« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月17日 (土)

白井朗さんの死去

何気なくネットを見ていたら、革共同元政治局員であり「前進」の初代発行人でも有った白井朗さんが他界されていた事を知った。

76歳。

主張に全て賛同する訳では無いが、革共同離脱後の「中核派民主化宣言」や民族問題に関する二冊の著作は大変勉強になった。

本多書記長の遺稿を管理されていたから、未発表原稿などを整理・発表して欲しいと思っていただけに、転向者クロカンがあの世に逃亡して3・14復讐戦、三頭目処刑が未完になったのとは反対の意味で「まだ早すぎる」との思いがした。

故人のご冥福を祈ります。

また革共同中央派から嫌われる事を書いてしまった。でも清水議長や北小路さんも高齢だし、亡くなる様な事が有れば、追悼記事を書くだろう。

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2009年10月10日 (土)

隗より始めよ

 九時過ぎに帰宅したところ、たまたま家族がテレビを付けていたテレビ大阪のバラエティー番組を他所の局のニュースに切り替えた。何でもアメリカ合州国の大統領バラク=オバマにノーベル平和賞が与えられるという。「ジミー=カーター元大統領の場合は退任後であったが現職の米大統領にノーベル平和賞は初めて」と言う趣旨の内容であった。読売オンラインによると「オバマ氏が核兵器の全廃に向け外交交渉を開始したことを評価した。現職の米国大統領が受賞するのは、1919年のウッドロー・ウィルソン以来、90年ぶり。 就任して1年にも満たない大統領が選ばれるのは異例で、同委のオバマ大統領への期待値の高さを示した。」とあり、ウィルソン以前にはセオドア・ルーズベルト(1906年)にも平和賞を授与されているとある。

 とまあ、前振りはこの辺に置いておいて、オバマが何をしたかというと「オバマ大統領は今年4月、プラハでの外交演説で『核兵器のない世界』に向け、交渉を開始することを宣言し、9月には国連安保理で、議長として『核兵器の全廃に向けた』決議案の採択を主導した。2大核兵器保有国であるロシアとの間でも戦略核兵器の大幅削減を目指す交渉を開始、年内の大筋合意を目指している。」(読売オンライン)とある。 つまり言い出しただけで具体的な成果はまだ無いのである。まるで自民党の政治屋が公約を乱発したのに似ている。勿論民主党のマニフェストも同様であるが。何もしなくても1000万スウェーデン・クローナ(約1億3000万円)もの大金が賞金として手に入る。いやはや全く政治やというのはボロい商売だ。

 久々にmixiのニュース関連日記を覗いてみたところ殆どの人が先ずはアメリカ合州国が保有する膨大な核兵器を削減してからにしろと書いていた。全く当然の話である。現実に国連安保理常任理事国である五大国が保有する核弾頭は米(1万800)、ロ(8600)、英(200)、仏(350)、中(400)であり、これに インド(30-35発)、パキスタン(24-48発)、イスラエル(200発)が加わり、朝鮮が一発か二発持っているかも知れないという疑惑が加わり、更に潜在的核兵器保有国として我が日本他が加わる。

 イギリスと日本は合州国の同盟国であり、イスラエルは基本的にアメリカの財界中枢に食い込んでいるのでフリーパスである。と言うことは潜在的あるいは仮想敵国であるフランス始め明確に利害が対立しているロシア・中国・インド・パキスタン・朝鮮・イランの核が問題だ。(中国などは昨今の経済関係の仲で除外されるのかも知れないが) 少なくとも今だ保有が確認されていない朝鮮とイランに対しては核兵器開発を放棄せよと言う恫喝にはなる。現時点での保有国に対しては牽制の意味がある。

 だがしかし、肝心の米帝が放棄しない核兵器をいったいどこの国家が放棄するというのであろうか。画餅に過ぎない。「隗より始めよ」とは「戦国策」から生まれた故事成語であるが、元々は「手近なところから始めなさい」という意味であり転じて「言い出しっぺから始めろ」という意味である。何よりも米帝オバマは合州国が保有する大量の核兵器を無条件で廃棄することから始めるべきである。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年10月 2日 (金)

うちはだいこの同類クンへ

 「紀州」「関西派労務者」「郵政労働者」「某高校剣道部OB」「風来坊」「風雲児」「なめこ汁」、ニセ「防長っ子」・ニセ「元々中核派」、あるいは名無しでの大量の書き込み。連日連夜ご苦労様。今朝も名無しで書き込んでいたね。

 でもお前、剣道してたっけ? ついでに言えばいったいいつ「中核派」に結集したの?

 助言に従い冒頭部分のみを残して削除しました。

 今後Hは書き込み禁止。発見次第アクセス禁止お呼び削除を行う。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »