« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

ハンドルネームは変われども

 今日久々に自宅のパソコンに電源を入れ、メールをチェックしてみたところ普段使っているプロバイダのアドレス宛に約150、Yahoo!のアドレスには何と2500~2600物メールがあった。Yahoo!宛はその殆どが迷惑メールで、大体1日に100前後あるから三週間以上インターネットをしていなかったことになる。

 ブログの管理も殆ど出来ずに居た訳であるが、コメント欄に色々と便所の落書きが増えている。アクセス禁止も良いが2ちゃんねるでは威勢の良い輩がここを同様に思っているのは面白くない。そこでいったい何奴が2ちゃんのドブを徘徊しているネズミかだけ明らかにしておこう。

 古くからの常連さんである防長っ子さんと元々中核派さんには騙りが存在するようである。

「殺処分します」に6月11日付けで付けられた「防長っ子」
「負けた将ほどよく学ぶ」に6月19日付け「関西派労務者」
「『郷に入れば郷に従え』というが」に6月21日付けで同じく「関西派労務者」
「『あの馬鹿を村一番と江戸で言い』(江戸時代の川柳より)」に6月27日付けで「関西派労務者」
「縁故募集なんか大キライだ!!」に6月27日付けで「某高校剣道部OB」
「解放王アルスラーン」に7月11日付けで「関西派労務者」7月12日付けで「郵政労働者」
「『御所の票はアテにしない』by奥野信亮 」に9月4日付けで「郵政労働者」、9月14日付けで名無し、9月22日付け「関西派労務者」

 以上のコメントが同一のIPアドレスから書き込まれている。

「『旬ネタランキング』に利用されたブログなどの数々」に6月6日付けで「防長っ子」
「解放王アルスラーン」に7月11日付けで「某高校剣道部OB」
「来たれ!9・12職場交流集会へ われわれは風の中に立つ! (反対する会掲示板より転載)」に8月8日付けで「郵政労働者」
「『御所の票はアテにしない』by奥野信亮 」に9月22日付けで「郵政労働者」

 これらが同一IP

「退職させない郵便局」に5月14日付けで「防長っ子」
「『あの馬鹿を村一番と江戸で言い』(江戸時代の川柳より)」に6月23日付けで「関西派労務者」
「自営業者とは・・・」に7月24日付けで「郵政労働者」
「『御所の票はアテにしない』by奥野信亮 」に9月21日付けで名無し。

 以上四つが同一IP。

「『御所の票はアテにしない』by奥野信亮 」に9月9日、9月18日、9月19日と名無しで書き込んでいるのが同一。

「『郷に入れば郷に従え』というが」に6月22日付け、「『あの馬鹿を村一番と江戸で言い』(江戸時代の川柳より)」に6月24日付けでそれぞれ名無し。
「『御所の票はアテにしない』by奥野信亮 」に9月8日付けで「元々中核派」、9月19日付けで名無しで書き込んでいるのが同一IP。

「殺処分します」に6月9日付けで「防長っ子」
「みなさん、好きにやって下さい」に6月19日付けで「関西派労務者」
「『御所の票はアテにしない』by奥野信亮 」に9月16日付けで名無し。

 この三つが同一。

 どうやら「防長っ子」さんの名を騙る輩が存在するようである。「防長っ子」さんのコメントの殆どは同じIPからであるし、時に厳しい指摘は有るが、そちらのIPでのコメントは罵詈雑言とは程遠い。

「差別拝外主義者のコメントについて」に6月6日付けで「労働者」
「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」に6月14日付けで「関西派労務者」
「解放王アルスラーン」に7月10日付け「関西派労務者」
「『御所の票はアテにしない』by奥野信亮 」に8月30日付けで「A」、9月6日付けで「元々中核派」、9月12日付け「関西派労務者」、9月13日付け「某高校剣道部OB」

 以上が同一IP。

「限界か?」に3月13日付けで名無し、3月17日付けで「トンペイ」
「『旬ネタランキング』に利用されたブログなどの数々」に6月6日付けで「防長っ子」
「『郷に入れば郷に従え』というが」には6月21日と23日付けで名無し。
「来たれ!9・12職場交流集会へ われわれは風の中に立つ! (反対する会掲示板より転載)」には8月2日付けで「関西派労務者」
「『御所の票はアテにしない』by奥野信亮 」には8月24日付けで「郵政労働者」として書き込んでいる。

「無用の敵を作る」に6月4日で「関西派労務者」
「解放王アルスラーン」に7月16日付けで「だからどうした」
「『御所の票はアテにしない』by奥野信亮 」に9月5日付けで名無し。

 この三つが同一IP。

 「元々中核派」さんにも騙りが居るようだ。

 IPアドレスについての詳細には疎いので、取り敢えずはアクセス解析を覗いた結果同じIPからのコメントでありながらハンドルネームが豊富であることに感心した。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »