« 有害サイト「サーチナ」 | トップページ | 書いてやる! 日記に書いてやる! »

2010年9月12日 (日)

祝! 韓国警察労働組合結成

 韓国戦闘警察は日本で言うところの機動隊なのだが、徴兵制を敷いているため大学生などが多く配属されている。80年代に学生運動が高揚しデモ隊の攻撃で戦闘警察の側に死者が出るという事件が起こり、デモ隊も警官隊も学生であり、共に全斗煥軍事独裁政権には反対という悲劇だった。80年の光州5月学生抗争、いわゆる光州事件の際には全斗煥は出動する兵士に麻薬を飲ませて思考停止状態にさせて同じ民族を虐殺させた。

 韓国だから同胞相打つ悲劇があるわけではない。日本においても米騒動など事実上の内戦状態は幾度もあった。幕末から「明治維新」までにかけては「日本人」と言う民族意識が存在しなかったため薩長土肥ら倒幕派も会津桑名の佐幕派も「他国」と戦っていると言う感覚だったそうだ。プロイセンとオーストリアによるドイツ統一の過程では前者を中心とする「小ドイツ主義」が後者側の「大ドイツ主義」に勝利した。イタリアイレデッタで小国分立していたイタリア統一も全て資本主義発達の過程で民族国家を作る必要が出来たから為されたのである。

 欧米では警察や消防の労組がストライキを打つことも珍しくないのだが、日本では戦後労働組合が合法化される際に警察と消防は除外された。警官が労働者意識を持っては支配の邪魔だからである。だから今でも警官の権利意識・人権意識は公務員の中で最も低い。労基法違反は刑事罰が適用される犯罪なのであるが、警官にはそれが犯罪であって取り締まる必要があるという意識すらない。公務員職場において労組が機能していた時代には管理職に対して法律を守れと言えば良かったが、ファシストカクマルのJR総連や旧同盟に牛耳られた出世の道具に過ぎない「連合」「労働組合」しか存在しない昨今では民間並の違法状態である。全労連も体制外労働運動も、過去を克服し切れていないために影響力は低い。

 色々書こうと思うことはあるが、一先ずは隣国で警察労組が誕生したことに労働者階級の国際主義的立場から祝福を送ろう。

|

« 有害サイト「サーチナ」 | トップページ | 書いてやる! 日記に書いてやる! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

相当久しぶりに覗いています。
代理店の商売はどうですか。ブログやっていない所を見るとそれなりに頑張っているかと思います。人を使わないとダメですよ。
旨く使うことがコツで、一匹狼とかやっていたらダメになります。
ローンとお子さんのこともあると思うので頑張ってください。

さて、警察の組合ですがアメリカの例をとるように基本的に腐敗の温床となります。
不祥事を起こした際に当局と組合で二重の防護壁を提供する役目しか果たさないでしょう。
あまり良い考えというより、かなり稚拙な考えだと思います。

投稿: 防長っ子 | 2010年10月25日 (月) 00時14分

戦闘警察隊は通常の意味の軍隊ではなく、日本で言う機動隊とかわりありません。
そして、兵士の獲得は必要ですが、それは労働組合をつうじて成し遂げられることはありません。なぜなら労働組合は経済闘争の機関であり、兵士や警察官の「労働組合」を組織することは彼らをより強く国家権力に結びつけるものです。

投稿: tjan | 2010年10月21日 (木) 23時10分

  tjanさん、警察が常備軍の一部であることは重々承知しています。ですがこの記事は韓国戦闘警察隊について書いています。ご存じの通り韓国では徴兵された青年学生の一部が軍の一部である「戦闘警察隊」に配属されます。警察の組織ではなく軍の組織です。

 帝国主義軍隊・新植民地諸国の軍隊を解体し民衆の側に獲得すると言うことはレーニン主義にとっては重要な課題ではなかったでしょうか?

 ボルシェヴィキの軍隊工作や、革共同の反軍兵士・反戦自衛官運動を振り返ったとき、韓国国内に於ける革命派の存在を無視してはいけないのではないでしょうか?

 韓国の「左翼」には大きく二つの潮流があると聞きます。一つは北朝鮮スターリン主義に通じている反革命勢力、一方は日本の革命的左翼の影響を多少なりとも受けている革命派。

 軍隊を獲得することは南北朝鮮の革命的統一に繋がり、北朝鮮スターリン主義にとっては死に繋がりますから、おそらくこの組合を組織したのは韓国の革命的左翼ではないかと思っています。

 情報が少ないために甘い判断をしているかも知れませんが。

投稿: | 2010年10月18日 (月) 23時15分

あなたは根本的な間違いを犯しています。
『国家と革命』を忘れてしまったのですか?
警察は資本主義国家の暴力機構であり、その任務は資本主義秩序の維持にあります。したがって、警察官は労働者階級の一員ではありません。
警察官の「労働組合」は、警察によるブルジョア秩序遂行をよりよく遂行するための、ブルジョア機関です。
欧州でも警察の「労働組合」が組織されている場合がありますが、革命的左翼は警察「労働組合」を労働運動から追放するために戦っています。
さらにつけくわえるならば、全労連の全法務は、入管職員を「労働組合」に組織していますが、入管職員の任務はブルジョア排外主義秩序の維持にあるので、警察官と同様に労働者階級の一員ではありません。
警察官・入管を労働運動から追放せよ!

投稿: tjan | 2010年10月11日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/49426428

この記事へのトラックバック一覧です: 祝! 韓国警察労働組合結成:

« 有害サイト「サーチナ」 | トップページ | 書いてやる! 日記に書いてやる! »