装って書き込むことで、あたかも多数意見であるかのような偽装がある。実際には今回の「転載 外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ 」に寄せられたコメントは9件有るのだが、 2009年6月 4日 (木) 21時42分「そもそも何故こういった」・2009年6月 5日 (金) 17時23分「どんなに真面目に働いていても」・2009年6月 5日 (金) 21時51分「>まじめに働いても」は同一人物。2009年6月 4日 (木) 23時08分は常連さんが名前を入れ忘れたもの。2009年6月 5日 (金) 00時03分「私も在特会の動画を視聴」・2009年6月 5日 (金) 22時15分「不法滞在が犯罪である以上」が同一人物。2009年6月 5日 (金) 17時32分「外国人排斥じゃなくて」を書き込んだ人物はこれのみ。名無しのコメントは7つ有るが書き込んだのは4人である。

 では常連さん達の中でも左翼の人々がこれらを無視しているのはなぜか。多分私の思想的立場・政治的立場を熟知しているからだろう。これら名無しが全く理解していないのは私がプロフィールにも書いている元中核派系の反戦派労働者であったと言うことだ。中核派は「革命的共産主義」を掲げ、マルクス・エンゲルス・レーニンが提起した本来の共産主義の復権を目指す政治党派である。「共産党宣言」は何と結ばれているか。「万国の労働者 団結せよ」である。その他にも「労働者は国境を持たない」など労働者階級は国境を越えた存在であることが繰り返し主張されている。近代国家が成立したのは資本主義勃興記の重商主義段階から自由主義段階に掛けての事である。それ以前は有る意味国境など存在しなかったのだ。徳川幕藩体制の時代「日本」などと言う国家が存在しただろうか? 人々の意識は「薩摩」「長州」「水戸」「会津」「土佐」などと言うそれぞれの藩単位の物でしかなかった。

 国境も国籍も無くそうと考えている人間のブログで、「国籍がどうのこうの」「不法滞在がどうのこうの」などと主張すること自体が笑止である。せめて「共産党宣言」くらいは読んでから出直してくるが良い。少なくとも真面目な右翼は共産主義の古典くらいは勉強した上で論争をいどんでくる。何も知らないで物事の表面だけを見て騒ぎ立てるのがネット右翼の特長の一つだと言えるだろう。

| | コメント (9) | トラックバック (6)

2009年6月 4日 (木)

「旬ネタランキング」に利用されたブログなどの数々

 ブログの紹介として「旬なネタを書いていきます。」と有るのだが、ザッと見たところオリジナルの記事は皆無で、「他人のふんどしで相撲を取る」と言う奴そのものだ。Googleで元記事を検索してみたら、盗用記事の方が上位に来ているケースもあった。怖い物知らずなのであろうか、プロの書いた記事まで典拠を示さず「盗用」している。このブログで一貫しているのは、元記事に対しては一切リンク貼らず出典も明らかにしないがアフェリエイト収入が入る広告サイトに対しては全てリンクが貼られていると言うことだ。色々調べていると、この「旬ネタランキング」同様のブログが大量に存在していた。ここまで来るとアジア諸国が「海賊版天国」だ等と言って差別拝外主義的に攻撃している人々はどうするのだろうか? 日本も又、著作権が守られていない無法地帯と言うことになる。そしてプロバイダーの責任も問われるだろう。アクセスを稼ぐためならば違法行為を野放しにしているのだから。

 著作権法によると以下の罰則規定が定められている。( 「法庫」より引用)

第8章 罰 則 第119条 著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者(第30条第1項(第102条第1項において準用する場合を含む。)に定める私的使用の目的をもつて自ら著作物若しくは実演等の複製を行つた者、第113条第3項の規定により著作権若しくは著作隣接権(同条第4項の規定により著作隣接権とみなされる権利を含む。第120条の2第3号において同じ。)を侵害する行為とみなされる行為を行つた者、第113条第5項の規定により著作権若しくは著作隣接権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者又は次項第3号若しくは第4号に掲げる者を除く。)は、10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。《全改》平18法1212 次の各号のいずれかに該当する者は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
1.著作者人格権又は実演家人格権を侵害した者(第113条第3項の規定により著作者人格権又は実演家人格権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者を除く。)
2.営利を目的として、第30条第1項第1号に規定する自動複製機器を著作権、出版権又は著作隣接権の侵害となる著作物又は実演等の複製に使用させた者
3.第113条第1項の規定により著作権、出版権又は著作隣接権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者
4.第113条第2項の規定により著作権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者《全改》平18法121 第120条 第60条又は第101条の3の規定に違反した者は、500万円以下の罰金に処する。《改正》平14法072
《改正》平16法092 第120条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
1.技術的保護手段の回避を行うことを専らその機能とする装置(当該装置の部品一式であつて容易に組み立てることができるものを含む。)若しくは技術的保護手段の回避を行うことを専らその機能とするプログラムの複製物を公衆に譲渡し、若しくは貸与し、公衆への譲渡若しくは貸与の目的をもつて製造し、輸入し、若しくは所持し、若しくは公衆の使用に供し、又は当該プログラムを公衆送信し、若しくは送信可能化した者
2.業として公衆からの求めに応じて技術的保護手段の回避を行つた者
3.営利を目的として、第113条第3項の規定により著作者人格権、著作権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者
4.営利を目的として、第113条第5項の規定により著作権又は著作隣接権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者《追加》平11法077
《改正》平14法072
《改正》平16法092 第121条 著作者でない者の実名又は周知の変名を著作者名として表示した著作物の複製物(原著作物の著作者でない者の実名又は周知の変名を原著作物の著作者名として表示した二次的著作物の複製物を含む。)を頒布した者は、1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。《改正》平16法092 第121条の2 次の各号に掲げる商業用レコード(当該商業用レコードの複製物(2以上の段階にわたる複製に係る複製物を含む。)を含む。)を商業用レコードとして複製し、その複製物を頒布し、又はその複製物を頒布の目的をもつて所持した者(当該各号の原盤に音を最初に固定した日の属する年の翌年から起算して50年を経過した後において当該複製、頒布又は所持を行つた者を除く。)は、1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
1.国内において商業用レコードの製作を業とする者が、レコード製作者からそのレコード(第8条各号のいずれかに該当するものを除く。)の原盤の提供を受けて製作した商業用レコード
2.国外において商業用レコードの製作を業とする者が、実演家等保護条約の締約国の国民、世界貿易機関の加盟国の国民又はレコード保護条約の締約国の国民(当該締約国の法令に基づいて設立された法人及び当該締約国に主たる事務所を有する法人を含む。)であるレコード製作者からそのレコード(第8条各号のいずれかに該当するものを除く。)の原盤の提供を受けて製作した商業用レコード《改正》平16法092 第122条 第48条又は第102条第2項の規定に違反した者は、50万円以下の罰金に処する。《改正》平16法092 第122条の2 秘密保持命令に違反した者は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。《追加》平16法120
《改正》平17法0752 前項の罪は、国外において同項の罪を犯した者にも適用する。《追加》平17法075 第123条 第119条、第120条の2第3号及び第4号、第121条の2及び前条第1項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。《改正》平11法077
《改正》平16法092
《改正》平16法120
《改正》平17法0752 無名又は変名の著作物の発行者は、その著作物に係る前項の罪について告訴をすることができる。ただし、第118条第1項ただし書に規定する場合及び当該告訴が著作者の明示した意思に反する場合は、この限りでない。 第124条 法人の代表者(法人格を有しない社団又は財団の管理人を含む。)又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を、その人に対して各本条の罰金刑を科する。
1.第119条第1項若しくは第2項第3号若しくは第4号又は第122条の2第1項 3億円以下の罰金刑
2.第119条第2項第1号若しくは第2号又は第120条から第122条まで 各本条の罰金刑《改正》平12法056
《改正》平14法072
《改正》平16法092
《改正》平16法120
《改正》平17法075
《改正》平18法1212 法人格を有しない社団又は財団について前項の規定の適用がある場合には、その代表者又は管理人がその訴訟行為につきその社団又は財団を代表するほか、法人を被告人又は被疑者とする場合の刑事訴訟に関する法律の規定を準用する。3 第1項の場合において、当該行為者に対してした告訴又は告訴の取消しは、その法人又は人に対しても効力を生じ、その法人又は人に対してした告訴又は告訴の取消しは、当該行為者に対しても効力を生ずるものとする。4 第1項の規定により第119条第1項若しくは第2項又は第122条の2第1項の違反行為につき法人又は人に罰金刑を科する場合における時効の期間は、これらの規定の罪についての時効の期間による。

「金融審議会 社外取締役」 <<   作成日時 : 2009/06/02 08:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私同様に「こころ、デトックス」さんの「かんぽの宿:売却問題 郵政第三者委「売却判断は妥当」の評価。」が引用されているが、元ネタについての言及は一切無くリンクも張られていない。政治的な立場は私と正反対であるが、商業利用されたという点では同じである。

「ダッチオーブン 料理」 <<   作成日時 : 2009/06/03 07:27   

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「沼尾ひろ子 公式ブログ」さんの「 本日のホームパーティ」

 「KATSU!」さんの「穫食IN高蔵山」

「京都教育大学 アメフト 」 <<   作成日時 : 2009/06/03 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「森の余白」さんの「泣く暇があったら馬謖を斬る」

 「きょういくブログ」さんの「京都教育大学の集団暴行事件」

 「京都産業大:「益川塾」を設立」(引用元不明)

 「FNNフジニュースネットワーク」より「京都教育大学集団準婦女暴行事件 大学側、3月3日の時点で把握するも公表せず」

「パナソニック エアコン 」 <<   作成日時 : 2009/06/03 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「シーフードライスサラダ♪」(引用元不明)

 「目指せ!! 素敵なワーキングマザー ~お試し編~」さんの「やっぱり…エコポイントの問題点とか、補正予算について少し」

 「中日新聞」より「家電リサイクル6・5%増 08年度、テレビ買い替えで」

「シャープ アクオス 激安 」 <<   作成日時 : 2009/06/02 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「キャリコン まっちゃんのホッとひといき」さんの「ecoポイント」

 「シャープ アクオス」(引用元不明)

「メープルシロップ」 <<   作成日時 : 2009/06/02 07:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「素敵なお土産たち♪」(引用元不明)

 「ノリの悪い男やで~~(爆)」(引用元不明)

 「Gizmodo Japan」さんの「無料で、おかわり自由なお菓子エキスポ「All Candy Expo」

 「ようこそ! 」さんの「広島・基町にグラタン・ドリア専門店-ワッフル、紅茶メニューも充実図る」  この記事は元記事が「広島経済新聞」「広島・基町にグラタン・ドリア専門店-ワッフル、紅茶メニューも充実図る」と思われ更にややこしい。

「タイヤ 」 <<   作成日時 : 2009/06/02 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「アニスのガーデンダイアリー」さんの「ガーデンカフェめぐり」

 「勝手に菜園日記」さんの「久留米で打ち上げ~」

 「2009年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 第3戦」という記事(引用元不明)などは 「世間に負けないで!」なるブログでも盗用されている。この「世間に負けないで!」も「アフェリ中」ブログと思われる。

「メンズ水着 」 <<   作成日時 : 2009/06/02 05:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「裏水着コンテスト参戦」(引用元不明)

 「フィットネス水着 のRSS 情報」(引用元不明)

「折りたたみ自転車 」 <<   作成日時 : 2009/06/02 05:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「マイコレ・ふみコレ・なんじゃコレ!」さんの「折りたたみ自転車 アナハイム・エレクトロニクス 20型 AE-MS ...」

 「毎日楽しいやん」さんの「めっちゃ嬉しい事」

「X JAPAN 」 <<   作成日時 : 2009/06/02 04:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「ジョニーのそんなドラムソロはいらない」さんの「発表会バンド・リハ」

 「植本工務店」さんの「音楽話」

 「ナタリー」「TOSHI判決に激怒!「ひどい結果、正義はねえのか」

 「サンスポ」「【ギョーカイ25時】YOSHIKIがカリスマといわれる理由」

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2009年6月 3日 (水)

アフェリエイト目的のブログについての対応

 6月2日付で「旬ネタランキング」なるブログから拙ブログの「週刊ダイヤモンド特集 かんぽの宿だけじゃない! 日本郵政の暗部」(5月23日付)にトラックバックがあった。「金融審議会 社外取締役」なる記事だ。オリジナルの文章は全く存在せず、他所のブログのコピペとアフェリエイト公告への誘導のみである。最低限、引用元の紹介もしくはリンクを張るのが筋ではないかと思いコメントを書き込んだ。今夜21時半から22時にかけてのことだ。23時現在コメントは反映されていないし、何の反応もない。

 今までどう考えてもアフェリエイトだけが目的であったり、エロサイトなどへの誘導が目的と思われるトラックバックやコメントは発見次第削除してきたが、一体全体どういうつもりなのだろうか? 他人が書いた記事を利用して金儲けをしながら一言の断りもない。超有名ブロガーのきっこさんが自らのブログに掲載している記事が著作権法で保護されていると断り書きしている気持ちが少しだけ分かった。私自身新聞記事や他の方の記事を転載したり引用したりすることがあるが、出来る限り出典を明記してきたつもりだ。厳密に著作権法を適用した場合にはどうなるのか勉強不足であるが。

 この営利目的ブログを他山の石として、私自身が人様のブログに付けるトラックバックの内容などについても考えるべきだろう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転載 外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ

<外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ>
Join a 6.13 Emergency Action-----No to Foreigner Ostracism and ZaiTokuKai

★6月13日にデモを企画しています★
音楽あり踊りありシュプレヒコールありのデモです。
在特会の主張に違和感を持つ方は、その気持ちを表現するために是非!是非!ご参加下さい。一人でも多くの方の参加が本当に必要です!
当日の参加が無理な方は、匿名でも構いませんので賛同をお願いいたします!
(↓当日のスケジュール、賛同の送り先は下の方にあります↓)

2009年4月11日埼玉県蕨市で、不法滞在を理由として両親が強制送還され、日本政府により家族と別れて暮らすことを強いられた中学生のカルデロン・ノリコさんの自宅・学校に押しかけるという卑劣なデモがありました。その内容は外国人を犯罪者と断定し、日本から追い出せという主張でした。主催したのは「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などです。

今回その在特会などが、京都市で外国人参政権に反対するデモをしようとしています。私たちは今回の彼らの行動が、京都にとどまるものではなく、また外国人参政権を巡る問題だけにとどまるものでもなく、日本に新しく現れた排外主義的な動きであると捉えています。今はまだ彼らの動きは大きくないものに見えますが、不況下においてファシズムや外国人差別が肥大化した歴史を思い起こすとき、今回の動きを見過ごすことは出来ません。そこで私たちは今回彼らがデモをしようとしている6月13日に抗議の意味を込めて、「外国人排斥許さない6・13緊急行動」としてデモを企画しました。

このような外国人排斥の風潮を許さないのだという強い意志を全国的に示すことが今必要とされているのではないでしょうか。時間が限られた中で恐縮ですが、本行動への皆様の参加と賛同を広く呼びかけます。

★Join a 6.13 Emergency Action-----No to Foreigner Ostracism and ZaiTokuKai

On April 11th, 2009, there was a demonstration which insists the
foreign people as criminals and tries to ostracize foreign people from
Japan. As a part of the demonstration, participants called at a house
and a school of Miss. Noriko Calderon who was compelled to live alone
because her parents had been extradite as illegal immigrant by
Japanese Government.
This demonstration was organized by ZaiTokuKai. This group is now
planning a new demonstration in Kyoto against enfranchisement of
foreign people.
We consider this movement is not only Kyoto province, or
enfranchisement of foreign people, but an action of newly risen
exclusivism in Japan. This movement has not been sophisticate, but we
can not overlook their activities as we remember growing Fascism and
Exclusivism during depression.
Now, we planned an anti-action against ZaiTokuKai as “6.13
Emergency Action-----No to Foreigner Ostracism and ZaiTokuKai.”
Although, there is not enough time till this action, we call on for
your participate and adhesion.

★外国人排斥を許さない6・13緊急行動★
◆日時 6月13日(土)
11:00 京都・三条河川敷集合→11:30 デモ出発→12:30 デモ解散(三条河川敷)→解散後ビラ配り
11:00  We meet at River area of Sanjo, Kyoto→11:30 Demo. Start→12:30
Demo. finish→We hand the leaflets on a street.
◆主催:外国人排斥を許さない6・13緊急行動実行委員会
◆連絡先:613action@gmail.com

■注意事項
・在特会はネット上への動画のアップを戦術的に行っていますので、当日私たちの行動に対する撮影が予想されます。不当な撮影には抗議していきますので、その際は実行委員に声をかけるようにして下さい。それでも撮影を完全に防ぐことは難しいので、顔を写されたくない方は各自で工夫をお願いいたします。
・当日の撮影は、基本的に実行委員会のみに限らせていただきます。撮影を希望される方は事前に613action@gmail.comまで連絡を下さい。
We regulate shooting of demonstration. But ZaiTokuKai may take photos
of you without permission. Please be aware to protect your own
privacy.
If any of participants would like to take photos of the demo., please
contact to the committee (613action@gmail.com) beforehand.

==メールフォーム(下記をコピー&ペーストして613action@gmail.comまでお願いします)==

●外国人排斥を許さない6・13緊急行動に賛同します。
I sympathize with the “6.13 Emergency Action.”
○賛同団体・個人名(肩書きがあれば) Name(individual or group)

○公表します・公表しません Can we publish the name? (Yes or No)

○一言メッセージなどあればお願いします Post your message, if you have.

==================================================

ナチスが共産主義者を攻撃したとき、自分はすこし不安であったが、とにかく自分は共産主義者でなかった。だからなにも行動にでなかった。次にナチスは社会主義者を攻撃した。自分はさらに不安を感じたが、社会主義者でなかったから何も行動にでなかった。それからナチスは学校、新聞、障害者、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、そのたびに不安は増したが、それでもなお行動にでることはなかった。そしてナチスは教会を攻撃した。自分は牧師であったから行動にでた。しかし、そのとき自分のために声を上げてくれる者はいなかった。
(マルティン・ニーメラー・ナチスに抵抗したルター派牧師)

■6月3日18時時点での賛同は個人・団体合わせて128名です(敬称略)。
【個人】青柳行信(NGO人権・正義と平和連帯フォーラム・福岡代表)、浅井美里、在野真麻(Wheelchair's
EYE)、RS(東京都)、五十嵐守、石原みき子、稲葉奈々子(茨城大学准教授)、イダヒロユキ、伊藤公雄(京都大学教授)、ぅきき、宇野善幸(大学院生)、梅尾直人、遠藤礼子、大須賀護(仏教者)、大月英雄、岡晃子、小野俊彦(fuf)、各務勝博(京都プレイバックシアター)、垣渕幸子、角崎洋平、叶信治(東九条のぞみの園副施設長)、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、川端諭、木谷公士郎(司法書士)、木下直子、金友子、草加耕助(京都市民・『旗旗』サイト管理人)、熊沢誠(研究会「職場の人権」代表)、黒瀬隼人(自由労働者連合評議会議長)、黒目(有象無象)、高敬一(KMJ事務局長、NPO法人サンボラム理事長)、上瀧浩子(弁護士)、近藤昇(寿日雇労働者組合)、酒井隆史(大阪府立大学准教授)、崎山政毅(立命館大学教員)、櫻田和也(indymedia
japan)、佐藤恵(カトリック正義と平和協議会)、さぶろう(東京)、澤田春彦(自由労働者連合)、塩見静子、嶋田頼一、首藤九尾子、白崎朝子、鈴木耕太郎、高橋淳(生活書院)、高橋慎一(ユニオンぼちぼち)、竹林隆、田中渥子、田中玲、立岩真也(立命館大学教授)、張ヨンテ、鶴見俊輔(哲学者)、冨田成美、中倉智徳、中村和雄、仲村実(管理職ユニオン・関西副委員長)、西浦隆男、西岡裕芳、野々村耀、ハギハラカズヤ、橋口昌治、橋野高明、原田光雄
(聖公会司祭)、濱西栄司(京都大学大学院)、樋口直人(徳島大学准教授)、平田正造(ヨシノ支援プロジェクト代表)、平田義(愛隣館研修センター)、藤井かえ子(神戸YWCA)、藤谷祐太、舟木浩、細川孝、堀田義太郎、堀内慶子、堀江有里(日本基督教団・牧師)、前川純一、松本朗、南守、三牧建一、村上麻衣、村木美都子(NPO法人東九条まちづくりサポートセンター事務局長)、村田豪、盛岡晋吾、役重善洋(パレスチナの平和を考える会)、山口智之、山本純、山本崇記(関西非正規等労働組合)、由良哲生(寿日雇労働者組合)、吉田幸恵、吉田信吾、ヨシノユギ(大阪医科大GID医療過誤裁判原告)、渡邊太、渡辺学、匿名(14名)
【団体(22)】アイヌ・沖縄を考える会、アジェンダ・プロジェクト、ATTAC関西、ATTAC京都、うさちゃん騎士団SC、釜ヶ崎医療連絡会議、釜ヶ崎パトロールの会、関西単一労働組合、関西非正規等労働組合(ユニオンぼちぼち)、関西フィリピン人権情報アクションセンター、旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都、京都精華大学社会科学研究会、憲法を生かす会・京都、社会運動研究会、高齢者特別就労組合準備会、「心の教育」は、いらない!市民会議、寿日雇労働者組合、失業と野宿を考える実行委員会、すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク(RINK)、反戦と生活のための表現解放行動、PeaceMedia、ペンギンの会(自立障害者グループ)
-----(以上)-----

| | コメント (29) | トラックバック (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »