« 赤字一日1億円なり 難波サイテー | トップページ | ひまわり郵便 »

2010年7月24日 (土)

普通入院保険金・手術保険金は被保険者に支払う物だが

 この記事の筆者、生命保険について無知のようだ。

 入院保険金・手術保険金は被保険者が受け取った場合税法上非課税となるし、簡易生命保険法でも生命保険法でも被保険者を正当権利者と定めている。その為簡保は被保険者の名寄せは数十年前からキチンとしていた。簡易保険には加入限度額という制限があり、一人の被保険者が加入できる金額に上限があるからだ。

 郵政省が郵政事業庁になり、事業庁が公社になり、民営化が近づくにつれて旧大蔵省勢力と外圧のお陰で支払い手続きが面倒になって行ったっけ。 郵政省時代には建前として当時の厚生省が公的に保障できていない部分を必要最小限の範囲で国の事業として行うと言っていた。だから保険金請求については「疑わしきは兎に角支払え」という感じだったが、民営化圧力が強まる中で営利主義がはびこり「疑わしきは支払うな」になった。
 去年書きかけて未完のためにお蔵になっている記事に「盗人にも三分の理」というのがあるのだが、生命保険協会作成の保険外交員テキストには「自助努力」しか書いていない。公的保障を求める声が広範にあることは抹殺している。
かんぽ生命 不払いは352億円
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1286153&media_id=2

<かんぽ生命>保険金不払いは総額352億円 最終調査結果
(毎日新聞 - 07月23日 21:13)



 旧日本郵政公社の簡易生命保険金不払い問題で、かんぽ生命保険は23日、最終的な調査結果を発表した。旧公社時代(03年4月~07年9月)に支払った約1737万件中、入院や手術などの保険金の不払いは約26万7000件、総額約352億円に上る見込み。6月末までに約24万件、計約296億円の支払いを終えたという。また、昨年度からの2年間で、不払い問題の調査や解消のために326億円の費用がかかった。

 契約者からの請求がなかったため支払われていなかった契約は昨年7月末段階で約30万1000件、総額1897億円あった。そのうち、今年6月末までに約17万8000件、計約1129億円の支払いを終えたという。

 提出された入院証明書で手術や入院期間などを見落としたり、同一契約者の名寄せができていなかったために支払い漏れが起きた。かんぽ生命は、今後経営責任を明確にするとともに、再発防止のために入院証明書の様式を見直したほか、保険金の支払い審査のための新システムを導入する。【望月麻紀】

|

« 赤字一日1億円なり 難波サイテー | トップページ | ひまわり郵便 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

たまにですが楽しく時には心苦しく読ませていただいています。
郵政も昔とは違い大変らしいですね

投稿: | 2010年8月13日 (金) 12時31分

いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 生命保険の選び方 | 2010年7月27日 (火) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/48957425

この記事へのトラックバック一覧です: 普通入院保険金・手術保険金は被保険者に支払う物だが:

« 赤字一日1億円なり 難波サイテー | トップページ | ひまわり郵便 »