« 久方ぶりにブログ更新 | トップページ | 3/10 3/11 両日に貰ったビラ その1 »

2018年3月16日 (金)

さよなら原発関西アクション 2018年3月11日 メモ

 3月16日(金)、ストップ・ザ・もんじゅ事務局からメールを頂き表記のミスなどについての御指摘がありましたので夜9時30分~10時12分に一部修正しました。赤い字は指摘通りに改めた部分。青い部分は追記・修正の部分です。テープ起こしでは無く集会を聞きながら打ち込んだので聞き間違いや誤変換など有るかと思います。特に団体名称などは失礼にも当たりますし、高速増殖炉の名称自体が文殊菩薩から取った物の政府が付けた正式名称が「もんじゅ」です。大変失礼したと思います。

さよなら原発関西アクション

石津と黒河内司会。

ストップ・ザ・もんじゅより主催者挨拶。
 奇しくも3・11が3月11日。原発爆発。思いをはせ、最後まで一日宜しく。各国脱原発するなか当事者日本が原発推進、核燃サイクル。地震大国。原発が有るのが間違い。3・11以降地震も火山も活発化。シンネン岳、青森でも。提案、関電から電力切り替え。10%超えた。周りの人にどんどん広め、再稼働したらに関電からもっと離れるよと示そう。先日関電に要請文。今後福井県にも出す予定。原発なくすために共に頑張ろう。

放射能自主測定たらちね
 福島県磐城から鈴木さんよりあいさつ。

東京より海渡雄一弁護士の講演。

 あの事故から7年たったのか。10ページのレジュメ。30分で終える念書書いてくださいと言われた【言っていません。】(海渡さんの冗談だったのか、会場では結構受けていました)原発を止めるための闘い様々。立法、司法、行政権限、首長で止める。全てやって来た。国会が死んでいた。希望が死んで立憲が生まれた。まぐれで良いことが起きた。脱原発法。この枠組みで政権出来たら脱原発。5年以内。立憲は連合と袂を分かった。希望・民進は衰退。社民も1%は寂しいけど。

 省略との指示。もんじゅ訴訟闘われていなければ廃炉無かったかも知れない。ナトリウム、水素爆発、蒸気発生器。原子炉の根本的問題。中継装置落としたり点検漏れもあったが、市民、とりわけ福井の方の闘いがなかったら廃炉無かった。原子力関係閣僚会議世耕は開発方針変えない。プラント開発に指針、諦めていない。高速増殖炉諦めていない。三菱重工だったが区を上げてやる。三菱はジェット機失敗。東芝は居ない。日立はイギリスの原発に手を出してもうすぐ居なくなる。何処にも、誰も居ないのにこう言うことを書いている。イギリス原発に投資。原発は終わっているのに。森友・加計学園どころでは無い無駄遣い。原子力村許さない。高速増殖炉も止めないと。新もんじゅ訴訟。廃炉過程を監視する。起こして良かった。次々恐ろしい話が出てくる。去年11月毎日報道。もんじゅはナトリウム取り出さない構造。どうして良いか分からない。記事正確一次ガードベッセルに覆われ一次冷却系に近づけない。ナトリウム抜き取ったことが一度も無い。設計当時完成最優先で廃炉の事考えていなかった。仏英も同じみたい。ナトリウムを抜き取り燃料を抜き取る。

 機構は毎日に対して誤報と言っているが、ナトリウム抜き取りについては今後検討すると発言。抜き取ることが技術的に可能と考えている。残留ナトリウムは抜き取れると考える。これから考えるのにどうして?

 プルトニウム被曝事故。大洗。研究棟108号室放射性物質入った汚染発生。5人がプルトニウム吸い込む。複数の最初の者91年密封、一度も開封されていなかった。大洗の実験設備写真、ゴミ溜みたい実験設備取り出せなくてゴミ屋敷みたいになっている。片付ける途中で破裂、被曝事故。開発機構、原研とがっぺい。

 高速増殖炉何のために。再処理で取り出したプルトニウムを利用の本命。目的が無くなった。再処理はどうなるのか。再処理施設建設始まって30年。訴訟始まって25年青森裁判所で国側主張が続いている。実は書面も出すこと出来ず裁判長に問われ数年単位で遅れておりますと。施設建設始まって30年。高濃度の硝酸など使うので施設の一部で腐食始まっている。もんじゅの末期と同じ。人が立ち入ることが出来ない。地震基準が変わると耐震性改善のために工事するが、出来ない。現状700ガル。収まる訳が無い。わたなべ地形学?の先生。施設沖合海底活断層があると指摘。施設のしたまで枝が伸びている。変動地形学断層学。断層動くとM8超える。断層がそのまま施設を貫いて建物が割れるかも知れない。再処理裁判勝てると思って頑張っている。

 再稼働差し止め訴訟。原稿は勝った裁判しか載っていないが、事例集に原稿書いた。負けた決定は国や電力会社の主張そのままの者。大飯原発・高浜、大津地裁山本裁判長、仮処分決定。同じ裁判所の別の裁判官が取り消し、別の裁判所で決定、大阪高裁継続中。福井の裁判自身が議論。福井地裁。基準判断。樋口、地震学会で一度も検証されていない。過去のデータに頼る。基準地震動を超える地震が4度も襲っている。基準が間違っているのでは。大津地裁でも同様。要するに地震動を図る時に標準的な者を想定しても上下にずれる。中越沖地震そんなに大きくなかったが2000ガル。基準の4倍。地震動の元々の想定されていた断層から原発まで伝わってくるまでに増幅され大きくなった。実際に起きないと分からない。

 高浜原発。広島高裁決定。5分前表示。終わると良いですが(「5」からここまで海戸さんの語り方伝えたいので残します)火山で原発が止まる決定。脱原発訴訟でも火山で止められる少数派。地震派と弁護団内闘争笑い。火山流が襲ったら防ぎよう無い。伊方阿蘇から13キロ。火砕流来てたと認め。建築基準では。火砕流で立地不適格。規制庁が文書出してきて広島の判決取り消し。国際社会が聞いたら卒倒しそう。

 裁判所に対する提言省略。国際的安全基準10万年に1度の事故は防がないと行けない。1万年に1回は絶対防ぐ。アメリカが原発押し付けているという人が居るが沖縄基地は正しいが原発は間違い。立憲が連合の軛脱して脱原発政権出来る。野党の足並みがそろってきた。上手く転がって原発全部止める法律が出来るかも知れない。そういう選挙近づいているかも。
 原発止めて、福島の皆さんに寄り添っていく。脱原発脱核燃サイクル出来るでしょう。

 福井県民会議森永、もんじゅ廃炉勝利宣言全国集会。全国は勿論関西の人たちの大きな力。長い闘いの成果が結実した。市民運動が国家の巨大プロジェクトを崩壊させたこと非常に意義がある。もんじゅ廃炉は3・11を大きな背景。廃炉になったのは日本の当初計画が挫折。二転三転するでしょうが原発がどんどん造られていく時代は終了したと思う。同時に新たな問題、テーマ。 福井県民会議の認識。廃炉。廃炉極めて危険と指摘されている。廃炉の時代3つの検討、議論。廃炉作業が明確で無い。イメージされていない。工程をどう作っていくか。管理するか。二つ目廃棄物の問題。現在は使用済み核燃料敷地内プールに水冷保管。危険。地震で水が抜けると。危険。県民会議ではプールから出してキャスクに入れて乾湿の空冷貯蔵を提案する人も。中間的という限定付き。しかし原発の無い福井県を取り戻すのが最も大きな問題。激しい議論している。全国の学者・評論家に言われるが中間貯蔵と言うが永久化する。簡易に引き取って貰うという声もあるが、運動論的にはあると言うことで。福井県の鳥不死鳥。戦い続けていく。

講談、福島の祈り。神田香織。

 皆様今日は。講談師の神田香です。福島県いわき市出身。広島代表作。原発事故の講談喋っているとテレビラジオ出られなくなるよ。チェルノブイリの教訓得て県民住民考えて避難できると思っていたが逆。オリンピックに向けて帰還。戻っているのは15%。なんでそこに戻そうとするのか。線量高いから子供のこと考えて避難。生活保護や自らの命を絶った人、路上生活の人、悔しくて。流れ変わってきた。森友文書書き換え。佐川嘘ついて。トランプと金正恩。安倍がオロオロしている。海戸さん(一部タイプ追いつかず)変わっていく。講釈師の言うこと信じて良いよ。総理が嘘つく。此がアベコベ政権。明日から三日間15分講演。大抵自己紹介で終わる。今日のこともちょろっと言ってしまおうかな。

 事故から3年目に作った話。安倍さんとか招致委員会。嘘ついた。アンダーコントロール。竹田東京は福島から離れている。大丈夫? セシウムは30年居座る。収束したといいくるめようとする。政治は弱者を守るためにある。税金をお友達のためにばらまかれていては困る。

 安倍、竹田、高市。私はしつこい。400年前の忠臣蔵を今日のことのように語る。原発事故で亡くなった人は居ないと、冗談じゃ無い。福島の祈り始まり。

 歴史。何処まで遡れるのだろう。人々が体験した物語。第一話は母と子供の物語。
 お母さん。このお花触って良いの? 良いの。子供に遊ぶの禁止する。なんと酷い世の中になったか。殆どの人が政府の直ちに影響は無い。私は神経質。毒が体の中に入ったかも知れない。罪を犯したのは大人なのに。愕然として泣きながら謝った。3・11以前人より幸せな生活だったが、偽りに気付いた。ごくありふれた結婚生活。話題は芸能人など。世間と折り合っていくことと思っていた。食べ物に拘り手作り。ネットで情報慣れていた。その生活が過去の物に。3・11から全てが変わってしまった。

 (神田さんの話が上手すぎ聞き入ってしまい入力出来ず)

司会 神田さん有り難う御座いました。もう被害者を出さないために。

避難者の立場から 下澤。
 ゴーウェスト。西への避難を呼びかけている。放射能から大切な物を守るために逃げ来ました。原発事故は元気その物だった娘がグッタリと横たわるようになる物だった。3年過ぎて逃げるように神戸へ。東京からの避難。福島では無い。医師に出会って娘は救われた。放射能問題は東日本全体の問題。ガンガンガン。原因として放射能という言葉が使われない。雁字搦め。移住後メキメキ元気になった娘。正体を教えてくれた。原発事故が私たちから奪う物、健康被害、人間にとって原発は許されない。放射能をみんなで力併せて。避難する人を助けて。

立憲民主党辻元議員のメッセージ紹介。
 未来を見据えた計画を、、。

アカリトバリさんの歌。
 アカリトバリと言います。演奏させて頂きます。福島県会津福島出身。神田さんの話聞いて胸が一杯で上手く話せない。田舎者で山とかの側で暮らしてた。先祖が残してくれていた。それを私たちは失ってしまった。
(歌) 優しい緑に誘われて 山ん中 さっさと歩いて 来年のため全部は取るな
    欲をかいたら山を枯らす  春の風と日差しを
    きっと今でも変わらないのに
        短い夏が過ぎ 稲刈りも済んだら ヤマサいくべとじいちゃんが言う
        栗タケ マイタケ
        貴方の愛した山々も守っていけずにゴメンナサイ。日々は流れて
        季節は巡り 私の心は 置いてけぼり 春の風と 優しい日差しは きっと今でも変わらないのに 山のあの木下にはきっと今年も今年も生えるだろう きっと今年も生えるだろう
 原発事故の時には大阪に来ていたんですが、応援してくれる人、いろんな所からの避難者。次の曲は福島原発の中で放射能測定が出来たら。
(歌) 崩れかけた建物の上 ヘリコプターが水を掛ける 僕たちに何が出来るだろう。    恐れたことや感謝することも忘れてしまった   僕らよりこの星を知っている       欲望が君に魔法を掛ける 想像した悪魔よりも身近な物が町を壊す
    狂った時計の時間と百万年元に戻らない。僕たちが消えてしまっても君は過ちを    語るだろう。君はますます熱くなるだろう。子供達はそれも知らされず。
    僕はどんどん恐怖する 魔法の石はまだ燃えている 今もこの胸で燃えている。    あと何年たてば君を恐れずに暮らしていけるだろう あと何年たてば君と壁の無い町で出会えるだろう 想像した悪魔よりも身近な物が僕を壊す 失った物に祝福を 終わりの朝に燃えた炎は今も胸に燃えている。
 被曝労働しなくて良いようになって欲しい。原発は要らないぞ。地球上の命を核の恐怖から解放しろ。
            
司会 集会決議文 平和人権センター 有本翼さんから。

有本 大阪高教組 (決議文)

 デモの注意。第一団 家族連れ 他府県の方など(以下パンフに) 国道一号線を西へ進み出入橋の所の西梅田講演で流れ解散。

司会 午前中の行動120(数字は発表と相違なく「?」は要らないとのことです) 午後の集会850名 併せて970名が参加。

Cci_000001

Cci_000002

Cci_000003

|

« 久方ぶりにブログ更新 | トップページ | 3/10 3/11 両日に貰ったビラ その1 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/66501502

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら原発関西アクション 2018年3月11日 メモ:

« 久方ぶりにブログ更新 | トップページ | 3/10 3/11 両日に貰ったビラ その1 »