« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

シリーズ 子供と戦うザイトク会 排外主義 を許さない5.30 関西集会

S272  落書き一つ無い綺麗な「日の丸」を掲げた参加者。ザイトク会の様なまがい物の「愛国者」ではないようです。

S155  演壇に掲げられた元戦時性奴隷(従軍慰安婦)のオモニ達の写真

S157  風をおこす女の会の横断幕

S158  ネオナチザイトク会や主権回復を目指す会への怒り

S160   林立する連帯労組の旗

S171 関大校友連絡会見参

S179  人権に国境はない フリーチベットを利用するだけして去った西村修平らには理解できまい

S188  演壇後方から見た集会の様子

S191  夏日の日差しの中集会に聞き入る参加者たち

S196  水曜デモのみなさん。河内音頭水曜デモバージョンを披露 ザイトクらに襲撃されても意気軒昂。しかし、ザイトクって女子供にしか手を出せないヘタレなのね

S197  同じく水曜デモの皆さん

S199  暑いのでお借りした旗にくるまって日差しを避ける愚息

S207   
S219 木陰から発言に聞き入る参加者たち。ザイトクの連中はきっと公園の中心部に人が少ないとイチャモンを付けるだろう

S223  赤も黒も共存

S233   シュプレヒコール。この時友人と話をしていてシャッターチャンスを逃す

S236  ユニオンぼちぼちの陽気な面々

S239  言わずと知れたヒゲ戸田さん。発言の際にはザイトクらに対する激烈な闘争宣言

S243  横断幕は赤地に白。やはり一番闘争心をかき立てる

S248  デモ出発前の一時

S271  西梅田に向けて行進中

S273  ラテン系?の曲を演奏し歌う。音楽は苦手だがこう言うのも良いな

S278_2   ザイトク辞めますか? 人間辞めますか?

S279  機動隊との会話「御堂筋パレードみたいに通行止めにしないのか? その方がアンタらも楽だろ」「そうですね」でもドライバーたちの反感を煽るために敢えて交通規制しません

 集会とデモは主催者発表で約1050名が参加。

 シリーズのタイトル、「女子供と闘うザイトク会」の方が良かったかな・・・ ザイトク会員のブログでの書き込みを最後に引用。「新・極右評論」http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51523671.htmlより。

「在日朝鮮人にせよ不法滞在のフィリピン人にせよ、朝鮮総連本部なり大人は攻撃または排除しても良いが、子供を標的にするのは卑劣だ-とするような論は何とも滑稽ではないか。」
「 子供だから児童だから…在日朝鮮人はじめ外国人の不法行為はそこから増長され、日本社会に牙剥く民族問題はそこから派生している。
 年端もいかぬ子供であれ何であれ、誤った行ないがあれば厳しく叱責してでもそれを正すのが日本の未来に責任を持つ日本人らの使命。
 その結果、責められるべきは子供をダシにしてきた在日朝鮮人の大人であり、不法滞在フィリピン人一家の親なり支援者たちだろう。
 断言して人権・人道の言葉に象徴されるように、対北朝鮮経済制裁が行なわれている状況下でさえ日本への入港・入国が認められ、日本の公立校に通っているというだけで不法滞在ながら在留特別許可が認められた「子供」「児童」こそは現代日本における最強の強者なのである。
 警察や入管などの行政はおろか日本政府でさえ実力行使で以ってこれらを排除することが出来ない「弱さ」こそが問題と言えよう。」

 要するに子供を的に架けて在日朝鮮人・韓国人を始めとする外国人を排斥するのがザイトク会の手法。機動隊が三里塚で検問と称して毎日小学生の登下校を取り囲んで脅し、親である農民が泣く泣く離農して去っていったのと同じ手口だ。

追記]

S244 ザイトクが捏造した「朝鮮進駐軍」なるデマの「根拠」の一つは、日本の警官隊によって制圧されている朝連本部の写真に嘘のキャプションで朝鮮人の武装組織が警備しているかの様に改竄・捏造したもの。

 まさにネオナチ。ヒットラーの「嘘も百編言えば本当になる」を実践しようとしている。でも失敗。

 

| | コメント (15) | トラックバック (2)

2010年5月23日 (日)

シリーズ 子供と戦うザイトク会 「朝鮮進駐軍」なるデマビラについて

 去年あたりから「在日特権を許さない市民の会」なる差別排外主義・レイシズムを煽る一種のネオナチが台頭し始めた。その手口は有りもしない「在日特権」なる物をでっち上げフィリピンから来日した夫婦の子供(中学生)を対象に露骨なヘイトスピーチを行い、朝鮮人学校の小学生に脅しをかけるという非常に醜いもので、「右翼」や「保守」の間からすら批判の声が高まっている。年明けくらいには拙ブログにも「朝鮮進駐軍を知っていますか」なるトラックバックを送ってきた。そもそもの切っ掛けはWikipediaに掲載されていた「朝鮮進駐軍」なる項目が出典も一次史料も二次史料も示すことが出来ず、Wikipediaの編集方針に反するために削除されたことに拠ると思われる。

 こんなことを書くと常連のROM人さんあたりが噛み付いてきそうなので予め言っておくと、南京大虐殺や戦時性奴隷(従軍慰安婦)など左右の間で論争となる歴史的事実の殆どは被害者の証言もそれを裏付ける各種公文書、当時の報道などが実在する。論じられているのは規模の大小であったり軍部が関与したかどうかなどである。ネトウヨなどの歴史修正主義者は実在を抹殺するために躍起となっているが、ナチスによるユダヤ人虐殺、アメリカ合州国によるネイティブアメリカン虐殺・ベトナム戦争当時のソンミ村虐殺、ソ連スターリン主義によるカチンの森虐殺、中国スターリン主義によるチベット民族抹殺政策同様否定できない事実である。矮小化の努力は常に為されているが。

 加入しているmixiのコミュニティーに「『在特会』を許さない市民の会」と言う物があって、そこで1週間ほど前から「罪特デマビラ『朝鮮進駐軍』」と言うトピックスが設けられ批判・検証が行われている。公開されいるためにザイトク会副会長なる人物や支持者とおぼしき輩も登場して来るのであるが、彼らは「朝鮮進駐軍」が実在したという歴史的事実を示すことが出来ていない。唯一山口組三代目田岡組長の「自伝」的映像の中に使用されていたというのが根拠である。どうやら東映ヤクザ映画に影響され、それを真実だと思い込んでしまったらしい。[追記]約1000のコメントに対して私の書き込みは10ほどである。ザイトクを追い込み、ついにはデマであったことを認めさせたのは多くのコミュ参加者の功績による。

 私の父方の祖父は新潟出身で越山会会員、父は祖父の後を継いで土建屋を営んでいたため熱心な自民党支持者であった。子供の頃に見るテレビと言えば戦争映画・西部劇映画にアニメではテレメンタリー「決断」。尊敬する人物は山本五十六(連合艦隊司令長官)・山口多聞(第二航空戦隊司令官)・坂井三郎(台南航空隊を経てラバウル入りをし、生涯撃墜機数64のエースパイロット)というバリバリの右翼少年であったのだが、その私が全く知らずに来た「事実」である。更に言えば中学くらいから更正して左翼になっていくが、二十歳の時に全学連と接触し、反戦青年委員会を経てマルクス主義青年労働者同盟に加入し20年ほど活動歴がある。その私が論敵である右翼・保守の連中から「朝鮮進駐軍」なる単語を唯の一度も聞いたことがない。

 では以下に「罪特デマビラ『朝鮮進駐軍』」トピで論争になった出来事を、コミュ参加者の中で同意を得られた方と、本来存在証明を果たす責任・立証責任があるザイトク会及びその支持者の引用を交えて紹介したい。

 ザイトク支持者は戦後革命期に行われた様々な闘争や闇市を巡る日本各地での抗争に在日朝鮮人が参加していたことをもって「朝鮮進駐軍」が存在したと主張する。

「3 2010年05月17日 10:02 打倒人民解放軍@京香

主な事件一覧

朝鮮進駐軍及びその後の在日本朝鮮人連盟が関わる事件の一覧である。

* 大阿仁村事件(1945年10月22日)
* 生田警察署襲撃事件(1945年12月24日、1946年1月9日)
* 直江津駅リンチ殺人事件(1945年12月29日)
* 富坂警察署襲撃事件(1946年1月3日)
* 長崎警察署襲撃事件(1946年5月13日)
* 富山駅前派出所襲撃事件(1946年8月5日)
* 坂町事件(1946年9月22日)
* 新潟日報社襲撃事件(1946年9月26日~29日)
* 首相官邸デモ事件(1946年12月20日)
* 尾花沢派出所襲撃事件(1947年10月20日)
* 阪神教育事件(1948年4月23日~25日)
* 評定河原事件(1948年10月11日~12日)
* 宇部事件(1948年12月9日)
* 益田事件(1949年1月25日)
* 枝川事件(1949年4月6~13日)
* 高田ドブロク事件(1949年4月7日~11日)
* 本郷村事件(1949年6月2日~11日)
* 下関事件(1949年8月20日)
* 台東会館事件(1950年3月20日)
* 連島町事件(1950年8月15日)
* 第二神戸事件(1950年11月20~27日)
* 四日市事件(1951年1月23日)
* 王子事件(1951年3月7日)
* 神奈川事件(1951年6月13日)
* 下里村役場事件(1951年10月22日)
* 福岡事件(1951年11月21日)
* 東成警察署催涙ガス投擲事件(1951年12月1日)
* 半田一宮事件(1951年12月3日~11日)
* 軍需品製造工場襲撃事件(1951年12月16日)
* 日野事件(1951年12月18日)
* 木造地区警察署襲撃事件(1952年2月21日~23日)
* 姫路事件(1952年2月28日)
* 八坂神社事件(1952年3月1日)
* 宇治事件(1952年3月13日)
* 多奈川町事件(1952年3月26日~30日)
* 田川事件(1952年4月19日)
* 岡山事件(1952年4月24日~5月30日)
* 血のメーデー事件(1952年5月1日)
* 上郡事件(1952年5月8日)
* 大村収容所脱走企図事件(1952年5月12日~25日、11月9日~12日)
* 広島地裁事件(1952年5月13日)
* 高田派出所襲撃事件(1952年5月26日)
* 奈良警察官宅襲撃事件(1952年5月31日)
* 万来町事件(1952年5月31日~6月5日)
* 島津三条工場事件(1952年6月10日)
* 醒ヶ井村事件(1952年6月13日)
* 葺合*長田事件(1952年6月24日)
* 吹田*枚方事件(1952年6月24日~25日)
* 新宿駅事件(1952年6月25日)
* 大須事件(1952年7月7日)
* 舞鶴事件(1952年7月8日)
* 五所川原税務署襲撃事件(1952年11月19日~26日)

参考文献

* 法務研修所編『大須騒擾事件について』1954年
* 横幕胤行、富久公、船越信勝『吹田・枚方事件について』1954年
* 篠崎平治『在日朝鮮人運動』1955年
* 大阪市行政局編『大阪市警察誌』1956年
* 新潟県警察史編さん委員会編『新潟県警察史』1959年
* 名古屋市総務局調査課編『名古屋市警察史』1960年
* 瓜生俊教編『富山県警察史 下巻』1960年
* 山形県警察史編さん委員会編『山形県警察史 下巻』1971年
* 宮城県警察史編さん委員会編『宮城県警察史 第2巻』1972年
* 大阪府警察史編集委員会編『大阪府警察史 第3巻』1973年
* 警視庁富坂警察署編『富坂警察署100年史―新庁舎落成記念―』1975年
* 兵庫県警察史編さん委員会編『兵庫県警察史 昭和編』1975年
* 愛知県警察史編集委員会編『愛知県警察史 第3巻』1975年
* 青森県警察史編纂委員会編『青森県警察史 下巻』1977年
* 坪井豊吉『在日同胞の動き』1977年
* 警視庁史編さん委員会編『警視庁史〔第4〕』1978年
* 思想の科学研究会編『共同研究 日本占領研究事典』1978年
* 仙台市警察史編纂委員会編『仙台市警察史―仙台市における自治体警察の記録―』1978年
* 長崎県警察史編集委員会編『長崎県警察史 下巻』1979年
* 李瑜煥『日本の中の三十八度線―民団・朝総連の歴史と現実―』1980年
* 福岡県警察史編さん委員会編『福岡県警察史 昭和前編』1980年
* 山口県警察史編さん委員会編『山口県警察史 下巻』1980年
* 警察文化協会編『戦後事件史』1982年
* 日本国有鉄道公安本部編『鉄道公安の軌跡』1987年
* 講談社編『昭和・二万日の全記録 第9巻』1989年
* 朴慶植『解放後 在日朝鮮人運動史』1989年
* 百瀬孝『事典・昭和戦前期の日本 制度と実態』1990年
* 金慶海、堀内稔編『在日朝鮮人・生活擁護の闘い』1991年
* 荒敬『日本占領研究序説』1994年
* 百瀬孝『事典・昭和戦後期の日本 占領と改革』1995年
* 竹前栄治、中村隆英監修『GHQ日本占領史 第16巻 外国人の取り扱い』1996年
* 『秋田魁新報』1945年
* 『神奈川新聞』1951年
* 『西日本新聞』1951年
* 『中部日本新聞』1951年、1952年
* 『大阪新聞』1952年
* 『京都新聞』1952年
* 『神戸新聞』1952年
* 『山陽新聞』1952年
* 『中国新聞』1952年

こんな感じですよ。。 皆様。。」

 図書館に足を運んで調べる余裕がないので列挙された事件をWikipediaで調べてみたのであるが、どの事件にも「朝鮮進駐軍」なる単語は登場しない。組織的関与も記載されていない。勿論在日朝鮮人による犯罪がなかったなどと言うつもりはない。更に言えば戦後革命期に日本「共産」党の様々な闘争を最も献身的に闘い抜いたのは朝鮮人党員であるから、逮捕者が多数いるのは当然の出来事である。

「92自分のコメントを削除する 2010年05月17日 21:38 アッテンボロー

「朝鮮進駐軍」なる有りもしないデマを信じる単純なお嬢さん、戦後革命期の朝鮮人の闘いがどの組織によって行われていたか、歴史的事実を勉強してね。

「自主独立の党」である日本「共産党」はコミンテルン(国際共産党)日本支部として結成されました。当時コミンテルンは「一国一党」という方針から日本の植民地である朝鮮には支部を認めず日本支部の一員として活動するように指導した。

民族独立を願う朝鮮人共産主義者達は最も英雄的に日本国内で反戦運動や労働運動に取り組んだ。宮本賢児(「顕治」が正しい)など日本「共産」党指導部は危険な任務の殆どを朝鮮人党員に命じた。中野重治(詩人・「共産」党員で後に共産主義者たらんとして離党だか除名)の詩にも「日本革命の前盾、後ろ盾」なる語句が有り、日本「共産」党による利用主義の顕れとして社会主義者・共産主義者・ブルジョア民主主義者らから批判の対象となる。

戦後朝鮮人は「朝鮮人民共和国」を建国する計画を持っていたが、大日本帝国陸軍の管轄を元に三十八度線の南には朝鮮軍に代わり米軍、北には関東軍に代わってソ連軍が駐留する。

当時坑日パルチザンなどの戦いの影響で統一選挙をすれば親ソ政権誕生が有力視されていた為南で単独選挙を強行し、反共主義者である李承晩を大統領とする大韓民国を成立させる。これに対抗しソ連は北に朝鮮民主主義人民共和国を建国し何処の誰か知らないが「金」姓の党員に坑日パルチザンの英雄「金日成」の名を襲名させて総書記とする。

お嬢さんの言う太極旗引きずり下ろしは坑日パルチザンの中の一部である「金日成」派やソ連の影響を受けない大部分が何もしなかった李承晩ら親米派より支持されていた背景無しには考えられない。ソ連軍占領下の北でも同様な引きずり下ろしが有ったかどうか? 少なくともソ連は亡命政権を承認しており、戦後処理の会議に参加する事を了承していた。アメリカ合州国政府の反対により出席できなかったのだ。

つまり当時は朝鮮を戦勝国とする国々も存在していた。

中国の国共内戦における中国「共産」党の勝利と中華人民共和国成立や朝鮮戦争前夜のGHQの方針転換により戦争犯罪人の公職復帰とレッドパージが行われると日本支部は朝鮮人党員を追放し、同時に団体規制令に従い党員名簿を政府とGHQに提出して弾圧回避を狙う。

ソ連及び中国の「共産」党が朝鮮労働党の半島統一戦争を支援したのに対し、この頃から「自主独立」路線が芽生えていた日本支部は朝鮮戦争反対をスポイルした。後方支援基地である日本全土が軍事監獄と化す中で反共労働運動として組織された総評が「鶏からアヒルへ」と呼ばれる路線転換を行い、引きずられた社会党が左傾化する。

朝鮮戦争後ソ中両党に軍事組織も無く軍隊工作もせず武装闘争もしない事を批判されるや「山村工作隊」「中核自衛隊」を編成し火炎瓶闘争などを行う。

お嬢さんらが信じた「朝鮮進駐軍」なるデマは日本「共産」党による武装闘争や植民地支配に対する個人的反発、生きるために日本各地が闇市を巡る抗争に明け暮れていた時代の一勢力に過ぎない在日朝鮮人を一緒くたにして妄想に浸る行為だよ。

ついでに言うと、日本「共産」党からは大歓迎される主張だろうね。彼らは六全協で武装闘争路線を放棄し、今は「暴力反対」を唱えているから武装闘争の全てを朝鮮人のした事に出来る。」

 ザイトク支持者は盛んに朝鮮人が戦勝国を僭称したと言うのであるが、大韓民国臨時政府(1919年に上海で設立された大韓帝国の亡命政府)が組織した韓国光復軍(1940年に重慶で創設)が連合軍の一員として米政府の一機関による訓練を受けていた事実は知らないらしい。更に言えば抗日パルチザンなどの一連の独立闘争が存在していた。ただし大韓民国臨時政府を枢軸国・連合国共に国家としては承認していない為、朝鮮人の連合国の一員であり「戦勝国」であるとの主張に食い違いが出る。「 大韓民国臨時政府対日宣戦声明書 大韓民国臨時政府主席 金九と 外務部長趙素昴名で大韓民国 23年12月10日に宣言したが、日本政府に布告文書は通達されておらず、実効性は皆無。」(Wikipedia「大韓民国臨時政府」の項目の脚注より引用) 米帝が南米でコントラなどの反共勢力に軍事援助や資金援助をを行っていたのと同様で、朝鮮人からすれば亡命政権が承認されていたと錯覚するのも当然である。第2次大戦中のシャルル=ドゴールの「自由フランス国民委員会」の例も有る。

 ザイトク支持者の主張によると「朝鮮進駐軍」なる言葉は在日朝鮮人が作り出したもので日本人の感覚からは生まれるはずがないとのことである。そもそも「進駐軍」なる言葉は「占領軍」と言う言葉を嫌った日本政府の造語であるという事実を知らないらしい。

1945年昭和20年以後に現在特別永住権を持つ在日一世(朝鮮人・韓国人)、もしくは現在日本に帰化または半島に帰国した朝鮮民族によって作られた犯罪組織」(2010年05月17日 10:01 打倒人民解放軍@京香 )

 まずここで事実誤認が甚だしいのは国籍が韓国の人については「特別永住権」であるが朝鮮籍の人の場合は「協定永住権」と言う。これは元々敗戦まで日本国朝鮮・日本国台湾という行政区分の土地、つまり旧植民地出身者の日本国籍を1952年のサンフランシスコ条約による日本の独立回復と同時に剥奪した(昭和27年4月19日法務府民事局長通達 民事甲第438号「平和条約の発効に伴う朝鮮人台湾人等に関する国籍及び戸籍事務の処理について」)際に勅令で永住権を定めたことが発祥。

「戦後の混乱を利用し、日本刀等の刃物・鈍器以外に多くの銃火器を使用した。銃は三八式歩兵銃や機関銃など盗んだ旧日本軍の武器で武装し組織化を行った。朝鮮進駐軍では旧日本空軍のパイロットの軍服を好んで着用したが、これは日本兵に対するあてつけとも、日本人(皇民)に対するあてつけとも言わた。」(2010年05月17日 10:01 打倒人民解放軍@京香 )

 戦後しばらくは帰還兵などが持ち帰った銃器や軍刀は至る所に存在していたし、旧軍の物資を盗んだのは日本人も同じ。山口組や稲川会・住吉会が武装していたのはどこから入手したのか? 日本人の多くが武器を所持していた。更に歴史上日本に空軍は存在しない。「さて、お嬢ちゃんに対する指摘として、「日本空軍」なる物も未だかつて存在したことはないと言っておこう。事実上の日本空軍である航空自衛隊の創設は1954年7月1日で当初は陸軍航空隊と海軍航空隊との混成。当然皇軍、天皇の軍隊は「帝国陸海軍」しか存在していない。デマ情報仕入れる前にせめて防衛省や航空自衛隊のサイトくらい見ようね。

 それから闇市で「空軍の軍服」を来た人々が暴れていたことだけど、「飛行服」を着ていると、死をも恐れぬ特攻隊帰りと言うことで幅を利かせることが出来たし、実際特攻隊帰りの中には自暴自棄になって暴れるのがいたからね。ただし比率は圧倒的に日本人だよ。大山倍達(おおやまますたつ 極真空手の創始者)の様に植民地出身の特攻隊帰りもいたのは事実だけど。」(2010年05月17日 23:37 アッテンボロー)

「この当時は朝鮮人の殆どが実名で暮らしており、通名を使用しだすのは朝鮮の姓に対して嫌悪感や犯罪者といったイメージを日本人が抱くようになってからである。」(2010年05月17日 10:01 打倒人民解放軍@京香 )と有るのだが、植民地出身者の殆どが創始改名によって、或いは右翼の主張では皇民化教育により自ら進んで日本名を名乗っていたのであるが、敗戦直後に民族名を名乗っていたという根拠は示されていない。ついでに言えば日本国民として戸籍に記載されていたのであるから、1952年の国籍剥奪までは「通名」ではなく本名である。

 さて、進駐軍である米軍などによる強姦などの婦女子暴行は日常茶飯事であったし。様々な横暴な行為を働いた。

「「慰安所」の設置 [編集]
終戦直後の8月18日に、内務省は全国の警察に対して連合国軍の将兵向けの慰安所の設置を指令し、8月20日には近衛文麿国務相が「特殊慰安施設協会(RAA)」の設置を決めた。「(連合国軍の将兵による)性犯罪から子女を守るため」という大義名分を基に、日本各地に慰安所が設置された。」(Wikipedia「連合国軍最高司令官総司令部」より) この「慰安所」の発想やノウハウがどこから出てきたかは言うまでもない。

「318 2010年05月19日 11:38
打倒人民解放軍@京香 朝鮮進駐軍と言う名前は、朝鮮人の発想からしか生まれません。。」

 1871年に(明治4年)8月28日の太政官布告(解放令)が出されると解放令反対一揆というのが散発したのであるが、今まで差別視したり格下扱いしていた人々が解放されることに対して差別者の側は「増長」と感じる。単純に対等に近くなるだけだが、その事が在日朝鮮人をまるで「朝鮮進駐軍」だと日本人が表現した可能性は考えられる。少なくともザイトク会及び支持者の根拠ならざる「根拠」は東映ヤクザ映画しか例示されていない。

 ザイトク支持者に対して「512自分のコメントを削除する 2010年05月19日 22:17 アッテンボロー  騙されやすい京香お嬢ちゃん、お嬢ちゃんが今までにだらだらとコピペした様々な事件の調書を読んでみたらどうかな? 僕はお嬢ちゃんほど暇ちゃうからわざわざお子ちゃまの為に調べて引用してやる無駄な時間はないから。ここまで散々みんなが事実の調べた方や立証方法などを親切丁寧に教えていても、学習能力のないお嬢ちゃんには理解できないみたいだから。

 で、ヒントだけ。犯罪報道などで「自称○○こと××」とか有るだろ。報道機関が独自に調べることは殆ど無くて警察発表の垂れ流しだから。

 裁判になっている以上、逮捕されたり起訴されたりした人間の調書が警察・検察・裁判所に公文書として存在している。もし本当に「朝鮮進駐軍」なる組織が実在した場合必ず記載がある。お嬢ちゃんが騙されている様に「3万人」規模の組織が存在したのなら載っていないはずがない。ヤクザや右翼の場合構成員が一人であっても「暴力団○○組構成員××」とか「在特会構成員京香」とか証明してくれるよ。」

 裁判資料などは極普通に公開されているのだが、ザイトク会及びザイトク支持者は調べて根拠を示す能力がないらしい。日本政府の公文書あるいは米政府の公文書で公開されている物は少なくない。国立国会図書館で閲覧・コピーを取ることも出来るし、それらを第一次史料として使用した文献やサイトなども有るだろう。

 ザイトク会及びザイトク支持者自らが「朝鮮進駐軍」が存在しなかったと表明していることを引用しておく。

「100 2010年05月17日 22:50
打倒人民解放軍@京香
朝鮮進駐軍ってものは本来は無いし、、
昔の誰かがこの様な犯罪者民族につけたんでしょ。。
それが広まったんではないのかな~。。
そして、犯罪者集団南北朝鮮人は、我々は朝鮮進駐軍だといえば、怖がられて脅しにでも使っていたんでしょうね。。 」

「276 2010年05月19日 10:09
打倒人民解放軍@京香
当たり前でしょ。。
朝鮮人は進駐していないんですから、警察は進駐軍などと言うはずはないでしょ。。
朝鮮人が嘘をつき、朝鮮進駐軍と名乗って 暴れていた証拠。。だと言うこと。。」

「2010年05月19日 10:35
打倒人民解放軍@京香
>その事件の過程において、警察署に乗り込んだ朝鮮人が自分たちのことを「進駐軍だと言った」のですか?それともあなたの推測ですか?
憶測? 
キミの方が憶測でしょ。。 これだけ犯罪履歴を出してもいいえと言っているんですから。。
日本の警察は「朝鮮進駐軍」という「犯罪組織」が存在したことを認めてないってことですね?
当たり前。

朝鮮人が自ずから戦勝国民だ。我々は進駐していると警察に言っても、キチガイ扱いですよ。。 」

「326 2010年05月19日 11:48
打倒人民解放軍@京香
(一部ハンドルネーム削除)
朝鮮進駐軍という名前の組織ではなく、、
各自で、朝鮮進駐軍と名乗って、警察署襲撃や婦女暴行、強盗、殺人、窃盗、などをしていたんでしょ。。

「346 2010年05月19日 12:23
打倒人民解放軍@京香
>そんなものは一度も出ていません。

ごまかさなくてもいいよ~
http://www.tamanegiya.com/tyousennjinntohann19.11.26.html
文句を言いたければ神戸にGO~。 」

 上記のURLをクリックしてみると
「戦後、朝鮮人がやっていたこと 「田岡一雄自伝」より

平成19年11月24日土曜日晴れ ××××
 手元にある「田岡一雄自伝 電撃篇」(田岡一雄 一九七一年初版 徳間書店)よりの引用
 <その日のうちに神戸は修羅場と変貌した。
 敗戦の報に茫然自失する市民とは対照的に、これまで過酷な労働で軍部から抑圧されてきた第三国人たちは欣喜雀躍とし、略奪、報復の火蓋をきったのである。
 その日の午後七時。徒党を組んだ三国人は国鉄深川駅構内の貨車を襲って配給物資を強奪。これを皮切りに市内随所で襲撃略奪事件を起こし、婦女子を暴行し、わがもの顔に跳梁しはじめた。
 終戦当時、国内には二百万以上の三国人がいたが、とくに兵庫に多く、昭和一八年に一三万五千人、四八都道府県の七%強を占め、大阪、東京につぐ三位という勢力をもっていた。
 略)
 三国人たちは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街をのし歩いた。
 通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ半殺しにし、 無銭飲食をし、白昼の路上で見境なく集団で婦女子を暴行する。善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。
彼ら不良三国人は旧日本軍の飛行服を好んで身につけていた。 袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、肩で風を切って町をのし歩いた。
 腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげ、略奪、暴行をほしいままにした。
  警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」
  警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げられ、 街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。 >p一九〇~十九三

 <昭和二〇年八月末、わたしは所用の帰途、女の悲鳴をきいた。人通りもすくない東山病院の裏手である。白熱の太陽がキナくさい焼跡に照りつけていた。
 一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
「どないしたんや」
「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
少女はわたしに泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。
「ここにいるんやで。ええな」
私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。飛行服の、三国人の男たちだった。
 彼らは不適な薄ら笑いで女の手足をおさえつけ、一人がその上に乗っている。女は狂ったように絶叫していた。
<汚ねえ・・・・>
 うめくと、わたしは遮二無二彼らに突進していった。>p一九四

<昭和二一年二月、神戸生田署の岡政雄巡査部長が彼らに拉致されて暴行殺害され、同年四月、須磨署佐藤進巡査部長がやはり彼らの手によって射殺された。
 そればかりではない、警察の威信を根底からくつがえす不祥事さえもちあがった。すなわち不良三国人三百余人は兵庫警察署を襲撃し、署長はじめ幹部署員たちを人質として電話指令交換室を占拠したのである。>p二一四

 田岡氏の著書に出てくる「三国人」とははほとんどが朝鮮人です。
それは、下記のような箇所の記述からわかります。
<朝鮮人同盟からの果たし状だ>P二一二
<やはり三国人との抗争事件で丹波篠山へ朝鮮人征伐にでかけた>P二二六

 差別だ、差別だ、と騒いでいる朝鮮人がどのようなことをわが国で戦後やってきたか。一つの事例です。

 ちなみに、この本には、田岡氏の昭和二一年夏の山口組三代目襲名式には当時の自民党代議士・佃良一氏が出席(P二三二)と記されているが、自民党は昭和三〇年(一九五五年)に自由党と日本民主党が合併してできたものですから、昭和二一年当時は自民党がまだないので、自由党か日本民主党かの間違いでしょう。」とある。[追記 pippoさんの指摘ではザイトク会及びザイトク支持者が羅列した一連の事件の中には含まれていない「国鉄深川駅構内の貨車を襲って配給物資を強奪」なる事件が登場している。北海道深川市にある深川駅なのか、滋賀県甲賀市の深川駅(現甲南駅)なのか、熊本県水俣市にあった肥後深川駅なのか? はたまた神戸にも「深川駅」が存在したことがあるのか?  広島県安佐市の下深川駅・中深川駅・上深川駅なのか? 一応Wikipediaで近畿地方の廃駅まで調べたが神戸には「深川駅」なる物はなかった様だ。私鉄・市鉄にも無かった。文脈からすると1945年(昭和20年)8月15日に神戸市内に「深川駅」が存在しないといけないから自伝の記述その物の信憑性が低下する。また「闇市を掌握」していたのは山口組ではなかったのか? 「旧日本軍の飛行服」は京香が誤読した部分である。更に「不良三国人三百余人は兵庫警察署を襲撃」と有るがWikipediaにはそのような事件は記載されていない。生田警察署襲撃事件は有るが、こちらは襲撃者の規模が1回目1945年12月24日「50名を超える」2回目、1946年1月9日「30~40人」となっている。]      

 唯の一言も「朝鮮進駐軍」なる言葉は出てこない。寧ろ文末の自民党についての記述にある様に田岡の自伝がキチンと当時の時代背景を記述していない事が明らかである。例えば山口組最強の殺しの軍団である柳川組が在日朝鮮人で組織されていたことなどはここでは触れられていない。(右翼やヤクザに詳しいアンチザイトク会コミュ参加者の方による)

「386 2010年05月19日 13:38
打倒人民解放軍@京香
>そういえば、闇米食べなくて餓死された方いましたよね。
人のものを強奪したもので生き恥をさらすのはいやだったんでしょうね。。
闇米=泥棒もの。。 日本人らしいひとですね。。 」

 ここでも無知がさらけ出されている。食管法による統制から外れて流通した米は全て闇米だった。田舎に住む親戚や知人に分けて貰った場合でも供出されていない以上それは闇米である。

「408 2010年05月19日 14:12
打倒人民解放軍@京香
配給米で生きている状態のどの辺が「普通」だよ
泥棒米で足元見て高額なお金を要求していたことが普通なんでしょうか~。。」

 一行目はザイトク支持者に対する批判を引用符を使わずに地の文と同じ書き方で掲載しているので分かりにくい。年配の方や戦中戦後の歴史を少しでも知っている人であれば「竹の子生活」という言葉を知っているはずである。着物や宝石を米など僅かの食料品と交換して糊口をしのいだ事である。日本の都市住民と日本人農民との間で行われた不等価交換であり、小作農から自作農になった戦後の農家が経済的に豊かになったきっかけの一つでもある。

「534 2010年05月20日 10:31
打倒人民解放軍@京香
>立証から逃げてる人間が、デマじゃないという資格はないですね。
朝鮮人の犯罪≠朝鮮進駐軍の存在
という図式なんですから、いくら「日本国内朝鮮民族の犯罪履歴」を調べたところで、
過日のリスト程度しか記録がないようですし、「朝鮮進駐軍の存在」は立証できないと思いますけどね。

だから 朝鮮進駐軍と言う言葉はあるといっているじゃん。。
日本人はこんな馬鹿げた言葉は使わないの。。
李承晩が勝手に戦勝国民だと騒いでいただけ。。
それをバカ在日が聞き、戦勝国民だ 我々は進駐軍だといってやりたい放題したわけ。。
わかる李承晩って言う人? 超反日民族活動家。。 」

 またしても引用中の一行目から五行目までは他者の引用であるが区別を付けずに地の文と同じ表現をしている。このザイトク支持者は殆どの場合引用と自らの文章との区別を示す書き方が出来ない。因みに隣国の大統領を名指しして「超反日民族活動家」とのたまう。李承晩は反日の民族主義者であるが同時に熱烈な反共主義者でもあり韓国民衆を大量殺戮した。今現在の韓国における評価がどの様になっているか知らないが少なくとも日本の左翼の間では批判の対象であり、李承晩を打倒した1960年の4・19学生革命が日本の安保闘争に与えた影響は絶大である。闘えば勝てるという自信に繋がり岸内閣を退陣に追い込んだ。

 問題なのは「だから 朝鮮進駐軍と言う言葉はあるといっているじゃん。。 」と言う部分である。当初は「朝鮮進駐軍」なる3万人を組織する武装組織が存在し日本人4000人を殺害したと主張していたのであるが、いつの間にやらそれは「朝鮮進駐軍」と称する朝鮮人の犯罪があったとなり、ついには「言葉はある」となっている。これは自らが「朝鮮進駐軍」の存在を否定したと捉えて良いだろう。

「542 2010年05月20日 12:47
pippo
>>534 京香ちゃん
>日本人はこんな馬鹿げた言葉は使わないの。。

おやや
ここMixiでは、
京香ちゃんが一番熱心に
「朝鮮進駐軍」この言葉をつかってるんだけど。

あと、こんな馬鹿げた言葉「朝鮮進駐軍」を熱心に使っているのは、

高槻で 中曾千鶴子(おつる日本シルクロード科学倶楽部会長)
神戸で 望月紀李(そよかぜ関西会長)
姫路で 荒巻靖彦(全主権回復関西支部会計)
東京で 桜井 誠(全日本在特会会長)
大阪で 川東大了(全日本在特会副会長・全関西支部長)

罪涜界では、偉い身分のヒトが多いんだね。

京香ちゃんがユカイユカイなのは
こういう楽しいことも言ってくれるからだ。

>李承晩が勝手に戦勝国民だと騒いでいただけ。。
>それをバカ在日が聞き、戦勝国民だ 我々は進駐軍だといってやりたい放題したわけ。。
>わかる李承晩って言う人? 超反日民族活動家。。

そうすると、
君の言う「朝鮮進駐軍」とは、
朝鮮戦争前後に米軍やGFQにベッタリだった
反共南朝鮮系団体のことなんだね

北朝鮮系の在日朝鮮人連盟(朝連)は何も関係ないんだ、
そうなんだ、へぇ
京香ちゃんの説だとそうなる(笑)
京香ちゃんが最初の方でズラズラと列挙した
事件の数々も全て関係ない、と。

京香ちゃんは分かってるのかなあ、
南の大統領李承晩は北の主席金日成と犬猿の仲、
朝鮮戦争で互い指導者として、死に物狂いで闘い合ったということを。
その時の日本政府、吉田茂内閣が
米軍や李承晩を応援したことも。

おじさん、心配になってきちゃったよ。

でも、学校の歴史の時間では、
なかなか教えてもらえないからなあ、
しかたないのかも。

今は、総連と民団が喧嘩腰じゃあないから、
戦後直ぐから仲が良かった、と京香ちゃんは思いこんじゃったんだね。
嫌韓流に進駐された脳みそで考えると、そうなるのも
仕方ない、しかたない。

(「在脳嫌韓流進駐軍」ってか)
543 2010年05月20日 12:53
pippo
訂正
全関西支部長→前関西支部長
GFQ→GHQ」

 引用にあたりpippoさんには事前の了承を得ている。

「555 2010年05月20日 16:15
打倒人民解放軍@京香
(ハンドルネーム削除)
イースンマン?
これは南鮮人が使う言葉だね~。。
私たちと同じ??
私たちからすれば左派じゃん。。 極左、、 超反日。。 
バカじゃないの。。 あんた。。 チンカスヤロウ。。」

 読み方が分かれば朝鮮や韓国や中国の要人をその言語に習って表記するのは普通である。私が中学の頃は「りしょうばん」と習ったが、今はイスンマンと呼ぶことが多い。ザイトク支持者はアメリカは日本に勝ったのであるから強姦などの婦女子暴行をしたって当たり前という趣旨のことを書き込んでいるが、アメリカ合州国で日本人女性が「イエローキャブ」と揶揄されるのもむべなるかな。日本政府自体が明治以来パスポートなどで氏名の表記を名前を先に書く欧米言語に従うのだからしょうがないか。

「746 2010年05月22日 16:17
群青
■□◇■とりあえず、自分の結論■◇□■

1、
「朝鮮進駐軍」はよくわからないが、戦後の混乱期に様々な衝突はあった。
 朝鮮人や台湾人のアウトローが暴れ、日本人ヤクザと衝突した。一般人を巻き込んだ悲惨な事件もあっただろう。

2、
 しかし過去の事件を口実に、当事者世代ではない人間を追い詰めるのは、最低の人間がやることである。
 そういうやり方は、右も左ももうやめようぜ。

3、
 一方的で卑劣な集団暴力は、朝鮮人主体のものであれ、日本人主体のものであれ、許さない。
 つまり、「朝鮮進駐軍」のようなものが現在あれば、日本人も朝鮮人も、俺たちは一緒になって反対する。
 在特会に対しても同じ。日本人と朝鮮人が一緒になって奴等と闘う。」

「788自分のコメントを削除する 2010年05月23日 00:10
アッテンボロー  
未だに恥知らずな京香嬢ちゃんが彷徨いているね。いい加減立証責任果たしたら。
「朝鮮進駐軍とやらが実在したのなら証拠を示せや。ここは「朝鮮進駐軍」と言うザイトクのデマを検証するトピなんだから。戦時性奴隷=従軍慰安婦問題にすり替える卑劣な手法はいい加減に日本人の恥だから止めてね。」
「792 2010年05月23日 00:16
打倒人民解放軍@京香
アッテンボロー
まだ 屁理屈捏ねてるんだ~。
あんたに恥と言われる筋合いは無い。。
誰も摩り替えてないよ。。 朝鮮進駐軍はあったと言って田岡さん自伝の映画も以前に紹介してあげたでしょう。
それに、日本人は朝鮮人を進駐軍と認めておりませんので、日本人が使う言葉ではないといってますけどね~。。 」
「803自分のコメントを削除する 2010年05月23日 00:49
アッテンボロー  
お嬢ちゃんの書き込みに「朝鮮進駐軍」の実在を示す証拠が何一つ無いけど。
 証拠を示せ、と言うのが「屁理屈」なんだとしたらお嬢ちゃんの知的水準は幼稚園児並なんだね。ザイトクはこんなんばかりなんだ。
 ご愁傷様。」
「806 2010年05月23日 00:58
打倒人民解放軍@京香
アッテンボロー

>お嬢ちゃんの書き込みに「朝鮮進駐軍」の実在を示す証拠が何一つ無いけど。

田岡さんと言う証言をしている人のビデオ載せているでしょ。。
嘘だというなら山口組に抗議したらとまで言ってますよ。。私。。」

 「朝鮮進駐軍」が存在したと主張するザイトク支持者に対して立証を求めるのが屁理屈だそうである。当人が有ったと信じ込んだ時点で客観的な証拠は必要なくなると言うのが彼女の主張である。一種の宗教だね。一般人に害を為す犯罪組織である山口組からすれば田岡が脚色したのか東映が脚色したのか知らないがイメージアップのために利用するだろう。問題なのは田岡自伝の中に「朝鮮進駐軍」なる言葉が登場するのかどうかである。有れば引用して貰いたい物だ。

「813自分のコメントを削除する 2010年05月23日 01:11
アッテンボロー  
○○○○○さん、了解です。幼稚園児や保育園児に失礼でした。京香の知的水準は2~3歳児程度ですね。
 ひょっとしたら争点をすり替える手口だけはザイトククオリティーで大人並みなのかも知れませんが。

 で、お嬢ちゃん。田岡の自伝しか「根拠」が無いんだろ。「自伝」ってのは歴史資料の中でも最も信憑性が低い類だよ。
 そもそもお嬢ちゃんはザイトク会が提示した「血のメーデー事件」など数十件の歴史的事件を根拠に出してきたよね。その史料中に「朝鮮進駐軍」なる語句が唯の一つも存在しない。
 要は有りもしない「根拠」を提示し、その原史料ないしは二次史料に触れた人々によって嬢ちゃんが信じるザイトクの主張に何ら根拠が無いことが立証されたわけだ。
 極論で言えば、自伝ってのは言い訳の羅列なんだよ。
 裁判で被告人がいくら無罪を主張してもそれを証明できない限り日本の裁判制度では無罪にならない。お嬢ちゃん達は無罪を立証することが出来なかった。以上でアンタらの敗北決定。」

「881 2010年05月23日 02:47
打倒人民解放軍@京香
○○○○さん
朝鮮進駐軍という言葉について、私は全く持ってデマだとは思っていないからここにコメントさせていただいてます。。
上にも書いたように、私の意見として話しているんです。。
あなた方は全く無いと否定しますが、それも根拠の無い事ですよ。。 」

「朝鮮進駐軍という言葉について」である。組織についての立証は何もない。

 最後にトピ主さんのまとめを引用しておく。

「913 2010年05月23日 06:41
pippo
====================
「朝鮮進駐軍」という言葉の出典について
====================

>>782ヨンミー さん

>「朝鮮進駐軍」という言葉は田岡一雄自伝が出典であるとのことですが、本当ですか?
本当ではないでしょう。田岡一雄自伝に「朝鮮進駐軍」という言葉があるというWEB上の書き込みすらみつかりません。田岡一雄自伝に「朝鮮進駐軍」という言葉があれば、喧伝するはずだと思います(笑)?

いまのところ、田岡一雄自伝のヒデオ?からそう感じた、と「京香」が言ってるだけです。

>ここを見ると「<当時を生きた北斗星さんの談話>一部略」というパートが田岡一雄自伝にあるように思えるのですが、

ありえないと思います。まったく同じ内容が、<当時を生きた北斗星さんの談話>ではなく、<別人>による<聞き書き>としてそれ以前に登場しています。ブログで詳述するつもりです。

http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/kyouseirenkouuso.html
>ここには「北斗星さんの談話」は日本会議メンバーのHPに載せられていた取材記録とあります。

「日本会議メンバーのHPに載せられていた取材記録」は不正確です。そのサイトはおそらく伝言ゲームの末端ではないかと思います。

実際は、2000年のはじめ、あるMLへのある人物の「聞き書き}がある掲示板に転載されたもの、それがいまのところ最古です。それが、数ヵ月後に日本会議掲示板に「北斗星さんの談話」として、模様替えされて再登場しています。もともとが創作物でソースなき「怪文書」だからだと思います。「何か文章」を切り取ったもので、ソースである「何か文章」の出自を示したくないもののようです。別途詳述します。

「朝鮮進駐軍を自称する朝鮮人が犯罪を犯した」ということについても、その「自称現場」事例を記したソースは、いまのところありません。 上記「怪文書」の切り取られて外された前段は見つかりません。(見つける責任は在特会にあるのですが~笑)

===========
「南京事件」について
===========

ここは「南京事件」のコミュではありませんので、これ以上の言及はしませんが、「南京事件」存在を示す一次資料二次資料はいくらでもございます。その点について議論のある方、関心のあるひとは、そうしたコミュやサイトで書き込みあるいは参照してください。

たとえば、
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1502576
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/ とそのリンク集

私のサイトもよろしく御願いします
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/
http://www21.atwiki.jp/tohohopeacewalk/
http://latemhk.tdiary.net/

該当する場所で皆さんと議論できれば幸です。

トピ主 拝

(1回訂正) 」

追記]

「875 2010年05月23日 02:40

ぷかぷか

京香と同じレベルの話というと、
「ガメラという映画があるんだから、昔はでかい亀が火を噴いて暴れてたんだ」
って証明できちゃうね(W}」

| | コメント (48) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »