« 負けた将ほどよく学ぶ | トップページ | 「あの馬鹿を村一番と江戸で言い」(江戸時代の川柳より) »

2009年6月21日 (日)

「郷に入れば郷に従え」と言うが

 右翼が外国人排斥を主張する際によく使う論理が、外国人が日本の風習に溶け込まずに自国での生活様式を守ったままであると言うことがある。言語も習慣も全く違う土地に来たのであるから日本の慣習を守れないのならば出て行けと言うことだ。先日のTAMO2さんのコメントにもあったように、元々の住人である日本の貧困層との間での摩擦は大きい。しかも外国人労働者の移入によって職を奪われたかのようなデマ宣伝で教育されているから尚のことだ。関西でよく言われるのが「芦屋の住人は差別をしない」という物だ。東京ローカルで言えば「田園調布」「成城」「自由が丘」「白がね」辺りにでもなるのだろうか。要するに高級住宅街に住んでいる人間は被差別部落や朝鮮人部落、外国人コミュニティーとは隔絶された環境で生活しているために接点がないので差別しようがないと言うことだ。差別をするのは日本人の中の貧困層が中心になる。国鉄分割民営化によって格差社会が始まり二十数年、一億層中流と言われた時代はとうに過ぎ去り、「貧困大国日本」などと言う言葉も有るくらいだ。階級政党が不在の中で、日本が如何にして資本主義特有の利潤追求・弱肉強食の社会となっているのかを系統的に明らかにする勢力が殆どいない。

 摩擦を避けるためにはお互いが歩み寄るしかないのであるが、「分割して統治せよ」との言葉があるように、あるいは企業などが小集団管理をすることで労働者階級の殆どが孤立した状況に追いやられている。この状態で異民族に理解を示す努力をすることは非常に困難である。教育の現場においても大学の教養課程の廃止など「ゆとり教育」によって考える力が奪われたまま成長した若者が非常に多いと言われている。昔の大学生であれば哲学書などを読むのは極普通のことであったが、飲食店でバイトしていて驚いたのは「本なんか読んだこと有りません。漫画を読んで勉強しています」という大学生がいたことだ。漫画自体は私も好きだから別にそれを読むことを否定する気はないし、キチンと取材した漫画の中には非常に為になる物も少なくない。テレビもゲームも漫画も、受け身の状態でダラダラと時間を潰すことが出来る。息抜きや気分転換のためには必要な時もある。だが活字は考えないと頭に入らない。想像力を働かせないと理解出来ない。或程度の基礎知識がないと何が書かれているのか全く分からない。思考する訓練を受けていない人間は他者を理解することが出来ないから、容易に差別排外主義に取り込まれる。

 勿論ずる賢い奴はずる賢い奴で考えているが、異民族との相互理解よりも差別分断を煽って自分は儲けようという思考をする。正しい情報を提供しないことによって超過利潤を得ることが如何に容易いかが徐々に体得出来てきたからなおさらそう思う。

 脱線したので掲題の「郷には入れば郷に従え」に戻ろう。右翼の中でも特にネット右翼は在日朝鮮人・韓国人や被差別部落・外国人コミュニティーに対して、ここは日本なのだから日本語を話せ、日本式の姓名を名乗れ、日本の風習を覚えろ、外国での過去は捨て去れと要求する。「帰化」という言葉に見られるように王の徳をしたって蛮夷の者が帰順したという言葉を平気で使う。日本国籍を取得する際には日本式の姓名を強制している。戸籍制度自体が日本と日帝の植民地であった朝鮮半島と台湾に独特の物であるのだが、それを押しつけて恥じない。日本国内においては「民族意識」が強調されるが、アメリカ合衆国やブラジルなどを始めとした移民社会においては容易に日本人としての民族性を捨て去る。移民が日系人であるのは姓が日本式の物であるという位の物だろう。名からは日本人としての出自を見て取ることが出来ない場合が殆どだ。華僑もユダヤも出自に対する思い入れは強烈であるし、その他の民族の場合も民族意識は強固である。

 ネット右翼の殆どは他人の立場を思いやる能力が欠如している。その事は私のブログでのネット右翼の書き込みの殆どを見ても明らかである。自らは外国人労働者の中でも特にアジア・アフリカ・ラテンアメリカ系の人々に対して「ここは日本だ。日本のしきたりに従え、出来ないなら祖国に帰れ」とやる。このブログは共産主義者たらんとしている私のブログである。共産主義とは何か、プロレタリア国際主義とは何か、帝国主義と何か、新植民地主義とは何か、差別排外主義とは何か、搾取とは何か、収奪とは何か、全く知ろうとせずに土足で踏み荒らすまねをしてくる。少なくとも繰り返し要請している「共産主義の古典を読んでから」「前進サイトを見てから」、前提となる知識を共有して対話しようという呼びかけは無視され続けている。過去の記事にリンクを貼って紹介しているが、アクセス解析を見てもそれらを読んでいる形跡は無い。ハッキリ言わせて貰おう。人と対話する能力のない人間は書き込むな!!

 紀州や関西派労務者は革共同が非公然・非合法活動を行う革命党であることを理解出来ているのか? なぜ革共同再建協議会が「雲と火の柱 -地下生活者の手記」を出版したことを「前進」誌面で「転向」の証であるとして批判しているのか分かっているのか? 私が革命的警戒心の欠如故に革共同系列の集会には出入り禁止の身となったことを知らないのか? 国家権力に対して戦果を上げた革命軍の行動形態を秘匿することが、将来革命情勢到来の際に必ず役立つからではないか。末端の活動家が成果を誇ることで組織形態や活動内容が把握されたらどうするのか? 考えたことがあるのか? 成功した部分こそ秘密を守る必要があるのではないのか。レーニン主義の革命党は非公然・秘密裏に組織化を行うのが原則だ。87年沖縄国体闘争の際に私は職場で公然登場したが、 「沖縄国体闘争と公然登場」内心の疑問は消えなかった。悩みながら出した結論は奈良における中核派の広告塔になると言うこと、拠点化を進める細胞を守るための陽動作戦担当なのだと言う物であった。組織として・運動総体として戦果を上げるためには切り捨てる部分も当然ある。自らの職場を拠点化することに失敗したことは、或意味私の成果である。

 パチンコの件について書き込んでいるところを見ると紀州はどうやらHの様だが、年に10~20日パチンコ屋に行くと「パチンコ三昧」というのが妥当なのかどうか、人によって基準は違うから言いたければ言うが良い。JP労組の会議や大会で公然と中央本部・地本・支部方針を批判出来るようになったかな? 前は革労協西原グループの前に出ると何も言えなくて、2チャンネル経営板の奈良北葛ユニオンスレでは名なしで勇ましかったが。陰でこそこそ悪口を言うのは相変わらずだね。どうせなら自分でブログでも作って私への批判をトラックバックしておいで。

  ROM人さんも相変わらず「帝国主義論」も「共産党宣言」も読んでくれていないね。何度も頼んだはずだが。それからあなたの疑問に対して全て即答出来るだけの能力がないという意味で先日の返事を書いたのであって、全く答える気がないと言うことではないので誤解無きように。

 もえちゃんは高校の世界史で宗教についてアニミズムやトーテミズムという物を習っていないようだね。階級社会以前の宗教と今現在の物とは全く違うものだよ。日本史の授業でも明治維新以後の国家神道とそれ以前の古神道との違いを学ぶはずだからしっかり勉強してね。聖徳太子や蘇我氏が大和朝廷の権力確立のために仏教を輸入して神道を護持しようとする巨勢氏と内戦を行ったことなんかも出てくる。そうすればオジサンが書いたことの意味が理解出来るはずだからね。ついでを言えばエンゲルスの著作に「家族・私有財産・国家の起源」というのがあるから読んで欲しいな。階級社会以前の共同体における「リーダー」と階級社会になってからの「リーダー」との違いなんかについても書かれているからね。

  某高剣道部OB は小学校時代にウォーターラインシリーズを作っては見せっこしたHかな?  関西派労務者もそうなのだが、過去の記事に幼稚園から中学1年までは父親の影響で戦争映画・西部劇・時代劇ばかり見たり関連した書籍を読みふけっていたが、中学2年くらいで卒業して右翼と決別したと書いたことは見落としているのかな。オコチャマ右翼のヘソの緒が残っていた名残で剣道を始めた物の、真剣に稽古していたのは高1までだったからなぁ。少年期のことを書くのなら、ついでに剣道部と距離を置いてからの私が何をしていたのかまで書いてくれると有難いが。刑事としての職業病なのかも知れないがM先生なんかは横柄だったよな。I先生は機動隊にしてはおとなしくて温厚だったが、仕事中はどうだったろうかね? きっと沢山の学生に暴行していたと思うよ。同級生のM君は警察を受けたよな。私立の強豪校ほどではないにしても、左傾化した人間には剣道部の体質は水が合わなかったよ。

 知ってるよさんの言うことがいつのどの事象を指しているのかまでは分からないが、出来れば鬱病が本格的に悪化してから以後のことであって欲しいね。実際無茶苦茶していた時期があった。郵政民営化攻撃の激化・全逓本部の急速な労使協調への方針転換・本部派や西原グループとの党派闘争、指導部との齟齬。様々な重圧に負けてしまい思想的に腐敗していた。それ以前の元気な時期であっても党組織や運動、自分自身を守るためにダッチロールをしていたことがあった。一例を挙げると、飲み会なんかで何で中核派を選んだのか尋ねられた時に、まさか元々反戦派労働者で革命運動・労働運動をするために郵便局に入りましたなんて答える訳にいかなかったからね。適当に誤魔化していたら青ヘルの連中なんかが悪口オルグに使ってくれた。K元支部長やH元副支部長が高田局にいたNさんと袂を分かった時なんか酷かったよ。Nさんのことを「カクマルに違いない」なんて事情を知らないWさんやSさんを巻き込んで四人がかりで数時間情報提供だ。カクマルは素性を隠すのがとても上手いから警察の上層部にまで構成員がいると言われている。メンバーなのかシンパなのか、はたまた単に行動を共にしているノンセクトなのかを見極めるのが非常に難しいから「誤爆殺人」等と言われる戦闘も沢山ある。もしNさんが死んでいたら、WさんとSさんの口から広まるだろうから手引きをした共犯者として私を排除出来て一石二鳥だ。今では素知らぬ顔してNさんと仲直りしているから恐れ入る。

|

« 負けた将ほどよく学ぶ | トップページ | 「あの馬鹿を村一番と江戸で言い」(江戸時代の川柳より) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「郷に入れば郷に従え」に関しての私論。
入郷従郷の例としては、
・新大陸に入植した西洋人とアメリカ先住民の関係(古いねぇ、意外と最近だけど。
・ハワイを州にしたアメリカ。
・中華人民共和国における漢民族とその他漢民族に抑圧されている諸部族の関係。
こんな感じですね。
他にもありますけど長い文章は嫌なので。(もう十分長いがな

 ……まぁこんなふうに「郷に入れば郷に従え」の動乱期(どっちがどっちの郷に入るのかを決める時期)にぶち当った世代は過酷な処遇を受けざるをえないんだと思います。
 で今の日本人もその時期にぶち当っているのではないでしょうか。:(

 近々あるであろう選挙において、民主党や公明党が勝てば、当然これらの支持母体である朝鮮総連や韓国民団、創価学会の意向を受けて日本が彼らの郷に入ることになってしまいます。対して自民党が勝てば、日本人は日本の郷に入ったままで良いということになります(原則的には)。
 因みにこの場合、前者側が左翼(所謂売国奴)で後者側が右翼(保守派)となるはずです(常識的には)。
とアナーキズム(個人主義)好きな右翼(全体主義)の人間が語った。

投稿: daqthh | 2009年7月27日 (月) 01時12分

習慣でなく法律ですね。
日本の法律を破った外国人犯罪者は
日本から出て行ってもらわないとダメでしょう。
でないと正式に日本に来ている外国人に失礼です。

投稿: | 2009年7月11日 (土) 13時30分

 不法移民を認めたら、正規で入国して移住している人の立場はどうなるのさ。

NKさんが
>今日の外国人労働者の境遇は、明日の日本人労働者の姿でも有ります。
と言いましたが、まさにその通り。
 ですが、海外は物価が安いからその給料でも十分やっていける。
 同じ仕事量なら安い方を使うのは当然でしょう。
 だからこそ日本人の就職口が外国人に持って行かれるのを防止しなければならないのでは?

 まぁどうあれども、今だに「小泉さんを総理に!」とか言ってる連中が多い時点で、日本国民に期待するのはかなり無理があるかと。
 アメリカでも「日本は斜陽国家」と言われてますし、一度更地になるのを待つのが一番かもしれませんねぇ。

投稿: ROM人 | 2009年7月 8日 (水) 22時53分

NKさんの仰るとおりで、合法的に日本に来ている労働者です。

さて、今、マルクス主義解説の本を書いていますが、第一インターの(おそらく)最初の活動は、「イギリスへの労働者の輸入反対」なんですよね。

それは、まさに、イギリス人の労働者の待遇を押し下げる圧力に反対するためでした。

イギリス人の労働者だけではなく、「輸入元」であるオランダなどの労働者との団結だけが、イギリスへの移民を阻止できる、と。

いずれにせよ――日本政府が出している移民政策に賛成するにせよ、反対するにせよ――労働者の国境を超えた団結と対応だけが労働者に未来を与えると思います。ということで、NKさんの論旨に同意します。(1000万人移民政策には反対ではありますが、これは不法移民とは直接関係ないですね。)

BAYANのことは、昔日に実際にお会いした彼らの愛国主義者っぷりの凄さから考えて、そう言うだろうなあ、ということです。

では、本件、これにて。

投稿: TAMO2 | 2009年7月 4日 (土) 00時09分

おそらく、TAMO2さんの知り合いの人は、いわゆるオーバーステイ組や「研修」資格で働いている人達とは違うのかも知れません。事労働者に関しては、合法的に入国させられ、非合法的働き方を強制される「興行」(今では少ない)や「研修」資格労働者の実態(奴隷労働も少なくないのは、高い死亡率などにあらわれている)から見れば、いくらか人間的自由のあるオーバーステイでの労働のほうが遥かにましに見えるでしょう。例え強制送還のリスクはあるにしても、少なくとも日本人同様に日本国内法の適用は受けます。
この辺は、どちらの側から物事を見ているかによってかなり違うのではないかと思います。

日本における、非正規雇用に対する差別的待遇の問題も、アジアの生産拠点での搾取度がそのまま国内に反映、波及してきたものだと考えれば、大工場などに留まらず主要な産業での労働者の待遇は絶えず国外並に引き下げようとする資本の圧力にさらされ続けるでしょう。今日の外国人労働者の境遇は、明日の日本人労働者の姿でも有ります。また資本はこのように資本と労働者の関係を新たにすることなしには恐慌過程から抜け出し、新たな蓄積の過程に入ることはできません。(それにしても固定資本の更新の問題は残るし、それ故帝国主義戦争も回避できないのですが)
そういう意味で、昨年来の非正規雇用をめぐる過程は、国内における非正規雇用が縮小されるのではなく、アジア諸国での搾取の一層の普遍化、その形態の国内への積極的導入により確立されたともの見るべきでしょう。

日本の労働者階級が、外国人労働者に対する非人間的搾取、追放をこのまま傍観し続けるならば自分で自分の首を絞めることになるでしょうし、日本帝国主義は、両者の利害の結合を阻止するためにこそ、「不法」「犯罪」者キャンペーンがなり続けなければならない訳です。

わが国における左翼勢力は、そのほとんど全てが、トロツキーの言うところの協調主義者であるので、いくら左翼言辞、きれいごとを並べようとも、大衆はそれについて行こうなどとは考えていないでしょう。
同様に自称ファシストなどと言う得体の知れない連中の言動や、カラスの鳴かない日はあっても、北朝鮮の悪口を言わない日のない、マスコミや権力の追従者にも飽き飽きしている。すべては、今後の過程、経験がその動向を決めるでしょう。労働者人民の政治の学校はこれから始まると言うことでしょう。

アッテンボローさんの断りも無く、議論したことを、遅きに失したましたがお詫びします。

投稿: NK | 2009年6月26日 (金) 00時51分

うーん、身近な外国人(アジア人)は、カルデロンさんの主張に否定的でしたね。彼らは「ああいう手合い(カルデロンさん父母)が増えたら、合法的に日本に来ている我々にとばっちりが来る」と言っていました。

>同様の地殻変動がおきつつあることを念頭に置くべきでしょう。

今のままじゃあ、その地殻変動のエネルギーあるいはトロツキー流に言うならば蒸気の力は、恐らくはファシズムに絡め取られるでしょうね。

そして、そのファシズムは左翼ごときが反対したところで、無力化できないでしょう。在特会? そんなものはファシズムじゃあない。もっと間抜けで馬鹿げたものだ。

投稿: TAMO2 | 2009年6月25日 (木) 21時13分

>BAYANやNPAの山の男たちは、この事件をどう考えているのだろうか?

>「カルデロン一家が、祖国(フィリピン)を侮辱していると、かの愛国者たちなら言いそうだ。」

フィリピンでこのように考えている者がいるとしたら、アヤラ一族やアキノ一家などの支配層の連中以外いないでしょう。800万を超える海外出稼ぎ労働者とその家族、つまり大多数の国民にとっては、カルデロン氏一家の不幸は、特別なものでは有りません。

NPAやKMU(5月1日運動、共産党系労働組合のナショナルセンター)等左翼勢力は、東南アジアでは最大の勢力を持ち、また労働者と農民は極めて大きな潜在的力量を持つにもかかわらず、外国資本の傭兵である軍(「死の部隊」等)、国家警察の白色テロ攻勢に対して有効な反撃が組織されていない。
工業地帯であるカビテ州やラグナ州では近年、日帝資本と軍、有力者私兵の結託した白色テロ支配が次第に地域全体を覆い、そのもとで日本人による犯罪的人身売買産業もまた大いに繁盛しているようです。

しかし、徐々にこうした状態に対する住民の怒りも沸騰点に近づきつつあります。大衆の自然発生的決起は間じかでしょう。それに対して、既成の政治勢力は、この近い将来の自然発生的爆発に対してはなんらの対応能力も無いと考えられます。いずれにしても例え左翼が無力であっても、労働者・農民は必ずこの連中に鉄槌を下すでしょう!
我々は、それよりも日本においても同様の地殻変動がおきつつあることを念頭に置くべきでしょう。


投稿: NK | 2009年6月24日 (水) 23時09分

名前抜けていたがいいや、めんどくさい

ROM人よ、その他。そこの猫を相手にするな。
ブログ最初の頃はつるみかけたが縁切った、3年前にも来て、追い出されている。

今回、アッテンボローさんと読者が追い出すか追い出さないかで、この落ち目か分かる。
少なくとも引き入れるなよ

投稿: | 2009年6月23日 (火) 21時28分

偽物が出現とか俺人気者だなw

>アッテンボローさんは過去の社会主義関連の基礎的な文献を「読んで理解」して欲しいと言っているに過ぎません。
 読んだ。だからこそ時代遅れだと感じたし、今アッテンボローさんがどのように考えているのか気になる。

>その言葉,うちの病院のベテランの准看護師に伝えておきましょう
 ……だからまた一部の例を出す。全体的に准看護師と看護師の方が知識の差が出ます。個人のがんばりで逆転もあるでしょうが、それは全体の何割でしょうか?
 だからこそ准看護師の数を減らして、その分の人材を看護師に回す。効率的だと思いますが。

>なぜ彼女たちが専修学校・高校看護科停まりなのかは過去の経済状況のためである.
 奨学金を活用しようぜ。学問のすすめにもあるとおり、人間は生まれつき不平等。だからこそ勉強しろと言っているわけで。。
 親が低収入でもしっかりと国立医大に行った奴もいる。自分で本当にやれるだけのことやったのか?
 まぁ若い(俺も人のこと言えないけど)内は失敗するだろうけどさ、それを親とか他人のせいにするなよ……

投稿: ROM人 | 2009年6月23日 (火) 18時04分

 URLで子猫遊びしている人らがいる。
 下手な漫画粗筋書き屋さん、嘘八百のニセ科学ニセ医者さん、妄想ばかりの患者さんなんで遊べるんだな。
 お前目も見えるんだろ。税金泥ボーとはお前のことだ。

投稿: ROM人 | 2009年6月23日 (火) 15時53分

 数学オリンピックの予選落ちか…これは初めての(子猫脳内)設定やな(爆)。1960年生まれの子猫が1990年から日本参加に予選落ち、ということは30歳で高校生か。お前本当に優秀だ(爆)。
 六本木ヒルズの持ち主についても無知。肝炎ウィルスについても無知。生活保護で何を吠えてるんだ、たわけ!
 「うちの準看護師」とは、子猫の精神科病気持ちの担当か。
 だから大学も出られない脳内ドクター妄想で、「塾屋」もリストラにならんやな。kaetzchenとやらよ(爆)。

投稿: ROM人2 | 2009年6月23日 (火) 15時46分

>この男に入り込まれるとは色々と落ちぶれたもんだな。

などと書き逃げした反革命分子は出てこい! 総括してやる!

ところで,ROM人さんは,やっぱり教養がまったくない「技術屋」ですね(笑)

>でもそれを聖書のように崇めてる人が……

きちんと洗礼を受けたクリスチャンで悪かったな.新約聖書なら幼稚園の頃から読んでるぞ.崇めるのと読んで理解するのは異なる.

アッテンボローさんは過去の社会主義関連の基礎的な文献を「読んで理解」して欲しいと言っているに過ぎません.そんな「文脈」も読めないほど,ROM人さんはおちぶれているのですね(笑)

>ニュー速民

選民でしょう,賎民くん.最後に「w」をつけただけで,あなたの頭の悪さが分かるよ.

>「低学歴であまり使えない准看護師はいらない」

その言葉,うちの病院のベテランの准看護師に伝えておきましょう.本当に「使えない」のはROM人さんなんだよ.「使えない」労働放棄している月給泥棒め.恥を知れ!

なぜ彼女たちが専修学校・高校看護科停まりなのかは過去の経済状況のためである.子供は親を選べないのだ.そんな簡単なことさえ分からないROM人さんって,ものすごーいお金持ちなんですね.やっぱり粛正だ.

投稿: kaetzchen | 2009年6月23日 (火) 06時34分

>こんなの中学や高校の時に読んでおくべき「教養書」ですよ
 そうなんだよ。でもそれを聖書のように崇めてる人が……

>ちなみに私はry
 ニュー速民が「俺らは年収1000万超えのエリート」と言ってるのと同じ匂いがするw

>厚労省が准看護師を減らして看護学校を潰して~
 まぁそれもあると思うけど、根本的には「低学歴であまり使えない准看護師はいらない」ってのが一番の根本でしょうね。

投稿: ROM人 | 2009年6月23日 (火) 02時45分

BAYANやNPAの山の男たちは、この事件をどう考えているのだろうか?

カルデロン一家が、祖国(フィリピン)を侮辱していると、かの愛国者たちなら言いそうだ。

投稿: TAMO2 | 2009年6月22日 (月) 22時00分

この男に入り込まれるとは色々と落ちぶれたもんだな。

投稿: | 2009年6月22日 (月) 21時50分

私も理科系出身者 (一応,高校時代に数学オリンピックの最終予選で落ちた,ドクターです) なので言わせてもらうけど,ROM人さんは本当に理系なのかい(笑)

>しかも共産党宣言や帝国主義論などは1世紀も前の代物で、現代における国際化が活発となり、情報科学の発達した現代においては時代も価値観も多いに異なります。

だなんて戯言を言ってるけど,こんなの中学や高校の時に読んでおくべき「教養書」ですよ.ばっかじゃない(笑)

ちなみに私は小学校の頃から化学者の祖父から四書五経を習い,剣道も習って,教養部の時に三段を取った実力の持ち主でもあります.『毛主席語録』だって小学生の時に既に読んでたし,大ていの岩波や大月のマルクス・レーニン主義関係の本は読んだんじゃないかな.理科系に進むのならば,現代科学の基礎になっている近代の歴史観や科学観についてきちんと「学史」を学んでおくことは常識.当然「学史」だから英語どころかドイツ語やロシア語やラテン語は必須! 恐らく『マニフェスト』(と言っても『共産党宣言』は浮かばないだろうな) をロシア語やドイツ語の原書で読めなんて言ったら,お手上げになる人は多いんじゃないかな.学生時代にそう言って革マルをいじめたことがあるけど.

逆に言うと,ROM人さんは余りにも教養がなさすぎます.つまり,あなたは「理系」じゃなくて,ただの「技術屋」に過ぎません.「技術屋」は「文系」の大学を出ようが,高卒・中卒就職しようが,企業できちんと研修を受ければ誰でもなれますよ(笑) 実際,MRやSEが典型例じゃないですか.「技術」と「科学」の違いは,論理性 (哲学) が分かっていなくても使えるか否かの問題です.厚労省が准看護師を減らして看護学校を潰して,看護学部卒の学士正看護師を増やそうとしているのも,体験の数をこなして徒弟制度的に育成してきた看護師の医療ミスが増えたり辞める看護師が増えたため,「科学」を教えようという意図もあるんです.(その代わり,センター試験を受けられない貧乏な子どもは看護師になれにくくなるという格差社会のデメリットもある)

投稿: kaetzchen | 2009年6月22日 (月) 13時53分

NKさん

カルデロン氏の一家離散追放事件?
一家離散など誰も強制してませんよ。家族で母国に帰る選択も選べたのですから。彼らが自身で選択しただけでしょう。

何でもかんでも帝国主義や日本が悪いことにしたいのですね。

カルデロンが犯した行為や彼らの支援者達が言っていた嘘については何も考えず目を逸らしているのが不思議です。

>勝手気ままに奴隷労働に従事(外国人研修制度)させたり、ダンサーと偽って募集しながら、接客業に従事させ、

外国人労働者や興業者の招聘に関して何もご存じないようですね。

フィリピンのダンサーなどは接客業をメインにやることなど皆自覚して応募してましたよ。

>日本円にして2万円に過ぎない。

どこの国の話なのでしょう?
これは月給ですか年収ですか?

>日本におけるフィリピン人がおおむね被害者である

カルデロン一味がどんな手口で日本に不法入国してきたかご存知ですか?あれは簡単にしてかなり悪質な手口ですよ。

あれを見ておおむね被害者と考えるのはは単純すぎです。

>こうした嘘は、とりあえず、日本人にだけは通用するからです。

カルデロン一味の捏造キャンペーンは酷かったですね。
背景や肝心な事は何一つ報道せず犯罪者を被害者に摩り替える意図に溢れてましたね。

ああゆう嘘が通用するのは日本人だけでしょう。

投稿: もえ | 2009年6月22日 (月) 13時22分

>エンゲルスの著作に「家族・私有財産・国家の起源」というのがあるから読んで欲しいな。

エンゲルスですか
理解してくれとだけ言われても中途半端な気がしますが・・・
図書館に行ってみることにします。

>共同体における「リーダー」と階級社会になってからの「リーダー」との違い

共同体にリーダーが生まれれば次にくるのは能力に応じた階級が自然に生まれてくるものではないですか?

投稿: もえ | 2009年6月22日 (月) 12時37分

久しぶりにお邪魔します。色々多難の中、ブログを更新し、闘われている事に敬意を表します。
さて、唐突ですが「郷に入って郷に従う」と言うタイトルですので、私なりの考えを書いてみたいと思います。あるいはご迷惑かも知れませんがご容赦ください。

カルデロン氏の一家離散追放事件は、日本帝国主義の及び日本人がアジア諸国を搾取し、収奪する事をとおして肥え太ってきた過程で必然的に引き起こされた、日本政府並びに日本人の犯した数々の犯罪の一つに外なりません。被害者を犯罪者にしたてあげる。あるいは自分たちに都合の良い法律を作って勝手気ままに奴隷労働に従事(外国人研修制度)させたり、ダンサーと偽って募集しながら、接客業に従事させ、法務省のキャンペーンの際にはこれを違法労働として摘発するなど、または当該国では禁止されている、結婚紹介業と称するアジア人の人身売買など、そのあくどい手口にはただあきれるほかありません。これらは、わが国政府、雇用者が結託して行うやりたい放題の無法の(法務大臣の裁量などもこの範疇に入る)一部に過ぎません。

目を国外に転じれば、わが国企業の犯罪は目を覆うばかりです。当の国の法を公然と無視して労働組合を認めないなどは序の口で、組合役員の殺人にまでエスカレートしています。これらをとおして一体どれだけの富が、かの国からわが国に運び去られているのか、大卒で、現地日本企業で20年間働いている私の知り合いの給料は、日本円にして2万円に過ぎない。そしてこれは過去20年来変化が無いことを付け加えなければなりません。

企業がこのようなものであるので、そこの日本人の振る舞いも到底「郷によっては、郷に従う」といった風なものではありません。
渡航先での恥知らずな行為によって殺される者の例や、現地の住民から寸借詐欺をはたらく者、あるいは現地に法人を作って日本への労働力・花嫁斡旋(実体は人身売買)を行う者など(カルデロン氏などは彼らの被害者の一人である。)日本におけるフィリピン人がおおむね被害者であるのに対して、現地の日本人は正真正銘の犯罪者(特に現地の法律では)であることが少なくないと言えます。

私は、「在特会」やこれを擁護する犯罪者共がこうした実体を知らない、無知であるからそうするのではなく、逆に知っているからこそ、そうせざるを得ないのだと思っています。なぜならばこうした捏造キャンペーンによっていくらかでも真実の暴露が薄められる効果が期待できるからですが、こうした嘘は、とりあえず、日本人にだけは通用するからです。まったく「裸の王様」には、それにふさわしい追従者、「王様の着物は美しい」と触れ回る者が必要ですが、いつまでもできるわけではない。


投稿: NK | 2009年6月21日 (日) 22時28分

ROM人よ。アッテンボローに論戦挑んだ所で意味無いこと理解しろ。ただの末端不良構成員の戯れ言だ。得るものは無いし誰も得しない。知っている人間はとうに見限っているんだ

あまりやりすぎると、そのうち自作自演コメントと、自作の連帯したがりブログができあがる。

前の手に終えなくなった時に登場したのは、ハマの流れ星、だったな。

投稿: | 2009年6月21日 (日) 22時03分

はいはい、自演と代理演技お疲れさん。
躁転と代理店営業でぶっとんどる人間の目が普通じゃないのはあたりまえや

バレて大それること、しとらんしな。自分をごまかすのは昔から得意な男だ

投稿: 関西派労務者 | 2009年6月21日 (日) 21時42分

もう既にROM人は0点なんですけれど、それで何か・・・。

投稿: 元々中核派 | 2009年6月21日 (日) 21時25分

>日本なのだから日本語を話せ、日本式の姓名を名乗れ、日本の風習を覚えろ、外国での過去は捨て去れと要求する

 日本語を話せってのは当たり前でしょう。日本なのだから、日本語でコミュニケーションを取らないといけない。また同様の理由で日本の風習を覚えないと、地域でのコミュニケーションが取れなくなる。むしろやらないと生活できません。
 外国での過去は捨て去れとは誰も言ってません。
 日本名?現在貴方がたの言う右翼は「通名だと日本人と区別つかないから廃止にしろ」という立場ですが……
 そもそも普通に生活するだけなら帰化する必要性なんて無い。故に日本名を名乗る必要性もない。

 そして在日が批判されるのは、
①仮想敵国であり、日本の領土を侵している
②本国自体が反日教育を行っている
③外国人罪者の中で割合が多い、同時に犯罪率も高い
④内政干渉してくる(参政権よこせとか)
⑤ウリナラ主義とか、東海とか、在日認定とか……
 そもそも国を上げて反日政策をやってる連中を好きになれと言うのが無茶難題でしょう……
 そして実際問題として、日本人とは比較にならない犯罪率なんですから、恐怖心をあおられるのも当然ですし……

>共産主義とは何か、プロレタリア国際主義とは何か、帝国主義と何か、新植民地主義とは何か、差別排外主義とは何か、搾取とは何か、収奪とは何か、全く知ろうとせずに土足で踏み荒らすまねをしてくる。

 そうじゃなくて。共産主義に行きつくまでの過程がすっぽり抜け落ちてるんですよ。
 前にも言いましたが、移民受け入れをやった国が悉く酷い目にあっている以上、無策で外国人受け入れを行うのは自殺行為に等しい。
 そのためにどういう部分を改善すべきか、システム面、経済面でどのような行動を起こせば可能か。それらを提示されないから突っ込まれるわけです。
 しかも共産党宣言や帝国主義論などは1世紀も前の代物で、現代における国際化が活発となり、情報科学の発達した現代においては時代も価値観も多いに異なります。
 無礼を百も承知で言わせてもらいますが、理系人間に言わせれば、こんなすでに過去の偉人となった人物の主義主張のよりも、実際に世界各国での犯罪率や出生率、GDPなどを現した『確固たる現実』のデータの方が貴重に感じます。
 主義主張の前に、まずは現実のデータの提示が、政治などを語る上で最低限の条件ではないでしょうか。

>それからあなたの疑問に対して全て即答出来るだけの能力がないという意味で先日の返事を書いたのであって、全く答える気がないと言うことではないので誤解無きように。
 それじゃだめなんですよ。政治家が「善処します」「検討します」と言って信用できますか?
 全ては結果です。能力が無いのは答えることが不可能、つまり根拠は自分の妄想だけ、と取られても文句は言えません。
 文系の中で生きてきた人にはわからないかもしれませんが、理系なら大学のレポートので実験結果や参考文献が無かった場合、その時点で0点扱いですよ。

投稿: ROM人 | 2009年6月21日 (日) 20時54分

このブログの著者は恐らく今の日本でまれに見る精神の持ち主であることを私は知っている。読者諸氏は時間が許せば過去の記事を全て閲覧されることをお勧めする。不可思議なことに海外も売れる意気地なし売文奴村上春樹の如き薄っぺらな小説と対極にあるのが、革命や人生、家族を赤裸々に綴った「生きざま」である。自らの職業、活動歴、病状等を可能な限り公開し、党派から除名されようと本質的に非転向を貫き、尚かつゴチゴチの活動家とは一線を画す柔軟性を持った筆者によって書き重ねられてきた文章は、将来活字として書店に並ぶことになるであろう。その際には諸々のコメントの著作権は筆者に所属するものとなるので、今後コメントなさる方々へのエールと揶揄を混めてお伝えしておきたい。ROM人さんなど過去に膨大なコメントを書いた方、後で「あれは俺のコメントだからいくらかよこせ!」とか言わないように。書籍になるというのは私の予感にすぎないが(可能性はかなり高い)、少なくとも真剣に文章を書く人に対する礼を失する行為を重ねる者は排除されて当然である。本気で論戦を挑みたいのであれば(筆者は迷惑であろうが)細切れの感想ではなく、まとまった反論(あるいは持論)を筆者にメールで送るくらいの努力はしてみるべきだ。このブログ内にメールアドレスはあるのだから(かといって多忙な筆者から返答があるかどうかについては責任を負いかねる)。筋の通った主張であれば何らかの反応があるだろう。私はアッテンボローの傀儡かい?って?とんでもない。ただ彼の眼光の奥に最近では出会えない鋭いものがあることを知っているだけである。

投稿: F | 2009年6月21日 (日) 20時16分

>外国人排斥を主張する
外国人じゃなくて、カルデロンのような不法侵入、不法滞在、不法就労をしている犯罪者をきちんと処分しろと言ってるだけですよ。合法入国、合法滞在はなんら問題ないですから。

投稿: 核武装論者 | 2009年6月21日 (日) 11時53分

剣道部の体質は水が合わなかったよ、にしては20年も歳の離れた後輩達から
「UZEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!」
と言われるOBとは一体なんなんだ。のこのこ面出して三里塚か。

投稿: 某高剣道部OB | 2009年6月21日 (日) 01時47分

久しぶりにアッテンボローさんのブログに御邪魔しましたが、磨きが掛かってますね。
ネトウヨ始め右だ?左だ?と騒ぐ割に何を以って右なのか?左なのか?説明の付かない主張の人達が多いことに気が付きます。
私は右でも左でもありませんが主張のハッキリしている人は好きです。頑張って下さい。

投稿: G | 2009年6月21日 (日) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/45403612

この記事へのトラックバック一覧です: 「郷に入れば郷に従え」と言うが:

» 憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年6月21日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・主要100社の景気アンケート・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・主要100社の景気アンケート・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・景気回復遠い道のり{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・日本と海外{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 17時12分

» 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年6月24日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・官僚とは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・東国原知事と自民党物語・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・東国原知事と自民党物語・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

受信: 2009年6月24日 (水) 18時07分

» 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年6月26日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・母子加算復活物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・東国原てんやわんや{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 16時21分

« 負けた将ほどよく学ぶ | トップページ | 「あの馬鹿を村一番と江戸で言い」(江戸時代の川柳より) »