« 窮鳥懐に入れば猟師も殺さず | トップページ | 「みなさん、好きにやって下さい」 »

2009年6月14日 (日)

新植民地主義・プランテーション・モノカルチャー

 今の私には少々荷が重い課題なのであるが、先日掲載した「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」および「転載 外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ 」の二つの記事のコメント欄に寄せられた書き込みに関して幾つか持論を述べる必要が有ると考える。

 私は故本多延嘉書記長が提唱した「革命的共産主義」を信奉する人間だ。革命的共産主義というのはレーニンの死後に革命ロシアの実権を掌握し共産主義運動を世界革命の放棄と一国社会主義とにねじ曲げたスターリンの裏切りを糾し、マルクス・エンゲルス・レーニンが提起していた本来の「共産主義」を復権させようという思想であり運動である。共産主義社会は世界革命の達成によって初めて実現されるというのが根幹にある。つまり地球上から「国境」や「国籍」などと言った支配階級が作り出した人民支配の制度を無くすことがその目的の中に厳然として存在している。そのような思想を持つ人間のブログにやって来て「国籍がどうのこうの」「不法滞在がどうのこうの」と論じること自体が場違いである。中核派の上部団体である革共同の正式名称が革命的共産主義者同盟全国委員会であって「日本」という言葉が付かないことの意味を考えて欲しい。革共同第一次分裂・第二次分裂で袂を分かった第四インターの諸君の場合に正式名称が日本革命的共産主義者同盟第四インター日本支部と言うのとは違うのだ。あるいは「ソ連共産党」「中国共産党」「日本共産党」と言ったスターリン主義の各党とも全く違う存在である。

 「経済難民」は難民である。まず最初に「脱北者は」経済難民なのか政治難民なのか質問したい。ある人は食うに困って、ある人は「朝鮮労働党」=朝鮮スターリン主義の反階級的・反人民的政策や政治体制に憤りを覚えて「国境」を越えている。両者は時として渾然一体としており、どちらか一方として断じることは出来ない。では彼らを支援している日本の右翼団体は非難されているのだろうか。断じて否だ。「人道的行為」として賞賛される場合もある。フィリピンなどアジア諸国から日本に流入してくる人々と一体どこが違うというのだろうか? かつて統一協会はカンボジアからやって来る人々について「反共の難民だから良いのだ」と主張していた。反共の難民は良いが、そうでなければいけないのか? 二枚舌・ダブルスタンダードその物ではないのか。人民には生きる権利がある。食えなくなれば国家を捨てる権利がある。生きていける土地に移住するのは当然である。場合によっては「革命権」を行使して時の政権を打倒しても良いのだ。アメリカ合州国憲法が人民に銃などによって武装する権利を保障しているのはその為である。悪政は覆して良いのだ。

 現代世界が帝国主義とスターリン主義と新植民地体制諸国とに分かれているというのは革共同の現代認識である。レーニンが当時の世界を帝国主義と半植民地と植民地とに分類していたことに相通じるところがある。新植民地体制諸国とはどのような存在であるのかと言えば、帝国主義の資本輸出によって経済的に支配されている国々である。第二次世界大戦の後に政治的独立は果たした物の経済的独立を果たせず、買弁資本や傀儡政権によって支配されている体制を指して言うのだ。拙稿「新左翼の理論と運動を知らない人のために。」 「帝国主義間争闘戦」 「『帝国主義論』その2」 「『帝国主義論』その3」 等を参照されたい。つまり日本帝国主義(日帝)やアメリカ帝国主義(米帝)などの経済的支配の結果として、アジア・アフリカ・ラテンアメリカの諸国あるいは旧スターリン主義圏である東欧や残存スターリン主義としての中国・朝鮮・ベトナムなどは経済的に自立することが出来ないのだ。食い詰めて帝国主義本国に流入する人民がいるのは当然のことと言える。

 更に資本主義の重商主義段階・自由主義段階・帝国主義段階を通じて世界各国におけるプランテーション・モノカルチャーが発達した。換金作物としてのバナナやパーム椰子・コーヒーやココアなどが広範囲にわたって栽培されている。ガーナの子供はチョコレートなど口にすることはないが、輸出作物としては重要な産業である。日本では植物油脂由来の「エコロジー」な洗剤として宣伝されている椰子の実油の洗剤も、現地では大量の農薬を使用して環境を破壊し土砂崩れなどの惨害を引き起こしながら栽培されている。現地の人々の食べ物を栽培する農地を奪って日本を始めとする帝国主義本国で大量消費するための農作物は枚挙に暇がない。ブラックタイガー海老を養殖するために東南アジアのマングローブの林が潰されている。商品名「チカ鯛」、ティラピアニロチカを養殖する体制はどうなっているのか。ダムを建設するより溜め池や井戸を掘る方が現地の人々の生活には役立つのであるが、それでは銀行や商社・ゼネコンが儲からないために現地の反対運動を銃口で圧殺して巨大な開発事業が延々と繰り広げられている。今でこそ二酸化炭素対策・地球温暖化対策というペテンで日本国内での原発工事が推進されているが、反原発運動の高揚期に東芝や日立はアジア諸国でプラント建設を行った。生活の場を奪われた人々が日本などの帝国主義本国に流れてくるのは自然の成り行きである。

 今の革共同が入管体制・外登法体制に対してどの様な態度を取っているか勉強不足で知らないが、かつてはアジア諸国などの人々が日本にやって来ることを「実力渡航」と呼んで支持していた。日本国内の人口密度が高いなどと言う謬論があるが、地方の農村など過疎化が進んで限界集落が多数存在する。地方都市も過疎化が進んでいる。日本人労働者が3K労働を嫌う中で黙々とそれらを担ったのが外国人労働者である。農村の花嫁のかなりが中国を始めとするアジア諸国からの「ジャバ行きさん」なのだ。医療労働者を強搾取する体制の下で日本人看護師が不足し、フィリピンから連れてきているのは医療資本の責任でないのか? 日本人看護師が労基法に定められた権利を保障された状態で働けるのであれば外国人看護師は必要ない。私の妻は看護師である。今までに勤務してきた病院・医院での労基法違反の実態は熟知している。これは何も日本医師会や、社団法人日本医療法人協会、社団法人日本精神科病院協会、社団法人日本病院会、社団法人全日本病院協会に限ったことではない。労働者のための医療機関を標榜している日本民医連と言う日共スターリン主義の外郭団体においてもそうである。

 外国人排斥を言う前に日本帝国主義の現実を知ることから始めるべきである。本当の敵が誰であるのか、本当に悪い奴が誰なのか。物事の本質を階級的観点から知ることが肝要である。冒頭に掲げた先日来の記事に寄せられた、日帝によるマインドコントロールに毒された人々の書き込みに対しての答えである。

 最後に付け加えるが、Wikipediaの記述は編集合戦が行われていない物に関してはかなり正確である。大手出版社が発行している百科事典の間違いと殆ど変わらない水準であることが検証結果として公表されている。

|

« 窮鳥懐に入れば猟師も殺さず | トップページ | 「みなさん、好きにやって下さい」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>国境・国籍は間違いなく支配階級が作っていったものでしょう。

どんな小さな集落にだってリーダーがいて階級のような物は生まれるでしょう。
人が集まってコミュニティを形成すれば、動物と同じように縄張りを作ります。その大きいものが国境だと思っています。

>アジア・中東の国境は紛れもなく当時の宗主国が作ったものでしょう。

これはありますね。
アジアはちょっと違うと思いますが、中東とアフリカは欧米列強が明確な線引きをしましたね。

>それを行ったらもっと細分化されていくでしょうね。

ほおっておいても細分化された国境が出来るでしょうね。

投稿: もえ | 2009年6月17日 (水) 21時57分

在特会は許さんという前提でだが、
経済難民を難民だと断定するのは危うい。
特に国内での経済難民を抱えた現在の状況では。

ちなみにこの問題を解決するのは簡単だ。日本の企業資本の大半を占める個人事業所に、「必ず1人以上」の経済難民を受け入れさせればすぐに解決する。

「経済的に~」、「溺れる人間を助ければ、こっちが溺れる~」、などという言葉は、
立派な差別排外主義者@経済版とでも言う言葉で打倒すればいい。

この状況の恐ろしさや危うさは、個人代理店でプチブルの道を歩み始めたアッテンボローさんなら、すぐわかると思う。

それに難民同士の衝突が凄惨極まりないのは歴史が証明している。
在特会の行動は許さざるものだが、国内に経済難民を抱えた現在の状況では、人が集まるのは在特会側だろう。
難民は政治難民のみの絞りにしないと無責任な結果が生まれるのが目に見えている。

投稿: 防長っ子 | 2009年6月17日 (水) 20時35分

国境・国籍は間違いなく支配階級が作っていったものでしょう。
だって、アジア・中東の国境は紛れもなく当時の宗主国が作ったものでしょう。
それだから、紛争が起きているのでしょう。宗教・民族・言語だけではなかなか線引きできないですよ。
それを行ったらもっと細分化されていくでしょうね。
支配権の行使を容易にするために引かれるものだから支配者にとっては必然性のあるものでしょうがね。

投稿: kix | 2009年6月17日 (水) 14時32分

>「国境」や「国籍」などと言った支配階級が作り出した人民支配の制度を無くす。

国境と国籍は別に支配階級の作ったものではないでしょう。言葉や民族や習慣、宗教の違う人間が集まれば必然的に出来ていくものです。

>ブログにやって来て「国籍がどうのこうの」「不法滞在がどうのこうの」と論じること自体が場違いである。

前のエントリで私宛てに記事を書いていただいたようなのでコメントを返したのですが、自分と違う意見や思想は認めないということですか

それならばコメント禁止かご自身が検閲後に表示されるように設定してはいかがでしょうか?

>「経済難民」は難民である。まず最初に「脱北者は」経済難民なのか政治難民なのか質問したい。

北朝鮮は両方いるでしょう。
しかしかの国の難民を日本で引き取る義務はないでしょう。
隣に経済的にも豊かで統一を願う同民族の国があるのだからそちらに行くのが筋でしょう。

>フィリピンなどアジア諸国から日本に流入してくる人々と一体どこが違うというのだろうか? 

フィリピンと北朝鮮では経済状態も政治状況もまったく違いますよ。
フィリピンは戦争状態でもないですし飢饉も起きていませんし、国際問題になるような政治的弾圧も起きていませんね。
自分の国で貧乏だからとか就職が困難だからというだけでは経済難民とは認められません。

>人民には生きる権利がある。食えなくなれば国家を捨てる権利がある。生きていける土地に移住するのは当然である。

人には生きる権利も移住する権利もありますが、受け入れる側は胡散臭い偽難民や犯罪者の受け入れを拒否する権利も当然ありますよね。

>農村の花嫁のかなりが中国を始めとするアジア諸国からの「ジャバ行きさん」なのだ。

農村の外国人花嫁になにか偏見おもちなんですか?ジャパゆきさんの意味を理解していてこの言葉を使っていますか?

侮蔑的な意味があるので農村にも花嫁にもその旦那さんにもかなり失礼ですよ。

>外国人排斥を言う前に日本帝国主義の現実を知ることから始めるべきである。

外国人排斥ではなくて、不法行為を行う外国人は自分の国に帰りなさいとゆうことですよ。

在特会も全ての外国人をたたき出せとは言っていないですね。

>Wikipediaの記述は編集合戦が行われていない物に関してはかなり正確である。

信じるのはご自由ですが、「資料と根拠はWikipediaに書いてありました。」では世間一般では通用しませんよ

投稿: もえ | 2009年6月16日 (火) 23時25分

それから、アッテンボローさんのような論理を持つ人にこそ、読んで欲しいメールを転載しますね。下町は大変なのですよ。(元は、外国人排斥を許さない……に送付したものです。条件的支持、という理由の明示のために。)


----
仰山党客人各位のうち、人権問題に関心をもたれている人たちへ

前略

TAMO2です。昨日のメール関連を転送します。

S.ジジェクという哲学者は「移民がやってこなければならない状況こそ
問題だろ」と言います。安価な労働力として受け入れ、エスニティシーの
違いなどによる摩擦を地域の労働者に押し付け、その負担に耐えかねて
排外主義に地域の労働者が走るというやりきれない行為の循環を、絶つ
ことを考えなければなりますまい。多分、左翼が受け入れられない理由
の一つはここにあるんじゃないかと。お~い、大学の社会活動に熱心な
先生方よ、大阪市平野区加美北とか、大阪市鶴見区に住まんかね? 
彼らの出したゴミを一緒に片付けましょうよ。(そういう問題を聞いた
地域名です。愛知県のブラジル人居住区では大問題になっている
らしいですね。)

----
佐野鷹男@極右です。

会の成功を喜び、連帯の挨拶を改めてお送りします。本日は小生の極右的な
考えをお伝えしたく、そしてそれは左翼としても考えていただきたいことで
あります。(極右と今日は書きましたが、同時に極左でもあらん、として
います)

さて、在特会(在日特権なんか、あるのか? 逆の事例なら列挙できるが)が
維新政党新風周辺から出てきたことを深く悲しんでおります。同時に、昨今の
維新政党新風のあり方に深い憂慮を抱いております。

元々、維新政党新風は「昭和維新社」と名乗り、京都の洛風書房という書店を
拠点に活動していた理論右翼です。右翼イデオロギーに通じておられない方には
信じられないかも知れませんが、在日朝鮮人の方を講師に招いて、民族主義に
ついて講演を開いたりしていた団体です。講師の中には、浮島丸事件の告発で
有名な宋斗会さんがおられました。

日本の右翼には、自由民権運動に端を発する民権派と、国権派の二つの流れが
あると思います。どちら側も西欧列強の圧力を受けた開国のあり方と、日本国
が列強によって植民地化されるのではないか、という恐怖から生まれています。
(ここは教科書レベル。左派の皆様はなぜかスルー。)

民権派右翼は、黒龍会などを結成します。その中で、被抑圧民族であるシナの
(この時代はこの呼称こそが相応しく、まったく差別的意味はありません)
民族および、朝鮮民族などとの連帯を探ります。その意味と意義は、日本の
権力者に簒奪されて変質され、大いに禍根を残しましたが、そもそもの意図は
まさに「日韓連帯」です。

小生の理解では、そのようなアジア主義の継承者こそが昭和維新社でした。
そのところが、「在日特権」などというありもしないものを振りかざすように
なったことを憂慮します。確かに、小生なんかから見たらパチンコ産業への
異様なお目こぼし(パチンコ屋の9割は朝鮮・韓国系というのは、大阪(故郷)
を観察したらその通りだと思います;ついでに言えば今のパチンコは賭博なので
全面禁止すべきだと思います)、朝鮮総連への腰の引け方は「おかしい」とは
思いますが、しかし、個々の在日朝鮮・韓国人に何か特権を付与しているの
でしょうか、我が祖国の国家は。「パチンコ特権」とか「総連特権」なら、
分かりますし、美濃部都政が行ったことはそう取ることも可能ですが。

そういう次第で皆様から見たら「敵」のあり方、小生から見たら「味方」の
あり方を憂慮しています。維新政党新風には、昔のアジア主義を捉え返して
欲しいものです。


また、在特会の差別排外主義の言い分に、理がまったくないとも思えません。
確かに、泥棒にも何とやらですが。しかし、その言い分は大衆を引き付ける
ものが正直あります。

小生の理解では、全ての人間は民族性を身に着けて育ちます。その民族性は、
言語に規定された文化を有します。その文化は、「他とは違う」ということに
よって、はじめて認識されます。例えば、英語を聞くことで日本語を意識し、
標準語を聞くことで大阪弁を意識し、松原の言葉を聞くことで八尾の言葉を
意識するように。

大阪で生まれ育った人間は、在日の方々と若干なりとも付き合いがあるもの
ですが、小生なんかよりも付き合いの深い兄は、「朝鮮人と日本人はまったく
違った考え方をしよる」と言います。考え方に違和感があるという表明です。
とてもじゃないがついていけん、ということで兄と在日の人(兄の高校時代
からの親友です)が絶交していた時期もあります。在日3世にして、かような
状況です。しかも、この3世の人は、特段朝鮮人にアイデンティティーを有して
いるというわけではありません。

簡単に異文化コミュニケーションとか共生とか言いますが、差異(違和感)に
伴うストレスというものは確実に発生します。両者折り合いをつけるために
苦労するものですが、しかし、他者と接触することを強制される「元々地元に
住んで、濃厚な接触をせざるを得ない者」が、どうして、そのような負担を
真っ先に担がなくてはならないのでしょうか? 理不尽に映ります。

そういう理不尽な目に遭っている人に対し、左翼の皆様は「差別排外主義は
ダメ」と最初に言い、「平等」を要求します。その「平等」とは、どう考え
ても「お前ら地元民は我慢しろ」に帰着します。
これじゃあ、現在中国人やブラジルからの派遣労働者の受け入れで苦労して
いる日本の地方の人々は、左翼に反発を感じて当然だと思います。ここに
非常に大きな論理の飛躍を伴ってはいるが、「在特会」のように「外人がいる
から問題がおきる」(確かに、そう見える)という人が現れたら、そちらに
なびいても仕方がないのではないでしょうか。

草の根排外主義の広がりを抑制するには、このような当然の反発に気を配る
しかないと考えます。

故あって左翼人脈から離れていて色々と疎いのですが、左翼はそのような
提起や議論がどうやらなされていないようなので、敢えて書きます。
なかなかに難しい問題ですが、共に考えましょう。
----
草々


投稿: TAMO2 | 2009年6月16日 (火) 21時44分

今、白井朗氏の『マルクス主義と民族理論』を読み進めていますが、この本素晴らしいです。

民族は階級以前から形成された歴史的構築物で、それから何人たりとも離脱できないこと、民族=国家という形態の国家ならば、階級の廃絶なんかで死滅に至ることはないだろうことを歴史=論理的に説明されています。


あと、民族意識が希薄すぎる日本人に、他民族の意識を理解できるはずがない、という白井さんの指摘は真実だと思いました。

投稿: TAMO2 | 2009年6月16日 (火) 21時40分

余計なコメント、ねぇ。
まぁこの話からは脱線してましたから、こちらに非があるでしょう。
謝りたいと思います。


しかし名前欄の確認だけでなく、上記のコメントで訪ねた具体的解決案も披露してほしかったです。

投稿: ROM人 | 2009年6月16日 (火) 19時45分

自分の主張と違う書き込みが許せないのでしたら、コメントをする機能は付けなければいいと単純に思うのですが、都合の悪い書き込みは削除するんですな…。自分の主張だけ聞いてほしいのなら、ブログ形式にするんではなくて、始めから書き込み出来ないホームページにする事ですね。

投稿: 紀州 | 2009年6月15日 (月) 13時23分

 ROM人さんのハンドルネームと紀州さんの呼びかけの中に私が許容出来ない表現があったので最初の書き込みを削除して投稿しなおします。両名とも以後ハンドルネームの後に余計な主張を書き込まないように。

>まず最初に「脱北者は」経済難民なのか政治難民なのか質問したい。
 ケースバイ・ケースだろうね。まぁ政治難民が大半。

>フィリピンなどアジア諸国から日本に流入してくる人々と一体どこが違うというのだろうか?

「フィリピンと北朝鮮の経済格差を見てくれ。こいつをどう思う?」
「すごく…… 大きいです」
 ってこと。フィリピンやその他アジア諸国では、貧乏ではあるが飢餓の危険性があるほど危険な地域とは言えない。
そもそも貧乏人が難民として認定されるならば、言ってしまえば先進国からでも難民が発生するという論理になりますが?

>かつて統一協会はカンボジアからやって来る人々について「反共の難民だから良いのだ」と主張していた。
 統一教会って韓国系宗教団体じゃんwそりゃぁ仮想敵国を捨ててきた連中なら支援するさww

>食えなくなれば国家を捨てる権利がある。生きていける土地に移住するのは当然である。
 で?フィリピンは食えない、生きていけない地域なの?
 フィリピンがどれほど地獄で生活するに値しないかをまだ一言も聞いていないのですが。

>現地の人々の食べ物を栽培する農地を奪って日本を始めとする帝国主義本国で大量消費するための農作物は枚挙に暇がない。
 日本人が命令したわけでもないし、強制したわけでもない。日本人の海老好きに乗って金もうけを目論んだ現地人の責任でしょう。
 そして「んじゃ環境に悪いから輸入やーめた」なんて日本が言い出した日にゃ、相手国の経済が壊滅しますが。
 これだけ堂々と批評するのですから、当然それを解決する策はおありなんですよね?

>地方の農村など過疎化が進んで限界集落が多数存在する。地方都市も過疎化が進んでいる。
 余計に人口密度が高くなるだけじゃんw
 そこは都市部から人口を移動させる具体的な処置を考えるべきだろう。
(といいつつ、その心配はそろそろ消えると思う。地質的にそろそろ東南海地震がおきるし、その時にでも経済の全てを一都市に集中する危険性が理解できると思う)

>日本人労働者が3K労働を嫌う中で黙々とそれらを担ったのが外国人労働者である。
 よく考えて。その外国人との混血の子供は、当然日本人として育てられます。さすれば当然、日本人と同じように3K労働を嫌って都市部へ行ってしまうのでは?
 それこそただのその場しのぎでしかないでしょう。

>本当の敵が誰であるのか、本当に悪い奴が誰なのか。
 敵味方の二次元論じゃ答えは出てこないでしょう……

>外国人排斥を言う前に日本帝国主義の現実を知ることから始めるべきである。
 だーかーらー、しっかりとビザをもらって日本に旅行に来たり移住したりする人は大歓迎だと。

 一番の問題として、移民難民をなぜ嫌うかという根本的な原因をアッテンボローさんら左翼は忘れている。
 それは純血主義でも民族差別でもない。
 職を奪われることもあるが、それ以上に危惧されるのは、治安の悪化だ。

 移民大国であるアメリカの治安は言うまでもないが、欧州などでも移民を行った結果、治安が急激に悪化した地域は後を絶たない。
 以前にも言いましたが、日本での在日外国人犯罪率は圧倒的に日本人のそれを抜いている。(というより、日本人の犯罪率が世界的に見て低いんだけど)
 日帝の経済や洗脳云々の前に、この治安悪化について納得できる具体的な手法を教えていただきたい。

投稿: ROM人 | 2009年6月15日 (月) 00時37分

>医療労働者を強搾取する体制の下で日本人看護師が不足し、フィリピンから連れてきているのは医療資本の責任でないのか?
 労働基準法違反をしないと対応できないほど医師不足が深刻化しているからです。そしてその原因がTBS以下のアホメディアが「手術失敗=医療ミス=裁判で金」という構図を作り出したから。
 それで訴訟を恐れてそういう可能性の大きい産婦人科などを敬遠するようになったり。
 それ以外にもいろいろ原因はあるけど、国や団体の政策よりも、日本国民自身の意識が原因の方が大きいと思いますが。
 まぁ対策を打ち出して医学生ふやしてますから、10年すれば少しずつ回復していくだろうと見込まれていますが。

 毎度毎度思うことだけれど、アッテンボローさんの主張には理念や主張ばかりで、具体的な数値や手法と言う物がほとんど示されない。
(いや、これはアッテンボローさんではなく、文系の人間の特徴かもしれない。少なくとも理系では、そんな曖昧なことでは仕事にならん)

今回にしたって
・フィリピンが食うに困るような貧困国だという証拠
・移民受け入れ時に発生する問題
・日本が環境破壊することなく、かつ相手国の経済も壊滅しない貿易の方法
・労働基準法を守らせる方法や医師不足を解消する方法

 これらについて具体的に解決方法を示さないかぎり、その批評はただの愚痴と大差ないと思います。

投稿: ROM人| 2009年6月15日 (月) 00時51分

私もROM人さんと同じ考えです。アッテンボロー氏も批評だけ達者な印象があります。批評が駄目な訳ではありません。ただ日常の活動で「私はこういう事をしているのだが、上手くいった、上手くいかない」というアッテンボロー氏自身の事があまり書かれませんね。「集会に行った・デモに行った」話だけでは「俺も革命運動、頑張ろう」なんて人は出てきません。

投稿: 紀州 | 2009年6月15日 (月) 06時12分

投稿: アッテンボロー | 2009年6月15日 (月) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/45343249

この記事へのトラックバック一覧です: 新植民地主義・プランテーション・モノカルチャー:

» 寄稿】外国人排斥を許さない6・13緊急行動に参加してみて [ブログ「旗旗」]
 ご覧のように「日の丸を穢すな在特会」と、日章旗を掲げて在特会に抗議の声を挙げた人も数人参加しておりました。この人たちは民族派とか右翼とか保守とか或いは左翼とか左派とか関係なく、差別の無い「日本を世界に誇れる国」にしたくて、堂々と日章旗を掲げたい人たち... [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 03時22分

» JNN世論調査 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年6月15日 月曜日 JNN世論調査 今日からブログに復帰しようと思いましたが、今週一杯は復帰するのが難しく、もう暫く休まさせて頂きます。 ただ、今朝の番組でJNNの世論調査が出ていましたので,整理をしましたので送ります。 まず、厚労省女性キャリア逮捕。 この問題も、政治家の名前が見え隠れしている。しかし、不思議なことに名前は隠れて出てこない。 私ばかりでなく多くの国民は政治家が絡んでいないとは絶対に思っていないのではないか。                       鳩山総務相の辞... [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 15時11分

« 窮鳥懐に入れば猟師も殺さず | トップページ | 「みなさん、好きにやって下さい」 »